« 帰還 | トップページ | やってみなきゃ、わからない »

2004年9月29日 (水)

リーガつまみ食い#4,5

出張中の録画をつまみ食い

■リーガ・エスパニョーラ 第3節

 バルセロナ 4-1 サラゴサ

チャンピオンズリーグを水曜日に控えるバルサはターンオーバー制で、両サイドバックのファン・ブロンクホルスト、ベレッチを温存し、シウビーニョ、ガブリを起用。ところが、前半3分にシウビーニョが負傷しファン・ブロンクフォルストを、前半10分にはガブリの負傷でベレッチを投入する破目に。ライカールト監督の目論見はいきなり崩れた。

前半14分、エトーのバックパスがビジャへの決定的なパスとなってしまい、プジョル、マルケスの間を抜くシュートで、サラゴサ先制。

しかし、カンプ・ノウでの対戦成績39勝2敗10分という無類の相性の良さを誇るサラゴサが相手。25分にそのエトーが個人技でミドルを決め同点。そこからは、バルサのゴールラッシュ。エトー、シャビ、ファン・ブロンクホルストが得点を決め、バルサが4-1の快勝。

■リーガ・エスパニョーラ 第4節

 ビルバオ 2-1 レアル・マドリッド

5節のマジョルカvsバルサを録画したハズがなぜか、この試合(笑)

せっかくだから見たが、ビルバオのサッカーにびっくり。今シーズン2分2敗と、勝ち星のないビルバオが、悪いながら3勝1敗のレアルを圧倒。特に前半のビルバオは素晴らしいの一言。早く、正確なパスと、ボールの動きを先読みする運動量で、レアルは全くボールを回せない。

前半2点を取って迎えた後半の最初こそ、レアルにボールを支配され、ラウールにゴールを決められるが、徐々に盛り返し何度も決定的なチャンスを作り出す。

サッカーは名前でやるもんじゃないなぁ・・・ とつくづく思った。

|

« 帰還 | トップページ | やってみなきゃ、わからない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022251/20879450

この記事へのトラックバック一覧です: リーガつまみ食い#4,5:

« 帰還 | トップページ | やってみなきゃ、わからない »