« マンネリと芸術と読書の秋 | トップページ | J1 2nd 第9節 横浜vs市原 あるいは、すばらしき退屈さ »

2003年10月 3日 (金)

先送りされた夢に向かって

愛媛FCの選手の皆さん、スタッフの皆さん、今回のJ2昇格申請断念
は、J2昇格を目標として、夢として戦ってきた皆さんにとっては無念な
事だったかと思います。

目標を見失って、気落ちしているのではないかと心配でしたが、木曜
日の練習では、皆さん笑顔で練習されてたと聞いてほっとしています。
また石橋総監督もまだまだ夢をあきらめていないと聞きました。内心
では、悔しさやら、悲しさやら、怒りやら、様々な感情が渦巻いている
事と思います。今年度の昇格がなくなった事で、モチベーションの上が
らない選手や、来年以降の身の振りに思いをはせている選手もいる
かも知れません。

JFLは残り8試合。消化試合では決してありません。2位以内という
目標が消滅した訳でもありません。是が非でも2位以内に食い込んで、
足りないのは金だけで、選手やチームの力は決してJ2の他チームと
遜色ないという事を世間にアピールしてください。

今更ですが、チームの財政基盤の元となるのは観客数です。観客が
増えると当然入場料収入も増えますし、観客の多さに触手を動かす
スポンサーも期待できます。そして観客数を増やすのに一番効果の
あるのは、プレイそのものによって観客に感動を与える事ではないで
しょうか。

ですから、今回昇格を見送ったことにより、逆に選手の皆さんは残り
の試合、何がなんでも、いい試合をして、そして勝たなくてはいけま
せん。今から、来年のJ2昇格申請に向けての戦いは始まっている
のです。自分の夢を叶える事ができるのは自分だけです。

そして、愛媛FCのサポーターの皆さん。幸いJFLの残り試合は関西
近郊で多くの試合が組まれています。愛媛からはさほど遠くはありま
せん。一人でも多くの人が会場に足を運んで、愛媛FCの選手を応援
して頂けるようお願いいたします。厳しい現実と戦いながら夢をかなえ
ようと頑張っている選手たちを後押ししてあげてください。

遠隔地に住んでいる身としては中々応援にもいけないのですが、
京都戦と最終節ホームには横浜から駆けつけたいと思います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Re:先送りされた夢に向かって(10/3)    ipizumiさん 
石橋先生の話では今期可能性はまだあるということでした。何ができるか分かりませんが頑張りましょう!(2003.10.04 05:02:10)

Re:Re:先送りされた夢に向かって(10/3)    ultraleftyさん 
ipizumiさん
>石橋先生の話では今期可能性はまだあるということでした。

そうなんですか?遠隔地に住んでると、できる事が
限られてしまうので、つらいですね・・・(2003.10.06 00:10:02)

|

« マンネリと芸術と読書の秋 | トップページ | J1 2nd 第9節 横浜vs市原 あるいは、すばらしき退屈さ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022251/20820361

この記事へのトラックバック一覧です: 先送りされた夢に向かって:

« マンネリと芸術と読書の秋 | トップページ | J1 2nd 第9節 横浜vs市原 あるいは、すばらしき退屈さ »