« さて | トップページ | J1 2nd 第15節 vs読売 あるいは、ダレ・カピオーンを歌うにはまだ早い »

2004年11月27日 (土)

J2 第44節 鳥栖vs川崎 あるいは、エスカレータは関東方式

昨日は神戸での仕事をとっとと切り上げ、レールスターに乗って目指したのは福岡。天神の屋台、鬼多郎でおでんと焼きラーメンを堪能した。焼きラーメンって見かけはビーフンぽいんだけど、麺は確かにラーメン。いか、にら、キャベツなんかが入っていてかなりうまい。おでんも大根が絶妙で、お代わりをしてしまったほど。

で、今日は宿の近くにある旧福岡県公会堂貴賓館(重文)を見つつ、まず福岡アジア美術館へ。福岡アジア美術館はその名の通り世界で唯一のアジア近・現代美術専門館。企画展のロバート・キャパ展はスルーして、常設のアジア美術の展示のみ鑑賞。アジア美術と一口にいっても、民族的な色調の濃いものから、作者名を見ないとアジア作家のものとは思えない抽象絵画まで、その射程は広い。中国のフェン・メンボの「ゲームオーバー」など、なかなか楽しめた。近年福岡は定期的にアジアの作家を招きトリエンナーレやアジア映画際を開催しており、南〜東アジアの現代アートシーンの一大拠点となりつつある。地理的には東京より韓国の方が近いのだから、この戦略は正しい。福岡には単なる東京のコピーではないオリジナリティを感じる。

福岡アジア美術館で想像以上に時間をくってしまい、他の観光スポットに行く時間がなくなってしまった。急いで博多駅に向かう。特急料金の600円を出してリレーつばめに乗ろうかと思ったけど、1区間に600円はさすがに高いので快速に。向かうは鳥栖。今日のメインイベントは初めての鳥栖スタジアムで、J2最終節、鳥栖vs川崎。

列車が鳥栖駅につくや、ホームの前にはどーんと鳥栖スタジアムが立っている。噂には聞いていたが想像以上の近さ。今までに行ったどのスタジアムよりも便利。一応駅前の一等地だが、まだまだスタジアムの一つや二つは作れそう(笑) スタジアムの規模はちょうど手ごろで、メイン・バックは一部屋根つきの独立席。ゴール裏1Fは、ヤマハや等々力のように、椅子なしで仕切りつき。屋根はなし。試合前、スタジアムDJが「川崎の皆さん、ようこそ。そして、優勝&J1昇格おめでとうございます!」 場内のお客さんから拍手。いい人たちだ。

マリサポとしては、鳥栖側は出向中の本橋、OBの井手口、川崎側は元ユースの谷口をチェック。サガンから初めてU19代表候補に選ばれたという高橋義希もついでにチェック。

序盤は鳥栖がボールを持つ時間が多いものの、川崎の激しいチェックですぐにボールを下げてしまう。なかなか有効な攻撃ができない。本橋も消極的なプレイに終始。右サイドの高橋は時折いい突破を見せるが、川崎のプレスが厳しくなかなか前線までいけない。一方の川崎も、優勝も決め、J1昇格も決め、勝点&得点100という大きな目標も達成したせいか、主力は温存で初めて見る選手も多い。モチベーションも低いようでそれほどの怖さはない。見所の少ない試合で、自然と谷口を追う時間が多くなる。

今日の谷口は4バックのセンター。ルーキーとは思えない堂々たるプレイぶりで何度も鳥栖の攻撃を撥ね返していた。声もしっかり出しており、すっかりチームに馴染んでいるようで、うれしいような、ちょっと悲しいような複雑な気持ち。試合後半にはボランチも。このままいけば川崎でスタメンを奪い取り、北京五輪に増嶋の代わりに出ていてもちっとも不思議ではない。

試合は、マルクスのPK、飛騨の弾丸シュート、黒津のヘナチョコFK(ヘナチョコなのはGKなんだが)で0-3で川崎の圧勝。

試合後、シーズン終了の挨拶。取締役(社長ではなく)挨拶にはスタジアム中からブーイング。ゴール裏からは太鼓も。経営側とサポーターの溝は修復不可能なほど深いようだ。先週の等々力のクラブとサポーターの一体感をニュースで知っているだけに、なんとも対照的。早く鳥栖のクラブ運営が正常化し、選手やサポーターは相手チームとだけ戦えばいいようになりますように。

2004112701  2004112702

試合後再び天神へ。フライトまでにはまだ時間があったので、天神ゆの華でのんびり温泉に。風呂上りにTVを見ていると、福岡3位で入れ替え戦出場決定のニュースをやっていたが、反応はほとんどない。まぁ、まだJ1って決まったわけではないけど。その後屋台の山ちゃんでラーメンを食べて空港へ。食べ物はおいしいし、エンターテイメントも充実してるし、空港も近いし、来年福岡遠征できるといいな。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

あらら    hatters-netさん 
2枚きっぷ使えば、行きも帰りも特急で1600円で済んだのに。
天神にいたのなら、鳥栖行き高速バスって手も。

久々に行きたいな…博多の森&鳥栖…(2004.11.28 04:12:22)

Re:あらら(11/27)    ultraleftyさん 
hatters-netさん
>2枚きっぷ使えば、行きも帰りも特急で1600円で済んだのに。
おお、そんなのがあったんですね。今度行くのは愛媛がJ2に上がった時かな。
(2004.11.28 08:32:15)

Re:J2 第44節 鳥栖vs川崎 あるいは、エスカレータは関東方式(11/27)    エイメイ510さん 
わお!マジで駅から見えるのね。
一体いつになったら行けるのやら。。
と思ってたら福岡が3位に。
こりゃ応援して、博多の森〜鳥栖のセットコースを体験したいですね。(2004.11.28 08:48:24)

Re[1]:J2 第44節 鳥栖vs川崎 あるいは、エスカレータは関東方式(11/27)    ultraleftyさん 
エイメイ510さん
>こりゃ応援して、博多の森〜鳥栖のセットコースを体験したいですね。
仙台級の保険付遠征が出来そうです。一人だと水炊きが食べれないので、来年行きましょう(笑)
(2004.11.28 08:56:31)

Re:J2 第44節 鳥栖vs川崎 あるいは、エスカレータは関東方式(11/27)    太一.さん 
先週、僕の知人が鳥栖に行きましたが、かなり感激した様子。博多の森と合わせ、行ってみたいところですね。

この試合の結果、ベルマーレは最終節で順位が上がり、10位で今シーズンをフィニッシュ。昨日も見に行っていましたが、今年はベルマーレ観戦の試合で勝ったのは、昨日も含め、たった2勝・・・。
来年はこんなことはないようにしてもらいたいです。(2004.11.28 09:37:59)

Re[1]:J2 第44節 鳥栖vs川崎 あるいは、エスカレータは関東方式(11/27)    ultraleftyさん 
太一.さん
>先週、僕の知人が鳥栖に行きましたが、かなり感激した様子。博多の森と合わせ、行ってみたいところですね。

本当にナイスなスタジアムでした。博多の森は私もまだ行った事がないのでぜひ行きたいと思ってます。(2004.11.29 00:54:14)

|

« さて | トップページ | J1 2nd 第15節 vs読売 あるいは、ダレ・カピオーンを歌うにはまだ早い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022251/20929223

この記事へのトラックバック一覧です: J2 第44節 鳥栖vs川崎 あるいは、エスカレータは関東方式:

« さて | トップページ | J1 2nd 第15節 vs読売 あるいは、ダレ・カピオーンを歌うにはまだ早い »