11_10 ジュニアユースみなとみらい2010

2010年11月30日 (火)

高円宮杯U-15組み合わせ

高円宮杯U-15の組み合わせがJFAのHPで発表された。
JFAの予算削減の煽りを受け(?)、今年からはいきなり一発トーナメントとなる。
みなとみらいは2回戦で福岡と対戦する可能性があるが、福岡は中島賢星君がメンバー入りするかもしれない。
また愛媛は順調に勝ち進めば準々決勝でみなとみらいと対戦する可能性も。
中学3年生にとっては最後の大会。一戦一戦全力で戦って欲しい。

======================================
◆みなとみらい
 12/19(日)13:20 1回戦 vs常石 @大分陸上
 12/23(木)13:20 2回戦 vs(札幌vs福岡) @堺NTC5
 12/25(土)13:20 準々決勝 @瑞穂
 12/27(月)13:20 準決勝 @西が丘
 12/29(水)11:30 決勝 @国立

◆愛媛
 12/19(日)12:20 1回戦 vs名古屋 @堺NTC4
 12/23(木)11:00 2回戦 vs(むさしvs仙台)@徳島
 12/25(土)13:20 準々決勝 @瑞穂
 12/27(月)13:20 準決勝 @西が丘
 12/29(水)11:30 決勝 @国立

◆追浜
 12/19(日)14:00 1回戦 vsセレッソ @堺NTC5
 12/23(木)13:20 2回戦 vs(徳島vs広島)@徳島
 12/25(土)11:00 準々決勝 @瑞穂陸上
 12/27(月)11:00 準決勝 @西が丘
 12/29(水)11:30 決勝 @国立

| | コメント (0)

2010年8月23日 (月)

全クラU-15結果まとめ

■みなとみらい結果

adidas CUP 2010 第25回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会:ベスト8
試合日 8/15(日) 8/16(月) 8/17(火) 8/19(木) 8/20(金)
キックオフ 15:00 13:00 10:30 14:00 14:00
コンディション 晴35℃湿58%弱風 晴34℃湿55%弱風 晴37℃湿47%弱風 晴28℃湿68%弱風 曇28℃湿75%弱風
ステータス GL#1 GL#2 GL#3 R16 準々決勝
対戦相手 Forza'02 磐田 ヘミニス金沢 塩釜FC 浦和
会場 ピッチ2 ピッチ3 ピッチ7 ピッチ3 ピッチ5
試合形式 35分×2 35分×2 35分×2 40分×2 40分×2
スコア ○2-0 ○4-0 ○5-1 ○3-2 ●1-2
■GK
1 大蔵亮介     △55    
16 鹿野洋司  
20 田口潤人 SUB SUB ▽55 SUB SUB
■DF
2 飯塚澄  
3 長田健 SUB SUB SUB SUB
8 北村大輔 SUB SUB △51 SUB SUB
11 笹岡拓実 SUB   SUB SUB SUB
12 佐藤祐太 ▽47
14 寺前光太   SUB SUB SUB  
17 樋口慎太郎  
19 福田圭佑 ▽51
23 吉江良翔   SUB SUB    
25 田中郁也 ○ ☆51
■MF
4 上田彗亮 SUB SUB △47 SUB SUB
5 榎本拓也 ○ ☆30 ▽40 ○ ☆44 ▽73
7 亀井公貴 SUB   SUB   SUB
10 小泉慶 ▽47 ▽57 ▽55 ▽40 ▽40
15 早坂翔
21 山中城之介 ▽66 ▽44 △40 ▽56
■FW
6 加瀬裕太 △47 △44 ○ ☆48,56 ▽62 △40
13 鈴木浩一郎 SUB △71 ☆74 △40 SUB △73
18 深澤知也 ▽71 ☆18,71 ○ ☆81 ○ ☆65
22 汰木康也 △66 ☆68 △57 ☆66 △55 ☆64,67 △62 ☆69 △56

■追浜

adidas CUP 2010 第25回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会:ベスト16
試合日 8/15(日) 8/16(月) 8/17(火) 8/19(木)
キックオフ 13:00 15:00 13:00 11:00
コンディション 曇33℃湿60%無風 晴34℃湿51%弱風 晴30℃湿66%弱風 曇30℃湿61%弱風
ステータス GL#1 GL#2 GL#3 R16
対戦相手 塩釜FC 岐阜VAMOS セレッソ 磐田
会場 ピッチ7 ピッチ2 ピッチ3 ピッチ3
試合形式 35分×2 35分×2 35分×2 40分×2
スコア ○1-0 ○4-2 ○3-0 ●1-2
■GK
1 川瀬隼太 SUB SUB SUB SUB
16 長津大裕
■DF
2 上野海
3 鬼丸敬 SUB △48
4 蔭山裕之
5 宮野剛 ▽64
13 押本祐輔 SUB SUB △64 SUB
14 谷川大 SUB SUB SUB SUB
19 上長次郎 ▽48 SUB SUB
■MF
6 中村凌
8 新里涼
11 篠崎幸樹 SUB SUB △50 SUB
12 渡辺大貴 SUB SUB SUB SUB
15 橋本知幸 ▽59 ▽48 SUB △40
17 佐藤翔輝 △59 △48 ▽50 ▽40
18 神沼拓海 ▽42 SUB SUB
21 長倉颯 SUB △42
■FW
7 中山京志郎 SUB △64 ○ ☆30 ▽40
9 武颯 ○ ☆71 ○ ☆2,55,61,66 ▽56 ☆21,39
10 田中健太 ▽64 △56 △40 ☆56

■順位 優勝:清水、準優勝:磐田、3位:浦和、広島
■各賞
 MVP:鈴木聖矢(清水)
 MIP:中野誠也(磐田)
 得点王:國分将(札幌)、武颯(追浜)、海野智貴(清水)
 フェアプレー賞:清水エスパルスジュニアユース
■大会優秀選手
 前寛之(札幌)
 高田雅貴(鹿島)
 関口亮助、齋藤一穂、関根貴大(浦和)
 山越麟太郎(三菱養和巣鴨)
 早坂翔(みなとみらい)
 武颯(追浜)
 
粟冠陸、鈴木聖矢、宮本航汰、北川航也(清水)
 石島瑠斗、渡邊翔太、北川滉平、中野誠也(磐田)
 石川大貴、北川柊斗(名古屋)
 川辺駿、上村佳祐(広島)

| | コメント (0)

2010年7月26日 (月)

2010全クラU-15日程

日程はtwitterで発表されたグループ分けを大会HPに照らし合わせて作成。
追浜が10:30の試合がない日程になっているのでひょっとすると訂正が入るかもしれません。速報ベースということで。 
#大会HPもアップされたので確認。間違っていませんでした。

それにしても、これだと追浜のグループとみなとみらいのグループはラウンド16で直接対決の可能性あり。ここはうまく1位か2位に固まるといいけど。

グループEはどっかで見た組み合わせ。狙ったとしか思えない(笑) 

【組分け】
Aグループ:ヴェルディ、名古屋、バレイアSC、新潟
Bグループ:鹿島、札幌、ディアマント鹿児島、名古屋FC
Cグループ:鹿島ノルテ、広島、ブレイズ熊本、エストレラ姫路
Dグループ:清水、セレソン都城、千里丘FC、柏
Eグループ:セレッソ、追浜、塩釜FC、岐阜VAMOS
Fグループ:磐田、Forza'02、みなとみらい、ヘミニス金沢
Gグループ:ガンバ大阪門真、三菱養和巣鴨、徳島、サンフレッチェくにびき
Hグループ:神戸、FCひがし、FCみやぎ、浦和

