« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005年5月

2005年5月31日 (火)

親善試合 浦和vsHSV あるいは、圧勝

平日という事もあってか、埼玉スタジアムは閑散としている。

埼玉に11983人とは、かなり寂しい数字だ。

試合開始から、ユアサがゲームを支配する。

対する上野は防戦一方。

あまりの一方的な展開に浦議サポからはブーイング。

いつかユアサの勢いも衰えるだろうと、かすかなノゾミ。

しかし、ユアサは最後まで突っ走る。

ポゼッションはなんと、85%-15%という圧倒的な差。

強すぎるヨ、ユアサ。


ある、戦評(抜粋)

ユアサですが、これまで彼が魅せつづけた過剰なダイナミック解説を象徴するような、まさにスーパーな解説で魅せました。最後の最後まで空気を読まずに、経験に裏打ちされた知識コンテンツを維持し、エメのシュートの瞬間にもしゃべりまくり実況をブロックする・・。いやホント、ユアサが魅せつづける目立ちすぎる過剰解説に対し、心からのレスペクトを!!ってな具合です。また、ハーフタイムをしゃべりまくるなんていうシーンも彼自らが演出しましたからネ。とにかく、彼の攻め一辺倒の実効プレーには心からの拍手を惜しまない湯浅なのです。







注:平日に埼玉行けるほど暇でもなく、TVさいたまが映るほどXXでもありません。誰か、録画見せて(笑)


~~~~~~~~~~~~~~~

ユアサw    サンフレたくやさん 
代表戦かマリノスの試合で久保について熱弁してください(笑)。(2005.06.06 03:37:04)

Re:ユアサw(05/31)    ultraleftyさん 
サンフレたくやさん
>代表戦かマリノスの試合で久保について熱弁してください(笑)。

私的には見てないか、現地にいるので問題ないです(笑)
(2005.06.06 20:42:23)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

U-18日本代表チーム ポルトガル遠征(リスボン国際トーナメント 6/7~16)

 急募!

 職種:GK、DF
 勤務地:湘南学院、しんよこFP、三ツ沢
 仕事内容:後方からの気合注入。
 期間:6/7~16(試用期間)

================================================

U-18日本代表チーム ポルトガル遠征(リスボン国際トーナメント 6/7~16)メンバー

【スタッフ】
監督         森保 一  MORIYASU Hajime【(財)日本サッカー協会 ナショナルコーチングスタッフ/サンフレッチェ広島】
アシスタントコーチ  安達 亮  ADACHI Ryo   【(財)日本サッカー協会 ナショナルトレセンコーチ/横浜F・マリノス】
GKコーチ       加藤 寿一 KATO Toshikazu 【(財)日本サッカー協会 ナショナルトレセンコーチ/サンフレッチェ広島】

【選 手】
Pos.   氏 名         NAME       生年月日  身長 体重     所 属
GK  1 林 彰洋      HAYASHI Akihiro   1987.05.07 190cm 79kg 流経大柏
  18 秋元 陽太     AKIMOTO Yota    1987.07.11 180cm 74kg 横浜ユース

DF  4 福元 洋平     FUKUMOTO Yohei   1987.04.12 184cm 73kg 大分U-18
   5 槙野 智章     MAKINO Tomoaki   1987.05.11 178cm 66kg 広島ユース
   6 伊藤 博幹     ITO Hirotada    1987.12.05 184cm 79kg ガンバユース
   3 安田 理大     YASUDA Michihiro  1987.12.20 170cm 64kg ガンバユース
   2 内田 篤人     UCHIDA Atsuto    1988.03.27 175cm 60kg 清水東
  13 大島 嵩弘     OSHIMA Takahiro   1988.04.14 179cm 69kg 柏U-18

MF  7 梅崎 司      UMESAKI Tsukasa   1987.02.23 167cm 64kg 大分
   8 横谷 繁      YOKOTANI Shigeru  1987.05.03 177cm 64kg ガンバユース
  12 森野 徹      MORINO Toru     1987.05.12 168cm 60kg 市立船橋校
  14 柳澤 隼      YANAGISAWA Jun   1987.06.27 173cm 62kg 柏U-18
  15 中川 裕平     NAKAGAWA Yuhei   1987.07.24 177cm 65kg 四日市中央工
  10 柏木 陽介     KASHIWAGI Yosuke  1987.12.15 175cm 65kg 広島ユース

FW  9 河原 和寿     KAWAHARA Kazuhisa  1987.01.29 173cm 65kg 新潟
  11 ハーフナー マイク HAVENAAR Mike    1987.05.20 194cm 75kg 横浜ユース
  16 森島 康仁     MORISHIMA Yasuhito 1987.09.18 186cm 80kg 滝川第二
  17 伊藤 翔      ITO Sho       1988.07.24 181cm 67kg 中京大中京

※吉田 靖監督がU-20日本代表チーム(FIFAワールドユース選手権大会)に帯同中のため、
 今回のポルトガル遠征は森保 一コーチが監督を務めます。

【スケジュール】
6月11日(土)リスボン国際トーナメント
       16:00 日本    対 ポーランド(Stadium 1°Maio)
       18:00 ポルトガル 対 アメリカ (Stadium 1°Maio)
6月12日(日) 16:00 ポーランド 対 アメリカ (Stadium 1°Maio)
       18:00 ポルトガル 対 日本   (Stadium 1°Maio)
6月14日(火) 9:00 アメリカ  対 日本   (Stadium 1°Maio)
       11:00 ポルトガル 対 ポーランド(Stadium 1°Maio)

【今後の予定】
7月11日~18日  第9回国際ユースサッカー IN 新潟
8月14日~21日  2005 SBSカップ国際ユースサッカー
9月中旬     仙台カップ
10月中旬     トレーニングキャンプ
11月14日~27日  AFC U-20選手権大会予選(日本、チャイニーズ・タイペイ、朝鮮民主主義人民共和国)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月30日 (月)

土日の結果/JFL、全社予選、ZJ

■JFL第11節

 5/29(日) 愛媛FC 1-2 ソニー仙台 

ついにホームで敗北。これで、ホーム無敗という根拠のない甘い幻想が壊れたのはいい事だ。

ブログや掲示板で怒ったり、不平をぶちまけたり、悲観しても仕方ない。そんな事をするぐらいなら、選手とスタッフに面と向かって言え。Jチームが”与えられるもの”と思っているヤツラの戯言なんか無視して、本当に地元にJチームが欲しいなら、自分に出来ることを必死で考えて行動に移せ!Jチームは何もしないでスタンドに座ってたらどっかからやってくるもんじゃない。自分達のものなんだから、自分達で努力して掴み取れ!

またまた偉そうな、二股野郎の戯言かもしれん。説得力なんかないかもしれん。けど、間違ったことを言っているとは思わない。チームが苦しい時期だからこそ、一人でも多くの人がもっとポジティブにチームを目に見える行動でサポートする事が必要なはず。

■全社愛媛県予選

 5/29(日) 愛媛しまなみFC 4-0 東レ愛媛

四国予選進出決定。おめ。

■キリンカップ

 5/27(金) ZJ 0-1 UAE

この試合でブーイングしなきゃ、いつするんだ!? といいつつ、見てないんだけど(笑)


~~~~~~~~~~~~~~~

みんなのきもち    名無しさん 
なぜみんな不平や不満をブログに書いているかは、そうしないと精神的に辛いからだと思う。
せっかくプロ選手を多く獲得しても活躍しないし、
状況は全く変わっていない。
期待をことごとく裏切られている。
だけど、みんな我慢している。
それにそうは言っても愛媛にJに上がって欲しいと心底思っているはず。
そうでないと、不平不満は出てこない。
期待の裏返しであることを了承していただきたい。(2005.05.31 13:36:28)

Re:土日の結果/JFL、全社予選、ZJ(05/30)    媛太郎さん 
ブログで何か書くのが無意味だとおっしゃいますが、こんな状態で不平不満すら見えるところに出ない状態になれば「本当の終わり」じゃないですか?
二股どうのとは言いませんが、他の人のことをあまりどうこうは言わないほうがいいのでは??(2005.05.31 19:52:48)

自工(三菱水島)の場合も    サンフレたくやさん 
ホーム未勝利、全試合失点、最下位転落という結果を受けてネット上で一気に批判が出てきました。
言われることは分かります。クラブにメールするなり、直接言う機会もJより多いんですから言えばいい。でも、ネット上で批判が出るのは仕方ないですよ。勝たなきゃ行けない上位との試合を落として、昇格ラインの2位との勝ち点差が5に開いてしまったんですから。

私だって笠岡に駆けつけて声援を送ったり叱咤をしたり選手に直接問いかけたい。でも、距離的に遠すぎて頻繁には行けず、ネット上で意見を言うのが精一杯なのがもどかしい。(チームにメールを送ればいいじゃないかと言う話でもありますが)
だからこそ、試合に行ける人は会場で精一杯応援して叱咤激励をして欲しいと思います。(2005.05.31 23:13:14)

レスその1    ultraleftyさん 
名無しさん、媛太郎さん コメントありがとうございます。書いた時は、非難轟々、荒らしの嵐(笑)を覚悟していたので、ちょっと残念なのとホッとしたのとが半々です。

さて、本題です。まず私は、”愛媛をどうやって昇格させるか”(*させる*かです)という観点から発言していますので、そこが決定的に違うのであれば、以後の文章は無意味です。私の書いた文章は無視して頂いて結構です。

私はブログに何を書こうが個人の自由なのでそれを否定するつもりはありません。ただ、”愛媛をどうやって昇格させるか”という観点から見た場合、ブログに不平不満を書いてそれでよし、では全く無意味だと思います。選手やクラブに向けた不平不満をブログに書くことで、問題点が解消されますか?勝てるようになりますか?不平不満があるなら、クラブに直接進言してはどうでしょうか?対話したらどうでしょうか?一緒に解決に向けて何かできるかもしれませんよ。
(2005.05.31 23:53:49)

レスその2    ultraleftyさん 
例えば一時話題になっていたゴミ問題。私は、個人が持って帰るというのは比較的動員が少ない今だからこそ着手できる先進的な試みだと思っています。でも、これが本当に問題だと思うなら、なぜゴミ箱を設置できないのかをしっかり調査して、設置するためにはどうすればいいかを考えることが必要ではないでしょうか。自治体の方針でゴミ箱を設置できないのかもしれませんよね?処理費用が莫大だからかもしれませんよね?まぁ、クラブがしっかり説明すべきなんでしょうが、これだけブログで話題になっているのに反応がないという事は、不平不満をブログに書くという事は、それを解消するためにはあまり有効ではないという事を物語っているのではないでしょうか。

とはいえ、何でも我々の力で解消できるかというと、もちろん限界はあると思っています。我々はピッチでゴールを決めることなんてできないですし、選手に戦術を徹底させる権限もありませんから、”直接”相手チームに勝つことは出来ません。でも、応援やスタジアムの雰囲気で、勝たせる事、少しでも力になることは出来るんじゃないでしょうか。そのための決定打がないのはわかっています。試行錯誤しかないと思っています。みんなが考えて、行動することが必要だと思っています。(2005.05.31 23:54:38)

レスその3    ultraleftyさん 
友近や敬介の日記を読むと、敗戦で崩れそうなチームやサポーターを必死で支えようとする意思を感じます。そんな選手がいるんだから、不平不満なんて言ってないで、我々もポジティブに行動で彼らを支えていきましょうよ。

サッカーは”ホーム”という言葉が非常に意味を持ちますよね。言うまでもないですが、”家”です。愛媛は今、自分の家を作ろうとしているところですよね。自分の家なんだから、建築家に全部任せるのではなく、建設的な意見を出し合って、時には建築を手伝って、一緒にいい家を作りましょうよ。

どう思われますか?

※800文字という制限があるのか!書きすぎた(笑)
(2005.05.31 23:55:32)

Re:自工(三菱水島)の場合も(05/30)    ultraleftyさん 
サンフレたくやさん、こんにちは。

地理的な制約によるもどかしさっていうのは私も痛切に感じてます。近くに住んでいればボランティアでチームを助けることも出来るし、近所の人を誘ってゲームに行くことで動員に協力もできるのに・・・

自工も大変なんですか。降格がありますからね。お互い少しでも出来る事を実際にやる事でチームを細々とでも支えるしかないですね。(2005.06.01 00:19:34)

Re:土日の結果/JFL、全社予選、ZJ(05/30)    名無しさん 
ごみ問題に興味は無し。(2005.06.02 20:09:17)

Re[1]:土日の結果/JFL、全社予選、ZJ(05/30)    ultraleftyさん 
名無しさん
>ごみ問題に興味は無し。

何に興味がありますか?(2005.06.02 21:03:55)

知りたい?    名無しさん 
ultraleftyさんは、意見を直接選手やスタッフに言うことをすすめておられるが、そんなことしてメリットはあるのでしょうか?
余計なプレッシャーをかけることになるのでは?
また、クラブとして今不十分なことは理解しないといけないと思う。横浜Fマリノスと違って、これからのクラブなんだから。
どんな方法であれ愛媛FCのことを思っていればそれでサポータなのではないでしょうか?
一部の応援団だけのものではないはずです。
自分は愛媛FCのためにしてますよーって自慢している人が偉いのですか?遠巻きに見てても良いのではないでしょうか?

私が今一番興味があることは、愛媛FCの勝利のみ。それだけ。(2005.06.02 23:28:23)

Re:知りたい?(05/30) レスその1    ultraleftyさん 
こんにちは、名無しさん(固定ハンドルで書き込んでいただけると、議論しやすくてありがたいのですが)

例えば、何か欲しいものがあるけど、お金がない時どうしますか?たぶん、諦めるか、働いてお金を手に入れようとするかのどちらかですよね。どうしても欲しければ自分から何かしますよね?じゃあ、愛媛FCに勝って欲しい時、勝たせたい時どうしますか?

