« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月

2005年11月30日 (水)

寒波とともにつらい季節到来

今日で11月も終わり。急に寒波が襲ってきたようで、新潟は雪だという。Jリーグにとって、今日は次年度の契約の継続を選手に通達する期限日。つらい季節がやってきた。

去年はチャンピオンシップもあり、一番最後に発表のあった横浜だが、優勝争いに絡み終わった今年は、早速今日発表があった。来年の契約を継続しないのは、原と、尾本の2人。11月30日時点とただし書きがあるので、まだまだ増える可能性はある。

ノブッキ、オモティ、二人とも試合以外の印象の方が強いが、新しいチームが見つかる事を祈っている。

横浜・愛媛に関係のある選手への契約満了提示もちらほら。

 大分:木島良輔(26)、吉田智尚(21)
 新潟:丸山良明(31)、中島ファラン一生(21)(ユースのパリスの兄ちゃん) 
 山形:外池大亮(30)
 鳥栖:井手口純(26)

これ以上、このリストが伸びない事を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月29日 (火)

JFAエリートプログラム トレーニングキャンプ(11/29〜12/4)メンバー

三津浜中の岡本君、木村君も順調に成長しているようで何より。

==========================================================

【スタッフ】
U-14 監督:池内豊
U-14 コーチ:吉武博文

U-13 監督:須藤茂光
U-13 コーチ:島田信幸
GKコーチ:赤池保幸

【選 手】
U-14 大森 圭悟 1991.04.22 187cm 81kg 岩出FCアズール 和歌山県
U-14 奥山 陸 1991.12.12 171cm 62kg 川崎U-15 神奈川県
U-14 田口 泰士 1991.03.16 167cm 55kg 那覇市立小禄中学校 沖縄県
U-14 大崎 淳矢 1991.04.02 160cm 55kg 富山北FC 富山県
U-14 千葉 暁弘 1991.04.20 175cm 61kg 仙台JY 宮城県
U-14 町田 龍太 1991.04.24 175cm 64kg クマガヤSSC 埼玉県
U-14 中村 祥太 1991.05.04 178cm 62kg ジェフJY辰巳台 千葉県
U-14 糸井 康裕 1991.05.05 174cm 64kg FC前橋JY 群馬県
U-14 三田 尚央 1991.05.20 175cm 65kg 足利両毛ユナイテッドFC 栃木県
U-14 古田 寛幸 1991.05.23 166cm 54kg 札幌YU-15 北海道
U-14 榎本 大希 1991.05.25 169cm 58kg 横浜JY追浜 神奈川県
U-14 高木 俊幸 1991.05.25 171cm 55kg ヴェルディJY 東京都
U-14 上坂 崇紘 1991.06.08 176cm 62kg 甲賀市立土山中学校 滋賀県
U-14 風間 宏希 1991.06.19 166cm 55kg 清水FCJY 静岡県
U-14 深町 健太 1991.07.03 175cm 60kg ASバレンティア 佐賀県
U-14 豊嶋 邑作 1991.07.06 167cm 55kg 柏YU-15 千葉県
U-14 木村 一貴 1991.07.08 177cm 57kg 松山市立三津浜中学校 愛媛県
U-14 提坂 俊介 1991.07.18 172cm 65kg 常葉学園橘中学校 静岡県
U-14 鯨岡 裕史 1991.07.31 185cm 62kg つくば市立並木中学校 茨城県
U-14 上村 岬 1991.10.28 166cm 59kg FC四日市 三重県

U-13 松澤 香輝 1992.04.03 177cm 64kg ヴェルディJY 東京都
U-13 三浦 龍輝 1992.05.17 166cm 52kg 町田JFCJY 東京都
U-13 井出 裕也 1992.07.15 175cm 55kg 清水JY 静岡県
U-13 岡本 洵 1992.04.09 165cm 50kg 松山市立三津浜中学校 愛媛県
U-13 古谷 渉 1992.04.12 165cm 48kg 延岡市立恒富中学校 宮崎県
U-13 田代 諒 1992.04.15 171cm 50kg 清水JY 静岡県
U-13 増田 湧介 1992.04.25 163cm 53kg ACNジュビロ沼津 静岡県
U-13 西田 謙太 1992.04.29 165cm 50kg 札幌YU-15 北海道
U-13 原口 拓人 1992.05.03 168cm 50kg ガンバJY 大阪府
U-13 中山 和弥 1992.05.10 175cm 54kg 札幌YU-15 北海道
U-13 和久田 章太 1992.05.17 170cm 57kg ヤマハジュビロ浜北 静岡県
U-13 土居 聖真 1992.05.21 150cm 38kg 鹿島JY 茨城県
U-13 荒川 卓斗 1992.05.24 163cm 46kg 横浜JY 神奈川県
U-13 柴崎 岳 1992.05.28 164cm 52kg 青森山田中学校 青森県
U-13 鮫島 晃太 1992.06.24 168cm 53kg 鹿児島県育英館中学校 鹿児島県
U-13 永井 あとむ 1992.08.05 176cm 68kg FC東京U-15深川 東京都
U-13 宮吉 拓実 1992.08.07 165cm 54kg 京都JY 京都府
U-13 渡辺 哲哉 1992.09.02 170cm 62kg 大分U-15 大分県
U-13 中村 樹 1992.10.01 174cm 57kg 新潟JY 新潟県
U-13 杉本 健勇 1992.11.18 175cm 57kg セレッソU-15大阪府
U-13 高木 善朗 1992.12.09 159cm 50kg ヴェルディJY 東京都
U-13 宮市 亮 1992.12.14 162cm 48kg シルフィードFCJY 愛知県

【スケジュール】
12月1日(木)
 親善試合:U-13日本選抜 vs U-13韓国代表
 練習試合:U-14日本選抜 vs 平工業高校
12月3日(土)
 親善試合:U-13日本選抜 vs U-13韓国代表
12月4日(日)
 練習試合:U-14日本選抜 vs いわき高校

【次回活動予定】
12月19日(月)〜12月25日(日) U-14韓国遠征
12月26日(月)〜12月30日(金) U-13ジュビロカップ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月28日 (月)

土日の結果/国チビ、サテ、アジアユース予選、全国地域リーグ決勝大会

■第37回 横浜国際チビッ子サッカー大会

 L-1の部
  11/23(土) プライマリー 2-1 バディSC
  11/23(土) プライマリー 1-0 ジュニオールSC

ダブルヘッダーを制し、L-1の部決勝進出。12/10に行われる決勝の相手はSCH.SC。

■サテライトリーグ

 11/27(日) 横浜 3-1 瓦斯

 GK 下川健一
 DF 栗原勇蔵、那須大亮、尾本敬、原信生
 MF 塩川岳人、清水範久、山瀬幸宏、熊林親吾
 FW 狩野健太、後藤裕司

 (得点)
 44分 近藤祐介(瓦斯)
 47分 狩野健太
 66分 塩川岳人
 79分 狩野健太

 (交代)
 45分 原信生→田中裕介
 45分 山瀬幸宏→天野貴史
 60分 下川健一→飯倉大樹
 68分 後藤裕司→幸田一亮 (Y)
 71分 那須大亮→木村勝太 (Y)

今年のサテライトリーグもこの試合ですべて終了。Aグループの最終順位は以下の通り。

 1位 木白 7勝1分2敗 勝点22
 2位 大宮 5勝1分4敗 勝点16 
 3位 千葉 4勝3分3敗 勝点15
 4位 横浜 4勝2分4敗 勝点14
 5位 瓦斯 2勝3分5敗 勝点9
 6位 札幌 2勝2分6敗 勝点8 

■AFCユース選手権大会2006(U-18)予選グループN

 11/23(水) U18日本 5-0 U18台湾

  GK 秋元
  DF 内田 青山 福元 堤(→安田)
  MF 柳澤(→伊藤) 柏木 森重(→横谷) 梅崎
  FW 森島 河原

  得点:梅崎、柳澤、河原×2、森島

 11/27(日) U18日本 1-0 U18北朝鮮

  GK 秋元
  DF 内田 槙野 福元 堤
  MF 柳澤 青山 柏木 梅崎(→安田)
  FW 森島(→マイク) 河原(→森重)

  得点:安田

北朝鮮を破り、来年インドで開催されるアジアユースへの出場権をゲット。北朝鮮戦の得点は、秋元のロングフィードをマイクがヘッドで相手DF陣の裏に落とし、走りこんだ安田が豪快にシュートしたもの。”温存”マイクはヘッドでボールを落とし、柏木の惜しいシュートのアシストも。奈良輪が寄せ書きに書いた言葉を思い出す。「マイクはヘッドしか期待してないから(笑)」 さすが同僚(笑)

U15に続きU18も難関を制し、次のステージに進めてまずは一安心。横浜の選手が重要な働きをしたのもまたうれしい。

■第29回全国地域リーグ決勝大会

11/25(金) 1次ラウンド1日目

 Aグループ FC琉球 4-1 ホンダルミノッソ狭山FC
 Bグループ ロッソ熊本 4-3 ファジアーノ岡山FC
 Cグループ 長野エルザSC 1-4 ジェフユナイテッド市原・千葉アマチュア
        ノルブリッツ北海道FC 0-1 TDK
 Dグループ 静岡FC 2-0 南国高知FC

11/26(土) 1次ラウンド2日目

 Aグループ FC琉球 3-1 佐川急便中国
 Bグループ ロッソ熊本 1-0 グルージャ盛岡
 Cグループ ノルブリッツ北海道FC 0-0PK4-2 長野エルザSC
        TDK 1-1PK4-3 ジェフユナイテッド市原・千葉アマチュア
 Dグループ パンディオンセ神戸 2-1 静岡FC

11/27(日) 1次ラウンド3日目

 Aグループ ホンダルミノッソ狭山FC 4-1 佐川急便中国
 Bグループ グルージャ盛岡 2-1 ファジアーノ岡山
 Cグループ TDK 1-1 PK5-4 長野エルザSC
        ジェフユナイテッド千葉アマチュア 7-0 ノルブリッツ北海道FC
 Dグループ パンディオンセ神戸 2-1 南国高知FC

来年のJFL入りを目指すこの大会。1次ラウンドをクリアしたのは、FC琉球、ロッソ熊本、ジェフアマチュア、バンディオンセ神戸の4チーム。愛媛FCがJ2昇格ならこのうち3チームがJFL昇格となる。九州勢の活躍が目立つ。一回ロッソ見てみたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月27日 (日)

JFL 後期第14節 HondaFCvs愛媛FC あるいは、世界一うまいポンジュース

Honda1-2愛媛。ロスタイムの3分は2分ほど経過。愛媛ゴール前でのHondaのFK。バスで見た前期のホームでのロスタイム失点が脳裏をよぎる。何とか耐えてくれ。時計代わりの携帯を握り締めた手はおのずと祈りとなる。愛媛ゴール前に蹴りこまれたボールを星野が懸命に跳ね返す。そのボールを拾った濱岡。GKの位置を冷静に見極め、センターライン手前からのループシュート。大きな弧を描いたボールは、GKの頭上を越え、ゆっくりとゴールに吸い込まれる・・・


立ち上がりから厳しい試合だった。JFLの雄としてのHondaの意地。赤いユニフォームが小気味よくパスを繋いで愛媛ゴールに迫る。愛媛は、星野、金守を中心としたディフェンス陣が懸命に跳ね返す。そのボールを石丸がバツグンのキープ力で前線に送る。しかし守備的な愛媛はそこから先、効果的な攻撃が出来ない。J2昇格をかけたプレッシャーで愛媛の選手の動きはチグハグ。そして前半ロスタイム。愛媛ゴールに向かって放たれたボールを、Hondaの石井がヘッドでコースを変える。Honda先制。そしてすぐに前半終了。

後半。相変わらず愛媛の動きは固い。広庭に代え赤井(53分)、友近に代え田中俊也(56分)を投入するも、試合のリズムは変わらず。だが、66分に井上に代えて金子が投入されてから試合の流れが変わる。長年愛媛でコンビを組んできた濱岡、金子の息の合ったパス交換。俄然得点のにおいがしてくる。76分についに愛媛が追いつく。赤井のパスを相手選手がオウンゴール。さらに、78分には、タッチを切りそうなボールを最後まで諦めずに追いついた赤井がクロス。俊也がワンタッチでシュート。ネットが揺れる。コアゾーンのサポーターは一斉に雪崩れる。ゴールを決めた俊也もサポの元に駆け寄り歓喜の渦が生まれる。しかし試合はまだ終わっていない。「まだ終わってないぞ!戻れ!」

そこから試合終了までの十数分は本当に長かった。何度も携帯で時間を確認するが、時計は遅々として進まない。

後1分守りきれば愛媛の勝利という場面で、濱岡のループシュートが決まる。前期の悔しさのお返しであり、愛媛の勝利を、そしてJ2昇格を決定づけるこのゴールに冷静でなんていられない。多くのサポが雪崩れる。そして、ついに試合終了の笛。それは、愛媛のJFL卒業を告げる笛だ。サポはピッチとの境界の看板まで駆け寄り、選手を称える。そんなサポの元に一直線に走ってきた選手が一人。

 ズーパー友近。

こっからの事ははっきりいってよく覚えていない。仕切りの看板はすでに用をなさず、選手もサポもピッチで誰彼となく抱き合い、握手を交わし、嬉し涙を流しながら、喜びを分かち合う。いつの間にか紙テープがピッチを埋める。ズーパーの胴上げ。望月監督はサポにもみくちゃにされながら号泣。いつしか、看板の上に立ったズーパーが言う。

 「今日、勝ったらみんなでやりたいと思ってたことがあるんです。」

ズーパーが何をやろうとしているか愛媛のサポならみんな知っている。両手の親指と人差し指を開き、高く掲げる。みんなで叫ぶ。

J! J! J!

ありがとう、そして、お疲れさん。
愛媛FCの選手達。愛媛FCのスタッフ。
愛媛FCを応援し続けたすべてのサポの仲間達。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Re:JFL 後期第14節 HondaFCvs愛媛FC あるいは、世界一うまいポンジュース(11/27)    エイメイ510さん 
後は審議待ちだけど、まぁ大丈夫でしょう。
「Jへようこそ」(2005.11.28 19:10:21)

Re[1]:JFL 後期第14節 HondaFCvs愛媛FC あるいは、世界一うまいポンジュース(11/27)    ultraleftyさん 
エイメイ510さん
>後は審議待ちだけど、まぁ大丈夫でしょう。
>「Jへようこそ」

はい、こんにちは。まずは天皇杯やりたいな(笑)
(2005.11.28 19:46:58)

おめでとうございます!    サンフレたくやさん 
お久しぶりです。
愛媛FCの2位以内決定=J2昇格内定おめでとうございます。
ついにやりましたね!
最終戦勝って優勝して欲しいものです。(2005.11.28 21:34:19)

お疲れ様でした。。    アイシテルさん 
一日会社の人に泣かされ続けたアイシテルです。
先日はお疲れ様です。
来年はお互い見に行く試合がさらに増えますね。
でも「ACLに出れなくてよかった」というのはお互いなしにしましょうね(^^;)(2005.11.28 21:38:24)

Re:JFL 後期第14節 HondaFCvs愛媛FC あるいは、世界一うまいポンジュース(11/27)    h_heitaさん 
おめでとうございます!
来年はぜひ四国ダービーでultraleftyさんの未踏地徳島へお越しくださいませ。
勝ちは譲れませんが(^^ゞ(2005.11.28 23:41:12)

Re:おめでとうございます!(11/27)    ultraleftyさん 
サンフレたくやさん
>お久しぶりです。
>愛媛FCの2位以内決定=J2昇格内定おめでとうございます。
>ついにやりましたね!
>最終戦勝って優勝して欲しいものです。

ありがとうございます。ようやく勝負所で勝つことができました。少しは愛媛も成長したのかなぁ。最終戦はぜひ勝って、JFL優勝チームとしてJ2に乗り込みたいと思います。(2005.11.29 02:54:03)

Re:お疲れ様でした。。(11/27)    ultraleftyさん 
アイシテルさん
>一日会社の人に泣かされ続けたアイシテルです。
>先日はお疲れ様です。

お疲れ様でした。一晩たってようやくJに行けるんだなぁとしみじみ思っています。そう思うとまた涙腺が緩みそうになり困ります。

>来年はお互い見に行く試合がさらに増えますね。
>でも「ACLに出れなくてよかった」というのはお互いなしにしましょうね(^^;)

これ以上見たら本当に休む暇がなくて過労死しちゃいそうです。労災降りないだろうな・・・ でも見に行っちゃうでしょうね、きっと(笑)

