« 2004年4月 | トップページ | 2004年6月 »

2004年5月

2004年5月31日 (月)

アイスランド戦雑感/U17オランダ遠征 などなど

ネットでうっかり結果を知ってしまったので、激しく見る気をなくした昨日
のジーコジャパン、アイスランド戦。久保の2ゴールはすばらしかった。
久保だとあんなにあっさり点が入るのに、元セリエ君は何であんなに
外してしまうんだろう?

しかし、これで確実に久保は金の亡者どもに目をつけられてしまった事
だろう。久保よ、いも焼酎は日本にしかないぞ!

どうでもいいが、昨日の実況の加地のアクセント、ヘンじゃなかった?
あれ標準アクセントじゃないよね?

=====================================================

オランダ遠征中のU17は、3位だった模様。

■グループリーグ
 ○ 2−0 vs Feyenord
 ○ 2−0 vs Nottingham Forest
 ○ 2−0 vs De Graafschap
 ● 0−1 vs Vitesse

■準決勝
 ● 1−1(PK:2−4) vs PSV

■3位決定戦
 ○ 1−0 vs Feyenord

秋元、三浦は出場したのかな?

=====================================================

しまなみFCは3年連続で全社愛媛代表に。

=====================================================

2004年版、マリノスオフィシャルトレーディングカードが届いた。今回
は坂田のジャージカードゲット。25枚ダブったが、歴代監督カードの
早野、清水、下さんのダブりがプチ悲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年5月30日 (日)

プリンスリーグ 第9戦、横浜ユースvs暁星他 あるいは、忘れるな、その涙を

プリンス関東大会A組グループリーグ最終節。
横浜ユースvs暁星高校@東松山リコー研修センター

第8節終了時点の順位
1.市立船橋高校 勝点24
2.前橋育英高校 勝点20
3.横浜ユース 勝点14
4.浦和ユース 勝点13

13:30キックオフ。快晴。微風。

1分 1−0 木村

7分 2−0 岩田

14分 2−1

33分 2−2

36分 2−3

40分 2−4 

54分 2−5

63分 3−5 富井

73分 4−5 加藤(広)

76分 5−5 マイク

88分 5−6

20040530 

「俺達、もう終わっちまったのかな」

「バカヤロウ、まだ始まってもねぇよ」

        北野武 「キッズ・リターン」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Re:プリンスリーグ 第9戦、横浜ユースvs暁星他 あるいは、忘れるな、その涙を(05/30)    えむさん 
こちらでははじめまして。
札幌にサテの試合を観に行ってたんですが、向こうで結果を知って愕然としましたよ。
サテの試合は酷い内容ながらも、プリンス出場停止の保崎が得点…。(2004.05.31 01:28:35)

Re[1]:プリンスリーグ 第9戦、横浜ユースvs暁星他 あるいは、忘れるな、その涙を(05/30)    ultraleftyさん 
えむさん
>こちらでははじめまして。
はじめまして(^^;

>札幌にサテの試合を観に行ってたんですが、向こうで結果を知って愕然としましたよ。
お疲れ様です。東松山では後半押せ押せなのと、ひどいジャッジ(例えば両足が完全にピッチに入ってのスローインがファールにならないんですよ!)も加わって、ベンチ、サポ総立ちで大盛り上がりでした。もっとも、われわれは椅子がなかったので立ち見だったのですが(^^;

2−5から追いついた選手達は本当によくやったと思います。そもそも2点リードから5失点するなよ!ってのはちょっと置いといて(^^) すんなり勝っていたら判らなかった大切なことを選手達は得たのではないかと思います。この悔しさを今後の試合に生かしてもらいたいです。

>サテの試合は酷い内容ながらも、プリンス出場停止の保崎が得点…。
みたいですね。保崎と代表召集組がいればもうちょっと変わった結果になったかなぁと。でも、This is Football.
(2004.05.31 10:39:04)

Re[2]:プリンスリーグ 第9戦、横浜ユースvs暁星他 あるいは、忘れるな、その涙を(05/30)    辻神さん 
昨日はお疲れ様でした。考えてみれば、自己紹介をしていなかったような。
失礼しました(爆)。一番若いやつが私でした(笑)

>みたいですね。保崎と代表召集組がいればもうちょっと変わった結果になったかなぁと

保崎がゴールとは非常に皮肉ですね。
でも、保崎は自分の仕事をきっちりとしました。出場停止になったは自己責任です。
イエロー累積がいかにチームの迷惑、自分の悔しさにつながるか学んでくれたと思います(2004.06.01 00:04:59)

Re[3]:プリンスリーグ 第9戦、横浜ユースvs暁星他 あるいは、忘れるな、その涙を(05/30)    ultraleftyさん 
辻神さん
>昨日はお疲れ様でした。考えてみれば、自己紹介をしていなかったような。
>失礼しました(爆)。一番若いやつが私でした(笑)
それこそ、至る所でお見掛けしているので、実は会う前から、多分あの人だなと目星はついてました(笑)
平山初ゴールの西が丘で真後ろに座っていたのはご存知あるまい(笑)
去年カシマの愛媛ユースの試合でもお会いしているような・・・(笑)

>イエロー累積がいかにチームの迷惑、自分の悔しさにつながるか学んでくれたと思います
まだ新年度は始まったばかり。ひげさんではないですが、まだやり直せる/経験を生かせる時期なのは案外よかったのかも知れませんね。これからの彼らに期待です。(2004.06.01 01:32:35)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年5月29日 (土)

ナビスコ 第3戦 セレッソvs横浜 他 あるいは、オーバーラップ症候群

今日は、JR東海の早特切符で遠征。これは、ひかりに限定されるが、
早期購入で割引になるチケット。新横浜−新大阪、片道12000円。
時間と費用を考えれば、まあまあ。けど新横浜の次は小田原に停車。
名古屋からは各駅停車だと!?こんなのひかりじゃない!ひかりは、
いつからこだまになってしまったんだ!と思ったが、そういや、もともと
ぷらっとこだまで行くつもりが、満席でこれにしたんだった・・・

さて、久々の長居。ナビスコのためか、桜組の調子が今ひとつのため
か、巨大なスタジアムは”閑散”といっていいぐらいの入り。ゴール裏
は横浜の方が多いんじゃなかろうか。最初、コアゾーン付近に座って
いたが、キックオフ前に雨がぽつぽつ降ってきたので、上層の屋根の
あるあたりまで上昇。ヘタレですみません。

今日の横浜は、久保、中澤、坂田、那須、アン、サンチョルが代表に
召集されているので出場せず。(あれ?そういや大久保は出てたな)
他に、怪我かお疲れかリフレッシュか知らないが達也も欠場。そんな
こんなで、横浜のスタメンは、GK哲也。中西、松田、勇蔵の3バック
に、中盤の底は上野と遠藤。左ドゥトラに、右隼磨。トップ下に奥。2
トップは山崎とユウタロウ。スタメンクラスを7人も欠いてるのに、全然
不安にならないのは、素晴らしいことだ。

立ち上がりは横浜ペース。しかし11分のユウタロウの決定的なヘッド
がバーにはじかれ、その辺からだんだんとセレッソが盛り返してくる。
コーナーキック後の流れからゴールを決められるがオフサイドに助けら
れるシーンも。横浜はボールを支配するも、2トップがチームにうまく
噛み合わない。結局、前半はこれ以外に双方、決定的なチャンスは
なし。

そんな決め手を欠く試合中、ゴール裏が沸いたのは、最近おなじみの
松田のオーバーラップと勇蔵。終了ちょっと前に、勇蔵がオーバーラップ
をしかけ、そのまま相手ペナルティエリア内に残っていたところに、奥
だかドゥトラから低めのクロスが入り、へなちょこバイシクルを失敗する
シーンがあり、マリサポ大喜び。ある意味今日のハイライト。

後半、ほとんど機能していなかった隼磨に代えてユキヒコを投入。この
男が今日もやってくれた。後半15分に、相手DFが処理をミスったのを
見逃さず、豪快に右足シュート。途中出場で決勝点を挙げたのはこれ
で3度目か。本人はスタメンから外されるのを快く思ってないようだが、
これだけ決定的な試合をしてくれると、サポとしては大満足。むしろ
途中出場からの方が点を決められるのなら、どんどんスタメン外して
やってくだされ(笑)>岡ちゃん

後半はユキヒコのシュートと、終了間際に久々出場の安永のシュート
がゴール左隅にあたったのを除けば特に決定的なチャンスも無かった。
大久保、森島、西澤の一世を風靡した攻撃陣も3バックがきっちり押さ
え、全く危なげなくイタリア式最も美しいスコアで横浜が勝利。読売も
広島に0−3で勝ったので、勝点で並ぶも得失点差で2位は変わらず。

今日はゴールキックがサイドラインを割るシーンがなく、GKのプレーに
全くストレスが溜まらなかった(笑) ユウタロウも一時の異次元レベル
の不調ぶりからはようやく抜け出したようで、普通にまだまだだなと
思わせる出来(笑)

これで、7勝1分けの負けなしでハードな5月を終了。選手の頑張りと
結果には本当に頭が下がる。VIVA。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年5月28日 (金)

ナビスコのモチベーション

明日はナビスコ第3戦。横浜は長居でセレッソと対戦。リーグ戦に
比べると、正直、重要度はやや下かなと思うので、連戦で疲れて
いる主力選手達はちょっと休ませてやりたい。その分若手が活躍
してくれるといいな。

ナビスコカップは優勝争いもいいけど、ニューヒーロー賞も楽しみ。
受賞資格は、予選リーグから準決勝を通じて、最も活躍が顕著
だった23歳以下の選手1名との事。ウチにも候補選手は多いが、
やっぱり、山崎雅人に取らせてやりたい。”ヤマザキ”ナビスコ
カップだからね。

明日は天気悪そうだけど、長居日帰り@新幹線早特割引き で
応援してきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年5月27日 (木)

時代はU-XX?

今週発売のサカマガの選手名鑑を見たときも思ったし、昨日の味スタ
でも感じたのだが、ひょっとして世の中は今、密かにU-XXブーム?

ブームに乗り遅れまいと思ったのか、J-SPORTSでツーロン国際大会
の日本戦を前倒し放送するそうだ。残念ながら生ではないけど。

 【放送予定】
 日本 vs. スウェーデン 6月3日(木) 22:00
 ブラジル vs. 日本 6月6日(日) 11:15
 日本 vs. ポルトガル 6月8日(火) 24:15

これがA代表だったらすごい組み合わせなんだけど、この年代はどう
なんだろう。ワールドユースUAE大会のブラジルはかなり強かったので、
あのレベルに近いとすると、U-19で参加する日本はきつそうだ。

けど、マリノスの選手は誰も選ばれてないから、ちょっとモチベーション
は低め。今、ウチでこの年代の選手は、後藤裕司だけか。

社長!

 クラブで育成された選手達がトップチームで生き生きと躍動する
 姿を皆様にお見せしなくて、何が「クラブ主義」だ

年頭の作文のこれ、よろしくお願いしますよ。ウチのトップチームで大
活躍できる選手がいれば、当然、代表でも活躍できるだろうから。

ところで、U-XXブームの原因はやっぱり、ジーコジャパンが不甲斐
ないから?

