« 2003年8月 | トップページ | 2003年10月 »

2003年9月

2003年9月30日 (火)

自問自問

愛媛FCは、本日締め切りのJ2昇格申請を見送る事にしたと発表した。
理由はJ2昇格時のスポンサーが見つからない事、J規格のスタジアム
の整備問題がクリアできなかったためだそうだ。

http://www.ehimefc.com/pc/shinsei/main.htm

怒ったり、泣いたり、悲しんだり、ムカついたり、残念がったり、文句を
言ってみたり、他人を責めたり、自分を卑下したり、責任を感じたりして
も仕方がない。まずは考える事で、リスタートしよう。

・なぜ愛媛にJが必要なのか?
・JFLのままじゃ駄目なのか?
・無理を承知で昇格申請した方がよかったのか?
・その場合のリスクは?
・今年でなければいけなかったのか?
・スポンサーなしでチームを運営する方法はないのか?
・例えばソシオ制度は?
・行政のバックアップを得るには?
・例えば他のJ2チームは運営費用をどう捻出している?
・サポーターを増やすためには?

何をすればいい? 何ができる?

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Re:自問自問(9/30)    ipizumiさん 
無念です。知りませんでした。
・なぜ愛媛にJが必要なのか?
 四国にはJチームが存在しない。愛媛に必要なのではなく四国に必要だった。
・JFLのままじゃ駄目なのか?
 愛媛FCが一番Jに近かったということ
・無理を承知で昇格申請した方がよかったのか?
 無理を承知でここまで運営してきた。ここで一息つくのも大事かもしれない。世論を作るためにやってきたが少し力不足だったかもしれない
・その場合のリスクは?
 行政との確執が生まれてしまうことになるだろう
・今年でなければいけなかったのか?
 勢いでここまできた。この流れでJ2までいきたかった。さらに豊島事務局長の尽力で特例まで取り付けていた。
・スポンサーなしでチームを運営する方法はないのか?
 今の日本のスポーツ環境ではスポンサー頼みにならざるをえない
・例えばソシオ制度は?
 日本のスポーツには今のところなじまない
・行政のバックアップを得るには?
 野球王国である以上サッカーが幅を利かせることは難しい。野球以上の利をもたらすこと。
・例えば他のJ2チームは運営費用をどう捻出している?
 スポンサー頼み。運営費用は最低でも2億円必要。愛媛FCは4千万位で活動していると推測される。
・サポーターを増やすためには?
 オフィシャルの広報活動はいまいち。ある意味でそこまで力がまわっていない。

 こんな感じでしょうか
(2003.09.30 23:28:13)

Re:Re:自問自問(9/30)    ultraleftyさん 
ipizumiさん
>無念です。知りませんでした。

やっぱり、お金の問題は簡単ではないですね。
自分自身、愛媛FCになぜJ2に昇格して欲しいのかという
根本的な所からちょっと考えて見たいと思ってます。
(2003.10.01 23:10:07)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年9月29日 (月)

ある日、突然に

後藤選手のザスパ草津へのレンタル移籍が発表された。2004年1月
31日までと短い期間ながら、ザスパにとってはJFL加入をかけた地域
リーグ決勝大会が開催される重要な時期。JFL加入の切り札と見込ま
れての移籍と解釈したい。関東社会人リーグ2部という事で後藤自身
悩んだ末の決断だったと思う。しかし、一度決断したからには、しっかり
と結果を残して、ザスパのJFL入りに貢献して欲しい。

NHKの天皇杯予選の番組で見たが、草津はそうとう盛り上がっている
ようだ。地域の人々とチームが共に成長する場に立ち会える経験は
中々できるものではないだろう。後藤にとってもいい経験になるに違い
ない。がんばれ!
#でも、天皇杯で当たった時はがんばらなくていいよ(^^)

=====================================

日本代表もといジーコジャパンが発表された。マリノスからは松田と
中澤が選ばれた。今年は完全優勝も狙えるポジションなので、正直
言ってサポとしては迷惑。それにナビスコを戦うチームからは選ばない
といっておきながら、浦和、清水からは選んでいるのが気に入らない。
おまけに鹿島、磐田からは選んでいない。何かウラがあるんじゃないか
と感じるのは、ゲスの勘ぐりか?こんなんだったら、最初からナビスコ
出場チームからは選ばないなんて言わなきゃいいんだよ。

=====================================

M.S.さん、急の知らせにただただ驚くばかりです。
安らかにお眠りください。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年9月28日 (日)

高円宮杯Aグループ2日目 あるいは、遠足日和

急遽カシマ行きを決めたO氏と東京駅で合流し高速バスにて帝国へ。
渋滞もなく快適に入国。帝国クラブハウスをバスより眺めつつ、鹿島
神宮へ。そっからはタクシーでスタジアムに向かう。しかしホント何も
ないな。入国前に食料仕入れといて良かった。

スタジアムでは、マリサポとしては絶対潜入できないメインスタンド、
ソシオ席にて観戦。Jビレッジで会った選手の父兄の方々と再会。
昨日の青森山田戦は、2−0をひっくり返されたのではなくて、1−0
から1−3にされ、1点を返したとの事。

愛媛FCは今日、広島観音高校との瀬戸内ダービー。フォーメーション
は4-4-2で、こんな感じ。

    有田 西川
木村 玉井 八坂 阿部
吉長 花山 深水 菅
      白形

両者激しいボールの奪い合いで試合は始まった。人気の少ないスタジ
アムに、ボールと選手が激しくぶつかりあう音が響く。共に初戦を落とし
ている同士、ゲームの主導権を奪おうと自ずとプレイが激しくなる。

相手の個性的な応援に聞き入ってしまったか(^^; 前半立ち上がりは
広島観音高校のペース。だがMF登録ながらFWで起用されている西川
が前線でボールをしっかりキープし、それを基点に徐々に愛媛FCの
サイド攻撃が増えてくる。しかし相手の守備も堅く、中々シュートまで
至らず、前半は両者無得点のまま終了。

愛媛FCは後半開始から動いてきた。前半ミスの多かった阿部を下げ、
そこに西川。西川の位置には尾花。西川がサイドに固定された事で、
前線でのタメができず、広島観音高校のペースに。後半8分、DF陣の
スキをつき広島津村のミドルシュートが決まる。

