« ニッポンサッカーにおける応援という名の虚構 | トップページ | 第2節展望 »

2003年4月 3日 (木)

温故知新。ヒトはかわるモンです。

「昨季は新人ながら開幕からレギュラーを獲得(略)1対1の対応に負けない身体能力と、3バックシステムに要求されるプレーの幅を兼ね備えている。プレーのクリーンさも特長で、出場33試合で警告はわずか1回。新世代の見本的DFと言える」

-レッズの坪井の事か?あれ?確か坪井は警告もらってなかったよな?誰だ?

ヤフオクで落札した1996年のJリーグオフィシャルガイドが今日届いて、それをぱらぱら見てたら出てきたのがこのフレーズ。「クリーンな、新世代の見本的DF」と賞賛される男こそ、入団2年目の我らが将軍、松田直樹!

ここ最近の松田の色んな意味で”アツイ”プレーを見ているものとしてはちと信じがたい表現だった。本人が今年は警告をもらわずにフェアプレイ賞を目指すとの(ネタ?)発言があったぐらいだから、松田=警告もいとわないアツイDFってイメージは、自他共に認めるイメージだろう。嗚呼、ヒトはかわるモンです。

しかし、昔のこの手の雑誌を読み返すと色々発見があって楽しい。

鈴木隆行@鹿が妙にフレンドリーな笑顔を浮かべているぞ!
名良橋@平塚の髪は真ん中分けのプチロン毛じゃん!
清水には三都主より先に三渡州がいたんだ!
おおユキヒコ@清水時代、さわやかだ!
久保@広島ってばMF登録だよ!どうでもいいがその寝癖頭、誰もどうもしてくれなかったのか?(^^)
愛媛FCのバレージ、大西貴@広島時代だ!

と、まあ、こうして貴重な睡眠時間が削られる訳です。寝よ

|

« ニッポンサッカーにおける応援という名の虚構 | トップページ | 第2節展望 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022251/20540512

この記事へのトラックバック一覧です: 温故知新。ヒトはかわるモンです。:

« ニッポンサッカーにおける応援という名の虚構 | トップページ | 第2節展望 »