« 高円宮杯U18 愛媛FCvs東海大第5 他、あるいは、DNAの問題 | トップページ | 土日の結果/高円宮、天皇杯2回戦 »

2004年9月26日 (日)

J1 2nd 第7節 vsセレッソ あるいは、消化不良 他

気がつけば大阪南港(笑) 朝6:30。

弁天町近くの銭湯で朝風呂に入ってから、明石へ。時間つぶしに風呂という発想が出てくるのが我ながらおっさんくさいが、まぁ、いい。明石駅で名物の明石焼き(玉子焼き)を食べる。大阪のこてこてソースのたこ焼きもいいが、だしで食べるのもあっさりしていていい。

セレッソ戦の前に今日はまず、明石陸上競技場でLリーグ初体験。カードは宝塚バーニーズvsさいたまレイナスと、TASAKIペルーレvs大原学園JaSRA(ジャスラ)のダブルヘッダー。

まずは、宝塚vsさいたま。力関係でいえば、さいたま>>宝塚ってとこか。試合前に宝塚の女性サポーターから手づくりのマッチデイプログラムをもらう。一生懸命チームをサポートしようとしている姿に、宝塚を応援することに決める。さいたまはもともと浦和だし(笑)

試合はさいたまペース。22分に、なでしこジャパン(不思議だ、あんまり違和感がなくなってきた・・・)の安藤が先制。試合の主導権を握っているのはさいたまだけど、宝塚の守備陣のがんばりもあり、前半は0−1のまま。後半、宝塚も徐々に盛り返して来て、67分には伊丹のゴールでついに同点。しかし、74分(岩倉)、83分(安藤)とさいたまが得点し、結局1−3でさいたまの勝利。

続いて、TASAKI vs JaSRA。TASAKIはホームということもあり、たすきもありの、本格的な応援。JaSRAも学生に動員をかけて、TASAKI以上の人数で試合前から応援練習。

TASAKIのフィールドプレイヤーはロゼのユニ。キーパーは水色。対するJaSRAは黄色のユニ。GKは青。緑の芝にユニの色が映え、Lリーグらしい華やかさ。

TASAKIは川上、大谷を欠くも、磯崎、山本、柳田ら豪華なメンバー。実力差は1試合目以上にはっきりしており、開始2分に鈴木のゴールでTASAKI先制。一方的にTASAKIが攻める展開で、JaSRAはノーチャンス。TASAKIは40分に白鳥のゴールで2点目。最初は楽しそうに応援していたJaSRA応援団も、試合が進むにつれいやいやといった感じに。動員かけられた生徒さんたちは、次来るかなぁと余計な心配をしてしまう。試合は、後半TASAKIが3点(柳田、山本、甲斐)を決め、5-0でTASAKIの貫禄勝ち。

1試合目もそうだったが、後半はうとうとしてしまった。寝不足のせいもあるとは思うが、実力差がはっきりしている上に、試合のリズムがずっと変わらなかったのもあると思う。体力面も考えて、Lりーぐは前後半30分づつくらいにした方がいいのではなかろうか。

           ☆      (☆)      ☆

さて、今日のメインイベント。長居でセレッソ戦。先週の市原戦でのセレッソの出来が良かっただけに、今回は難しい試合になるだろうなとは思っていた。しかし、大久保もいないし、まぁ、僅差で勝てるのではないかと。

・・・甘かった。

開始2分、いきなりミキにJ初ゴールを食らう。初ゴールコレクターの横浜に、また初ゴール記録が加わった(苦笑) 

横浜の同点弾は後半開始0分。坂田の折り返しを安。これで勢いに乗るかと思ったが、どうしても追加点が奪えない。終了間際には松田を前線にあげたり、安永を投入したりして、あわや逆転というチャンスを作り出したが、どれもゴールならず。結局そのままタイムアップ

これで、ドゥトラ離脱後リーグ戦3分け。チーム間の実力が均衡しているとはいえ、下位3チーム相手に勝点3というのは非常に痛い。幸い首位との勝ち点差は6。直接対決も残っており、リカバリーできない差ではないが、もう1つも勝点をロスするわけには行かない状況となった。

社長、”生きてる証”もいいですけど、もうちょっとピリッと引き締まるやつ頼みますよ!

|

« 高円宮杯U18 愛媛FCvs東海大第5 他、あるいは、DNAの問題 | トップページ | 土日の結果/高円宮、天皇杯2回戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022251/20879447

この記事へのトラックバック一覧です: J1 2nd 第7節 vsセレッソ あるいは、消化不良 他:

« 高円宮杯U18 愛媛FCvs東海大第5 他、あるいは、DNAの問題 | トップページ | 土日の結果/高円宮、天皇杯2回戦 »