広島に押される展開が続く。23分、有田に代わり品部。だが30分に
神田のゴール。愛媛FCは花山を前線に上げて3-4-3にフォーメーション
を変更。ロングボールを花山に当ててこぼれだまを拾う作戦に出るも、
状況は好転せず。逆に44分に小道に3点目を決められ万事休す。

2戦目の青森山田高校vs鵬翔高校で青森山田高校が勝利する事に
僅かに望みを託す。

2戦目は高い技術と、攻守の切り替えの早さで好ゲームとなった。
結果は2−3で鵬翔高校の勝利。得点者は、青森山田が三澤、小澤
鵬翔が黒木、児玉(2点) 個人的には青森山田の三澤選手が気に
入った。

という事で、大会2日目で愛媛FCのグループリーグ敗退が決定(TT)
今回のチームは2年生中心の若いチームなので、来年に期待しよう。
てか、その前にまだもう1試合あるか。がんばれ。

帰りは来た道をてくてくと。スタジアムは日陰だったので凍えそうだった
が(やはり、帝国は全天候対応装備で望まねば・・・)、日のあたる所は
暑すぎず、寒すぎず、散歩には最適。秋のさわやかな1日であった。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年9月27日 (土)

J1 2nd 第8節 横浜vsガンバ あるいは、ベストメンバー?

よく勝てたなというのが、今日の横浜vsガンバの感想。前半は中々
いい感じだったが、後半は酷すぎ。前半に久保が得点してくれてた
から良かったものの、二川のシュートが決まっていたらどうなった事
か。来週もこんなサッカーやってたら、市原にコテンパンにされるぞ!

ひょっとして今度の遠征のDFに頭を悩ませているジーコに、中澤と
マツの守備力をアピールする作戦か?(^^;

============================================

天王山第3戦、愛媛FCvsHondaFCは前半1点先制するも、後半吉田
の2得点で逆転。ブラボー!天王山3戦は2勝1敗。四国ダービーで
大塚に勝てなかったのは残念だが、J2昇格に向けて弾みのつく結果
だと思う。選手も自信になったのではないか。ただ、この結果に満足
しないで欲しい。今年のJFLはHondaFCと大塚のトップグループに続く
第2グループは混戦模様。佐川大阪、YKK、栃木SCと、未対戦の相手
がひしめいている。気を抜かずに一試合、一試合大事に戦って欲しい。

トップは見事勝利を収めたが、今日から始まった高円宮杯第1戦で
青森山田高校と対戦した愛媛FCユースは残念ながら敗戦。2点先取
するも、3点入れられた模様。明日は1敗同士の広島観音高校との
対戦。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年9月26日 (金)

展望、希望

明日のガンバ戦はマツが出場するようだ。那須も遠藤も出場で久々
にベストメンバーが揃いそう。清水戦はパーフェクトな試合だっただけ
に、明日もそれ以上の試合を見せて欲しい。ただし、マツは張り切り
すぎて空回りしないように。

愛媛FCは明日、ホームで首位Hondaとの対戦。前期の試合を見た
限りそれほどの差はない。相手に気後れする事無く、佐川東京に
快勝した勢いで、Hondaから勝ち点3をゲットしよう。

本屋に行ったついでに、久々にTOTOとTOTO GOALを買った。
天皇杯長崎遠征資金と、来年のA3中国遠征資金になる予定(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年9月25日 (木)

二つの代表

女子W杯グループリーグ第2戦、日本vsドイツは0−3でドイツに完敗。
目覚ましをかけて試合開始時間には起きたものの、うつらうつらしてた
ので全く覚えてない(^^; 再放送ちゃんと見なきゃ・・・

日本はこれで1勝1敗、勝ち点3、得失点差3。決勝トーナメント出場を
かけた第3戦は28日4:30より(日本時間)。相手は1勝1敗、勝ち点3、
得失点差0のカナダ。得失点差で優位にある日本は、引き分け以上で
決勝トーナメント進出が決まる。

FIFAランキングでは14位の日本に対して、カナダは12位。実力的には
それほど差がなさそう。1戦目でみせたような素晴らしく楽しいサッカー
で勝ち進んで、滅多に見る機会のない女子代表の試合を1試合でも多く
見せてほしい。

方や、男子代表。こっちも10月にルーマニア、チュニジアと対戦決定。
しかしナビスコ準決勝に進出しているチームからは選手を選ばず、海外
組+αで挑むそうだ。宮本がよくわからない怪我で出場できず、DF陣
のやりくりにジーコは頭を痛めている模様。

こんなアホな選手選考しかできない時期にマッチメークする協会の相変
わらずのお馬鹿ぶりと、選手層を底上げしてないで、いざという時に泣き
言を漏らすジーコにはほどほど愛想が尽きた。負けたとしても、見苦しい
言い訳はしないでくれよ、とあらかじめ釘をさしておく。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年9月24日 (水)

エール

U-20トレーニングキャンプのメンバーが発表された。
マリノスからは、GK哲也、DF栗原、FW坂田、阿部の4人が選出された。

哲也は、リーグ戦に出れない分、しっかり熊さんにアピールして来い。

栗原は、ここ数試合で見せた肉体派ディフェンスでレギュラーを奪いとれ。

坂田も、ここ数試合の好調振りでU-20の10番をしっかり確保しろ。

阿部は、代表もいいが、リーグ戦での初得点の方も期待してるぞ。

みんな、怪我はするなよ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年9月23日 (火)

J1 2nd 第7節 横浜vs神戸&ガンバvsヴェルディ あるいは、念のチカラ

神戸に来たらまずは中華街へ。混み合っていたので食事は断念し、
露店でイカ団子とから揚げとちまき、スィーツ好きの必須アイテム、
エスト・ローヤルのシュークリームを購入しスタジアムへ。

神戸ウイングスタジアムを訪れるのは今日で2度目。前回は2年前の
こけら落としの試合だった。ドゥトラのFKで先制するも、カズに見事な
シュートを決められ1−1。ガンバが福岡に勝ってくれたため、どうにか
J1残留を決めたが、内容は乏しく残留の喜びと来シーズンへの不安
を覚えつつもスタジアムを後にしたのをよく覚えている。城の伝説の玉
乗りを目撃したのもここだった。

月日は流れ、2度目の今日。2年前にはなかった屋根がスタジアムを
覆い、ゴール裏のそびえたつような客席は大幅に縮小され、ほどよく
こじんまりとしたスタジアムに改修されていた。芝の痛みが酷いが、
やっぱり見やすくていいスタジアムだ。

