« 移籍加入第2号 | トップページ | 恒例の/移籍加入第3号 »

2004年12月23日 (木)

リーガつまみ食い#16

師走で気ぜわしいリーガ・エスパニョーラ第16節 つまみ食い

■バルセロナ 1-1 バレンシア

結果だけ見ると、ホームでの引き分けは満足のいかない結果。けど実際は、バルサの個の技術とコンビネーションの融合した創造性あふれる攻撃を十分堪能できる楽しい試合。一時はポゼッションがバルサ70%、バレンシア30%という驚異的な数値に。上位チーム同士の対戦でこの数値はすごい。

先制はバレンシア。これはバルサにとってアンラッキーな失点で、崩されての失点ではないので全く問題なし。イニエスタが再三のチャンスを確実に決めていれば、圧勝したはずの試合。

クリアミスにあわてたバルデスがペナルティエリア外で手を使ってしまい一発退場となるも、バルサの攻撃が緩むことはない。けど、バルサの得点はロナウジーニョの怪しげなPKによる1点というのが皮肉。

審判の怪しげな判定による会場の異様な盛り上がりもすごい。

■ラシン 2-3 レアル・マドリッド 

ああ、ラシン。もう2分がんばれなかったか・・・

|

« 移籍加入第2号 | トップページ | 恒例の/移籍加入第3号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022251/20929981

この記事へのトラックバック一覧です: リーガつまみ食い#16:

« 移籍加入第2号 | トップページ | 恒例の/移籍加入第3号 »