来月はACLへの道ですね。お互いそっちもがんばりましょう。
(2005.11.29 03:00:40)

Re[1]:JFL 後期第14節 HondaFCvs愛媛FC あるいは、世界一うまいポンジュース(11/27)    ultraleftyさん 
h_heitaさん
>おめでとうございます!
>来年はぜひ四国ダービーでultraleftyさんの未踏地徳島へお越しくださいませ。
>勝ちは譲れませんが(^^ゞ

ありがとうございます。四国ダービー楽しみです。今回ようやくHondaに勝てたので、次はJFLで一勝も出来なかった大塚さんから四国ダービーで初勝利を頂きますよ!(笑)
(2005.11.29 03:03:19)

遅れ馳せながら    ぽっぽっぽさん 
おめでとうございました。
いろんな事があったこの1年が報われましたね。
来年はJ1とJ2で忙しくなりますが、マリサポは
続けてくださいね。愛媛は遠くって、ホームには応援に行けそうにないけど、近場で試合があって、マリノスに絡んでなければ、一度観戦に行きたいです。
(2005.11.29 11:43:34)

Re:遅れ馳せながら(11/27)    ultraleftyさん 
ぽっぽっぽさん
>おめでとうございました。
>いろんな事があったこの1年が報われましたね。

ありがとうございます。鈴木チェアマンの発言が逆に愛媛にとってはいい方向に働いた気がします。あの発言をきっかけに愛媛県内での認知度も一気にアップしたとの事でした。

>来年はJ1とJ2で忙しくなりますが、マリサポは
>続けてくださいね。愛媛は遠くって、ホームには応援に行けそうにないけど、近場で試合があって、マリノスに絡んでなければ、一度観戦に行きたいです。

J2昇格という未来が達成できたら、次はマリノスのアジア制覇が目標です。来年は今年以上に気合を入れてマリノスを応援していきたいと思っています。愛媛はサポの少なそうなアウェイ(関東近郊)を中心に応援していくつもりです。ぽっぽっぽさんも機会があればぜひ足をお運びください。(2005.11.29 19:47:22)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月26日 (土)

J1 第33節 横浜vsセレッソ あるいは、上トロ

今日は風邪っぽくて体調が今一だったのもあって、「サポーターズビジュアルプロジェクト」の成果を見がてら2Fでまったり観戦。綺麗にできてましたよ。準備&実行お疲れ様でした>プロジェクトの皆さん。

日産スタジアムをホームに

今日はホーム最終戦。対戦相手は優勝戦線真っ只中のセレッソ。焦点は、スピーディーな攻撃が魅力のセレッソに対して、4連勝中の横浜がどういう試合を見せるか。混戦中の優勝戦線をもうひとつかき混ぜることができるか。結果だけからいうと、圧倒的に攻めるもフィニッシュが決まらず、セットプレイから失点し、何とかロスタイムに追いついた、と要約できる。今季何度も見たパターン。久保不在だとやっぱり勝てない。その分、優勝戦線は面白くできたが(笑)

しかし、引き分けとはいえ、今日の試合は満足度が全く違う。マグロンの素晴らしさ!相手選手からいつの間にかボールを奪ってしまう。複数の選手に囲まれても、いつの間にか輪から抜け出す。どうやって出したのかわからない魔法のようなパス。しかも的確。マグロンが牽引力となり、攻撃のバリエーションも豊富。今までのクロス一辺倒でなく、中央からの崩しもあり。もちろんクロスも再三のチャンスを生み出す。いやぁ、ディテールが最高に楽しかった。

まだリーグ最終戦も、天皇杯も残っている段階で来年の話をするのは早いけど、マグロンが今日の出来をコンスタントに発揮してくれて、もう一人スーパーなFWを補強して久保不在に備えることができれば、きっと優勝できるよ。しかも、今までよりも美しく、楽しいサッカーで。

なかなか同点弾が奪えなくて、正直負けを覚悟していた。まぁ、試合が面白かったからいいか、鹿島や浦和や千葉や西野に優勝させたくないからいいか、と思っていたら、終了間際の同点弾。決めた選手の背番号がまた最高。

 バモ、横浜の3番!

試合終了とともにホーム最終戦のセレモニーも聞かずに新子安へ。JY新子安の選手が練習しているかもという情報があり、ダンマクにサインをもらう最後のチャンスだと思って行ったのだが、選手はいなかった。残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レガフトロU12 湘南vs新子安 あるいは、3の魔力

トップの前にちょっと平塚の馬入ふれあい公園に寄り道。レガフトロU12、湘南vs新子安。10:00キックオフとのことだったが、9:50ぐらいに到着するとすでに始まっていた(涙) わざわざ見に行く物好きがいるんだから、OHPは常に正確に、最新にして欲しい。何度も言うけど、情報さえくれれば無償でメンテやってあげるから(笑)

馬入ふれあい公園は最近人工芝になったらしい。観客席はないので、横浜ベンチの近くで観戦。コーチ陣の指示がよく聞こえてなかなか面白い。佐藤浩GKコーチが地味にGKの内山君のコーチングを褒めていたのが印象に残った。なるほど、なかなか監督はGKにまで目が行き届かないもんね。

右サイドバックの多田君が前に出すぎなのが気になるらしく、内山君の指示は、「一清上がりすぎるな」「一清もどれ!」というものが多い。が、多田君は、全日本少年サッカーの県予選で右サイドを駆け上がり素晴らしいシュートを何本も決めた選手だけあって、攻撃大好き。どうしても前目に位置取りしてしまうし、スペースがあればボールを持ってどんどん前に行きたがる。まぁ、仕方ない。

 多田君の背番号は3だし(笑)

スコアは前半0-0、後半0-1で新子安の勝ち(多分)。得点は18番のハルキ君(名字がわかりません)のキーパーの位置を冷静に見極めた見事なループシュート。 #2005/12/2 渡辺悠貴君と判明。

試合後、TRMが1本。GKの内山君も他の選手にユニフォームを借りて、左サイドバックとして出場。内山君も前に行くタイプ。気がついたらポジションが左サイドになっていた。ボールを持ってどんどん進み、タッチラインぎりぎりであげたクロスは、先制点のアシストに。内山君も攻撃大好きなんだね。まぁ、仕方ない。

 内山君が借りたユニフォームの背番号は3だし(爆)

試合後、U10新子安、追浜の選手が登場。読売や川崎なんかを集めて、湘南招待(8人制?)が開かれるらしい。しばらく見ていたがなかなか始まらないので、すぐ近くで行われていた湘南ヤーコンサミットを冷やかして日産スタジアムへ。


___喜田拓也(23)__柘植俊克(14)___

辻流帆(25)___早見元太(7)__浜川京介(20)

____渡辺悠貴(18)__池田奨(11)____

_佐野弘樹(10)_松島寿樹(12)_多田一清(3)_

_________内山圭(1)________


得点:
 後半 渡辺悠貴

交代:
 早見→高野遼(23) ←なぜか23番が二人(笑)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

工工エエエエ(゜д゜;)エエエエ工工    發蚤男さん 
いや、いつもプライマリーを見てるわけではないですが、

佐野(10)_松島(12)_多田一(3)

何ですか、この超攻撃的3バック(笑笑笑)(2005.11.26 23:09:05)

Re:レガフトロU12 湘南vs新子安 あるいは、3の魔力(11/26)    1ファンさん 
試合は見てないですが、
18番でボランチならば、たぶん渡辺君だと思いますよ。
(2005.11.27 00:38:42)

Re:工工エエエエ(゜д゜;)エエエエ工工(11/26)    ultraleftyさん 
發蚤男さん
>何ですか、この超攻撃的3バック(笑笑笑)

身長大きい子が後ろ采配ではありますが(笑)
色々なポジションを経験してマルチな選手になって欲しいですね。(2005.11.28 19:40:29)

Re[1]:レガフトロU12 湘南vs新子安 あるいは、3の魔力(11/26)    ultraleftyさん 
1ファンさん
>試合は見てないですが、
>18番でボランチならば、たぶん渡辺君だと思いますよ。

悠貴君でしたか。いつもありがとうございますm○m(2005.11.28 19:41:23)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月25日 (金)

勝て!〜AFCユース選手権大会2006(U-18)予選グループN

水曜日から熊本で行われているAFCユース選手権大会2006(U-18)予選グループNは、今日で2試合終了。水曜日に5-0で台湾に勝った日本だが、今日行われた北朝鮮vs台湾も5-0で終わり、全くの五分。日曜日の直接対決で勝った方が1位抜けというしびれる展開になった。

北朝鮮はもっと圧勝するかと思ったが、中2日の台湾に5点とは意外と強くないのか?北朝鮮は初戦という事も影響しているのか。それとも日本に心理的なプレッシャーをかけるための高度な作戦?いずれにせよ、日本は勝つしかなくなった。北朝鮮は多くの在日応援団が熊本入りするだろう。日本も負けずに応援せねば。が、JFLのHonda戦のため残念ながら参戦できない。熊本まで行く皆さん、応援よろしくお願いします。仙台で代表秋元&マイクが見納めなんて切なすぎるので。

ということで、またしてもバーチャルダンマク

横浜の誇りにかけて全力で戦え、陽太!マイク!

頼むぞ、日本の守護神!

いっちょ見せタレやマイク。いけね、つづり間違ってるorz

でもって、

勝つしかねえ!


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

マイクは・・・。    まいはまん。さん 
やればできる子なんですよねー!
けど監督がやらしてくれないとは・・・。
1戦目、終了後のチラリと見えたマイクの悔しそうな顔。
頼むからスタメンで!!と祈ってます。
陽太君は神で!(2005.11.25 23:33:31)

Re:マイクは・・・。(11/25)    ultraleftyさん 
まいはまん。さん
>やればできる子なんですよねー!
>けど監督がやらしてくれないとは・・・。
>1戦目、終了後のチラリと見えたマイクの悔しそうな顔。
>頼むからスタメンで!!と祈ってます。
>陽太君は神で!

こんにちは、まいはまん。さん。
マイクはきっと秘密兵器で温存ですよ(笑)
U15の学のように途中出場で決勝ゴール決めてヒーローになってもらいたいものです。
秋元は最近ぽろりづいているみたいなので、ミスなくスーパーセーブを連発して欲しいですね。

勝て!日本!
(2005.11.25 23:42:32)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月24日 (木)

残り16県

この間マリサポの友人と、サッカー観戦で何都道府県行ったかという話になった。今日その話を思い出して数えてみた。結果、今までサッカー観戦で訪れたのは31都府県だった。

行ってない県には、結構大物が残ってる。来年愛媛がJ2昇格したら、北海道、山形、徳島に行こう。徳島に行くついでに香川でカマタマーレを見ようか。アツイと評判のKyuリーグで、南九州3県制覇ってのもいいな。問題は三重、和歌山、奈良あたりか。高円宮U15で島根に行くチャンスだったのに、JFL最終戦とかぶっているのは痛い。

×北海道、×青森県、×岩手県、○宮城県、○秋田県、×山形県、○福島県
○茨城県、○栃木県、○群馬県、○埼玉県、○千葉県、○東京都、○神奈川
○新潟県、○富山県、×石川県、○福井県、○山梨県、○長野県、○岐阜県
○静岡県、○愛知県、×三重県、×滋賀県、○京都府、○大阪府、○兵庫県
×奈良県、×和歌山、○鳥取県、×島根県、○岡山県、○広島県、×山口県
×徳島県、×香川県、○愛媛県、○高知県、○福岡県、○佐賀県、○長崎県
○熊本県、○大分県、×宮崎県、×鹿児島、×沖縄県


おまけ
×ソウル特別市、×釜山広域市、×大邱広域市、×仁川広域市、○光州広域市
×大田広域市、○蔚山広域市、○京畿道、×江原道、×忠清北道、×忠清南道
×全羅北道、×全羅南道、×慶尚北道、×慶尚南道、○済州道


iさん&Tさんは、どうですか?(笑)


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

すごいですねぇ…    むちゅめの母さん 
でも、石川県(私の生まれた地)宮崎県(カプセルからあたまはみでる旦那の生まれた地)はまだなのですね。
確かにあまりサッカーとは縁遠そうな…。(2005.11.25 16:15:42)

Re:すごいですねぇ…(11/24)    ultraleftyさん 
むちゅめの母さん
>でも、石川県(私の生まれた地)宮崎県(カプセルからあたまはみでる旦那の生まれた地)はまだなのですね。
>確かにあまりサッカーとは縁遠そうな…。

石川は金沢が時々試合会場になります。宮崎はJFLのチームがあります。ので、比較的難易度は低。けど
縁がないっす。
(2005.11.25 21:43:32)

年度中に+3    辻神さん 
現在19でした。

>問題は三重、和歌山、奈良

ジュニアユースの子とかがこっちの学校へ
いって選手権県決勝見に行く、とかじゃないと
無理な予感。まあ、それも非現実的ですが・・・。(2005.11.26 14:10:11)

Re:年度中に+3(11/24)    ultraleftyさん 
辻神さん
>現在19でした。

絶対年内+3にしましょう。島根に行けないのが返す返すも残念。これはでかいすよ。

>>問題は三重、和歌山、奈良

>ジュニアユースの子とかがこっちの学校へ
>いって選手権県決勝見に行く、とかじゃないと
>無理な予感。まあ、それも非現実的ですが・・・。

あとは、ユース出身の子が社会人クラブに入って天皇杯県予選決勝ってのもありますね(笑)(2005.11.26 23:04:43)

サッカー観戦限定でも経県値高そう    wireselfさん 
経験マップ化してください。
http://www.geocities.jp/karasugawahekiheki/keiken-map.html (2005.11.27 07:52:05)

Re:サッカー観戦限定でも経県値高そう(11/24)    ultraleftyさん 
wireselfさん
>経験マップ化してください。

こんなものがあるのか。サッカー限定でこんな感じになりました。
http://www.geocities.jp/karasugawahekiheki/keiken.html?0043043343334430333444004440003340004343444000
(2005.11.28 19:45:03)

Re:サッカー観戦限定でも経県値高そう(11/24)    izumi。さん 
経県マップでやってみました
ptは試合数で
http://www.geocities.jp/karasugawahekiheki/keiken.html?0131255555555321042355105550000551121154111001

来年こそは滋賀県守山市を制覇したい所存
三重はLリーグがあるので意外と楽に制覇できます
かえって奈良・和歌山の方が難しい
あと難関は島根・福井・青森・・・青森は天皇杯予選か東北プリンスでない限り制覇しずらい・・

ちなみに韓国は京畿道安養市のみです
(2005.11.29 07:10:13)

Re[1]:サッカー観戦限定でも経県値高そう(11/24)    ultraleftyさん 
izumi。さん
>経県マップでやってみました

お待ちしておりました(笑)残り9県ですか。さすがですね。頑張って追いつかねば。

>来年こそは滋賀県守山市を制覇したい所存
>三重はLリーグがあるので意外と楽に制覇できます

なるほど、Lリーグという手がありましたか。

>かえって奈良・和歌山の方が難しい
>あと難関は島根・福井・青森・・・青森は天皇杯予選か東北プリンスでない限り制覇しずらい・・

ですね。今年福井に行けたのはラッキーでした。

>ちなみに韓国は京畿道安養市のみです

あ、そうなんですか。勝手に半分くらい行ってるんじゃないかと思ってました。
(2005.11.29 08:22:22)

Re[2]:サッカー観戦限定でも経県値高そう(11/24)    izumi。さん 
私が行って観戦したことある海外はアメリカ・CA州カーソンのホームデポセンターとNJ州ジャイアンツスタジアム、そして安養だけなんです

高楊とソウルはホッケー見に行った時に乗り鉄したい仲間とスタジアム見学したい私とで双方の願いをかなえられるってことで行っただけだったり・・
仁川W杯は買い物に行っただけだし(笑)

ultraleftyさんの場合、山口も難関ですね
天皇杯でピンポイントで上方飛脚某団員と共に制覇したのも「山口で試合はなかなか見られない」って理由がFC琉球を見ることよりも先立ってました(2005.11.29 08:40:55)

Re[3]:サッカー観戦限定でも経県値高そう(11/24)    ultraleftyさん 
izumi。さん
>天皇杯でピンポイントで上方飛脚某団員と共に制覇したのも「山口で試合はなかなか見られない」って理由がFC琉球を見ることよりも先立ってました

正しい選択ですね(笑)ん〜〜ん、どうやって行こうか。
(2005.11.29 19:42:00)

失礼ながら    TTGjune90さん 
そちらから『経県マップ』を勝手にいただいた上に、ネタにしてしまいました(汗)

ちなみに私の場合、
青森、岩手、滋賀、島根、岡山、香川、宮崎、沖縄
の8県が未観戦です。

といっても、岡山は来週クリアしますが。

和歌山・奈良は徳島戦の後、「敵情視察」と称して関西プリンスを見に行くことでクリアできる、と思いますよ。
(2005.11.30 07:08:23)

Re:失礼ながら(11/24)    ultraleftyさん 
TTGjune90さん
>そちらから『経県マップ』を勝手にいただいた上に、ネタにしてしまいました(汗)

これまたお待ちしておりました(笑)

そもそもこのネタの出所はいつだったかTTGjune90さんのエントリで「未観戦県」という言葉を見たことが頭に残ってたものですので、勝手に拝借したのは私の方だったりします(汗)

>ちなみに私の場合、
>青森、岩手、滋賀、島根、岡山、香川、宮崎、沖縄
>の8県が未観戦です。

>といっても、岡山は来週クリアしますが。

ということは残り7県ですか。すごい!

