« JFL 前期第10節 佐川東京vs愛媛FC あるいは、今できる事 | トップページ | ベタ »

2004年5月23日 (日)

J1 1st 第11節 横浜vs名古屋他 あるいは、トリコロール日和

今日はトリコロール三昧の一日。

11時からトリコポイントで井原正巳トークショーに。氏のDVD発売記念。
司会者の質問に答えるスタイルで進行。代表の事とか、マリノス時代
の思い出話など。

会場に飾られたPAJEROロゴ入りの某チームユニを見ての第一声。
 「いいんですか?これ?(飾っても)」

筑波大を卒業する時には、日産の他、三菱、全日空からも誘いがあり、
 「給料は全日空が一番よかったんだけど、代表選手の多くいる日産
  を選びました。」

筑波大の後輩である平山に会った事があるか聞かれて、
 「偉そうにしときました。上下関係はきびしいんです」

ユーロの解説の事に触れて、
 「いいカードは早野さんとか奥寺さんのような大物がやるんです。ボク
  はマイナーなカード」

最後に井原氏自ら、サイン入りポスターを一人一人に手渡して終了。
井原氏はなかなかトークもうまく、話もしっかりしていて、頭のいい人
だなと思った。ウチの選手相手に話し方教室でも開いて欲しいくらいだ。

                  ☆      ☆

13時から小机でプリンスリーグ第8節、横浜ユースvs帝京第三高校。
横浜は、GKは飯倉大樹、4バックが奈良輪雄太、藤川祐司、加藤広樹、柳明基、2ボランチが、
天野貴史、三浦旭人、左右に富井英司と保崎淳、トップ下に坂井洋平、岩田修の1トップという
布陣。天野のボランチ、1トップというのが目新しい。岩田の1トップは、
斉藤陽介がU16代表のイラン遠征に召集されているためか。

終始横浜ペースで進むもフィニッシュの精度を欠き、逆にうまくDFライン
の裏を取られ、帝京第三に先制される。

後半も横浜ペースは変わらないが、相変わらず得点に結びつかない。
試合が動いたのは後半24分。帝京第三のペナルティエリア内での
CK時の競り合いで相手にイエロー。これを保崎がきっちり決めて同点。
そこからは、今まで点が取れなかったのが嘘のようにゴールラッシュ。
26分(木村勝太)、34分(柳)、44分(木村)。

終わってみれば、横浜が4−1で快勝。浦和ユースも暁星高校に7−0
で圧勝したため、勝ち点差1で3位は変わらず。次節が最終節。暁星
高校に勝てば順位決定戦に進出が決まる。今日は勝負を急ぎすぎた
きらいがあったので、最終戦は落ち着いて、きっちりと勝利して欲しい。

                  ☆      ☆

15時から横国で対名古屋戦。4月29日のナビスコ広島戦から始まった
地獄の8連戦の最終戦。優勝戦線に残るために、内容ではなく結果が
問われる試合。

スタメンは達也、那須、松田、中澤、ドゥトラ、上野、サンチョル、遠藤、
奥、安、坂田。ほとんどの選手は金曜日にインドネシアから戻ってきた
ばかり。疲れはピークなはずなのに、疲れを口実にした怠慢プレーは
見られない。勝利を目指して必死で戦っている。コールしている最中に
思わずジーンとしてしまい、コールに詰まる瞬間が何度もあった。

前半0−0で折り返すも、後半18分、セットプレーで前がかりになって
いたところにカウンターを受け、岡山に先制を許す。しかし、ここで意気
消沈せず、たくましく勝利するのが今年の横浜。失点の10分後、相手
ペナルティエリアにドリブルで切り込んだ奥が古賀に倒されPKゲット。
これを奥がきっちり決め同点。

逆転弾は、奥のクロスを久保ダイレクトボレー、楢崎が弾いたところを
ユキヒコがヘッドでゴール。途中出場の久保、ユキヒコによる得点は、
岡田采配の妙。それにしてもここ最近ユキヒコはおいしい。