【みなとみらい日程】
GL#1 8/15(日)15:00 Forza'02vsみなとみらい @ピッチ2
GL#2 8/16(月)13:00 磐田vsみなとみらい @ピッチ3(アディダスピッチ)
GL#3 8/17(火)10:30 みなとみらいvsヘミニス金沢 @ピッチ7

【追浜日程】
GL#1 8/15(日)13:00 追浜vs塩釜FC @ピッチ7
GL#2 8/16(月)15:00 追浜vs岐阜VAMOS @ピッチ2
GL#3 8/17(火)13:00 セレッソvs追浜 @ピッチ3(アディダスピッチ)

【決勝トーナメント】
R16 8/19(木)11:00 E1vsF2 /14:00 R16 F1vsE2  @ピッチ3(アディダスピッチ)
準々決勝 8/20(金)11:00/14:00 @ピッチ5
準決勝 8/22(日)11:00/14:00 @スタジアム
決勝 8/23(月)13:30 @スタジアム

| | コメント (0)

2010年5月29日 (土)

勇蔵君はいい匂い ~TRM MM15vs桐蔭、前座 Pr追浜vs湘南、ナビスコ 横浜vs湘南

三ツ沢の前にマリノスタウンでまずは1試合。

■TRM みなとみらいU-15vs桐蔭学園

先週の桐光学園との練習試合に続き、今日は桐蔭学園との対戦。以前ユースBが桐光学園と対戦するとスケジュールに載っていて、実は桐蔭だったという荒業をかまされた身としては、現場に行くまでは信じないぞ!という気持ちでマリノスタウンに向かったのだが、無事桐蔭でほっとした(笑) しかし、スケジュールで10:00キックオフだったはずが、15分前に到着するとすでに始まっていた。さすが、一筋縄ではいかないマリノスさん(笑)

試合は多分40分×2だったので、終了時間から逆算すると最初の10分ほどを見逃したようだ。前半は桐蔭に押されるシーンが多く、前半18分(推定)にCKを10番にヘディングで合わされ失点。さらに前半22分(推定)には、JY OBの冨沢の左からのシュートをGKが弾いた所を、冨田に押し込まれ失点。

後半3分。みなとみらいの山中君がドリブルから早いクロス。これをゴール前で加瀬君がダイレクトで叩き込んで、みなとみらいが1点返した。加瀬君はフィジカルの強いFW。今年のみなとみらいには加瀬君の他にも笹岡君、吉江君というボディコンタクトを恐れずにゴリゴリ行く”フィジカル三羽カモメ”((C)やりかけの未来:P)がいる。これまでのJYにはあまりいなかったタイプの三人で、彼らが横浜に新しい何かをもたらしてくれるのではないかと、個人的に期待している。

加瀬君のゴールで最先よく先制したみなとみらいだったが、その後はDFラインの裏に何度もパスを通され危ないシーンが続く。オフサイドやクロスバーにも助けられ、何とかピンチを凌ぐと、徐々にみなとみらいがペースを掴む。それでも追加点は奪えずにいたが、終了間際、上田君のスルーパス(?)に榎本君が追いつくと、前に出たきたGK境をかわしシュート。土壇場でみなとみらいが追いつき、直後に試合終了。

今日の桐蔭は1年生チーム。GKはみなとみらいOBの境。両サイドバックも同じくみなとみらいOBの冨沢と田中。二人とも積極的に上がってチャンスを作り出していた。いつもより気合が入っていたような(笑) 桐蔭はルーキーリーグで連戦連勝で好調のようだ。3人ともこの調子で桐蔭で全国へ!

Tr_img_2637 Tr_img_2716
Tr_img_2720 Tr_img_2764
Tr_img_2723 Tr_img_2802

<スタメン>
______深澤知也(18)__加瀬裕太(6)_______

上尾明寛(3)_____上田彗亮(4)_____笹岡拓実(11)

___________佐藤祐太(12)__________

飯塚澄(2)_寺前光太(14)_樋口慎太郎(17)_福田圭佑(19)

___________鹿野洋司(16)__________

交代:
 後半00分 上尾明寛(3)、笹岡拓実(11)、深澤知也(18)、福田圭佑(19)
         →山中城之介(21)、桑原和真(9)、榎本拓也(5)、吉江良翔(23)
 後半17分 佐藤祐太(12)→佐藤陸(10)

得点:
 前半18分 桐蔭:????(10)
 前半22分 桐蔭:冨田純(21)
 後半03分 MM:加瀬裕太(6)
 後半40分 MM:榎本拓也(5)

■前座試合 プライマリー追浜vs湘南

U-15の後は三ツ沢でナビスコカップ。珍しく開門前から並んで(DNさんいつもありがとう)入場すると、まもなく前座試合が始まった。試合をやるとは知らなかったのでラッキーだった。試合は15分ハーフ。

追浜はU-12の選手と、U-11,10の選手が半々という構成。いつもやっているよりはるかに広いピッチに、個人突破型の選手が多い追浜はボールが繋がらず苦戦。素晴らしい組織の力でゴールにせまる湘南に対して、追浜はほとんどの時間、自陣で防戦に追われた。それでも前半はよく耐えていたものの、後半についに2失点。いい所がないまま終わってしまった。今日は負けてしまったが、近々全少の予選で再び対決するはず。その時に今日の借りを返そう!

Tr_img_2881

<スタメン>
________君島克佳__________

魚住拓海_岩澤桐人_安松元気_ヘルバート弥呂

_____櫻井功大__砂子田翔_______

____伊藤輝_春木拓夢_竹内大敬_____

_________柴崎耀__________

交代:
 後半00分 岩澤桐人→中村颯太

得点:
 後半05分 (湘南)
 後半10分 (湘南)

■ナビスコカップ グループリーグ第5節 横浜vs湘南

代表の中澤、俊輔が不在の試合だったが、ベテランの松田、ジローがしっかりとチームを支えてくれた。特にジローは危険な所に顔を出し、”おっとそこはジローだ”状態。これをコンスタントにやってくれれば、残弾未消化でも許す(笑)

1点目は兵藤のFK。まあ、あれはGK前に飛び込んだ田原を誉めるべきだろう。あれ?(笑)

そして、金井のプロ初ゴール! ”するすると行けて良かった”そうだが、意味がわからん(笑) 学のドリブルから切り替えしてのシュートも惜しかった。決まっていれば、一気にプロ初ゴールが2つ見れたのだが… でも、次こそはあるんじゃないかな?

ロスタイムには千真ゴール。あの得点パフォーマンスは千真にしては随分派手だった。いやー、たまりません。それ以上に、勇蔵のライン際ドリブルが衝撃的。今日のFKは壁を超えたし、芸域がどんどん広がりますなぁ、勇蔵さん(笑)

でもって、反町さん、何で英二郎を出してくれなかったの!?

