« フランス人とブラジル人、あるいは年度末 | トップページ | ニッポンサッカーにおける応援という名の虚構 »

2003年4月 1日 (火)

コスタ リカとはスペイン語で「美しい海」です

今日はU-22日本対コスタリカの試合をTV観戦。仕事の関係でリアルタイムでは見れないので録画しておいた。そしたら、なぜか主音声と副音声が同時に録音されてた。副音声は例のフランス人。色々操作したが主音声だけにできなかったので、結局、両方を聞きながら観戦した。角澤に川添に、セルジオに、あいつの声まで混じり、ウザイったらありゃしない!

で、試合。開始早々いきなり青木のチョンボ。バックパスが前に出ていたGKを超えて、あわやオウンゴール。あれ決まってればアンチ鹿島的には絶好のネタだったんだが・・・ でも、GWの鹿島戦では野次に使わせていただきます(^^)

前半は圧倒的に攻める日本だけど、ゴール前の最後の1本をなかなか打たせてもらえない。この辺はA代表と同じか。結局、阿部勇樹のFKの1点だけというのが情けない。終始バタバタしていて、山本監督の「ボールを奪って10~15秒でシュート」ってのが悪いプレッシャーを与えているんではないかと思った。それと、やはりチームを落ち着かせる選手がいないのが痛い。

一転、後半はコスタリカが優勢に。角田の中途半端な位置へのパスを奪われて失点。最後の方はやや日本が盛り返していくつかおしいチャンスがあったものの、結局ドロー。まっ、まずはこんなものか。

ガス奉公中の石川はドリブル突破にキレを見せたものの、クロスの精度の悪さは致命的。そんなんじゃ、ユキヒコに負けるぞ!後、GKの林はウチの榎本哲也にプチ似てると思うんだが、いかがだろう?

それにしても、U-22とはいえ代表戦なのに空席が目立った。平日に豊田スタジアムなんてアクセスの悪いところでやるからだよ。やっぱ首都圏か関西で開催せなあかん>日本協会のえらいヒト

あと、芝が一部ひどかったのも残念。

|

« フランス人とブラジル人、あるいは年度末 | トップページ | ニッポンサッカーにおける応援という名の虚構 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022251/20540508

この記事へのトラックバック一覧です: コスタ リカとはスペイン語で「美しい海」です:

« フランス人とブラジル人、あるいは年度末 | トップページ | ニッポンサッカーにおける応援という名の虚構 »