>和歌山・奈良は徳島戦の後、「敵情視察」と称して関西プリンスを見に行くことでクリアできる、と思いますよ。

来年の日程が楽しみです。来年はマイナー/マニアックな遠征が増えそうです(笑)
(2005.11.30 10:30:07)

Re[1]:失礼ながら(11/24)    TTGjune90さん 
>そもそもこのネタの出所はいつだったかTTGjune90さんのエントリで「未観戦県」という言葉を見たことが頭に残ってたものですので、勝手に拝借したのは私の方だったりします(汗)

多分それは6月の和歌山・関西リーグか9月の奈良・天皇杯か・・・。

もともと、「未観戦県」という考え方は
『吉田鋳造総合研究所』
http://www.cyic.co.uk/
にあった考え方です。

>ということは残り7県ですか。すごい!

でも、残り7県といっても、青森、島根あたりは決め打ちしないと無理です、正直。その決め打ちもかなり強引なものを考えないと。
(2005.12.01 08:57:55)

Re[2]:失礼ながら(11/24)    ultraleftyさん 
TTGjune90さん
>もともと、「未観戦県」という考え方は
>『吉田鋳造総合研究所』
http://www.cyic.co.uk/
>にあった考え方です。

さすが鋳造さん(って面識はありませんが・・・)、すでにコンプかぁ!

>でも、残り7県といっても、青森、島根あたりは決め打ちしないと無理です、正直。その決め打ちもかなり強引なものを考えないと。

地方リーグ全チーム制覇とか?破綻しますね(笑)(2005.12.02 03:11:43)

遅ればせながらはじめまして    吉田鋳造さん 
国内コンプ(オール◎)の鋳造でございます。皆さんはじめまして・・・でない方も見えますね(笑)。

海外だと
◎=韓国・中国・香港(別にしていいんですよね?)・ドイツ・イングランド・オーストリア
○=なし
▲=ブラジル・アルゼンチン・パラグアイ・コスタリカ・アメリカ・チュニジア・チェコ・デンマーク・ベルギー・ロシア・トルコ・北朝鮮・ベトナム・ミャンマー・サウジアラビア・イラク
でしょうか。

来年は八戸工業高校OB隊が東北2部北に上がってくるので、グリーンゾーン(1会場でしか観戦してない都道府県)撲滅が最優先課題になりそうです。(2005.12.23 06:36:47)

Re:遅ればせながらはじめまして(11/24)    ultraleftyさん 
吉田鋳造さん
>国内コンプ(オール◎)の鋳造でございます。皆さんはじめまして・・・でない方も見えますね(笑)。

大御所キターーーーー(笑) どうもはじめまして。書き込みありがとうございます。

>グリーンゾーン(1会場でしか観戦してない都道府県)撲滅が最優先課題になりそうです。

観戦道も奥が深いですね。とりあえず、全都道府県制覇を目指して日々精進しますm○m
(2005.12.24 19:11:31)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月23日 (水)

J1 第32節 鹿島vs横浜 あるいは、善なるものの勝利

どっかのTV局のうざいキャッチコピーではないが、「絶対に負けられない戦い」というものがある。アウェイの帝国戦はその中でも1,2位を争う戦い。勝てばこんなに気持ちのいいスタジアムはない。ここでの勝利はまさに、悪に対する正義の勝利、独裁主義に対する自由主義の勝利、アンフェアに対するフェアの勝利、つまりは、ありとあらゆる善なるものの勝利だからだ(笑)

というわけで、今日は本当に気持ちのいい一日だった。マグロン、バモ!大島、バモ!

※ちょっと調子に乗りすぎだが、そんだけ気持ちいいってことで。まぁ、この悔しさをバネに残り2試合がんばってくださいませ>臙脂の人たち

今日の勝利でリーグ4連勝(天皇杯を入れると5連勝)。1勝が遠かった横浜が4連勝を飾るまでになってきたのには、久保の存在が大きい事は事実だろう。逆にいうと、久保が復帰しなかったらどうなっていたか・・・ 考えただけでぞっとする。

今日の神奈川新聞には、「今年の成績不振は過密日程や補強の失敗のため。岡田監督のせいではない。来年の続投を依頼するつもりだ」との小山GMの談話が掲載されていた。岡田監督で続投するのはまあいい(個人的にはもっと面白いサッカーをできる監督にお願いしたいが・・・)が、来年は久保不在でも得点できるよう、レベルの高いFWの補強を絶対に成功させなければいけない。スーパーFW頼みサッカーしかできないんなら、久保不在を補える面子を揃えて欲しい。知名度はいいから。

あと「補強が失敗」と明言している以上は、失敗の原因をしっかりと分析・追及して、責任をきっちりとってもらいたいのは、今まで再三書いたとおり。

P.S.
ささやかな協力しかできませんでしたが、あやかちゃんが無事手術を受けられ、すばらしい人生を送れることをお祈りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月22日 (火)

AFCユース選手権大会2006(U-18)予選グループN U-18日本代表チームメンバー

U15に続き、いよいよU18も厳しい予選が始まる。1試合目の台湾はよく知らないがそれほど強くないのではなかろうか。が、大会直前に大津高校と引き分けたチームだけに、何が起こるかわからない。北朝鮮はU17世界大会でベスト8に進んだメンバーの多くが入っているらしい。引き分けでも、得失点差で上回るよう台湾からは1点でも多くあげるべし。

応援に行けないのが残念。明日の鹿島戦でダンマクへの寄せ書きの呼びかけがあると思う。USのメンバーが熊本に持っていくので、皆さんご協力をよろしくです。

おっ、秋元は背番号が1番になって、名実とも正ゴールキーパーになったね。

=========================================================

【スタッフ】
監督:吉田靖
アシスタントコーチ:森保一
GKコーチ:加藤好男

GK
 21 林彰洋 1987.05.07 190cm 79kg 流経大柏高校
 1 秋元陽太 1987.07.11 180cm 74kg 横浜ユース

DF
 5 福元洋平 1987.04.12 184cm 73kg 大分U-18
 4 槙野智章 1987.05.11 178cm 66kg 広島ユース
 3 堤俊輔 1987.06.08 177cm 70kg 浦和ユース
 12 安田理大 1987.12.20 170cm 64kg ガンバユース
 2 内田篤人 1988.03.27 175cm 60kg 清水東高校
 25 大島嵩弘 1988.04.14 179cm 69kg 柏ユースU-18

MF
 7 梅崎司 1987.02.23 167cm 64kg 大分
 10 横谷繁 1987.05.03 177cm 64kg ガンバユース
 13 森野徹 1987.05.12 168cm 60kg 市船
 26 森重真人 1987.05.21 179cm 72kg 広島皆実高校
 14 柳澤隼 1987.06.27 173cm 62kg 柏ユースU-18
 15 柏木陽介 1987.12.15 175cm 65kg 広島ユース
 6 青山隼 1988.01.03 182cm 70kg 名古屋ユース

FW
 29 河原和寿 1987.01.29 173cm 65kg 新潟
 16 ハーフナー マイク 1987.05.20 194cm 75kg 横浜ユース
 11 森島康仁 1987.09.18 186cm 80kg 滝川第二高校
 22 星原健太 1988.05.01 172cm 63kg ガンバユース
 20 伊藤翔 1988.07.24 181cm 67kg 中京高校