Tr_img_3202 Tr_img_3337
Tr_img_3362 Tr_img_3387

■今日のB級グルメ

201005291224000

静岡遠征みやげの緑茶コーラ。Iさん、ありがとうございます。色は緑だけど、あんま、お茶の味は感じなかった。

| | コメント (0)

2010年5月23日 (日)

DBと言えばドラゴンボート? ~TRM MM13vs清水、MM15vs桐光

■TRM みなとみらいU-13vs清水

U-12の敗戦にしょんぼりしつつCグラでU-13の練習試合を観戦。ポゼッションはみなとみらいの方が上で、相手陣内に攻め込む時間も長かったけれど、清水は少ないチャンスをきっちりゴールに結びつけた。

1本目は清水7番君のシュートを、みなとみらいGK栄田君が一度はセーブするも後ろにこぼしてしまい失点。栄田君は決定的なシュートをナイスクリアした場面もあったし、ドンマイ、ドンマイ。2本目はスコアレス。3本目は、立ち上がり早々に清水11番君のドリブル突破に守備陣がズルズル下がってしまい、寄せが甘くなったところを決められてしまった。さらに14分には右クロスをファーで4番君にドンピシャヘッドで押し込まれた。みなとみらいもその5分後に、柳沢君のクロスを西浦君がダイレクトに押し込み一矢報いるも、更なる追加点は奪えずそのまま終了。

Tr_img_2186 Tr_img_2187
Tr_img_2199 Tr_img_2203

<1本目>
___________佐藤誠也(8)___________

西浦英伸(14)_中村知朗(12)_曽木友樹(10)_蛭田悠弥(18)

___________山本研(22)___________

大野樹(3)__川嶋岳斗(5)_白井達也(9)__藤尾悠河(19)

___________栄田将也(16)___________

<2本目>
_________佐藤誠也(8)___________

大野樹(3)_曽木友樹(10)_酒井健(7)_柳沢憲蔵(21)

_________西浦英伸(14)__________

中村響(13)_川嶋岳斗(5)_白井達也(9)_藤尾悠河(19)

__________上田朝都(1)__________

<3本目>
___________柳沢憲蔵(21)__________

中村知朗(12)_山本研(22)__曽木友樹(10)_蛭田悠弥(18)

____________酒井健(7)___________

中村響(13)__川嶋岳斗(5)__白井達也(9)_藤尾悠河(19)

___________栄田将也(16)__________

交代:
 2本目00分 フォーメーション参照
 3本目00分 フォーメーション参照
 3本目17分 白井達也(9)、栄田将也(16)、藤尾悠河(19)→西浦英伸(14)、上田朝都(1)、大野樹(3)

得点:
 1本目20分 (清水)
 3本目04分 (清水)
 3本目14分 (清水)
 3本目19分 西浦英伸(14)

■TRM みなとみらいU-15vs桐光学園

続いてU-15の練習試合。45分×2。相手は桐光学園の1年生チーム。

立ち上がりから互角の戦いが続いた。カテゴリーが上の相手にみなとみらいの選手たちは一歩も引かずタフに戦った。何度かチャンスも作ったけれどゴールは奪えず、逆に後半16分に守備のミスをつかれ失点。ゴールを決めたのはOBの野路。先輩としての意地を見せた。みなとみらいの選手たちは失点に気落ちすることなく最後まで果敢に戦ったが、0-1で敗戦。結果は残念だったが、高校生相手にここまで出来たのはいい自信になるだろう。

桐光は今年もJYから多くの選手が進学した。今日の試合には小松(左SB)、諸石(CB)、持田(左SH)、野路(FW)の4人が出場。

Tr_img_2228 Tr_img_2218
Tr_img_2281 Tr_img_2212
Tr_img_2292 Tr_img_2234
Tr_img_2264 Tr_img_2256

<前半スタメン>
______深澤知也(18)__加瀬裕太(6)_______

桑原和真(9)_____汰木康也(22)_____小泉慶(10)

___________早坂翔(15)___________

亀井公貴(7)_樋口慎太郎(17)_北村大輔(8)_榎本拓也(5)

___________鹿野洋司(16)__________

<後半スタメン>
____鈴木浩一郎(13)___笹岡拓実(11)______

山中城之介(21)__上尾明寛(3)______福田圭佑(19)

__________佐藤陸(10)____________

飯塚澄(2)_寺前光太(14)_樋口慎太郎(17)_吉江良翔(23)

__________大蔵亮介(1)____________

交代:
 後半00分 フォーメーション参照
 後半21分 樋口慎太郎(17)→長田健(6)

得点:
 後半16分 桐光:野路貴之(32)

| | コメント (0)

この傘、雨漏りするんですけど ~全少予選 MM12vs平間FC、バディー、TRM MM14vsForza'02

今日はマリノスタウンでみなとみらい三昧(笑) U-9からU-15、OBまで見れてしまう素晴らしい一日だったのだが、残念ながらずっと雨。それでも傘をさしつつめげずに観戦。

■第34回全日本少年サッカー神奈川大会 ブロック準決勝 みなとみらいU-12vs平間FC

まずは10:10キックオフの全少予選。ブロック準決勝の相手は平間FC。ほぼみなとみらいのペースで進み、前半8分に吉尾君のCKから米谷君がヘディングで先制したのを皮切りに、ゴールが続く。後半も順調に得点を重ね、7-0でブロック決勝に駒を進めた。

Tr_img_1761 Tr_img_1867
Tr_img_1871 Tr_img_1872
Tr_img_1889 Tr_img_1902
Tr_img_1918 Tr_img_1955

<スタメン>
____河原地亮太__米谷力______

吉尾海夏____________橋本和磨

____清水颯人___西川公基_____

岩野駿祐__板倉洸_常本佳吾_武士俣久臣

________早川友基________

交代:
 後半06分 河原地亮太、清水颯人、西川公基、武士俣久臣、吉尾海夏
         →藤田淳之介、柳井郁哉、密谷直進、原川凌太朗、堀研太

得点:
 前半08分 米谷力
 前半09分 米谷力
 前半15分 常本佳吾
 後半09分 米谷力
 後半11分 柳井郁哉
 後半17分 藤田淳之介
 後半19分 藤田淳之介

そのままバディーvsはるひ野バディーの”一見”兄弟対決も見ようと思ったら、両チームの応援の子ども達や保護者がわらわらと目の前に大挙して現れ、すっかり視界を塞がれてしまったので部外者は退散。見るスペースが限られている上に人数が多いから仕方ないんだけど…

■TRM みなとみらいU-14vsForza'02

そんなわけで次の試合までU-14の練習試合を観戦。1本見ただけなので詳細は割愛するが、見ている間唯一決まった田崎君のループシュートはゴラッソだった。

Tr_img_1988 Tr_img_1994
Tr_img_2003 Tr_img_2010

■第34回全日本少年サッカー神奈川大会 ブロック決勝 みなとみらいU-12vsバディーSC

12:00からみなとみらいFPで春季大会のSCH-B戦をちょこっと観戦した後は、本日の大一番。ブロック決勝の相手は優勝候補バディーSC。両チームは3月に日産スタジアムでやった市長杯の決勝でも対戦し、その時は4-1でみなとみらいに軍配が上がった。リベンジに燃えるバディー相手に、今回はそうそう簡単には行かないだろう。

ブロックで当たるには勿体無いほどの白熱した試合がキックオフから展開される。両チームともしっかりとつないで相手ゴールに迫る。みなとみらいの最大のチャンスは後半15分。右サイドからのパスを受けて米谷君がPAアーク付近から強烈なシュート。決定的なシュートだったが、バディーのGK君が両手で渾身のクリア。弧を描いたボールは惜しくもゴールを超えていった。バディーのGK君はこれ以外にも再三の好セーブでチームを救った。

