« 土日の結果/市長杯、少年サッカー、選抜研修会 | トップページ | 練習試合なんか »

2005年2月 8日 (火)

リーガつまみ食い#22

リーガ・エスパニョーラ第22節 つまみ食い

■レアル・マドリッド 4-0 エスパニョール 

エスパニョールは決して悪くはないのだが、レアルの決定力の前にあれよあれよという間に失点を重ねる。監督が変わったくらいでこうもサッカーの質が変わるものか。もともと才能のある選手達だから、このくらい出来て当たり前なのだが、今までできるのにやらなかったのだろう。そのあたりの選手としてのプライドの欠如がやっぱり嫌いだ。

■バルセロナ 0-2 アトレティコ・マドリッド 

バルサは開始1分で相性の悪いフェルナンド・トーレスに早々に決められる。あまりにも早い時間の失点だったが、バルサは動じる事無く攻めに攻める。対するアトレティコは守りに守る。バルサの高度で高速な攻め。対して一歩も引く事無く鬼のようなあらゆる場所でプレスをかけ続けるアトレティコ。”大久保出場試合”を見ていて寝そうになっていたが、一気に目が覚めた。WOWOWを罵倒してアナログで放送させて本当に良かった(笑)

終始攻め続けたバルサだが、ロナウジーニョの不調(持ちすぎ、PK失敗)もあり、終了間際にはPKを与え(トーレス)、0-2で1年以上ぶりのホーム敗戦。この結果、2位レアルとの差は4。6連勝中(チーム新記録)のレアルはそろそろ引き分けぐらいにはなりそうだからまだまだ大丈夫。自信を持って行こう。

#バルサが逆転していれば永久保存版行きだったのだが・・・ 残念。

■マラガ 0-0 マジョルカ 

レアル、バルサの高度な内容の試合を見た後では、大久保出場試合とはいえ見るのがつらい。大久保はゴール前でファールをもらおうとワザと転んだが、ファールをとってくれないのを見てすぐ立ち上がった。相変わらず見苦しいが、すぐ立ち上がる分大人になったか。その他は印象に残るプレイはゼロ。

|

« 土日の結果/市長杯、少年サッカー、選抜研修会 | トップページ | 練習試合なんか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022251/20947795

この記事へのトラックバック一覧です: リーガつまみ食い#22:

« 土日の結果/市長杯、少年サッカー、選抜研修会 | トップページ | 練習試合なんか »