« CSチケ | トップページ | 愛媛遅報 »

2004年10月26日 (火)

リーガつまみ食い#8

リーガ・エスパニョーラ第8節、つまみ食い

■バルセロナ 3-0 オサスナ

今季一番楽しい試合だった。

序盤はオサスナの激しいプレスにバルサの攻撃は分断され、なかなかいい形が作れない。シャビが決定的な2本のシュートを外し、ちょっといやな感じ。しかし、徐々にバルサがボールをつなげるようになり、前半40分。ロナウジーニョの前線へのパスに反応したエトーが、ワンバンのボールをダイレクトにゴールに叩き込む。最近はやりのノールック(笑) その直後にも、ロナウジーニョがPKをもらい、自分で決め2-0。

2点のリードで余裕の出たバルサ。そうなると、ロナウジーニョの”芸術”が冴える。何度もリモコンでスロー再生するプレイが増える。ロナウジーニョは何であんなに楽しそうにプレイするんだろう。見てるだけで幸せな気分になってくる。

後半ロスタイムにエトーが追加点をいれ、バルサ快勝。

■レアル・マドリッド 1-0 バレンシア

レアルは山場を超え、快方に向かっているようだ。連携がよくなり、チームとしてゲームができるようになりつつある。7分にはオーウェンが早々と得点。前半中盤ぐらいまではほとんどバレンシアに攻撃を許さなかった。

バレンシアは徐々に盛り返し、自分達の時間帯もあるが、レアルの固い守りにゴールを割る事ができない。一方、レアルも追加点を奪えない。一進一退の見ごたえのある展開ながら、試合はそのまま終了。オーウェンの1点が決勝点となった。

レアルが勝ったのは残念だが、バレンシアが勝つのもイヤなので、まぁいいか。



|

« CSチケ | トップページ | 愛媛遅報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022251/20928540

この記事へのトラックバック一覧です: リーガつまみ食い#8:

« CSチケ | トップページ | 愛媛遅報 »