« 地上の奇跡 | トップページ | 背番号の重さ »

2003年5月21日 (水)

U-22 NZ戦

日本が強いのか、NZがショボすぎるのか。

3バックで戦った前半、面白いようにDFの裏に走りこむ、中山、大久保、松井。
そこに石川、根本からクロスが送り込まれ、再三のチャンス。
前半だけで、5点くらいは取っていてもおかしくない展開だった。

NZは海外組と国内組が初めて合流したそうで、コンビネーションに
難があったのかもしれない。
しかし、フィジカル、ボールへの寄せ、スピード、どれも日本の圧勝だった。
ミャンマー戦以上に圧倒的な試合運び。
あまりにも骨が無さ過ぎて、強化になるのかと心配なくらいだ。

前半は、根本からのクロスを中山がヘッドで1点先取。
さらに、阿部の見事なFKを大久保がヘッドで合わせて追加点。

日本は4人を入れ替え、4バックで後半に臨む。
後半開始早々、森崎浩司がミドルシュートでさらに1点追加。
相変わらず日本が試合を支配する。
しかし、なかなかフィニッシュまでいけなくなり、前半と違いイライラする展開に。

それでも、後半途中で投入された山瀬が、田中からの絶妙なパスを
ふわりと浮かし追加点。
結局4−0で日本勝利。

このチームはだんだん良くなっている。
特に前半はこれまでで一番のできだった。
もうちょっと手ごたえのある相手にどこまでできるのかを見たい。

|

« 地上の奇跡 | トップページ | 背番号の重さ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022251/20549905

この記事へのトラックバック一覧です: U-22 NZ戦:

« 地上の奇跡 | トップページ | 背番号の重さ »