チームをサポートする事には色々な表現の仕方があります。

 ・チケットを買ってスタジアムに行く。
 ・ボランティアをして、運営を助ける。
 ・声を出して応援する。
 ・断幕やゲーフラを作る。
 ・選手を罵声で奮い立たせる。コールで勇気付ける。
 ・ゴミ問題に取り組んで、いいスタジアムを作る。

どれも立派なサポートです。自分に出来る事をやればいい。そこには優劣はない。でも、行動の伴わないサポートはありえません。

 ・ただ勝てばいいなぁと思っているだけ。
 ・スタジアムに行けるにもかかわらず、TVで観戦する。

これは、サポートではないと思います。(2005.06.03 00:51:50)

Re:知りたい?(05/30) レスその2    ultraleftyさん 
で、愛媛FCの現状を考えると、ここ2,3年やってきた方法では結果が出なかった。今年も、いい戦いが出来てないし、結果も出てない。選手やクラブが反省するのは当然ですけど、サポートのやり方もちょっと考えてみる必要があるんじゃないでしょうか。

 ・WEBで自分の考えを発信していただけの人は、実現に向けてクラブと対話する。
 ・今まで普通の服装で見ていた人は、オレンジTシャツを着てスタジアムをよりホームっぽくする。
 ・黙って観戦していた人は、手拍子や声援で選手を後押しする。
 ・声を出して応援していた人は、その輪にもう一人友人を引き入れる。

皆が少しづつでも行動して、色々なものを改善していけば、事態はいい方向に向かうのではないでしょうか。というか、そうでも考えなければ救われませんよね。
※諦めてしまって、何もしない、結果をただ受け入れるというのは最悪です。

以下、マリサポとしての蛇足

「横浜Fマリノスと違って、これからのクラブなんだから。」のくだりですが、よろしければマリノスのHPの「身内」という社長のコラムを読んでみてください。社長の思いは多くのマリサポが共有しています。マリサポの間では、どうすればよりよい応援が出来るか、どうすればもっとお客さんを呼べるか、どうすればチームを勝たせることができるかといった事について毎日のように議論しています。横浜だって、自分達の夢に向かって、日々試行錯誤を繰り返す「これからのクラブ」なんです。
(2005.06.03 00:52:16)

平行線の彼方    名無しさん 
基本的にultraleftyさんの言いたいことも解ります。
応援している上でブログに意見も書いているだけのこと。それの何がいけないことなの?
ということ書いても意見は平行線をたどるだけなのでもう言いませんが。
どこからどこまでが「サポーター」なのか、という認識の違いでしょう。

私から見させてもらうと横浜Fマリノスは完成されたクラブだ。J1を3連覇し常勝軍団と呼ばれている。そりゃお客さんを呼ぶための努力は、単なる営業努力であって当然のこと。勝つための努力はどこだってすることでしょう。インフラや支援体制が整っているかどうかのことが言いたかっただけです。
(2005.06.03 08:11:37)

Re:平行線の彼方(05/30)    ultraleftyさん 
名無しさん、こんにちは。

私の視点は単純で、以下に集約されます。

(1)ブログに何を書こうが個人の自由。

(2)ただ"愛媛を勝たせようという目的の手段"という観点からは、単に不平・不満・意見を書いてそれでよしでは、さして意味はない。もっと有効な方法があるのではないか。考え、行動に移したい。

(3)サポーターとは自ら行動する人。行動しない人はサポーターではない。サポーター以外の観客を否定するつもりはない。

平行線も遠近法の視点に立てば交わります。私の言いたいことも判りますとおっしゃって頂いているので、もうちょっと議論して、視点を変えてみれば平行線は交わりませんか?

視点を変えてみるために、ちょっと質問です。

 ・名無しさんのサポーター像ってどんなものですか?
 ・愛媛が勝つためにはどうすればいいと思いますか?
 ・お客さんを呼ぶための努力、勝つための努力は”誰が”やるべきだと考えていますか?

クラブを良くするため、強くするためにはどうすればいいかという事については、私自身最近になって真剣に考え始めたことなので、色んな人の意見を聞いてみたいと思っています。いい加減うざいかもしれませんけど、お時間のあるときにでもお答え頂ければ幸いです。
(2005.06.03 13:10:34)

サポーターもいろいろ    名無しさん 
サポーターとは、自分がサポーターであると思えばサポーターだと思う。チケットを買って見に行くだけで愛媛FCのためになるわけだし、積極的に動く動かないの問題ではないと思う。サポーターの中にも急進派と穏健派のようなスタンスの違いがあるのではないでしょうか?

ultraleftyさんのお考えはとても崇高であり、理想ではありますが、ご自身もそのお考えの下行動されていることと思われます。今後その行動の結果など掲載されることを期待しております。

(2005.06.03 13:36:21)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月29日 (日)

全クラ関東2次 vs大宮ユース あるいは、痛すぎる代償

今週の”遠足”は、群馬県邑楽郡板倉町、東洋大学板倉グランド。

先週でプリンスリーグは一時中断し、今日からは全クラ(日本クラブユースサッカー選手権(U-18))関東大会がスタート。5チームからなるグループリーグの上位2位以内に入れば自動的に全国大会出場。3位だと、順位決定戦で1位になれば出場。横浜はAグループで、大宮、甲府、横浜FC、瓦斯と、Jチームばかりの組。今日の第1戦は、vs大宮ユース。

市ヶ尾から北千住まで直通で1時間20分、北千住から板倉東洋大学前まで東武伊勢崎線快速で50分弱。全く何てトコまで越させやがる。それに、大宮のホームゲームなのに何で群馬でやるねん、と思って調べたら、板倉東洋大前の1つ手前の柳生は埼玉県。まあ、埼玉みたいなもんだな。ちなみに1つ先の藤岡は栃木県。かなり微妙。

現地はこんな感じ↓
2005052901
 
試合中、DFラインの要、佐藤からは「セカンドボール拾おうぜ!」の声がしきりに飛ぶ。今日の試合は、この言葉に集約される。今日の横浜はセカンドボールをなかなか拾うことができず、ボールを奪ってもパスミスや大宮の早い寄せにボールを奪われるシーンが目立つ。

ボールを奪った大宮はロングボールで、3バックの背後を執拗に狙う。必然的にDFラインと接触する機会が増えてくる。だが何故か倒れるのはオレンジユニばかり。今年はオレンジが倒れこむシーンを良く見る(笑)

戦術が徹底されていた分、大宮のチャンスは多く、あわや広田のバックヘッドOGかと思われるシーン(これはオフサイドに救われた)もあり、秋元の踏ん張りで救われたシーンも数知れず。試合内容ではほとんど負けに等しい。無失点に抑えて何とか引き分けられたのはラッキーだった。

ただ、その代償で闘将佐藤が後半負傷退場。勝点1の代償にしては大きすぎた。軽い怪我である事を祈るのみ。何とかプリンス再開には間に合ってくれ(涙)

<スタメン>
____マイク(11)____斉藤陽介(9)____

富井英司(10)__アーリア(14)__奈良輪雄太(2)

____幸田一亮(15)__三浦旭人(6)_____

__藤川祐司(4)_佐藤由将(5)_広田陸(20)___

________秋元陽太(1)_________


<エンメン>
_____マイク(11)___大久保翔(22)_____

森谷賢太郎(25)___________富井英司(10)

_____幸田一亮(15)__三浦旭人(6)_____

柳明基(7)_山岸純平(18)_広田陸(20)_奈良輪雄太(2)

_________秋元陽太(1)__________


交代:アーリア→森谷(25)
    藤川→柳(7)
    斉藤→大久保(22)
    佐藤由→山岸(18)


~~~~~~~~~~~~~~~

Re:全クラ関東2次 vs大宮ユース あるいは、痛すぎる代償(05/29)    あき.さん 
こんばんは。

“遠足”は楽しかったですか?
りうも一昨日遠足で敷物やタオル(釣り用)は忘れていったのにサッカーボールだけはしっかり持って行きました・・・・・。(持ち物一覧には入ってないのに><)

のんびり観戦できそうなグランドですね。
芝がすごくキレイで視力回復トレーニングにもなりそう
ですね(笑
(2005.05.30 00:39:15)

Re[1]:全クラ関東2次 vs大宮ユース あるいは、痛すぎる代償(05/29)    ultraleftyさん 
あき.さん
>“遠足”は楽しかったですか?
ドローだったので・・・

>のんびり観戦できそうなグランドですね。
>芝がすごくキレイで視力回復トレーニングにもなりそうですね(笑
”観客席”はシロツメグサが一杯なんですが、アブラムシも一杯で。ちょっとごろんと横になって、なんて感じではなかったです(笑)
(2005.05.30 23:47:30)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月28日 (土)

関東大学リーグ 法政vs順大、筑波vs駒澤 あるいは、発見!

今シーズン初めて関東大学リーグを観戦。前期11節中、9節終了時点の成績は

 1位 筑波 勝点22 得失点差18
 2位 駒澤 勝点19 得失点差15
 3位 法政 勝点17 得失点差8
 4位 順大 勝点15 得失点差3

今日のカードは、法政vs順大、筑波vs駒澤という、3-4位対決&1-2位対決の豪華2本立て。

まずは、法政vs順大。特に知っている選手も、ユースOBも出場していない(順大の渡辺彰宏はサブ)ので、水沼さんがコーチをしていて、横浜の強化指定選手の噂のある市川擁する法政寄りで観戦。白地に蛍光オレンジという観戦者泣かせのユニの法政が終始ペースを握った展開。

法政は少ないタッチでボールを繋ぎ、スピーディーに順大ゴール前に迫る。特に左サイドの井上平が印象に残った。スピードとテクニックを持った選手。法政の1点目は、この井上がスライディングでボールを奪い、スルーパス。これに反応したキャプテン蔭地のゴール。2点目は右サイドの蔭地からサイドチェンジのボールを受けた井上が自分で持ち込みゴール。蔭地のサイドチェンジも絶妙だった。井上と蔭地のコンビは中々いいんでない。注目の市川は何度かあった決定機をことごとく外し無得点。

法政は、終了間際に偽バルサユニの順大にゴールを許すも、2-1で3位キープ。

2005052801

続いて、筑波vs駒澤。筑波はワールドユース代表の平山は欠場。ツーロンに選ばれている藤本は先発。合宿とかやらなくていいのか?>JFA 横浜ユースOBの今田は4バックの真ん中の左で先発。対する駒澤は、巻と赤嶺の2トップ。原はベンチスタート。

首位奪取すべく、駒澤が序盤から筑波ゴールに迫る。何度もゴール前に迫るが得点にはならず。ゲームを通じて決定機は圧倒的に駒澤。しかし、その前にGK来栖が立ちふさがる。決定的なシュートをことごとくナイスセーブで弾き、完封。文句なく今日のMVP。

筑波は、左サイドの藤本が何度かいい突破を見せたのが印象に残るくらいで攻撃面では今一。今田もパンフにある紹介文(「知性溢れるプレー。安定感をもたらす」)どおり、駒澤の強力FWを押さえ、完封に貢献。

結果はスコアレスドローで、筑波は次節の流経戦で勝点1以上上げれば前期1位。負けても、駒澤との得失点差3が埋まらなければ1位。

2005052702

帰りにパンフを読んでいて発見。

 2004年度関東大学リーグ新人王 今田傑

知らなかったよ。おめでとう!今田。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月27日 (金)

あなたが選ぶ記憶に残るベストゲーム12

1993年のJリーグ開幕から2004年の2年連続Jリーグチャンピオンまでの栄光の12年を綴った「横浜F・マリノス12年史」発行に続き、第2弾の企画として、横浜F・マリノスを応援していただく皆さんから、日産時代を含めた昨年2004年のチャンピオンシップまで、記憶に残る思い出の名勝負を募集し、それを基に「あなたが選ぶ記憶に残るベストゲーム12」DVDを、これまでにない低価格で、しかも充実の内容で、今秋に発売したいと考えています。
どうぞ、皆さんの心に残る名勝負を、パソコン及び携帯メールでお寄せください。


とのこと。で、考えて見た。生で見た試合から12試合選ぶとすると、ベストかどうかは定かでないけど、こんな感じかな。

○2001年 ナビスコ決勝 vs磐田
  川口移籍直後の試合。PK戦での正GK達也の神がかりセーブ。初めて生で体験した優勝。

○2001年 ガンバ戦@三ツ沢
  残留争いをしていた頃の試合。みんなで△やったなぁ。

○2002年 磐田戦@ジュビスタ
  ウィル、中澤、ウィル。3点目が決まった瞬間の毛沢東さんの顔が忘れられない。

○2003年 磐田戦@エコパ
  岡田監督に代わっての最初のリーグ戦。果敢に前に行き、4得点。

○2003年 帝国戦@カシマ
  ドラゴンハットトリック。全部のゴールが素晴らしかった。最高。

○2003年 ガンバ戦@万博
  ドラゴンのめんどくさいボレー。アレを生で見れたのは幸せ。

○2003年 清水戦@横国
  お鳥さまが連れてきてくれた勝利。個人的に最高得点ゲーム(除くACL)

○2003年 磐田戦@横国
  奇跡の完全優勝。文句なく今までで一番うれしかったゲーム。

○2004年 城南一和戦@城南
  守って、守って、河合の一発で勝点を上げたゲーム。

○2004年 CS 浦和戦@埼玉
  アウェイの一面真っ赤な中で歌ったダレ・カピオン。闘莉王のヘッドが決まってたらと思うと・・・

○2005年 山東魯能戦@山東
  悔しくてとても忘れることができない。

○2005年 大宮戦@埼玉
  本当に苦しい1年を優勝で締めくくれた試合。心行くまで歌ったダレ・カピオンとアジアの歌。


~~~~~~~~~~~~~~~

あなたが選ぶ記憶に残るベストゲーム12     サンフレたくやさん 
興味深く拝見いたしました。こういうDVDが出ていいですね。
広島はDVDは(自分の記憶の中では)何もなし・・・。

>○2005年 大宮戦@埼玉
  本当に苦しい1年を優勝で締めくくれた試合。心行くまで歌ったダレ・カピオンとアジアの歌。

いやいやいや、そうはいきませんぞ!(2005.05.28 21:25:59)

Re:あなたが選ぶ記憶に残るベストゲーム12(05/27)    ultraleftyさん 
サンフレたくやさん
>いやいやいや、そうはいきませんぞ!

