« 色々つまみ食い | トップページ | アジアカップ 第1戦 vsオマーン あるいは、素晴らしき老獪さ »

2004年7月19日 (月)

JFL 後期第3節 国士舘vs横河 他 あるいは、お口よごしとお口なおし

未知のスタジアムを訪ねてシリーズ。多摩陸上競技場にて、国士舘
vs横河武蔵野FCを観戦。第三者的にはさほど面白くない試合。今日
のポイントは2つ。

後半開始早々、国士舘の選手がゴール手前でひっぱられ倒される。
一目でイエローカード。しかし、主審はなかなかカードを出さない。と、
副審に駆け寄る主審。副審は主審に何かを手渡す。主審は再び選手
の元にかけより、高々とイエローカード・・・ お前がイエローじゃ。

横河には国士舘出身の選手が2人いる。もと今越FCにいた大槻と、
今年新加入の原島。その2人が今日は得点に絡む活躍。まずは、
前半23分。右サイド深くにドリブルで進入した大槻があげたクロスを
村山がどんぴしゃヘッド。

原島は後半投入。交替選手が原島と判り、わく国士舘サイド。しきり
に歓声がとぶ。原島は出場直後、GKの蹴ったリスタートのボールが
自分の所に飛んできたのをドリブルでペナルティエリアに持ち込み、
ゴールキーパーとの1対1を冷静に、パス(笑) そのパスをゴールに
蹴りこんだのはまたも村山。原島は大喜びで、国士舘サイドにガッツ
ポーズ。 お前はどっちのチームじゃ。

           ☆      (☆)      ☆

とまぁ、こんな緊張感のない試合を見せられたお口直しに、ず〜〜と
前に録画していた98/99シーズンのCLの決勝、マンUvsバイエルン・
ミュンヘンを初めて見た。WOWOWの再放送版。

■マンUvsバイエルン・ミュンヘン 2-1
 
 いや、すべてが素晴らしい。フレディ・マーキュリーとモンセラ・カバ
 リエによる「バルセロナ」に始まり、劇的な展開に明暗がくっきりの
 満員のカンプ・ノウ・・・

 宣言。

  来年、マリノスがACLに出なかったらCLの決勝に行く!

  来年、マリノスがACLに出なかったらCLの決勝に行きたい!

  来年、マリノスがACLに出なかったらCLの決勝に行けるかな?

           ☆      (☆)      ☆

で、アジアカップ。

■ヨルダンvs韓国 0-0

 安のおかげで韓国の試合を積極的に見る気がしてくる。しかし、安
 のゴールは見たいけど、韓国の勝ちはあまり見たくないのが難しい
 ところ(笑)

 ヨルダンの攻撃はユアサ的にはレベルをブレークスルーしたひどさ
 (笑)だが、キーパーは中々いい。韓国は、2002年のチームに比べ
 ると、前に進む勢いの無さが目立つ。得点の入る気がしない。また
 監督問題が再燃しそうだ。

 って、日本もあんまりひとごとではないような気もする。神様のお手
 並み拝見。

せっかくお口直ししたのにな。



|

« 色々つまみ食い | トップページ | アジアカップ 第1戦 vsオマーン あるいは、素晴らしき老獪さ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022251/20876743

この記事へのトラックバック一覧です: JFL 後期第3節 国士舘vs横河 他 あるいは、お口よごしとお口なおし:

« 色々つまみ食い | トップページ | アジアカップ 第1戦 vsオマーン あるいは、素晴らしき老獪さ »