〔スケジュール〕
AFCユース選手権大会(U-18)予選グループN
11/23(水) 19:00 vs U-18チャイニーズ・タイペイ (KKWING)
11/27(日) 16:00 vs U-18北朝鮮 (KKWING)

~~~~~~~~~~~~~~~

はじめまして    ハッピーママUSSCさん 
テーマからタイトルに惹かれてきました。
北はU17ペルーで大活躍の選手達が出るんでしょうね。
ここでこけないようにしっかり応援しましょう!
お邪魔しました。(2005.11.23 07:49:39)

Re:はじめまして(11/22)    ultraleftyさん 
ハッピーママUSSCさん
>テーマからタイトルに惹かれてきました。
>北はU17ペルーで大活躍の選手達が出るんでしょうね。
>ここでこけないようにしっかり応援しましょう!
>お邪魔しました。

昨日は5-0で勝ったようですね。見てないのですが、もうちょっと得点欲しかったかなという気がします。明日、北朝鮮は何点とるんでしょうかね。

よろしければまた遊びに来てください。

(2005.11.24 22:32:48)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月21日 (月)

2005 ナショナルトレセンU-16 メンバー

横浜からは谷島が選出。
愛媛FCはなし。何かトレセンと相性悪いような気がする。何で?

==================================================================

ID  地域  Pos  選手氏名_漢字  選手氏名_カナ  学年  体重      身長
1  北海道  FW  西村  啓  1990/04/09  中3  177cm/60kg  札幌ジュニアFCY
2  北海道  FW  木村  丈二  1990/04/19  中3  175cm/56kg  SSSJY
3  北海道  MF  鶴野  太貴  1990/09/04  中3  169cm/61kg  札幌YU-15
4  北海道  MF  佐藤  明生  1991/02/13  中3  167cm/58kg  苫小牧東中学校
5  北海道  DF  熊澤  覚  1991/01/29  中3  174cm/70kg  札幌YU-15
6  北海道  GK  曵地  裕哉  1990/09/02  中3  180cm/65kg  札幌市立厚別中学校
7  北海道  FW  飯田  健二  1989/04/02  高1  173cm/63kg  文教大学明清高校
8  北海道  FW  横野  純貴  1989/10/07  高1  181cm/63kg  札幌YU-18
9  北海道  FW  大西  洋平  1989/10/03  高1  169cm/62kg  札幌YU-18
10  北海道  MF  近藤  大輔  1989/08/06  高1  176cm/68kg  室蘭大谷高校
11  北海道  MF  加藤  大己  1990/02/21  高1  176cm/60kg  札幌YU-18
12  北海道  MF  福田  慎也  1989/04/14  高1  179cm/69kg  札幌YU-18
13  北海道  MF  能登  剛  1989/05/18  高1  170cm/61kg  札幌YU-18
14  北海道  DF  河本  尚宏  1989/09/12  高1  180cm/70kg  北海道旭川実業
15  北海道  DF  成田  一輝  1989/06/11  高1  183cm/68kg  函館ラ・サール高校
16  北海道  GK  岩田  健太郎  1989/05/18  高1  178cm/70kg  札幌YU-18

17  東北  GK  吉田  龍輔  1989/06/13  高1  178cm/67kg  青森山田高校
18  東北  DF  三浦  修  1989/06/24  高1  175cm/58kg  青森山田高校
19  東北  DF  諸橋  遼亮  1989/04/21  高1  171cm/66kg  岩手県立盛岡商
20  東北  MF  香川  真司  1989/03/17  高2  173cm/61kg  FCみやぎバルセロナY
21  東北  MF  鎌戸  修平  1989/08/05  高1  171cm/60kg  青森山田高校
22  東北  MF  下田  光平  1989/04/08  高1  180cm/68kg  秋田商
23  東北  MF  奥埜  博亮  1989/08/14  高1  164cm/58kg  仙台Y
24  東北  FW  佐々木  絢也  1989/05/08  高1  170cm/65kg  青森山田高校
25  東北  FW  金濱  幸広  1989/08/09  高1  176cm/66kg  岩手県立盛岡商
26  東北  MF  林  勇介  1990/01/23  高1  168cm/59kg  岩手県立盛岡商
27  東北  FW  土屋  健太  1990/01/26  高1  167cm/60kg  秋田商
28  東北  GK  松浦  和己  1989/04/20  高1  180cm/73kg  尚志高校
29  東北  DF  高橋  公義  1990/04/25  中3  173cm/65kg  盛岡市立厨川中学校
30  東北  DF  栗原  祐樹  1990/05/10  中3  178cm/65kg  山形FCJY
31  東北  MF  天内  佑輝  1990/06/10  中3  163cm/49kg  百石中学校
32  東北  MF  高橋  裕司  1990/09/17  中3  157cm/49kg  FCみやぎバルセロナ

33  関東  GK  川俣  慎一郎  1989/07/23  高1  186cm/84kg  鹿島Y
34  関東  FW  野林  涼  1989/06/22  高1  173cm/67kg  鹿島Y
35  関東  CB  山住  允  1990/02/18  高1  181cm/70kg  鹿島Y
36  関東  MF  廣瀬  智靖  1989/09/11  高1  172cm/59kg  前橋育英高校
37  関東  MF  青木  拓矢  1989/09/16  高1  177cm/66kg  前橋育英高校
38  関東  MF  米田  淳人  1989/08/06  高1  176cm/65kg  前橋育英高校
39  関東  MF  笛田  祥平  1990/07/23  中3  169cm/60kg  FC前橋JY
40  関東  MF  柿沼  貴宏  1989/11/12  高1  170cm/66kg  大宮Y
41  関東  FW  林  容平  1989/07/16  高1  174cm/54kg  浦和Y
42  関東  GK  大谷  幸輝  1989/04/08  高1  185cm/81kg  浦和Y
43  関東  FW  川岸  春大  1990/04/09  中3  168cm/58kg  大宮JY
44  関東  MF  吉澤  直樹  1989/07/07  高1  172cm/61kg  私立西武台高校
45  関東  MF  山地  翔  1990/04/14  中3  181cm/70kg  狭山JYFC
46  関東  MF  和田  拓也  1990/07/28  中3  170cm/65kg  ヴェルディJY
47  関東  MF  永田  拓也  1990/09/08  中3  167cm/54kg  浦和JY
48  関東  FW  武富  尚紀  1990/05/11  中3  163cm/50kg  浦和JY
49  関東  MF  大竹  洋平  1989/05/02  高1  165cm/57kg  FC東京U-18
50  関東  DF  吉田  啓祐  1989/05/07  高1  183cm/75kg  ヴェルディY
51  関東  MF  関  隼平  1989/05/24  高1  167cm/56kg  国学院大学久我山高校
52  関東  MF  河野  広貴  1990/03/30  高1  161cm/52kg  ヴェルディY
53  関東  DF  根立  研裕  1990/05/16  中3  170cm/59kg  柏レイソル青梅
54  関東  GK  高木  駿  1989/05/22  高1  182cm/73kg  ヴェルディY
55  関東  DF  堀田  秀平  1989/05/12  高1  181cm/71kg  柏U-18
56  関東  GK  岡田  翔太  1989/10/25  高1  181cm/72kg  柏U-18
57  関東  MF  乾  達朗  1990/01/30  高1  168cm/57kg  千葉Y
58  関東  DF  橋本  真人  1989/10/12  高1  190cm/75kg  船橋市立船橋高校
59  関東  FW  谷島  央規  1989/04/15  高1  180cm/66kg  横浜Y
60  関東  DF  樋口  大  1989/10/23  高1  183cm/70kg  川崎U-18
61  関東  DF  松崎  慎也  1989/05/02  高1  176cm/65kg  鹿島Y
62  関東  FW  大石  直人  1990/02/24  高1  170cm/65kg  桐光学園高校
63  関東  FW  渡部  大輔  1989/04/19  高1  169cm/64kg  大宮Y

64  北信越  FW  飯田  隼人  1990/05/21  中3  184cm/77kg  丸岡中学校
65  北信越  DF/MF  福田  勝也  1990/12/06  中3  178cm/66kg  ビバシティー加賀FC
66  北信越  FW  小寺  淳平  1990/05/03  中3  161cm/55kg  松任FCJY
67  北信越  MF  前野  良平  1990/07/03  中3  158cm/52kg  FCひがしJY
68  北信越  FW  高橋  駿太  1989/02/09  高2  172cm/77kg  富山第一高校
69  北信越  DF/MF  大野  和成  1989/08/04  高1  175cm/64kg  新潟Y
70  北信越  MF  道見  啓介  1989/07/09  高1  176cm/64kg  北越高校
71  北信越  MF  小谷  礼王  1989/12/07  高1  177cm/69kg  新潟Y
72  北信越  FW  千葉  翔  1989/05/11  高1  170cm/64kg  新潟Y
73  北信越  MF  坂本  ビクター  1989/04/19  高1  170cm/56kg  新潟Y
74  北信越  MF  梨本  大輔  1989/06/10  高1  174cm/68kg  東京学館新潟高校
75  北信越  GK  松下  泰士  1989/10/29  高1  180cm/64kg  新潟Y
76  北信越  FW  長谷部  彩翔  1990/02/06  高1  167cm/56kg  新潟Y
77  北信越  GK  田中  昂平  1991/03/27  中3  178cm/71kg  上田ジェンシャン・JY
78  北信越  FW  胡桃沢  槇  1989/02/01  高2  174cm/62kg  松商学園高校
79  北信越  MF  倉島  智志  1990/01/31  高1  163cm/53kg  長野県上田高校

80  東海  GK  赤堀  勇太  1989/11/18  高1  190cm/74kg  磐田Y
81  東海  GK  杉本  拓也  1989/12/31  高1  176cm/60kg  藤枝明誠高校
82  東海  DF  茂内  建佑  1989/10/12  高1  179cm/65kg  磐田Y
83  東海  DF  須崎  恭平  1989/06/21  高1  176cm/65kg  磐田Y
84  東海  DF  大岩  一貴  1989/08/17  高1  182cm/71kg  中京高校
85  東海  MF  山本  康裕  1989/10/29  高1  177cm/72kg  磐田Y
86  東海  MF  東  豊大  1989/06/19  高1  163cm/50kg  暁高校
87  東海  MF  早坂  賢太  1989/04/27  高1  185cm/70kg  中京高校
88  東海  FW  津田  真吾  1989/04/07  高1  169cm/60kg  名古屋Y
89  東海  MF  太田  圭祐  1989/07/10  高1  169cm/59kg  名古屋Y
90  東海  FW  杉山  和毅  1989/05/20  高1  171cm/58kg  清水商
91  東海  FW  原田  開  1990/02/02  高1  158cm/53kg  磐田Y
92  東海  FW  押谷  祐樹  1989/09/23  高1  169cm/64kg  磐田Y
93  東海  FW  伊藤  了  1990/02/09  高1  175cm/60kg  中京高校
94  東海  FW  櫛田  直晃  1989/03/17  高2  175cm/68kg  岐阜工業高校
95  東海  FW  畠山  祐輔  1989/09/01  高1  184cm/67kg  四日市中央工業高校
96  東海  GK  岩田  敦史  1990/06/12  中3  180cm/65kg  若鮎長良FC
97  東海  DF  小木曽  裕紀  1990/06/12  中3  177cm/66kg  帝京大学可児中学校
98  東海  MF  城内  龍也  1990/06/06  中3  168cm/60kg  静岡学園中学校
99  東海  MF  竹内  涼  1991/03/08  中3  171cm/60kg  浜松開成館中学校FC
100  東海  MF  横山  翔太  1991/01/25  中3  166cm/63kg  藤枝市立広幡中学校
101  東海  MF  西澤  郁  1990/05/13  中3  170cm/60kg  清水JY
102  東海  MF  磯村  亮太  1991/03/16  中3  178cm/58kg  名古屋JY
103  東海  FW  杉山  健太  1990/07/02  中3  181cm/65kg  清水庵原中学校

104  関西  GK  森廣  泰彦  1990/05/30  中3  180cm/66kg  泉州FC
105  関西  DF  山田  樹  1990/10/05  中3  174cm/58kg  京都JY
106  関西  DF  豊田  康宏  1990/05/23  中3  182cm/70kg  兵庫FC
107  関西  DF  高島  健人  1990/07/05  中3  180cm/64kg  神戸JY
108  関西  DF  菅沼  駿哉  1990/05/17  中3  183cm/75kg  ガンバJY
109  関西  MF  堂阪  高介  1990/01/28  高1  170cm/60kg  奈良市立一条高校
110  関西  DF  畑  共哉  1990/12/27  中3  177cm/63kg  セレッソU-15
111  関西  FW  吉留  一貴  1990/08/07  中3  177cm/66kg  甲南中学校
112  関西  FW  丸橋  祐介  1990/09/02  中3  176cm/62kg  セレッソU-15
113  関西  FW  鈴木  順一  1990/05/20  中3  175cm/65kg  土山中学校
114  関西  FW  大西  佑亮  1991/03/27  中3  189cm/68kg  SC和歌山ヴィーヴォ
115  関西  GK  木下  正貴  1989/06/22  高1  185cm/80kg  ガンバY
116  関西  GK  熊取谷  直毅  1989/06/17  高1  182cm/68kg  関西学院高等部
117  関西  DF  高木  風人  1989/05/16  高1  182cm/76kg  京都Y
118  関西  DF  本田  剛士  1989/08/16  高1  188cm/72kg  ガンバY
119  関西  DF  濱口  由人  1989/12/11  高1  179cm/68kg  滋賀県立野洲高校
120  関西  MF  大塚  尚毅  1989/04/07  高1  183cm/73kg  滝川第二高校
121  関西  MF  安田  晃大  1989/08/08  高1  164cm/55kg  ガンバ大阪Y
122  関西  MF  池  亮磨  1989/08/12  高1  165cm/62kg  ガンバ大阪Y
123  関西  FW  藤松  明宏  1990/09/28  中3  174cm/59kg  ヴィッセル神戸JY
124  関西  FW  上谷  暢宏  1989/05/15  高1  180cm/67kg  ヴィッセル神戸Y
125  関西  FW  瀬里  康和  1989/07/08  高1  178cm/71kg  ガンバ大阪Y
126  関西  FW  田仲  和朗  1989/07/10  高1  185cm/75kg  奈良育英高校
127  関西  MF  金崎  夢生  1989/02/16  高2  178cm/63kg  滝川第二高校

128  中国  GK  兼田  亜季重  1990/02/26  高1  182cm/75kg  広島Y
129  中国  GK  洞ヶ瀬  勇馬  1990/03/02  高1  180cm/70kg  多々良学園高校
130  中国  DF  宮本  将  1990/05/14  中3  182cm/63kg  みろくの里JY
131  中国  MF  沖田  勇樹  1990/07/26  中3  171cm/58kg  広島JY
132  中国  MF  池田  康平  1990/04/15  中3  175cm/65kg  アヴァンサールFC
133  中国  FW  宮原  大輔  1990/10/17  中3  168cm/56kg  広島JY
134  中国  FW  磯本  圭吾  1990/04/16  中3  170cm/57kg  みろくの里JY
135  中国  DF  佐藤  拓  1989/05/24  高1  172cm/62kg  広島Y
136  中国  DF  山根  佑介  1989/05/24  高1  169cm/55kg  広島Y
137  中国  MF  内田  健太  1989/10/02  高1  173cm/60kg  広島Y
138  中国  MF  小西  和樹  1989/07/23  高1  168cm/62kg  広島Y
139  中国  MF  篠原  聖  1989/08/11  高1  174cm/62kg  広島Y
140  中国  MF  加藤  昂  1990/02/02  高1  176cm/64kg  広島皆実高校
141  中国  MF  高橋  宏次郎  1990/01/08  高1  175cm/66kg  広島皆実高校
142  中国  FW  横竹  翔  1989/08/30  高1  175cm/73kg  広島Y
143  中国  FW  中野  裕太  1989/08/30  高1  180cm/68kg  広島Y