中断明けの横浜は怖いですよ。選手、監督、サポーターのモチベーションがかつてないほど盛り上がってますからね。やりますよ!(^^)v
(2005.05.28 21:58:56)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月26日 (木)

CL 決勝

いやぁ、サッカーの神様は気まぐれですなぁ。生で見たら絶対前半で寝てたな。あんなことが起こるんですね。でも正直、展開は面白いけど、試合は面白くなかったです。てか、録画を見てて寝てしまいました。結局寝てる(笑)

今年の冬は本物のレッズサポが大挙して横浜に訪れること希望。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月25日 (水)

ACL 第6戦 vsPSMマカッサル あるいは、We'll be back

ACLグループリーグ最終戦。紛れもない消化試合だが、横浜にとっては特別な意味を持つ試合。

試合開始前には、ハマトラの特別号が配布された。山東戦に参戦したサポーター達からのメッセージだけで構成された紙面は、少し読んだだけで涙がこぼれそうになって、とうとう三ツ沢では読めなかった。試合前に読んだ多くのサポーター達は、何を感じただろうか。

入場時には全員にTシャツが配られた。青いTシャツには大きく、「We'll be back」とプリントされている。シミスポも、「必ず」受け取ってくださいと案内している。ついでに、「必ず」この場で着てくださいと案内して欲しかった。

ゴール裏には大きな断幕が出ている。「アジアへの忘れ物は俺達と共に取り戻そう!」とある。言いたい事は判る。大いに共感する。ただ、ACLにおいては、横浜はまだ何も手にしていない。手にしていないものを忘れる事は出来ない。取り戻す事は出来ない。

試合終了前から、スタジアムには「アジアの歌」が響く。試合後も延々と続く「アジアの歌」。だが一緒に歌う気にはなれない。この歌はアジアに挑戦するものだけが歌える特別な歌だと思うから。我々は現在アジアに挑戦する権利を手にしていない。「アジアの歌」の前に歌わなければいけない歌がたくさんある。

我々は再びこの場に戻ってくる。そのために今日からまた一歩一歩進んでいこう。


           ☆      ☆      ☆

書いてるうちに思わず一人上手になってきてしまった。今日は、思うところあってバックスタンド観戦。ネタも一杯。箇条書きにて。

・入場時は狩野と裕介のお出迎え。裕介は随分たくましい顔つきになったような気がする。飯倉・天野は見れなかった。残念。

・始めて汁にありつけた。にしても、中華汁ってあんまりじゃない(笑)

20050525

・ACL記念ストラップゲット。今度いつ出れるか判らない?来年に決まってんじゃン。

・選手入場時のファンサービス。ホームチームの選手がモノを投げ入れるのは当たり前だが、アウェイチームの選手が相手のサポに投げ入れるのは初めて見た。

・原FCの少年達から、アップ中の勇蔵に「ゆうぞうく~~ん」 手を振る勇蔵。随分人気ものだと思ったら、原FCって勇蔵の出身チームか。

・丸刈りの少年は、ドゥトラ応援団。通路に飛び出て客席に向かってドゥトラコールをあおる。独自コールなのがまたよし。

・サブ組みのボール取りゲーム。後藤はいつまでたってもボールを奪えず、目が回って(?)ダウン。

・ジョーさんに黙祷。

・30本シュート打って3本しか入らないとは・・・

・70分やって1点も入らないのに、7分で3点とはどういう事よ。

・マカッサルの4番はいい選手だ。

・達也はもっと開き直らないと。かなり長引きそうだ。

・3-0は快勝だが、久保リハビリ試合(笑)に付き合わされた気もしてすっきりしない部分もあり。

・攻撃をもっと強化しないと、ユーベやバルサを相手にしたら・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月24日 (火)

土日の結果/四国リーグ、木村和司杯、全小県予選 他盛りだくさん

■サテライトリーグ

 5/22(日) 横浜 0-2 大宮

相変わらずサテは弱いなぁ。森田ごときに2失点とは。

 GK 榎本達也
 DF 田中裕介、栗原勇蔵、尾本敬
 MF 天野貴史、熊林親吾、山瀬幸宏、山崎雅人、後藤裕司
 FW 坂田大輔、北野翔

 45分 田中裕介→河合竜二
 45分 北野翔→山瀬功治
 86分 山崎雅人→谷鳥央規(Y)

山崎雅人→谷央規(Y) ってあんた。恥ずかしいミスをさらしなさんな>HPの中の人。

■2005年度 第29回全日本少年サッカー大会神奈川大会

 5/22(日)
  プライマリー新子安 9-1 共和SC
  プライマリー新子安 7-0 横浜北YMCA

  プライマリー追浜 4-0 FC JUNTOS
  プライマリー追浜 4-0 美晴少年SC

新子安、追浜共にベスト32に残り中央大会出場決定。次は6/5。ここで共に勝ち進むとベスト8で新子安vs追浜となる。

■第32回横浜市春季少年サッカー大会(木村和司杯)

 LLの部

 5/22(日) 
  プライマリー 6-0 FC本郷
  プライマリー 7-0 YTC FC

LLとかLとかって何。身長?てか、この大会の出場資格ってどうなってんだろ。ご存知の方教えてください。
 
■第20回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会四国予選

 5/21(土)
  愛媛FC 12-0 FCディアモ

Jヴィレッジに向け、まずは快勝スタート。

■四国リーグ第6節

 5/22(日) しまなみFC 4-0 三和

■ジーコジャパン

 5/22(日) ZJ 0-1 ペルー

特にコメントなし。


~~~~~~~~~~~~~~~

サブ    辻神さん 
私は金井が出場したって聞いたんですけど。
ほんとに谷鳥(笑)だったのかな・・・(2005.05.24 22:11:05)

Re:サブ(05/24)    ultraleftyさん 
辻神さん
>私は金井が出場したって聞いたんですけど。
>ほんとに谷鳥(笑)だったのかな・・・

HPの人か、公式記録の人が素で間違ってるような気がしてきました。今度パパに会ったら聞いてみよう。
(2005.05.24 22:23:02)

小学生の試合    makochanさん 
私の知っている限りでは
Lが6年生、LLが4年生、SLが2年生の試合
です。(2005.05.25 01:20:24)

Re:小学生の試合(05/24)    ultraleftyさん 
makochanさん
>私の知っている限りでは
>Lが6年生、LLが4年生、SLが2年生の試合
>です。

ありがとうございます!
身長なわけないですよね(笑)
(2005.05.25 09:30:03)

Re[1]:サブ(05/24)    辻神さん 
ultraleftyさん
谷島で間違いそうです。いや、谷鳥か(爆(2005.05.26 01:07:17)

Re[2]:サブ(05/24)    ultraleftyさん 
辻神さん
>ultraleftyさん
>谷島で間違いそうです。いや、谷鳥か(爆

了解。谷鳥ということで。
(2005.05.26 01:17:10)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月23日 (月)

少し安心

友近と敬介がいれば、何とかなるかもしれない、とちょっと思ったよ。

敬介、猿田だけじゃなくて、他の若手にも聞かせてやってくれ。

http://keisukebe.net/


~~~~~~~~~~~~~~

Re:少し安心(05/23)    h_heitaさん 
ちょっと目頭熱くなってしまいました。
やっぱりベテランの力は偉大です。(2005.05.23 23:41:48)

Re[1]:少し安心(05/23)    ultraleftyさん 
h_heitaさん
>ちょっと目頭熱くなってしまいました。
>やっぱりベテランの力は偉大です。

問題は猿田がうぜえ、何か敬介さんに色々言われたけどさ、眠かったからよく覚えてないんだよね、とかなんとか思ってないかどうかです。ちゃんと聞いてたかどうか次の試合で判るでしょう(笑)
(2005.05.23 23:49:17)

羽田日記    サンフレたくやさん 
見ました。自工(三菱水島)の渡辺聡も羽田の域まで達して欲しいものです。
羽田が完封してズーパー友近が点を取れば少なくともホームでは全勝ですね。
ただ、今年はズーパーに怪我が多いのが気がかりですね・・・。(2005.05.24 22:02:48)

Re:羽田日記(05/23)    ultraleftyさん 
サンフレたくやさん
>見ました。自工(三菱水島)の渡辺聡も羽田の域まで達して欲しいものです。

自分からJリーグを捨てて、愛媛を選んだ男はやっぱり根性が違います。

>羽田が完封してズーパー友近が点を取れば少なくともホームでは全勝ですね。

完封して、点を取ればアウェイでも全勝ですね(笑)

>ただ、今年はズーパーに怪我が多いのが気がかりですね・・・。

怪我をおして出場し、ゴールまで決めてしまう。あの姿を若手はぜひ記憶にとどめておいて欲しいです。
(2005.05.24 22:16:54)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

U-21日本代表チーム フランス遠征〔第33回ツーロン国際大会(U-21)〕メンバー

田嶋!お前本当はいいやつじゃん(笑)

北野!!!

たに・・・ これは、某氏のためにとっといてあげよう。

================================================

U-21日本代表チーム フランス遠征〔第33回ツーロン国際大会(U-21)〕メンバー(05/5/23)

<スタッフ>
団長   高田 豊治 TAKATA Toyoharu  【(株)サンフレッチェ広島ゼネラルマネージャー】
技術委員 藤口 光紀 FUJIGUCHI Mitsunori【(社)日本プロサッカーリーグ 理事】
監督   石井 知幸 ISHII Tomoyuki   【ジュビロ磐田】
コーチ  上野 展裕 UENO Nobuhiro   【(財)日本サッカー協会ナショナルトレセンコーチ/京都パープルサンガ】
GKコーチ 川俣 則幸 KAWAMATA Noriyuki 【(財)日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ】

<選手>
Pos No. 氏 名     (英語表記)   生年月日  身長 体重   所  属
GK  1 徳重 健太  TOKUSHIGE Kenta   1984.03.09 187cm 84kg 浦和レッズ
  18 木村 敦志  KIMURA Atsushi   1984.05.01 184cm 78kg ガンバ大阪
                     
DF  2 大井 健太郎 OHI Kentaroh    1984.05.14 180cm 70kg ジュビロ磐田
   3 青木 良太  AOKI Ryota     1984.08.19 181cm 73kg ガンバ大阪
   4 千葉 貴仁  CHIBA Takahito   1984.11.07 180cm 74kg セレッソ大阪
   5 倉本 崇史  KURAMOTO Takashi  1984.08.08 177cm 66kg 大分トリニータ
  15 前田 和也  MAEDA Kazuya    1984.01.08 181cm 78kg FC東京
                    
MF 10 藤本 淳吾  FUJIMOTO Jungo   1984.03.24 172cm 68kg 筑波大学
   6 六車 拓也  MUGURUMA Takuya   1984.06.13 184cm 70kg 京都パープルサンガ
   8 工藤 浩平  KUDO Kohei     1984.08.28 166cm 63kg ジェフユナイテッド千葉
   7 酒本 憲幸  SAKAMOTO Noriyuki  1984.09.08 175cm 65kg セレッソ大阪
  13 高木 和正  TAKAGI Kazumasa   1984.12.17 170cm 67kg モンテディオ山形
  12 高橋 義希  TAKAHASHI Yoshiki  1985.05.14 170cm 65kg サガン鳥栖
  14 寺田 紳一  TERADA Shinichi   1985.06.10 170cm 65kg ガンバ大阪
  16 谷口 博之  TANIGUCHI Hiroyuki 1985.06.27 182cm 73kg 川崎フロンターレ
                     
FW  9 茂木 弘人  MOGI Hiroto     1984.03.02 173cm 71kg サンフレッチェ広島
  11 矢野 貴章  YANO Kisho     1984.04.05 185cm 74kg 柏レイソル
  17 北野 翔   KITANO Sho     1984.11.20 165cm 62kg 横浜F・マリノス
  19 三木 良太  MIKI Ryota     1985.04.12 183cm 75kg ガンバ大阪
  20 辻尾 真二  TSUJIO Shinji    1985.12.23 180cm 72kg 中央大学

<スケジュール>
6月 1日(水)19:00 対 メキシコ (Stade Mayol   - TOURON)
6月 3日(金)20:30 対 フランス (Stade Pettuc  - HYERES)
6月 5日(日)18:00 対 南アフリカ(Stade C.Cauvin - LORGUES)
6月 8日(水)17:00 準決勝(1)  (Stade Mayol   - TOURON)
       19:30 準決勝(2)  (Stade Mayol   - TOURON)
6月10日(金)18:00 3位決定戦   (Stade Mayol   - TOURON)
       20:00 決勝戦    (Stade Mayol   - TOURON)

<第33回ツーロン国際大会(U-21)>
 グループA フランス、南アフリカ、メキシコ、日本
 グループB イングランド、ポルトガル、韓国、チュニジア

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月22日 (日)

プリンス第6節 vs流経柏 あるいは、今日の釣果

朝、9:50に浜松町貿易センタービル1Fバスターミナルに集合。集まったのは総勢8名。朝早いにもかかわらず、5分前には皆きっちり集合。皆勝ちに飢えてるんだネェ(笑) かく言う自分も、楽しみでしようがなかった試合。行った事のないスタジアムに行くってのはやっぱり楽しいし、皆で行くってのも遠足みたいでわくわくする。

高速バスに揺られること2時間弱、12:00に干潟に到着。東総運動場はバス停からはすぐ。あまりの近さにちょっと拍子抜け。鹿島香水の匂いが気になるが、田園に作られたスタジアムはなかなか立派だった。

2005052201

現地で某カリスマ君ら4名と合流。総勢12名。今日は観客も少ないので2.5ブロック分、断幕ジャック。

2005052202

流経柏もサブ選手中心の応援団が、バックスタンド側に陣取る。

2005052203

「百打一音」という断幕の意味は不明だが、「百本シュート打ったら、1本ぐらいはバーを叩く。だから積極的に打っていけ」って意味だと勝手に解釈。

横浜は久々にマイク、斉藤の2トップ。流経柏は5バックで徹底した守り。さすがにこれだけ守備的にこられると流れの中で点をとるのは難しい。横浜の得点は、前半40分。CKから、頭の形が普通人と微妙に違う(ことになった、バスの中で)旭人のヘッド。ボールの勢いは緩く、ゴール直前で止まりそうに思えたが、なんとかゴール。これで横浜は楽になった。

追加点は後半5分。ぎりぎりを狙った富井のFK。2点を奪われ、流経柏もさすがに守ってばかりはいられなくなり、多少攻撃的になる。横浜はアーリアの投入もあり、スペースの出来た前線を生かした、本来の攻めが見られるようになる。ただ、いい形は作れるも追加点は奪えず、逆に後半35分にはCKから失点。だが、横浜は守りきり、きっちり首位キープ。

「百打一音」ってのは、「百本シュート打ったら、1本ぐらいはバーを叩く。だから守って守ってシュートを打たせるな」って意味だったんだね。冗談はさておき、流経柏は守備的に戦うよりも、ガチで積極的に来た方が怖かったんではなかろうか。でも、次の浦和戦はきっちり守りきればいいからね。

試合後、サテとジーコジャパンの結果を知る。

新子安?新潟?勝ち組は、千葉県香取郡干潟町(笑)


____マイク(11)____斉藤陽介(9)____

奈良輪雄太(2)_森谷賢太郎(25)__富井英司(10)

