« J2に昇格したい1つの理由 | トップページ | 個別席ぐらい何とかなるだろ »

2005年9月15日 (木)

下部組織ネタいくつか

■サッカー批評

現在発売中のサッカー批評は、「ティーンエイジ・フットボール」特集。頭から記事をいくつか読んだだけですが、もうちょっと掘り下げが欲しいかなと。でも高校とクラブの比較とか、育成がらみで色々おもしろそうな記事が。これからじっくり読んでみよう。ちなみに横浜ネタはなさそう。

 CONTENTS
 ●ティーンエイジ・フットボール
 ●かくしてマラドーナは王となった!「志」がフットボーラーを育む
 ●ティーンエイジ・ブルース磯貝・菊原と中澤、久保が過ごした十代
 ●若者たちの分岐点カレン・ロバート(ジュビロ磐田)、梶山陽平(FC東京)の場合
 ●日本経由、欧州行き”ふたりのパク”が示した道筋。その他

■下條さんコラム

横浜のHPの下部組織欄にひっそりと掲載されている、横浜の育成・普及本部 兼育成強化部 CPO下条さんのコラム。「横浜F・マリノス育成カテゴリーの夏」と題してこの夏の下部組織についてのコラムが。 

 http://www.so-net.ne.jp/f-marinos/column/

猛暑の中、いつも熱心に育成カテゴリーまでも応援に来てくれたサポーターの皆さん、本当にありがとうございました。来年も忙しい夏休みになると思いますのでどうぞ宜しくお願い致します。

いえ、いえ。こちらこそ素晴らしい体験が出来ました。来年と言わず、秋も冬も忙しくさせてください!

バックナンバーで触れられている「めざせベストサポーター」という、JFAがサッカーをやっている子供を持つ親向けに発行した冊子のPDF版は、ベネッセのHPでダウンロードできます。親だけではなく、下部組織を応援している人も一読をお勧めします。

 http://www.benesse.co.jp/soccer/

■JFA、若手育成でフランス協会と協力協定

 http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=sports&d=20050915&a=20050915-00000234-jij-spo

日仏がサッカーで協力協定締結=若手育成に「先輩」のノウハウ との事。

話はずれますが、ユース、JY、プライマリーを総称して、このHPでは下部組織という言葉を使ってますが、どうもトップの下というニュアンスが鼻についていけません。下条さんは育成組織という言葉を使ってますが、これも育成という外からの視点が強すぎてどうもしっくりきません。何ぞいい言葉はないものか。

|

« J2に昇格したい1つの理由 | トップページ | 個別席ぐらい何とかなるだろ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022251/21076797

この記事へのトラックバック一覧です: 下部組織ネタいくつか:

« J2に昇格したい1つの理由 | トップページ | 個別席ぐらい何とかなるだろ »