今日のマリノスは3バック。先制は神戸。カズのクロスを中澤がクリア
できず、フリーのシジクレイにボレーを決められる。その5分後、奥の
ロングミドルがあっけなく決まり同点。その後はややマリノス優勢で
試合が進むが何回かあった決定的なシュートチャンスを決められない。

後半ビスマルクの退場で10人になった神戸は全員が引き、勝ち点1
狙いに徹する。一方的にマリノスが攻めるが、どうしても崩せずドロー。
”決めるべき時に決めないと”いう、いつもの言葉がすべてを表すような
ピリッとしない試合だった。

その後万博へ行き、ナイトゲームのガンバvsヴェルディを観戦。昼間の
試合で鹿島、市原が引き分けだったので、マリサポ的には引き分けで
ヴェルディとの差が開かず、かつガンバを勢いづけない結果が理想的。

試合は一進一退だが、ややガンバ優勢で試合が進む。先制は26分、
ガンバ。アリソンがセンターサークル近くから、ヴェルディDF陣の裏に
大きなFK。ここに新井場が飛び込み、GKのクリアミスを押し込む。

後半。吉原のクロスに大黒が飛び込みガンバが2点目をゲット。だが
試合そのものは、早いパス回しとドリブルで徐々にヴェルディペース。
失点後すぐ平野が得点し2−1。ガンバは速攻でヴェルディゴールを
脅かすも、ガンバサポからも失笑がもれるようなシュートミスで得点
できず。一方ヴェルディも、すばらしいパス&ドリブルでゴール前まで
迫るもののシュートまで至らない。

このままヴェルディの負けで終わるのも悪くはないが、ガンバを勢い
づけるのもシャクだと思っていたら、ロスタイムに小林が同点弾。先日
のガスvs市原に続き劇的な引き分け。念の力は恐ろしい・・・

ガンバはロスタイムで失点し、引き分け/負け試合になるのが、今
シーズンなんと7回目。ウチの大分戦みたいなのを7試合を見せられ
るとは、そりゃサポも切れるわ。試合終了後ブーイング止まず。

===========================================

マリノスの試合の1時間前にキックオフした愛媛FCvs東京佐川急便は
兵頭、友近がそれぞれ2ゴールを決め、見事2−4で勝利!0−4から
2点を入れられたのはいただけないが、弾みのつく1勝だ。次節Honda
戦もこの調子で勝利したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年9月22日 (月)

ここが正念場

JFLは明日より本格的に再開。愛媛FCは東京佐川急便と海老名で
対戦。上位三連戦の1戦目大塚戦を落としている愛媛FCとしては、
是が非でも勝利を挙げて上位に残りたい。東京佐川も前期は4−1
でまさかの大敗を喫しているだけに、かなり本気モードで来る事が
予想される。頑張れ!愛媛FC!

こんな大事な試合なのに、しかも今季関東での最後のゲームなのに
管理人は海老名を遥かに通り過ぎて、思い出の地、神戸ウイングに。
ゴメン m○m

前節けが人が3人復帰し、清水を5−1という圧倒的なスコアで破った
マリノスだが、勝利の代償は久保の腰痛再発(TT)と、遠藤、那須の
黄紙3枚目(TT) FWはここのところ坂田が調子を上げてきているので
久保にはきっちり怪我を治して、後半のここぞという所で勝利で貢献
して欲しい。痛いのはボランチ2人の欠場。特に那須は今やチームに
欠かせぬ存在にまでなってしまっただけに、またもや試練の試合。
幸いスーパーユーティリティプレーヤーのサンチョル兄さんがいること
だし、浦和戦の3-5-2をベースに、+金子といったとこか?

相手の神戸は不調とはいえ、ビスマルクの加入で中盤の構成力が
出てきたらしいし、朴康造の調子もいいらしい。オゼアス、シジクレイ
も脅威。それに、ホームでがけっぷちという事情もある。厳しい試合に
なるだろう。せっかく愛媛FCの試合を蹴って応援に行くんだから絶対
勝って帰ろう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年9月21日 (日)

女子W杯グループリーグ第1戦 vsアルゼンチン

女子W杯グループリーグ初戦。日本はアルゼンチンとの対戦。FIFA
ランキング、日本の13位に対して、アルゼンチンは35位。日本にとって
はいわば格下の相手。

序盤より日本の早いパス回しとスピード、テクニックがアルゼンチンを
圧倒する。ボールポゼッションは59%対41%、Shots on Goalは、21
対1という信じられないワンサイドゲーム。

まず前半13分、澤の気持ちのいいボレーが決まる。続いて38分。また
しても澤。クロスをジャンプして左足外側で合わせた技ありゴール。
直後、アルゼンチンのGATTI Nataliaが一発レッドで退場。一発退場は
ちょっと厳しすぎる判定ではあったが、これでますますアルゼンチンは
苦しい立場に。#今日の審判はかなり日本よりだった気がする。

後半。64分に山本のゴール。72分、75分、80分とわずか8分間で大谷
がハットトリック。ペナルティエリア内でDFとキーパーを見事にかわして
決めたのやら、クロスをヘッドで後ろにそらしたのや、地面すれすれを
ヘディングで決めたのやら、あまりにも得点が入りすぎて、どれが誰の
何分の得点だったかよく覚えていない(^^)

結局、6−0という男子ならアルゼンチン国内で大暴動になりそうな
スコアで日本は見事初戦を勝利で飾り得失点差でグループ首位。
代表と名のつくチームはやっぱ強くなくちゃ。ね、ジーコさん&山本さん

次は25日(木)6:35(日本時間)より、現在世界ランク3位のドイツとの
対戦。がんばれ、ニッポン!