バディーの攻撃の最大の武器は長身FWの渡辺力樹君。彼にボールが渡って前を向かれると、小学生年代ではなかなか止めることは出来ない。それでも常本君と板倉君の両CBが中心となって、ギリギリの所でよく抑えていた。後半6分。バディー11番君がボールを持って前を向き、ドリブルからシュート。ボールはみなとみらいの選手に当たって大きく弾み、弧を描いてゴールに向かう。常本君が飛び上がって懸命にクリアしようとするも、ボールはゴールに吸い込まれてしまった。

1点リードされ、みなとみらいは前線に長身の藤田君を投入。早めにロングボールを入れて藤田君に預けようとするが、バディーの守備も堅い。ボールが収まらず、逆にクリアからカウンターを受ける場面も増える。何としても1点欲しい展開だったけど、それまでのやり方を変えない方がチャンスが作れていたかもしれないなぁ…

最後までがんばったみなとみらいだったが1点が遠く、ブロック予選で姿を消すこととなってしまった。悔しい結果だが、まだ5月。”小学6年生”はまだまだ続く。冬の県大会に向けてまだまだ上手くなれる。今日の悔しさを忘れずにこれからも頑張ろう!

Tr_img_2027

Tr_img_2028

Tr_img_2045 Tr_img_2057
Tr_img_2061 Tr_img_2088

<スタメン>
____河原地亮太__米谷力______

吉尾海夏____________橋本和磨

_____清水颯人__西川公基_____

岩野駿祐_常本佳吾__板倉洸_武士俣久臣

________早川友基________

交代:
 後半10分 河原地亮太→藤田淳之介

得点:
 後半06分 (バディー)

(続く)

| | コメント (2)

2010年5月22日 (土)

馬とスカートと黒豚とガリガリ君 ~TRM MM14vsバディーJY、関クラGL#1 横浜vsヴェルディ相模原

■TRM みなとみらいU-14vsバディーJY

15:00からはU-14の練習試合。対戦相手はバディーJY。30分×3。

終始みなとみらいのペースで進むが、1本目はなかなかゴールが奪えず苦戦した。トップにボールが収まるが、そこからの打開が個人頼みで、チームとして怖い形を作ることができなかった。それでも、終了間際に村田君が高い技術で立て続けにゴールを決め、3分間でハットトリック。ゴールに向かって並走しつつも、鋭い回転からゴール隅に決めるお得意のシュートは見事。ほぼ同じメンバーの2本目、3本目も同じような展開。2本目は2トップのもう一人、大嶌君が相手バックパスに先に追いついて決めたゴールを皮切りに、村田君、大嶌君が追加点を上げた。3本目はスコアレス。

Tr_img_1405 Tr_img_1449
Tr_img_1492 Tr_img_1441
Tr_img_1528 Tr_img_1536

<1本目スタメン>
_______大嶌駿(5)___村田直哉(19)______

田崎遼太郎(11)______________安藤竣哉(2)

________斉藤海(9)__増田皓夫(17)______

千葉駿哉(13)_深谷拓巨(15)_松崎強太(18)_池田友樹(3)

___________野坂晃平(16)__________

<3本目スタメン>
_______大嶌駿(5)___安藤竣哉(2)________

景山亜月(7)_________________村田直哉(19)

______増田皓夫(17)___深谷拓巨(15)_______

千葉駿哉(13)_樋口弘毅(14)_松崎強太(18)_田崎遼太郎(11)

___________野坂晃平(16)___________

交代:
 2本目00分 田崎遼太郎(11)→景山亜月(7)
 3本目00分 フォーメーション参照

得点:
 1本目28分 村田直哉(19)
 1本目29分 村田直哉(19)
 1本目30分 村田直哉(19)
 2本目08分 大嶌駿(5)
 2本目09分 村田直哉(19)
 2本目15分 大嶌駿(5)

■第34回 日本クラブユースサッカー選手権(U-18)関東大会2次予選 グループリーグ第1戦 横浜vsヴェルディ相模原

続いてユースの関クラ予選。U-14の試合の流れでスタンドに座っていると、今日は中で見れませんとの事。例年公式戦は中で見せてくれるんだけどなぁ… 地元に根付くという割に、サポとクラブの距離が縮まったようで縮まらないのがマリノスというクラブ。まぁ、どこぞのクラブのように、下部組織をトップの客寄せ道具にするような慎みを欠いたことをしない分ましだけど。そんな訳で、今日はしぶしぶ見にくい網越し観戦。

ここのところ勝てない試合の続く横浜だが、怪我で戦列を離れていた高橋と高野が戻り、喜田もベンチ入り。今日こそはすっきり勝って再び勢いに乗って欲しい。そんなサポの期待に応えるかのように、前半4分に高橋のパスを受けた伊東のシュートがネットを揺らす。前半9分には伊東のパスを受けた小野が反転シュート。GKがクリアしたもののクロスバーを叩く。惜しい!続くCK。保田のヘディングはわずかにゴールを逸れる。立ち上がりからチャンスが続き、流石に今日は大丈夫だろうと楽観的な気持ちになる。

しかし前半21分、自陣でクリアボールを拾われて、スルーパスを通され失点。ペースは横浜だから気持ちを切り替えていつも通りにやれば何でもないのに、ここのところ勝てない試合が続いた分、選手もナーバスになっている。ゴールを急ぎすぎて、あるいは自分一人で何とかしようとして、逆にゴールが遠のく。それでも流れは横浜。前半36分には小野のヘディングシュートがクロスバーを叩く。決定機を決められず嫌な考えが頭をよぎるが、前半40分に小野のクロスをゴール前まで上がっていた高野がダイレクトに叩き込む。ゴラッソなゴールでようやく横浜が再リード。

後半立ち上がりにいきなりのピンチ。決定的なシーンを作られるがGK椎橋がナイスセーブでチームを救う。ほっとしたのもつかの間、後半5分に熊谷がラフプレイでイエローカードを貰い、それに対する異議で2枚目のイエロー。熊谷は当然退場。後半が始まったばかりというのに、横浜は残り時間を10人で戦う事になった。ラフプレイは勢いで仕方のない場合もあるけれど、異議でカードをもらうのは本当に馬鹿らしい。プレイ面だけでなく、精神面でも、もっともっともっと成長して欲しい。

相手が一人少なくなった事で、ヴェルディ相模原も勢いづく。思い切ったドリブル突破で横浜陣内に攻め込むシーンが増える。横浜も伊東や高橋が枠内シュートを打つが、相手GKの好守もありゴールを決める事ができない。緊迫感のあるシーンが続く。後半18分。横浜DFのパスミスでボールを奪ったヴェルディ相模原の選手がPA内でフリー。GK椎橋が詰めるが、シュートはネットを揺らし再び同点に追いつかれる。嫌な展開だったが、そのすぐ後にゴール前で横浜にFKが与えられる。キッカーは復帰したばかりの高橋。一緒に見ていた”むき出しの中の人”が「これは決まる」と予言。筆者も何となくそんな気がしていたので「うん、決まるね」と返す。果たして、高橋のFKは壁をすり抜けゴール左のネットを揺らした!横浜としては絶好のタイミングでの再々リード。だが、直後にはヴェルディ相模原の攻撃にずるずる下がって、ゴール前での混戦から押し込まれる。と思ったら、これは相手ファール(?)で無効。命拾いをした。

