« コスタ リカとはスペイン語で「美しい海」です | トップページ | 温故知新。ヒトはかわるモンです。 »

2003年4月 2日 (水)

ニッポンサッカーにおける応援という名の虚構

今週末のJリーグ第2節、対仙台戦でマリノスが勝てばリーグ通算200勝目となるらしく、クラブは色々企画をしているようです。一方でサポも、200勝の暁にはマスゲームをしようと呼びかけを行っています。その過程で誰かが、「仙台戦で200勝は確実」と言ったか、書いたかして、一部の仙台サポが燃えております。

こういう、ココ一番の試合ではかなりの確率でコケルという、マリノスの芸風を知っていれば、そううまくいくかなとほくそえんでればいいものを、仙台方面の掲示板には景気のいい書き込みが飛び交ってます。曰く、「オレタチの熱い応援を見せてやるぜ!」「お前らみたいな女声のチームの応援に負けるか!」云々(←意味を保ちつつ、かなり意訳)

ん?何か違わない?サッカーは相手のゴールにボールを入れて得点を競うスポーツであって、応援の声の揃い具合や大きさ、声の低さを競うスポーツじゃないいですけど・・・

#しかし、俺は試合はどうでもいいんだ、応援するのが楽しいんだ、応援で勝てばいいんだ、応援で負けたから試合にも負けた、お前ら気合入れて応援しろよ!って感じのヒト、うんざりするくらい多いな、最近。

確かに応援はフィールドの選手を勇気付けるという側面があることは否定しないけど、少なくとも日本国内のリーグ戦レベルでは、所詮応援は応援に過ぎず、勝敗に対するファクターはそれほど大きくないと思うよ。応援で勝てるなら、あのチームはとっくにタイトルのひとつやふたつ取ってますって。ってこの反論もあまりにも陳腐ですねぇ。

まっ、ウチ的にはこの発言のおかげで入場者数がいくらか増えるからいいんですけどね。では、仙台の皆さん、マリノスの200勝を阻止すべく大勢のご来場をお待ちしております m○m

あっ、最後にこの日記は仙台の(特定の)サポさんを批判することを念頭においたものではありません。たまたま仙台方面の盛り上がりがきっかけで一般論として書いたにすぎませんので、その辺、誤解なきよう。

|

« コスタ リカとはスペイン語で「美しい海」です | トップページ | 温故知新。ヒトはかわるモンです。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022251/20540509

この記事へのトラックバック一覧です: ニッポンサッカーにおける応援という名の虚構:

« コスタ リカとはスペイン語で「美しい海」です | トップページ | 温故知新。ヒトはかわるモンです。 »