11_09 ジュニアユースみなとみらい2009

2010年3月 6日 (土)

あのPKは肯定したくない ~TRM みなとみらいU-14vsジェフ

小雨の中、ジェフと30分×4本。

1本目は立ち上がり早々に突破してきた相手選手を止めきれず失点。その後は深澤君の惜しいシュートもあったものの決めきれない。逆にジェフは15分にCKのこぼれを押し込み2点目。さらに26分には不意をつくミドルシュート。GK大蔵君が手に当てるも弾ききれず、3失点目を喫す。ほぼ同じメンバーでの2本目はチャンスをジェフに確実に決められ4失点。最後の最後に、笹岡君の強行突破からシュート。これは相手DFに当たり、ゴールにこぼれた。ジェフ側のメンバーが大幅に変わった3本目は、10分に笹岡君が自らゴール前でもらったFKを蹴り、相手GKが弾いた所を山中君が押し込んだ。4本目も開始早々に失点。反撃を期待しつつ、予定があったので最初の5分ほど見て撤収。

この代は非常に危ういバランスの上に成り立っていると常々思っていた。バランスがうまく取れている限りは強豪チームとも対等に渡り合う事ができるが、一度バランスが壊れてしまうととことん悪い方向に流れてしまう。今日の試合はまさにそんな試合だった。ポゼッションはややみなとみらいの方が高かったと思う。しかし、パスの精度が悪く自分たちでリズムを壊してしまった。何度かあったチャンスを決めきれなかったのも痛い。ジェフはシンプルにボールをはたき、手数をかけずにシュートまで持っていく。どうやってゴールまで行くかがチームの共通理解としてある。みなとみらいの選手たちも技術では何ら引けをとらないが、持ちたがる選手が多い分、ボールを持ってシュートまでの時間がかかってしまう。その間に相手は守備陣形をしっかり整えるし、一度ゴール前を固められるとそれをこじ開けるだけの力はまだない。個人的にはゴール前でゴリゴリ行って、独力でチャンスを作り出すような選手は好きだし、育成年代では大いにやるべしとは思うが、4月からは最終学年。結果を問われる試合も増えてくるし、個の力で太刀打ちできない相手との対戦も増えるだろうから、その辺のバランスをどうとるか。文丈監督に期待したい。

Tr_img_0809 Tr_img_0816
Tr_img_0844 Tr_img_0890
Tr_img_0928 Tr_img_0980

<1本目スタメン>
_______汰木康也(22)___深澤知也(18)______

桑原和真(9)_________________榎本拓也(5)

_______佐藤祐太(12)__上田彗亮(4)_______

山中城之介(21)_寺前光太(14)_北村大輔(8)_福田圭佑(19)

____________大蔵亮介(1)___________

<3本目スタメン>
_______汰木康也(22)___笹岡拓実(11)_____

桑原和真(9)________________深澤知也(18)

_______佐藤祐太(12)__上田彗亮(4)_______

山中城之介(21)_北村大輔(8)_福田圭佑(19)_榎本拓也(5)

____________鹿野洋司(16)__________

交代:
 2本目00分 桑原和真(9)、汰木康也(22)→吉江良翔(23)、笹岡拓実(11)
 3本目00分 大蔵亮介(1)、寺前光太(14)、吉江良翔(23)
         →鹿野洋司(16)、桑原和真(9)、汰木康也(22)

得点:
 1本目02分 (ジェフ)
 1本目15分 (ジェフ)
 1本目26分 (ジェフ)
 2本目14分 (ジェフ)
 2本目18分 (ジェフ)
 2本目20分 (ジェフ)
 2本目25分 (ジェフ)
 2本目29分 OG
 3本目10分 山中城之介(21)

| | コメント (0)

2010年2月11日 (木)

日産本社は家族見学日 ~TRM みなとみらいU-13vsCYD

県少年サッカーの後は、冷え切った体を温めるためにスカイビルへ。

熱々の中華を食べてすっかり温まった体を冷ますために再びマリノスタウンへ(笑)

■TRM みなとみらいU-13vsCYD

HPで対戦相手がシークレットになっていたU-13のTRM(笑) Cグラに行ってみるとCYDという町田のチームだった。前半は終始みなとみらいが押す展開で、後藤君のハットトリックを含む5得点。雨も降っていてかなり寒かったが、中華でお腹いっぱいだったせいか、無性に眠く、試合を見ながら意識が飛びそうになった。ずぶ濡れになりながら走り回っていた選手には申し訳ない。

後半はメンバーのポジションをがらっと変更。斉藤君のFW起用にびっくり。斉藤君は、後半19分からは今度はボランチ。この時途中交代で入った後藤君は左SB。監督が代わって色々お試し中らしいが、もともとポテンシャルの高い選手が揃っているこのチームが最終的にどんな形になるのか、また楽しみが増えた。

<前半スタメン>
_____後藤航(8)___大嶌駿(5)______

千葉駿哉(13)____________安藤竣哉(2)

_____増田皓夫(17)_樋口弘毅(14)_____

井上瑠寧(4)_長田健(6)_斉藤海(9)_田中郁也(12)

_________野坂晃平(16)________

<後半スタメン>
_______斉藤海(9)___村田直哉(19)______

井上瑠寧(4)________________池田友樹(3)

______景山亜月(7)___安藤竣哉(2)_______

千葉駿哉(13)__長田健(6)_樋口弘毅(14)_田中郁也(12)

___________野坂晃平(16)__________

交代:
 後半00分 フォーメーション参照
 後半19分 井上瑠寧(4)、千葉駿哉(13)→大嶌駿(5)、後藤航(8)
 後半28分 安藤竣哉(2)→増田皓夫(17)

得点:
 前半03分 増田皓夫(17)
 前半04分 後藤航(8)
 前半28分 大嶌駿(5)
 前半30分 後藤航(8)
 前半33分 後藤航(8)
 後半02分 樋口弘毅(14)
 後半27分 斉藤海(9)

| | コメント (0)

2010年1月24日 (日)

横でそんな話をされると・・・ ~TRM みなとみらいU-13、14vs神奈川トレセン

新人戦が昨日で終わってOB訪問が一段落したので、今日は現役訪問(笑)

■TRM みなとみらいU-13vs神奈川トレセン

1試合目は朝9:00キックオフ。朝早いので行くか迷ったが、見れる時に見ておかないとと思い頑張って早起きした。マリノスのスケジュールには対戦相手がどこのトレセンかまでは載ってなかったので、現地で神奈川トレセンと知って小躍りした。というとオーバーだが、神奈川トレセンということはプライマリーのOBがいるはず。アップ中の神奈川トレセンの選手に目を凝らすと、何人か見慣れた顔を発見。早起きは三文の得だなぁ。来て良かった。

試合は40分×2本。終始みなとみらいが主導権を握り、9-1と大差のついた試合となった。みなとみらいは複数のゴールを決めたのが村田君だけ(みなとみらいの9点目は見逃してしまいました。どなたか得点者がお分かりの方がいらっしゃれば教えていただけるとありがたいです 20100127 ジュニアサッカーWeeklyさんによると後藤君だったようです。)ということからもわかるように、どこからでも仕掛けられるのがいい。個々のスキルも高く、JFAカップ予選がなくなったのが本当に惜しまれる。早くこのチームがタイトルをかけて戦う所を見たいものだ。

神奈川トレセンはみなとみらいOBの大谷君がFWで出場。ハーフタイムに一度退いたが、後半27分に再度登場。大谷君と斉藤君のマッチアップは楽しかった。追浜のOBも、前半29分から後半21分まで竿下君が出場。後半頭から佐藤太陽君が出場。佐藤君は、後半31分に右クロスを頭で合わすもGK、というシーンがあった。全体的に押される試合展開で、攻撃的な3人の見せ場はあまりなかったのが残念。この他にはOBはいなかったと思うが、もしいたらごめんなさい。

