« 前と後 | トップページ | ACL 第1戦 vs山東魯能秦山 あるいは、ある決心 »

2005年3月 8日 (火)

リーガつまみ食い#26、27

水曜日開催が挟まり、見るもの山積みなリーガ・エスパニョーラつまみ食い(涙)。

第26節

■レアル・マドリッド 3-1 ベティス 

ながら見。ロベカルのシュートを近距離から受けた日にゃまじで病院送りになってしまう。

第27節

■マジョルカ 3-2 ソシエダ 

ロメオ2得点。大久保危うし。なのに、大久保インタビューを行い、放送までしてしまうWOWOWの残酷さ。スペインの次世代を担う若手GKの対決にしては、お粗末。

■オサスナ 0-1 バルセロナ

前半は一方的なバルサのボールポゼッションで試合が展開するが、雨のせいかバルサはいつものようなパスワークがあまり見られず、ゴールを狙うところまで到達できない。ようやく40分にエトーのゴールが決まり先制。

後半はホームのオサスナが反撃。バルサは何度もDFラインの裏を取られてしまう。決定的なピンチが何度も訪れるが、バルデスの好セーブで何とか完封。レアルがバレンシアと引き分けたので、勝点差は8となったが、火曜日のチェルシー戦に不安の残る出来。

|

« 前と後 | トップページ | ACL 第1戦 vs山東魯能秦山 あるいは、ある決心 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022251/20948883

この記事へのトラックバック一覧です: リーガつまみ食い#26、27:

« 前と後 | トップページ | ACL 第1戦 vs山東魯能秦山 あるいは、ある決心 »