« 土日の結果/JFL、四国リーグ、少年サッカー神奈川 | トップページ | 濃い血を作ること »

2005年5月17日 (火)

覚書 #1

広い日スタを埋めるトリコロールは存在だけで力となる。

他に娯楽が多いから、地元意識が薄いからってのはきっと嘘だ。
何かが足りないはず。瓦斯の動員増加を研究すべし。

セグメンテーション
 コア
 セミコア
 ミドル
 ライト

与えられたスペクタクルには人はすぐに麻痺してしまう。
自らスペクタクルを作り出すこと。

1人の大声よりも、10人の手拍子の方がスタジアムでは有効だ。
10人の手拍子よりも、10人の大声の方がスタジアムでは有効だ。

強烈な成功体験/失敗体験は観客をサポーターにする。

自ら参加する事で、一見はリピーターになり、観客はサポーターになる。

参加 - 何に?どうやって?

最初は、オーレ!でタオマフを振り回すのが一番好きな応援だった。

楽しめる応援。参加しやすい応援。特にライト層に向けて。
できれば、身振りか声を伴うものを。

一体感。TheyではなくWe

反面教師としての代表応援。

|

« 土日の結果/JFL、四国リーグ、少年サッカー神奈川 | トップページ | 濃い血を作ること »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022251/20972426

この記事へのトラックバック一覧です: 覚書 #1:

« 土日の結果/JFL、四国リーグ、少年サッカー神奈川 | トップページ | 濃い血を作ること »