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年9月20日 (土)

J1 2nd 第6節 横浜vs清水 あるいは、乱舞

パーフェクト!何もいう事はございません

開始早々のドラゴンヘッド
同点をあっという間にひっくり返してくれたサンチョル兄さん
の2点をアシストしたユキヒコ
雨の日はやっぱ得点してくれるマルキ
現役日本代表はおろか、元セレソンまで股抜きして得点した坂田
パスカットで坂田の1点目につなげたジロー
ナイスファイトで坂田の2点目のアシストをしたドゥトラ
怪我から復帰の奥、遠藤
意表をつくスルーパスまで見せてくれた河合
中澤の頭に住んでいるらしいハマシギの大群

みんなよくやった。清水相手にホームでこんな試合を見せてくれる
なんて。ありがとう。OB戦もスコアレスドローながら、なかなか楽し
かった。大満足っす。

ところで山本さん。坂田どうすかね、アテネ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年9月19日 (金)

天皇杯/Jリーグ/女子W杯

天皇杯の組み合わせが発表された。
http://www.jfa.or.jp/

マリノスは3回戦三ツ沢から登場。相手はおそらくザスパ草津になる
だろう。チャンピオンシップが開催されるかどうかによって日程は流動
的だが、12月14日か17日。初物に弱いのが芸風のマリノスとしては、
”まさか”もないではないが、4回戦に進出して長崎でサンガか広島と
の対戦になるだろう。天皇杯では去年、一昨年対戦して負けた相手
なので、ここはきっちりリベンジして欲しい。しかし、長崎は遠いなあ。

愛媛FCは1回戦から登場。対戦相手は新潟代表のJAPANサッカー
カレッジ。ここをクリアすると去年と同じく、平塚で湘南と天理大学の
勝者との対戦になる。こちらも1回戦をクリアしてきっちり去年のお返
しをしたい。J2を狙ってるチームとしては、今年下位に低迷する湘南
は勝っても少しも不思議のない相手。ここで勝てば駒場でレッズとの
対戦。

愛媛FCがもし3回戦に進出してマリノスが完全優勝してたら、どっち
かが見れない。チャンピオンシップが開催されれば両方見れるけど、
ということは完全優勝はないわけで・・・ と、狸の皮を数えてるうちが
一番楽しい(^^)

さて明日はマリノスは清水とホームゲーム。怪我をしていた遠藤、奥、
久保が復帰する模様。23日の神戸、27日のガンバと過密日程なので
今のタイミングでけが人が復帰するのは大きい。ここで勝てば1stでの
同節の勝ち点に並ぶだけに、ぜひ勝利で完全優勝の波に乗りたい。

そうそう、試合前にはOB戦もあるし、1stの優勝DVDも発売されるしで、
こっちも楽しみ。

そういや、明日(もう今日か)女子W杯開幕。日本は初戦アルゼンチン
です。こっちも頑張れ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年9月18日 (木)

久々に

焼肉たらふく食って、満足、満足でありました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年9月17日 (水)

U-22 韓国戦 あるいは、忘れさせて

ユニフォームの色が逆になったような試合。

高松のゴールを除けば何にも収穫のない試合。

あまりに、ひどすぎて批判する気もしない試合。

さよなら・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年9月16日 (火)

おめでとう神奈川代表

今日は、静岡国体サッカー決勝が行われた。

成年男子は栃木代表が4−0で富山代表を下し、見事初優勝。女子
は兵庫選抜が三重代表でLリーグの伊賀FCくのいちを1−0で下し
優勝。栃木のみなさん、兵庫の皆さんおめでとうございます。

さて、少年男子。決勝のカードは群馬vs神奈川

序盤こそは群馬優勢だったが、前半のほとんどの時間帯は早いパス
回しで神奈川が試合を優勢に進める。だが決定的な場面はそれほど
多くはない。1点目は神奈川。28分。鈴木健太のCKがゴール前を飛
び越えたのを、田中が拾いクロス。谷口がダイナミックなヘディング
シュートでゴールマウス、ギリギリのところに押し込んだ。

後半は一転して群馬ペース。スタミナのなさでは定評のある神奈川
(横浜?)はなかなかボールを支配できない。群馬の猛攻に絶える
時間帯が続くが、チームの再三の危機を救ったのは、今日絶好調の
GK飯倉だった。圧巻は倒れこみながらもPKを止めたシーン。マリサポ
なら2001年のナビスコ決勝のPK戦、榎本達也が藤田俊哉の1本目を
止めたシーンを思い出してもらえばいい。かと思えば、果敢に前への
飛び出しもみせ、こちらはヨシカツのよう。ちょっと要注意の選手かも。

守勢に回る神奈川だったが、後半57分。相手ゴール前で谷口が相手
パスをインターセプトしシュート。これはGKに当たったが、その跳ね返り
が荒井に渡り、荒井は相手DFをかわしシュート。シュートはポストに
弾かれるも、相手DFにあたりゴール。

その後も群馬の攻撃をなんとか防ぎ、試合は0−2でタイムアップ。
神奈川代表が見事優勝!19年ぶり2度目の優勝との事。という事は
昨日優勝した阪神が前回優勝したのより、さらに1年前(^^; 何しろ
去年引退した福田が選手として出てたらしから、本当に久しぶり。

おめでとう、神奈川代表!

おめでとう、マリノスケ達。この調子でJユースカップもがんばれ!

なお、決勝には累積警告で出場できなかったものの、永里選手が
5得点で大会得点王。見たかった・・・

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Re:おめでとう神奈川代表(9/16)    エイメイさん 
あ゛−録画忘れた〜。でもTV付けたらまだ開始三分。ラッキー。

GKのPKシーンは正に達也@ナビスコだったし飛び出しは哲也(あえて)の様な。相変わらずGKはイイのが育ちますネ〜横浜は。
某静岡のチームに妬まれそうな^^;

今日からCLが始まった。またサッカー漬けの日々が・・(2003.09.17 09:18:05)

Re:Re:おめでとう神奈川代表(9/16)    ultraleftyさん 
エイメイさん
>相変わらずGKはイイのが育ちますネ〜横浜は。

ルックスも中々なので、うまく育てば第二のヨシカツ?
また、ギャルサポが増えそう(^^;
(2003.09.17 22:49:51)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年9月15日 (月)

もう一頑張り!神奈川代表

国体少年男子神奈川代表は岡山代表を6−1で一蹴。明日は群馬
代表と決勝を戦う事になった。

今大会、湘南ベルマーレユースの永里源気選手が元気で(くだらん)
5得点を挙げている。次に続くのが、川崎フロンターレユースの都倉
選手で、3得点。その絶好調の永里選手が本日イエローをもらい、
決勝は出場停止となってしまった。痛い。また、DFの要、加藤広樹
選手(マリノスユース)も負傷で明日の出場は難しいらしい。

連日の酷暑の中、連戦の選手達は疲れていると思うが、もう一頑張り。
神奈川に優勝カップ(?)を持ち帰って欲しい。TV中継もあることだし。
頑張れ神奈川代表。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年9月14日 (日)