Tr_img_3231 Tr_img_3337 Tr_img_3375
Tr_img_3299 Tr_img_3386
Tr_img_3331 Tr_img_3373

<スタメン>
______大嶌駿(5)___村田直哉(19)______

安藤竣哉(2)______________田中郁也(12)

_______長田健(6)__樋口弘毅(14)______

井上瑠寧(4)__斉藤海(9)_深谷拓巨(15)_池田友樹(3)

__________田口潤人(1)__________

交代:
 後半00分 田口潤人(1)、樋口弘毅(14)→野坂晃平(16)、増田皓夫(17)
 後半14分 村岡直哉(19)→後藤航(8)
 後半20分 深谷拓巨(15)→景山亜月(7)

得点:
 前半04分 樋口弘毅(14)
 前半20分 長田健(6)
 前半27分 田中郁也(12)
 前半38分 村田直哉(19)
 後半11分 増田皓夫(17)
 後半14分 村田直哉(19)
 後半20分 大嶌駿(5)
 後半23分 (神奈川トレセン)
 後半27分 後藤航(8)
 後半39分 後藤航(8)

■TRM みなとみらいU-14vs神奈川トレセン

続いて、今度はU-14の試合。こちらも対戦相手は神奈川トレセン。40分×2。

前半3分。加瀬君のクロスを佐藤祐太君が頭で合わせてみなとみらいが先制。直後に神奈川トレセンのGK君が負傷し、救急車で運ばれた。大きな怪我でなければいいのだが。得点後もしばらくはみなとみらいにチャンスが続く。しかし決めきれないまま時間が過ぎ、神奈川トレセンも前線の快足選手がみなとみらいのゴールに近づくシーンも増えてくる。やや押され気味の終盤。ゴール前でボールをつながれ、最後は神奈川トレセンの10番に押し込まれる。神奈川トレセンの10番はみなとみらいOBの関根君。今日は右サイドバックだったが、攻撃の時は大胆に上がってチャンスを作った。前半は1-1で終了。

後半均衡を破ったのが最近好調の加瀬君。後半15分に佐藤陸君の折り返しを豪快に反転ボレー。21分にも榎本君のクロスをファーでヘディングシュート。突進型のプレイスタイルが災いして怪我も多かった加瀬君だが、ここに来て体もがっしりして、当たり負けしなくなった。みなとみらいにとっては大きな戦力になるだろう。楽しみだ。後半33分には、深澤君の折り返しに飛び込んだ早坂君がダメ押しとなる4点目を上げた。

40分ハーフの試合の後は35分のフレンドリーマッチが行われた。立ち上がり早々、DFがかわされ神奈川トレセン13番君に先制を許す。みなとみらいも9分に、汰木君がドリブルで長い距離を駆け抜け、そのままの勢いでシュート。これが見事に決まった。以後はみなとみらいが自分たちのペースで試合を進め、終盤には加瀬君の立て続けのゴールで神奈川トレセンを突き放した。

Tr_img_3529 Tr_img_3541
Tr_img_3594 Tr_img_3683

<スタメン>
_______汰木康也(22)___加瀬裕太(6)_______

佐藤祐太(12)_________________深澤知也(18)

_________早坂翔(15)__上田彗亮(4)_______

山中城之介(21)_樋口慎太郎(17)_北村大輔(8)_笹岡拓実(11)

_____________大蔵亮介(1)___________

交代:
 後半00分 大蔵亮介(1)、上田彗亮(4)→鹿野洋司(16)、榎本拓也(5)
 後半07分 汰木康也(22)→佐藤陸(10)
 後半27分 北村大輔(8)→寺前光太(14)
 後半30分 加瀬裕太(6)→亀井公貴(7)

得点:
 前半03分 佐藤祐太(12)
 前半17分 (神奈川トレセン:関根陸(10))
 後半15分 加瀬裕太(6)
 後半21分 加瀬裕太(6)
 後半33分 早坂翔(15)

<フレンドリーマッチスタメン>
______汰木康也(22)__深澤知也(18)_______

亀井公貴(7)________________榎本拓也(5)

_______上田彗亮(4)__佐藤陸(10)_______

佐藤祐太(12)_笹岡拓実(11)_寺前光太(14)_加瀬裕太(6)

__________大蔵亮介(1)___________

交代:
 15分 深澤知也(18)→早坂翔(15)

得点:
 01分 (神奈川トレセン)
 09分 汰木康也(22)
 26分 加瀬裕太(6)
 32分 加瀬裕太(6) 

(続く)

| | コメント (0)

2010年1月17日 (日)

すみません、噛み合ってませんでした ~新人戦2回戦 向上vs横浜翠嵐、県少年ブロック決勝 MM12vsすみれSC

寒い寒い朝。布団に包まれていたい誘惑に何とか勝って家を出た。バスに乗ると自宅の近くから富士山の天辺が見えた。長らく住んでいながら富士山が見えることに今更気づくとは何たる事か。でも、新年に”那須”の夢も見たし(笑)、今日の富士山といい、何だかいい一年になる気がしないでもない(笑)

■平成21年度(2009年度)神奈川県サッカー新人大会中央大会 2回戦 横浜翠嵐vs向上

今日の会場はニッパツ競技場近くの横浜翠嵐高校。OBのいる向上と旭が登場。

9:30キックオフの1試合目はホーム横浜翠嵐に向上が挑む。立ち上がりから向上がいいリズムで攻撃を繰り広げる。この時期にしては連携もよく取れていて、ボールもスムーズに動く。前半13分には、クロスをヘッドで落としたところを10番の豪快なシュートで早々と向上がリードを奪う。その後も向上が決定機を作り出すもゴールは奪えず、前半は1-0で折り返す。後半も向上ペースで試合が進み、後半8分と18分に11番が立て続けにゴールを決めて勝負あり。

この試合、OBの磯野が後半19分から左サイドハーフで出場。去年見た試合ではボランチだったがポジション変わったのかな?GKの森谷はベンチ入りするも出番はなかった。

Tr_img_1899 Tr_img_1913
Tr_img_1956 Tr_img_1980

続いて旭vs相洋の試合を見るはずが、旭のOB君の姿が見えないと思ってマネージャーさんに聞くとチームを変わったとの事。道理でいないわけだ。新しいチームで頑張っているかな?見る機会があればいいんだけど。OB君がいないとわかったので予定を変更して、吉村屋でラーメンを食べて、県少年のブロック決勝を見るためにマリノスタウンへ。

■第36回神奈川県少年サッカー選手権大会 高学年の部 22ブロック決勝 横浜すみれSCvsみなとみらいU-12

キックオフ予定12:40にはぎりぎり間に合うか合わないかのタイミングだったが、まぁ、遅れることはあっても早まることはあるまいと高をくくってゆっくり歩いていると、遠くからおなじみのマリノスのチャントが聞こえてきた。まさかの予定前倒しで2分ほど早くキックオフ。新年一発目のトリコぞめなのに・・・ 今年は本当にいい年になるのか?(笑)

ブロック決勝の相手は横浜すみれSC。同系色のユニフォームなのでぱっと見、選手の識別が難しい。試合はほぼみなとみらいのペースで進む。みなとみらいは小野君、青木君の右サイドからのドリブル突破が大きな武器。何度も大胆に切れ込んでチャンスを作り出す。しかし、待望の1点目はセットプレイから。前半8分。蛭田君のCKを白井君がどんぴしゃヘッドで決めた。記念すべき、「やりかけの未来」的新年第1弾マリノスゴール賞は白井君がゲット。あっ、特に賞はでません、名誉だけです(笑)