=============================================================
おまけ

【スタッフ】
監  督  大熊 清 【(財)日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ/FC東京】
コーチ   吉田 靖 【(財)日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ】
GKコーチ  武田 亘弘【(財)日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ/セレッソ大阪】

【選 手】
Pos. No  氏 名       フリガナ      生年月日 身長 体重   所 属
GK  1 松井 謙弥    マツイ ケンヤ    1985.09.10 186cm 72kg ジュビロ磐田
  18 西川 周作    ニシカワ シュウサク 1986.06.18 183cm 81kg 大分トリニータU-18

DF  5 増嶋 竜也    マスシマ タツヤ   1985.04.22 179cm 68kg FC東京
   2 吉弘 充志    ヨシヒロ ミツユキ  1985.05.04 181cm 72kg サンフレッチェ広島
   3 水本 裕貴    ミズモト ヒロキ   1985.09.12 183cm 72kg ジェフユナイテッド市原
   4 柳楽 智和    ナギラ トモカズ   1985.10.17 180cm 72kg アビスパ福岡
  12 小林 祐三    コバヤシ ユウゾウ  1985.11.15 175cm 72kg 柏レイソル
           
MF  8 杉山 浩太    スギヤマ コウタ   1985.01.24 174cm 60kg 清水エスパルス
  11 渡邊 圭二    ワタナベ ケイジ   1985.01.28 173cm 64kg 名古屋グランパスエイト
  14 中村 北斗    ナカムラ ホクト   1985.07.10 167cm 64kg アビスパ福岡
  16 苔口 卓也    コケグチ タクヤ   1985.07.13 179cm 71kg セレッソ大阪
  10 兵藤 慎剛    ヒョウドウ シンゴウ 1985.07.29 170cm 60kg 早稲田大学
   6 梶山 陽平    カジヤマ ヨウヘイ  1985.09.24 178cm 72kg FC東京
   7 中山 博貴    ナカヤマ ヒロキ   1985.12.13 177cm 70kg 京都パープルサンガ
  17 高柳 一誠    タカヤナギ イッセイ 1986.09.14 170cm 65kg サンフレッチェ広島FCユース
           
FW 13 原 一樹     ハラ カズキ     1985.01.05 180cm 69kg 駒沢大学
  19 豊田 陽平    トヨダ ヨウヘイ   1985.04.11 185cm 79kg 名古屋グランパスエイト
   9 平山 相太    ヒラヤマ ソウタ   1985.06.06 190cm 81kg 筑波大学
  15 カレン ロバート カレン ロバート   1985.06.07 179cm 70kg ジュビロ磐田
  20 森本 貴幸    モリモト タカユキ  1988.05.07 180cm 71kg 東京ヴェルディ1969

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Re:時代はU-XX?(05/27)    ゆみぃ。さん 
U−19は高校サッカーの延長でも見れるので、結構楽しいです。生放送してほしいですね。

オリンピックと両方選ばれてる平山は日程厳しいのではないのでしょうか?

ところで、本日安貞桓は帰国した模様。
明日は山崎・坂田?でしょうか。(2004.05.28 21:17:30)

Re[1]:時代はU-XX?(05/27)    ultraleftyさん 
ゆみぃ。さん
>オリンピックと両方選ばれてる平山は日程厳しいのではないのでしょうか?
平山は酷使しすぎだと思います。高校選手権の決勝依頼パフォーマンスが落ちる一方の気がします。五輪が終わったらちょっとそっとしておいて欲しいですね。

>明日は山崎・坂田?でしょうか。
坂田は代表でしょうから、山崎&ユウタロウかな?あるいは久々の安永?全く読めません。果たして。(2004.05.28 23:59:17)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年5月26日 (水)

U23 日本vsトルコ選抜 あるいは、中の中

■■■つうちひょう■■■

 【こうげきりょく】 ふつう

 【しゅびりょく】 ふつう

 【せんじゅつ】 ふつう

 【ねばり】 ふつう

 【しあいないよう】 ふつう

 【あいて】 よい

 【4ばん】 おつかれ

 【21ばん】 もっとあぴーるしましょう

 【すたじあむのむーど】 でーとにさいてき

 【つうしんらん】
  きょくめん、きょくめんでは、いんしょうにのこるぷれーがありますが、
  しあいぜんたいとしてみると、とくにいんしょうにのこらない、しあい
  です。もっと、きもちをいれた、しあいをしましょう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Re:U23 日本vsトルコ選抜 あるいは、中の中(05/26)    ゆみぃ。さん 
トルコリーグはヨーロッパチャンピオンズリーグに出るほどのレベルの高いリーグなんですよね。。

ゲームキャプテンはお疲れ様。
久々の21番は、結果〜が全てだったんですけどね。アテネ・・連れてってもらえるのかしら。。(2004.05.27 10:02:21)

Re[1]:U23 日本vsトルコ選抜 あるいは、中の中(05/26)    ultraleftyさん 
ゆみぃ。さん
>久々の21番は、結果〜が全てだったんですけどね。アテネ・・連れてってもらえるのかしら。。

オーバーエイジもあるし、ちょっと難しいかなぁ・・・ マリノスでは得点の”におい”ぷんぷんなんですけど(笑)(2004.05.27 18:31:04)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年5月25日 (火)

フライング

  2週間ほど早いが、牛角で牛を食ってきた。

     
                   以上

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年5月24日 (月)

ベタ

ほうや、ほうや、忘れとった。

こないだ愛媛、行った時にね、

オレンジ君(仮称)の名前が5つに絞り込まれたんやけど、

どれがええ?ゆうて、アンケートが入っとったんよ。

 1.オレンJ(オレンジェイ)

 2.ポンJ(ポンジェイ)

 3.オーレ君

 4.いよカーン

 5.かん太くん

何か、笑ろてしもたわい。マジなんかいねぇ。

どれになっても、いまいちやろ?

まあ、あのキャラ自体が掟破りやけん、

どれになっても、それはそれでええんやけど・・・

愛媛FCゆうて、独特のセンスあると思わん?


つことで、次節ホームの佐川大阪戦で発表!らしいが、さて。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Re:ベタ(05/24)    ぐっちい@さん 
そうだな〜、私なら…「いよカーン」に1票(笑)。
オリバー・カーンとの2ショットをポスターに使ったりして(爆)

何だか、アルビのチーム名決定の県民投票を思い出しましたよ。
商標登録の関係で、「アルビレオ新潟」からチーム名を変えなくてはいけなくなって、最後は県民投票になったんですよ。その結果…

第1位 アルビレックス
第2位 オラッタ

「オラッタ」って新潟弁で「自分の」という意味なんですよね。ラテン語っぽく聞こえなくもないけど(笑)。票は結構接近していたらしく…。「オラッタ新潟」なんて名前だったら、確実にJ1には行けなかったことでしょう(笑)。(2004.05.25 14:28:11)

どれかな?    太一.さん 
僕は「かん太くん」にします。
難しかったですが・・・。(2004.05.25 23:33:55)

Re:どれかな?(05/24)    ultraleftyさん 
ぐっちい@さん、太一.さん 投票ありがとうございます。
見事採用された方には・・・ きっとささやかないい事があります(笑)

ぐっちい@さん
>第2位 オラッタ

へぇ。ぐっちい@さんの日記&書き込みは勉強になるなぁ・・・(笑)
(2004.05.26 01:08:07)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年5月23日 (日)

J1 1st 第11節 横浜vs名古屋他 あるいは、トリコロール日和

今日はトリコロール三昧の一日。

11時からトリコポイントで井原正巳トークショーに。氏のDVD発売記念。
司会者の質問に答えるスタイルで進行。代表の事とか、マリノス時代
の思い出話など。

会場に飾られたPAJEROロゴ入りの某チームユニを見ての第一声。
 「いいんですか?これ?(飾っても)」

筑波大を卒業する時には、日産の他、三菱、全日空からも誘いがあり、
 「給料は全日空が一番よかったんだけど、代表選手の多くいる日産
  を選びました。」

筑波大の後輩である平山に会った事があるか聞かれて、
 「偉そうにしときました。上下関係はきびしいんです」

ユーロの解説の事に触れて、
 「いいカードは早野さんとか奥寺さんのような大物がやるんです。ボク
  はマイナーなカード」

最後に井原氏自ら、サイン入りポスターを一人一人に手渡して終了。
井原氏はなかなかトークもうまく、話もしっかりしていて、頭のいい人
だなと思った。ウチの選手相手に話し方教室でも開いて欲しいくらいだ。

                  ☆      ☆

13時から小机でプリンスリーグ第8節、横浜ユースvs帝京第三高校。
横浜は、GKは飯倉大樹、4バックが奈良輪雄太、藤川祐司、加藤広樹、柳明基、2ボランチが、
天野貴史、三浦旭人、左右に富井英司と保崎淳、トップ下に坂井洋平、岩田修の1トップという
布陣。天野のボランチ、1トップというのが目新しい。岩田の1トップは、
斉藤陽介がU16代表のイラン遠征に召集されているためか。

終始横浜ペースで進むもフィニッシュの精度を欠き、逆にうまくDFライン
の裏を取られ、帝京第三に先制される。

後半も横浜ペースは変わらないが、相変わらず得点に結びつかない。
試合が動いたのは後半24分。帝京第三のペナルティエリア内での
CK時の競り合いで相手にイエロー。これを保崎がきっちり決めて同点。
そこからは、今まで点が取れなかったのが嘘のようにゴールラッシュ。
26分(木村勝太)、34分(柳)、44分(木村)。

終わってみれば、横浜が4−1で快勝。浦和ユースも暁星高校に7−0
で圧勝したため、勝ち点差1で3位は変わらず。次節が最終節。暁星
高校に勝てば順位決定戦に進出が決まる。今日は勝負を急ぎすぎた
きらいがあったので、最終戦は落ち着いて、きっちりと勝利して欲しい。

                  ☆      ☆

15時から横国で対名古屋戦。4月29日のナビスコ広島戦から始まった
地獄の8連戦の最終戦。優勝戦線に残るために、内容ではなく結果が
問われる試合。

スタメンは達也、那須、松田、中澤、ドゥトラ、上野、サンチョル、遠藤、
奥、安、坂田。ほとんどの選手は金曜日にインドネシアから戻ってきた
ばかり。疲れはピークなはずなのに、疲れを口実にした怠慢プレーは
見られない。勝利を目指して必死で戦っている。コールしている最中に
思わずジーンとしてしまい、コールに詰まる瞬間が何度もあった。

前半0−0で折り返すも、後半18分、セットプレーで前がかりになって
いたところにカウンターを受け、岡山に先制を許す。しかし、ここで意気
消沈せず、たくましく勝利するのが今年の横浜。失点の10分後、相手
ペナルティエリアにドリブルで切り込んだ奥が古賀に倒されPKゲット。
これを奥がきっちり決め同点。

逆転弾は、奥のクロスを久保ダイレクトボレー、楢崎が弾いたところを
ユキヒコがヘッドでゴール。途中出場の久保、ユキヒコによる得点は、
岡田采配の妙。それにしてもここ最近ユキヒコはおいしい。

結果だけを求められた今日の試合で、こんなにも立派な内容の勝利を
収めてくれた選手達を、過密スケジュールを7勝1分という成績で乗り
超えた選手達を、本当に誇りに思う。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Re:J1 1st 第11節 横浜vs名古屋他 あるいは、トリコロール日和(05/23)    ぐっちい@さん 
おめでとうございます。
こちらはマリノスさんをアシストできず、申し訳ござりませぬ。
善戦したって、勝たなきゃダメなんだ!と心の中で叫びつつ。でも、チームとしての確実な成長が見られて、それは収穫でした。次にマリノスさんと闘う時は、もう少し違う面を見せられるのではないかと。
それにしても、藤田はうまいな〜〜〜〜(敵ながらホレボレ)。