国体、悲しき三敗

昨日はサッカーの楽しさを満喫した一日だったが、静岡方面では
悲しい出来事が起こっていたのであった(TT)

昨日は国体男子1回戦。兵庫代表と対戦した愛媛(愛媛FC)は、
兵頭が得点するも、3−1で初戦敗退。勝てば、今日は「東海道
本線で行く、藤枝日帰り。途中下車、温泉とうまいものの旅」の
予定だったのだが、あえなく中止(TT)

金曜日の1回戦、山口選抜を5−0の大差で下した愛媛少年男子
選抜も、昨日の2回戦は、強豪東京に3−1で敗北。神奈川代表は
群馬を1−0で下していたので、愛媛が勝ってれば同じ会場で愛媛
代表と神奈川代表の試合を見れるので、「東海道本線で行く、清水
日帰り。途中下車、温泉とうまいものの旅」の予定だったのだが、
こちらもあえなく中止(TT)

さらに成年女子1回戦。宮城代表(YKK東北)と対戦した愛媛選抜
は、3−0で完敗。勝てば、今日は「東海道本線で行く、磐田日帰り。
途中下車、温泉とうまいものの旅」の・・・

いやさすがにこれはない(^^)

ということで、今日は「徒歩で行く、セブンイレブン。から揚げ棒と
新おにぎりの散歩」でありました。

ちなみに、神奈川少年男子選抜は本日、大分代表を1−0で破り、
準決勝進出決定。準決勝の相手は岡山代表。もう一試合は地元
静岡vs群馬。決勝戦はTV放映されるので、がんばれ神奈川代表。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Re:国体、悲しき三敗(9/14)    王様18001さん 
残念、愛媛が勝ってれば栃木との対戦だったのに...
今日も兵庫に3−0の完勝で準決勝進出が決まりました。
こうなりゃ、優勝しかないかも??

今越FCの全社の相手も決まりましたね。
サッカーの戦場地「駒場」で、
群馬FCホリコシ(関東リーグ現在首位)です。(2003.09.14 23:51:44)

Re:Re:国体、悲しき三敗(9/14)    ultraleftyさん 
王様18001さん
>こうなりゃ、優勝しかないかも??

しちゃってください(^^)

>群馬FCホリコシ(関東リーグ現在首位)です。

初戦が一番のヤマという話もありますが・・・
正直どこが強いのか良く知りませんが、行けるトコまで行って
自信をつけてもらえば。
(2003.09.15 00:16:21)

決勝進出    王様18001さん 
優勝しちゃうかも??

明日は、富山県(アローズ&YKK連合)。
強敵です。(2003.09.15 23:15:59)

Re:決勝進出    ultraleftyさん 
王様18001さん
>優勝しちゃうかも??

何ゆえ涙マーク?
嬉し涙はまだ早いですよ(^^)
明日は、優勝だ!イエ〜〜イ(古い)って書き込みを楽しみにしています。
(2003.09.15 23:26:35)

イェ〜〜イ    王様18001さん 
優勝してしまった!!!!
なんと、初優勝!!びっくり。
この勢いで、J2昇格だ〜??

また、少年男子優勝おめでとう。
19年ぶりって、阪神に勝ちましたねぇ。
19年前って、カールルイスが4冠達成した
ロサンジェルスオリンピックの年でしたねぇ。
王様もまだ中学生でした。

>何ゆえ涙マーク?
あれぇ、間違えたみたい....
(2003.09.16 22:00:16)

Re:イェ〜〜イ    ultraleftyさん 
王様18001さん
>優勝してしまった!!!!
>なんと、初優勝!!びっくり。
>この勢いで、J2昇格だ〜??

お待ちしておりました(^^;
おめでとうございます。圧勝ですね。
でもJFLでは負けませんよ!

>また、少年男子優勝おめでとう。
>19年ぶりって、阪神に勝ちましたねぇ。

ありがとうございます。
でもそんなトコで阪神に勝ってもうれしくないっす(^^)

>19年前って、カールルイスが4冠達成した
>ロサンジェルスオリンピックの年でしたねぇ。
>王様もまだ中学生でした。

前回は元レッズの福田が出てたそうです。
カール・ルイスかぁ・・・ 懐かしい。(2003.09.16 23:29:04)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年9月13日 (土)

J1 2nd 第5節 横浜vs浦和&瓦斯vs市原 あるいは、楽しき哉、蹴球

♪Oh F・マリノス お〜れたちの ほ・こ・り

久々に心の底から勝利の歌を歌うことができた試合だった。

浦和は室井をケガで欠くがほぼベストメンバー。山田、坪井の現役
A代表2人、鈴木、田中、山瀬の現役U-22代表3名を擁し、個々の
能力を考えるとマリノスの上を行くかもしれない。何よりもスタジアム
を埋め尽くす赤いサポーター達の応援が選手を後押しする。

対するマリノスは怪我人の多くが未だ復帰せず、前節ようやく柏から
初勝利をあげたばかり。システム、スタメンは前節と同じで、3バック。
あまり経験のない栗原、河合を左右に配置するDFラインだけに、浦和
の高速2トップ(エメ+田中達也)に対応できるか不安だった。

キックオフ1分。早速エメのヘディングがポストを叩く。榎本達也は一歩
も動けなかっただけに、あと数センチずれていればこの試合は全く別
の結果に終わったかもしれない。しかし、その1分後DFラインでボール
を奪った栗原が、ドリブルからのスルーパス。これを坂田が浦和DFを
かわしゴールに流し込んだ。この1点が大きかった。

今日のマリノスは守備重視で、前線からきっちり守備を行う。酷暑の
中、ボールを追い掛け回した坂田、清水の運動量は驚異的だった。
急造3バックもリーグ屈指の高速2トップをきっちり押さえて頼もしい。
再三、大きなピンチを防いだのは浦和からトライアウトで今年マリノス
入りした河合だった。

前半は0−1で折り返す。後半は浦和の攻撃に耐え、速攻を仕掛ける
横浜という構図で試合が進む。74分ニキフォルフからボールを奪った
ユ・サンチョルがボールを浦和DFラインの裏に送り込む。ユを信じて、
DFライン裏に走りこむマルキーニョスと清水。ファーには坂田。今日の
試合で最も美しい瞬間だった。このチャンスをマルキーニョスがきっちり
決めて0−2。その後もしっかり守り、ロスタイム。浦和DFのパスミスを
つき坂田が今日2点目。0−3という完璧なスコアで試合を終えた。