後半8分にみなとみらいが2点目を決める。またしてもCKを今度は中村君がヘッドで決めた。さらに後半14分にはゴール前での攻防の末、最後は井形君がフィニッシュ。トータル3-0でみなとみらいがブロック優勝を飾り、中央大会に進出を決めた。

Tr_img_1988 Tr_img_2102
Tr_img_2124 Tr_img_2262

<スタメン>
____山本真輝__蛭田悠弥_____

曽木友樹___________小野湧太

_____酒井健__井形遥人_____

中村響__板倉洸__白井達也_青木天良

_______岩崎波留________

交代:
 後半00分 曽木友樹→川原田湧

得点:
 前半08分 白井達也
 後半08分 中村響
 後半14分 井形遥人

マリノス勢のブロック大会の結果は下記の通り。全チームがブロック優勝し、中央大会出場を決めた。ブロック最大の難関と思われた追浜U-12vsリトルジャンボは、スコアレスのままPK戦での薄氷の勝利。よくがんばったね、おっぱまーず!

【ブロック大会結果】

◎みなとみらいU-12 @MT
 1/11(月) 11:00 MM12 8-0 村岡キッカーズ
 1/11(月) 12:40 MM12 11-0 腰越FC
 1/17(日) 10:10 MM12 13-0 旭倶楽部J 
 1/17(日) 12:40 MM12 3-0 横浜すみれSC

◎追浜U-12 @追浜
 1/11(月) 09:20 追浜12 3-0 富岡SC
 1/11(月) 11:50 追浜12 10-1 川崎中央キッカーズ
 1/17(日) 09:20 追浜12 4-0 くずは台キッカーズ
 1/17(日) 11:50 追浜12 0-0(PK5-4) リトルジャンボ

◎みなとみらいU-10 @本蓼川G
 1/11(月) 11:00 MM12 20-0 横須賀荻野SC
 1/11(月) 12:40 MM12 10-0 新城SC
 1/17(日) 11:00 MM12 2-0 FC六会湘南台 
 1/17(日) 12:40 MM12 8-0 六ツ川SC

◎追浜U-10 @追浜
 1/10(日) 09:20 追浜10 12-0 下中サッカー部
 1/10(日) 11:00 追浜10 10-0 FCアムゼル
 1/17(日) 09:20 追浜10 2-0 F.C.50.4
 1/17(日) 11:50 追浜10 5-0 Y.S.C.C.

プライマリーの試合後は、CグラでみなとみらいU-14の練習試合を観戦。すでに1本終わっていたし、対戦相手もわからなかったので、記録もとらずにのんびりと観戦。試合後は選手一同で挨拶に来てくれて恐縮(でも、いいことだ)。今年はみなとみらいにとっては勝負の年だと勝手に思っている。全国大会出場ではなく、全国タイトルを目指そう! でも、それは”今”をおろそかにしては達成できない。足元を一歩一歩しっかり固めながら、遠くにある頂点を目指そう。

おまけ:ハマ戦隊マリレンジャー(笑)

Tr_201001171503001 Tr_201001171503000

マリレンジャーの戦闘服は、勝てばかっこよく見えてくる(はず)。
セカンドの野球ユニも、勝てば素敵に見えてくる(はず)
エンブレムは近年最高の出来。☆の中に優勝年度が入っている芸の細かさ。
そのほかにも、タグとかパンツの紐とか見えないところにこだわり満載。
予約はこちらこちらへ(笑)

| | コメント (1)

2009年12月12日 (土)

プロだよ、命知らずの坊やたち ~チビ国決勝 MM12vsバディー、TRM MM13vs川崎

久々に横浜スタジアムへ”サッカー”を見に出かけた。ところが、スタジアムを一周したがどこも開いていない。中でサッカーをやっているのが外からも見えるのに・・・ 困って警備員さんに聞くと、関係者入り口からどうぞとの事。関係者ゾーンを通ってベンチ脇からピッチへ。まるでプチスタジアムツアーだ(笑) 普段なかなか入る機会がないところだろうから、貴重な体験をさせてもらった。

■第41回 横浜国際チビッ子サッカー大会 L1の部決勝 みなとみらいU-12vsバディーSC

今日行われるのは横浜国際チビッ子サッカー大会、通称国チビの決勝。L1の部で決勝に進んだみなとみらいU-12の相手は、永遠のライバル(?)バディーSC。

立ち上がりはバディーに攻め込まれる厳しい時間が続く。しかし、前半7分右サイドでボールをもってドリブルを仕掛けた山下君から、中央の曽木君へパスが通る。前を向いた曽木君はすぐさま強烈なミドルシュート。入った!と思ったが、バディの5年生GK原田君が横っ飛びの素晴らしいセーブを見せクリア。惜しくもゴールを逃したみなとみらいだったが、このクリアで得たCKを、白井君が見事にヘディングでゴールに突き刺す。これをきっかけにみなとみらいも盛り返し、試合は一進一退の展開となる。

後半も一進一退の攻防が続く。後半4分には小野君が右サイドを駆け上がり、ゴール前にパス。これを山本君がシュート。ややコースをそれたボールを山下君が追いかける。が、一歩及ばず。バディーも後半10分にカウンターからみなとみらいゴールに迫る。GK岩崎君のクリアが前にいた選手に当たりゴールの方に跳ね返る。観戦の絶叫が響くも、幸いゴールをそれる。ほっ。後半14分にはみなとみらいのチャンス。曽木君からゴール前に絶好のクロスが飛ぶ。ゴール前でフリーの山本君が反応したが、これまた一歩及ばず。直後の後半15分。バディーのロングFK。両チームの選手が一斉にボールの落下点に殺到する。果敢に前にでた岩崎君が何とかキャッチし、事なきを得る。

タイトルがかかっているだけに、わずか20分ハーフのゲームながら時間の進みが遅い。何度も何度も時計に目をやる。そしてようやくホイッスル。ガッツポーズの曽木君。雄叫びを上げる青木君。やっぱりタイトルっていうのはいいもんだ。みなとみらいU-12の選手たち、優勝おめでとう!年明けに始まる県大会もがんばろう!2004年からの優勝チームは追浜→バディー→みなとみらい→追浜→バディー。その順番で行けば今年は・・・ 優勝すると神奈川新聞スポーツ欄1面カラーだよ!(笑)

試合の後はLLの部の試合そっちのけで表彰式。LLの部が終わってから一緒に表彰式だったら待ち時間が長くて大変だったので、これは助かった。しかし、スタンド観戦だと思って望遠しか持ってこなかったのは失敗。ちょっと切れちゃったけど、何とか集合写真も取れたからいいか。

Tr_img_4789 Tr_img_4646
Tr_img_4770 Tr_img_4815
Tr_img_4909 Tr_img_4971
Tr_img_5010

<スタメン>
____水谷峻___蛭田悠弥_____

山下侑真________日高クリスチャン

_____酒井健__曽木友樹_____

中村響__井形遥人_白井達也_青木天良

_______岩崎波留________

交代:
 後半00分 日高クリスチャン、水谷峻→小野湧太、山本真輝

得点:
 前半07分 白井達也

■MM12優勝の軌跡

【グループリーグ】
 10/03(日) 12:00 MM12 1-0 FCムサシ @MM
 10/03(日) 14:30 MM12 7-0 黒滝SC @MM
 10/11(日) 12:20 MM12 10-0 ヨコハマキッカーズ @MM
 10/11(日) 14:00 MM12 4-0 YTC FC @MM
 10/17(土) 16:00 MM12 5-0 山王谷SC @MM
 10/24(土) MM12 7-0 嶮山キッカーズ