____幸田一亮(15)__三浦旭人(6)_____

__田代真一(3)_佐藤由将(5)_藤川祐司(4)__

________秋元陽太(1)_________


交代:森谷→アーリア(14)
    マイク→大久保翔(22)



~~~~~~~~~~~~~~~

Re:プリンス第6節 vs流経柏 あるいは、今日の釣果(05/22)    エイメイ510さん 
小机より立派だ!
でも、バスで2時間て。
相変らずで・・・(^^ゞ

トレセンも盛況でしたよ。
皆代表そっちのけ。(笑)(2005.05.24 02:12:17)

Re[1]:プリンス第6節 vs流経柏 あるいは、今日の釣果(05/22)    ultraleftyさん 
エイメイ510さん
>でも、バスで2時間て。
”高速”バスでですからね(笑)
(2005.05.24 07:46:21)

秘密    ジェットさん 
オレは斉藤陽介と小学校の時に同じチームでした。。。スゴイ努力家なんだ!!ちなみに流通柏の時は高熱で出場した!!(2005.05.26 01:02:05)

Re:秘密(05/22)    ultraleftyさん 
ジェットさん
>オレは斉藤陽介と小学校の時に同じチームでした。。。スゴイ努力家なんだ!!

サッカーをやりつつ、ピアノもやっているというだけで、かなり努力家だという事が判りますね。

>ちなみに流通柏の時は高熱で出場した!!

そうだったんですか。そんな事は少しも感じさせないプレイっぷりでした。
(2005.05.26 01:14:31)

調子のんなって!    RKUさん 
流経なめてんじゃねえよ!くそ(2005.07.21 19:51:18)

Re:調子のんなって!(05/22)    ultraleftyさん 
RKUさん
>流経なめてんじゃねえよ!くそ

なめているように読めましたか。それは申し訳ないです。大学の方には横浜ユースOBもいて、かなり親近感があるんですけど・・・

この試合に関して言えば、流経の強さを知っているからこそ、守備的に来てくれて助かったなぁ(ちょっと残念だったなぁ)というのが本音です。

ともあれ、総体がんばって高円宮杯出場決めてください。そしたらもう一度対戦できるかもしれません。今度はガチでやりましょう。待ってますよ。(2005.07.21 23:13:25)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月21日 (土)

JFL 前期第10節 vs佐川東京 あるいは、戦うという事

♪熱くなれ 愛媛のために

勇気を出していこうぜ

共に戦おう




熱いヤツも、戦っているヤツもいないスタンドから、

熱いヤツも、戦っているヤツもいないピッチに、

空しくこの歌だけが響く。

このままじゃ、ダメだろう。

自分の出来る事を精一杯やるってのは、

きっと戦っていることではない。

自分に出来ないこと/出来ないかもしれないことを、

出来るようにすること

それが本当に戦うという事じゃないか?


淡々と敗北を受け入れるのはやめよう。

批判が応援だなんて勘違いするのはやめよう。

誰かのせいにして消化するのはやめよう。

~~~~~~~~~~~~~~~

Re:JFL 前期第10節 vs佐川東京 あるいは、戦うという事(05/21)    h_heitaさん 
すみません。戦ってなかったにわかサポheitaです。
日記のネタもかぶってしまって申し訳ないです...(2005.05.21 22:35:37)

Re[1]:JFL 前期第10節 vs佐川東京 あるいは、戦うという事(05/21)    ultraleftyさん 
h_heitaさん
>すみません。戦ってなかったにわかサポheitaです。

今日は来ていただいてありがとうございます。
つまらない試合で、こちらこそすみません。

>日記のネタもかぶってしまって申し訳ないです...

あの試合を見た人だったらみんなそう思いますよね。
偉そうな事を書きましたが、今日の日記は100%自分に跳ね返ってきます。少しずつ変えていかないと・・・
(2005.05.21 23:47:45)

Re[2]:JFL 前期第10節 vs佐川東京 あるいは、戦うという事(05/21)    ipizumiさん 
ultraleftyさん
無理やりパーティーまで来て頂いて申し訳ございませんでした。石橋総監督は「前半何も起こる予感もせんかった」これではスタンドが試合に入っていくのは無理です。今は我慢だと見ている場合ではないと思います。時は1日1日過ぎていきます。監督にも選手にもフロントにもスタッフにももっともっとできることがあると思います。マリノスとは何が違うのでしょうか?年々悪くなっている(良くならない)のはなぜなんでしょうか?(2005.05.22 06:48:11)

なんだかなあ    サンフレたくやさん 
しかし、愛媛は思いっきり内弁慶ですねえ・・・。
それでも2位から離れていないのは幸運なんでしょうか・・・。(2005.05.22 18:02:49)

Re[2]:JFL 前期第10節 vs佐川東京 あるいは、戦うという事(05/21)    名無しさん 
マリノスのついでに愛媛FCを応援してるのに
なんだか偉そうだね。
そんなに言うなら愛媛FC中心で応援してから言えば。(2005.05.23 16:14:20)

Re[3]:JFL 前期第10節 vs佐川東京 あるいは、戦うという事(05/21)    ultraleftyさん 
名無しさん
>マリノスのついでに愛媛FCを応援してるのに
>なんだか偉そうだね。
>そんなに言うなら愛媛FC中心で応援してから言えば。

全くおっしゃる通りです。愛媛FCサポさんからすると、二股の奴にどうこう言われたくないという気持ちはよく理解できます。

もう一度本文をよく読んでいただきたいのですが、誰かにこうしろと命令形にならないように、こうしようよと提案形にならないように、自分のアクションにつながるように書いたつもりです。もうちょっと本気で愛媛FCに関わろうという決意の表明(ちょっと表現がオーバーかもしれませんが)のつもりです。

ただ、横浜を取るか、愛媛を取るかのニ者択一を求められたら、私は迷わず横浜を取ります。理由は簡単で横浜が私の現在のホームタウンだからです。

私が愛媛FCをサポートしようと思うようになったきっかけは、横浜の試合に通っている時に、試合の度に、親子連れとかカップルがトリコロールのファッションで実に楽しそうにスタジアムに向かう光景を度々目にし、いいなぁと思ったからです。出身地の愛媛でもこんな光景が見れるようになるといいなぁと思ったからです。

愛媛FCサポさんにお願いです。本当に自分のホームタウンにプロサッカーチームが欲しいのなら、二股の奴にどうこう言われないような、サポーターの本気をカタチで見せてください。そういう空気をスタジアムに充満させてください。二股の奴が口を出せない空気ができれば、喜んでプロフィールからも愛媛FCをサポートしているという文言を消して、1ファンとなりますので。

またまた反感を買うかもしれませんが、本気でJ2昇格したいんなら、サポーターも今まで以上に本気を見せてください。そして、それに、少しでも二股の奴が協力できることがあれば、喜んで協力させてもらいます。

本当に偉そうですみませんが、今思っていることを率直に書かせていただきました。(2005.05.23 18:02:12)

Re:なんだかなあ(05/21)    ultraleftyさん 
サンフレたくやさん
>しかし、愛媛は思いっきり内弁慶ですねえ・・・。
>それでも2位から離れていないのは幸運なんでしょうか・・・。

ヨーロッパ基準からするとホームで全勝、アウェイで勝てないってのは当たり前のような気もします。それだけ、ホームを勝たせる雰囲気が愛媛陸上にはあるという事かもしれませんね。

成績の点からいえば、まだまだ運はあると思っています。ただこのままじゃダメだというのもまた事実だと思います。
(2005.05.23 18:07:21)

Re[3]:JFL 前期第10節 vs佐川東京 あるいは、戦うという事(05/21)    ultraleftyさん 
ipizumiさん
>ultraleftyさん
>無理やりパーティーまで来て頂いて申し訳ございませんでした。

とんでもないです。コーディネイトお疲れ様でした。あの会をきっかけにもっともっと盛り上がるといいですね。

>今は我慢だと見ている場合ではないと思います。時は1日1日過ぎていきます。監督にも選手にもフロントにもスタッフにももっともっとできることがあると思います。マリノスとは何が違うのでしょうか?年々悪くなっている(良くならない)のはなぜなんでしょうか?

最近の愛媛の試合を見て思うのは、走らないなぁという事です。私は実技経験がないですし、戦術的な事は良く判りませんので、走らないのが望月監督のやり方なのかもしれません。が、試合を通じて走らずに勝てる、なんて事はありえないと思います。

なぜ、走らないか?もし、その理由が周りが走らないからという理由だとしたら、かなり深刻だと思います。選手間の信頼関係が崩れているのではないのか、J2昇格に対する温度差が生まれているのではないか、そんな気がしています。現に望月監督もだんだん去年の主力選手を起用するようになっていますよね?

良くないときの横浜は横パスばかりで、縦に勝負するという事がほとんどないチームでした。岡田監督が来てまず修正したのは、リスクを恐れず、前にチャレンジするという気持ちを選手に植え付けることでした。岡田監督としては自分の理想とするサッカーではなかったようですが、自分の理想を抑えてでも、横浜に戦う姿勢をまず持たせる事が必要だと考えたのだと思います。

最後は気持ちなんだよ、とよく聞きます。真実だと思います。クラブサイドをどう変えればいいかは判りませんが、いかに選手の気持ちを奮い立たせられるか?がサポーターの課題だと思っています。

とりとめもない抽象論ですみません。
(2005.05.23 20:40:17)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月20日 (金)

残念だ

ほにゃがいたから勝った

と言われてしまう。

==============================================
横浜オフィシャルより。

「JUVENTUS JAPAN TOUR 2005 SKYLINE Performance .Art.Cup」来日予定メンバー発表のお知らせ
[05/20/2005]

「JUVENTUS JAPAN TOUR 2005 SKYLINE Performance .Art.Cup」にて来日する、イタリア・セリエAユベントスが来日予定メンバーを発表しましたので、お知らせいたします。
来日予定メンバーは下記の通りです。


<ユベントス来日メンバー>
★ポジション:氏名/氏名英文表記/国籍/生年月日

 監督:ファビオ・カペッロ/Fabio CAPELLO/イタリア/1946.6.18
 GK:アントニオ・キメンティ/Antonio CHIMENTI/イタリア/1970.6.30
 GK:ランドリー・ボンヌフォイ/Landry BONNEFOI/フランス/1983.9.20
 DF:チーロ・フェラーラ/Ciro FERRARA/イタリア/1967.2.11
 DF:ジャンルカ・ペッソット/Gianluca PESSOTTO/イタリア/1970.8.11
 DF:アレッサンドロ・ビリンデッリ/Alessandro BIRINDELLI/イタリア/1974.11.12
 DF:ジョナタン・ゼビナ/Jonathan ZEBINA/フランス/1978.7.19
 DF:リリアン・テュラム/Lilian THURAM/フランス/1972.1.1
 DF:ニコラ・レグロッタリエ/Nicola Legrottaglie/イタリア/1976.10.20
※DF:マルコ・ザンキ/Marco ZANCHI(メッシーナ・イタリア)/イタリア/1977.4.15
※DF:サルバトーレ・アロニカ/Salvatore ARONICA(メッシーナ・イタリア)/イタリア/1978.1.20
 DF:ミケーレ・ガルビニペレイラ/Michele GARBINI PEREIRA(ベルギーリーグ所属)/ブラジル/1981.6.9
 MF:アレッシオ・タッキナルディ/Alessio TACCHINARDI/イタリア/1975.7.23
 MF:パベル・ネドベド/Pavel NEDVED/チェコ/1972.8.30
 MF:アレッサンドロ・パリージ/Alessandro PARISI/イタリア/1977.4.15
 FW:アレッサンドロ・デルピエロ/Alessandro DEL PIERO/イタリア/1974.11.9
 FW:ダビッド・トレゼゲ/David TREZEGUET/フランス/1977.10.15
 FW:オリビエ・カポ/Olivier KAPO/フランス/1980.9.27
※FW:柳沢 敦/Atsushi YANAGISAWA(メッシーナ・イタリア)/日本/1977.5.27
 FW:ジュゼッペ・スクーリ/Giuseppe SCULLI/イタリア/1981.3.23
※FW:モハメド・チテ/Mohamed TCHITE(ベルギーリーグ所属)/コンゴ/1984.1.31


・「※印」の選手は、今大会特別参加選手です。(  )内は所属。
・来日メンバーは変更になる可能性がございます。予めご了承下さい。


~~~~~~~~~~~~~~~

意味がわからない特別参加    izumi。さん 
メッシーナの3人(特にFW)の意味が???
ネドベド・トレゼゲくらいしか見るものない気が・・(デルピエロは終わった選手の感ありだし)

これだったらフルメンバーのMLSのチームの方が見たいかも知れない。

(2005.05.21 00:12:09)

Re:意味がわからない特別参加(05/20)    ultraleftyさん 
izumi。さん
>メッシーナの3人(特にFW)の意味が???
>ネドベド・トレゼゲくらいしか見るものない気が・・(デルピエロは終わった選手の感ありだし)

まぁ、でもある意味、見とけば一生ネタにできそうなメンバーではあります。中途半端にサッカー知ってるやつは来ないけど、コアな(ネタ好きな?)ファンと、ヘナギャル少々は動員できそうです(笑)
(2005.05.21 03:09:50)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月19日 (木)

意外と普通

吉祥虎さんのところに、山東の鄭智インタビューがあったのでご紹介。

 http://cfbs2.exblog.jp/

鄭智ってのは山東の10番。三ツ沢で遅延行為で退場になった選手で、アウェイでは2得点を決めたヤツ。試合後に「日本人が泣くのを見て愉快だった」と発言した(と、某所で読んだ)選手。横浜にとっては忘れられない”悪役”なので、どんな発言をしているんだろうと思ったけれど、翻訳と編集というバイアスがかかっているのを割り引いても、意外と普通で拍子抜け。悪役はもっと悪役らしく毒づいてくれないと(笑)


To: cfbs2さん

いつも貴重な情報をありがとうございます。これからも色々教えてください。コメントの入れ方がわからなかったので、この場で失礼。





蛇足。インタビュアーが”ぞい”さんなのを見て思い出した。ゾノお疲れ。

~~~~~~~~~~~~~~~

TBありがとうございます~    ぞいさん 
鄭智の記事も読みましたけど、あの話にもけっこう文脈があって、彼はアジアカップ決勝で負けて、ホテルに帰って泣いたらしいんですよ。で、その借りを返せて嬉しかったという話らしいです。同じ記事の中で「実際のところ、日本人選手に同情もしてるんだ。涙は責任感の表れだから」とかいうクサイせりふでフォローもしておりました。記事の見出しは編集がけっこう過激なのをつけちゃいますからねぇ。(2005.05.21 19:04:10)

Re:TBありがとうございます~(05/19)    ultraleftyさん 
ぞいさん
>鄭智の記事も読みましたけど、あの話にもけっこう文脈があって、彼はアジアカップ決勝で負けて、ホテルに帰って泣いたらしいんですよ。で、その借りを返せて嬉しかったという話らしいです。同じ記事の中で「実際のところ、日本人選手に同情もしてるんだ。涙は責任感の表れだから」とかいうクサイせりふでフォローもしておりました。記事の見出しは編集がけっこう過激なのをつけちゃいますからねぇ。

なるほど。あの発言部分だけ聞いてソースは(あえて)確認しなかったので、そういう文脈とは知りませんでした。よくあることですね。でも、現場で体験した悔しさは本物なので、鄭智君には申し訳ないですけど、あの悔しさの象徴としてこれからもヒール役を期待します(笑)
(2005.05.21 20:05:04)

Re[1]:TBありがとうございます~(05/19)    ぞいさん 
現場で体験した悔しさ、うらやましいです。特に今回はテレビと見方が全然違うでしょうね。観戦記も臨場感あって面白かったです。