優勝目指して頑張ってくださいまし。ウチの現実的目標の結果が出るのは11月ですんで、先を見据えた戦いをしていきます。(2004.05.24 11:40:58)

Re[1]:J1 1st 第11節 横浜vs名古屋他 あるいは、トリコロール日和(05/23)    ultraleftyさん 
ぐっちい@さん
>こちらはマリノスさんをアシストできず、申し訳ござりませぬ。

磐田に勝つのはウチに勝つより難しいですから(笑)
でも、去年の天皇杯から比べると格段にJ1に慣れてきたなと、手ごたえを感じているのではないでしょうか?上野のアシストでアンのゴールと聞くと、マリサポは100%勘違いします(笑)それはそうと、アンヨンハッのHPってなかなかいいですね。

>次にマリノスさんと闘う時は、もう少し違う面を見せられるのではないかと。

いえいえ、そんなにがんばって頂かなくても、前回と同じで結構です(笑)(2004.05.24 13:15:29)

Re:J1 1st 第11節 横浜vs名古屋他 あるいは、トリコロール日和(05/23)    ゆみぃ。さん 
私も観戦してました。
インドネシア帰りの疲れはまったく見せず、どこが精神的に弱いのでしょうか???(怒)

優勝を視野に入れたチームの強さを感じました。
しかし、久保と奥の息はぴったり。
2点目の連携も素晴らしかったです。
今日は、トレセン行ってきました〜♪(2004.05.25 22:08:38)

Re[1]:J1 1st 第11節 横浜vs名古屋他 あるいは、トリコロール日和(05/23)    ultraleftyさん 
ゆみぃ。さん
>インドネシア帰りの疲れはまったく見せず、どこが精神的に弱いのでしょうか???(怒)
ですね。本当に頭に来ます。マリノスが提出した質問状の返答は、マリノスのことではなく一般論だ、との事。悔しいので今年も完全優勝して来年もACLに出る事にしました(笑)

>今日は、トレセン行ってきました〜♪
なかなか雰囲気よかったようで。スタメンで出れない選手がどれだけ腐らずにやれるかがチームの底力だと思うので、いつ呼ばれてもいいようにしっかり準備しておいて欲しいですね。(2004.05.26 01:14:15)

Re:J1 1st 第11節 横浜vs名古屋他 あるいは、トリコロール日和(05/23)    ありいんさん 
横浜、調子いいですよね〜〜〜。あとはジュピロ次第?(2004.05.26 13:02:30)

Re[1]:J1 1st 第11節 横浜vs名古屋他 あるいは、トリコロール日和(05/23)    ultraleftyさん 
ありいんさん
>横浜、調子いいですよね〜〜〜。あとはジュピロ次第?

人事を尽くして天命を待つ。まずは横浜が残り試合をきっちり勝たないと話になりません。
その上でジュビロが取りこぼしてくれたら… という事ですね。(2004.05.26 17:44:41)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年5月22日 (土)

JFL 前期第10節 佐川東京vs愛媛FC あるいは、今できる事

西が丘にて、佐川急便東京vs愛媛FC。霧雨だったものの、ピッチは
良好。立ち上がりから愛媛FCはスピード感あふれるサッカーで、押せ
押せムード。だが、23分に苦手のセットプレイからあっさり佐川に先制
されてしまう。セットプレイの失点は練習して、約束毎を徹底すれば
多少は減らせるのではないか?セットプレイからの失点が多いのは、
いい加減何とかして欲しい。

失点はしたものの、愛媛のサッカーは間違いなく佐川を圧倒していた
ので、少しも動じることは無かった。実際、失点からわずか6分後、
友近のスルーパスに反応した赤井が、右サイド深い位置から角度の
ないシュートを放ち、同点。そして7分後。金子のCKを加藤が落とし、
川井健太が押し込み逆転。素晴らしい出来の前半。

後半、愛媛は佐川の一方的な攻撃を前に防戦一方。島津の好プレー
で何とか失点にはならないものの、いつか入るなというイヤな予感が。
佐川の同点弾は後半30分。児玉がペナルティエリアで相手を倒して
しまいPK。その後も、愛媛の反撃の時間帯も時々あったものの、どち
らかといえば、佐川に押されたのを何とかしのいだという展開。

後半佐川に押し込まれたのは、中盤のプレスが効かなくなったのと、
前ががりになったところでミスでボールを失うのを繰り返したせい。
プレスが効かないのなら、引き気味の布陣で中盤の人数を増やすとか、
疲れてボールを回せないなら、大きく蹴りこんで元気なFWに裏を狙わ
せるとか、素人目には色々対策があるように思うがどうなんだろう?

なかなか思うような結果の出ない愛媛FCだが、去年の同時期の成績
は3勝3分け4敗の勝点12、今年は4勝4分2敗の勝点16。まだまだ
悲観する時期ではない。落ち込んでみたり、戦犯探しをしてみたり、
そんな事はオフシーズンにでもやればいい。今、サポーターにできる
のは勝利を信じて応援し続ける事だけ。サッカーは何が起こるか判ら
ない。最後の最後まであきらめてはいけない。こっから勝負だ!愛媛。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

正念場だったのに    媛太郎さん 
初めまして。
やはり、ここのところ顕著に見られる「戦術的な幅の狭さ」がまた傷を拡げたみたいですね。
ここ3試合の勝てない試合を全てご覧になっておられるようなのでお伺いしますが、本当にこのままのメンバーで大塚・草津に追いつけるんでしょうかね??
私には、正直それが無理なことに思えます。(2004.05.23 00:53:20)

Re:正念場だったのに(05/22)    ipizumiさん 
媛太郎さん
お邪魔します。
私はこのメンバーで勝たなければならないと思っています。島津、友近を除けば22才〜24才を中心とした若い選手、今日のメンバーは私自身初めて見る選手もたくさんいた。
1試合や2試合ですべてうまくいくわけがない。
ただ可能性は感じる。川井選手なんて初め見た限りでは何でこのレベルにいるの?Jの選手だろうと思ったほどだ。
後は戦術的なことではなく、精神的な成長。このチームはどうしてもまだまだ幼稚に見える。石橋総監督からの脱皮、大きく超えていって欲しい。(2004.05.23 07:00:17)

Re:正念場だったのに(05/22)    ultraleftyさん 
媛太郎さん、ipizumiさん、こんにちは。

私はメンバー的には他チームと比べてそれほど遜色ないと思っています。恐らく資金面で改善されない限りは今のメンバー以上の能力を持つ選手を集めるのは難しいでしょう。

何故勝てないか?ipizumiさんが書かれているように精神的なものが1つの要因ではないかと思います。もう一つは戦術的なバリエーション。YKK戦ではグランド状態の悪い中、あくまでもショートパスを繋ぐ戦術でした。あのグランドではそれは無理です。トレーニング面も含め考えなければならない問題だと思います。

もし補強するとしたら、試合中に声を出せる選手、1つのプレイで皆を奮い立たせる事のできるベテラン選手と、放り込みサッカーの標的になれる大きいFWがいればなと思います。

悲観しても仕方ない。まだまだこれからです。(2004.05.23 09:30:16)

Re:正念場だったのに    媛太郎さん 
コメントありがとうございます。
私は、ホームの5試合だけ見ています。アウェイでは点を取れてるようですがホームでのさっぱりなところしか見ていないので、余計楽観的になれないのだろうと思います。
コメントを拝見する限り、ipizumiさんとは多少立場が違うようです。私はチームが上がることが、今のメンバーでよりも優先する立場です。
ultraleftyさんのコメントには概ね共感します。やはり、ipizumiさんもおっしゃる通り精神的に甘いですよね。ただ、昨年と違って、今年は明確にJを目指すライバルの姿があります。その両者に対して追いつけなければ、成績で足切りされることも有り得ます。その分、もっと危機感がチームから感じ取れて然るべきと思っていますが…。(2004.05.23 13:17:38)

Re[1]:正念場だったのに(05/22)    ipizumiさん 
媛太郎さん
私も昨年はどうしても頑張ってJへ上がって欲しいという気持ちがありましたが今では媛太郎さんが感じられるよう熟成して欲しいという思いが強いです。
なぜかというとこのチームは毎年同じ問題を繰り返している。石橋総監督の大西監督以下スタッフにもっともっと育って欲しいという配慮。だが最終的には石橋総監督が全部責任を負う形になり結局間に合わないというもの。今年も例に漏れずこの形になりそうです。今からだと夏明け位から快進撃が始まるでしょう。

三国志の劉備玄徳は関羽、張飛がありながら諸葛孔明を得るまで辛酸を舐めた。その中で関羽も張飛も失敗をしながら大きく成長した。そして諸葛孔明。

愛媛FCに必要とされるのは選手の精神的成長と石橋総監督にマネジメントを任せられるスタッフまたは現場を完全に任せられる監督じゃないでしょうか?

選手のポテンシャルは十分高いと思います。決してJ経験者と引けを取らないと思います。(2004.05.24 05:44:27)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年5月21日 (金)

ここが正念場

横浜は日曜日の名古屋戦でようやく連戦に一段落。4/29のナビスコ
広島戦から週2ペースで試合をし、23日の名古屋戦が8試合目。この
過酷な日程を6勝1分で乗り越えた選手達を本当に誇りに思う。最後
の名古屋戦は誰が考えても疲労のピークだが、何とか勝利を収めて
優勝戦線に残って欲しい。気合入れて応援せねば。

名古屋戦の前には、横国の隣の小机でプリンス第8戦が行われる。
横浜ユースは現在3位。4位の浦和ユースとは勝ち点差1。上位3
チームは高円宮杯への出場をかけた上位順位決定戦に出場できる
ので、こっちも残り2試合ふんばって、3位通過して欲しい。

一方、愛媛FCは明日、西が丘で佐川東京と対戦。ここしばらくパッと
しない愛媛FCだが、同様の去年は、佐川東京に4−1で勝ってから
調子が上向いてきた。今年も佐川キラーぶりを発揮して上昇のきっか
けとしたい!がんばろう。

今週の土日は重要な試合が目白押しだ。


ウィシッ! <- 気合



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年5月20日 (木)

忘れないよ

今日のYOMIURI ON-LINEより

========================================================
◆Jリーグクラブの精神的弱さ露呈◆

ACLで、横浜M、磐田はともにグループリーグ敗退が決まった。大会
形式は違うが、昨年は鹿島、清水がグループリーグで敗退しており、
2年連続で日本勢は振るわなかった。Jリーグの佐々木一樹事務局長
は「Jリーグのクラブはまだ精神的に弱い」と、厳しく指摘する。

今年の場合、W杯アジア1次予選、五輪アジア最終予選があったため、
ACLは2月に開幕し、その後はJリーグの日程を縫うように行われた。
過密日程にクラブ側の不満が聞かれたが、佐々木事務局長は「強い
チームは当然戦わなければいけない日程」。実際、グループリーグを
突破した韓国(Kリーグ)勢も同じような日程を戦っている。日本勢の
踏ん張りは足りなかった。