横浜は後半25分にCB小林を下げて、木村を投入。高野-渡辺-保田-木村という最終ラインに。後半30分に伊東のパスを受けた小野がドリブルから決定的なシュート。しかし、GKのナイスセーブに阻まれる。横浜は後半33分、34分に相次いで星兄弟を投入し、もう1点を狙う。三年生率が高まり、ボールもこれまでに比べるとスムーズに回るようになる。途中出場の星広太や木村が積極的にシュートを狙うが、いずれもGKに弾かれる。後半42分には小野が倒され、何故か後藤が相手に詰め寄る。後藤はこれでイエローカードをもらってしまったが、小野は後半27分にすでに一枚警告をもらっていたので、ひょっとして最悪の事態を回避するため後藤が・・・、などとあまり笑えない憶測も流れる。

依然点差は1点。何とかもう1点取って試合を決めたい。そんな願いに応えてくれたのが高橋。ロスタイムに突入した直後、後藤のスルーパスを受けPA内でフリーで前を向く。高橋のシュートは相手GKの伸ばした足先のわずか先に飛びゴール!そのすぐ後にも小野がPA内フリーでシュート。これはDFに跳ね返される。ロスタイムの3分が終わり、横浜は5試合ぶりに公式戦勝利。勝った事は嬉しいが、自分たちのミスからの2失点に加え、熊谷の退場もあり、素直には喜べない勝利だった。とはいえ、久々の勝利。これで流れが再びいい方向に向いますように。

Tr_img_1601 Tr_img_1655
Tr_img_1660 Tr_img_1669
Tr_img_1685 Tr_img_1711

<横浜スタメン>
__________小野裕二(10)__________

高橋健哉(9)_____後藤拓斗(8)____伊東海征(28)

_______澁谷元気(6)_熊谷アンドリュー(14)___

高野遼(38)__渡辺大斗(5)_小林広樹(2)_保田隆介(4)

__________椎橋拓也(16)__________

交代:
 後半25分 小林広樹(2)→木村魁人(18)
 後半33分 高野遼(38)→星雄次(3)
 後半34分 伊東海征(28)→星広太(11)

得点:
 前半04分 伊東海征(28)
 前半21分 (ヴェルディ相模原)
 前半40分 高野遼(38)
 後半18分 (ヴェルディ相模原)
 後半22分 高橋健哉(9)
 後半45分+1 高橋健哉(9)

| | コメント (0)

2010年5月 5日 (水)

天使の輪って何歳ぐらいまで? ~TRM みなとみらい15vs養和、PL#6 横浜vs桐光、三菱養和vs流経柏

GW最終日も快晴。今日は養和グランドでJYの試合の後、プリンスを2試合。久々の養和グランドは観客席が改装され、屋根付きとなっていた。今日のようにピーカンで暑い日には観客にとっては非常にありがたいのだが、観客席の数自体は減ってしまったのが残念。プリンスの時には中に入りきれず、観客席脇のスペースもゴール裏も人でギッシリ。そろそろプリンスも観客収容を考えた会場設定をすべき時期なのかもしれない。

■TRM みなとみらいU-15vs三菱養和巣鴨 

そんな喧騒前のひっそりした養和グランドで、まずはU-15の練習試合。9:30開始予定が10分ほど早くスタート。試合は30分×4で行われ、みなとみらいは1本目と3本目、2本目と4本目がほぼ同じメンバー。一方の養和は1本目と2本目、3本目と4本目がほぼ同じメンバーで、お互いより多くの相手と対戦できるようになっている。

1本目は20分にみなとみらいが相手ゴール前でつなぎ、最後は亀井君のクロスを加瀬君がヘッドで決め1-0。2本目は20分に養和23番君が左に巻く見事なシュートを決め0-1。3本目はみなとみらいが多くのチャンスを作り、10分の加瀬君のゴールを皮切りに、終盤汰木君が2ゴールをあげた。養和もみなとみらいのクリアミスから1点返し、3-1。4本目は養和27番君のミドルがクロスバーを叩くシーンがあったものの、ほぼみなとみらいペースで進み、榎本君が1ゴール1アシストの活躍。トータルでは6-2でみなとみらい。

今日のみなとみらいは実質2チームに分けて試合を行ったが、どのセットも安定した試合運びでプレイすることができた。チームとしての底上げがしっかりできているということだと思う。そろそろ学校行事で全員が揃うことが難しくなるようだが、聞くところによると関東リーグU-15で優勝すると大きなご褒美があるようなので、全員の力を合わせて頑張って欲しい。

Tr_img_6479 Tr_img_6387
Tr_img_6571 Tr_img_6485
Tr_img_6654

<1本目スタメン>
______汰木康也(22)__加瀬裕太(6)______

亀井公貴(7)_______________小泉慶(10)

______上田彗亮(4)___佐藤陸(10)______

飯塚澄(2)_樋口慎太郎(17)_北村大輔(8)_吉江良翔(23)

___________大蔵亮介(1)__________

<2本目スタメン>
_______深澤知也(18)__笹岡拓実(11)______

桑原和真(9)________________榎本拓也(5)

________早坂翔(15)__佐藤祐太(12)______

山中城之介(21)_寺前光太(14)_北村大輔(8)_福田圭佑(19)

____________大蔵亮介(1)__________

交代:
 2本目00分 フォーメーション参照
 3本目00分 1本目から 大蔵亮介(1)、樋口慎太郎(17)→鹿野洋司(16)、寺前光太(14)
 4本目00分 2本目から 大蔵亮介(1)、北村大輔(8)→鹿野洋司(16)、樋口慎太郎(17)

得点:
 1本目20分 加瀬裕太(6)
 2本目30分 (三菱養和)
 3本目10分 加瀬裕太(6)
 3本目24分 汰木康也(22)
 3本目27分 (三菱養和)
 3本目28分 汰木康也(22)
 4本目03分 榎本拓也(5)
 4本目14分 深澤知也(18)

■プリンスリーグ関東1部 第6節 桐光vs横浜

続いてプリンスリーグ。横浜は前節流経柏に記録的な大敗を喫しただけに、今日の試合は本当に重要な一戦となる。桐光はJYのOBが多数在籍し、ここ2年間、何度も苦杯を舐めさせられている厳しい相手。今日の横浜は熊谷が不在で後藤がボランチに入る。後藤が下がった分、一人空いた3シャドーの一角は鈴木雄斗。CBは渡辺と保田の3年生コンビが復帰。対する桐光は埼玉で見た武南戦と同じメンバー。

立ち上がりの10分ほどは積極的に仕掛けてくる桐光に押される場面が続く。前半5分には横浜のクリアミスを拾った菅能がポストを叩くシュート。10分には岩浪のクロスにファーで高溝がフリー。ヒヤリとする場面だったが、シュートはゴール上にそれる。

序盤の劣勢をしのぐと、徐々に横浜のリズムとなる。前半22分には後藤のクロスを星広太がダイレクトで合わせるがこれはGK峯がキャッチ。前半23分にはドリブルでPAに迫った小野が潰れ、こぼれ球を拾った星広太がゴール前の高橋にパス。GKと一対一の絶好機だったが、高橋のシュートは間に割って入った平野がすんでのところでブロック。絶好期を逃してしまった。

