« ♪パレードが行くよ | トップページ | 2003年優秀選手賞・優秀新人賞発表 »

2003年12月 7日 (日)

天皇杯2回戦 湘南vs愛媛 あるいは、進化の証

天皇杯2回戦。久々の愛媛FCの試合。対戦カードは去年と同じ平塚
での湘南戦。去年は失点は1に抑えたものの終始攻め込まれ、攻撃
という面では不満の残る試合だった。

立ち上がり。湘南の早いプレイに対応の遅れる場面があったが、徐々
に愛媛がペースを掴みはじめる。果敢に前に進もうという姿勢が湘南
を圧倒する時間帯が続く。特に右サイドの兵頭、敵DFラインの裏に切
れ込む友近が冴えている。さすがはJFLベストイレブン。湘南は格下
カテゴリーのチーム相手ということで、エンジンがかかってないような
感じ。足元パスを愛媛にカットされるシーンや、ボールを低い位置で横
に回すシーンが目立つ。湘南サポもこの消極的なプレイにはさすがに
いらついていたようで「勝負しろ!」「前にいけ!」といった野次が飛ぶ。
知らない人がみたらどっちがJFLか、といった展開。だがさすがに湘南
のDF陣はしっかりハードに守り、前半は0−0のまま。ロッカーに向かう
湘南選手にサポからブーイング。

後半も愛媛は盛んに攻め立てる。セルフジャッジで、湘南ゴール前で、
両チームの選手が一瞬止まる。しかし、笛は吹かれない。愛媛が一瞬
早くプレイを再開する。混乱する湘南DF陣。この隙に乗じて友近ゴール。
57分。愛媛先制。得点後も守りに入る事無く果敢に攻め続ける愛媛。
しかし、さすがに前半から飛ばし続けたつけが回ってくる。湘南のカウン
ターに徐々に対応が遅れはじめる。68分。湘南坂本の強烈なシュート
がネットを揺らす。同点。

結局どちらにも追加点が入らず、1−1のまま後半終了。リーグ戦なら
愛媛の勝ち点1をゲット!となるはずだが、カップ戦。延長戦に。7分。
苦手のセットプレイ。ゴール前の混乱から湘南石田のVゴール。

これをもって愛媛FCの2003シーズンは終了した。J2昇格断念でモチ
ベーションの低下が心配されたが、選手はがんばってリーグ戦を3位
で終えた。そして今日。今年1年の集大成にふさわしい、素晴らしい
内容の試合で湘南から勝ち点1を奪うことができた。来年こそはJ2に
昇格を決め、再来年は再び平塚にJ2チームとして戻ってこよう。

Forza 愛媛FC!

その後、2時間かけて埼玉スタジアム2003に。左側コーナーそばの
前から9列目という、俊輔が出てれば倍の値段で売れそうな席にて
日本vs香港を観戦。中国戦に比べれば前への仕掛けがあって面白
かったが、得点がPKの1点だけとは寂しい。久保も何度かチャンスを
はずしてしまった。まっ、真のエースは本当に欲しいときに、決定的な
得点を決めるもの。エース久保は香港戦ごときで決めなくてよかろう。
大きい方の久保にでもまかせておけばいい。

|

« ♪パレードが行くよ | トップページ | 2003年優秀選手賞・優秀新人賞発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022251/20821313

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇杯2回戦 湘南vs愛媛 あるいは、進化の証:

« ♪パレードが行くよ | トップページ | 2003年優秀選手賞・優秀新人賞発表 »