ACLは、クラブ選手権とカップウィナーズ・カップを統合した形で新設
され、まだ2回目の大会。参加クラブのレベルに極端な開きがあり、
判定基準が一定しないなど課題もある。

ただ、来年12月の日本開催が決定した世界クラブ選手権には、他の
5大陸王者とともにACL王者が出場する。今のところ、来年の同選手権
に出場するアジア代表が今季のACL王者になるか来季王者になるか
は未定だが、今後は開催国の意地を見せるためにも、Jリーグ勢が
ACLで早々に敗退することは許されないだろう。(上堀 慶)
========================================================

反論はこちらさんが言い尽くしてくれてるので、ここではしない。

佐々木一樹。上堀慶。お名前は忘れません。
って、元日産サッカー部マネージャかよ・・・佐々木

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年5月19日 (水)

ACL終了

20040519 


 けれど こんなにも からっぽになったのに 僕は歩きだした

                       ゆず「からっぽ」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Re:ACL終了(05/19)    ゆみぃ。さん 
終わっちゃいましたね。残念。
前半まではいけると思ったのですけど・・・。
スコールに負けたのでしょうか。(2004.05.19 21:26:39)

Re[1]:ACL終了(05/19)    ultraleftyさん 
ゆみぃ。さん
>終わっちゃいましたね。残念。
かなり力を入れていたので、ショックが大きいです。
でも、ここまで本当に選手はがんばってくれた。誇りに思います。
来年こそは。そのためにも名古屋戦は何としても勝って、磐田にしつこく食い下がりましょう。
(2004.05.19 21:37:58)

Re:ACL終了(05/19)    太一.さん 
残念でした・・・。
もっと点を取れていたら・・・。
スコールがなければ・・・。

たらればは禁句かもしれませんが。
(2004.05.20 00:14:55)

Re[1]:ACL終了(05/19)    ultraleftyさん 
太一.さん
>たらればは禁句かもしれませんが。

たらればを言い始めるとキリがありません。いくらでもあげられます(笑)
でも、結果がすべて。またゼロからスタートです。
まずは、日曜日の名古屋戦。去年のピチブーハットのお返しをせねば。

と、ポジティブに考えようとはしてるものの、やっぱ悔しいよぉ〜〜〜(涙)
(2004.05.20 00:38:28)

Re:ACL終了(05/19)    ぐっちい@さん 
あの日産が(やっぱり私にとってはマリノスというより日産なんですよね)、アジアの覇権を争うようなチームに育ってくれて、何ともはや感慨深い…。
それもこれも、マリノスサポさんたちの支えがあってのことかと。

いつか、我がアルビも、あんな舞台に立つようなチームに育つことを夢見て、ジュビロ戦頑張ります(笑)。
やっぱり、チームの成長と一緒に歩いていくのが一番楽しいですね。(2004.05.20 15:04:04)

Re[1]:ACL終了(05/19)    ultraleftyさん 
ぐっちい@さん
>いつか、我がアルビも、あんな舞台に立つようなチームに育つことを夢見て、ジュビロ戦頑張ります(笑)。
死ぬ気でがんばってください(笑)

>やっぱり、チームの成長と一緒に歩いていくのが一番楽しいですね。
ですね。我が愛媛FCは今ちょうど歩き始めた頃です。いつの日か横浜vs愛媛が見れるといいなぁ。(2004.05.20 22:33:06)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年5月18日 (火)

世界規格はまずアジアから

明日の今頃には、インドネシアとベトナムでのACLグループリーグ
Gグループ最終戦が終了し、トーナメントリーグに出場するチームが
決まっている。上位進出するのは、横浜か、城南一和か。

横浜はインドネシアのペルシク・ケディリと、城南一和はべトナムの
ビン・ディンと対戦する。横浜がトーナメントに進出するための条件は、

(1)城南が負け、かつ、横浜が引き分け以上
(2)城南が引き分け、かつ、横浜が勝利
(3)城南が勝ち、かつ、横浜が城南の最終戦の得失点差+6点差
   で勝利

城南の強さを考えると(1)(2)の可能性はあまり期待できないので、
横浜が自力で上位進出を決めるためには、(3)のケースしかない。
非常に厳しいのは明らか。だが、真摯に戦えば何かが起こるはず。
最後まであきらめずに戦って欲しい。

ちょうど昨日、2005年12月の世界クラブ選手権の開催地が日本に
決まったと報道された。出場資格はアジア王者。今年のACL覇者
が出場できるのかどうかわからないが、世界クラブ選手権の予選
だと思ってがんばって欲しい。

明日書くと負け惜しみになるかもしれないので、今日書いておくけど
ACLの出場資格は再考の余地があるだろう。15-0などというスコア
が成立するようでは、興味も失せる。出場チーム数を減らして、実力
が均衡したチーム同士の大会となるようにして欲しい。

また、今年A3とACLで上海申花や城南一和と試合を行って中国や
韓国のクラブチームの実力がよく判った。A3については罰ゲーム
などと言った覚えもあるが、出場クラブ数を増やして、時期さえ考え
れば絶好の強化のチャンスとなると思う。日本協会には更なる努力
を求めたい。横浜もレッジーナと親善試合組むのもいいけど、横国
杯でも作って、中国、韓国からクラブチームを招いて定期戦をやって
はどうか。世界規格はまずアジアから。

まっ、ともかく、サッカーの神様、横浜に幸運を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年5月17日 (月)

本日、休刊

遠征疲れのため、本日は休刊とさせていただきますm○m

頭痛い・・・

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Re:本日、休刊(05/17)    エイメイ510さん 
無茶は控えましょう。

お気を付けて。(2004.05.19 08:26:37)

Re:本日、休刊(05/17)    ultraleftyさん 
お心遣いどうも。そちら様もプロレス三昧はいいけど、もっと睡眠時間とりなさい(笑)(2004.05.19 12:37:31)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年5月16日 (日)

JFL 前期第9節 愛媛FCvsYKKAP あるいは、致命的な繊細さ

Mさん、今日は朝早くから空港まで迎えに来ていただき、また応援で
疲れているのに帰りも送っていただき、どうもありがとうございました。

愛媛はあいにくの雨で、20〜30%が水溜りのグランドではショート
パスを繋ぐ愛媛FCのサッカーでは、かなりのハンデになりますね。
去年見た仙スタのソニー仙台戦では、雨は降っていたもののピッチ
の水はけがよく、選手達は愛媛FCらしい戦いぶりで勝利しました。
それだけに、もっといいグランドなら本来の戦いができるのに・・・ 
試合中何度もそう思いました。どんなに必死にがんばっても、グランド
のコンディションのせいで報われないのは余りにも残念すぎますね。

しかし、愛媛FCに今求められているのは勝利です。そしてJ2に昇格
することです。そのためには、グランドが整備されるのを待っている
わけにはいきません。どんなに泥臭くても、本来の愛媛FCのサッカー
で無いにしても、とにかく勝つこと。あのグランドではショートパスなど
つながるはずがありません。その時にどう得点し、勝利するか?選手
には必死で考えて、実行して欲しいと思います。

愛媛FCのサッカーは芸術品のようです。非常に美しく楽しいのですが、
あまりにも繊細で、ほんの些細な要因で砕け散るはかなさを持って
います。そこが魅力でもあるのですが・・・ 美しさや繊細さは一度
捨ててもいいから、泥臭い得点を積み重ねるタフなサッカーを見たい
と思います。今日の敗戦が選手達の意識を変えてくれればいいので
すが。

また今度、ホームゲームを応援しに行きます。その時には素晴らしい
勝利が見れますように。

Mさん、今日は本当にありがとうございました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年5月15日 (土)

J1 1st 第10節 磐田vs横浜 あるいは、ニュークラシコの誕生

スタジアムを後にするオフィシャルツアーバスに向かって、道を行く人
から手が振られる。フラッグが振られる。愛野駅に向かう高架橋を歩く
人からも大きく手が振られる。それに応えてツアーバスに乗っている
我々も手を振る。タオルマフラーを掲げる。

ここ数年の磐田とのリーグ戦は、横浜の実力を測るよいバロメータだ。

2002年、俊輔ラストイヤーの1stステージ。横浜はウィルの先制弾と
磐田GKヴァンズワムにも助けられ1-3で勝利。激しい肉弾戦だった。
同じ年の2nd。ボカから戻った高原の圧倒的な”動き”に、横浜は1stと
全く逆のスコアで敗北。たら・ればの通用しない圧倒的な敗北だった。

続く2003年。エコパで行われたリーグ開幕戦は、横浜が2点先取し、
同点に追いつかれるも、さらに2点を追加し2-4で快勝。岡田マリノス
の新しい方向性をまざまざとサポーターに印象付けたセンセーショナル
な勝利だった。そして2nd。今更言うまでもない、J史上に残る奇跡の
逆転劇で磐田を沈め、完全優勝を達成した。岡田監督はこの試合を
がっぷりよつで磐田と対戦し、横浜の実力を計るいい機会と考えて
いたが、榎本哲也のご乱心により、勝負としてはややくいの残るもの
となった。

そして今日。

序盤から横浜は磐田に全く仕事をさせない。ドゥトラ−奥−遠藤という
横の揺さぶり。上野・那須−安・坂田という縦への揺さぶり。DFライン
では、中澤・松田が絶好調で素晴らしいディフェンスを見せる。横浜の
この試合運びの見事さはどうだ。福西、名波というキーマンを欠いて
いるとはいえ、相手は磐田。全く素晴らしい展開。連戦で疲れきって
いるであろう体を勝利への執念がつき動かしている。見ている方にも
気持ちが伝わってくる。まだ始まったばかりなのに、思わずほろっと
してしまう。

坂田やドゥトラが決定的チャンスを外し、圧倒的な流れはややトーン
ダウンする。が、前半14分。奥のFKが磐田の新守護神・佐藤洋平の
右手をはじき、磐田ゴールを揺らした。歓喜の横浜ゴール裏。しかし、
2分後、達也の無謀な飛び出しをあっさり交わしてペナルティエリアに
進入した藤田のシュートが横浜ゴールに突き刺さる。わずか2分間
の歓喜。磐田の磐田たる瞬間。三ツ沢での城南戦を思い起こさせる
失点シーンに、達也への怒りと失望の沈黙がゴール裏を支配しそうに
なる。だが、今日はこんなことで落ち込んでいる暇はない。1点取られ
たら、もう1点取ればいいだけの事。沈黙はすぐに達也コールと横浜
コールに取って代わられる。

同点になったことでゲームはやや落ち着いた展開になる。明らかに
ゲームを支配しているのは横浜だが、言葉の真の意味で代表クラス
の磐田守備陣はやはり強固でなかなか得点にはならない。

同点のまま迎えた後半。前半と同じような流れに動きがあったのは
64分。奥のCKを那須が姿勢よく合わせて横浜が勝ち越し。

ホイッスルがなり、選手がロッカーに引き上げた後も横浜ゴール裏は
人が減らない。皆、勝利の歌を大声で歌い、マリノスコールがあちこち
で湧き上がる。こんな心地よい空間を去らなければいけないのが本当
に残念だ。

読売vs日産の伝統を直接知らないものにとっては、マリノスvsヴェル
ディが伝統の一戦と言われてもピンと来ない。だが、横浜vs磐田こそ
が今後、伝統の一戦、あるいはクラシコと呼ばれるにふさわしい対戦
になりそうな予感がする。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Re:J1 1st 第10節 磐田vs横浜 あるいは、ニュークラシコの誕生(05/15)    王様18001さん 
テレビ観戦していました。
横浜の選手のキビキビしていた動きに、
サッカーの女子代表やバレーボールの日本代表の
選手達のような決めたことを忠実に守り、
実行するという組織プレーの大切な決まりを
行っているのを感じました。

