« マリノス2004シーズン開幕 | トップページ | 代表 日本vsイラク あるいは、楽しきジーコジャパン »

2004年2月11日 (水)

U23 日本vsロシアA あるいは、失うものなき負けられない勝負

U23日本代表は、エコパでロシアA代表と対戦。ロシア代表といえば
2002年のW杯で日本と同グループで、日本が必死で対策を練って
ようやく破った相手。その時とは、大幅に選手が入れ替わっているよう
だが、A代表で挑むからには格下のU23日本に負けるわけには行か
ない。正直、ワールドユースのブラジル戦のように圧倒される日本を
想像した。

今日の先発は2トップが、坂田&高松、トップ下に松井、両サイドが
根本&ハユマ、ボランチに鈴木&森崎(和)、3バックはイラン戦と同じ
で、那須、闘莉王、徳永。GKは黒河。

前半は、ボールポゼッションでは日本が優位で、日本のペースのよう
に思えたが、実際のシュート数は日本2(枠内1)に、ロシア9(枠内5)
DFラインより前ではボールを持たせてもらえるものの、DFライン近く
ではがっちり守られていた事の証明だろう。日本のフィニッシュへと至
る最後のしかけがあまりよろしくなかったせいもあるが。

先制は日本。闘莉王が、強引にボールを持ってペナルティエリアまで
中央を一直線に駆け上がり、GKと接触しつつも折り返したのを、高松
がシュート。相手DFにあたってコースが変わったボールはゴールへ。
闘莉王の駆け上がりはすばらしかった。これで多少、本気になった
ロシアは、すぐにオフサイドぎりぎりの飛び出しから同点。

後半は黒河の見せ場の多い展開となった。後半のシュートは日本7
(枠内3)、ロシア7(4)。シュート数の多さにもかかわらず、両者得点
なく、結局1−1のドロー。

先日のイラン戦に、今日のロシア戦。フィニッシュに至るまでは悪くは
ないので、ゴール近辺での攻めの約束事を何か決めて、それを徹底
すればいいのではなかろうか。

マリノス勢は、前半だめだめだったハユマが終了間際にいいクロスを
何本か上げていたのが収穫か。けど、前半の調子じゃ残れないぞ。
最初からアグレッシブに飛ばして行け。持久力(?)ではチーム1位
なんだから。

|

« マリノス2004シーズン開幕 | トップページ | 代表 日本vsイラク あるいは、楽しきジーコジャパン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022251/20836301

この記事へのトラックバック一覧です: U23 日本vsロシアA あるいは、失うものなき負けられない勝負:

« マリノス2004シーズン開幕 | トップページ | 代表 日本vsイラク あるいは、楽しきジーコジャパン »