鄭智はいまいち注目されない東アジア選手権でも現れると思いますので、どうぞよろしく(笑)(2005.05.22 09:04:37)

Re[2]:TBありがとうございます~(05/19)    ultraleftyさん 
ぞいさん
>現場で体験した悔しさ、うらやましいです。特に今回はテレビと見方が全然違うでしょうね。観戦記も臨場感あって面白かったです。

つたない文章を読んでいただきどうも有難うございます。

>鄭智はいまいち注目されない東アジア選手権でも現れると思いますので、どうぞよろしく(笑)

最近のジーコジャパンにはさっぱり興味が湧かないのですが、鄭智君のおかげで日本vs中国は日本を応援することに決めました(笑)
(2005.05.23 18:15:05)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まんまと釣られましたw

珍事?ツーロン国際メンバー発表前にHPに掲載

 来月フランスで開催されるツーロン国際に出場する日本のメンバー27人が、日本協会の発表を前に大会ホームページに掲載される珍事?が発生。浦和のMF長谷部ら主力選手も名を連ねていたため、日本協会・田嶋技術委員長は18日のJ強化担当者会議で「大会側から早くメンバーを出してほしいといわれたのでダミーのメンバーを出した」と経緯を説明した。各クラブと協議し、23日に正式メンバーを発表する。

まぁ、おかしいとは思っていたけどさ。B代表強化なんて言っているから、若手もその路線かなと考えていたわけさ。北野ファンとしてはさ、信じたいじゃないの? へぇ、”ダミー”ですか。”ダミー”扱いされた選手やそのファンの気持ちはどうでもいい訳ですか。

今に始まったことではないけど、田嶋って本当にアホウだ。

釣られるこっちもアホウだが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月18日 (水)

濃い血を作ること

山東戦の写真が載っていたので久々にサカダイを買った。試合後の横浜ゴール裏、うなだれる奥。センターサークルでピッチに崩れ落ちている那須。ついでに、セルジオさんも”高いところ”から、いつものように苦言を呈してくれているし。あの悔しさを忘れないために、節目節目に見返したい。

で、それは置いておいて。

たまたま買ったサカダイと、いつも買うサカマガともに、サッカー以外のスポーツチームを持つ2つの団体関連の記事が掲載されていた。

サカマガは、アルビレックスにサッカー、バスケ、チアリーダーズ、ウインタースポーツに次ぎランニングクラブが出来たという記事。サカダイは、ベルマーレの加藤選手(サッカー)と、安藤選手(女子ソフトボール)の対談。
#最近のサカマガとサカダイは企画がかぶるシンクロすることが多いなぁ・・・

ついでに、バルサの優勝記事でも、祝勝会場にヨーロッパチャンピオンであるホッケー部、同じくハンドボール部が優勝報告を行い、最後にサッカーの優勝報告を行ったとあった。

統一ブランドの元に、複数の競技団体が活動するというのは、長い目で見ると横浜にも愛媛にも必要なことではないかな、と漠然と思う。多分マリノスを名乗るフットサルチームがあれば応援するし、愛媛FCを名乗る野球チーム(FCはないか:)があれば、愛媛FCサポは応援するだろう。それがトリコロールの血を、オレンジの血を濃くする事につながるのではなかろうか。

サカダイの対談より

 ソフトボールの試合に、サッカーのサポが大勢駆けつけてチームフラッグを振り、ベルマーレコールを叫んで応援してました。

 安藤:あの応援を聞いたとき、恥ずかしい話ですけど、私、泣いてしまいました。

 ビーチバレーでも同じような光景が起きています。彼らはサッカーのサポでなく、ベルマーレのサポなんですよね。


ここまで書いたところで、↓を見たら、見事テーマがかぶるシンクロしてました(笑) あちらの方が深いですが。

http://blog.goo.ne.jp/a2cix/d/20050517

~~~~~~~~~~~~~~~

血を濃くすること    a2cixさん 
トラックバックありがとうございます。
同じところで記事を書くとは驚くべきシンクロ率ですね。サカダイのほうも読んでみます。(2005.05.19 23:22:46)

Re:血を濃くすること(05/18)    ultraleftyさん 
a2cixさん
>トラックバックありがとうございます。
>同じところで記事を書くとは驚くべきシンクロ率ですね。サカダイのほうも読んでみます。

実際、あまり大口スポンサーの期待できない愛媛FCにとっては、総合スポーツクラブへの道は中長期的に検討するに値するアイデアですね。ま、その前にJ2!ですけど。土曜日にまた。(2005.05.20 01:15:47)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月17日 (火)

覚書 #1

広い日スタを埋めるトリコロールは存在だけで力となる。

他に娯楽が多いから、地元意識が薄いからってのはきっと嘘だ。
何かが足りないはず。瓦斯の動員増加を研究すべし。

セグメンテーション
 コア
 セミコア
 ミドル
 ライト

与えられたスペクタクルには人はすぐに麻痺してしまう。
自らスペクタクルを作り出すこと。

1人の大声よりも、10人の手拍子の方がスタジアムでは有効だ。
10人の手拍子よりも、10人の大声の方がスタジアムでは有効だ。

強烈な成功体験/失敗体験は観客をサポーターにする。

自ら参加する事で、一見はリピーターになり、観客はサポーターになる。

参加 - 何に?どうやって?

最初は、オーレ!でタオマフを振り回すのが一番好きな応援だった。

楽しめる応援。参加しやすい応援。特にライト層に向けて。
できれば、身振りか声を伴うものを。

一体感。TheyではなくWe

反面教師としての代表応援。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月16日 (月)

土日の結果/JFL、四国リーグ、少年サッカー神奈川

■JFL第9節

 5/14(土) 愛媛FC 1-0 FCホリコシ 

遠征は中止して、初のネット観戦。永富の1発が決勝点。個人が今一識別できなくて、やってくれるのはうれしいがストレスがたまる。やっぱサッカーは生じゃないとダメだ。

ホリコシは、森、鏑木、平間と、マリノスゆかりの選手が3人も出場。蔵川も後半から出場。おまけにアマラオまで。生で見たかった。後期のアウェイは行くから、ちゃんと全員出るように。

■四国リーグ第5節

 5/15(日) しまなみFC 3-2 高松FC

■2005年度 第29回全日本少年サッカー大会神奈川大会

 5/15(日)
  プライマリー新子安 13-0 バーシモン
  プライマリー新子安 12-0 ルベント

  プライマリー追浜 1-0 駒林SC
  プライマリー追浜 1-0 上溝FC

去年の全国大会覇者新子安は危なげなく、追浜は苦戦ながら共にベスト128(笑)


~~~~~~~~~~~~~~

来週    izumi。さん 
お邪魔しますんでよろしく。
佐川側でバルサホーン聴こえたら私ですから(2005.05.17 00:16:17)

Re:来週(05/16)    ultraleftyさん 
izumi。さん
>お邪魔しますんでよろしく。
>佐川側でバルサホーン聴こえたら私ですから

了解。お待ちしてます。って、そちらホームですね(笑)(2005.05.17 11:32:26)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北野!

6月1日からのツーロン2005登録選手。
北野がんばれ。ユウタロウも最近は調子いいんかい?

日程は
 6/1 vsメキシコ
 6/3 vsフランス
 6/5 vs南アフリカ(?)

ソースはこちら
http://www.festival-foot-espoirs.com/festival-foot-espoirs/list-festival-foot.php?equipe_id=5&menu=festival

N° Nom Prénom Surnom Position Club A U-21 U-20 Date de naissance

- Tokushige Kenta Gardien Urawa Reds UAE2003 T&T2001 09/03/1984

- Kimura Atsushi Gardien Gamba Osaka T&T2001 01/05/1984

- Maeda Kazuya Defenseur F.C. Tokyo 08/01/1984

- Ohi Ohi Kentaroh Defenseur Jubilo Iwata T&T2001 14/05/1984

- Aoki Ryota Defenseur Gamba Osaka T&T2001 19/08/1984

- Chiba Takahito Defenseur Cerezo Osaka 07/11/1984

- Kikuchi Naoya Defenseur Jubilo Iwata JO 2004 UAE2003 T&T2001 24/11/1984

- Matsushita Kohei Defenseur Jubilo Iwata 24/07/1985

- Hasebe Makoto Milieu Urawa Reds 18/01/1984

- Baba Yuta Milieu F.C. Tokyo 22/01/1984

- Suzuki Norio Milieu F.C. Tokyo UAE2003 14/02/1984

- Fujimoto Jungo Milieu Tsukuba Univ. T&T2001 24/03/1984

- Naruoka Sho Milieu Jubilo Iwata UAE2003 T&T2001 31/05/1984

- Hirabayashi Kiyohiro Milieu Nagoya Grampus Eight T&T2001 04/06/1984

- Tamano Jun Milieu Tokyo Verdy 1969 19/06/1984

- Kudo Kohei Milieu Jef United Chiba T&T2001 28/08/1984

- Yazawa Tatsuya Milieu Kashiwa Reysol UAE2003 03/10/1984

- Osawa Tomoya Milieu Omiya Ardija T&T2001 22/10/1984

- Kuba Masamoto Milieu Tokyo Verdy 1969 T&T2001 21/11/1984

- Kondo Yusuke Milieu F.C. Tokyo 05/12/1984

- Takagi Kazumasa Milieu Montedio Yamagata 17/12/1984

- Mogi Hiroto Attaquant Sanfreece Hiroshima UAE2003 T&T2001 02/03/1984

- Yano Kisho Attaquant Kashiwa Reysol T&T2001 05/04/1984

- Nakashima Yuki Attaquant Kashiwa Reysol 16/06/1984

- Abe Yutaro Attaquant Montedio Yamagata UAE2003 T&T2001 05/10/1984

- Nakahara Takayuki Attaquant Vegalta Sendai 18/11/1984

- Kitano Sho Attaquant Yokohama F. Marinos T&T2001 20/11/1984



Entraineur
Nom Prénom Fonction Titre

Takada Toyoharu Chef de delegation Directeur technique de la J.F.A

Ishii Tomoyuki Entraineur

Ueno Nobuhiro Entraineur adjoint

Kawamata Noriyuki Entraineur gardiens

Tanaka Yusuke Kinesithérapeute

Motegi Tetsuya Coordinateur

Ohinata Kenji Coordinateur

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月15日 (日)

J1 第12節 vs浦和 あるいは、自滅的な敗北感

試合内容については、今チームが置かれている状況を考えると悪くはないと思うけど、反省点は毎度毎度一緒。決めるべき時に決められないと、こういう結果になる。左右からのクロス、安の個人技だけに頼った攻撃だけじゃ勝てないよ。2003年のチーム全体が前へ、前へと進んでいた頃を思い出して欲しい。

それと、せっかく獲得した外国人を使わない/使えないと判断したなら、中断期間中に、さっさと別の補強を考えて欲しい。また、そんな外国人を獲ったことについてきっちり責任を追及して欲しい。チケットを買って欲しいとか、グッズを買って欲しいとかいうのなら、サポーターとしてできるだけ協力はするけど、その代わり、その金はサポーターが満足する方法で使って欲しい。

以上、中断を迎えるにあたっての、フロントへの要望。

で、サポートについて。

試合終了後、選手挨拶の時にコアサポは無言で迎えた。どんな結果に終わろうと、13連戦をボロボロになって戦った選手のために、いつも以上の拍手とコールで迎えてあげたいと思っていたので、ゴール真裏から起こったわずかなコールに合わせて精一杯コールはしたけど、全然選手を励ます事ができるものではなかった。勝てなかったことよりも、そういう終わり方でリーグ戦中断を迎えることの方がショックだった。相手の歓喜のコールが一層身にしみた。試合中は全く気にならなかったのに・・・

~~~~~~~~~~~~~~

Re:J1 第12節 vs浦和 あるいは、自滅的な敗北感(05/15)    あき.さん 
こんばんは。

>13連戦をボロボロになって戦った選手のために

↑ボロボロに疲れているのはultraleftyさんも一緒なのではないでしょうか?

・・・と思いましたがより一層強くなった感じがしますね^^(サイト名変わったからでしょうか?)

浦和対横浜戦観ました!(TVで)
DF河合選手のプレーにりうも私も目が離せませんでした。特に自分のミスパスからのカウンターを自ら止めたシーン!!こういうのスキなんです~^^
なんだか・・日記からズレたコメントでごめんなさい。。

(2005.05.18 01:20:28)

Re[1]:J1 第12節 vs浦和 あるいは、自滅的な敗北感(05/15)    ultraleftyさん 
あき.さん
>・・・と思いましたがより一層強くなった感じがしますね^^(サイト名変わったからでしょうか?)

少なくともアジア一になるまでは、へこたれてはいられません(笑)

>浦和対横浜戦観ました!(TVで)
>DF河合選手のプレーにりうも私も目が離せませんでした。

河合は浦和戦になると5割はパフォーマンスアップしますね。サブに甘んじず、日ごろから努力してるんでしょうね。頭が下がります。

>なんだか・・日記からズレたコメントでごめんなさい。。

いえ、いえ。それはそれ、これはこれです。コメントありがとうございます。

(2005.05.18 21:40:02)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月14日 (土)

電網的蹴球体、終了のお知らせ

二車線の国道をまたぐように架かる虹を
自分のものにしようとして
カメラ向けた

光っていて大きくて
透けている三色の虹に
ピントが上手く合わずに
やがて虹は消えた

胸を揺さぶる憧れや理想は
やっと手にした瞬間にその姿を消すんだ

でも何度でも 何度でも
僕は生まれ変わって行く
そしていつか君と見た夢の続きを
暗闇から僕を呼ぶ
明日の声に耳を澄ませる
そうだ心に架けた虹がある

カーテンが風を受け
大きくたなびいている
そこに見え隠れしている
テレビに目をやる

アジアの極東で
僕がかけられていた魔法は
誰かが見破ってしまった
トリックに解け出した

君は誰だ? そして僕は何処?
誰も知らない景色を探す
旅へと出ようか

そう何度でも 何度でも
君は生まれ変わって行ける
そしていつか捨ててきた夢の続きを
ノートには消し去れはしない昨日が
ページを汚してても
まだ描き続けたい未来がある

叶いもしない夢を見るのは
もう止めにすることにしたんだから
今度はこのさえない現実を
夢みたいに塗り替えればいいさ
そう思ってんだ
変えていくんだ
きっと出来るんだ

そう何度でも 何度でも
僕は生まれ変わって行ける
そしていつか捨ててきた夢の続きを
暗闇から僕を呼ぶ
明日の声に耳を澄ませる
今も心に虹があるんだ
何度でも 何度でも
僕は生まれ変わって行ける
そうだ まだやりかけの未来がある

Mr.Children 「蘇生」

~~~~~~~~~~~~~~~

Re:電網的蹴球体、終了のお知らせ(05/14)    ちのっぴいさん 
ということは、タイトルが変わった
んですよね。
別な方面の心配をついしてしまいました…。
(汗)

そして、この詩の意味を噛みしめておかな
ければいけないなぁと思います。(2005.05.14 21:07:44)

Re[1]:電網的蹴球体、終了のお知らせ(05/14)    ultraleftyさん 
ちのっぴいさん
>ということは、タイトルが変わったんですよね。
>別な方面の心配をついしてしまいました…。(汗)

気分一新で変えて見ました。
ブログだけでなく、サポーターとしてのあり方も変えていかないと、と思っています。

>そして、この詩の意味を噛みしめておかなければいけないなぁと思います。

ミスチルはいつも苦しい時にふと脳裏に歌詞が浮かびます。
桜井さんはやっぱ偉大ですね。
(2005.05.14 21:19:34)

Re:電網的蹴球体、終了のお知らせ(05/14)    makochanさん 
タイトルから一瞬ビックリしましたが、同じ市ヶ尾住民として、これからも宜しくお願いします!(2005.05.14 22:42:12)

Re[1]:電網的蹴球体、終了のお知らせ(05/14)    ultraleftyさん 
makochanさん
>タイトルから一瞬ビックリしましたが、同じ市ヶ尾住民として、これからも宜しくお願いします!