奥のFKは、芸術的で素晴らしかったです。
また、藤田のシュートも素晴らしかったです。
但し、プレッシャーを掛けていれば違ったでしょうね。
マリノスの大型DFの頭を越して入れるなんて、
改めて凄いなぁと思いました。

>読売vs日産の伝統を直接知らないものにとっては、
>マリノスvsヴェルディが伝統の一戦と言われてもピンと来ない。
1992年のプロ化の前に行われた天皇杯の決勝を
見に行ってました。
当時5万人も入るなんて想像できなかったです。
Jリーグ開幕戦は、抽選で外れて見にいけなかったです。
93年の天皇杯は、決勝戦のカードが決まっていないのに、
みんな横浜対川崎(現東京)しかないと思って、
チケットが早々に完売したのを覚えています。
結局、実現しなかったけど。(2004.05.17 03:51:57)

Re:J1 1st 第10節 磐田vs横浜 あるいは、ニュークラシコの誕生(05/15)    ぐっちい@さん 
なるほど〜。マリノスvsジュビロですか。確かにここ数年、この2チームの争いが直接優勝の行方を左右してますもんね。

元日産ファンの私としては、やはり日産vs読売の高揚感は格別でした。Jリーグ開幕戦もマリノスvsヴェルディでしたし。あの試合をテレビで見た興奮は忘れられませんねぇ。(今のマリノスvsヴェルディからはそんな匂いはすっかり消え失せてしまったのが残念ですが)。(2004.05.17 14:23:07)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年5月14日 (金)

金のなるアジア

今年も、欧州チームのシーズン開幕前のアジアツアーが目白押し。
(一チームだけ南米だけど・・・) 色々ありすぎて、わけが判らないの
だが、某所でまとめてくれている人がいたので、それをちょっといただ
いて修正。■は国内、□は海外での開催。四角の横の確は日本側
チームのホームページで公式に発表されているもの。

■  7月19日(月)仙台vsラツィオ(イタリア) 仙台
■  7月24日(火)神戸vsラツィオ(イタリア) 神戸ウイング
■確 7月27日(火)浦和vsインテル(イタリア) 埼玉
■確 7月27日(火)新潟vsボカ(アルゼンチン)新潟
□  7月30or31日 ラコルーニャ(スペイン)vsFC東京 リアソル
■確 8月01日(日)鹿島vsバルセロナ(スペイン) 国立
■確 8月01日(日)新潟vsバレンシア(スペイン) 新潟
□確 8月03日(火)ボカ(アルゼンチン)vs浦和 オールドトラフォード
■確 8月04日(水)鹿島vsバレンシア(スペイン) 国立
□確 8月05日(木) マンU(イングランド)vs浦和 オールドトラフォード
■確 8月04日(水)磐田vsバルセロナ(スペイン) エコパ
■  8月05日(木)名古屋vsレッジーナ
■  8月08日(日)F東京vsASローマ(イタリア) 味スタ
■  8月08日(日)横浜vsレッジーナ 横浜国
■  8月12日(木)大塚製薬vsレッジーナ

日本側は7月17日〜8月7日のアジア大会によるJリーグ中断期間の
開催になるため、ジーコジャパンに選ばれている選手と、五輪代表に
選ばれている選手は出場しない可能性が高い。

それにしても、ヨソさまは本当に豪華。世界屈指のチームと対戦でき
てうらやましい。ウチなんか、また(略) いや、今年こそ勝つぞ!(笑)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

8月8日(日)横浜Mvsレッジナー    青木 学さん 
8月8日(日)横浜Fマリノスvsレッジーナの試合につき、下記のことを教えてください

*いつから販売するのか。
*購入場所

E-mail: manabu@xc.catv-yokohama.ne.jp(2004.05.23 11:11:13)

Re:8月8日(日)横浜Mvsレッジナー(05/14)    ultraleftyさん 
青木 学さん
>8月8日(日)横浜Fマリノスvsレッジーナの試合につき、下記のことを教えてください

>*いつから販売するのか。
>*購入場所

去年の場合、ファンクラブの先行販売の後、チケぴとかローソンで一般販売でした。まだ開催も正式に決まってませんし、まぁ気長にお待ちください。(2004.05.23 18:33:52)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年5月13日 (木)

U16、U17

布ジャパン(U-16)のイラン遠征、吉田ジャパン(U-17)のオランダ
遠征のメンバーが発表になった。

布ジャパンには、横浜ユースからFWの斉藤陽介が選出。プリンス
で見て中々いい選手だと思っていたので、代表選出はうれしい。
一方の吉田ジャパンには、GK秋元陽太、MF三浦旭人が選出。三浦
は、公式戦出場史上最年少記録を19日保持してた選手(^^;
記録を破ったのはもちろん、緑のオトナこども。

ところで、どういう大会か知らないけど、U-17の日程、マジですか?

Ten Brinke Tournament 2004
5月28日(金)18:15 対 Feyenord
5月29日(土)10:30 対 Nottingham Forest
       12:10 対 De Graafschap
       14:40 対 Vitesse
5月30日(日)順位決定戦
5月31日(月)順位決定戦

■U-16
【スタッフ】
監 督  布 啓一郎[(財)日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ]
コーチ  安達 亮 [(財)日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ/横浜F・マリノス]
GKコーチ 加藤 好男[(財)日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ]

【選 手】
Pos. 氏 名     フリガナ      生年月日 身長 体重    所 属
GK 土田 健太  ツチダ ケンタ    1988.04.19 184cm 64kg 前橋商業高等学校
  権田 修一  ゴンダ シュウイチ  1989.03.03 184cm 75kg FC東京U-18

DF 村上 達哉  ムラカミ タツヤ   1988.01.10 169cm 63kg 鵬翔高等学校
  飯島 康允  イイジマ ヤスマサ  1988.01.28 175cm 69kg 川崎フロンターレU-18
  大島 嵩弘  オオシマ タカヒロ  1988.04.14 177cm 70kg 柏レイソルユース
  吉本 一謙  ヨシモト カズノリ  1988.04.24 183cm 79kg FC東京U-18
  原田 圭輔  ハラダ ケイスケ   1988.06.11 172cm 64kg 静岡県立藤枝東高等学校
  森村 昴太  モリムラ コウタ   1988.08.14 179cm 63kg FC東京U-18
  渡邉 昌成  ワタナベ マサナリ  1989.01.10 165cm 58kg ジュビロ磐田ユース

MF 青山 隼   アオヤマ ジュン   1988.01.03 176cm 60kg 名古屋グランパスエイト
  堂柿 龍一  ドウガキ リュウイチ 1988.01.08 172cm 60kg 関西学院高等部
  鈴木 崇記  スズキ タカノリ   1988.01.15 165cm 55kg 静岡県立藤枝東高等学校
  鈴木 達矢  スズキ タツヤ    1988.02.29 171cm 62kg 川崎フロンターレU-18
  中島 良輔  ナカシマ リョウスケ 1988.04.28 165cm 55kg ジュビロ磐田ユース
  中野 遼太郎 ナカノ リョウタロウ 1988.06.13 173cm 65kg FC東京U-18
  野田 明弘  ノダ アキヒロ    1988.09.05 170cm 63kg サンフレッチェ広島ユース

FW 小澤 竜己  コザワ リュウキ   1988.02.06 170cm 63kg 青森山田高等学校
  斉藤 陽介  サイトウ ヨウスケ  1988.04.07 175cm 65kg 横浜F・マリノス
  平繁 龍一  ヒラシゲ リュウイチ 1988.06.15 177cm 70kg サンフレッチェ広島ユース
  伊藤 翔   イトウ ショウ    1988.07.24 180cm 62kg 中京大学附属中京高等学校

■U-17
【スタッフ】
監  督 吉田 靖 【(財)日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ】
コーチ  野村 雅之【作陽高等学校】
GKコーチ 澤村 公康【(財)日本サッカー協会ナショナルトレセンコーチ/浦和レッドダイヤモンズ】

【選 手】
Pos. 氏 名     フリガナ    生年月日  身長 体重   所 属
GK 高橋 初  タカハシ ハジメ  1987.06.26 181cm 73kg 桐光学園高等学校 
  秋元 陽太 アキモト ヨウタ  1987.07.11 178cm 66kg 横浜F・マリノスユース

DF 福元 洋平 フクモト ヨウヘイ 1987.04.12 183cm 74kg 大分トリニータU-18
  三原 直樹 ミハラ ナオキ   1987.06.19 173cm 66kg ヴェルディユース
  中川 裕平 ナカガワ ユウヘイ 1987.07.24 177cm 65kg 四日市中央工業高等学校
  伊藤 博幹 イトウ ヒロタダ  1987.12.05 183cm 77kg ガンバ大阪ユース
  安田 理大 ヤスダ ミチヒロ  1987.12.20 173cm 58kg ガンバ大阪ユース

MF 先崎 勝也 センザキ カツヤ  1987.04.09 179cm 68kg 静岡学園高校
  横谷 繁  ヨコタニ シゲル  1987.05.03 177cm 64kg ガンバ大阪ユース
  船山 貴之 フナヤマ タカユキ 1987.05.06 170cm 64kg 柏レイソルユース
  森重 真人 モリシゲ マサト  1987.05.21 178cm 70kg 県立広島皆実高等学校
  柳澤 隼  ヤナギサワ ジュン 1987.06.27 172cm 63kg 柏レイソルユース
  三浦 旭人 ミウラ アキト   1987.08.11 167cm 65kg 横浜F・マリノスユース
  柏木 陽介 カシワギ ヨウスケ 1987.12.15 174cm 66kg サンフレッチェ広島ユース

FW 河原 和寿 カワハラ カズヒサ 1987.01.29 173cm 65kg 大宮東高校
  市原 大嗣 イチハラ ヒロシ  1987.04.24 179cm 67kg 大津高等学校
  中村 祐輝 ナカムラ ユウキ  1987.06.04 180cm 68kg 藤枝東高等学校
  長谷川 悠 ハセガワ ユウ   1987.07.05 182cm 73kg 流通経済大学付属柏高等学校

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年5月12日 (水)

J1 1st 第8節 横浜vs清水 あるいは、お疲れモード

1本電車を逃してしまって、横国に着いたのはキックオフ1分後ぐらい。
昨日の衝撃のせいか、何かぽかんとした気持ちのまま観戦。大事な
試合だと頭では判っているのだけれど。

今日の横浜の先発は、GK:達也、DF:中西、松田、中澤、MF:那須、
サンチョル、遠藤、奥、ドゥトラ、FW:アン、ジロー。今日は3バック。

前半。さすがに横浜は皆お疲れの様子。長い距離を走ってボールを
もらったり、大きくサイドを変える展開がほとんど見れない。皆、足元
でもらって、どうしようと迷ってるうちに相手選手に囲まれて、ドリブル
突破しか選択肢がなくて、あげくボールを奪われ反撃される。すごく
狭いサッカー。終了間際、久保山のヘディングシュート(?)がバーに
あたって、はね返ったのをアラウージョに押し込まれ先制される。