144  四国  MF  近藤  健一朗  1989/12/05  高1  173.5cm/66kg  高知中央高校
145  四国  FW  平山  友祐  1989/05/03  高1  175cm/68kg  明徳義塾高校
146  四国  FW  日高  洸平  1990/04/21  中3  163cm/55kg  帝人SS
147  四国  FW  景野  一海  1990/09/05  中3  166cm/63kg  香川西FCJY
148  四国  MF  東野  真也  1989/10/08  高1  165cm/53kg  松山工業高校
149  四国  MF  越智  亮介  1990/04/07  中3  170cm/58kg  今治市立日吉中学校
150  四国  FW  川又  堅碁  1989/10/14  高1  182cm/64kg  愛媛県立小松高校
151  四国  GK  岩城  正直  1989/07/30  高1  179cm/65kg  高松商
152  四国  DF  大西  彰  1989/05/09  高1  183cm/63kg  香川西高校
153  四国  FW  三野田  祐介  1989/06/30  高1  173cm/65kg  香川西高校
154  四国  MF  古川  新太郎  1990/01/10  高1  175cm/60kg  高松南高校
155  四国  GK  浅野  伸吾  1990/06/07  中3  180cm/66kg  坂出中学校
156  四国  MF  實藤  友紀  1989/08/22  高2  178cm/66kg  徳島商
157  四国  MF  浦川  祐基  1989/03/22  高2  172cm/60kg  徳島商
158  四国  FW  松浦  一平  1990/04/20  中3  179cm/60kg  徳島市川内中学校
159  四国  FW  佐藤  龍希  1990/05/07  中3  168cm/55kg  三加茂中学校

160  九州  MF  山崎  文人  1990/08/21  中3  167cm/55kg  福岡U-15
161  九州  MF  東  慶悟  1990/07/20  中3  176cm/60kg  北九州市立若松中学校
162  九州  FW  濱中  祐輔  1990/05/15  中3  168cm/57kg  小倉南FCJY
163  九州  DF  柳  祥太郎  1990/04/26  中3  172cm/60kg  大分U-15
164  九州  GK  小川  隆  1990/04/10  中3  181cm/69kg  長崎市立桜馬場中学校
165  九州  FW  藪  裕史朗  1990/08/11  中3  177cm/66kg  腹栄中学校
166  九州  DF  横山  文也  1990/08/23  中3  182cm/71kg  ヴィラル木花SCJY
167  九州  MF  村山  充  1990/09/29  中3  178cm/66kg  宮崎市立大塚中学校
168  九州  FW  西川  佑希  1990/04/25  中3  175cm/65kg  高城町立高城中学校
169  九州  GK  浜川  成章  1990/07/12  中3  182cm/75kg  都城市立五十市中学校
170  九州  FW  川村  武蔵  1990/05/15  中3  163cm/52kg  桜島中学校
171  九州  DF  大山  佑馬  1990/06/01  中3  173cm/56kg  桜島中学校
172  九州  MF  鈴木  惇  1989/04/22  高1  168cm/67kg  福岡U-18
173  九州  FW  松井  亮大  1989/10/26  高1  170cm/63kg  東海大学付属第五高校
174  九州  FW  清水  航平  1989/04/30  高1  167cm/58kg  東海大学付属第五高校
175  九州  MF  永畑  祐樹  1989/05/02  高1  164cm/51kg  神村学園
176  九州  MF  松本  和弥  1989/06/26  高1  167cm/68kg  大分高校
177  九州  DF  水本  勝成  1990/02/19  高1  177cm/67kg  ルーテル学院高校
178  九州  DF  坂田  淳  1989/11/16  高1  181cm/61kg  大津高校
179  九州  MF  山城  朋大  1989/04/11  高1  178cm/59kg  大津高校
180  九州  FW  網田  慎  1989/04/28  高1  181cm/65kg  大津高校
181  九州  GK  吉田  智志  1990/02/10  高1  179cm/64kg  ルーテル学院高校
182  九州  MF  戸高  裕人  1990/04/17  中3  159cm/54kg  大分U-15
183  九州  MF  長谷  智久  1989/05/30  高1  163cm/52kg  鹿児島県立鶴丸高校



| | コメント (0) | トラックバック (0)

土日の結果/Jユースカップ、JFL、J1

■JFL第13節

 11/20(日) 愛媛FC 2-0 流通経済大学

相手が流通経済大ということで、よっぽどの事がない限りは大丈夫だと思ったが、何とか勝利。相手DFに退場者が出た直後に星野の得点で先制。後半1人少ない相手に1点しか取れないのはJ昇格を目指しているチームとしては少々心もとない。が、まぁ、贅沢は言ってられない。どんなに格好悪くても、勝って、昇格する事が一番大事。

Honda、栃木が負け、昇格圏内である2位以上の可能性のあるチームはYKK、愛媛、アローズの3チームとなった。残り2試合で1勝をあげれば2位圏内が確定する。その2試合の相手はHondaとデンソー。どちらも難敵。Hondaには長年JFLの雄として確固たる地位を築いた自負があるから、後進の愛媛の昇格を見たくはないだろう。デンソーはチームとしてのラストゲームを白星で飾るため全力で戦いを挑んでくるに違いない。愛媛はこれまでの全ての経験と智恵と力を150%、200%出し切って闘うべし。自信を持って、堂々と。

とりあえず、横河さんもがんばれ(ぼそっ)

■Jユースカップ九州・中四国地域代表決定戦

 11/20(日) 愛媛FCユース 0-2 アミーゴス鹿児島

JYに続き、あと一つの所で敗退。後半22分、38分の失点らしい。残念、無念。
3年生はお疲れ様でした。1,2年生は来年、大垣でまた会おう。

■J1 第31節

 11/20(日) 横浜 3-1 広島
 11/20(日) 神戸 0-1 大宮

久々にリーグ戦欠席。そんな試合に限ってドラゴン大活躍。悔しいが、水曜日帝国戦でもっとすばらしいゴールを見せてくれるだろう。期待しているよ、ドラゴン。

神戸の降格が決定。北野はどうなるんだろうか… できればもう一年J2で修行をつんで、小さくてもビックになって帰ってきて欲しいのだが。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

初めまして。    R(^-^)さん 
神戸が降格決定ですね・・楽天どうするんでしょうね。野球も頑張ってもらわないといけませんが、ヴィッセルも実績のある監督か戦力の補強が必要ですね(2005.11.21 20:51:27)

Re:初めまして。(11/21)    ultraleftyさん 
R(^-^)さん
>神戸が降格決定ですね・・楽天どうするんでしょうね。野球も頑張ってもらわないといけませんが、ヴィッセルも実績のある監督か戦力の補強が必要ですね

金は出すが、口は出さないオーナーの補強も(笑)って、神戸サポには(笑)じゃ、ないですね。失礼しました。
(2005.11.21 22:04:50)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月20日 (日)

Jユースカップ GL#8 横浜Yvs京都Y あるいは、悔しさをバネに

マッチデイ買って、スタンプ押してもらって、ハマトラもらって、壁掛けカレンダーと卓上カレンダー買って、前座も見終わったので、お隣の小机フィールドへ。もちろん、そのままトップの広島戦を見るという選択肢もあったんだけど、すぐ隣で戦っているユースを放っておくわけには行かない。トップは残留も決まったし、応援する人もいっぱいいるだろうし。

と、考えた人は意外に多く、10人あまりが小机に集合。

今日は、サハラカップ予選最終日。京都ユースとの対戦。横浜ユースは木村が累積で欠場。陽介もコンディションの関係かメンバー外。マイクは代表。谷島はU16代表合宿?。と、FW陣が総欠場。そこで、この間の横浜FC戦で素晴らしいゴールを決めた出口が初のスタメン抜擢。フォーメーションはその出口を1トップとする例の法則どおりの、4-2-3-1。

出口は1年生ながら高さのある選手で、ハイボールの競り合いにも強い。相手DFを競ってうまくボールを落とすのだが、2列目のフォローが足りず、せっかくのボールを奪われてしまう局面が多々。4-4-2にして、出口の周辺をちょこまか回るFWがいれば面白かったんだろうけど、あいにくそんな人材はいない・・・

出口は後半20分で交代。今日のチャンスに賭けていたんだろう。自分の出来が相当悔しかったらしく、ベンチでもじっと下を向いていた。最後の挨拶の時もとぼとぼという感じ。出口、その気持ちを忘れなければきっと結果は出るよ。もっともっとがんばれ、応援するから。

話が前後してしまったけど、前半終了直前に京都に先制点を与え、後半19分にはPK。焦りがプレイのミスを生み、京都の逆襲を食らう悪循環。最後の方は、田代&広田の2トップなどという信じられないフォーメーションに変えたものの、終了直前に田代のシュートで1点を返すのが精一杯。

全勝でのJユース予選突破はならなかったけど、1位通過はすでに決まっている。楽に勝ち進むより、この辺で一回負けておくのもいい刺激になるだろう。次からは負けると終わりのトーナメント。1試合1試合全力でのぞんで欲しい。夏の悔しさ、秋の涙を思い出して、絶対に笑って終わろう。

試合後「生まれながらのトリコロール」ダンマクに3年生のサインを入れてもらった。中々性格の出たサイン。あえて写真は掲載しない。12月の高円宮U15か、Jユースカップの試合会場に張られるので、サイン見がてら、JY、ユースの試合にお越しください。


_________出口将司(12)_________

富井英司(10)___大久保翔(22)____幸田一亮(15)

_____加藤健太(8)__三浦旭人(6)______

田代真一(3)_藤川祐司(4)_佐藤由将(5)_奈良輪雄太(2)

_________当銘裕樹(21)_________

得点:
 前半45分 関圭佑(京都)
 後半19分 沈修輔(京都:PK)
 後半44分 沈修輔(京都)
 後半44分 田代

交代:
 後半20分 大久保→森谷賢太郎(25)
 後半20分 出口→柳明基(7)
 後半34分 富井→広田陸(20)
 後半34分 加藤→武田英二郎(19)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国チビ 新子安vs野庭キッカーズ あるいは、ごめんね〜2君

昨日に続き今日も新子安へ。今日は横浜国際チビッ子サッカー大会(通称:国チビ)を今大会初観戦。せっかく行くなら1試合目から見ようと思い、クラシコ観戦明け(バモ!エトー!、バモ!ロナウジーニョ!×2)の眠い目をこすりつつ、9:00ちょい過ぎに到着。相変わらずの貧乏性(笑)

■FC南台 2-4 山王谷SC

小学生のサッカーは試合も面白いが、父兄の反応の方も面白い。1プレイ1プレイにいちいち歓声がわく。ピンチにはキャー、やめてー!イヤー!、チャンスにはイケ!イケ〜〜!とりあえずどっちのチームも応援するわけではない中立の立場なので、そんな周りの反応を楽しみつつ、いいプレイには素直に拍手。すっきり晴れた冬空の下(直射日光を浴びると暑いぐらいなんだけど)で、のびのびとサッカーをする少年達を眺めているだけでささやかな幸せを感じる。なお、スコアは自分で見たもの。父兄の方が3-4と言っていたので、到着前にFC南台に1点入っているかもしれない。

■新子安 2-0 野庭キッカーズ

試合前に、プライマリーのスペシャリストと合流。今日の新子安は何人か市のトレセンに呼ばれているらしく、5年生も混じったメンバー。6年生は多田君をはじめ、そこそこの身長の選手がいるのだが、5年生は横浜伝統のちびっ子ぞろい。しかも、彼らがまた伝統のテクニシャンで(笑)

先制は前半11分、佐野君。ドリブルで持ち込み強烈なシュート。さあ、こっからだと思ったが、そっから先は中々得点できない。攻撃の選手を多く市トレに取られ、新子安はなかなか苦戦。後半13分に18番の選手がこれまた強烈なミドルを決め得点差を広げたが、結構ピンチもあり、実力的にはそう差はなかった。ともあれ、2-0で勝利し、ベスト8進出。次は去年の準優勝チーム、バディSC。次は今日出なかった6年生も戻ってくるだろうから、優勝目指して最後までがんばろう。

___????(20)___柘植俊克(14)___

玉城史也(8)__佐野弘樹(10)__????(19)

____????(18)__小林篤(13)_____

__石田健太(4)_高橋将吾(2)_多田一清(3)__

_________内山圭(1)_________

得点:
 前半11分 佐野
 後半13分 18

交代:
 後半18分 高橋→喜田拓也(23)
 後半0分 ?(20)→池田奨(11)
 後半10分 ?(19)→?(25)

■プライマリー追浜 3-0 鶴見区選抜

3試合目の原FCvsSCH.SCを前半だけ見て、トップの試合の行われる日産スタジアムへ。今日は前座でプライマリー追浜vs鶴見区選抜が行われる。

ちゃんと記録をとろうかと思ったけど、鶴見区選抜が青紫-白-白という組合せで、青-白-赤の追浜と非常に紛らわしく、チャンスなんだかピンチなんだかさっぱりわからず断念。それに、今更ながら日産スタジアム、ピッチまで遠すぎ(笑)番号も確認できず。結果は、大貫君他のゴールで3-0と快勝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月19日 (土)

今日は新子安DAY

今日の新子安の予定。

 11:00 レガフトロ プライマリー新子安U12vs三菱養和
 14:30 ユース練習
 16:30 JY新子安練習

高円宮前に「生まれながらのトリコロール」ダンマクにJYの選手のサインをもらおう、どうせなら11:00の試合から見ちゃおうという事になり、USメンバーで新子安に。

まずは、事務所のロビーに展示された夏の戦利品の数々を確認。圧倒的な数。が、”準”が多いのが何とも悔しい。冬の大会で”準”がつかないのをゲットしよう。

P:全日優勝、JY:全クラ準優勝、Y:全クラ準優勝、プリンス優勝

都合によりレガフトロは最後の15分ぐらいしか見れず。

バーミアンで食事をして、ユースの練習を見学。出場停止の木村、学校行事で久々の練習(?)の陽介はともにサブ。出口が主力チームで練習。明日は出番がありそうだ。色々楽しい出来事があったはずだが、JYの某君のおかげで、カトケンのカズダンス以外はクリアされてしまった(笑) そうそう、練習が終わる前に宏太に「(U15予選)お疲れさん、(勝ち抜け)よかったね。」と声をかけると、はにかみながらも笑っておりました。シンガポールでも活躍できるよう、これからもがんばれ。

続いてJY。残念ながら3年生は森本君、松尾君、端戸君、吉崎君の4名しか参加せず。1,2年生主体。試験シーズンということもあってか、2年生の人数も少なく、10人ほど。2、3年生のミニゲームが面白かった。昨日、韓国から帰ったばかりの端戸君の絶妙なボールさばきに一同感嘆。さすが。

全体練習が終わったあと、松本君、吉田君、磨見君らが、佐藤浩GKコーチをキーパーにシュート練習。クールな磨見君はシュートをことごとく決める。来年の新子安のエースはなかなかいい感じ。だが、何といっても今日のハイライトは、吉田君。軽快トーク絶好調。あの面白さを伝える筆力がないのが悔しい(笑)

3年生は4人だったので、ダンマクサインはどうしようかと思ったが、もらえるときにもらおうと、4人分だけゲット。韓国から新子安直行のMさん(尊)も、韓国で掲げた自作スプレーダンマクの言葉が選手にはちょっと難しかったことが判明してガクッだったが、ダンマクに端戸君からサインをもらいご満悦。あとの選手にはいつもらおう・・・

でっかい新子安は端戸君筆

練習を見るのは初めてだが、試合では見れない選手の一面が見れて楽しい。また機会があれば見にこよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月18日 (金)

洋平Jデビュー

”ようやく”、坂井洋平の公式戦第2戦(11/13 京都vs横浜FC)を見れた。

小野信義の負傷で前半ロスタイムに出場。Jデビュー戦となる。天皇杯を含めここ何試合かベンチ入りしていたので、そろそろ出る頃かなと思っていたが、ようやくチャンスが回ってきた。

横浜ユース時代はボランチをやっていた洋平だが(トップでもボランチのようだが)、この試合では小野信義の代わりということもあり、左サイド。初のJで多少緊張していたか、相手が京都(それにしても田原もおっさんになったなぁ・・・ :) で攻撃の余地があまりなかったか、本来の持ち味であるアグレッシブな攻撃はやや影を潜めていた。ちょっとうろうろする局面も。それでも、後半開始早々ロングシュートを放ち、枠内へのヘディングシュートもあった。CK、FKもまかされ、10本近くは蹴っていた。Jデビューにしては、上々の出来ではなかろうか。

この試合自体はあまり面白いものではなかったが、ここ最近のスピーディーで攻撃的な横浜FCのスタイルが定着すれば洋平も生きてくるだろう。コンスタントに試合に出れるようにがんばれ洋平!

ちなみに、洋平の公式戦デビューは

 GK:榎本哲也
 DF:加藤広樹、金子勇樹、尾本敬
 MF:天野貴史、三浦旭人(→松田直樹)、原信生、山瀬幸宏、山崎雅人
 FW:北野翔(→坂井洋平)、阿部祐大朗

 SUB:佐藤浩、藤川裕司、佐藤由将、加藤健太

 得点:北野×2、山崎、阿部

という今にしてみると超ゴーカ(?)な試合。覚えてるかな?ほんのわずかの期間だが、三浦旭人が公式戦最年少記録を樹立した試合でもある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月17日 (木)

U15次なるステージへ

U15は、疑惑(?)のPKにより先制されるも、韓国キラー齋藤学君の同点弾で1次予選最大の難関を引き分け。得失点差で韓国を上回ったのでグループ1位で、来年シンガポールで開催されるアジア決勝大会に進出を決めた。おめでとう、U15選手のみんな。

そして、オレ達の

 バモ、学!
 バモ、端戸!
 バモ、宏太!

今日はまじめにシンガポール遠征費稼ぎをしたので疲れた。ので、マカオ戦と韓国戦に参戦したM特派員のPCバンからの苦闘レポを無断転載(笑)観戦記はきっと2,3日中に喫茶HARATAMA にアップされるだろう(と、鬼プレッシャーを)

【日本26−0マカオ】

1st
MANABU HANATO

HATTANNDA
YOKOYAMA KOUTA
TANAKA

HIGA KAWASHIMA KAI OKAMOTO

HIRONAGA

HT
OKAMOTO→YAMAURA
KOUTA→YAMAZAKI

2nd

MANABU HAMATO

HATTANNDA