前半24分、桐光ボールを遅らせたということで小野に遅延でイエローカード。その後の事を考えると本当に勿体無いカードだった。

なおも、桐光ゴール前での攻防が続く。前線の選手だけでなく、SBの星雄次も攻撃に参加し、猛攻を繰り出す横浜だったが、高橋将吾、福森ら桐光守備陣も必死に食らいつきゴールは奪えない。逆に前半32分には横浜のパスミスから高溝がシュート。難しいタイミングでのシュートだったが、横浜GK鈴木椋大がナイスセーブでチームを救う。これをきっかけに、桐光も終盤にかけてチャンスを作り出す。ほぼイーブンの状態で前半は終了。

後半開始4分。ドリブルで横浜ゴールに向かった管能を渡辺が倒す。審判によってはレッドカードが出ていてもおかしくはない場面だったが、幸いイエローカード。しかし、これで与えたゴール前でのFKを、福森に見事に決められてしまう。横浜はすぐさま鈴木雄斗に代えて、1年生の伊東を投入。伊東は公式戦初出場。守備力には定評のある桐光に先制され、非常に苦しい立場にたった横浜。さらに悪いことに後半13分には小野が異議で2枚目の警告。前半24分にすでに遅延で1枚貰っていたため、小野は退場。遅延にしても、異議にしても、本人の心がけ次第でもらわなくてすむカード。小野にはチームを支える責任の大きさを今一度考えて欲しい。

一人少なくなった横浜は澁谷のワンボラとし、攻撃的な姿勢は崩さない。それでもやはり攻撃の軸である小野がいない分、どうしても前半に比べるとフィニッシュにつながるチャンスの数は減る。積極的に仕掛けるものの、ゴールは遠い。横浜は後半30分に星雄次に代えて木村を投入。FKの得意な木村が入った事で、セットプレイ時の攻撃オプションが増えた。そして後半36分。高橋がドリブルで正面突破を図って、PAすぐ外で倒されて得たFKのチャンス。キッカーは木村。大入り満員の観客が息をつめて見守る中、木村の右足から放たれたシュートはゴール左に決まる!起死回生の一発。木村は一目散にベンチに駆け寄る。たちまち木村の周りに祝福の輪が広がる。ひとしきり喜んだ後で、ポジションに戻る渡辺が木村に親指を立てて感謝のグーサイン。良かった、良かった。

同点に追いついた横浜だったが、今度は桐光の猛攻を受ける。後半43分に菅原に代わり投入された三荷がいきなり、ロングスローを受けシュート。幸いこれはゴール左にそれる。ロスタイム1分には横浜ゴール前で桐光にFKのチャンス。これもゴールわずか上にそれて命拾い。なおも横浜ゴール前での攻防が続く。心臓はバクバク。残りわずかという所でゴール前での混戦。危うく三荷にこぼれ球を押し込まれそうになるが、これは鈴木椋大が何とか押さえ込む。ふぅ… 苦しい時間をしのぎ、ようやくホイッスル。またしても桐光に借りを作る結果に終わったが、10人で最後まで戦い抜いた選手たち、お疲れ様。勝点1をありがとう。

桐光の堅守は去年と同様だが、長身FWの田口が怪我でずっと出場していない分、攻撃と守備をきっちり割り切る事ができず、それが後ろの選手の積極的な攻撃参加をもたらし、チームとしても大きな強みになっている。

Tr_img_6686 Tr_img_6784
Tr_img_6910 Tr_img_6788
Tr_img_7060 Tr_img_6870
Tr_img_6838 Tr_img_7062
Kaito Tr_img_6939
Tr_img_7052 Tr_img_6906

<横浜スタメン>
__________小野裕二(10)__________

星広太(11)_____高橋健哉(9)____鈴木雄斗(17)

______澁谷元気(6)___後藤拓斗(8)_____

宮本和輝(19)_渡辺大斗(5)_保田隆介(4)__星雄次(3)

___________鈴木椋大(21)_________

<桐光スタメン>
_____佐野弘樹(14)__菅原慶人(9)______

岩浪晃大(7)______________高溝竜稀(6)

______篠崎拓也(8)__菅能将也(10)_____

平野修(3)__福森晃斗(4)_高橋将吾(5)_館坂信也(2)

___________峯達也(1)__________

交代:
 後半10分 横浜:鈴木雄斗(17)→伊東海征(28)
 後半25分 桐光:佐野弘樹(14)→坂本颯(12)
 後半30分 横浜:星雄次(3)→木村魁人(18)
 後半35分 横浜:星広太(11)→斎藤一磨(34)
 後半43分 横浜:後藤拓斗(8)→劔持和義(12)
 後半43分 桐光:菅原慶人(9)→三荷淳也(24)

得点:
 後半05分 桐光:福森晃斗(4)
 後半36分 横浜:木村魁人(18)

■プリンスリーグ関東1部 第6節 三菱養和vs流経柏

続いて三菱養和と流経柏の一戦。横浜の試合があまりにも疲れる試合だったので、メモを取る気も起こらず、まったりと観戦。得点と人の出入り、カード以外に唯一取ったメモが、流経柏の本田監督が再三叫んでいた「寄せるだけ寄せて触るな!」という審判への皮肉めいたコーチングだけという…(笑)

養和は例年通り高い技術を持ったチームだが、流経柏のきちが○プレス(褒め言葉)を相手にすると思うように形を作らせてもらえなかった。プロ入りが噂される田中輝希(名古屋に入るって未来の管理人は知ってるんだけどね:P)もインパクトのあるプレイをみせる事はできなかった。試合は前半19分に石井の左クロスを田宮がヘディングで合わせた1点が決勝点となった。

流経柏の吉田は後半28分にメソポ田宮に代わって出場。本田監督に走れ!と盛んに激を飛ばされていた。一方の養和の横山は後半41分に川田に代わって出場。ちょっとだけだったけど、二人のプレイを見れて良かった。

Tr_img_7105

Tr_img_7107 Tr_img_7141
Tr_img_7153_2 Tr_img_7177

<三菱養和スタメン>
_____田中輝希(10)___近藤貴司(8)______

佐藤聖(7)_______________田鍋陵太(15)

______北出雄星(20)__千葉皓太(4)______

後藤京介(3)_冨田将司(22)_櫻岡徹也(5)_川田正人(16)

___________駒﨑崚(21)__________

<流経柏スタメン>
_____杉山賢史(15)___田宮諒(19)______

進藤誠司(9)______________石井克仁(22)

_____富田湧也(10)___古波津辰希(13)____

八角大智(6)_増田繁人(5)_本橋託人(24)_中西孝太(3)

__________松澤香輝(1)__________

交代:
 後半10分 流経:進藤誠司(9)→山本慶(18)
 後半15分 流経:石井克仁(22)→宮本拓弥(8)
 後半16分 養和:佐藤聖(7)→川上亮祐(24)
 後半18分 流経:中西孝太(3)→安部仁康(4)
 後半28分 流経:田宮諒(19)→吉田眞紀人(21)
 後半36分 養和:田鍋陵太(15)→清水貴明(26)
 後半38分 養和:北出雄星(20)→内藤将梧(6)
 後半42分 流経:古波津辰希(13)→川本ミッキー(7)
 後半42分 養和:川田正人(16)→横山恭嗣郎(12)
 後半45分+2 養和:田中輝希(10)→金子大起(27)

得点:
 前半19分 流経:田宮諒(19)

| | コメント (3)

2010年5月 1日 (土)

またしても天野初ゴールを見逃した ~春季大会 MM10vs飯島FC、折本FC、ルーキーリーグ 桐光vs市船 他

今日のテーマは未知との遭遇(笑) 未だ観ぬみなとみらい3、4年の新加入選手をお目当てにマリノスタウンへ。1試合目は8:40キックオフ。少年サッカーは何でこんなに朝が早いのだろう…

■第37回 横浜市春季少年サッカー大会 Lの部GL#5 みなとみらいU-10vs飯島FC

みなとみらいで行われたのは横浜市春季少年サッカー大会。去年までは木村和司杯となっていたが、今年からは木村和司の名前がなくなった。トップの監督になったからかな?