後半。前半はただエンジンがかかってなかっただけなのか、後半4分
にジローに代えて坂田を投入したのもあり、横浜は早いボール回しで、
ほぼ一方的に攻め立てる。ダイレクトで3つ、4つとボールがつながる
ようになる。しかし、何度も決定機を逃す。きれいに決めようとしすぎ。
ボールを支配しているのだから、積極的に遠めからでも打っていけば
いいと思うのだが。

ふがいないFWに業を煮やしたか、松田はずっと前にあがりっぱなし。
ここ最近の松田は、危機の芽を未然に摘み取る”ヨミ”に関しては惚れ
惚れするでき。だが逆に、攻撃時のチャンスの芽はうまく読めない。
前線にいる松田はあまり怖くない。スキンヘッドで相手に威圧感を
与える事はできるかもしれないが(笑)

岡田監督は後半12分に中西に代えて上野、19分に遠藤に代えて
ユキヒコを投入。ますます攻撃的になるも、サンチョルがブレーキで
相変わらず得点にならない。ようやく終了間際に坂田のヘディング
が決まり同点。

前半、清水の幻の1点もあったし、まぁ引き分けは妥当な結果か。
過密日程の中戦っている選手達には、今は叱咤よりも激励を。

 がんばれ!マリノス。

P.S.1 那須さんはひげ似合わないと思います。

P.S.2 杉山って退場になってたんだ。TV見て気づいた。単に選手
    交代かと思ってた。それであんなに凹んでたのか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年5月11日 (火)

高い壁、高すぎる壁

ACL Gグループ第5戦、城南一和vsペルシクケディリは何と15-0で
城南一和が圧勝。この結果、得失点差10で一歩リードしていたかと
思われた横浜は、一転、得失点差5を追いかけることになった。

最終戦の第6戦は、横浜はインドネシアでペルシクケディリと、城南
一和はベトナムでビン・ディンと対戦。

順当ならば、横浜も城南一和も勝ち星を落とす事は考えられない。
しかし、条件はあまりにも横浜に不利だ。横浜は単に勝つだけでは
ダメで、城南一和より6点多く取らなければグループリーグ敗退に
なる。

キックオフは15:00。暑く、湿度も高い。交通の便も悪く、横浜の試合
会場はホテルからバスで4時間の所にあるそうだ。さらに、横浜は
水曜日に清水と、土曜日に磐田と対戦してからのインドネシア入り
となる。おまけに戻ってきた翌々日ぐらいには名古屋と対戦。よくも
こんな厳しい日程を組んだもんだ、Jリーグめ。

ちなみに横浜はホームでのペルシクケディリ戦は4-0。A3とACLが
連ちゃんだったため、三ツ沢でのペルシクケディリ戦はユース+サブ
メンバーで臨んだ。日程にもっと余裕があれば・・・ 先週のビンディン
戦でもっと点を決めていれば・・・

まぁ、過去の試合を振り返ってどうこう言うのは後でいい。日本協会
やAFCに文句を言うのも後でいい。今は勝利を信じるだけ。信じ続け
て応援するだけ。

それに、まずは目の前の清水、磐田を倒す事に集中しよう。

岡ちゃんはどんな舵取りをしてこの4戦(清水、磐田、ACL、名古屋)
を乗り切るのか。選手達がどんながんばりを見せてくれるのか。少々
凹んではいるけど、これほどの苦境は滅多に無いだろう。これをうまく
切り抜けることができれば、さらに強くなれる。何だかわくわくする。

それにしても、インドネシアはあまりに遠い。近場だったら仮病でも
何でも使って応援にいくのだが・・・

♪高ければ高い壁の方が 登った時 気持ちいいもんな
 まだ 限界だなんて 認めちゃいないさ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年5月10日 (月)

土日、その他の試合結果

土日の結果。

■プリンス四国大会(愛媛勢)

5/8
 愛媛FCユース 5−1 佐川高
 尽誠学園 3−3 松山工
 済美高 3−1 高松商

5/9
 愛媛FCユース 2−0 松山工
 鳴門高 1−4 済美高

Aグループ順位
 1.済美 勝点10 得失点差8
 2.城ノ内 勝点9 得失点差1
 3.高松商 勝点6 得失点差3
 4.高知高 勝点5 得失点差0
 5.高松北 勝点4 得失点差0
 6.鳴門 勝点0 得失点差−7

Bグループ順位
 1.愛媛FC 勝点12 得失点差9
 2.尽誠学園 勝点7 得失点差5
 3.松山工 勝点7 得失点差3
 4.徳島商 勝点6 得失点差0
 5.佐川高 勝点3 得失点差−8
 6.明徳義塾 勝点0 得失点差−9

愛媛FCユースは4戦全勝でBグループ首位。
春の甲子園優勝の済美もAグループ首位。
次節は6月26、27日。

■プリンス関東大会

横浜ユース 1−2 市立船橋

残念。9日の結果で、Aグループは市立船橋、前橋育英が
上位順位決定戦進出決定。横浜は現在3位。残る試合を
2勝すれば上位順位決定戦進出。最後まであきらめずに
がんばれ!

Bグループは読売ユースが上位順位決定戦進出決定。

■四国リーグ

第4節
 サンライフFC 4−3 しまなみFC



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年5月 9日 (日)

J1 1st 第9節 横浜vs読売 あるいは、そういや森本でたな

横国は小雨模様。肌寒い。試合前にCHARが登場し、社長が背番号
12のユニを手渡すセレモニーがあった。ユニを着てゴール裏に手を
振るCHAR。ゴール裏からCHARコールが起こるが、どうもコールしに
くく、盛り上がらずに終わってしまう。ごめんちゃぁ。場内アナウンスで
CHARが横浜の応援歌を作ってくれるとの事。楽しみだ。

試合前、CHARの登場以上に盛り上がったのが、”サポッロ”ビール
(マッチデイ ママ)「ドラフトワン」のキャンペーンガールの大友みなみ
さん。この寒い中、傘をさして水着で登場。ゴール裏はある意味騒然。
オヤジ率高い(笑)

伝統の一戦と巷では言われるけれど、盛り上がりに欠けるムード。
雨を避けて屋根下に移動しているのも一因だけど、読売ゴール裏は
相変わらず寂しい。ガスサポもあんまり横国には来ないけど、横浜は
遠いですか?

そうそう、読売サポよ、ゴール裏の寂しさをカバーするために弾幕を
張るのはいいが、”右肩下がり”に張るのはどうかと思うぞ。あれで
今日の勝ちを確信したよ(笑)
#つか勝たないとネタにできないと思った。

今日の横浜は、GK達也、3バックが那須、松田、中西、ボランチに
遠藤、サンチョル、トップ下に奥、左右にドゥトラ、遠藤、2トップがアン
に坂田。相手が読売という事で、マッチデイは嫌がらせの隼磨。けど、
隼磨は今日はベンチ入りもしていない(汗) ここ数試合、メンバーや
システムがころころ変わるので、ベストメンバーって誰なのか、基本
システムは3バックなのか4バックなのか、サポでもさっぱり判らない。
相手チームは大変だろうなぁ。とはいえ、誰が出てきても、どんなシス
テムでもそれなりの結果を残せるようになったのは素晴らしい。

さて、試合。前半はお互い何度かチャンスがあるものの、得点できず。
このまま終了かと思った43分。上野のクロスを地味な10番がヘッド。
ゴール裏からはアンコール。ごめんよ、遠藤。

ハーフタイムには大友みなみさん再登場。またまた沸くゴール裏。

後半。29分に米山がダイナミックなミドルシュートを決め同点。流れは
横浜よりで、何度かビックチャンスがあったが、高木の好セーブもあり
横浜は追加点を奪えない。

条件1) 雨。横国。読売。

去年のいやな思い出がよみがえる。あの時はマルキのスーパーな
2ゴールでリードするも、後半桜井に2点を決められ、そのままドロー
だった。

時間だけが過ぎ、読売は引き分けで御の字なのか、平野が露骨に
時間稼ぎをする。直後、表示されたロスタイムは4分。

条件2) 雨。横国。時間稼ぎ。ロスタイム。

達也のロングフィード。競り合いからこぼれたボールはアンに。アンは
左サイドに走りこんできたドゥトラへ。ドゥトラはゴール前に水平パス。
そこに一目散に走り込むユキヒコ。相手と交錯しながらも体ごとゴール!

歓喜に沸くゴール裏。ふとピッチに目をやると、ドリブルするアンがGK
高木を交わし、ゴール右隅に強烈なシュート。

教訓。終了間際の時間稼ぎはやめましょう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年5月 8日 (土)

JFL 前期第8節 栃木SCvs愛媛FC あるいは、再生の予感

足利市駅に到着したのは11時前。駅の観光案内所で観光ガイドを
もらい、今日の試合会場である足利市総合運動公園陸上競技場へ
向かう。徒歩20分との事だったので、散歩しつつのんびりと。

駅のすぐそばを流れる渡良瀬川にかかる中橋を渡り、石畳の歩道に
沿って鑁阿寺(ばんなじ)に向かう。歩道の両脇には門前町。よくあり
がちな商売商売した店ばかり並ぶ通りではなくて、落ち着いていて、
なかなか趣がある。境内の大銀杏は見事。黄色く色づいた頃にまた
見てみたい。あいにくお寺自体にはあまり興味がないのでざっと見て
裏の通りに抜ける。

鑁阿寺からスタジアムまでは10分ほど。メインスタンドにしか座席は
なく、三方はほとんど土手で、民家やマンション、道路がすぐ隣接して
いるけれど、ちゃんと屋根もあってなかなか立派な作り。到着した頃
には座席はほぼ満席。栃木グッズを身に着けている人が多いのが、
印象に残った。栃木も盛り上がってますな。

ゲームは栃木ペースで始まった。サイド攻撃と後ろから追い越す動き
で序盤はきれいな攻めを見せていた。しかし、栃木の松永がGKとの
決定的な一対一を外す。隣にいた少年は「ダサ」の一言。これが今日
の一番重要な一瞬だった。以降、両者一進一退の展開。

ボールポゼッションが高いが、なかなかシュートまで持っていけない
愛媛vs決定的なチャンスを多く作りつつも、ゴールにならない栃木。
といったところ。

愛媛FCの失点は、GK島津とDF(児玉?)との連携ミスでこぼれた
ボールがゴールになったもの。客席は99%が栃木サポという、完全
アウェイ状態だったので、得点時には肩身が狭かった。が、その3分
後に幸生が友近からのクロスをどんぴしゃヘッドで合わせて同点に。
失点時のお返しに、思いっきり「おっしゃ!」+ガッツポーズ(笑)

その後両者ともチャンスをモノにできず、ドロー。

今日のMVPは何といっても愛媛FCのGK島津。決定的なシュートを
何本防いだだろう。失点もシュートを打たれての失点ではない。今日
の島津には神が宿っていた。

三ツ沢での国士舘戦ではひどかった愛媛FCだが、今日はダイレクト
のショートパスをぽんぽんつなぎゴールに迫るシーンも見られた。また
濱岡、中谷あたりは体のキレも絶好調。引き分けには終わったが、
徐々に良くなっているような(というか、去年の水準に近づきつつある)
気がする。まだまだ、これからだ。

試合後、足利学校を横目に見つつ徒歩で足利駅に向かう。足利駅で
JRに乗り、次の富田駅で下車。今日のもう一つのイベント、あしかが
フラワーパーク。

お目当ての紫の大藤は盛りを過ぎてしまってたようで、イマイチ。でも
十分きれいだったんだけど。あと5日早ければ最高だったんだろうな。
それでも白藤のトンネルはきれいだったし藤以外の花もきれいだった。
ちょっとナウなヤングにはアダルトすぎるかもしれないが、なかなか
お勧めです。

2004050801  2004050802


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Re:JFL 前期第8節 栃木SCvs愛媛FC あるいは、再生の予感(05/08)    王様18001さん 
栃木までのご来場お疲れ様でした。

今回も愛媛FCから勝利を挙げることが出来ませんでした。
勝っていれば、勝ち点で並べたのに〜

そういえば、足利の名物は発見出来ましたか?
お隣の佐野なら、「イモフライ」が有ったのですが...