【決勝トーナメント】
 11/08(日) 15:50 2回戦 MM12 1-1(PK5-4) 横浜港北SC @MMD
 11/29(日) 09:10 準々決勝 MM12 1-0 あざみ野FC-A @MMD
 11/29(日) 10:50 準決勝 MM12 0-0(PK2-0) 二俣川SC @MMD
 12/12(土) 12:30 決勝  MM12 1-0 バディー @横浜スタジアム

おまけ:LLの部結果

【グループリーグ】
 09/27(日) 09:00 MM10 7-0 YTC FC @MMC
 09/27(日) 11:00 MM10 9-1 あざみ野FC-C @MMC
 10/10(土) 09:40 MM10 8-0 山王谷SC @MMD
 10/10(土) 12:20 MM10 4-0 大豆戸FC-A @MMD
 10/12(月) 10:20 MM10 10-0 野庭キッカーズ @MMD
 10/12(月) 12:20 MM10 4-0 駒林SC-A @MMD

【決勝トーナメント】
 11/08(日) 10:40 1回戦 MM10 5-0 黒滝SC @MMD-A
 11/08(日) 12:40 2回戦 MM10 0-1 FCカルパ @MMSP-B

■TRM みなとみらいU-13vs川崎

1試合だけで帰るのも何だったので、”あかいくつ(周遊バス)”に乗って、プチ横浜観光をしつつマリノスタウンへ。Bグラで”よーこーたかし”がキクマリの撮影中なのを背にU-13の練習試合を観戦。30分×3。

1本目3分に、樋口君が相手パスをインターセプト。そのまま持ち上がり安藤君とのワンツーからシュート。みなとみらいがあっさりと先制。しかし、その後は川崎の厳しいチェックに手こずり、ボールは支配するもシュートまではなかなか持ち込めず、1本目は1-0で終了。

2本目はみなとみらいペース。12分に後藤君のスルーパスを樋口君が受け、GKをかわしてこの試合2点目をあげる。メンバーを4人変えた直後の18分。大嶌君の左からのシュートをGKが弾いたところに詰めた後藤君がゴールを決める。23分には松崎君のパスを受けた池田君が持ち上がり、ゴール前に折り返し。大嶌君が走り込みシュート。通算4-0で2本目を終えた。

1本目、2本目は右サイドハーフだった村田君が本職のFWで起用された3本目。その村田君が7分に相手ボールをインターセプトし、前に出たGKの頭上を超える小憎いループシュートを決める。25分にも2点目をあげ、ストライカーらしさを十分に発揮した。結局3本通算で6-0の快勝。

Tr_img_5162 Tr_img_5185
Tr_img_5224 Tr_img_5268

<スタメン>
_______後藤航(8)___大嶌駿(5)_______

安藤竣哉(2)_______________村田直哉(19)

______増田皓夫(17)__樋口弘毅(14)______

井上瑠寧(4)_松崎強太(18)_斉藤海(9)_田崎遼太郎(11)

___________田口潤人(1)__________

<エンメン>
_____村田直哉(19)__田中郁也(12)______

千葉駿哉(13)____________田崎遼太郎(11)

______松崎強太(18)_安藤竣哉(2)______

井上瑠寧(4)__長田健(6)_斉藤海(9)__池田友樹(3)

__________野坂晃平(16)_________

交代:
 2本目16分 安藤竣哉(2)、斉藤海(9)、田崎遼太郎(11)、村田直哉(19)
         →千葉駿哉(13)、長田健(6)、池田友樹(3)、田中郁也(12)
 3本目00分 田口潤人(1)、井上瑠寧(4)、後藤航(8)、樋口弘毅(14)、松崎強太(18)
         →野坂晃平(16)、田崎遼太郎(11)、村田直哉(19)、安藤竣哉(2)、斉藤海(9)
 3本目16分 大嶌駿(5)、増田皓夫(17)→井上瑠寧(4)、松崎強太(18)

得点:
 1本目03分 樋口弘毅(14)
 2本目12分 樋口弘毅(14)
 2本目18分 後藤航(8)
 2本目22分 大嶌駿(5)
 3本目07分 村田直哉(19)
 3本目25分 村田直哉(19)

| | コメント (0)

2009年12月 5日 (土)

吉豚なくなったのか! ~TRM MM15,14vs川崎、MM13vs横河武蔵野 他

12月。そろそろダンマクサインの季節。

■TRM みなとみらいU-15vs川崎

天気予報は雨。マリノスタウンに到着した頃はまだ大丈夫そうな雰囲気だったが、試合が始まる頃になるとポツポツ降り始めた。それほど強い雨では無かったので、すぐに晴れてくれる事を祈りつつ観戦。

みなとみらいは立ち上がりにあっさりCKから失点。以降も川崎に押される苦しい時間が続く。しかし、決定機は作らせない。ようやくみなとみらいが反撃に打って出たのは前半も終わろうかとする頃。野路君がPA内で粘って仕掛けたところでファールを受け、PKが与えられる。野路君自らこれを決めて前半は1-1で折り返す。

後半6分。川崎に押されつつも危険な領域までは侵入させなかったみなとみらいだったが、川崎辻君に綺麗なミドルループを決められてしまう。みなとみらいも、後半12分には左SBの冨沢君が何故か右サイドからドリブルで切れ込み豪快なシュートを決める。このゴールで一気に逆転を狙いたいところだったが、後半19分にまたしてもミドルループを決められて再びリードを許す。その後は五分五分の戦いが続き、両者追加点を奪えぬまま終了。

試合後は、みなとみらいの選手たちに恒例のダンマクサインをお願いした。書いてくれた選手たち、どうもありがとう。このダンマクはみんながマリノスで頑張った証。来年以降、進路はバラバラになるけれど、次の進路でもマリノスの誇りを胸に頑張って欲しいと思います。今日いなかった選手のみなさんにも、機会を見てお願いに行きますので、その時はよろしくお願いします。

Tr_img_3685 Tr_img_3731
Tr_img_3774 Tr_img_3837

<スタメン>
__________野路貴之(13)__________

高野遼(8)______松井優斗(18)____田中秀明(10)

_______谷祐樹(11)___喜田拓也(7)______

冨沢右京(12)_松崎颯介(19)_諸石健太(22)_岩壁裕也(4)

___________佐山辰哉(16)__________

交代:
 前半23分 松井優斗(18)→渡辺悠貴(23)
 後半00分 谷祐樹(11)、諸石健太(22)→相原晃貴(3)、原田慎司(15)

得点:
 前半04分 (川崎)
 前半35分 野路貴之(13)
 後半06分 (川崎)
 後半12分 冨沢右京(12)
 後半19分 (川崎)

■TRM みなとみらいU-14vs川崎

続いて3本目、と思いきや、みなとみらいは総入れ替えでU-14のメンバーが登場。川崎も何人か交代して、U-15とU-14の混成軍の様子。雨は上がり、今ならダンマクサインもOK。U-15の選手たちを待ちつつU-14の試合を観戦。

この試合はみなとみらいのペースで進む。前半(3本目というべきか・・・)12分には汰木君のループシュートを川崎GKが後ろにそらしてしまい、みなとみらいが先制。ここまで見たところで、U-15の選手たちが外に出てきたので、ダンマクサイン会で一時観戦中止。前半がこの後どうだったのかは分からない。ご存知の方フォローいただければ幸いです。