ビックリさせてごめんなさい。これからも一緒に横浜を盛り上げていきましょう。(2005.05.15 07:01:13)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月13日 (金)

断念

横浜が、もっともっと強くなるために何が出来るか。

とりあえず、浦和戦を全力で戦う事から始めたい。

ホリコシ戦ホーム遠征はキャンセルしました。

ゴメンなさい。



10%くらいの理由

もう乗り物に乗るのは飽きました。

しばらくは飛行機もバスもいいです(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月12日 (木)

家に着くまでが遠征

5:30 起床。よく眠れなかった。

7:30 バスで青島に向け出発。4時間30分。

14:00 ANAで関空に向け出発。2時間15分。

19:10 ANAで羽田に向け出発。1時間15分。

21:00 リムジンバスでたまプラに向け出発。50分。

22:00 田園都市線で市ヶ尾に。6分。

22:30 帰宅。

疲れた・・・ 飛行機、バス、お腹一敗(なんて変換しやがる!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無事帰ってきました。

取り急ぎご報告。
また後ほど。

~~~~~~~~~~~~~~~

Re:無事帰ってきました。(05/12)    エイメイ510さん 
お疲れ様でした。
現地話、期待してます。(2005.05.13 07:38:02)

おかえりなさい。    ocdさん 
無事に帰ってこられて何よりです。(2005.05.13 09:17:31)

Re:無事帰ってきました。(05/12)    ごまっつ(TAKA)さん 
お疲れ様でした。

でも勝って欲しかったさすがにACLだけは。(2005.05.13 22:34:51)

Re[1]:無事帰ってきました。(05/12)    ultraleftyさん 
エイメイ510さん
>お疲れ様でした。
>現地話、期待してます。

疲れましたorz
(2005.05.14 21:13:49)

Re:おかえりなさい。(05/12)    ultraleftyさん 
ocdさん
>無事に帰ってこられて何よりです。

皆さんから預かった思いをカタチにできなくて残念です。また1から頑張りましょう。(2005.05.14 21:14:32)

Re[1]:無事帰ってきました。(05/12)    ultraleftyさん 
ごまっつ(TAKA)さん
>お疲れ様でした。

>でも勝って欲しかったさすがにACLだけは。

三ツ沢の初戦で点が取れなかったのが痛かった・・・
あれ、あの時テロリストごまっつさんは確か向こう側で・・・(笑)
(2005.05.14 21:16:10)

Re[2]:無事帰ってきました。(05/12)    ごまっつ(TAKA)さん 
>>三ツ沢の初戦で点が取れなかったのが痛かった・・・
>あれ、あの時テロリストごまっつさんは確か向こう側で・・・(笑)

それはいうまいお約束だもの(笑)。
おそらくいつもこれからもアウェィ側でしょう。

日本のサッカーをもっと強くするためにも。(2005.05.15 11:21:44)

Re[3]:無事帰ってきました。(05/12)    ultraleftyさん 
ごまっつ(TAKA)さん
>>あれ、あの時テロリストごまっつさんは確か向こう側で・・・(笑)

>それはいうまいお約束だもの(笑)。
>おそらくいつもこれからもアウェィ側でしょう。

>日本のサッカーをもっと強くするためにも。

じゃ、消化試合ですが、25日もよろしくお願いします。ただ、横浜サポーターにとっては特別な意味を持つ試合ですので、あまり刺激しない程度に。
(2005.05.15 17:46:26)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月11日 (水)

ACL 第5戦 vs山東魯能秦山 あるいは、絶対に忘れない

田園都市線、京成線を乗り継ぎ、成田には8時前に到着。10:30のANAで青島に向け出発。初のマイモニターつきの機体に感動。ゲームもできるのか!(笑) 客室常務員は日本人だし、周りもトリコロールの日本人だし、何か海外に行くって感じがしない。ちょっと距離の長い国内アウェイって感じだ。

と思っていたのは到着するまで。空港には公安が待機しており、我々の乗るバスは公安のパトカーの先導付きで済南に向かう。パトは前を行く車に激しいプレスをかけ、強引に道を明けさせる。まるで松田のドリブルでの駆け上がりのようだ(笑) すげーと思っていたが、こんなのは序の口であることを後で知ることになる。

2005051101

済南まではバスで4時間30分。車中で両替を済ませる。なんだってこんなにボロボロの紙幣なんだろう。同行取材のテレ朝クルーには最後尾に陣取った武闘派(?)から「角澤○ね!」コールやら、「ACLゴールデンタイムに生中継しろ!」とか言った声が飛び、”和やかな”雰囲気でバスは進む。だが、それも一段落すると後はやる事がない。今晩の戦いに備えて体力を温存。

2005051102

車外に目を移すと、道の両側には延々とポプラが植えられており、頭の中ではなぜか、♪君が涙の時には 僕はポプラの枝になる~~ がループ。でも何度ループしても、ポプラが続く。眠って起きてもポプラ。右を向いても、左を向いてもポプラ。いい加減飽きてもポプラ。中国広すぎ。

2005051103

途中休憩を取ったサービスエリアのトイレは、小の方は仕切りがあるし、大の方も扉はちゃんとある。鍵はないけど(笑) もちろん紙もない。でも、想像していたのよりは大分まし。

陽が落ち始めるころようやく済南に到着。道すいてるなぁと思っていたら、合流地点では別のパトが道路を封鎖。高速を降りても、道という道が封鎖されており、道路沿いには公安と人民解放軍がずらっと並ぶ。かなりVIP待遇だ。ていうか、腫れ物待遇だ。当局の警備にかける本気度が伺える。たかが百数十人の日本人のために、何万(?)という人間が警備に当たっている。

スタジアムに近づくにつれ警備の人数も増え、入場を待つ観客の姿も増える。彼らに見つめられながらスタジアム側にバスを乗り入れる。3年前の仙台戦オフィシャルツアーで、仙台サポの中をバスで乗り入れた時以来の、それ以上の快感。ヘンな話、権力って甘美だなと。

2005051104

2005051105

2005051106

バス内で今回は持ち込みがかなり制限されるとの説明が。フラッグ、ゲーフラ、バンデーラなんかは全部禁止。ペットボトルや紙パックもダメ。ゼリー系もダメ。水分は応援席後方に水を用意するので、ハーフタイムに紙コップで飲めと。デジカメもダメ。でも、カメラ付きでも携帯は何故かOK。訳判らん。

バスを降りたところで荷物チェック。ここでカバン類は一切弾かれる。続いて”もぎり”で金属探知機まで使って、持ち物チェック。ポケットの中身はすべて出させられる。ようやくスタジアムに入ると今度は客席入り口で、小銭も全部預けろと。小銭なんて聞いてないよ!それにチェックするのはいいけど、1回で済ませろよ!幸い小銭は全部バスの中に入れていたが、財布にはなぜか記念コインが入っていた。預けるのもしゃくなので、靴に隠して無事突破。かなり気分が悪い。

で、スタジアムはこんな感じ。中国人エリアとは十分な緩衝地帯が設けられているし、トラックがあってピッチも遠い。こんな遠くて、どうやってモノ投げるんだよ!

2005051107

2005051108

2005051109

山東のボールを持ったときの複数人が連動して攻めあがってくるときのスピードは、三ツ沢では見られなかったのでちょっと意外だ。横浜の攻撃はロングボールを放り込み、前線の個人技に頼るだけの正直"つまらない"サッカー。そんな断片的なイメージはあるが、細かい試合展開はあまり記憶がない。

#なぜ、そんなつまらないサッカーしか出来ないのか、やらざるを得ないかが判りすぎるほど判るのでこれは、悔しさを倍増させるばかり。

それより、散々痛がっていた癖に、担架で外に運ばれるや否やすっと立ち上がる山東の選手。山東の露骨な演技に簡単に騙されてファールを与える審判。2点差をつけての勝ちが必要なのに、いつまでもつまらない小競り合いを続け時間を無駄に消費する安。そんな腹立たしい記憶の方が強い。

負けたことよりも、勝てなかったことが悔しい。小ざかしい演技や、レベルの低いジャッジをものともせず、圧倒できるような強さがなかったことが悔しくてたまらない。

試合後、整列も忘れてゴール裏に挨拶にくる中澤。挨拶を終え、とぼとぼ歩いてくる選手達。横浜コールをしている間中、涙が止まらなかった。もっと、もっと強くなりたい。

2005051110

| | コメント (0) | トラックバック (0)

じゃ、ちょっくら

行ってきます。

We Are F・Marinos!


~~~~~~~~~~~~~

気をつけて    ocdさん 
日本から念送ってます。(2005.05.11 09:14:44)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月10日 (火)

U-18日本代表候補トレーニングキャンプメンバー(5/15~19)

U-18日本代表候補トレーニングキャンプメンバー(5/15~19)(05/5/10)

【スタッフ】
監 督  吉田 靖  YOSHIDA Yasushi【(財)日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ】
コーチ  森保 一  MORIYASU Hajime【(財)日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ/サンフレッチェ広島】
コーチ  安達 亮  ADACHI Ryo   【(財)日本サッカー協会ナショナルトレセンコーチ/横浜F・マリノス】
GKコーチ 加藤 好男 KATO Yoshio  【(財)日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ】

【選 手】
Pos. 氏 名         NAME       生年月日  身長 体重     所 属
GK 林 彰洋      HAYASHI Akihiro   1987.05.07 190cm 79kg 流経大柏
  武田 洋平     TAKEDA Yohei    1987.06.30 189cm 76kg 大津
  秋元 陽太     AKIMOTO Yota    1987.07.11 180cm 74kg 横浜ユース

DF 福元 洋平     FUKUMOTO Yohei   1987.04.12 184cm 73kg 大分U-18
  槙野 智章     MAKINO Tomoaki   1987.05.11 178cm 66kg 広島ユース
  西澤 代志也    NISHIZAWA Yoshiya  1987.06.13 174cm 63kg 浦和ユース
  三原 直樹     MIHARA Naoki    1987.06.19 173cm 66kg ヴェルディユース
  作田 裕次     SAKUDA Yuji     1987.12.04 182cm 75kg 星稜
  伊藤 博幹     ITO Hirotada    1987.12.05 184cm 79kg ガンバユース
  堀越 寛人     HORIKOSHI Hiroto  1987.12.08 180cm 72kg 前橋育英
  安田 理大     YASUDA Michihiro  1987.12.20 170cm 64kg ガンバユース
  内田 篤人     UCHIDA Atsuto    1988.03.27 175cm 60kg 清水東
  大島 嵩弘     OSHIMA Takahiro   1988.04.14 179cm 69kg 柏U-18
  三澤 慶一     MISAWA Keiichi   1988.06.11 168cm 63kg 前橋育英

MF 梅崎 司      UMESAKI Tsukasa   1987.02.23 167cm 64kg 大分
  村田 翔      MURATA Sho     1987.04.02 178cm 65kg FC東京U-18
  横谷 繁      YOKOTANI Shigeru  1987.05.03 177cm 64kg ガンバユース
  森野 徹      MORINO Toru     1987.05.12 168cm 60kg 市立船橋
  森重 真人     MORISHIGE Masato  1987.05.21 179cm 72kg 広島皆実
  柳澤 隼      YANAGISAWA Jun   1987.06.27 173cm 62kg 柏U-18
  大畑 将徹     OHATA Masayuki   1987.07.05 178cm 72kg 星稜
  中川 裕平     NAKAGAWA Yuhei   1987.07.24 177cm 65kg 四日市中央工
  山本 真希     YAMAMOTO Masaki   1987.08.24 176cm 67kg 清水ユース
  青山 隼      AOYAMA Jun     1988.01.03 182cm 70kg 名古屋ユース

FW 河原 和寿     KAWAHARA Kazuhisa  1987.01.29 173cm 65kg 新潟
  木原 正和     KIHARA Masakazu   1987.04.19 164cm 56kg 広島ユース
  ハーフナー マイク HAVENAAR Mike    1987.05.20 194cm 75kg 横浜ユース
  森島 康仁     MORISHIMA Yasuhito 1987.09.18 186cm 80kg 滝川第二
  小澤 竜己     KOZAWA Ryuki    1988.02.06 170cm 68kg 青森山田
  伊藤 翔      ITO Sho       1988.07.24 181cm 67kg 中京大中京

【スケジュール】
5月17日(火)トレーニングマッチ vs 浦和レッズサテライト
5月18日(水)トレーニングマッチ vs ジェフユナイテッド千葉

【今後の活動予定】
6月 6日~16日  ポルトガル遠征(リスボン国際トーナメント参加)
7月11日~18日  第9回国際ユースサッカーIN新潟
8月14日~21日  2005 SBSカップ国際ユースサッカー
9月中旬     仙台カップ
10月中旬     トレーニングキャンプ
11月14日~27日  AFCユース選手権予選(日本・チャイニーズタイペイ・朝鮮民主主義人民共和国)

~~~~~~~~~~~~~~~

Re:U-18日本代表候補トレーニングキャンプメンバー(5/15~19)(05/10)    h_heitaさん 
エスパルスの山本、星陵の大畑、青森山田の小澤あたりはU20に入れて鍛えてもいいくらいですね。
というかヴェルディの森本も本来この世代かぁ。
2008年北京組は結構強そうかも。(2005.05.10 23:37:42)

Re[1]:U-18日本代表候補トレーニングキャンプメンバー(5/15~19)(05/10)    ultraleftyさん 
h_heitaさん
>エスパルスの山本、星陵の大畑、青森山田の小澤あたりはU20に入れて鍛えてもいいくらいですね。

山本はよさげですね。生で見てみたいです。でもプリンス出場は反則ですね。

>というかヴェルディの森本も本来この世代かぁ。
>2008年北京組は結構強そうかも。

ん~~ん、どうでしょう。まだ良く知らないせいか、個性をあまり感じないんですよね。最近の若手は。
(2005.05.14 21:09:36)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は夕方からこれとこれがエンドレスで仕事にならなかった

♪横浜F・Marinos

トリコロールの勇者よ

オレらと闘おう

アジアを勝ち取ろう



♪一人一人の気持ちを合わせて

たどり着こうぜ 最高の場所へ

闘おう皆で 横浜F・Marinos

俺がやってやる!って気持ちが大事さ

~~~~~~~~~~~~~~~

ちゃんとお仕事してください!(笑)    むちゅめの母さん 
今頃は大陸ですね。
今度うちに遊びにくるときにでも、おみやげ話聞かせて下さい。(2005.05.11 14:24:26)

Re:ちゃんとお仕事してください!(笑)(05/10)    ultraleftyさん 
応援が仕事です(笑)
(2005.05.14 21:07:29)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月 9日 (月)

土日の結果/四国・関東プリンス、JFL、四国リーグ、U15神奈川

■プリンス関東

 5/8(日) 横浜ユース 3-1 浦和ユース

得点者:陽介、佐藤(由)、陽介、三浦。あれ、全部横浜の選手じゃん!?(笑) 宿敵浦和を破り見事Bグループ首位。GK:秋元、DF:藤川、佐藤、田代、MF:富井、三浦、幸田、森谷、大久保、柳、FW:斉藤。マイクは試験のため欠場(笑) 大変だ、高校生は。残り試合も頑張ろう!

