« リーガつまみ食い#7 | トップページ | 全社/ACL »

2004年10月20日 (水)

拝啓、EG編集部さま

本日発売の5号買いました。いきなりこれですか。

 「エル・ゴラッソ」編集部では、チャンピオンシップに向けて、選手、監督、戦術・・・
 などさまざまな角度から「比較」。「二強」横浜F・マリノスと浦和レッズの戦力を
 分析していく。

浦和レッズ?
チャンピオンシップ?

浦和さんは2位チームと勝点差5ですよね。勝点差5なんて簡単にひっくり返ることを、何度も弊チームが証明したはずですが・・・ 市原さんや、新潟さんや、吹田さんにも目を向けた方がいいのではないでしょうか。

また、弊チームでは今ステージは逆転の限界を試すべく、残り6試合で勝点差9をひっくり返すチャレンジをしております。しかも、できるだけ少ない人数で(笑) なかなか困難なチャレンジですが、まぁ、やってみないと判りません。諦めの悪さと、悪運の強さと、”しょぼい”と評判の応援と、都会ならではのクールな観客と、女性ファンの多さが弊チームのカラーです(笑) まぁ、見ててください。

それに、貴誌は週3回も発行しているメディアなのですから、もっと後からチャンピオンシップの特集をしても十分間に合うでしょう。今からやると、後でネタに困りますよ。いやいや、チャンピオンシップがないことを想定して、今からネタを用意しておいた方がいいですね。天皇杯の派遣要員の増員を考えた方がいいかもしれません。老婆心ながら。

二強?

浦和さんはそれにふさわしいかもしれませんが、弊チームはそんな言葉を冠されるチームではございません。ちっとも強いと思っていませんし、理想のサッカーも出来ていません。万人を唸らせるサッカーも出来ていません。まだまだ、岡田武史の名前で語られるチームです。

それに、弊チームが目指しているのはニ強なんかじゃありません。唯我独尊。圧倒的な一強です。アジアのチャンピオンです。世界レベルのビッククラブです。日本なんて小さな枠にはめないでください。

以上、色々勝手な事を申しました。一部失礼な事も申しました。これも、貴誌への強い期待ゆえのことです。どうぞ、平にご容赦ください。





何て事を書いた以上、2年連続完全優勝だっ! 


        「あきらめないよ」





|

« リーガつまみ食い#7 | トップページ | 全社/ACL »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022251/20928532

この記事へのトラックバック一覧です: 拝啓、EG編集部さま:

« リーガつまみ食い#7 | トップページ | 全社/ACL »