« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

2006年3月31日 (金)

ジゲン、そして四国代表決定戦

JFAの移籍リストで、矢野哲也の移籍先が発表になった。札幌蹴球団。どんなチームかはよく判らないけれど、北海道社会人1部リーグのチームらしく、過去には道チャンピオンになったこともあるようだ。去年は愛媛県民の夢をかなえるために1年がんばってくれたが、今度は地元で自分たちの夢をかなえるために頑張れるチームの一員として活躍してくれればいいなと思う。

#よかったね、Rさん。今年は北海道か。またまたハードなスケジュールになりそうだね。


さて、明日はJ2初めての四国ダービー。JFL時代の対戦成績は5敗2分で勝ちがない。ようやく同じ舞台で戦える今年こそは初勝ち星をあげて、通算成績をイーブン近くに持っていって欲しい。最後の対戦では大坪が得点を挙げている。ユニフォームは逆になったが、明日は頼むよ。>大坪

2001年 第3回JFL
 前期#01 04/01 大塚 2-0 愛媛 554人
 後期#05 08/26 愛媛 2-3 大塚 680人 得点:濱岡、友近

2002年 第4回JFL
 一期#16 11/02 大塚 1-1 愛媛 1158人 得点:西川

2003年 第5回JFL
 前期#09 05/18 大塚 1-0 愛媛 735人
 後期#05 09/06 愛媛 0-1 大塚 1377人

2004年 第6回JFL
 前期#14 06/19 愛媛 0-0 大塚 11051人
 後期#14 11/28 大塚 2-1 愛媛 9553人 得点:友近

今も張ってるのかどうかわからないけど、↓のダンマク、愛媛バージョンも作って、勝った方が次のダービーに張るってのはどう?(笑)

四国代表はどっちだ!?


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

札幌蹴球団といえば    TTGjune90さん 
東南アジアを渡り歩く伊藤壇が仙台退団後に所属していたところですな。

道リーグチャンピオンになったことがあるといっても、それは20年前のことだったりしますが。(2006.04.01 06:20:11)

Re:ジゲン、そして四国代表決定戦(03/31)    h_heitaさん 
今日は徳島サポがお世話になります。
いい試合を期待しましょう(2006.04.01 09:05:14)

Re[1]:ジゲン、そして四国代表決定戦(03/31)    ultraleftyさん 
h_heitaさん
>今日は徳島サポがお世話になります。
>いい試合を期待しましょう

愛媛にとってはいい試合となったみたいですね。
長く続く、熱いダービーになっていくといいですね。
(2006.04.01 21:39:03)

Re:札幌蹴球団といえば(03/31)    ultraleftyさん 
TTGjune90さん
>道リーグチャンピオンになったことがあるといっても、それは20年前のことだったりしますが。

チャンピオンはチャンピオン。(2006.04.01 21:52:18)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月30日 (木)

3歳

おかげ様で、このサイトも今日3歳の誕生日を迎えた。2003年のJFL開幕を記念して何となく始めたサイトがここまで続くとは・・・。しかも、ほぼ毎日更新(確か4日くらいサボってるはず:)。飽きっぽい自分にしてはかなり奇跡的。しかもこの3年間は本当に濃い3年間だった。この3年間の変化。

・横浜のユニフォームに星が2つ増えた。
・愛媛のユニフォームが青からオレンジに変わった。
・そのユニフォームにJワッペンがついた。
・今越FCはしまなみFCになり、高松FCはカマタマーレになった。
・ドイツに行きたいと思わなくなった。
・シンガポールには絶対行きたいと思うようになった。
・山口にどうやって行こうと思うようになった。
・トリコロールじゃない赤色が大嫌いになった。臙脂はずっと嫌い。
・人を顔で識別できる訓練をしなきゃいけないと思うようになった。
・涙もろくなった。
・老若男女、現実仮想、多くの知りあいができた。
・一人でも外国に行けるようになった。
・年齢、酒量、白髪、体重が増えた(涙)
・日記サイトをブログというようになった。
・メイド喫茶が誕生した(笑)

という事で、こんなブログを日々見に来てくださってる皆さん、ありがとうございます。これからも適当に続くと思いますので、あげあげでまたゆるで、よろしくお願いします。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

3周年おめでとうございます    マンボー20044864さん 
3年ですか〜。
すごいですね〜。

これからも楽しみにしています。

では〜♪(2006.03.31 06:31:20)

Re:3歳    ひげさん 
おめでとうございます。こちらの更新頻度の高さには敬意をいだいております。これからも頑張ってください☆(2006.03.31 22:35:31)

おめでとうございます^0^    kazuefcさん 
3周年おめでとうございます!!
あっぱれですね^0^

継続は力なり

これからも楽しみにしています^0^
お互いに頑張りましょうね。
(2006.03.31 22:55:13)

Re:3歳(03/30)    h_heitaさん 
祝3周年!
今後ともどうぞよろしゅうに。(2006.04.01 02:05:52)