前半のみなとみらいは4年生が中心。立ち上がりから積極的に相手ゴールに迫るも、何本か打ったシュートは飯島FCのGK君がナイスセーブを連続してブロック。ようやく3分にCKから五十嵐君のヘディングゴールが決まると、そこから立て続けにセットプレイからのゴールが生まれた。そして流れからのゴールも決まるようになった。後半は3年生が多く出場。後半は見事なFKで得た1点のみ。左サイドからドリブル突破したり、クロスボールに果敢に飛び込んだ3年生の佐藤君が印象に残った。

Tr_img_3077 Tr_img_3134
Tr_img_3058 Tr_img_3071

メンバー:
 前半:曽木聡、棚橋尭士、中野伊織、櫻井風我、美崎壮哉、森本怜太郎、五十嵐大悟、比留間輝
 後半:櫻井風我、山室俊介、棚橋尭士、佐藤宇、美崎壮哉、小栗秀哉、曽木聡、山本献

得点:
 前半03分 MM:五十嵐大悟
 前半10分 MM:比留間輝
 前半12分 MM:五十嵐大悟
 前半12分 MM:森本怜太郎
 前半13分 MM:五十嵐大悟
 前半15分 MM:五十嵐大悟
 後半03分 MM:小栗秀哉

※スタメン、得点者についてはHPに選手名が掲載されてから追記します。
2010/6/7 追記しました。

■TRM みなとみらいU-15vs東急レイエス

春季大会の合間にCグラでのU-15の練習試合を観戦。立ちあがりに村田君のポストを叩くシュートがあったものの、それ以降は決定的なチャンスは作れなかった。前半17分にはレイエスの右斜めからのFK。ファーでフリーのレイエス24番君がダイレクトに合わすが、わずかにゴール上。その2分後には吉江君が右サイドを駆け上がりゴール前の鈴木君にパス。鈴木君は相手選手に囲まれるも、器用なボール捌きで密集をくぐりぬけファインゴールをあげた。その後は一進一退の攻防が続き、1本目は1-0で終了。2本目を10分ほど見たところで移動。見ている間はゴールはなかった。

Tr_img_3240 Tr_img_3345
Tr_img_3349 Tr_img_3351

<1本目スタメン>
____鈴木浩一郎(13)___村田直哉(19)______

上田彗亮(4)____桑原和真(9)_____笹岡拓実(11)

__________佐藤陸(10)___________

亀井公貴(7)__長田健(6)_寺前光太(14)_吉江良翔(23)

__________大蔵亮介(1)___________

交代:
 2本目00分 佐藤陸(10)→汰木康也(22)

得点:
 1本目19分 鈴木浩一郎(13)

■第37回 横浜市春季少年サッカー大会 Lの部GL#6 みなとみらいU-10vs折本FC

再びDグラ。グループリーグ最終戦。この試合も前半は4年生中心。前半1分にCKから中野君が得点を決めると、次々とゴールが生まれた。折本FCも3番君が前半4分にボールを奪ってドリブルからシュートを決め、その直後にも決定的なシュート。これはポストに弾かれた。1戦目と同じく、後半は3年生が多数出場。1戦目ではゴールがなかった3年生だが、終盤に立て続けにゴールを決めて、4年生に負けないところを見せてくれた。今年も楽しみな選手が多く加入してくれた。彼らがどんな選手に育っていくのか、楽しみだ。

Tr_img_3480 Tr_img_3405
Tr_img_3506 Tr_img_3574

スタメン:
 前半:佐藤宇、中野伊織、森本怜太郎、小栗秀哉、美崎壮哉、棚橋尭士、五十嵐大悟、比留間輝
 後半:美崎壮哉、比留間輝、櫻井風我、曽木聡、山室俊介、小栗秀哉、山本献、佐藤宇

得点:
 前半01分 MM:中野伊織
 前半02分 MM:五十嵐大悟
 前半04分 折本:(3)
 前半08分 MM:比留間輝
 前半12分 MM:棚橋尭士
 前半13分 MM:小栗秀哉
 前半14分 MM:小栗秀哉
 後半01分 MM:小栗秀哉
 後半03分 MM:山本献
 後半12分 MM:山室俊介
 後半13分 MM:曽木聡
 後半14分 MM:佐藤宇
 後半15分 MM:五十嵐大悟

※スタメン、得点者についてはHPに選手名が掲載されてから追記します。
2010/6/7 追記しました。

■関東・静岡ルーキーリーグAグループ 第2節 桐光学園vs市立船橋

春季大会の後は、トップ磐田戦をスルーして桐光学園でルーキーリーグを観戦。ルーキーリーグはU-16(新一年生)の大会。某静岡系のブログに載っていた予定では13:00キックオフになっていたが、30分早まったようで、到着した頃にはすでに30分近く経過していた。その時点で両チームともスコアレス。

試合は桐光ペースながら得点することはできず、スコアレスのまま後半へ。後半開始早々、CKのこぼれ球を桐光47番菅本岳が狙いすましたループシュート。均衡が破れた。後半10分にはカウンターから市船に決定的なシーンを作られるが、至近距離のシュートは桐光GK北村征也がナイスクリア。後半18分には桐光12番小松勇樹のミドルシュート。これは市船GKが弾く。後半30分には桐光46番橋本祐貴が追加点をあげる。終了間際にカウンターから失点(種岡岐将)するも、2-1で勝利。

Tr_img_3687 Tr_img_3798

■TRM 桐光学園Bvs市立船橋

ルーキーリーグの後は、Bチームの市船戦が始まったので、そのまま居残り観戦。スケジュール非公開の試合なので詳細は割愛するが、桐光が大量得点をあげて勝利。昨日のプリンスに出場しなかった2年生のOBも全員出場。三荷のゴールも見ることができた。

ルーキーリーグとこの試合を続けて見ると、選手の気迫の違いを感じた。ルーキーリーグのハーフタイムに桐光のコーチが選手たちに「君たちは技術はある。後は気持ちだ」と言っていたのが聞こえたが、1年間(あるいは2年間)の厳しい練習を耐えると、まだまだひ弱なところの目に付く1年生たちが、こういうたくましい選手に育っていくのだろう。練習は精神的にも、肉体的にも厳しと思うが、厳しいコーチにしっかり喰らいついて、逞しい選手に成長して欲しい。そして、それを人生の糧にして欲しいと思う。

Tr_img_3950 Sanka Tr_img_3976 Tr_img_3827

| | コメント (0)

2010年4月25日 (日)