サイン会が終わって再び後半から観戦。後半3分には上田くんのスルーパスに抜け出した深澤君がGKをかわしてゴールを決める。その後もみなとみらいのリズムで進むが追加点は生まれず。ようやくサイドバックからボランチの位置に入った佐藤祐太君が終了5分前に右サイドからシュート。これが決まり、U-14対戦後半は2-0で終了。

Tr_img_3810 Tr_img_3868 Tr_img_3871

<前半スタメン>
______深澤知也(18)___汰木康也(22)_____

山中城之介(21)______________加瀬裕太(6)

_______早坂翔(15)__佐藤陸(10)_______

飯塚澄(2)_樋口慎太郎(17)_北村大輔(8)_福田圭佑(19)

__________鹿野洋司(16)__________

<後半スタメン>
______深澤知也(18)___吉江良翔(23)______

山中城之介(21)______________笹岡拓実(11)

_______桑原和真(6)_上田彗亮(4)________

上尾明寛(3)_寺前光太(14)_樋口慎太郎(17)_佐藤祐太(12)

___________大蔵亮介(1)___________

交代:
 後半00分 フォーメーション参照
 後半21分 樋口慎太郎(17)、深澤知也(18)、山中城之介(21)→北村大輔(8)、汰木康也(22)、飯塚澄(2)

得点:
 前半12分 汰木康也(22)
 後半03分 深澤知也(18)
 後半30分 佐藤祐太(12)

U-14の試合が終わり、さてマリノスカフェに移動してトップ山形戦でも見るかと思ったら、店頭には「本日貸切」の張り紙。仕方ないのでユース練をちょっと見て帰るつもりで再びCグラに移動すると、練習試合が始まった。相手は日本工学院Fマリノス。スケジュール非掲載の試合なので詳細は割愛するが、激しいボディコンタクトをものともせずユースが綺麗な崩しからのゴールを次々と決め快勝。

ユースの試合開始ぐらいから再び降り始めた雨は、試合後も止む気配がない。寒くて帰ろうかと思ったが、勝利の勢いで当初見る予定のなかったU-13の試合も続けて観戦。我ながら貧乏性(笑)

■TRM みなとみらいU-13vs横河武蔵野

横河武蔵野との対戦は10月にも見たが、その時は2-4でみなとみらいの負け。今日こそはリベンジ!1本目5分にみなとみらいが増田君のFKが直接決まり(?)先制。と思いきや、これはよく分からない判定で取り消し。出鼻をくじかれた。横河は近年ぐんぐん力をつけているチームだけあって、息のあった攻撃は脅威。一進一退の攻防が続き、前半はスコアレスで終了。

2本目5分。GK田口君が前に出てクリアしたボールが運悪く横河の選手の前にこぼれる。急いでゴールに戻る田口君だったが、相手にミドルループを決められる。ドンマイ、ドンマイ。失点でみなとみらいがより攻撃的に出る。しかし、横河の守備も固い。体格でも相手が勝るような気がする。何度も横河陣内に攻め込むみなとみらいだったがゴールを奪えず、逆に2本目22分には前がかりになっている隙をつかれカウンターから失点。2本目は2点ビハインドで終了。

試合はまだ続くようだったが、さすがに寒さに耐えられなくなったのでここで切り上げた。その後横河からゴールを奪う事はできただろうか。

<スタメン>
______後藤航(8)___大嶌駿(5)_______

安藤竣哉(2)______________深谷拓巨(15)

_____増田皓夫(17)___樋口弘毅(14)_____

井上瑠寧(4)_松崎強太(18)_斉藤海(9)__池田友樹(3)

___________田口潤人(1)__________

交代:
 2本目00分 深谷拓巨(15)→千葉駿哉(13)

得点:
 2本目05分 (横河)
 2本目22分 (横河)

| | コメント (0)

2009年11月29日 (日)

トリコのトリコ ~チビ国準々決勝 みなとみらいU-12vsあざみ野FC、TRM みなとみらいU-14vs追浜U-14

昨日は1試合しか見れなかった(見なかった)ので、今日は朝っぱらからがっつり4試合(笑)

■第41回 横浜国際チビッ子サッカー大会 L1の部 準々決勝 みなとみらいU-12vsあざみ野FC-A

まずは9:10からマリノスタウンDグラで久々にみなとみらいU-12。チビ国準々決勝の相手は強豪あざみ野FC。前半はほとんどシュートまで持ち込めず、ようやく終了間際にDF裏に抜け出した山本君のシュートが飛び出す。これはあざみ野GKに弾かれ、続くCKではGKが弾いたボールを白井君がヘッドするも、ゴール前に戻ったGKがキャッチ。0-0のまま後半へ。

後半6分、あざみ野FC7番君のドリブルから決定的なシュートを喰らう。しかし、これはクロスバーを叩き、みなとみらいは難を逃れる。直後に、みなとみらいも曽木君のスルーパスを水谷君が折り返し、ゴール前でフリーの蛭田君がシュート。決定的なチャンスだったが、これは残念ながらゴール上にそれる。勝負を決めるゴールが決まったのは後半17分。ファールを受けてのクイックリスタートのボールを右サイドで青木君が受け、ドリブルで相手ゴールライン際まで持ち込む。そして折り返し。ゴール前には両チームの選手が集まっていたが、折り返しのボールはゴール前で前を向いていた曽木君の前にうまい具合に届く。相手選手に詰められるも曽木君は冷静にシュート。キャプテンが貴重なゴールを決めた。終了間際には水谷君が惜しいシュートを放つが相手GKの好守でゴールならず。

苦戦したみなとみらいU-12だったが、1-0の僅差であざみ野FCを破り準決勝に駒を進めた。準決勝はCグラでU-14のダービーを見ていたので見てないが、どうやらPK戦の末勝利を収めたようだ。後一つがんばって、ぜひ優勝を。

Tr_img_2963

Tr_img_3104 Tr_img_3122
Tr_img_3149 Tr_img_3170

<スタメン>
____山本真輝__蛭田悠弥_____

山下侑真____________水谷峻

_____酒井健__曽木友樹_____

中村響__板倉洸__白井達也_青木天良

_______岩崎波留________

交代:
 後半11分 山本真輝→小野湧太

得点:
 後半17分 曽木友樹

■TRM みなとみらいU-14vs追浜U-14

チビ国の後はCグラに急いで移動して10:00からのU-14のダービー。40分×2。

終始、息のあったボール回しでみなとみらいがゲームを支配する。それでもゴールはなかなか生まれず、ようやくスローインからのボールをつなぎ、右サイドでフリーの榎本君がゴールを決めたのは前半23分。前半30分には榎本君のシュートの処理をGKとDFが迷っている隙をつき、早坂君がシュート。みなとみらいが2点リードして前半を終えた。後半もみなとみらい優位の流れは変わらず、後半23分には途中出場したばかりの吉江君が桑原君のパスを受け、DFと競りつつも体の強さを生かしシュートを決める。押し込まれていた追浜も後半32分に、神沼君のスルーパスに武君が反応してDFライン裏に抜け出し、GKをかわしてゴールを決めたが、これは惜しくもオフサイド。後半37分には、みなとみらいCKのチャンスに再び吉江君がヘディングでゴール。結局4-0でみなとみらいが勝利を収めた。

スコアには差がついたが、U-15合流組が戻って一足先に新チームで戦っているみなとみらいと、まだ高円宮杯を残すためU-15合流組が不在で、しかも試合ができる11人ギリギリしかいない追浜という状況の差からのものだろう。フルメンバーになった時どうかはまだまだわからない。切磋琢磨して来年こそは揃って全国で戦う姿を見せて欲しい。