YOKOYAMA HIGA
YAMAURA YAMAZAKI
TANAKA

KAWASHIMA KAI

HIRONAGA

57 HATTANNDA→OTSUKA

tokuten
5 KOUTA
8 KOUTA
10 HANATO
15 O.G
18 HIGA
23 O.G
29 MANABU
32 O.G
45 HAMATO

46 HATTANNDA
47 YAMAURA
47 YAMAZAKI
48 HAMATO
50 HANATO
53 MANABU(PK)
58 OTSUKA
61 YAMAZKAI
64 HANATO
66 OTSUKA
67 OTSUKA
70 OTSUKA
74 YOKOYAMA
75 HANATO
78 MANABU
79 YAMAURA
81 KAWASHIMA

MANABU ha totyuu kara hidarisaido

【日本1−1韓国】

1st

SHIN

YAMAURA KAKITANI
OTSUKA KOUTA
YAMADA

YAMAZAKI OKAMOTO KAI TAKAHASHI

HIRONAGA

36 YAMAURA→HATTANDA

HT
KOUTA→MANABU

2nd

SHIN

HATTANDA KAKITANI
MANABU OTSUKA
YAMADA

YAMAZAKI OKAMOTO KAI TAKAHASHI

HIRONAGA

41 OTSUKA→TANAKA

tokuten
15 KOREA8ban(PK)
52 MANABU

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月16日 (水)

決戦のとき

明日はいよいよU15の韓国戦。火曜日にマカオ相手に26-0で圧勝し迎える宿敵韓国戦。引き分け以上で次のステージへの道が開ける。何としても勝って、来年はシンガポールに行くぞ!ああ、韓国いきたかった・・・ ダンマクをMさんに託そうかと思ったが荷物になるといけないので、ここでバーチャルダンマク張り。

韓国 坡州(パジュ)〜ここでは終われない

齋藤学、オレ!

端戸仁、オレ!

水沼宏太、オレ!

佐伯尚平、オレ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Jユースカップ GL#7 横浜FCYvs横浜Y あるいは、楽しみな存在

先週に続き、しんよこFPで横浜FCとの対戦。横浜は秋元、マイクが代表で、斉藤が学校行事のため不在。マイク、陽介がいないときはいつもの4-2-3-1。

前回の結果が横浜にはマイナスに、横浜FCにはプラスに働いているようだ。普通にやれば勝てると思ってか、横浜は難しい事をしすぎ。ダイレクトのショートパスを繋いで行こうというチャレンジは見れるものの、ミスをして相手ボールになりカウンターというシーンが続出。横浜FCはボールを奪うとシンプルに前線につなぎ素早い攻撃。19分。横浜FCの左サイドからのクロス、DFのクリアしたボールはちょうど相手選手の前にこぼれ、ちょっと距離のあるグランダーのシュート。今年初めて(多分)横浜FC相手に失点。

実力差を考えるとそれほど焦る事はないが、得点は生まれず、ようやく横浜が追いついたのは前半35分。誰が決めたのかよく判らなかったが、どうも大久保だったようだ。コールできなくてごめん。

後半。横浜サポは、♪横浜の力を見せつけてやろうぜ でスタート。今日は横浜FCサポも何人か声だし応援をしていて、相手の「ヨ・コ・ハマ」コールが始まると、横浜はF・マリノスコールで応酬。一足早い横浜ダービーだ。

後半も前半と同じような出来。それでも、14分、16分と柳のクロスを森谷、木村がヘッドでゴール。全く同じような得点。これでようやく落ち着いたが、今日の出来だとJユースがかなり心配だ。

今日の収穫は1年生の出口。公式戦は多分初出場かと思うが、終了間際、181cmという長身ながらドリブルで相手DFをぐいぐい抜いていき、強烈なシュートで4点目。追浜出身らしいダイナミックなプレイ。得点の時には久々に、バモ!デヴィ! 土手上にいた1年生もバモ!デヴィ!(笑) 木村がイエローカードをもらい、次節の京都戦は出場停止なので、次もチャンスはあるだろう。楽しみだ。

試合後、某Mさん(笑)壮行会。昨日、韓国でU15のマカオ戦を応援し、今日ユースの応援でいったん帰国し、また明日、韓国戦を応援しに行くという。超バモスだ。明日はよろしく頼みます。


________木村勝太(12)_________

柳明基(7)____大久保翔(22)___森谷賢太郎(25)

_____加藤健太(8)__三浦旭人(6)______

田代真一(3)_広田陸(20)_佐藤由将(5)_奈良輪雄太(2)

_________当銘裕樹(21)_________


得点:
 前半19分 高橋太陽(横浜FC)
 前半35分 大久保
 後半14分 森谷
 後半16分 木村
 後半44分 出口

交代:
 後半36分 木村→出口将司(34)
 後半39分 柳→武田英二郎(19)
 後半39分 森谷→金井貢史(32)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月15日 (火)

高円宮U15組合せ発表

高円宮杯U15の日程が発表になった。またもやガンバと同組で、強豪ぞろいのチーム。誰のくじ運だ?1試合目の島根はともかく、2,3試合目が藤枝というのは救いだ。1試合は確実に見れる。


グループA:島根・藤枝
 緑が丘中 (北海道2位)、広島JY (中国1位)
 小針中 (北信越2位)、浦和JY (クラ選優勝)

グループB:香川・高知
 C大阪U15 (関西3位)、ジェフ習志野 (関東4位)
 徳島JY (四国1位)、名古屋 (東海4位)

グループC:島根・藤枝
 G大阪JY (関西1位)、大分U15 (九州2位)
 新子安 (クラ選準優勝)、清水JY (東海2位)


グループD:石巻
 ヴィクサーレ沖縄JY (九州3位)、朝日丘中 (全中準優勝)
 柏U15 (関東2位)、仙台JY (東北1位)

グループE:大津
 福岡U15 (九州1位)、浜松開誠館中 (東海3位)
 FC ASA FUTURO (北信越1位)、高田FC (関西4位)

グループF:香川・高知
 国見中 (九州4位)、名古屋FC (東海1位)
 FC東京U15深川 (関東1位)、高知中(四国2位)

グループG:大津
 百石中 (東北2位)、クレフィオFC山口 (中国2位)
 ルーテル学院中 (全中優勝)、狭山JY (関東5位)

グループH:石巻
 SSS JY (北海道1位)、FCみやぎバルセロナ (東北3位)
 三菱養和SC巣鴨JY (関東3位)、京都JY (関西2位)


試合日程
 12/04(日) 13:15 新子安vs清水JY@益田(島根)
 12/10(土) 11:00 新子安vsガンバJY@藤枝サ
 12/11(日) 13:15 新子安vs大分JY@藤枝陸

 12/17(土) 11:00/13:15 @びんご
 12/18(日) 11:00/13:15 @広島ビッグアーチ
 12/27(火) 11:00/13:15 @西が丘
 12/29(木) 11:30 @国立

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Re:高円宮U15組合せ発表(11/15)    h_heitaさん 
はい、今年何度目かもう忘れちゃいましたが、またマリノスさんにお世話になります。
四国代表のほうも、、、突破は難しいかな。(2005.11.16 00:03:16)

Re[1]:高円宮U15組合せ発表(11/15)    ultraleftyさん 
h_heitaさん
>はい、今年何度目かもう忘れちゃいましたが、またマリノスさんにお世話になります。

いい加減、飽きました。もっとラクにグループリーグ突破できる組合せがいいです(泣)

>四国代表のほうも、、、突破は難しいかな。

どうでしょうね。徳島の組もJ下部組織ばっかですね。(2005.11.16 00:45:05)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土日の結果/高円宮四国予選、Jユースカップ、国チビ

■高円宮U15四国予選 グループリーグ

 11/12(土) 愛媛FC 0-0(PK 3-5) 高知中学

あと一つ勝てば全国大会だったが、まさかの(といっていいだろう)敗戦。きっと惜しいチャンスもいっぱいあったんだろうが、どうしても得点を奪えず、守り切られて、エースがPKをはずす、というパターンだったんではないかと勝手に想像。3年生はこれで引退だね。3年間お疲れ様でした。高校生になってもどっかでサッカーを続けて欲しいと思います。もう一組は徳島が順当に勝って四国代表として全国へ。

■Jユースカップ中四国予選

 11/12(土) 愛媛FCユース 2-0 安芸FCU18

U18の方は、完封で安芸を下し、20日に福岡で開催される九州・中四国代表決定戦に駒を進めた。まだ13日の結果がアップされていないが、よっぽどの大敗をしない限り、アミーゴス鹿児島が相手のはず。JYの分もがんばって全国行きを決めよう。

■Jユースカップ予選 グループリーグ

 11/13(日) 清水ユース 1-2 横浜ユース

 GK 秋元陽太
 DF 田代真一、佐藤由将、藤川祐司、奈良輪雄太
 MF 三浦旭人、山岸純平、富井英司、幸田一亮
 FW マイク、斉藤陽介

 交代
  幸田→木村勝太
  マイク→加藤健太

 得点:佐藤、陽介

小机につづき先制されるも、佐藤、陽介で逆転勝利。くわしくは、發さんちで。

■第37回 横浜国際チビッ子サッカー大会

 LL-1の部
  11/12(土) プライマリー 15-0 横浜すみれSC

大勝でベスト8進出。次節はFC杉田。日時・場所は未定。
L-1の部は20(日)9:50より野庭キッカーズと新子安で。14:00からのトップ/ユースの試合とハシゴできるな(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月14日 (月)

続・日本海超バモス というか、松江にJを!

まずは朝風呂。昨日は夜でろくに景色も見れなかったけれど、今日は目の前に宍道湖が見渡せる。ただ浴場が3Fという微妙な位置にあるため、朝だとヘタをすると外から見えてしまう。オチオチ浸かってもいられない。夕日を見ながらというのが、一番いいシチュエーションのようだ。

その後、9Fにある食堂で朝食。眺めはこっちの方がいい。あちこちに船が浮かんで漁をしている。しじみだろうか。朝食にも、もちろん登場。産地が近いからうまいかというと、まぁ、どこで食ってもしじみはしじみだった(笑) ゆったりと食事をして、チェックアウトぎりぎりの10時前にホテルを出る。

松江はあいにくの雨模様。さてどうしよう。堀川めぐりと出雲そば以外は特にお目当てもない。しかし、それだけでは時間を持て余すのは明らかなので、とりあえず100円ウォーカーなる巡回バスにのり、小泉八雲記念館へ。記念館と旧宅が隣り合わせにあって、まずは最初に旧宅の方に入る。入場料は350円。旧宅は、もともと松江藩の武家屋敷として使われていたもの。それだけに、品のいい日本家屋。八雲が愛したという庭は、こじんまりとしつつも枯山水だそうで、見ていると落ち着く。こんな庭のある家に住みたい。ナレーションがうるさい(またか!)のが難だが、書斎として使われていた部屋の縁側に座って休憩しつつ、あらかじめ携帯に落としておいた八雲の「怪談」の一編、「耳なし芳一」を読む。ここで書いたのだろうか・・・ しばし庭を楽しみ、次は隣の記念館。何と入場料は別。普通隣り合わせだったら共通券かと思うよね。商売っ気にちょっと引いたので、見学はパス。

小泉八雲旧宅。こんな家に住みたいなぁ・・・

八雲記念館のあるあたりは、塩見縄手という松江城の掘割のそばで、昔ながらの武家屋敷の風情が今も残っているところ。平日というのもあるかもしれないけど、京都とは違い人もあんまり多くないので、十分に城下町の情緒が味わえる。しとしとと降る雨もまたよし。

塩見縄手あたりを散策した後、お目当ての堀川めぐりに。遊覧船に乗って松江城の堀割りを巡る。冬場なので遊覧船にはこたつが用意されていて、あったかい。屋根があるから雨も大丈夫。船頭さんの案内つきで、松江城の回りを一周する。大きく掘に張り出した木々が美しい。低い橋の下をくぐるときは遊覧船の屋根が低くなり、乗っている人も身をかがめる。それもまた楽しい。船のすぐそばではマガモの親子がすいすい泳いでいる。秋で寒々としているかなと思ったけど、そんな事はなくて、十分楽しめた。秋でこれだけいいんだから桜の頃や新緑の頃は本当に素晴らしいだろうな。お勧めです。松江に行ったときはぜひ。

遊覧船から見た塩見縄手

堀川めぐりは正味40分ほど。一周して小腹もすいてきたので、武家屋敷の並びにある「八雲庵」で出雲そば。割子という丸い容器に腰のある黒いそばが盛られ、それが3段重なった割子そば3段を注文。薬味はとろろ、うずら玉子、おろしと各段で違う。濃い目のそばつゆをかけて食べる。まあまあかな。やっぱりうどん文化圏の人間にはそばは理解できないものなのか・・・

そばを食った後は、のんびりと景色を楽しみながら、松江城を時計回りに散策。落ち着いた風情のある町でかなり気に入った。また春ごろに来たい。今度はレンタサイクルを借りて色々足を伸ばしたいな。そのためにも、

  松江にJを!(笑)  (旅行サイトではなく、サッカーサイトですから:)

出雲そばには釜揚げという食べ方もあって、そば湯だけ入れたどんぶりに、ゆでたてのそばをいれ、そばつゆをかけて食べる。今回、こちらにも挑戦したかったのだが、松江では時間がなくて断念。ところが出雲空港にその釜揚げを食べられる店があったので、こちらも食べることができた。これはうまかった。あまり期待してなかったので、ちょっと得した気分。割子そばよりはこちらの方が個人的には好き。

試合結果以外は、新しい発見続きのいい遠征だった。満足。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月13日 (日)

JFL 後期第12節 SC鳥取vs愛媛 あるいは、日本海超バモス

土曜日の清水戦の後一泊して、Jユースの清水ユースvs横浜ユース@藤枝へ行くか、それとも米子に飛んでJFLのSC鳥取vs愛媛FC@東山陸上を見るか。結構悩んだが、これを逃すともう二度と行けないかもしれない東山を選択。

安い航空券はすでに売り切れ。正規料金だったらまだ大丈夫だったが、それほどリッチでもないので、マイレージを使った。もちろん、出雲発着はもうNGだったので、行きは岡山まで行き、岡山から特急いずもという方法を選択。帰りも夕方の便はマイレージNGだったので、一泊して温泉&日本海の幸を楽しむことにし、月曜日の出雲→羽田を予約。

岡山からのいずもはのどかな田園を進む。山間の農家の軒先の干し柿の朱色が日本の秋だった。民家はあるけど、人が全くいない田畑。地球上には人がいない空間の方が多いんだなぁと、ちょっと新鮮(?)な発見。まっ、早起きしすぎでほとんど寝てたんだけど(笑)

米子に到着し、タクシーで東山陸上競技場へ。当日券売り場で、チケットを買って入場。今年のチケットは塗り壁。鳥取遠征の楽しみの1つは、この水木しげるのキャラの印刷されたチケット。SC鳥取といえば(というか鳥取といえば)水木しげる&妖怪。スタジアムには鬼太郎とねずみ男がいるし、選手の背中スポンサーは「妖怪大戦争」

スタンドは満員。愛媛サポも大勢来ていたが、バンデーラで声を出して応援しているサポはあんまり増えてない印象。あの輪に混じるのは知り合いでもいないとちょっと敷居が高いかもね。

すでに来ていたOさんの隣に座り、まったり観戦。スピーカーのすぐ前だったため、ナレーションがうるさかった。ちょっと失敗。

愛媛は、友近、永冨の2トップ。その下に石丸。ボランチが井上。右サイドの猿田に、左サイドは濱岡。濱岡はかなり自由に中盤を動く。4バックは左から八柄、星野、金守、矢野。GKは羽田。

序盤、左右をあっさり破られるシーンが目立つ。勢いは鳥取。4分には早々と増本が先制。これであわてた愛媛はパスミスや、カウンターからの劣勢の時間帯が長く続く。まったくどっちがJを目指しているチームかわからない有様。金曜日にまたチェアマンが「後は成績だけ」なんて発言をしたから、やばいと思っていたら案の定。全国的な注目が集まると、それにふさわしい結果を残せないのは愛媛の仕様か?終了間際に石丸がCKからのヘッドを決め1点返して、いい感じで前半を終えるも、この出来にはかなり不満。

後半、ハーフタイムの活が利いたのか、試合は完全な愛媛ペースに。しかし、今度は決定的なチャンスが得点に結びつかない。石丸の強烈なミドルはバー直撃。ゴール前の混戦は鳥取の選手の必死の守備でことごとく得点にならず。3点ぐらいは入ってたはずだけどなぁ・・・

結局、何度もチャンスを逃し、鳥取の固い守備を崩せぬまま試合終了。下位鳥取相手に、この成績はいかんだろ。ちゃんとHonda戦で決めてもらわないと、こっちにだって予定が色々あるんだからね(願)

試合後、米子駅の見学。米子駅の0番線(境線)は各駅が水木キャラにちなんだ別名がついていて、始発の米子駅は「ねずみ男」駅だそうな。スタンプラリーとかしたら面白そうだけど、本数少ないから大変だね。ねずみ男売店では「目玉おやじ汁」なる缶ドリンクを購入。薄い塩味のスープに、目玉状のうずら玉子がいくつか入っていて、結構不気味。ってのは嘘で、普通のゆずジュース。

米子駅のKIOSK。店員さんは人間のように見えた(笑) 真ん中下の妖怪汁に目玉おやじ汁も

Oさんが出発の時間まで多少あったので、近くの「まつだ屋」なる海鮮炉辺焼きの店で日本海の味を堪能。焼きがに、肉厚ジューシーな刺身、とろとろのふぐ白子、かき酒蒸し、寿司、漁師汁・・・。昨日、清水で食えなかった分も、腹いっぱい堪能。日本海の海の幸、超バモス。こんなに食べ物がおいしいんなら、また来年も来たい。そのためには、愛媛が3位以下になれば・・・ ってのは困るから、

日本海超バモス。米子駅の鬼太郎も訴えてます。山陰にJを!

すっかりご機嫌でOさんと別れ、松江に向かう。今日は宍道湖の湖畔の温泉ホテルに宿泊。夜だったので自慢の景色は見れなかったが、明日の朝景色をみるのが楽しみ。展望風呂もあるから、明日早起きして朝風呂に入ろう。すんませんね、皆さん仕事してるとこなのに(笑)


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Re:JFL 後期第12節 SC鳥取vs愛媛 あるいは、日本海超バモス(11/13)    ぽっぽっぽさん 
清水よりおいしい物を食されたみたいです。
のんびり出来ました?(2005.11.14 16:46:58)

Re[1]:JFL 後期第12節 SC鳥取vs愛媛 あるいは、日本海超バモス(11/13)    ultraleftyさん 
ぽっぽっぽさん
>清水よりおいしい物を食されたみたいです。
>のんびり出来ました?

という事で堪能いたしました。

(2005.11.14 22:21:11)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月12日 (土)

J1 第30節 清水vs横浜 あるいは、凡庸なり

行って、見て、帰ってきた。そんだけ。

日本平の清水戦。久々にオフィシャルツアーでの参戦。グラウのごっつぁんゴールで0-1の辛勝。7月以来の連勝(トホホ)。東名通行止めを避けるべくお買い物もなし。桜海老のシーズンだっていうのに。

最近の横浜のトップの試合は観戦記を書く気が起こらなくて困る。ネタなさ過ぎ。

あえてネタを探すとすると、久々の哲也の登場とファンタジスタぶり。榎本去りて、榎本来る。

ああ、マグロン登場で久保が二人になって、マグロン負傷でグラウが二人になった。