面割れすぎ ~関東リーグU-15#2 みなとみらいvs深川、U-13TRM 深川vs横浜FC

小机を試合終了と同時に抜け出し、深川グランドへ移動。初めて来たが、話に聞く通り、確かにこれは観づらい。立派なスタンドはあるものの片方に寄っていて、視界も網や柵、柱に遮られる。見やすそうな席はすでに一杯だったのもあって、結局スタンドからの観戦は諦めて、下の駐車場から網越しに観戦。コーナーが一部見えないが、何とか許容範囲。

■関東リーグU-15 第2戦 みなとみらいU-15vsFC東京深川 

みなとみらいはアウェイ用の新ユニ。キャプテンマークは樋口君。シャツが白で、しかもパンツの中に入れていない選手が多いせいか(笑)、何だかみんな急に身長が伸びたような気がする。一方の深川の選手はみんな、何故か”丸刈りちょっと伸びました”頭。”華の都”の中学生らしくない 部活 青少年っぷり(笑)

キックオフと同時に、近くで見ていた深川U-13の選手たちが応援を始める。♪楽しい都~(都)、恋の都~(都) を皮切りに、次々と繰り出されるおなじみのチャント。しかし、すぐに近所からの苦情で中止となってしまった。 ♪誰がなんと言おうと~ まわりは気にするな~ という訳にはさすがにいかないか(笑)

前半は一進一退の展開。ポゼッションではみなとみらいだし、そこそこチャンスも作れていたが、フィニッシュに精度を欠いた。深川は中盤底からサイドに開いた前線にいいボールが通る。31分にはそこから決定的な場面を作られたが、樋口君(?)の必死のカバーで事なきを得た。深川は右サイドからのドリブル突破も光った(5番君、7番君) みなとみらいの前半最大のチャンスは、38分の榎本君の右斜めからのシュート。これはクロスバーに嫌われた。

後半に入って8分。みなとみらいに待望のゴールが生まれる。左サイドの山中君がドリブルで中央突破。ゴール前で思いっきり右足を振り抜き、ゴールネットが揺れた。9分にはゴール前でのFK。深澤君のシュートは枠を捉えるが、深川GKがナイスクリア。さらに後半12分には早坂君のパスを受けて深澤君が左サイドからシュート。これはわずかにゴールをそれた。29分にはオーバーラップした福田君からグランダーのクロス。深澤君が飛び込むが一歩合わず。深澤君は持ち味の飛び出しで何度もチャンスを作ったが、今日はゴールが遠かった。

1点を追う深川。後半35分には7番君がシュート。やられた!と思ったが何故かボールはゴールには吸い込まれず、ゴール外に弾かれる。遠い方のゴールでよく見えなかったが何が起こったのだろう。後半41分には途中出場の深川23番君のシュート。これも決定的だったがポストに嫌われる。苦しい時間帯をしのぎ、終了間際にみなとみらいは上田君のスルーパスから汰木君がシュート。至近距離からの決定的なチャンスだったが、これはわずかにゴールをそれる。頭を抱える汰木君。決めたかったなぁ…

終盤は苦しい展開だったが、幸運にも味方され、これでみなとみらいは鹿島戦に続きウーノ・ゼロで2連勝。マリサポにとって深川グランドは嫌な思い出ばかりがあるグランドだが、今日の1勝が苦手意識を吹き飛ばす1勝にならんことを。

関東リーグの後は40分のフレンドリーマッチが行われた。14分にCKの折り返しを鈴木君がヘッドで押し込み先制。直後の立て続けのピンチは、亀井君と幸運が救ってくれた。19分には高い位置に上がってきた亀井君の折り返しを汰木君がジャストミートで追加点。その後は反撃に燃える深川に押し込まれる時間が続くが、何とかしのぎ、フレンドリーマッチは2-0で終了。

Tr_img_1279 Tr_img_1291
Tr_img_1312 Tr_img_1361
Tr_img_1369 Joe
Tr_img_1574 Tr_img_1461
Tr_img_1603 Tr_img_1629

<みなとみらいスタメン>
______加瀬裕太(6)___深澤知也(18)______

山中城之介(21)______________榎本拓也(5)

______佐藤祐太(12)__早坂翔(15)_______

飯塚澄(2)_樋口慎太郎(17)_北村大輔(8)_福田圭佑(19)

___________鹿野洋司(16)__________

交代:
 後半23分 早坂翔(15)→小泉慶(10)
 後半31分 加瀬裕太(6)→汰木康也(22)
 後半38分 佐藤祐太(12)→上田彗亮(4)
 後半41分 深澤知也(18)→鈴木浩一郎(13)

得点:
 後半08分 山中城之介(21)

<フレンドリーマッチスタメン>
_____汰木康也(22)__鈴木浩一郎(13)______

大嶌駿(5)_________________小泉慶(10)

______上田彗亮(4)__桑原和真(9)_______

亀井公貴(7)__長田健(6)_寺前光太(14)_笹岡拓実(11)

__________大蔵亮介(1)___________

得点:
 14分 鈴木浩一郎(13)
 19分 汰木康也(22)

■TRM FC東京深川U-13vs横浜FC U-13

U-15の試合の後は、深川と横浜FCのU-13の練習試合が始まりそうだったので、そのまま居残り。U-15と同じグランドでやるものだと思ってスタンドでまったりしていたら、いきなり隣の人工芝グランドで試合が始まったので急いで移動。こちらは網はないものの、中央にどーんと立っている照明がかなり邪魔。端っこの方に両方のゴールが見えるベンチが空いていたので、そこでこっそりスパイっぽく観戦(笑) 

試合は30分×3。1本目は横浜FCペースで試合が進み、開始15分で3得点。2本目は逆に深川が盛り返し、2ゴールで横浜FCを追撃。3本目はやや横浜FCペース。開始早々に1ゴールをあげ深川を突き放す。深川も終了直前にセットプレイから1点返すも、トータルでは3-4で横浜FCが勝利。

深川は試合前に輪になって♪花の都 を歌う。サブの選手もベンチには座らず立って応援。声もよく出ていた。チーム一丸となって試合に臨むFC東京は、やっぱり小さい頃からそういう指導をしているのだろう。”ノリ”のFC東京下部組織の原点を見た(笑) 一方の横浜FC。この間の追浜戦と今日の試合の2試合を見て、この代はこれまで以上にいいチームになるポテンシャルを持ったチームだと思う。何人かの選手のスピードにのった状況でのボールコントロールの正確さには関心した。プライマリーからのOB君は3本目に右サイドハーフで登場。

Tr_img_1713 Tr_img_1714

■本日のB級グルメ

寒かったので温かいものでもと思って食べログを見ていたら、ちょうど住吉駅近くに「肉そば けいすけ」という店があるのを発見。U-15の試合を見た後だしちょうどいい(笑) ラーメン通ではないのでよく知らないが、「けいすけ」という有名なお店の関連店のようだ。まっ黒いスープを薄切りのチャーシューがどうだと言わんばかりに覆っていて、おろしショウガと玉ねぎのみじん切りがその上にのっている。見るからに塩分濃度高し。ちょっと富山ブラックっぽいのかと思いきや、想像よりしょっぱくはなかった。むしろしょうがの味がアクセントになっていて割とサッパリ。食べても食べても丼の底から出てくるチャーシューには大満足。肉増しだとどんなことになるのか… 久々に肉食ったーと満足した一杯。

Tr_201004251856000

| | コメント (0)