今日一番うれしかったことは、試合後、みなとみらいの選手たちが揃って父兄に挨拶していた事だ。追浜はわりと挨拶している姿を見るが、みなとみらいは今まで大きな大会の最後でしか挨拶する姿を見なかった。ましてや、こういう練習試合で挨拶するのを見るのは初めて。他のチームが当たり前にやっている事をみなとみらいはなぜやらないんだろうと常々思っていただけに、これは非常にいい事だと思う。挨拶がきっちりできるチームは成績も伴う。今から来年の活躍が楽しみだ。

Tr_img_3191 Tr_img_3328
Tr_img_3396 Tr_img_3419

<みなとみらいスタメン>
______汰木康也(22)___加瀬裕太(6)_____

山中城之介(21)_____________榎本拓也(5)

_______早坂翔(15)_上田彗亮(4)_______

飯塚澄(2)_樋口慎太郎(17)_北村大輔(8)_福田圭佑(19)

___________田口潤人(1)__________

<みなとみらいエンメン>
______汰木康也(22)___笹岡拓実(11)_______

上尾明寛(3)_________________吉江良翔(23)

________佐藤陸(10)__桑原和真(9)________

山中城之介(21)_北村大輔(8)_樋口慎太郎(17)_佐藤祐太(12)

____________野坂晃平(16)___________

<追浜スタメン>
_______武颯(9)___篠崎幸樹(8)_____

渡辺大貴(20)______________鬼丸敬(4)

_______神沼拓海(6)_宮野剛(19)______

上長次郎(7)_松浦舜也(18)_押本祐輔(3)_谷川大(11)

__________長津大裕(16)_________

交代:
 後半00分 MM:田口潤人(1)、汰木康也(22)→野坂晃平(16)、深澤知也(18)
 後半13分 MM:上田彗亮(4)、榎本拓也(5)、早坂翔(15)→桑原和真(9)、笹岡拓実(11)、佐藤陸(10)
 後半21分 MM:飯塚澄(2)、加瀬裕太(6)、福田圭佑(19)→上尾明寛(3)、吉江良翔(23)、佐藤祐太(12)

得点:
 前半23分 MM:榎本拓也(5)
 前半30分 MM:早坂翔(15)
 後半23分 MM:吉江良翔(23)
 後半37分 MM:吉江良翔(23)

(続く)

| | コメント (0)

2009年11月28日 (土)

やっぱ済州島が一番 ~TRM 追浜U-13vsみなとみらいU-13

今日は追浜でU-13のダービーのみ。管理人にしては何とも贅沢な一日(笑) 試合は30分×2+25分。

1本目立ち上がりは追浜。5分の吉野君のシュートはみなとみらいGK野坂君がナイスセーブ。11分には追浜CKのこぼれ球を追浜の選手がシュート。これはすんでの所でみなとみらい井上君が何とかかきだす。ここまで押されつつもよく耐えていたみなとみらいだったが、13分に佐藤翔輝君のCKをホセ君に頭であわせられ遂に失点。みなとみらいも23分に村田君のシュート、DFに当たったこぼれ球を安藤君がシュート、というシーンがあったがゴールならず。追浜ゴール以降はお互いパスがつながらず、シュートまで持ち込めないまま追浜が1点リードで終了。

1本目と同じメンバーでの2本目は、一転みなとみらいがボールを支配するも、追浜の守備陣も奮闘。なかなかシュートまで持ち込めないみなとみらいだったが、2本目終了間際に立て続けのチャンス。24分の村田君のシュートは追浜GK渡辺君が弾く。30分にはCKからチャンスが続くも、クロスバーとGKの好守に阻まれスコアレス。

3本目は一転、点の取り合いになった。まずはみなとみらい。7分に右サイドからPAに侵入した後藤君がゴールライン際角度の無いところから、サイドネットに突き刺す鮮やかなシュート。追浜もその3分後に、吉野君がドリブルで長い距離を走り、遠目からミドルシュートを決める。トータルで1点リードされたみなとみらいも、14分にCKから村田君FKから松崎君が得点。終了間際にはみなとみらい増田君のシュート。これは追浜GK白坂君が弾き、ゴールは許さない。結局意地をかけたダービーはトータル2-2のドローで終わった。

Tr_img_2775 Tr_img_2823
Tr_img_2863 Tr_img_2872

<追浜1本目スタメン>
______吉野硫(15)_カリヨ・イサミ・ホセ(5)____

佐藤翔輝(7)______________大場靖也(4)

______松崎舜(10)___佐藤諒弥(8)______

長倉颯(9)__山谷秀行(14)_高木聡汰(-)__岩浩平(3)

__________渡辺大斗(16)__________

<追浜2本目エンメン>
_____山崎脩敬(12)___遠藤翼(-)_______

佐藤光希(6)____________カリヨ・イサミ・ホセ(5)

______佐藤翔輝(7)___松崎舜(10)_______

長倉颯(9)__山谷秀行(14)_高木聡汰(-)_諸岡章太(11)

__________渡辺大斗(16)__________

<追浜3本目スタメン>
______吉野硫(15)___佐藤光希(6)______

山崎脩敬(12)_______________遠藤翼(-)

_______長倉颯(9)___佐藤諒弥(8)______

大場靖也(4)__松崎舜(10)_山谷秀行(14)_諸岡章太(11)

___________白坂楓馬(1)__________

<みなとみらい1本目スタメン>
______後藤航(8)__村田直哉(19)______

千葉駿哉(13)______________安藤竣哉(2)

_____増田皓夫(17)___樋口弘毅(14)_____

井上瑠寧(4)__斉藤海(9)_松崎強太(18)_池田友樹(3)

__________野坂晃平(16)__________

交代:
 2本目17分 OP:岩浩平(3)、大場靖也(4)、佐藤諒弥(8)、吉野硫(15)
             →諸岡章太(11)、遠藤翼(-)、佐藤光希(6)、山崎脩敬(12)
 2本目19分 MM:千葉駿哉(13)→深谷拓巨(15)
 3本目00分 MM:斉藤海(9)、野坂晃平(16)→小泉潤弥(5)、田口潤人(1)
 3本目00分 OP:フォーメーション参照
 3本目??分 OP:山谷秀行(14)→高木聡汰(-)

得点:
 1本目13分 OP:カリヨ・イサミ・ホセ(5)
 3本目07分 MM:後藤航(8)
 3本目10分 OP:吉野硫(15)
 3本目14分 MM:松崎強太(18)

| | コメント (0)

2009年11月 8日 (日)

渡しておきました ~高円宮U-15関東予選 浦和vs千葉、追浜vsCORUJA

U-15最後の大会である高円宮杯U-15関東予選がスタートした。実力あるチームが揃う関東に割り振られた出場枠はたったの5。これを全40チームで争う。全国大会よりも予選の方が厳しいかもしれない。負けたら終わりという大会なので、みなとみらい、追浜両方のチームを追っかけたいが、残念ながらハシゴは不可能。今日は夏のクラブユース全国大会出場を逃して悔しい思いをした追浜を応援しに埼スタ第3グランドへ。

■高円宮杯 第21回全日本ユース(U-15)サッカー選手権 関東大会1回戦 浦和vs千葉

まずは浦和と千葉の試合を芝生に座ってまったりと観戦。前半は一進一退の攻防が続く。千葉は素早いインターセプトからボールを奪うと、ピッチをワイドに使い、俊足の両サイドを生かした攻撃を見せる。遅攻の浦和はスキルの高い選手が揃っているものの千葉のチェックにボールがつながらず、なかなか有効な攻撃ができない。前半17分、千葉がCKから決定的なチャンス。至近距離からのシュートは浦和GKが素晴らしい反応でクリアする。前半で一番決定的なシーンだった。やや千葉ペースの前半はスコアレスのまま終了。

