« 第2節展望 | トップページ | 上野の桜は満開だが、愛媛FCの桜は咲かず »

2003年4月 5日 (土)

第2節 対ベガルタ仙台戦

雨が降ってて風も強く寒い日でした。こんな日にずぶ濡れになりながらサッカーしなきゃいけない選手も大変です。

リーグ戦ホーム開催ということで、オーロラビジョンに各界著名人の挨拶、中田横浜市長からの花束贈呈などなど。能活と俊輔の挨拶があったのが、ちょっと不思議で、ちょっと寂しくて。

松田、ユキヒコは予想に反してベンチスタート。那須を下げて、久々のスタメン復帰の上野のボランチに、ジローが右サイド。

試合は一進一退だが、ややマリノスの方にチャンスが多いか。岡田監督になってから攻撃がスピーディーになって、見ていて楽しい。ただ、最後の最後が決まらないんだよね。シュートの精度ばっかりは個人の才能によるところが大きいのか。ドラゴンぱさあはまたもお預け。ドラゴンよ、ポストプレーだけではなく自らシュートを打て!お前はもっと、傲慢でいい。

仙台の今年の補強は正解だね。鹿島時代に散々苦しまされたファビアーノは健在。佐藤@新婚もホント調子いい。幻のゴールは認められててもおかしくない、すばらしいシュートだった。

仙台サポを激怒させた200勝問題(?)だけど、大体、この手の記録がかかってる試合とか、優勝する上で絶対落とせない試合ってのに勝てないのが、悲しいかな、マリノスの”伝統”なわけで、同点に追いつかれた瞬間やっぱりなとちょっと思った。案の定引き分けたわけだから、伝統は脈々と息づいているということでしょう(^^; まっ、そのうち勝つでしょう(読売相手というのもいいな)

<<今日の凶悪系の目線>>
・日産70周年記念Tシャツは、どうみても70点答案Tシャツだろ。
・髪を短く切って、金色に染めた坂田@ホームゲームホスト。サッカー選手じゃなかったら、やばい20歳だぞ。
・初登場、12番のユニ型大幕
・雨が降ってても全然判らない横国のピッチはやっぱりすばらい
・最初の決定的チャンスをものにできないと楽には勝てないの法則、またもや。
・ハーフタイムの経過「横浜1-0仙台 終了」そこまで挑発しなさんな(^^) マジモードでいうと、ガス戦のMDP事件と合わせて運営側は猛反を。
・マツ、ボランチ昇格(^^)
・ユキヒコ、オムさんにあわせろ!
・リーグ戦2試合警告なし。目指せフェアプレイ賞

~~~~~~~~~~~~

Re:第2節 対ベガルタ仙台戦(4/5)    foot001さん 
J1リーグ2003シーズンからの引き分け制。
引き分けかぁ。アウェイでジュビロに勝って、ホームで仙台と引き分けとは。
 仙台にとっては、選手層・戦力差から言ってマリノスにアウェイで引き分けて勝ち点1は上出来の結果かも。
 仙台まずは降格争いから抜け出る為の堅実な引き分けかな。
 逆にマリノス是が非でも勝ちたい一戦だった。追加点を取りに行って追いつかれた引き分け。こちらはぐやしい悔いの残るホームの引き分け。
 リーグ戦の引き分けって深いですね。マリノスの優勝争いには後から効いてくるかも。(2003.04.07 06:32:03)

|

« 第2節展望 | トップページ | 上野の桜は満開だが、愛媛FCの桜は咲かず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022251/20540514

この記事へのトラックバック一覧です: 第2節 対ベガルタ仙台戦:

« 第2節展望 | トップページ | 上野の桜は満開だが、愛媛FCの桜は咲かず »