またのお越しをお待ちしております。
今度は、グリーンスタジアムでの開催が、いいですね。
(2004.05.09 01:51:37)

Re:JFL 前期第8節 栃木SCvs愛媛FC あるいは、再生の予感(05/08)    猛虎V2さん 
 足利には古印最中と言う美味しい最中があるけど食べましたか?
(2004.05.09 13:56:09)

Re[1]:JFL 前期第8節 栃木SCvs愛媛FC あるいは、再生の予感(05/08)    ultraleftyさん 
王様18001さん
>今回も愛媛FCから勝利を挙げることが出来ませんでした。
ふぅ〜〜、危なかった。島津様々です。

>そういえば、足利の名物は発見出来ましたか?
残念ながら食べ物は収穫なしでした。

>今度は、グリーンスタジアムでの開催が、いいですね。
グリ−ンスタジアムは行った事がないので、行ってみたいです。
が、来年はJ2なので栃木があがってくるまでは機会がないですね(笑)
(2004.05.09 19:14:04)

Re[1]:JFL 前期第8節 栃木SCvs愛媛FC あるいは、再生の予感(05/08)    ultraleftyさん 
猛虎V2さん
> 足利には古印最中と言う美味しい最中があるけど食べましたか?
そうだったんですか。知りませんでした。残念。甘党なのに(笑)
(2004.05.09 19:16:15)

Re:JFL 前期第8節 栃木SCvs愛媛FC あるいは、再生の予感(05/08)    ありいんさん 
藤の花はテレビでも放映していたものですよね。見事な花ですね。私も一度はみてみたいです。

横浜は5点差って、城南の15−0の試合のためだったんですね!それはなんだか腑に落ちないですね。どんな相手だったんだか、はあ。(2004.05.12 14:40:52)

Re[1]:JFL 前期第8節 栃木SCvs愛媛FC あるいは、再生の予感(05/08)    ultraleftyさん 
ありいんさん
>藤の花はテレビでも放映していたものですよね。見事な花ですね。私も一度はみてみたいです。
年中何かの花が楽しめるようですが、やっぱり藤が一番ですね。紫→白→黄色の順に咲くようで、白がちょうど盛り、黄色がこれからという感じでした。紫はGWごろがお勧めです。

>どんな相手だったんだか、はあ。
2軍でしかもGKが退場してフィールドプレーヤーがGKをやったとか何とか。レベルが違いすぎて何だかなぁです。(2004.05.12 22:43:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年5月 7日 (金)

私生活大変ですよ、社長!

久々にマリノスの左伴(ひだりとも)社長の”作文”がHPに掲載された。
今回は「説明責任/皆さんへの御礼」 とのタイトルで、サポーターへの
お礼と共に、株式会社としての横浜マリノス(会社名にはFつかないん
だよねぇ)の経営指標の伸び率について触れられている。

<2000→2003年各経営諸元の伸長(率)>

◆総売上高  138.7%
 ・入場料収入 133.0% 
  (リーグ戦平均入場者数 16,644→24,957名、
   2003年売上高比 29.3%)
 ・スポンサー収入  115.2% (スポンサー社数 50→211社)
 ・グッズ収入  267.0% (2003年売上高比 9.3%)  
 ・スクール収入  134.2%
 ・ファンクラブ収入  105.7%
  (会員数 10,500→15,153名、2003年売上高比 1.1%)
 ・放映料  134.7%

◇総支出高  109.7%
 ・プロ人件費  120.1%  
 ・遠征費  114.0%
 ・賃借料  89.4%  
 ・広告宣伝費  87.4%
 ・一般経費削減率  265.5%

あいにく素人なので、この数字がどう評価できるのか判らないけれど
売上は伸びてるし、経費は削減されてるし、まぁ順調って言っていい
のかな?しかし、グッズ収入の伸びはすごい。そりゃ優勝記念グッズ
なら1万円でも買っちゃうしなぁ。社長!今年も優勝したら5万や10万
はグッズ買ってあげるから、選手にハッパかけといて(笑) 

最後に。

 「私生活大丈夫かなと心配になるくらいホーム・アウェイを問わず
  スタジアムで戦ってくれる。」

ですと?ご想像の通り大変です(笑)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Re:私生活大変ですよ、社長!(05/07)    ぐっちい@さん 
お陰様で、風邪も治りそうなので、明日の浦和戦は無事出陣出来そうです(笑)。
今のところ、我がチームは「雨のアウェー」で好成績なので、雨の予報になっている明日は、「雨のホーム」でどうよ、という感じかな(爆)。
なぜかチャーター新幹線を仕立ててまで、新潟くんだりまでやってくる浦和サポの諸君、どっからでもかかってきなさい(笑)。

Fマリノスの社長さん、一度でいいからお会いしてみたいです(新潟でのお話といい…好感度満点)。(2004.05.08 18:05:04)

Re[1]:私生活大変ですよ、社長!(05/07)    ultraleftyさん 
ぐっちい@さん
>お陰様で、風邪も治りそうなので、明日の浦和戦は無事出陣出来そうです(笑)。
それはよかったですね。せっかくなので、アルビ勝利で、ご協力よろしくお願いします(笑)

>Fマリノスの社長さん、一度でいいからお会いしてみたいです(新潟でのお話といい…好感度満点)。
以前は毎週のように作文を書いてくれたのですが、岡ちゃんに止められてるのか(あんまりしゃしゃり出るな?)、最近出てきません。サポーターのつぼを押さえたいい社長だと思ってます。(2004.05.08 19:54:01)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年5月 6日 (木)

試合結果:愛媛vsソニー仙台、関東プリンス

GW中の試合結果。

愛媛FCは5月4日(火)にホームでソニー仙台と対戦。曇り時々雨で、
濡れたピッチ。それに加えGK川本が前半8分で負傷交代するアクシ
デント。オフィシャルレポートによるとボールポゼッションもソニー仙台
が上回っていた模様。しかし、エース友近が後半84分に放った唯一
のシュートが決勝点となり、4連勝+完封。とにかく今は勝つことが
大切なので、まずは満足のいく結果だろう。

7節終了時点での順位
 1.大塚 勝点19 得失点差15
 2.Honda 勝点16 得失点差13
 3.ザスパ 勝点16 得失点差9
 4.愛媛 勝点14 得失点差4
 5.YKK 勝点11 得失点差4 
 6.ホリコシ 勝点11 得失点差1
 7.栃木 勝点11 得失点差1

プリンスリーグ関東大会。横浜ユースは5月2日(日)の鹿島高校戦
には1-5で快勝。続く5月5日(水)の前橋育英高校戦は1-0で初黒星。
残りは、市立船橋、帝京第三高校、暁星高校との対戦。現在1位の
市船戦は引き分け以上、残りの2校に2勝。最低2勝1分であれば、
何とか3位で、高円宮杯出場権をかけた上位チーム順位決定戦に
出場できるだろう。がんばれ。

グループA 6節終了時点での順位
 1.市船 勝点18
 2.前橋育英 勝点16
 3.横浜ユース 勝点11
 4.暁星 勝点8
 5.鹿島 勝点8
 6.浦和ユース 勝点7
 7.佐野日大 勝点5
 8.日大藤沢 勝点3
 9.帝京第三 勝点3
 10.武南 勝点2

おまけ。
昨日のビン・ディン戦。AFCサイトよりいただき。絶句
20040506 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年5月 5日 (水)

ACL 第5戦 横浜vsビン・ディン 他 あるいは、フィリピンオフサイド

朝7時に起きると横浜は依然として雨。GWは味スタと西が丘にしか
行ってないので、高崎でプリンスリーグの前橋育英高校vs横浜ユース
でも見ようと思っていたが、あっさり断念。

昼までTVを見て過ごす。雨がやみそうだったので三ツ沢に行く事に。
J2横浜vs甲府。カッパを持ってなかったので、傘をさして観戦しても
邪魔にならないよう、ゴール裏の巨大弾幕前で観戦。

試合前のいぢりあい。

 J2横浜:(甲府の♂弾幕に)オトコのマークがでかすぎる

 甲府:ホメ言葉、ホメ言葉

試合は・・・

 菅野はやっぱいいキーパーだなぁ。以上。

J2横浜の”ボールポゼッションは高いけど横パスばっか”サッカーは、
何だか懐かしい匂いがした(笑)

その後、横浜国際のACL第5戦 横浜vsビン・ディンに。メインスタンド
以外は自由席だったので、久々にバックスタンドハーフライン近くの席
を確保。

試合開始まで、今日の森本初ゴールで今度の日曜日ウチが不名誉
な記録に一役買う可能性がなくなったことに盛り上がったり、森本に
せったのがジーコだからジャパンの茶野だった事に納得したり、浦和
の勝利はムカつくが相手が鹿なのでまぁいいかと思ったり。

選手入場。両チーム混じっての写真撮影。えっ、これって親善試合?
それとも、だれかの引退試合?てな感じで、ACL予選突破をかけた
真剣勝負って感じは全くない。まぁ、今日はどう考えても負ける事は
ないとは思ってるけど。

試合は前半5分のドゥトラのシュートで先制。流れの中からドゥトラが
得点するのを見るのは久しぶりだ。ACL仕様で声援を送る。

 「アントーニオ、いいぞ!」

この調子なら、例の禁句いいですよね?という事で、

 「前半5点だ、マリノス!」

さらにエスカレートし、

 「5分で1点だ、マリノス!」

個人でもチームでも実力に明らかに大きな差がある。松田が上がり
ぱなしでDFラインは栗原、河合の2バック。松田は積極的にゴール
前まで上がってくる。

 「いやぁ、リベロ(自由な人)だ」

松田の上がりでバランスが崩れたか、何度もチャンスを掴むも得点
にはならない。やっと2点目が入ったのは前半39分。パパになった
ばかりの安。

後半も圧倒的に攻め立てるも、なかなか得点が奪えない。その理由
の一つは審判のオフサイド判定。ボールを蹴った瞬間の味方の位置
が基準になるはずだが、今日はボールを受けた瞬間の位置で判定
しているような気がするほど。怒りを通り越して失笑が洩れる。敵DF
に当って後ろにそれたボールに飛び出してもオフサイド。

 「フィリピンルールじゃなくて世界標準ルールを適用しろ!」

 「フィリピンってAFC加盟国?」

ひっかかったオフサイドの数12。安も久保も学習能力なさすぎ。

得点が奪えなかったもう一つの理由は相手GKの好セーブ。久保や
安のシュートとの相性バツグン。

 「山本@磐田よりいいな」

3点目は後半22分にユキヒコクロスをドラゴンヘッド。終了前の約10
分間で坂田、安、奥が立て続けにシュートを決め、6−0で終了。

試合後、安のヒーローインタビューが終わるのを待っていたビン・ディン
の選手が安を取り囲む。記念撮影(^^; さすが全亜細亜的人気モノ。

結果6−0の快勝で、ネタ満載の試合ながら、すっきりしないのは、
試合にハートが感じられなかったせいだろう。岡田監督の試合後の
コメントはよく肝に命じておいて欲しい。

「まだまだこのチームには勝負に対する厳しさや勝負の怖さに対して
 甘さがあると感じた。勝負はどうなるかわからない、取れるときには
 もっとひたむきにいく姿勢や、ゴールを入れた後に誰もボールを取り
 に行かないようなちょっとした甘さを今日は感じました。」

心してアウェイのペルシクケディリ戦に臨め!