後半になると浦和が息を吹き返す。右サイドバックの新井君が果敢に上がりチャンスを作りだす。ゲームの主導権は浦和。後半9分には浮き球を中村君がGKより一歩先に触って先制。浦和に押されていた千葉だが、後半20分に左サイドから15番君がゴール前にグランダーのクロス。これに25番君が走りこみダイレクトでシュート。見事な展開で千葉が追いついた。これで再びゲームの流れは千葉に。しかし決めきれず、試合は延長に突入。

延長前半1分。不可解な判定で浦和にPKが与えられる。これを小峰君が決め浦和が先制。千葉としては運がなかった。1点ビハインドの千葉もあきらめずに良く戦ったものの、延長後半6分に小峰君に追加点を許し、3-1で涙を呑んだ。

浦和は関東U-15リーグ王者。千葉は千葉県リーグに所属。所属するリーグは違うものの、実力の拮抗したチーム同士の好ゲーム。1回戦からこんな熱戦が見れるあたり、やっぱり関東のレベルは高い。

■高円宮杯 第21回全日本ユース(U-15)サッカー選手権 関東大会1回戦 追浜U-15vsFC CORUJA

続いて本日のメイン。追浜とFC CORUJAの対戦。FC CORUJAは去年みなとみらいを破り全国出場を阻んだ相手。去年のチームとは違うものの、追浜にとっても簡単な相手ではないだろう。

立ち上がりから追浜が次々とチャンスを作り出す。しかし、シュートはことごとく枠外。そうこうするうちにCORUJAに流れが傾く。追浜はミスが多く連動性を欠く。ボールホルダーは無理なドリブルをしては相手にボールを奪われる。ボールへの寄せが甘く、地に足がついてないようなプレイが多々見られた。今まで見た中で最も悪い。これはハーフタイムにしっかり立て直さないとまずいなと思っていた矢先の前半38分(試合は40分ハーフ)、中盤でボールを奪われ失点。

後半になっても追浜のエンジンはかからない。チームとして機能せず、CORUJAの組織だった攻撃に後手後手に回る。後半11分にはスローインからゴール前の緩い守備を突破されあっさり失点。2点ビハインドになって、追浜の選手達は焦りからさらにバラバラに。得点の気配のないまま時間だけが経つ。去年に続きまたしてもCORUJAに全国の夢を阻まれるのか・・・ しかし、後半22分の前田君の投入をきっかけに追浜にリズムが生まれる。後半24分には後半初めての攻撃らしい攻撃。その2分後にはPA内で相手選手のハンドの判定。これで得たPKを伊東君が決める。ここからおっぱまーず劇場が開幕。まずは後半30分。うまくDF裏に抜け出した田中健太君が前に出たGKの頭上を抜くシュート。同点!さらにその4分後には、小松君のヘッド。GKがファンブルしたボールに再び小松君がつめ押し込む。逆転!あれだけダメダメの内容のサッカーをしていた追浜がたった8分間で逆転。追浜応援席のサポも父兄も盛り上がる。うるさくてどうもすみません(笑)

逆転した直後、CORUJAの反撃を受ける。このピンチはゴールポスト選手が頑張ってくれた。ほっ。ここで決められていればまた試合は振り出しに戻り、試合の行方はどうなっていたかわからない。幸運に味方された追浜。後半39分にはバイタルでボールを持った田中智也君が相手DFの間をドリブルで抜きシュート。これで2点差。時間を考えれば安全圏ではあるが、何があるかわからないのがこの年代。最後まで気を緩めるわけには行かない。ロスタイムは3分。追浜は攻撃の手を緩めない。まもなくロスタイムの3分が過ぎようという頃、ドリブル突破をはかる田中智也君にGKが詰める。左サイドに流れた田中君がクロス。ニアで伊東君がヘッドであわせ、追浜がさらに追加点。

終わってみれば5-2。スコアだけ見れば楽勝だが、ジェットコースターに乗っているような起伏の激しい試合だった。大きな大会の緒戦で選手達には緊張があったのだろう。この劇的な勝利で少しは落ち着いただろうか?次はFCラーゴ河口湖を7-0で破ったWingsと対戦。ホームでの試合で緊張も少しは緩和されているだろう。安心して見れる試合をお願いします。まぁ、今日みたいな試合でも勝ってくれればいいけどね(笑)

Goal Tr_img_8285
Tr_img_8290 Tr_img_8393

<スタメン>
__________伊東海征(7)_________

田中智也(11)____栗原奨吾(9)___斎藤一磨(15)

______村原大輝(6)__林拓弥(4)_______

小松勇樹(3)_栗林健太(5)_伊池翼(8)_蔭山裕之(21)

__________北村征也(1)_________

交代:
 後半07分 栗原奨吾(9)→田中健太(17)
 後半22分 蔭山裕之(21)→前田啓介(2)
 後半35分 村原大輝(6)→中村凌(23)

得点:
 前半38分 (CORUJA)
 後半11分 (CORUJA)
 後半26分 伊東海征(7)
 後半30分 田中健太(17)
 後半34分 小松勇樹(3)
 後半39分 田中智也(11)
 後半39分 伊東海征(7)

夏に続き全国を狙っていたみなとみらいは、残念ながら帝京FCに1-4というスコアで破れ緒戦敗退。残念な結果だけど、選手の皆さんは次の進路でこの悔しさを晴らしてください。

| | コメント (0)

2009年11月 7日 (土)

お屋敷の木はいずこ ~関東大学 筑波vs東海、神奈川vs専修、TRM みなとみらいU-14vs横浜FC鶴見

今日はユースはお休みして保土ヶ谷で大学サッカー。今日の保土ヶ谷は残留争い2本立て。試合前の順位は以下の通り。

08位 神大 勝点21
09位 法政 勝点20
10位 筑波 勝点19
---------------- 残留ライン
11位 専修 勝点17
12位 東海 勝点12

■JR東日本カップ2009 第83回関東大学サッカーリーグ戦 第20節 筑波大学vs東海大学

まずは筑波と東海大の対戦。東海大は負ければ降格決定。がけっぷちの筑波も勝って少しでも安全圏に近づきたい。両チームにとって負けられない戦いだったが、キックオフ早々に試合が動く。前半8分に小澤のCKを作田がヘッド。ピッチを叩いたボールを瀬沼がシュートするがこれはポストに弾かれる。このこぼれ球を再び瀬沼が足を延ばしゴール。瀬沼が執念で大きな仕事をした。東海大も前半18分にCKから田中がフリーでシュート。これはゴールを大きく外れた。命拾いをした筑波が細かいボール回しで東海ゴールに迫る。筑波がやろうとしているサッカーはうまく嵌れば楽しいが、パスミスで相手ボールになってしまったり、ボールを持ちすぎて相手に囲まれてボールを失う事が多い。

後半3分、またもや瀬沼。流れるような展開で東海ゴール前にボールを運んだ筑波は、右サイド須藤のグランダークロスをゴール前で小澤がヒール(スルー?)。左サイドでフリーの瀬沼が何なく押し込む。直後の後半5分。瀬沼の反転シュート。これはGKにキャッチされる。2点リードで余裕のある筑波が以後もゲームを優位に進める。何とか反撃した東海だったが、シュートチャンスをさほど作る事ができず、後半37分にカウンターから里中が1点返したものの、反撃はそこまで。東海大学の2部降格が決まった。勝った筑波は残留に向けてあと一歩。