とりあえず、降格がほぼなくなったのが収穫か。

これでリーグ成績10勝10敗10分。完全無欠の凡庸さ。凡庸について語るのはハスミ先生ででもなければスリリングにはならない。マクシム・デュ・カン論は面白かったなぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月11日 (金)

217,780人

本日、Jリーグによる愛媛FCへのヒアリングが行われました。その場で、改めて今季の成績が2位以内なら昇格との確認が行われたようです。

それにあわせ、「愛媛にJチームを作る会」の伊藤代表が皆さんから寄せられた署名をチェアマンに届けました。最終的に217,780人もの方々から署名を頂くことができました。署名にご協力いただいた他チームサポの皆さんに心より感謝いたします。また、署名集めに奔走した愛媛サポの皆さん、お疲れ様でした。

JFLは残り4試合です。あと3つ勝てば2位以内が確定します。217,780人の期待に応えられるよう、サポも選手もクラブも、みんなが一丸となってJ2昇格を自らの手で勝ち取りましょう。

20051111
勝手に転載してすみませんm○m>アランチ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月10日 (木)

おつかれさん

臙脂の最後の青き良心。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AFCユース選手権(U-18)予選グループN U-18日本代表候補(05/11/9)

後2週間を切ったAFCユース選手権の直前トレーニングキャンプメンバーが発表になった。韓国遠征で自信をつけるどころか、大敗してしまったこのチーム。負ければそこで終わりという大会にどこまで意地を見せることができるか。森本が選ばれていないのはチーム事情か?

====================================================

監督:吉田靖
アシスタントコーチ:森保一
GKコーチ:加藤好男

GK
 林  彰洋 1987.05.07 190cm 79kg 流経大付属柏高校
 武田 洋平 1987.06.30 189cm 76kg 熊本県立大津高校
 秋元 陽太 1987.07.11 180cm 74kg 横浜ユース

DF
 福元 洋平 1987.04.12 184cm 73kg 大分U-18
 槙野 智章 1987.05.11 178cm 66kg 広島ユース
 堤  俊輔 1987.06.08 177cm 70kg 浦和ユース
 安田 理大 1987.12.20 170cm 64kg ガンバ大阪ユース
 内田 篤人 1988.03.27 175cm 60kg 清水東高校
 大島 嵩弘 1988.04.14 179cm 69kg 柏ユースU-18
 吉田 麻也 1988.08.24 186cm 78kg 名古屋ユース

MF
 梅崎 司 1987.02.23 167cm 64kg 大分
 横谷 繁 1987.05.03 177cm 64kg ガンバ大阪ユース
 森野 徹 1987.05.12 168cm 60kg 船橋市立船橋高校
 森重 真人 1987.05.21 179cm 72kg 広島皆実高校
 柳澤 隼 1987.06.27 173cm 62kg 柏ユースU-18
 山本 真希 1987.08.24 176cm 67kg 清水
 柏木 陽介 1987.12.15 175cm 65kg 広島ユース
 青山 隼 1988.01.03 182cm 70kg 名古屋ユース

FW
 河原 和寿 1987.01.29 173cm 65kg 新潟
 ハーフナー マイク 1987.05.20 194cm 75kg 横浜ユース
 森島 康仁 1987.09.18 186cm 80kg 滝川第二高校
 小澤 竜己 1988.02.06 170cm 68kg 青森山田高校
 星原 健太 1988.05.01 172cm 63kg ガンバ大阪ユース
 伊藤 翔 1988.07.24 181cm 67kg 中京大附属中京高校

※大会登録メンバーの20名は、11月22日に発表する予定です。

〔スケジュール〕
AFCユース選手権大会(U-18)予選グループN
11月23日(水) 19:00 対 U-18チャイニーズ・タイペイ (KKWING)
11月27日(日) 16:00 対 U-18北朝鮮 (KKWING)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 9日 (水)

ユースカップ GL#5 横浜Yvs横浜FCY あるいは、圧勝試合をサポートすること

今日のJユースは、ユースには珍しいナイトゲーム。平日の19:00、しによこFPは結構厳しい。定時と同時に速攻で退社したものの、土手を歩いているところでキックオフ。横浜のサポたちに合流して、ノートを出したりしているうちに、マイクが先制点。見逃した・・・

前半は横浜のDFラインが不安定で、何度もまずいプレイが飛び出す。相手がガンバや広島だったら確実に失点につながっていそうなミス。清水戦は、劇的な勝ち方のおかげでいいイメージが先行するが、内容は決してよくなかった。今日はそれ以上の出来の悪さ。それでも、実力差ははっきりしているので負けるイメージは全くない。むしろいいカタチで何点獲れるか、いかに相手に攻撃のチャンスを与えないかが焦点の試合だった。早すぎる先制点のあと、横浜はなかなかカタチができず、2点目が入ったのは30分。ロングボールの処理を誤ったDFの裏に飛び込んだ陽介が一人で持ち込みゴール。その3分後にはマイク。前半は3-0。

後半。10分に奈良輪の絶妙クロスをマイクがあわせて4点目を奪ってからは、相手選手が2枚のイエローで退場したのもあり、怒涛のゴールラッシュ。奈良輪の素晴らしすぎる2ゴールに、木村の2戦連続ゴールと、後半だけで7点を取り、10-0の爆勝。クラ選の予選と同じスコア。

内容は決してよくないにもかかわらず爆勝するという悪いパターン。日曜の清水戦は苦戦しそうだ。


______斉藤陽介(9)__マイク(11)_______

幸田一亮(15)______________富井英司(10)

______三浦旭人(6)__山岸純平(18)______

武田英二郎(19)_藤川祐司(4)_広田陸(20)_奈良輪雄太(2)

___________秋元陽太(1)__________


得点:
 前半3分 マイク
 前半30分 斉藤
 前半33分 マイク
 後半10分 マイク
 後半13分 奈良輪!
 後半17分 三浦
 後半25分 木村
 前半28分 田代
 前半30分 木村
 前半35分 奈良輪!!

交代:
 後半0分 武田→田代真一(3)
 後半18分 マイク→木村勝太(12)
 後半20分 幸田→柳明基(7)
 後半21分 富井→大久保翔(22)
 後半32分 斉藤→金井貢史(32)


楽しい酒を飲んで、帰路、今日の横浜サポータについてつらつら思った事。

サッカーは何だかんだ言っても所詮は娯楽。だから、サッカーを見て楽しむのは悪いことではない。雪崩が楽しくて、何度もゴールが決まり、何度も雪崩れる、それはそれでありだと思う。ネットにへばりつき、♪絶対絶対木村、を歌う。楽しいからいいじゃないか。たまにはいいじゃないか。勝敗はきまっているんだからいいじゃないか。

だが、と思う。あそこにいたのはサポータではなかったのか。サポータとは試合終了までチームの勝利をサポートする者ではないのか。試合そっちのけで雪崩れること(今日のゴールはいちいち雪崩れるほどの意味を持っていた?)、選手に対するからかいとも取れそうな歌を選手の間近で歌うこと。これはサポートだろうか。サポートだというなら話はここでおしまい。

個人的にはあれはサポートではないと思う。負けている試合や、どっちに勝敗が転ぶかわからない試合を真剣に応援するのは誰でもできること。じゃ、圧勝することが約束された試合を前にして、サポータらしい振る舞いとは何なのか。目の前で汗を流し懸命に戦っている選手(自分のチームだけでなく相手チームも)をリスペクトする気持ちがあるのなら、最後まで自分達も本気で、あたかも負け試合であるかのように、全力で応援するのがより適切な振る舞いではないか。少なくとも横浜の選手は大量得点に気を抜く事無く、最後までゴールを奪おうとしていた。横浜FCの選手も数的劣勢のなか、何とか1点でも返そうと必死で戦ってた。

楽しい気分に水を差すようで悪いけど、些細なことかもしれないけれど、ちょっと気になったので問題提起。どう思う?


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Re:ユースカップ GL#5 横浜Yvs横浜FCY あるいは、圧勝試合をサポートすること(11/09)    名無しです。さん 
ロクに試合を見に行かない身分でカキコする無礼をお許しください。恥ずかしながらコメントするのは秋津のガンバ戦を思い出したからです。あれほど絶望的な状況で、最後まであきらめずに1点を返した選手達に私は震える思いでした。余裕のある試合もいいと思います。1、2年生の経験にもなります。ただし、リベンジすべき相手がヴェルディとガンバであること、そこにたどり着き、いかにして乗り越えて最後の頂点を目指すかを忘れなければいいと思います。レッズユースには既に3年生はいません。秋元、ハーフナーを入れて戦っている意味を我々で作りたいです。一人でも多くトップに上がれること、そのことにカケラでもいい、力になりたいと節に願います。(2005.11.10 03:04:01)

Re[1]:ユースカップ GL#5 横浜Yvs横浜FCY あるいは、圧勝試合をサポートすること(11/09)    ultraleftyさん 
名無しです。さん こんにちは。書き込みありがとうございます。

>秋津のガンバ戦を思い出したからです。

昨日の試合の後、実は私も秋津のガンバ戦を思い出していました。クラ選の関東大会決勝、全国大会決勝で2度も優勝を逃すという悔しい体験をした後で、今度こそは優勝と選手サポ一丸となってのぞんだ大会だっただけに、思いもよらぬ3連敗は本当にこたえました。あのときの悔しさや絶望感を晴らしたくて、4度目の正直で挑んでいる大会なので、いくら圧勝できる相手との対戦とはいえ、サポももうちょっと真摯な態度で選手達を後押しする必要があるのではないかと思い、書いた次第です。

高校生という限られた時間の中で闘っている彼らが笑ってユースを卒業できるよう、泣いても笑っても最大1ヶ月半、全力でサポートしたいと思います。

ご都合があえば、またユースの試合会場に足を運んで、一緒に応援していただければ幸いです。
(2005.11.10 13:19:34)

ユースのサポートって。。。    ちろさん 
なるほどと思いました。
ユースのサポートって選手に近い位置で一緒に笑い、泣き、励ます友人的スタンスと、選手を見守り育むスタンスのバランスが難しいんですね。
サポーターとしては、目前の試合だけじゃなく選手の未来をサポートする気持ちで、後者をしっかり意識しておくべきかも。
大差を付けても相手を軽んじないどっしりした選手達になって欲しいし、次戦で足元すくわれないためにも。
水曜は横で手放しで喜んでたんですが、なるほどと考えさせられました。
雑草育ちの選手の強さもいいけど、家族友人以外の人が愛情を持って自分たちの試合を見ててくれるという感覚を早い内から持ってる選手も別の強さを持てるかと思うし、時にはその人たちが手放しで喜んでくれるって経験も、たまには必要かとは思いますが、場合によりけりと言う事ですね。(2005.11.12 01:44:08)

同じことで    izumi。さん 
最近、ロッテでCMに対する無意味なコール、ブーイングをする輩が多くて嫌になってます
球場で流れるCMがロッテだからって「よしこ」コールで盛り上がり、読売新聞だったらブーイング
何を考えているのか判りません

よしこCM萌え〜とでも言いたいんでしょうかね
気持ちのない奴は去れといいたいですわ、こっちの場合は(2005.11.13 11:02:18)

Re:ユースのサポートって。。。(11/09)    ultraleftyさん 
ちろさん
>ユースのサポートって選手に近い位置で一緒に笑い、泣き、励ます友人的スタンスと、選手を見守り育むスタンスのバランスが難しいんですね。

おっしゃるとおりです。必要以上に持ち上げて勘違いしては困るし、かといってアマチュアの選手にブーイングはできないし。適切な距離感が本当に難しいです。

>水曜は横で手放しで喜んでたんですが、なるほどと考えさせられました。

決して喜ぶなといっているわけではなく、素直に喜んでいいと思いますよ(と、私が許可を出す事でもないですが・・・)あんなに得点の入る試合トップではないですからね(笑)監督も応援のおかげで夏はいい結果が出たとおっしゃっていましたので、どんどん応援して、どんどん喜んでやってください。

>雑草育ちの選手の強さもいいけど、家族友人以外の人が愛情を持って自分たちの試合を見ててくれるという感覚を早い内から持ってる選手も別の強さを持てるかと思うし、時にはその人たちが手放しで喜んでくれるって経験も、たまには必要かとは思いますが、場合によりけりと言う事ですね。

正解なんてないとは思いますが、試合内容(1試合だけでなく過去未来の流れ)にふさわしいか、選手(相手も含め)のためを思っているか、って事が1つの判断基準になるんではないでしょうか。試行錯誤ですが。(2005.11.13 23:42:50)

Re:同じことで(11/09)    ultraleftyさん 
izumi。さん
>気持ちのない奴は去れといいたいですわ、こっちの場合は

ある程度規模が大きくなると、気持ちではなく外見から入る人が増えるのは仕方のないことでしょうね。ポリシーを持ってやっているのなら別にいいですが、人がやっているからっていうのはサポートではなくて、イベントですね。一時的に集まっている人は時間が経てば消えていくんじゃないでしょうか。

あっ、アジアチャンプおめでとうございます。(2005.11.13 23:45:58)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 8日 (火)

JFAネタ

■サッカー日本代表が来年のワールドカップ(W杯)ドイツ大会で着用する新しいホーム用ユニホームが7日発表された。

ださい!が第一印象。あのマーブルな脇の模様はないだろう。けど、中田コが着てるのを見たら、ちょっといいかもと思った。トルシエ時代の2001年以来作ってないから、久々に新しいの作ろうかな?前回は背番号も名前も入れなかったけど、今回は入れよう。

 12 MANABU

背番号は変わるかな? JIN でもいいな。KOUTA はちょっとミーハーすぎ?SAEKI だと渋すぎるな(笑) とりあえず、来週は絶対勝て!

■同チェアマンは「2シーズン前の天皇杯覇者がACLに出場するのは無理がある」と語り、リーグ1、2位、またはリーグ1位とナビスコカップ優勝チームが出場する案などが浮上していることを明かした。

いいんでない?ウチは今年天皇杯最右翼(by講釈)らしいので、2008年大会からにしてね。

■東京Vは、J2に降格しても選手をやりくりしてアジアCLに出場できると主張したという。

いや、無理だぞ、読売。J2はそんなに甘くないし、ACLはもっときつい。そんな事をしている間に瓦斯に東京を制圧されてしまうだろうから、降格したら素直にJ2に専念するが、よい。

■Jリーグの1部(J1)実行委員会は8日、来季から1試合の登録選手数を16人から18人に増やすことで合意した。

いいんでない?これで若手にチャンスが、来ないかな岡田さんじゃ・・・

■オールスターを来年はカシマスタジアムで、再来年は静岡スタジアムで開催することも了承した。

どうでもいいんでない?


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

てか    izumi。さん 
オールスターやめようよ・・つまらないもの
サポーター含めて遊びをやっていい試合で遊びがないし
JFLオールスターだったらがんがん遊んでやりますよ(2005.11.13 11:04:14)

Re:てか(11/08)    ultraleftyさん 
izumi。さん
>オールスターやめようよ・・つまらないもの
>サポーター含めて遊びをやっていい試合で遊びがないし

Jのない地方でPR活動と割り切ってやればいいんじゃないでしょうかね。鹿島とかエコパでやる意味はあんまりないでしょう。

>JFLオールスターだったらがんがん遊んでやりますよ

遊べる人が限られすぎるような(笑)
(2005.11.13 23:47:41)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 7日 (月)

土日の結果/JFL、国チビ、高円宮U15四国予選 他

■JFL後期第11節

 11/5(土) 愛媛FC 3-0 横河武蔵野FC

味スタで多くの関東サポを集めたにもかかわらず、何にもできず完封された相手。その時からどれだけの積み上げが出来たかを計る試合だったが、すんばらしい3ゴールで快勝(だったんろうな、きっと。速報メールを読む限り)。残り4試合、全勝で首位のままJ2へ行こう。

■第37回 横浜国際チビッ子サッカー大会

 L-1の部
  11/3(木) プライマリー 2-0 横浜すみれSC

国チビ(と言うそうだ:)決勝トーナメントが始まり、まずは1勝。次の対戦相手、日時は未定。ちなみに、LL-1の部の決勝トーナメント初戦の相手も、今宿少年SCを破った横浜すみれSC。

■高円宮U15四国予選 グループリーグ

 11/5(土) 愛媛FC 2-1 丸亀東中
 11/5(土) 愛媛FC 2-0 徳島FCリベリモ
 11/6(日) 愛媛FC 4-0 明徳義塾中

2日間で3試合をこなす厳しい日程ながら、全勝でグループ1位通過。2位の明徳義塾中とともに12日の決勝ラウンドに駒を進めた。

 1. 愛媛FC 勝9、得8、失1、差7
 2. 明徳義塾中 勝3、得3、失5、差-2
 3. 丸亀東中 勝3、得2、失4、差-2
 4. 徳島FCリベリモ 勝3、得2、失5、差-3 

ちなみにもう1グループは以下の通り。

 1. 徳島ヴォルティス 勝9、得7、失3、差4
 2. 高知中 勝4、得6、失3、差3
 3. 今治東中 勝4、得3、失2、差1
 4. 三木中 勝0、得0、失8、差-8

次は、11/12に徳島vs明徳義塾、愛媛vs高知中という対戦。ここで勝つと全国。気を抜かずしっかり勝とう。で、決勝は徳島を破って、クラ選の悔しさを晴らそう。

■Jユースカップ中四国予選 グループリーグ

 11/6(日) 萩FCユース 1-3 愛媛FCユース

早く、アップしてね>オフィシャル てか、誰か見に行ってないのかな?

2005/11/8追記 a2cixさん情報よりスコア判明。情報多謝。
2005/11/10追記 高円宮予選の試合日確定

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Jユースカップ    a2cixさん 
こんばんは。
萩FCユース1-3愛媛FCユースだったそうです。

(2005.11.08 00:36:33)

Re:Jユースカップ(11/07)    ultraleftyさん 
a2cixさん
>こんばんは。
>萩FCユース1-3愛媛FCユースだったそうです。

情報ありがとうございます。次の安芸はクラ戦にも出場したチームで手ごわいかも知れませんが、がんばって勝って九州とのプレーオフに進出して欲しいですね。(2005.11.08 10:11:13)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 6日 (日)