■プリンス四国

 5/7(土)
  愛媛ユース 1-3 高知
  済美 2-3 南宇和
  松山工業 1-0 香川西

愛媛ユースが今大会初の黒星。ここまで失点1のDF陣が一気に失点3とは。こっちも守備の要が期末試験だったのか? 勝点差2で、徳島商業、高松商業、高知、松山工が並ぶ。

■JFL第8節

 5/8(日) 栃木SC 3-2 愛媛FC

「一度も負けたことがない栃木との対戦」とか言ってると、負けるのがこの世の習わし。奢ることなく、真摯に、ひたむきに。

■四国リーグ第4節

 5/8(日) しまなみFC 0-3 三洋電機

前節南国高知を破った三洋電機に完封負け。どうした、三洋電機!?

■第20回 日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会 神奈川県大会

 5/7(土)
  新子安 4-0 フットワーク
  追浜 3-1 ベルマーレ

 5/7(日)
  新子安 0-0(PK7-8) 横浜FC泉JY
  追浜 5-0 FC湘南JY

新子安はまさかの2回戦敗退。無失点で敗退か・・・ まあ、神奈川の頂点はダメでも、関東の、全国の頂点を狙えばいい。少しでもいい相手を選ぶため、気持ちを切り替えて、横浜FC鶴見JYとの5~8位決定トーナメントに臨もう。

追浜は照井、小川、小谷、古川、長崎と前線の5人が1点づつ決め圧勝。素晴らしい!次は1回戦、2回戦とPK戦で勝ち上がってきたターレと6/4(土)に。会場未定。


~~~~~~~~~~~~~~~

Re:土日の結果/四国・関東プリンス、JFL、四国リーグ、U15神奈川(05/09)    h_heitaさん 
松山工はウチの親父の母校なので、勝ってくれるとなんとなくうれしいです。
選手権出場の済美は今一つ調子に乗りきれないのでしょうか。
というか、徳島市立がボロボロ...
一時期の強さはどこへやらですね。(2005.05.10 01:00:11)

Re[1]:土日の結果/四国・関東プリンス、JFL、四国リーグ、U15神奈川(05/09)    ultraleftyさん 
h_heitaさん
>松山工はウチの親父の母校なので、勝ってくれるとなんとなくうれしいです。
愛媛FCにとっては最大のライバルですね。

>選手権出場の済美は今一つ調子に乗りきれないのでしょうか。
というか、今回まだ1勝もしてません。つい半年前は高校サッカーに出場していたというのに・・・
(2005.05.10 01:52:24)

Re:土日の結果/四国・関東プリンス、JFL、四国リーグ、U15神奈川(05/09)    媛太郎さん 
某トップチーム(怒)は放っておいて済美のネタに反応。
まだプリンスリーグで1勝もしていないとのことですが、そう言えば済美は野球部も不調。
サッカー部も野球部も、かなりの好成績を挙げた第1期生が卒業した今年度は苦戦が続いているようです。(2005.05.10 22:07:55)

Re[1]:土日の結果/四国・関東プリンス、JFL、四国リーグ、U15神奈川(05/09)    ultraleftyさん 
媛太郎さん
>まだプリンスリーグで1勝もしていないとのことですが、そう言えば済美は野球部も不調。
>サッカー部も野球部も、かなりの好成績を挙げた第1期生が卒業した今年度は苦戦が続いているようです。

へぇ。予算切れですかね。それとも最初から一発屋狙いだったのか。
愛媛のサッカー水準を上げるためには、周りに強豪が多い方がいい。
済美には愛媛FCが負けないけど何とか勝てる程度に強くなってほしいですね(笑)
(2005.05.10 22:49:44)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月 8日 (日)

J1 第11節 広島vs横浜 あるいは、横浜2007

いつものように、特便割引のきく早朝のANAにて広島に向かう。広島市内に着いたのは10時頃。行った事のない宮島に行きたかったのだが、あまり時間もなかったので、「描かれた禁断の果実:りんごの秘密 ~デューラーからセザンヌ、劉生へ~」なる展示会を開催中のひろしま美術館へ向かう。

この展示会はりんごが登場する作品をずらっと並べたもので、アダムとイブの話や、ギリシャ神話のパリスの審判をモチーフにした作品から、ビートルズをモチーフにした現代美術まで色々な作品が展示されている。

ピーター・グリーナウェイの作品で固定カメラでモノが腐っていく様子を映し出した作品があったなぁ、あれはりんごじゃなかったろうか・・・と考えながら会場に入ると、いきなりまさにりんごが腐っていく様子を捉えたビデオ作品が上映されていた。萩原朔美の「TIME 時の記録」という作品だった。へぇ、萩原朔美の方が早かったのかとちょっと感心。

岸田劉生が欧州の静物画に刺激され、りんごをモチーフにした作品を多く残しているのは初めて知った。また、セザンヌの「リンゴとオレンジ」という有名な静物画を”素材”にした、森村泰昌の「批評とその愛人」、福田美蘭の「リンゴとオレンジ」が面白かった。

結局、ひろしま美術館で2時間ほど過ごして、近くのビルのレストラン街でアナゴ飯を食べてビックアーチに向かう。到着する頃にはすでに開場しているので、アストラムラインに乗車するともらえるピンバッチ(先着3500個)に間に会うかなと思ったが余裕でゲット。それでも、最終的に観客は22000人超だったから、もうちょっと遅かったらアウトだったかもしれない。

2005050801

スタジアムで、ユース友のHさんに会い、陽介先制ゴールの速報を聞き歓喜。某カリスマ高校生から速報が入るようなので、くっついて応援することに(笑) 

試合前、スタジアムDJからは、「ACL応援しているので日本の代表として山東戦は頑張ってください」とのメッセージ。これには「そう思うんなら、ついでに勝点3もくれ!」とか言ってたが、本心ではかなり感動した、というか、かなりうれしかった。ありがとうございました。中国ではがんばってきます。

でも、その前に目の前の敵は広島。今日の横浜は、GK:哲也、DF:中澤、中西、栗原、両サイドが塩川、熊林、山瀬兄弟が2ボランチで、トップ下には後藤、FWは坂田とジロー。おまけに、サブに北野、尾本、久保、奥、下川という、ある意味”豪華”なメンバー。

試合開始直前にユースのオウンで同点、試合開始すぐに陽介2点目を聞き、ユースの経過も気になってなかなか集中できなかった。でも、三浦の3点目を聞いてほぼ勝利が決まってからは、目の前の試合に集中。トップが勝たなきゃ、ユースの応援に行ってくれた人に悪いと思い、久々に集中した応援ができた。

試合そのものは、メンバーが大幅に変わっていて、いつもの横浜らしさがなく、受けに回った試合だったが、後半15分に熊クロスに塩ヘッドで先制。CSの河合のゴールぐらいうれしかった。これを守りきり、ほぼ1ヶ月ぶりの勝利。

何度も広島の攻撃に晒されたが横浜の3バックは固く、特に中澤の高さ、強さは素晴らしかった。やはり日本代表とはこういう選手だ。後ろで中澤が控えていたことが今日の勝利の大きな要因といってもいいだろう。

ユースも勝ち、トップも勝ち、GWの締めにふさわしい1日だった。

2005050802



~~~~~~~~~~~~~~~

遠征お疲れ様でした    ocdさん 
初めまして。2階席住民のocdです。

広島遠征お疲れ様でした。

山東も行かれるんですね。御武運をお祈りします。
(2005.05.09 16:16:45)

Re:遠征お疲れ様でした(05/08)    ultraleftyさん 
ocdさん
>初めまして。2階席住民のocdです。
ようこそ、いらっしゃいました。

>広島遠征お疲れ様でした。
いや、久々に本気で勝利を願って応援しました。疲れました・・・

>山東も行かれるんですね。御武運をお祈りします。
現地にいけないマリサポの気持ちも持って行きます。日本で勝利を祈っていてください。
(2005.05.09 18:47:18)

お疲れ様でした    サンフレたくやさん 
広島としては勝つべき試合だったので悔しいです。
でも、水曜は応援します。2点差以上で勝て!

(熊林の前半のドリブルでこけたのには笑わせていただきました(笑))(2005.05.09 20:27:03)

Re:お疲れ様でした(05/08)    ultraleftyさん 
サンフレたくやさん
>広島としては勝つべき試合だったので悔しいです。
勝点1で御の字だったので、まさか3とは思いませんでした。うちも圧倒的にシュートを打ったここ最近の試合は勝ってません。不思議なものですね、サッカーって。

>でも、水曜は応援します。2点差以上で勝て!
本当にありがとうございます。何としてもホームで行われる世界クラブ選手権に出場したいので、頑張ります。応援よろしくお願いします。

>(熊林の前半のドリブルでこけたのには笑わせていただきました(笑))
広島サポの目の前でしたね。何やってんだよ、城かよと思いました(笑)
(2005.05.09 21:45:13)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月 7日 (土)

だったら

今日届いたマリノスメルマガより。


「プライマリー追浜がJA全農杯チビリンピック2005小学生8人制サッカー全国決勝大会準優勝!」
5月4日~5日にかけて、日産スタジアムと日産フィールド小机にて「JA全農杯チビリンピック2005小学生8人制サッカー全国決勝大会」が行われました。4月に行われたJA全農杯チビリンピックの関東大会にて優勝した横浜F・マリノスプライマリー追浜も出場し、決勝まで進み、5日日産スタジアムで関西代表の高田FCと対決しました。決勝は0-1で惜しくも敗れてしまいましたが、全国大会準優勝という好成績を収めることができました。

昨年は、横浜F・マリノスプライマリー新子安が第28回全日本少年サッカー大会で優勝しました。今年も将来のF・マリノスを背負って立つ、F・マリノスプライマリーへの温かいご声援をよろしくお願いいたします。

”温かいご声援”送るから、ちゃんとHPのスケジュールを更新してください。時間と場所も正確に!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

U15県2次予選 新子安vsフットワーク、追浜vsベルマーレ あるいは、完璧

第20回 日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会 神奈川県大会2次予選。今日から予選はトーナメントに。1回戦に勝利したチームには、関東大会への出場権が与えられるので、1回戦を勝利することが至上命題。

ということで、まずは追浜へ。

■新子安 4-0 フットワーク

追浜に到着した頃にはまだ小雨が降っていたので、バックスタンド側で立っての観戦。グランドはぬかるんで、相当やりにくそうだ。前半15分、FKを端戸君が打点の高いヘッドで押し込み先制はしたものの、試合は一進一退の展開。新子安の少ないタッチで繋ぐパスも失敗の連続。パスミスを拾われて逆襲を食らう局面もしばしば。

後半に入る頃には雨もほとんど止み、だんだん新子安らしいプレイが見られるようになる。谷岡君、麿見君、谷岡君(強烈なミドルシュート。初めて決まったのを見た:)とゴールを上げ、4-0で新子安が快勝。

___端戸仁(9)___磨見朋樹(19)___

吉崎駿(13)__荒井翔太(7)__曽我敬紀(2)

___谷岡慎也(12)__佐藤優平(8)___

上坂文哉(5)__臼井翔吾(4)__北野龍(15)

______五十嵐龍之介(1)______


交代:磨見→松尾康祐(11)

得点:前半1-0、後半3-0

端戸、谷岡×2、麿見

2005050701

■フロンターレU15 0-0(PK7-6) 横浜栄FC

追浜戦の後半ぐらいから、バックスタンドは次のターレvs栄の応援の控え選手、パパサポ、ママサポで一杯に。横浜のパパサポ、ママサポはあんまりいないのに、ターレのパパサポ、ママサポは何であんなに多いんだろう?

