« 頼むぞ、坂田! | トップページ | Jユースカップ vs柏 あるいは、青は藍より出でて »

2003年9月 6日 (土)

J1 2nd 第4節 vs柏 あるいは、1勝の重み

マリノスは今季初めての3バックを採用。中澤を中心に河合、栗原が
両サイドを固める。中盤は那須、柳。両サイドにドゥトラ、ユキヒコを
配置し、トップ下にケガから復帰した清水。2トップはマルキーニョスと
坂田。

全員が走りまわり、柏の選手を常に複数のプレーヤーが囲む。接触
を恐れることなく必至でボールを奪おうとする。得点は後半開始早々、
ドゥトラのFKを柳が頭で合わせた。ボールは柏GK南の横をわずかに
掠めてゴールネットを揺らした。柳は何度もゴール裏に向け、ガッツ
ポーズ。

マリノスが見せた試合ぶりは、決して1st覇者らしい、スマートでエレ
ガントな質実の伴った内容では決してなかった。怪我人続出で、ここ
1ヶ月勝利に見放されているチームが、全員で必至にもぎ取った1勝
だった。それだけに喜びもひとしお。ここでホッとして次節落とすような
事があれば、また元の木阿弥。一節一節、魂を込めて戦って欲しい。

=====================================================

中断明けのJFL。愛媛FCは大塚、佐川東京、Hondaとの上位3チーム
と連続で対戦する。今年のJ2昇格にとって大事な3連戦。ここで何勝
できるかが、昇格に大きく関わってくるだろう。勝点9がもちろん理想的
だが、そううまくはいかないだろうから勝点6くらいで乗り切りたい。

さてその第1戦。四国ダービー、大塚FCvs愛媛FCは、残念ながら1−0
で愛媛FCの負け。互角に渡り合って最後の最後(84分)に失点した
模様。この結果、好調佐川大阪に抜かれて5位後退となってしまった。
国体をはさんで次の対戦相手は3位の佐川東京。前期はホームで圧勝
した相手だけに、ここは勝点3をゲットして、これ以上上位陣と差をつけ
られないよう、しゃにむに頑張って欲しい。

|

« 頼むぞ、坂田! | トップページ | Jユースカップ vs柏 あるいは、青は藍より出でて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022251/20628920

この記事へのトラックバック一覧です: J1 2nd 第4節 vs柏 あるいは、1勝の重み:

« 頼むぞ、坂田! | トップページ | Jユースカップ vs柏 あるいは、青は藍より出でて »