浦和のホームでの完勝は、カシマ、仙スタでの完勝と同じくらい気分
がいい。余りにも気分がいいので、その足で味スタへ瓦斯vs市原を
観戦に行った。

サポ憎けりゃチームも憎し(^^;という事で、市原のゴール裏、コアサポ
とはやや離れた位置でまったりと観戦。市原には瓦斯をボコボコにして
欲しいが、ウチとの差をつけられるのも困るので引き分けを密かに願う。

市原のサッカーはキレイで楽しい。流れるような攻撃で次々と瓦斯の
ゴールを脅かす。だが、2点を先取したのは瓦斯だった。このままでは
せっかくのいい気分が台無しだと、来たことを少々後悔し始めた後半
37分。佐藤勇人がペナルティエリアでPKをもらい、サンドロがこれを、
きっちり決める。そして、後半43分。途中交代の林の素晴らしい同点
弾。思わず立ち上がりガッツポーズ。周りの市原サポとは多少意味合
いが違ったが・・・(^^;

サッカーの楽しさを満喫した1日だった。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Re:J1 2nd 第5節 横浜vs浦和&瓦斯(9/13)    ごまっつ(TAKA)さん 
・・・東ガス対市原見に行けばよかった(涙)

注:新宿には18時半にはいたため(実話)。

でもさすがにこれで変な試合だったらという
悪魔のささやきに負けて帰ったけど(あうっつ)。(2003.09.14 22:33:29)

Re:Re:J1 2nd 第5節 横浜vs浦和&瓦斯(9/13)    ultraleftyさん 
ごまっつ(TAKA)さん
>でもさすがにこれで変な試合だったらという
>悪魔のささやきに負けて帰ったけど(あうっつ)。

市原のサッカーはよいです。
でも、やっぱライバルだから素直に応援ですけど(^^;(2003.09.15 00:08:07)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年9月12日 (金)

国体開幕

本日、静岡国体少年サッカー開幕。初戦で、広島、千葉、大阪、埼玉
が姿を消すという大波乱(?)の展開。神奈川は石川を5−0で完封。
愛媛も山口を5−0で下し、2回戦進出を決めた。
#例の不等式、またまた項が増えた(^^;

神奈川代表は某所によると、

GK:渡辺彰宏、飯倉大樹(横浜Fマリノスユース)
DF:天野貴史、加藤広樹、今田(横浜Fマリノスユース)
   白井脩平、田中裕介(桐光学園)
MF:谷口博之、鈴木健太、坂井洋平、荒井信哉(横浜Fマリノスユース)
   本田拓也(桐光学園)
   栗原明洋桐蔭学園)
FW:永里源気(湘南ベルマーレユース)
   都倉(川崎フロンターレU−18)
   山本孝平(桐光学園)

本日の試合の得点者は、永里2、坂井2、谷口。神奈川の次の相手
は大阪を破った青森。

一方、愛媛vs山口は、愛媛ユースでトップの試合出場の経験もある
西川が2得点。松山工業の家森が2得点。尾花1得点。

愛媛は次、東京代表との対戦。J1の試合にも出場経験のある梶山陽平
1回戦ハットトリックを決めた李忠成など、FC東京ユースと帝京を中心に
したチーム。かなりの強敵だろうが、サッカーは何が起こるかわから
ないスポーツ。快報を期待。

ちなみに、その他の結果はこちら。
http://www.kirokukensaku.com/kokutai/natu/rc305.html

成人男子は明日から。こっちも愛媛代表=愛媛FCなので頑張って
1回戦を勝ち抜いて欲しい。勝てば「東海道本線で行く、藤枝日帰り
途中下車、温泉とうまいものの旅」の予定(^^;

と、話が国体よりになってしまったけれど、マリノスは明日、玉スタで
浦和と対戦。14:00キックオフという、今日の天気を考えるとかなり
きびしい条件での試合になりそう。向こうは現役A代表2名に、U-22
代表3名を含む”強豪”。1stは後味最悪の試合だっただけに、今度
はきっちりお返ししよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年9月11日 (木)

ペシミズム

まず、昨日の日記の訂正。
http://www.enpitu.ne.jp/usr3/bin/day?id=31820&pg=20030908  より、

 千葉国体選抜(少年)>市原サテ>セネガル>日本代表

である事が判明。

さて、今度は水曜日に韓国でU-22の対戦があるようで。
マリノスからは那須がDFで選出。初選出はセレッソのGK多田。
飛び級組みは徳永に菊池。

いつもながらのメンバーで
いつもながらの戦いぶりで
いつもながらの結果に終り
いつもながらの反省をして
いつもながらの日常に帰る

んでしょうかね・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年9月10日 (水)

日本vsセネガル あるいは、見世物以前

あまりのつまらなさに危うく寝そうになってしまいましたが、
どうにか耐えました。結局のところ95分を費やして判ったことは、

 市原サブ>セネガル>日本代表

という事でよろしゅうございますね。


代表の選手はオシム語録をよ〜〜〜〜く読んで実践するように。

柳沢はくれぐれも、セリエAであんな醜態を全世界にさらさないように。

FWの選手は、稲本の2本の方がよっぽどシュートらしかったのを
肝に銘じるように。

代表監督は、こんな試合しか出来ないチームで、基礎は固まったとか
二度と言わないように。

カテ5ペアを2万円以上も出して手に入れたサポの皆さんは、値段
に見合ったブーイングしとくように。

山田は今週末はそんなに頑張らなくてよろしい。


P.S.
 レニ・リーフェンシュタールよ、安らかに。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Re:日本vsセネガル あるいは、見世物以前(9/10)    ありいんさん 
はぁ〜〜〜〜〜〜という感じだったんですね。
 ハァ・・・     みれなかったありいんより(2003.09.12 00:07:05)

Re:Re:日本vsセネガル あるいは、見世物以前(9/10)    ultraleftyさん 
ありいんさん
>はぁ〜〜〜〜〜〜という感じだったんですね。

はぁ〜〜〜〜〜〜?やる気あんの?という感じでした。(2003.09.12 00:29:06)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年9月 9日 (火)

まだまだ

リーガをWOWOWに奪われたJ-SKYが、ドイツW杯南米予選の独占
放映権を獲得した。ボリビアのホーム試合以外の全81試合を放映
する。さっそく、明日ベネズエラvsアルゼンチンが生中継され、明後日
にはブラジルvsエクアドルが、これも生中継される。

J1、J2、プレミア、セリエA、フランスリーグ、エールディビジ、
ブンデスカ、リーガエスパニョーラ、ポルトガル、スコットランド、
アルゼンチン、チャンピオンズリーグ、ユーロ2004、W杯南米予選

こんだけ各国のリーグや大会が見れる国も珍しいのではないかな?
こうなったら、ついでに去年やってたKリーグに、川口の移籍でHotな
デンマークリーグ、ベルギーリーグもやってはどう?