Tr_img_7518 Tr_img_7717

<筑波スタメン>
______大塚翔太(8)__瀬沼優司(25)______

八反田康平(14)______________小澤司(10)

_______須藤壮史(2)_森谷賢太郎(9)______

原田圭輔(7)_不老祐介(26)_作田裕次(3)_深澤裕輝(15)

___________碓井健平(1)__________

<東海スタメン>
______井上和馬(34)___伊藤和基(10)______

坂本勇太(11)_______________永田一真(4)

_________出田慎(7)__松下翔(2)_______

田中大二郎(12)_佐伯尚平(13)_藤野洋平(5)_岩上祐三(6)

___________小笠原巧麻(21)__________

交代:
 前半37分 東海:出田慎(7)→黄大俊(3)
 後半00分 東海:坂本勇太(11)→里中頌平(8)
 後半16分 東海:永田一真(4)→堺星哉(14)
 後半28分 筑波:小澤司(10)→岩永雄太(13)
 後半31分 筑波:大塚翔平(8)→鈴木崇記(11)
 後半40分 筑波:深澤祐輝(15)→石神幸征(12)

得点:
 前半08分 筑波:瀬沼優司(25)
 後半03分 筑波:瀬沼優司(25)
 後半37分 東海:里中頌平(8)

■JR東日本カップ2009 第83回関東大学サッカーリーグ戦 第20節 神奈川大学vs専修大学

続いて神大と専修大の対戦。神大は勝てば残留決定だし、11位の専修大にとっても残留に向けて絶対に落とせない試合。

リーグ最小失点を誇る神大のゲームだけに、試合はもちろん派手な撃ち合いとはならず、かなり渋い展開。ゲームが動いたのは前半35分。安藤のCKをニアで伊池が合わせ、神大が先制。さらに、後半4分。内村のロングボールにゴールライン際で追いついた安藤がゴール前に折り返し。そこに小さなキャプテン吉田がダイビングヘッドで飛び込んだ。大喜びの吉田はゴール裏のカメラマンに向けてポーズ。さぞかしいい写真が取れたことだろう(笑) 2点リードした神大はさらに守りを固める。自陣から大きく蹴りだしたのはいいが、センターラインより先に味方がいないこともしばしば。試合は地味に進む。このまま終わっていればたちまち忘却の彼方に押しやられそうな試合だったが、後半33分、吉田からキャプテンマークを受け継いだ小池がセンターサークル手前から大きくボールを蹴る。またクリアかと思い専修側のゴールに目をやると、必死で自陣に戻ろうとする朴の姿。大きな弧を描いたボールはゴールに吸い込まれた。見事なロングループ。ゴールネットが揺れた瞬間、専修大の選手達が膝を落とす。小池、一世一代(?)のビューティフルゴール。試合内容はもごもごだったが、このゴールを見れただけでいいや(笑) がっくりきた専修大に反撃の力はなく、試合はこのまま3-0で神大が勝利。神大は残留を決めた。

神奈川は藤川と佐々木がスタメンフル出場。村岡、高橋はベンチ。肝心の郷内は体調不良でベンチ外 orz 何とか卒業までにもう一度見れないかなぁ・・・

Tr_img_7755

Tr_img_7800 Tr_img_7915
Tr_img_7927 Tr_img_7957

<神奈川スタメン>
______三平和司(10)__吉田一樹(7)______

安藤良平(11)_______________澁谷嶽(13)

_______小池翔(5)___内村淳(6)_______

佐々木翔(3)_佐藤貴則(15)_伊池翔吾(4)_藤川祐司(2)

___________海野健介(12)_________

<専修スタメン>
__________大西佑亮(29)_________

石井佑季(34)____小幡純平(10)__町田也真人(14)

______佐伯大成(7)__関根雄太(8)______

藤本修司(6)_渡部博文(3)_飯島康允(4)_伊藤卓也(15)

___________朴泰希(21)__________

交代:
 後半19分 専修:町田也真人(14)、石井佑季(34)→高原伸介(23)、神村奨(9)
 後半30分 神大:吉田一樹(7)→工藤隼人(29)
 後半37分 専修:関根雄太(8)→中野翔太(50)
 後半39分 神大:三平和司(10)→鈴木淳(24)
 後半42分 神大:澁谷嶽(13)→中村陸真(23)

得点:
 前半35分 神大:伊池翔吾(4)
 後半04分 神大:吉田一樹(7)
 後半33分 神大:小池翔(5)

残留を争っている法政は駒澤に1-0で敗れ、下位戦線は以下のようになった。筑波は残り2試合で勝点2を積み上げれば残留決定。残りは神大と法政。順位を下げた法政は専修と残留を争う。ともに次節優勝候補との対戦が控えているだけに、最終節まで縺れ込みそうだ。

08位 神大 勝点24
---------------- 残留確定
09位 筑波 勝点22 神法
10位 法政 勝点20 流筑
---------------- 残留ライン
11位 専修 勝点17 中東
---------------- 降格決定
12位 東海 勝点12

■TRM みなとみらいU-14vs横浜FC鶴見

保土ヶ谷の後はマリノスタウンでU-14。先日の市長旗杯で負けたリベンジ。最も市長旗杯の鶴見はU-15だったみたいだが・・・

35分×3本。1本目はみなとみらいが危なげない展開で3-0。上田君のゴールはGKの頭上を抜くきれいなループシュート。2本目もみなとみらいのペースではあったが、7分に相手選手がGKと1-1。絶対絶命のピンチに1年生GK田口君は、相手選手の動きを最後までよく見てナイスセーブ。攻撃面でも、絶妙のスルーパスに絶妙のタイミングで飛び出した上田君のゴール、左の角度の無いところから見事に決めた榎本君のゴール、すばらしい切り替えしで一瞬にして相手を抜いた汰木君のゴールと、きれいなゴールが続いた。3本目はいかに吉江君にゴールを決めさせるかに費やされた35分(笑)

保土ヶ谷の2試合は勝負としての面白さはあったが、サッカー自体の楽しさは”もごもご”(笑)だっただけに、正確なパス&ゴーでボールをつなぐみなとみらいのサッカーは時を忘れる楽しさだった。

Tr_img_8000 Tr_img_8008

<1本目>
______汰木康也(22)___深澤知也(18)_____

佐藤祐太(12)_______________亀井公貴(7)

______樋口慎太郎(17)__上田彗亮(4)______

上尾明寛(3)_笹岡拓実(11)_寺前光太(14)_福田圭佑(19)

___________田口潤人(1)__________

<2本目>
______汰木康也(22)___吉江良翔(23)______

榎本拓也(5)________________亀井公貴(7)

_______佐藤祐太(12)__上田彗亮(4)_______

山中城之介(21)_上尾明寛(3)_寺前光太(14)_福田圭佑(19)

___________田口潤人(1)___________

<3本目>
_______深澤知也(18)__吉江良翔(23)________

飯塚澄(2)___________________榎本拓也(5)

________桑原和真(9)__上田彗亮(4)________

山中城之介(21)_笹岡拓実(11)_樋口慎太郎(17)_福田圭佑(19)

____________野坂晃平(16)____________

交代:
 2本目00分 フォーメーション参照
 2本目27分 上尾明寛(3)→飯塚澄(2)
 3本目00分 フォーメーション参照
 3本目18分 上田彗亮(4)→佐藤祐太(12)

得点:
 1本目22分 深澤知也(18)
 1本目24分 上田彗亮(4)
 1本目36分 笹岡拓実(11)
 2本目12分 上田彗亮(4)
 2本目20分 榎本拓也(5)
 2本目25分 汰木康也(22)
 3本目01分 (横浜FC鶴見)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