« 気分一新 | トップページ | サバイバル »

2004年3月23日 (火)

U19 日本vs韓国 あるいは、始まりの場所

オランダワールドユース、北京オリンピックを目指すU19が本格的に
始動。ここ1年で何試合見たか思い出せない、韓国戦。

日本の先発は、こんな感じ。

__カレン(9)__原(13)__

____中山(10)____

苔口(7)______中村(5)

__兵藤(8)__高柳(20)__

水木(4)__増嶋(2)__小林(16)

_____松井(1)______

(後半、原→平山(11)、中山→梶山(6)、中村→渡邉(14)、苔口→田中(23))

韓国は平均年齢17.4歳という若いメンバーだったせいもあるのか、
日本が優勢に攻撃を進める。韓国は守備一辺倒ながら、時折鋭い
反撃を見せる。が、前半は両者無得点。

後半、日本は原に変え平山を投入。日本が押し込む時間帯が続くが、
後半10分にペナルティエリア内での小林のクリアミスを、ぺク・ジフン
に押し込まれ、一転追う展開に。最後は、増嶋をトップに上げるが、
韓国の守備陣、特に17歳!のGK車奇席(チャ・キソク)がバカあたり
で、日本のシュートはことごとくセーブされてしまい、0−1で敗北。

かくして、大熊監督の韓国に1−0で負ける記録は、ワールドユース
の坂田の2得点で勝った試合を除けば、新メンバーでもしっかり更新。

今日印象に残ったのは、左サイドをやってた時の苔口と、兵藤のドリ
ブル突破。高柳の視野の広いボランチもなかなか。お目当てのガンバ
勢が見れなかったのは残念だが、この世代もなかなか楽しい。さて、
ここからワールドユースや五輪に何人残るか。

ところで、今日スタジアムで一番目立ってた色は、青でも赤でもなく
黄色。試合後の歓声の黄色いこと。ほとんど、悲鳴に近い。ギャル
サポなんかじゃないな、あいつら。アイドルの追っかけと一緒だった。
全く、勘弁してくれ。

|

« 気分一新 | トップページ | サバイバル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022251/20837150

この記事へのトラックバック一覧です: U19 日本vs韓国 あるいは、始まりの場所:

« 気分一新 | トップページ | サバイバル »