先入観から、ターレが栄を圧倒、というような展開かと思っていたら、序盤にターレが幻のゴールを決めるものの、徐々に栄が試合の主導権を握る。栄の運動量に、ターレはなかなかボールを収められない。おまけに、前線があまり大きな選手でないので、栄の大型DFにすぐに行く手を阻まれボールを失ってしまう。

しかし、攻めたてながらも栄はどうしても1点が奪えず、結局0-0のまま試合終了。決着はPKに。

 栄 ○○○×○ ×○○×
 川 ○○○○× ×○○○

という、息詰まる展開。結局9本目でターレが勝利を決めた。

栄は選手皆が非常によく声を出し、また、よく走り非常に気持ちのいいチームだった。中立の立場で見ていたが、最後はすっかり栄を応援していた。PK戦で負けたあと、失敗した選手はその場に倒れこむ。残酷な一瞬。でも、君達の頑張りには感動したよ。胸を張って次の試合に臨んで欲しい。

2005050702

     ☆    ☆    ☆

その後、追浜の試合を見に初めてのベルマーレ大神グランドに。電車が遅れ東海道線の乗り継ぎに失敗したため、平塚には16:00頃到着。試合開始には間に合いそうもない。おまけに地図を持ってくるのを忘れて、大神からどう行けばいいのかわからない。何とかなるかと開き直ってバスに乗って出発を待っていると、師匠(と勝手に呼ばせてもらいますが、鱸じゃありません:)がご乗車に(笑)。ああ、助かった。人間万事塞翁が馬ですね、岡ちゃん。

ということで、師匠と追浜vsベルマーレを観戦。

■追浜 3-1 ベルマーレ

まずは、クレー2面、土1面のグランドに感動。少し先の鉄橋には新幹線も走っているし、上空はパラグライダーも飛んでいる。いいとこじゃないか。けど、新幹線の通過音がうるさいのと、土手上観戦で選手が遠いのが玉に瑕(笑)

会場に着いた時には試合はすでに始まっていたが、すぐに照井君がゴリゴリとペナルティエリア内に切り込んでいき、個人技で見事なゴール。教祖(と勝手に呼ばせてもらいますが、怪しい人ではありません:)が、厳しい戦いになるというので、ぼこぼこにされるかもという恐れを持って見ていたので、ちょっと拍子抜け。

全体的に追浜のペースで試合が進み、古川君のゴールも決まり前半2-0。

照明の鉄塔が邪魔なので、中央に移動し、某ユース選手のお父さんと合流。隣には元トップ監督(代行だっけ?:) 後半も追浜ペースで試合は進むが、ベルマーレに素晴らしいゴールを決められる。長距離から放たれたボールは、GKの上をかすめ、ゴール上隅に。これは敵ながら、拍手を送るしかないゴール。

2-1でいやな予感もしたが、ベルマーレGKのキックミスを照井君が相手DF2名をぶっちぎりシュート。往々にして外しがちな局面だが、しっかりゴール。今日の照井君はすばらしかった。

3-1とし試合はほぼ決した。コーナー隅で時間を稼ぐなんて芸当は恐らく横浜の教科書には書いてないので、選手は皆、最後まで攻める。それが失点に結びつく事もあるだろうけど、個人的には横浜のそういう精神が好きなので、○

これで、新子安と共に関東大会出場を決めた。おめでとう。さらなる高みに!

__長崎健人(10)_照井謙吾(15)__原健人(11)_

__小谷駿介(8)_菅原鉄平(6)_古川大士(7)___

石渡野明(5)_阿渡真也(4)_菊池駿(3)_大貫拓磨(2)

_________内山元輝(1)_________


交代:原→小川駿輔(9)
   小谷→榎本大希(21)

前半:2-0(照井、古川)
後半:1-1(照井)

2005050703

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月 6日 (金)

GWの結果/JFL、U15神奈川、NIKE、全社愛媛予選

■JFL第7節

 5/4(水) 愛媛FC 2-0 アローズ

負傷の友近、今季初先発の永富の2トップで臨んだ愛媛。その2人が結果を出した。試合内容も良かったようで、某辛口サイトもしぶしぶ?喜びを(笑) だが、この目で見るまでは、信じないぞ(笑) ホリコシ戦には行くから、その時は素晴らしいサッカーを見せてくれ! 

■NIKE Premire Cup 2005

 5/3(火)
  愛媛FCJY 1-4 ヘミニス金沢
  愛媛FCJY 0-3 ベガルタJY

  徳島JY 1-3 広島JY
  徳島JY 2-3 京都JY

 5/4(水)
  愛媛FCJY 1-2 クマガヤSSC

  徳島JY 2-0 横浜FC泉JY

ということで、四国勢は共にグループリーグ敗退。四国全体で底上げをしていかないとまだまだ全国レベルで成績を残すのは難しい。ちなみに、優勝はクマガヤSSC、準優勝は大分トリニータU15。大分がここまでできるんだから、愛媛もいいとこまでいけるはず。近くに強豪がいる地の利を生かして、強化に努めて欲しい。

■第20回 日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会 神奈川県大会

 知らない間に 新子安 11-0 AZ FCエスペランサ

この結果、新子安は得点83、失点0という驚異的な記録で2次リーグ出場決定

■全社愛媛県予選

 4/30(日) 愛媛しまなみFC 7-1 久枝FC

とのこと。

~~~~~~~~~~~~~~~

Re[1]:GWの結果/JFL、U15神奈川、NIKE、全社愛媛予選(05/06)    ultraleftyさん 
ジュンちゃんで~すさん

関係のないエントリに自分の日記をコピペするのはマナー違反です。削除させていただきました。ご了承ください。
(2005.05.08 23:42:57)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月 5日 (木)

今日は

久々にOFF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月 4日 (水)

J1 第10節 vs清水 あるいは、またか!!!!!!!

 □ 02/13 A3 浦項 1-1 FKをヘッドで押し込まれ失点
 ○ 02/16 A3 深セ 0-2
 ● 02/19 A3 水原 3-1 CKのクリアミスから失点 
 ● 02/26 ZE 読売 2-2
 ● 03/05 J1 磐田 0-1 CKから神の手で失点
 ● 03/09 AC 山東 0-1 CKから失点
 ○ 03/12 J1 長居 2-3
 ○ 03/16 AC マカ 0-2
 ○ 04/02 J1 新潟 4-1
 ○ 04/06 AC テロ 1-2
 □ 04/10 J1 神戸 1-1 FKをヘッドで合わされ失点
 ○ 04/13 J1 木白 0-1
 □ 04/16 J1 吹田 2-2 CKからつながれて失点
 ○ 04/20 AC テロ 2-0
 ● 04/24 J1 大宮 1-2
 ● 04/28 J1 川崎 2-1
 □ 05/01 J1 読売 1-1 CKから失点
 □ 05/04 J1 清水 1-1 FKを折り返されて失点

セットプレイから失点して勝った試合は1試合もなし。
何とかならないんですか、岡田さん!(怒)

~~~~~~~~~~~~~

マリノス、無念!!     ジュンちゃんで~すさん 
久しぶりに、アンの先制ゴールが決まり、これはいける!と思った前半。
もう1点はほしかったかなあ。
田中隼磨くんも、一生懸命頑張っていて、いいシュートを打っていたけど、クロスバーに嫌われちゃってたよね。
後半に入って、エスパルスに勢いが出てきて、本来マリノスの十八番のはずのセットプレーから、逆に同点にされちゃった。
何か、めいいっぱい応援したのだけれども、結果的には、負けたような感じ。(>_<)
強烈な脱力感!!
アントラーズも勝っちゃったし、ますます、勝ち点の差が歴然と...
不調であったはずの、ジュビロやレッズに順位も逆転されちゃったね。
マリノス、がんばれ~!
広島戦は応援にいけないけれど、レッズ戦は応援に行くから、歯を食いしばってファイト!!
(その前に山東との試合があるか...) (2005.05.04 22:54:53)

Re:J1 第10節 vs清水 あるいは、またか!!!!!!!(05/04)    ジュンちゃんで~すさん 
もうすぐ、Jリーグは10000ゴールが間近。
きっと、8日には達成するでしょう。
今、疲れがピークに達しているマリノスの選手たちですが、ぱああっと、記念ゴールを決めてくれないかと、ひそかに祈っています。
8日のスタメン自体がどうなるのかわかりませんが、最強集団マリノスが、ゴールを目指して真剣勝負を演じてくれるでしょう。
その結果の10000ゴール、見ものですね。(2005.05.06 18:47:00)

Re:マリノス、無念!!(05/04)    ultraleftyさん 
ジュンちゃんで~すさん
>久しぶりに、アンの先制ゴールが決まり、これはいける!と思った前半。
チャンスは一杯あったのにはずし、セットプレイからの失点。へこみますね。

>何か、めいいっぱい応援したのだけれども、結果的には、負けたような感じ。(>_<)
>強烈な脱力感!!

はい。負けに等しい引き分けですね。

>広島戦は応援にいけないけれど、レッズ戦は応援に行くから、歯を食いしばってファイト!!
>(その前に山東との試合があるか...)

サポも今は我慢の時ですね。がんばって応援しましょう。
(2005.05.06 19:09:03)

Re[1]:J1 第10節 vs清水 あるいは、またか!!!!!!!(05/04)    ultraleftyさん 
ジュンちゃんで~すさん こんにちは。

>今、疲れがピークに達しているマリノスの選手たちですが、ぱああっと、記念ゴールを決めてくれないかと、ひそかに祈っています。

広島まで見に行きます。10000ゴールを横浜の選手が決めてくれれば、ここのところの不調もV字回復するかなぁと(笑)

あと、日記の内容を見てもらいたい場合は、トラックバックという機能を使えば、記事を丸ごとコピペしなくてすむから楽ですよ。相手の日記の「この記事のトラックバックURL:」ってトコにある http:... をコピーして、自分の日記を登録する時に、「相手先のトラックバックURL」ってトコに貼り付ければOKです。お試しあれ。

では、マリノスの優勝を願って中断までもうひとがんばりしましょう!
(2005.05.06 19:12:35)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月 3日 (火)

U15県予選 追浜vsSCH 他 あるいは、聖地巡礼2

NIKE Premire CUPは行き方を色々アドバイスを頂いたが結局断念。で、追浜に全クラ神奈川予選を見に出かけた。追浜vsSCH FC。

追浜の入ったグループAの4試合消化した時点の順位(上位4チームのみ)は

 1位:SCH FC 3勝1分 勝点10 得失点差28
 2位:横浜FC鶴見JY 3勝1分 勝点10 得失点差24
 3位:追浜 3勝1敗 勝点9 得失点差38
 4位:バディーJY 1勝1分2敗 勝点4 得失点差2

全チーム今日第5試合目を戦う。追浜は首位SCHと、鶴見は4位のバディと。2次予選進出は上位2チームなので、追浜はSCHに勝つしかない状況。

実は追浜に行くのはこれが始めて。駅を降りると駅前商店街はイースタンリーグの湘南シーレックスの旗があちこちに。マリノスの聖地の一つである追浜の商店街に、マリノスの旗がないのも寂しいな。横須賀はホームタウンになったことだし、追浜商店街の人にはマリノスも応援してもらいましょう>フロント

グランドに到着すると鶴見vsバディーの試合中だった。見ていた人に聞いたところによると、前半は0-0だったが、後半バディーの大量失点で10-0ぐらいらしい。やるな鶴見。

16:00に、追浜vsSCHはキックオフ。立ち上がりはイーブンな感じだっただが、徐々に追浜のペースに。前半1点、後半3点をあげ快勝。グループ2位で2次予選進出を決めた。頑張って、新子安と共に上に行って欲しい。

追浜のフォーメーションは4-3-3、もしくは両サイドが高く張り出した4-5-1か。どちらにせよ、中盤より前の選手は状況によってコロコロ位置が入れ替わるので、あまりフォーメーションを言っても意味がない。

(10)_(15)_(11)

_(8)_(6)_(7)_

(5)_(4)_(3)_(2)

___(1)___

交代:11→9
   15→21

前半:1-0(4番)
後半:3-0(10番、4番、21番)

この試合のあと2年生主体で、追浜vs横浜FCJY(多分鶴見)が行われた。30分×3。1本目1-0、2本目3-0、3本目8-0で追浜が圧勝。

U14日本選抜選出の榎本大希君は2,3本目に登場。2本目はFWで2得点、3本目は右サイドで1得点。初めて見たけれど、テクニックとボールキープ力のあるいい選手だ。もうちょっと声を出してチームを引っ張っていけるようになるといいと思うのだが。

あとは、2本目のGK君(1)のナイスセーブ連発が記憶に残っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月 2日 (月)

m○m

やっぱ、平日の前泊はハードルが高い。
高円宮は行くから(たぶん)許して。
てか、出れるようにがんばれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月 1日 (日)

J1 第9節 vs読売 あるいは、雨に打たれて

決して、悪くはない。

チャンスは作り出している。

あと一押し。

あと一押しで、再び強い横浜が帰ってくるだろう。

運がないと嘆く前に、運を掴み取るための小さな努力をしよう。

諦めないで、全力を尽くそう。

最後に笑うために、今は歯を食いしばろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プリンス第4節 横浜vs千葉 他 あるいは、ちょっと分けて

プリンス関東予選第4節。

11:00から八千代vs市船もやっているので、休日なのに出勤日より早く家を出る。

初秋津。ピッチに近くていい競技場だが、傾斜がやや緩くニアのラインは人の頭が邪魔でやや見づらいのが難点か。人気の市船という事もあってか、すごい人。スタンドはほぼ満席で、遅れてきた人は通路で見ているほど。

1試合目の八千代vs市船は、尾本の弟が在籍しているのもあり八千代を応援。サッカーとしては、どちらかといえば八千代の方が面白いが、試合巧者市船が少ないチャンスをものにして前半に3点をあげる。後半終盤の八千代の猛攻はあと一歩で実らず、0-3で市船が勝利。

2試合目の前にアウェイ側に移動し、いつもの面々と応援。秋元、マイクは遠征から戻ってきたばかりで、チームに帯同はしていたが、出場はせず。桐光戦のJEFは勝ったとはいえ、それほど恐ろしさは感じないチームだったので、代表組がいなくても何とかなるだろうとの予感。やはり、試合は0-6というで圧勝。

スコアにふさわしくネタ満載。試合中の会話を抜粋。

陽介の2ゴール目あたり

 「陽介サポ(某カリスマ高校生)がいないときに陽介ハットとっちゃえ!」

三浦の1点ものは、足で蹴ったばかりに外れる

 「やっぱ、旭人は期待を裏切らないな(笑)」

陽介ハットトリックあたり

 「陽介サポがいない時にハットか!陽介サポがいないからだな」

 「おーい、来週の浦和戦に取っとけよ」

 「いや、今日のトップの試合に取っといて欲しい(苦笑)」

佐藤、異議(?)で警告

 「マジかよ!じゃないよ、マジですか?って丁寧に言わないからだ!
  それか、マジでよろしかったでしょうか?だよ!」

後半、前線で果敢に攻める田代に

 「横浜の3番を継ぐ男だ!」

 「田代、前半と同じ位置でプレイしてる・・・」

最前線でプレイする三浦に

 「すげぇ、旭人のワントップかよ!」

大量得点で、みんな好きな選手が出ないかと

 「俺たちの加藤を見たい!」

 「オレの郷内を!」
 「俺たちじゃないの?」
 「うん、郷内はオレのもの(笑)」
 #迷惑かもしれんが許せ、郷内(笑)

陽介4点目

 「陽介2種登録しよう!」

で、締めの言葉。

 「さて、トップの試合行きますか。」

千葉でジェフに勝ったのは久々ながら、重い空気を背負って総勢9名は、京葉線で飛田給に向かう(苦笑)




_______斉藤陽介(9)_______

__森谷賢太郎(25)__大久保翔(22)___

柳明基(7)_________富井英司(10)

___三浦旭人(6)__幸田一亮(15)___

_田代真一(3)_佐藤由将(5)_藤川祐司(4)_

_______当銘裕樹(21)_______


交代:柳→奈良輪雄太(2)
    富井→郷内勇太(13)
    大久保→加藤健太(8)
    森谷→山岸純平(18)
    幸田→広田陸(20)

11分:斉藤、40分:斉藤、44分:富井、47分:斉藤、73分:幸田、89分:斉藤

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »