« 第23回西日本社会人サッカー大会 | トップページ | エール »

2004年3月 1日 (月)

五輪予選 日本vsバーレーン あるいは、日本サッカーの壁

アテネ五輪最終予選UAEラウンド。初戦の相手はバーレーン。

攻撃する日本vs守るバーレーンという予想通りの展開。一方的な日本
ペースで進むが、最後の最後でバーレーンの固い守りに阻まれる。

バーレーンが低い位置で守りを固めていたため、日本は韓国戦で見せ
たような2列目がどんどんトップを追い抜き、畳み掛けるような攻撃を
全くさせてもらえなかった。そんな時のサイド攻撃だが、序盤こそ徳永
の上がりが何度か見られたものの、受け手である平山ががっちり押さえ
込まれ、これも効果なし。田中達也のドリブルも、松井のトリッキーな
プレイも大してチャンスを作れない。完全に膠着状態に陥った日本。

後半、山本監督は菊池に代え石川、松井に代え山瀬、田中達也に代え
高松を投入するも、ボールはゴールネットを揺らすことは無かった。

決められた事がうまく機能しているうちはいいが、それが通用しない場合
にどうするか。これはA代表も含めて日本サッカーの大きな課題だと思う。

まぁ、予選の初戦、しかもアウェイなのでこの結果は致し方ない。次に
どんな手が打てるか、どんなプレイを見せられるか、時間はあまりない
が、山本ニッポンに期待したい。

|

« 第23回西日本社会人サッカー大会 | トップページ | エール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022251/20837163

この記事へのトラックバック一覧です: 五輪予選 日本vsバーレーン あるいは、日本サッカーの壁:

« 第23回西日本社会人サッカー大会 | トップページ | エール »