あとね、JFLをぜひやって!Jサテライトリーグやユースの主要大会も
適度に放送してくれると、卒倒もの。

けど、大きな問題が一つ。

見る間がない

 ・・・ダメじゃん

           ダメです・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年9月 8日 (月)

ドラマチック

昨日というか、今朝のGet Sortsで榎本達也特集が放映された。

1999年のナイジェリアワールドユースで日本代表GKに選ばれるも、
マリノスではヨシカツの壁が厚く。2001年、ヨシカツ移籍でつかんだ
マリノス正GKの座。新守護神として初の公式戦、ナビスコカップ決勝
では、PK戦での奇跡的なセーブで大会MVPに輝く。2002年シーズン
は楢崎、ソガハタを上回る戦績を残す。A代表召集も間近と思われた
2003年、シーズン前のケガで10節までを棒に振る。ケガから復帰後、
5連勝しマリノス優勝。その活躍を支えたのは家族だった。

とまぁ、”あらすじ”はこんな感じで、マリサポにとっては特に目新しい
内容もなく、一般視聴者用に判りやすく、まとめてみましたってところ。

前に石川の特集を見た時も思ったけど、ドラマの裏側には必ずもう一つ
のドラマがある。石川の活躍の裏には、出場機会が失われ、「負け犬」
としてマリノスに移籍してきたユキヒコのドラマがある。そのドラマの
とりあえずの結末は、主力として活躍しマリノス優勝に貢献という事に
なるわけで、こっちも石川に負けず劣らずドラマッチック。

達也のドラマの裏側にも当然もう一つのドラマがある。例えば哲也の
ドラマが。思わずめぐってきた出場チャンス。期待を上回る活躍(1st
優勝の2/3は哲也がゴールマウスを守った!)、U-18代表復帰。達也
復帰前の最後の試合、涙の浦和戦・・・

で、結局何が言いたいのかと申しますと、人生というものはかけがえ
のないものでございまして、一人一人の人生は他人の人生に負けず
劣らず・・・

 オチませんでしたm○m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年9月 7日 (日)

Jユースカップ vs柏 あるいは、青は藍より出でて

柏3連戦、第2日目。Jユースカップ第1戦、vs柏。小机競技場。

マリノスは国体少年男子神奈川代表とサテの試合に主力メンバーを
ほぼ全員駆り出され、ジュニアユースの選手を起用するほどの苦しい
台所状況。何しろ背番号を頼りにプリンスリーグのパンフレットを見ても、
20番までしか背番号つきで出てないほど。

スタメンは、メモと某所の情報を元に

GK 16:秋元陽太
DF 27:奈良輪雄太、17:佐藤由将、23:郷内勇太、12:田中祐介
MF 19:加藤健太、28:三浦旭人、20:富井英司、22:柳明基
FW 25:ハーフナー マイク、9:斉藤陽介(新子安JY)

SUB 青木智也、田代真一、武田英二郎、大久保翔、矢部達

途中交代は、斉藤→大久保(新子安JY)、柳→武田(新子安JY)

メンバー的に厳しいだけに柏絶対優位と思われたが、マリノスは積極
的なパス回しで柏と互角の戦い。前半20分に郷内が2枚目のイエロー
で退場となり、状況はさらに苦しくなったが柏の決定力の無さとGKの
スーパーセーブに助けられ、マリノスは結局前半を0−0で終えた。

後半開始早々、右からのクロスをマイクが頭で合わせたがこれはGK
正面。逆に後半9分、ペナルティエリア近くで与えたFK。遠藤真仁の蹴った
ボールは柏、菅原実にゴール前でスルーされゴールネットを揺らす。
さらに、後半17分、流れの中から福地竜也に得点されて2−0。

マリノスの狙いは、ロングボールを放り込み、長身のマイクの頭に当て、
そのこぼれだまを狙うというもの。だがマイクは全くロングボールを当て
る事ができない。常にマイクの頭を通り越して、ぴったり後ろについた柏
の選手の頭に当たる・・・位置取りが致命的に悪いのか?頭に当てる事
ができないとなると、足が速いわけではなく、足技がうまい訳でもない
ので敵DFにとっては全く怖くない。メンバー的なものもあり仕方がない
のかもしれないが、現段階では90分フルに使える選手ではないように
思う。

主力選手が多く欠場していたとはいえ、マリノスのサッカーはトップでは
最近見れないパス&ドリブル主体の前を目指す早いサッカーで、その上
選手が皆テクニックを持っていて、見ていて楽しかった。個人的には27番
の奈良輪選手が目についた。

なお、柏3連戦の第3戦、サテはユウタロウの終了間際のゴールで2−2
で引き分け。という事で、通算1勝1分1敗。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年9月 6日 (土)

J1 2nd 第4節 vs柏 あるいは、1勝の重み

マリノスは今季初めての3バックを採用。中澤を中心に河合、栗原が
両サイドを固める。中盤は那須、柳。両サイドにドゥトラ、ユキヒコを
配置し、トップ下にケガから復帰した清水。2トップはマルキーニョスと
坂田。

全員が走りまわり、柏の選手を常に複数のプレーヤーが囲む。接触
を恐れることなく必至でボールを奪おうとする。得点は後半開始早々、
ドゥトラのFKを柳が頭で合わせた。ボールは柏GK南の横をわずかに
掠めてゴールネットを揺らした。柳は何度もゴール裏に向け、ガッツ
ポーズ。

マリノスが見せた試合ぶりは、決して1st覇者らしい、スマートでエレ
ガントな質実の伴った内容では決してなかった。怪我人続出で、ここ
1ヶ月勝利に見放されているチームが、全員で必至にもぎ取った1勝
だった。それだけに喜びもひとしお。ここでホッとして次節落とすような
事があれば、また元の木阿弥。一節一節、魂を込めて戦って欲しい。