J2 第39節 横浜FCvs福岡 あるいは、キング・カズ

横浜の試合もないので、今日は久々にJ2横浜の試合を観戦。開場直前に三ツ沢に到着すると長蛇の列。びっくり。みんなそんなに先着1000名のカズカードが欲しいのか?(笑) なわけはなくて、川淵キャプテンの陰謀でシドニーFCにレンタル移籍するカズの今シーズンラストゲームがみんなお目当てなんだろう。

カズという選手は、それだけ人をひきつける何かを持っていると今日のゲームを見て心底思った。

開始早々のシュートは完全にゴールかと思われたが、福岡が必死でかき出してノーゴール。しかし、7分には吉武がもらったPKをきっちり決め、自ら壮行弾。すっかり勢いに乗ったJ2横浜は、3分後に内田の強烈なシュートで、J1昇格がかかり本気のはずの福岡を突き放す。その内田はFKをカズに譲る。惜しくもキーパーに止められたものの、枠をきっちり捉えていた。前半終了間際には再び内田のゴール。

前半終了して3-0。強えじゃん、J2横浜。観客も8500人を超えてるし、毎試合これができれば昇格確実だ、と思いつつ、カズというファクターがやはり強烈なんだろうなと思う。カズ目当てに集まった観客に、これまでカズ以外の魅力をどれだけアピールできたか。人事ながら、次節以降の成績、動員が楽しみだ。

後半、福岡の反攻を受け1失点。78分には河野が一発退場。不利な状況にもかかわらず、それ以上の失点もなく試合終了。いやいや、なかなか面白い試合だった。この福岡の敗戦で京都が優勝。

試合後、久々にトリコポイントへ。色々買って、カレンダーとセレッソ戦の招待券をゲット。招待券、欲しい人がいれば差し上げます。ホーム最終戦をトリコロールに染めよう。Colored Tricolore!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今日の三ツ沢    ちろさん 
お邪魔致します。
> 川淵キャプテンの陰謀
お!やっぱりそう思いますか?私もそう睨んでたのですが、これまでそういってる人を見かけなかったのでうれしいです(なんとなく)。
日本協会、やりやがったな、みたいな。
私も今日三ツ沢に行きました。ハイ、移籍前ラストゲーム目当てです。今日の三ツ沢のサポ割合、昨日の国立より他サポ率高かったりして〜。
マリの時と席の埋まってるカテゴリ傾向が逆な感じが不思議でした。ゴル裏空いててメインバクスタみっしり。
カズはやっぱり存在感ありました。粘りとかボール扱いとか。。。FCの選手達、そこら辺、ちゃんと吸収したのかな?(2005.11.07 01:07:06)

Re:今日の三ツ沢(11/06)    ultraleftyさん 
ちろさん
>お!やっぱりそう思いますか?私もそう睨んでたのですが、これまでそういってる人を見かけなかったのでうれしいです(なんとなく)。

明らかにチケット販促活動ですよね。さすがはキャプテンです(笑)

>私も今日三ツ沢に行きました。ハイ、移籍前ラストゲーム目当てです。今日の三ツ沢のサポ割合、昨日の国立より他サポ率高かったりして〜。

バクスタで見てましたが、明らかに他サポ多かったですね。にしても、堂々とマリノスのポンチョ着ている人がいたのにはちょっと驚きました。

>カズはやっぱり存在感ありました。粘りとかボール扱いとか。。。FCの選手達、そこら辺、ちゃんと吸収したのかな?

選手達の試合後のコメントを読むと、カズのためにと言っている選手多かったですね。やっぱりカズは偉大ですね。(2005.11.07 11:30:34)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 5日 (土)

TRM 追浜U13,14vsFC厚木JY あるいは、横浜ジャンキー

幸せな木曜日からまだ1日しか経ってないのに、週末になると横浜ジャンキーの血が騒ぐ。が、あいにく今週末は横浜の公式戦はなし。大学サッカーも今週はなし。国立に行けばナビスコ決勝をやっているが、横浜以外が優勝する試合は見たくないし、ましてや西野の優勝シーンなんて絶対見たくない。ということで、同じく横浜ジャンキー娘(笑)に何かない?と聞いたところ、追浜でJY1年と2年の練習試合があるとの事。12月から始まるナイキ予選の予習もかねて、追浜へ。

■追浜1年 5-1 FC厚木JY1年

まずは1年生。3年生が高円宮予選でオエステに負けた日に初めて見たが、その時は敗戦のショックもあり眺めていただけって感じだったんで、今回はちゃんとメモをとりつつ。

今日は25分×3。1本目、2本目が主力級なのかな?今日一番の収穫は澁谷君。俊輔似のプレイスタイルが目を引く澁谷君だが、パスセンスもなかなかのもの。絶妙なパスの連続で、再三チャンスを演出するが、前線の決定力が・・・ そんなトコまでトップに似なくていいのに(笑)

1,2本目とがらりと変わった3本目。前線の選手がDFラインに入ったり、DFラインの選手が2トップを組んだりで、何だかよく判らないフォーメーションだったが、試合的にはこれが一番面白かった。得点は3点と大量得点だが、何度もあった絶好機をことごとく外しての3得点。背川君と浦君の2トップは中々裏への飛び出しがうまいのだが、ありえないフィニッシュの連続。観客も、ベンチも失敗の度に頭を抱えて苦笑い。まだ1年だし、これからだね。

3本目で線審を務めた福田君は、追浜の絶好のチャンスにオフサイドの判定。試合後、あれはオフサイドじゃねえだろとコーチ以下みんなに突っ込まれていた。審判は難しいね(笑)


○1本目 (1-0)
_____橋爪駿(17)____須田亮(11)____

平野修(18)____澁谷元気(10)____青野滉(2)

_________唐津弘太(7)_________

酒井隆也(9)_浦真久端(5)_背川尊彦(12)_石橋駿(3)

_________四宮祐貴(1)_________

得点:
 14分 須田亮

○2本目 (1-1)

得点:
 2分 (厚木)
 12分 平野修
 
交代:
 四宮→福田俊樹(16)
 須田→眞玉京(19)
 酒井→磯野海人(4)

○3本目 (3-0)
_____背川尊彦(12)__浦真久端(5)____

酒井隆也(9)____青野滉(2)____須田亮(11)

_________平野修(18)_________

磯野海人(4)_橋爪駿(17)__石橋駿(3)_眞玉京(19)

_________四宮祐貴(1)_________

得点:
 2分 浦真久端
 19分 背川尊彦
 22分 浦真久端


■追浜2年 4-0 FC厚木JY2年

引き続き2年生。こちらは30分×3。たった1年しか違わないのに、スピード、フィジカルが全く違う。1年でここまで行くんだなぁ、と感嘆。

1本目は、唐津君と澁谷君が飛び級で参加。澁谷君は何故か6番。2本目、3本目に登場した2年生の榎本君が24番、小野君が21番と、ここだけイレギュラーな背番号。出席番号順にしてもらわないと、何も知らないサポは困ります(笑)

相手のレベルがアップしてることもあり、1年の試合のようにチャンスは多くないが、それでも4得点はまあまあか。あと1ヶ月でナイキ予選。12月中の試合は見に行けないと思うけど、頑張れ。

○1本目 (1-0)
__伊藤優作(5)___丸山透(18)___

天野純(3)_唐津弘太(22)_田中寛己(12)

___澁谷元気(6)__伊藤玄(4)____

中居翔太(13)_赤倉一行(2)__小倉翔(8)

_______高橋慧哉(16)______

得点:
 10分 丸山透

○2本目 (2-0)
__榎本大希(24)__中島明人(14)___

小野悠斗(21)__天野純(3)__原広樹(17)

___中田航平(15)__岡直樹(7)____

中居翔太(13)_赤倉一行(2)_加藤祐樹(10)

_______梶谷昇平(1)_______

得点:
 9分 中島明人
 30分 天野純

○3本目 (1-0)

得点:
 23分 榎本大希

交代:
 天野純、加藤、中島、中田、原→伊藤玄、伊藤優作、小倉翔、田中寛己、丸山透

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 4日 (金)

勝手に「遠征バトン」

h_heitaさんから「旅行バトン」が回ってきた。単なる旅行はここ数年全然行ってないので、ネタもないことだし「遠征バトン」に読み替えて回答しよう。

1.今までで最高に良かった国内遠征先

基本的に試合に勝つこと、うまいものがあること+αが基準になる。うまいものといえば、札幌、仙台、博多あたりだけど、札幌、博多は横浜or愛媛の試合では行った事がないので除外。2003年の仙台戦の久保ハット+牛タンというのは、かなり楽しかった思い出があるけど、牛タンは何度も食ってるし、記憶も薄れている。

なので、今年の9月のJ1神戸戦→メニコンの2日間にしよう。神戸戦は久々のリーグ戦勝利に沸いて(たった2本のシュートで0-2勝ち)、夜の街での忘れられない客引きの言葉。翌日は在来線で名古屋へ行きメニコン。横浜JYの面々の素晴らしいゴールラッシュの圧倒劇。試合後の世界の山ちゃんでの初の手羽先。めちゃくちゃ楽しい2日間だった。

2.今までで最高に良かった海外遠征先

これは考えるまでもなく、2004年のACLの城南一和戦の韓国遠征。終始圧倒される展開ながら、素晴らしい集中力で守りきり、少ないチャンスに河合がヘッドを決めた。この時ほど雄叫びを上げたことはなかったような気がする。試合後はユニのままソウルの南大門を歌いながら行進。太鼓叩いてたヤツもいたな(笑) 現地で知り合ったサポたちと朝まで飲み明かした。食べ物がおいしいのは言わずもがな。

3.これから行ってみたい国内遠征先

いまだ行ってない遠征地。沖縄、鹿児島、宮崎、奈良、香川(カマタマーレ!)、徳島、山形、青森、北海道 etc.

4.これから行ってみたい海外遠征先

ACLで中東の男くさいアウェイ。天皇杯がんばろう!

5.次にバトンを渡す人5人

岡田武史、那須大亮、中澤佑二、友近聡朗、マイク・ハーフナー。見てたらよろしくね(笑)



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Re:勝手に「遠征バトン」(11/04)    h_heitaさん 
おぉ、遠征バトン。こうやってバトンは発展していくんですね。ありがとうございます。

>いまだ行ってない遠征地。・・・徳島・・・

来年の四国ダービーでぜひおいでくださいね!
(2005.11.05 07:53:52)

Re[1]:勝手に「遠征バトン」(11/04)    ultraleftyさん 
h_heitaさん
>おぉ、遠征バトン。こうやってバトンは発展していくんですね。
まず、つながらないとは思いますが(笑)

>来年の四国ダービーでぜひおいでくださいね!
ぜひ。(2005.11.06 10:57:44)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 3日 (木)

天皇杯4回戦 横浜vs仙台 あるいは、勝つっていいな

Jユースカップ終了後、急いでダンマクをしまい、あらかじめ呼んであったタクシーに乗って三ツ沢に。試合開始10分前ぐらいに到着。木村のゴールを思い出して思わず顔がほころぶ。試合前から幸せ一杯で、まるで緊張感なし(汗)

例年サプライズ続きの天皇杯初戦@三ツ沢だけに、緊張感を持って臨まないといけない試合だが、さすがに仙台のサテライト相手であれば気楽に見れるし、予想にたがわず快勝。前半は我慢していたビールを、ハーフタイムに思わず買ってしまった。試合中に飲むなんてないことなのに。つまみはもちろん木村ゴールと久保ゴール(笑)

TV中継もニュースもなかったようなんで、ちょっとは詳しくレポしなきゃとは思うんだけど、細かい展開とか全く覚えてない。すんません。お詫びに仙台オフィシャルより。

 前半16分 9 久保 竜彦 [中央 直接FK 14 ↑ 中央 9 ヘディングS
 後半1分 9 久保 竜彦 [中央 1 ↑ 中央 19 左足S 相手DF クリア ポスト返り 9 右足S]
 後半9分 14 奥 大介 [右 7 ↑ 17 左足S ポスト返り 14 左足S 相手DF こぼれ球 14 左足S]
 後半25分 19 グラウ [PK 19 右足S]

もうちょっとスムーズな得点ができればよかったとか、もっと点を取らなきゃいけなかったとか、欲を言えばきりがないので、今日は幸せな気分のまま終えよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Jユースカップ 第4戦 横浜Yvs清水Y あるいは、小机の王

今日は一日かなりいい気分だったのだが、唯一ムカついたことだけ最初に書いておこう。

今日のJユースカップは日産フィールド小机で行われた。休日という事もあって、日産スタジアムとの間のスペースでイベントが行われており、色々出店してあった。その中に川崎の某チームの出店が。特設舞台ではtvkで金曜の10:30からやってる、最近いい気になりすぎの番組に登場するチアガールのお姉さんたちも登場し、何やら踊っている。よりによって、横浜の聖地で営業活動するとはいい度胸じゃねぇか、ゴラァ!! 仁義のない、恥知らずなヤツラだ。フロント、舐められてるぞ!(怒)

気を取り直して、気分のいい一日の話。

9:00過ぎに会場に到着すると、スタンドにはすでに超清水のダンマクが。サポは10人近くは来ているようだ。天皇杯あるはずなのにと思ったら、ホームで徳島か。余裕だなぁ。まぁ、天皇杯よりユースっていう気持ちはよく判るよ(笑) 清水サポがスタンドにいてダンマクを張り切れないので、今日は土手にダンマクを張って応援する事に。

ここまで4試合を消化し負けなしの清水、同じく3試合を消化し負けなしの横浜。今日の試合は首位攻防戦。といっても、同じグループの横浜FC、甲府、京都があまり勝点を伸ばしてないだけに、上位2チームに入る事はほぼ確実だろうから、さほど緊迫感はない。しかし、ホームである以上は勝たなければならない。

試合は一進一退の展開。どちらかといえば横浜ペースだけど、フィニッシュまではなかなか持っていけず。清水もしっかり守って、ボールを奪ってからは素早い攻撃で何度か横浜ゴール前まで迫る。先制はその清水。うまくDFの間にボールを通され、至近距離からのシュートを決められた。さすがの秋元でもあの距離からのシュートはちょっと防げない。仕方のない失点。

後半も同じような展開。高橋監督は柳に代え幸田を投入。が流れは変わらず。何とか1点返して引き分けに持ち込みたい。残り5分になったところで、山岸に代え木村を投入し3トップ。これで攻撃が分厚くなり、清水ゴール前での攻防シーンが多くなる。

後半42分。ゴール前の混戦に、陽介が素早い反転から豪快なゴールで同点。3試合連続得点。エース完全復活。

ペースは依然として横浜。ロスタイム。表示板は光の関係でよく見えなかったけれど、2,3分てとこか。いつホイッスルが鳴ってもおかしくない頃。ゴール前のこぼれ球が、ネットに突き刺さった。歓喜のトリコロール。雪崩れるサポ。柵によじ登り、口々にコール。すぐに試合終了。

試合後、挨拶に来た選手達の中には、サポのチャントに少し照れたような12番の姿があった。


 「小机、木村!」


バモ!


______斉藤陽介(9)__マイク(11)_______

柳明基(7)_______________富井英司(10)

______三浦旭人(6)__山岸純平(18)______

藤川祐司(4)_広田陸(20)_佐藤由将(5)_奈良輪雄太(2)

__________秋元陽太(1)_________

得点:
 前半32分 長沢駿(清水)
 後半42分 斉藤陽介
 後半44分 木村勝太

交代:
 後半20分 柳→幸田一亮(15)
 後半40分 山岸→木村勝太(12)


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Re:Jユースカップ 第4戦 横浜Yvs清水Y あるいは、小机の王(11/03)    h_heitaさん 
>スタンドにはすでに超清水のダンマクが。サポは10人近くは来ているようだ。
>天皇杯あるはずなのにと思ったら、ホームで徳島か。余裕だなぁ。

はい、徳島は余裕でやられました...(2005.11.04 00:25:56)

Re[1]:Jユースカップ 第4戦 横浜Yvs清水Y あるいは、小机の王(11/03)    ultraleftyさん 
h_heitaさん
>はい、徳島は余裕でやられました...

サプライズのない今大会。セレッソがホンダに負けるか、3人退場の神戸が柏に勝てばそれなりにネタだったんですが。なので、今回の最大のサプライズは、横浜が天皇杯初戦の三ツ沢で、大量得点で仙台サテライトに勝ったことですね(笑)
(2005.11.04 13:33:47)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 2日 (水)

父の名ではなく

マリノスファンクラブ会報誌が今日届いた。12Pで広告を除くと正味7Pぐらいしかない毎度薄っぺらな会報だが、「気になるプレーヤー ユース編」という特集で、見開き2Pも使って、ユースのマイク、秋元、水沼の記事が載っていた。ユースにここまでの分量を割くとは画期的。今までユースには比較的冷淡だっただけに、トップの成績が悪くて、明るいネタがないからかと勘ぐりたくもなる(笑) まぁ、本当のところは、ここ最近の下部組織への急激な関心の高まりがクラブにも伝わっているせいだろう。

記事の内容は、マイク、秋元、水沼のインタビューと、プロフィール、高橋監督の「Jユース、もちろん優勝を狙います」との頼もしいコメント、監督から見た3選手、Jユースカップの日程と、中々充実した内容。

マイクと水沼のインタビューで、2人がともに言っているのは、親の名前で語らないで欲しいという事。

マイク 「新聞などで、すぐに”ディドの息子”と最初に書かれるのは、不満です。(中略)ボクは自分に力で進んできたつもりだし、マイクとしてプレーしてきました。」

水沼 「親子二代のサッカー選手といわれることには、やはり抵抗があります。やはり自分の名前だけで評価されたいです。」

恐らく有名人の親を持つ子供の共通の思いなんだろうが、その心意気や、よし。2人とも、○○の息子でなく、親の方が○○の父親と呼ばれるようになるまで、がんばれ。

P.S.
ファンクラブのスタッフさん、アンケートでは超辛口なことを書いてしまいましたが、今回のユース選手の記事は良かったです。欲を言えば、代表選手という比較的露出度の高い選手でなく、奈良輪とか、佐藤あたりを取り上げてくれてればさらに評価アップだったんですが・・・ 郷内なんて贅沢はいいませんので。これからに期待してます(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 1日 (火)

急に寒くなった

ので、

 秋田遠征で買ってきたきりたんぽを鍋にして、

 京都遠征で買ってきた茶団子をデザートに、

 長野遠征で買ってきたそば茶を飲んで、

 熊本遠征の夢でも見ながら

寝ることにしよう。

何か、頭痛い。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

きりたんぽもって    むちゅめの母さん 
遊びに来てください(笑)

頭痛、大丈夫ですか?(2005.11.02 15:56:23)

Re:きりたんぽもって(11/01)    ultraleftyさん 
むちゅめの母さん
>遊びに来てください(笑)
ああ、そうだね。ちょっと企画してみよう。

>頭痛、大丈夫ですか?
大丈夫!

(2005.11.02 16:48:02)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »