« CS第2戦 浦和vs横浜 あるいは、解き放たれるコトバ CS | トップページ | 哀しみと喜びと »

2004年12月12日 (日)

トヨタカップ ポルトvsオンセ・カルダス あるいは、7000<<<1700+2000

ツアーバスが横浜駅西口に到着したのは、スーパーサッカーで岡田監督がしゃべっている頃だった。もちろん、終電はとっくに終わっている。終電のないマリサポはビブレ前広場で祝勝会。コーヒールンバやダレカピオンを歌って飛び跳ねる。発炎筒や花火も登場。しかし、さすがにこれはまずかったようで、まもなく警察の出動。

仕方ないので白木屋へ行って、まったりと飲み食いをして始発で帰宅。駅近くのコンビニでスポーツ新聞を一通り購入する。すべて、”横浜”の文字が一面を飾っている。これまた、チョ〜〜、キモチイイ。けど、風邪っぽくて頭が痛い。

録画でPK戦以降を見て一眠りする。さすがに、13:00からのJユースカップ、読売vs愛媛@多摩陸はパス。ごめん愛媛ユースのみんな。

           ☆      ☆      ☆

最後のトヨタカップを見るために、5時ごろ横国に向け出発。スタジアムの外では、両チームのサポーターが盛り上がっている。ワールドカップの記憶がよみがえる。いいなぁ、こういうムード。疲れていたので一瞬来るのやめようかと思ったけど、がんばって来てよかった。でも、確かにムードはいいけど、やっぱりこういう場は観客でなく主体として参加しなきゃ駄目だ。来年もA3、ACLで海外で試合が出来るので、そのときは彼ら以上に楽しもうと思う。

ここ数年、入手に困難を極めたトヨタカップのチケットだが、今年はカードがやや地味なせいもあり、一番安い7000円の席はそこそこ埋まっているが、高額の席は空席も目立つ。

派手な演出の後に、地味な試合(笑) 我慢するまでもなく言葉が出てくる。


         チョ〜〜、ツマンネェ


7000円の席に座っていながら、仲間と交わすのは1700円と2000円の試合の話だ。ほんの1週間前に同じスタジアムで行われた1700円の試合の素晴らしかったこと。昨日行われた2000円の試合の感動的だったこと。最後のチャンピオンシップがあんなに素晴らしいものになったのは、”総体として”大嫌いな浦和サポと、いい試合をしながら、反比例の見苦しいコメントをする浦和の監督と選手達のおかげだなぁ。浦和の圧倒的なアウェイは何よりも横浜の喜びだった。来年はお互いベストメンバーで、今年以上にいい試合を見たいものだ。

みんな、早く終われと思っているにも関わらず、ゴールポスト君が大活躍で、両者ともスコアレスのまま試合終了。2日連続でPK戦。全く・・・ これを決めればオンセの優勝という5本目。これを外し、PKはサドンデスに。結局、ポルトがPKを決め、二度目の優勝。

  ・・・やっと終わった(笑)


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Re:トヨタカップ ポルトvsオンセ・カルダス あるいは、7000<<<1700+2000(12/12)    h_heitaさん 
サッカー漬けの週末、お疲れさまでした。
トヨタカップ、テレビ観戦してるぶんには普通に面白かったのですが、確かに7000円と考えれば微妙...(2004.12.14 02:18:10)

Re[1]:トヨタカップ ポルトvsオンセ・カルダス あるいは、7000<<<1700+2000(12/12)    ultraleftyさん 
h_heitaさん
>確かに7000円と考えれば微妙...
明らかに高い、間違いない(笑)(2004.12.14 02:46:08)

|

« CS第2戦 浦和vs横浜 あるいは、解き放たれるコトバ CS | トップページ | 哀しみと喜びと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022251/20929970

この記事へのトラックバック一覧です: トヨタカップ ポルトvsオンセ・カルダス あるいは、7000<<<1700+2000:

« CS第2戦 浦和vs横浜 あるいは、解き放たれるコトバ CS | トップページ | 哀しみと喜びと »