=====================================================

中断明けのJFL。愛媛FCは大塚、佐川東京、Hondaとの上位3チーム
と連続で対戦する。今年のJ2昇格にとって大事な3連戦。ここで何勝
できるかが、昇格に大きく関わってくるだろう。勝点9がもちろん理想的
だが、そううまくはいかないだろうから勝点6くらいで乗り切りたい。

さてその第1戦。四国ダービー、大塚FCvs愛媛FCは、残念ながら1−0
で愛媛FCの負け。互角に渡り合って最後の最後(84分)に失点した
模様。この結果、好調佐川大阪に抜かれて5位後退となってしまった。
国体をはさんで次の対戦相手は3位の佐川東京。前期はホームで圧勝
した相手だけに、ここは勝点3をゲットして、これ以上上位陣と差をつけ
られないよう、しゃにむに頑張って欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年9月 5日 (金)

頼むぞ、坂田!

そろそろ、勝つぞ!
得意の柏だ!
頼むぞ、坂田!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年9月 4日 (木)

ある調査結果

えっと、これ、わりと面白いです↓
http://www.j-league.or.jp/about_j/report/index.html

個人的には、
・平均アクセス時間と活動区域内人口
・来場同伴者(家族との来場率と友人・恋人との来場率)
が面白かったです。

皆さんの応援するチームはどんなもんですか?
(手抜きすみませぬ・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年9月 3日 (水)

悲報、朗報

パソコンが壊れてしまいました。こっそり会社からの更新です(^^;

えっと、セネガル戦の日本代表が発表になりました。マリノスから
は久保と中澤が選ばれています。出場辞退しないようなので、土曜
の柏戦は2人とも出場OKということですね。

って、おい、代表はどうでもいいのか!

はい、取りあえず(^^; 今はリーグ戦の事で頭いっぱいです。

ヨシカツのニュースに隠れてしまいましたが、火曜日には高円宮杯
の組み合わせも発表になっています。マリノスは残念ながら出場
できませんでしたが、愛媛FCユースが四国代表として見事出場!!
A組で、青森山田高校(東北代表)、広島観音高校(中国第2代表)、
A4 鵬翔高校(九州第4代表)と一緒のグループになりました。
会場は鹿島スタジアム。高校生であそこのスタジアムでプレイできる
なんて幸せですね。がんばって、グループリーグを突破して欲しい。

そうだ、女子W杯USA2003の代表も発表になってます。9月20日から
なんですね。グループリーグはアルゼンチン、ドイツ、カナダと同組。
男子だったらとんでもない組み合わせですが、その辺どうなんでしょう。
こっちも、がんばってグループリーグを突破して欲しいですね。
がんばれ、ニッポン!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Re:悲報、朗報(9/3)    foot001さん 
パソコンが壊れ・・・?
私のふじつーノートは牛乳が掛かっても動いているぞ!
不死身だ。
ああジュビロは凹んだ。(2003.09.04 21:40:31)

Re:Re:悲報、朗報(9/3)    ultraleftyさん 
foot001さん
>ああジュビロは凹んだ。

わが郷土の誇り福西君は反省してますか?(^^;
何だかんだで2ndも1-2フィニッシュ決めましょう。
でもCSはナシで(^^)

ところで、確かfoot001さんは静岡にお住まいのはず。
国体行きます?(2003.09.05 00:44:04)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年9月 2日 (火)

ヨシカツよ! その2

良かったな、ヨシカツ!

と言ってしまうのはまだ早いかもしれない。でも、ヨシカツについて日本に入ってくる
ニュースは悪いニュースばっかだっただけに、今回のデンマークのFCノーシャラン
移籍決定のニュースはいいニュースと言っていいだろう。

移籍=出場では決して無いが、出場のチャンスさえ与えられそうにないポーツマス
にいるよりは、少しでも出場チャンスのあるチームに移籍する方が絶対いい。
サッカー選手ってのは、試合に出てナンボだと思うから。そういう意味では本当に
良かった。

だけど、ヨシカツ。このニュースを真の”いい”ニュースに変える事ができるのはお前
だけだ。何年後かにあの移籍が大成功だったと言えるように、力の限り頑張れ!
応援してるぞ!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Re:ヨシカツよ! その2(9/2)    理恵ママ1124さん 
そういえば ニュース見たよ
アッ 川口君だー
格好いいままだね
海外は よくわからないの
移籍して 正解なのね
それは良かった
がんばってほしいよ(2003.09.03 16:53:07)

Re:Re:ヨシカツよ! その2(9/2)    ultraleftyさん 
理恵ママ1124さん
>アッ 川口君だー
格好いいままだね

そういや、理恵ママさんはもとヨシカツファンですよね。
公式HPができて、メッセージも送れるようなので、激励してやってください(^^)

http://www.yoshikatsu.net/top/index.html(2003.09.03 19:54:46)

Re:ヨシカツよ! その2(9/2)    mako*さん 
こんにちはー!
私も やったね能活!!
と、叫んじゃったくちです♪(2003.09.04 11:37:05)

Re:Re:ヨシカツよ! その2(9/2)    ultraleftyさん 
mako*さん
>こんにちはー!
私も やったね能活!!
と、叫んじゃったくちです♪

ようこそ、いらっしゃいまし。
デンマークでがんばって、楢崎を押しのけて、また日本代表の1番に復帰してもらいたいものです(^^;
サッカーバカサイトですが、これからも遊んでやってください。
(2003.09.04 21:09:42)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年9月 1日 (月)

カンショウの秋

ちゃっ ちゃらっちゃ ちゃっちゃぁ〜〜〜

ファンクラブ会報誌によりますと、2004年1月4日(日)に井原正巳氏の
引退試合が決定しました。レッジーナ戦のチケット発売方法で大顰蹙
をかったクラブは、今回ファンクラブ会員向けに自由席のみ優先販売を
する模様です。横浜、磐田、浦和の3チーム主催の試合になるため、
磐田、浦和の販売方法に合わせただけかもしれません。対戦相手は
未定との事です。

このあたりで華麗なる自殺点のシーンを再現フィルムでご覧ください。

・・・秋風が吹き始めると妙に感傷的になります。

今日のBGMは井上陽水「少年時代」を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2003年8月 | トップページ | 2003年10月 »