« 土日の結果/Jユース、高円宮予選、高校サッカー | トップページ | 最後の弱音 »

2004年11月16日 (火)

リーガつまみ食い#11

リーガ・エスパニョーラ第11節、つまみ食い

■バレンシア 0-0 サラゴサ

スコアレスドローで終わったこの試合。タイムアップの瞬間画面に大写しになったのは副審だった。17のオフサイド判定を受けたバレンシア。試合終了前には、バラハのヘディングゴールを取り消したオフサイド判定もあった。VTRで見ても微妙な判定。バレンシアのホームで、試合を決定付けるゴールに対して、毅然とこの判定ができるのはたいしたもの。試合自体はミスが多く、見せ場も少なく、しょぼい試合。

■レアル・マドリッド 6-1 アルバセーテ 

開始直前、ロナウドのゴールではじまったこの試合。アルバセーテが16分に1点返すが、そこからは、レアルのゴールショー。29分:ジダン、32分:ラウール、49分:サムエル、89分:オーウェン、90分:ロナウド。調子づかせてはいけない相手が調子づいてきた。

■デポルティーボ 1-0 レバンテ

両チーム早い、早い。ボールは必ず前に蹴らないといけない、ボールを持ったら15秒以内でシュートを打たなければいけない、といった決め事があるかのよう。某国の元五輪代表監督が理想としそうな試合。けど、決勝点はPKというのが何とも。

面白契約シリーズ第2弾。バルサからレンタル移籍のセルヒオ・ガルシアはスタメン出場しなければ、レバンテはバルサに100万ユーロ(だかいくらか)を支払わなければならない。

■ベティス 2-1 バルセロナ

前半2度の決定的なチャンスにロナウジーニョのヘッドはGK正面。後半、バルサの失点はいずれもミスからのもの。1点目はオレゲール、2点目はプジョル(半分くらいはロナウジーニョ)。ベティスのホアキン、オリヴェイラは実にいい選手だ。バレンシア初黒星。気がつけは2位レアルとの勝点差は4。そして、次節クラシコ。

|

« 土日の結果/Jユース、高円宮予選、高校サッカー | トップページ | 最後の弱音 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022251/20929212

この記事へのトラックバック一覧です: リーガつまみ食い#11:

« 土日の結果/Jユース、高円宮予選、高校サッカー | トップページ | 最後の弱音 »