結果だけを求められた今日の試合で、こんなにも立派な内容の勝利を
収めてくれた選手達を、過密スケジュールを7勝1分という成績で乗り
超えた選手達を、本当に誇りに思う。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Re:J1 1st 第11節 横浜vs名古屋他 あるいは、トリコロール日和(05/23)    ぐっちい@さん 
おめでとうございます。
こちらはマリノスさんをアシストできず、申し訳ござりませぬ。
善戦したって、勝たなきゃダメなんだ!と心の中で叫びつつ。でも、チームとしての確実な成長が見られて、それは収穫でした。次にマリノスさんと闘う時は、もう少し違う面を見せられるのではないかと。
それにしても、藤田はうまいな〜〜〜〜(敵ながらホレボレ)。

優勝目指して頑張ってくださいまし。ウチの現実的目標の結果が出るのは11月ですんで、先を見据えた戦いをしていきます。(2004.05.24 11:40:58)

Re[1]:J1 1st 第11節 横浜vs名古屋他 あるいは、トリコロール日和(05/23)    ultraleftyさん 
ぐっちい@さん
>こちらはマリノスさんをアシストできず、申し訳ござりませぬ。

磐田に勝つのはウチに勝つより難しいですから(笑)
でも、去年の天皇杯から比べると格段にJ1に慣れてきたなと、手ごたえを感じているのではないでしょうか?上野のアシストでアンのゴールと聞くと、マリサポは100%勘違いします(笑)それはそうと、アンヨンハッのHPってなかなかいいですね。

>次にマリノスさんと闘う時は、もう少し違う面を見せられるのではないかと。

いえいえ、そんなにがんばって頂かなくても、前回と同じで結構です(笑)(2004.05.24 13:15:29)

Re:J1 1st 第11節 横浜vs名古屋他 あるいは、トリコロール日和(05/23)    ゆみぃ。さん 
私も観戦してました。
インドネシア帰りの疲れはまったく見せず、どこが精神的に弱いのでしょうか???(怒)

優勝を視野に入れたチームの強さを感じました。
しかし、久保と奥の息はぴったり。
2点目の連携も素晴らしかったです。
今日は、トレセン行ってきました〜♪(2004.05.25 22:08:38)

Re[1]:J1 1st 第11節 横浜vs名古屋他 あるいは、トリコロール日和(05/23)    ultraleftyさん 
ゆみぃ。さん
>インドネシア帰りの疲れはまったく見せず、どこが精神的に弱いのでしょうか???(怒)
ですね。本当に頭に来ます。マリノスが提出した質問状の返答は、マリノスのことではなく一般論だ、との事。悔しいので今年も完全優勝して来年もACLに出る事にしました(笑)

>今日は、トレセン行ってきました〜♪
なかなか雰囲気よかったようで。スタメンで出れない選手がどれだけ腐らずにやれるかがチームの底力だと思うので、いつ呼ばれてもいいようにしっかり準備しておいて欲しいですね。(2004.05.26 01:14:15)

Re:J1 1st 第11節 横浜vs名古屋他 あるいは、トリコロール日和(05/23)    ありいんさん 
横浜、調子いいですよね〜〜〜。あとはジュピロ次第?(2004.05.26 13:02:30)

Re[1]:J1 1st 第11節 横浜vs名古屋他 あるいは、トリコロール日和(05/23)    ultraleftyさん 
ありいんさん
>横浜、調子いいですよね〜〜〜。あとはジュピロ次第?

人事を尽くして天命を待つ。まずは横浜が残り試合をきっちり勝たないと話になりません。
その上でジュビロが取りこぼしてくれたら… という事ですね。(2004.05.26 17:44:41)

|

« JFL 前期第10節 佐川東京vs愛媛FC あるいは、今できる事 | トップページ | ベタ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022251/20860041

この記事へのトラックバック一覧です: J1 1st 第11節 横浜vs名古屋他 あるいは、トリコロール日和:

« JFL 前期第10節 佐川東京vs愛媛FC あるいは、今できる事 | トップページ | ベタ »