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Re:ACL 第5戦 横浜vsビン・ディン 他 あるいは、フィリピンオフサイド(05/05)    エイメイ510さん 
強い相手に強く、ユルい相手にユルく。
この芸風はなかなか治りませんね。

磐田なら虐殺してたでしょう。徹底的に。
その磐田のOHP、「絶対に負けたくないライバルがいる。vs横浜戦」て出てますが。
なんか嬉しいやらこっ恥ずかしいやら ^^;(で、ネタ1つ潰した、と)
(2004.05.06 00:30:15)

Re[1]:ACL 第5戦 横浜vsビン・ディン 他 あるいは、フィリピンオフサイド(05/05)    ultraleftyさん 
エイメイ510さん
>強い相手に強く、ユルい相手にユルく。
>この芸風はなかなか治りませんね。
そこはちゃんと岡ちゃんが〆てくれてるようで。

>その磐田のOHP、「絶対に負けたくないライバルがいる。vs横浜戦」て出てますが。
”ライバル好敵手”と書いて、その上ご丁寧に好敵手にライバルとルビを振るという念の入れよう。
本気でそう思ってないのは間違いない(笑)(2004.05.06 00:47:26)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年5月 4日 (火)

今日の選択肢

今日の選択肢。

(1)関東大学リーグ@西が丘
   駒澤vs亜細亜大、東京学芸大vs流通経済大学。
   今年度、関東大学リーグ1部のチームをすべて見たことに。
   前売り800円。

(2)関東リーグ@駒澤
   1部:エリースFCvs埼玉SC、2部:九曜FCvs神奈川県教員
   まだ見た事のない関東リーグ。たぶん無料。

(3)マリノストレセン@戸塚
   久々のトレセンで後藤の様子をチェック。屋根と椅子ができて
   からは行った事が無い。那須にPerfect Win ユニにサイン
   もらわねば・・・ もちろん無料。

(4)TV漬け@部屋
   昨日に引き続き。休みの日はずっと留守にしてて、録画して
   見てないのが溜まっているので、それを消化。

天気:雨

 ⇒(4)ヘタレ

ここ2日で消化したもの
 ・クレヨンしんちゃん アクション仮面vsハイグレ魔王
 ・クレヨンしんちゃん ぶりぶり王国の秘宝
 ・光と闇の伝説/コリン・マッケンジー
 ・クレヨンしんちゃん 雲黒斎の野望
 ・ぶんきょうゆかりの文人たち−観潮楼をめぐって−
 ・反射スル眼
 ・演じ屋 第伍幕 小野田のムスコ
 ・クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険
 ・J1 1st 第7節 ガスvs横浜
 ・女子五輪予選 vsタイ
 ・女子五輪予選決勝 vs中国
 ・井原正巳DVD
 ・新撰組第17話
 ・オレンジデイズ第4話
 ・トマト1個
 ・きゅうり1本
 ・アスパラ2本
 ・エリンギ1本
 ・カップ焼きそば
 ・韓国で買ってきたキムチ
 ・冷凍してあった豚塩カルビ
 ・東急ストアで買った和風惣菜セット
 ・卵2個
 ・わかめスープ
 ・納豆2パック
 ・焼き豚 ・・・


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年5月 3日 (月)

完全OFF

昨日の味スタがあまりにも疲れたので、

今日予定していた武蔵野での

横河vs国士舘は断念。

完全OFF(笑)

つ事で、ネタなし、なり。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年5月 2日 (日)

J1 1st 第7節 ガスvs横浜 あるいは、ヘタレを制す

横浜はイエローカードの累積で中澤、松田、ドゥトラのDF3枚を欠く。
また代表の疲れの残る久保も”ズル休み” 苦手ガス相手に、これは
かなりキツイ。正直、よくて引き分けかなと思った。しかし、優勝戦線
に踏みとどまるためにも、そして、去年2ndの味スタでの屈辱のお返し
をするためにも、今日はなんとしても負けるわけにはいかない。

今日の横浜は、GK榎本達也、DFは右から河合、那須、中西。中盤は
右サイドに隼磨、左サイドに遠藤、ボランチに上野とサンチョル。トップ
下に奥。2トップは安と坂田。岡田監督のヒラメキスタメン。平均年齢
26.5歳。若専ヒロミ率いるガスのスタメンは、土肥、加地、茂庭、呉、
ジャーン、今野、浅利、石川、戸田、ルーカス。平均年齢は23.7歳。
ほぼU-23東京+ジーコだからジャパン。

代表(候補)選手が両チームあわせて13人もいるとは思えないヘタレ
合戦。

前半の横浜はここ最近見た事もないヘタレぶり。安の試合開始早々
のゴールで先制するも、後は一方的にガスに攻め込まれ、達也の
ナイスセーブと急造3バックの必死のディフェンスで何とか無失点。
とはいうものの、そのDFの要の河合のあわやOG×2をはじめ、ミスも
多く、DF陣を手放しで誉めるわけにはいかない。横浜は全く足が動い
てない。特に隼磨はうろうろするばかり。ゴール裏の野次はほとんど
隼磨に対するものだった。あれを聞いたら、「今日はガスに勝ったよ。
厳しい試合だけど、勝って良かったよ。これからもチャンスがあったら
アピールしてがんばるよ。」なんてHPには決して書けないよ。(まだ
書いてないけど)

一方、あれだけ攻めながら得点できないガスのヘタレぶりも相当な
もの。今日のガスはいつものスピードがなくて大して怖くなかった。

あれだけ攻めてガス切れを起こしたか、後半は一転して横浜ペース
で試合が運ぶ。後半16分。奥が見事なFKで追加点。直後にガスの
三浦が奥谷マジックで退場になったのもあり、横浜はますますボール
がつながり、前がかりになったガスの裏をつく事ができるようになる。
しかし、そこで追加点を奪えないのが、やっぱりヘタレだ。

かくして今シーズン一のヘタレ合戦は0−2で横浜の勝利。磐田が
清水に負け、市原が柏に引き分けたので、横浜は磐田に勝点差4、
市原には得失点差3まで追い上げた。ヘタレながら意味のある一戦
となった。

おまけ。
20040502 

キタロウ(SC鳥取キャラ)の妖術は、
SC鳥取に無敗の愛媛FCパワーが封じる!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Re:J1 1st 第7節 ガスvs横浜 あるいは、ヘタレを制す(05/02)    ちのっぴいさん 
今日は完敗です。
今日に限っては何の言い訳もできないです。
あまりの試合内容の酷さに試合の最後は
「記憶喪失」になっていた私でした。(苦笑)

磐田が負け、マリノスにも優勝の可能性が
残されたのが最大の「収穫」ですかね。(2004.05.03 07:41:32)

Re[1]:J1 1st 第7節 ガスvs横浜 あるいは、ヘタレを制す(05/02)    ultraleftyさん 
ちのっぴいさん
>今日は完敗です。
はっ、はっ、はっ。王者の力を思い知ったか!!

と胸を張っては到底言えません。勝った方も負けた方も不満たらたらな試合ってある意味珍しいですね。やっぱり奥谷主審が主役の試合だったって事でしょうか。次はお互いベストメンバーで、がっぷり四つでいいゲームをしたいですね。(2004.05.03 08:18:43)

Re:J1 1st 第7節 ガスvs横浜 あるいは、ヘタレを制す(05/02)    あいぼん811さん 
はじめまして。私は東京在住神戸サポです。
瓦斯ファンからこの試合について熱く語って(愚痴って?)もらったばかりです・・・。

今は、Jのチームの情報をいろいろ集めているところですが、なんと、JFLまで読めるじゃないですか。鬼太郎のぬりかべユニどうですか?

えっと、お気に入りにリンクさせていただきます。どうぞよろしくです。m(__)m まとまりのない書き込みですみません。(2004.05.04 23:51:29)

Re[1]:J1 1st 第7節 ガスvs横浜 あるいは、ヘタレを制す(05/02)    ultraleftyさん 
あいぼん811さん、こんにちは。ようこそ。

>瓦斯ファンからこの試合について熱く語って(愚痴って?)もらったばかりです・・・。
大体内容は想像がつきます(^^;

>えっと、お気に入りにリンクさせていただきます。どうぞよろしくです。m(__)m まとまりのない書き込みですみません。
こんなページでよければどうぞ。
(2004.05.05 00:37:36)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年5月 1日 (土)

関東大学リーグ 筑波大vs中央大 他 あるいは、疫病神参上

JR東日本カップ関東大学リーグ1部、筑波大vs中央大、国士舘大vs
順天堂大を観戦。

遂に西が丘デビュー(笑) かつては日本代表戦が行われていたとは
思えない、こじんまりとしたスタジアム。ゴール裏はすべて立ち見席。
選手同士の体がぶつかり合う音が聞こえるぐらいピッチまでの距離
は近くて、気分はすっかりプレミア(行った事ないけど) メインスタンド
のセンターライン付近に座席を確保。妙にマリサポ率高し。

まずは筑波大vs中央大。平山は先発。マリノスユース出身の今田、
鈴木もスタメン。ここ最近、大学・代表に関わらず、試合を見るたびに
平山はどこがすごいのか判らなくなるのだが、今日もぱっとしない。
ただ、前半36分に藤本のセンタリングをどんぴしゃヘッド。大学リーグ
初得点。明日のスポーツ新聞の一面が目に浮かぶ。

好機は筑波大に多いものの、シュートを躊躇するうちに、GK正面に
”パス”するシーンが続く。試合が動いたのは残り10分。81分、85分
に兵働がきれいなシュートを決め3−0。中央大も89分に10番太田
が見事なバイシクルシュートを決めるも、時すでに遅し。3−1で筑波
が勝利。

第2試合目、国士舘大vs順天堂大。先制点は国士舘。養父の横パス
を清水がきれいに流し込んだ。順天堂も前半終了間際の猛攻が実り、
43分に多田の同点弾。去年の順位を考えると、国士館優勢と思われ
たが、前半は順天堂大の方がアグレッシブな試合内容だった。

後半が始まると座席が影になり寒くなったのと、試合が今一、おもし
ろくなかったので、順天堂大側のゴール裏に移動し、まったり観戦。
それがいけなかったのか。順天堂大は69分、84分、84分、89分と4
失点。順天堂大のGKの渡辺彰宏は、前に飛び出したにも関わらず
ボールのクリアに失敗して失点というシーンが続いた。前に見た駒澤
戦でもループシュートを3本も決められ、安定感に乏しい気がする。
1年生なのでDFとの連携がまだまだなのだろうか?マリノスユース
OBなのでがんばって欲しい。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年4月 | トップページ | 2004年6月 »