« はじめての、あんなこと、こんなこと | トップページ | いよいよ終盤戦 〜スタジアムに行こう! »

2003年11月 6日 (木)

ど、ど、どこのどいつ?

何やら来年ウチにドドってのが来るらしい。

http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2003/11/06/20031106000048.html

日本の移籍市場が閉まってるのに、何でこんな話がでるんだ?と思ったら、
そうか、韓国はもう城南一和の優勝が決まってすっかり、消化試合モードに
なっているのか。で、次のシーズンに目が向いてるというわけか。

記事によると蔚山でサンチョル兄さんとコンビ組んでたみたい。今年の得点
も21点で、日本風に数えると得点王ランキング2位タイ。セレソンとして長居
で日本代表と戦った事もあるようだ。なかなかいい選手のようだが、ドドが
来季加入するということは、外国人選手が一人いなくなるという事になるが、
ポジション的にはマルか?

ウチの今年の外国人選手の働きにはめちゃ満足しているだけに、誰かいなく
なるのはつらいな。てか、信憑性あるんかいな、この記事。

為参考)
NORIさんの韓国サッカーメルマガより、Kリーグ現在の順位と得点ランキング
を引用。

三星ハウゼンKリーグ第40節終了時点順位表・2003年11月 2日現在
順位 チーム  試合 勝点 勝利 分け 負け 得点 失点 得失点差
 1.城南一和 40 87 25  9  5 74 37 +37
 2.蔚山現代 40 67 18 13  9 55 39 +16
 3.全南   40 66 16 18  6 60 45 +15
 4.水原三星 40 63 16 15  9 51 40 +11
 5.全北現代 40 61 16 13 11 61 51 +10
 6.大田   40 59 16 11 13 46 45 + 1
 7.浦項   40 54 14 13 13 46 43  +3
 8.安養LG 40 50 12 14 14 64 63  +1
 9.光州尚武 40 43 12  7 21 37 50 −13
10.釜山   40 42 11  9 20 35 64 −29
11.大邱FC 40 35  7 14 19 33 52 −19
12.富川SK 39 17  2 11 26 35 68 −33
城南の優勝、富川の最下位が決定

得点ランキング
順位 選手名(所属チーム)得点−試合数−得点率(1試合当の得点)
 1.マグノ(全北)    22−40−0.55
 2.イッタマル(全南)  21−31−0.68
 3.金度勲(城南)    21−36−0.58
 4.ドド(蔚山)     21−40−0.52
 5.申秉浩(全南)    16−39−0.41

|

« はじめての、あんなこと、こんなこと | トップページ | いよいよ終盤戦 〜スタジアムに行こう! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022251/20820922

この記事へのトラックバック一覧です: ど、ど、どこのどいつ?:

« はじめての、あんなこと、こんなこと | トップページ | いよいよ終盤戦 〜スタジアムに行こう! »