« 欲しいもの | トップページ | J1 第27節 千葉vs横浜 あるいは、冷酷なる数字 »

2005年10月16日 (日)

U15日本代表vs千葉ユース あるいは、世界への扉

やっちまった。

目が覚めると8時前。6時に起きる予定だったのに… 急いで支度をして八幡宿へ。今日はフクアリこけら落としの前に、市原スポレクでU15日本代表vs市原ユースを観戦。横浜から、水沼、斉藤君、端戸君、佐藤君が選ばれている。水曜の横浜ユースとの試合、金曜の瓦斯ユースの試合は見れなかったので、初めてU15代表を見る。

市原スポレクに到着すると、1本目の途中。ピッチサイドには横浜ユースマニアの面々がすでに勢ぞろい。それ以外にもいろんなところでご一緒したジェフマニアさんも、U15マニアさんも当然のようにいて(笑) 皆さん朝早くから物好きですねお疲れ様です。

1本目は、水沼のみ出場。途中からだったのでほとんど記憶に残っていない。噂の西条北中の佐伯君も十分に見る事はできなかった。スコアは0-0。

2本目は、斉藤君、端戸君、佐藤君がそろって登場。4バックで臨んだこの試合が一番チームとして機能していたように思う。端戸君が2トップの一角、斉藤君が左サイド、佐藤君がボランチ。端戸君はちょっと見ない間に身長伸びたような気がする。佐藤君は代表生き残りをかけて猛アピール。好プレー連発。斉藤君はやはりFWで使うのが一番いいと思うのだが、代表では相変わらずサイド。守備を軽減させてやって、もっと攻撃に専念させてやりたい。やっぱメニコンのイーストチームの布陣をベースに一回やってみてほしいなぁ。あのチームは実に魅力的だった。試合は、大塚君(アシスト?端戸君)、長谷部君のゴールで2-0でジェフユースに勝利。

3本目は、3バック。2本目に続き、斉藤君、端戸君、佐藤君が出場。この試合は守備が不安定で、ジェフに度々攻め込まれる展開。ジェフユースの特筆すべき決定力の無さで失点を1に抑えたが、大敗しててもおかしくない試合。特に自陣ゴール前での弱いパスをカットされ再三のピンチを招いていたのは注意しないといけない。スコアは0-1。

U15代表を始めて見て、ポテンシャルの高い選手はたくさんいるのに、チームとしてうまくかみ合ってないなという印象を受けた。他の年代と同じように声も少ないし。11月に韓国で行われるAFC U17の1次予選まで残りわずか。少ない時間でさらにチームとしてまとまって欲しい。何としても韓国に勝って、その先に進もう!がんばれニッポン!

【唯一メモってた3本目】

_長谷部(23)_端戸(26)_

横山(10)_乾(14)_斉藤(12)

__田中(11)_佐藤(17)__

横山(9)_須藤(5)_根立(7)

____大畑(20)____

|

« 欲しいもの | トップページ | J1 第27節 千葉vs横浜 あるいは、冷酷なる数字 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022251/21099476

この記事へのトラックバック一覧です: U15日本代表vs千葉ユース あるいは、世界への扉:

« 欲しいもの | トップページ | J1 第27節 千葉vs横浜 あるいは、冷酷なる数字 »