Re:3周年おめでとうございます(03/30)    ultraleftyさん 
マンボー20044864さん
>3年ですか〜。

何だかんだで3年です。時々読み返すと楽しいです(笑)
(2006.04.01 04:06:39)

Re[1]:3歳(03/30)    ultraleftyさん 
ひげさん
>おめでとうございます。こちらの更新頻度の高さには敬意をいだいております。これからも頑張ってください☆

ありがとうございます。そう言って頂けると励みになります。(2006.04.01 04:07:17)

Re:おめでとうございます^0^(03/30)    ultraleftyさん 
kazuefcさん
>これからも楽しみにしています^0^
>お互いに頑張りましょうね。

ありがとうございます。これからも色々愛媛の情報を教えてください。(2006.04.01 04:09:02)

Re[1]:3歳(03/30)    ultraleftyさん 
h_heitaさん
>今後ともどうぞよろしゅうに。

こちらこそ。明日はダービーですね。お祝いは愛媛初勝利でいいです(笑)(2006.04.01 04:10:18)

Re:3歳(03/30)    ありいんさん 
おめでとうございます。
これからもあげあげで頑張って下さ〜い。

しかし、師匠〜〜、マリノスちょっとやばいっす。
(2006.04.01 18:07:53)

おめでと〜    まろさん 
いつも楽しく拝読してます。
我が息子もいつの間にかブログを開設してましたがまだまだです・・・
これからも楽しませていただきますね♪(2006.04.01 20:20:47)

Re[1]:3歳(03/30)    ultraleftyさん 
ありいんさん
>これからもあげあげで頑張って下さ〜い。

いきなり、さげさげな試合でしたorz

>しかし、師匠〜〜、マリノスちょっとやばいっす。

まだまだ序盤。一番最後に笑ってればいいんです!

(2006.04.01 21:40:07)

Re:おめでと〜(03/30)    ultraleftyさん 
まろさん
>いつも楽しく拝読してます。

どうもありがとうございます。

>我が息子もいつの間にかブログを開設してましたがまだまだです・・・

えっ!ブログ開設したんですか!相互リンク希望です!(笑)

それはさておき、今日から4月。いよいよ高校生活が始まりますね。
おっぱまーずの誇りを持って、新しいチームでも一生懸命がんばってくれることを
期待しています。
(2006.04.01 21:45:33)

Re[1]:おめでと〜(03/30)    まろさん 
>えっ!ブログ開設したんですか!相互リンク希望です!(笑)

息子に聞いてみますね〜

>それはさておき、今日から4月。いよいよ高校生活が始まりますね。
>おっぱまーずの誇りを持って、新しいチームでも一生懸命がんばってくれることを
>期待しています。

新しい制服も届き新たな気持ちで,新たな環境でのスタートを心待ちしています。県外組もそれぞれの思いを胸に旅立っていきました。
私も今からワクワクしています!
元おっぱまーずたちの応援もよろしくです!
心強〜いo(^−^)o
(2006.04.01 23:57:31)

Re:3歳(03/30)    eimei510さん 
3周年、オメデトウです

今年もトップにユースに愛媛にその他諸々と・・・
遠征三昧日記、楽しみにしてますw(2006.04.02 14:18:29)

Re[1]:3歳(03/30)    ultraleftyさん 
eimei510さん
>3周年、オメデトウです
>今年もトップにユースに愛媛にその他諸々と・・・
>遠征三昧日記、楽しみにしてますw

どうもです。
早く試合見れるようになって、日記に登場してくださいw(2006.04.03 17:12:24)

遅ればせながら。。    あき.さん 
『3歳』のお誕生日おめでとうございます♪

私の方ももうそろそろ3歳だと思います(多分^^;)
ultraleftyさんの3年は変化がたくさんあってとても充実していますね。
これからも色んなジャンルの観戦記を楽しみしています♪

(2006.04.05 00:59:13)

Re:遅ればせながら。。(03/30)    ultraleftyさん 
あき.さん
>『3歳』のお誕生日おめでとうございます♪
>私の方ももうそろそろ3歳だと思います(多分^^;)

ありがとうございます。
同い年でしたか?いや、うちは3月30日生まれだから学年は1コ上だ(笑)

>ultraleftyさんの3年は変化がたくさんあってとても充実していますね。
>これからも色んなジャンルの観戦記を楽しみしています♪

がんばります。また福井への遠征記を書くチャンスがあればいいのですが。
(2006.04.06 08:50:41)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月29日 (水)

ナビスコ GL第1節 横浜vs福岡 〜アホでいい

仕事中にスタメンのメールが届く。河合、那須、大島、隼磨、平野が先発。いつもと違うメンバーに期待が高まる。そしてサブには、久々の後藤に加えて、マイクの名が!マイク バモ!定時になるや、速攻で退社し、三ツ沢に向かう。キックオフに5分ほど遅れて到着。わくわく。

(中略)

試合終了。あ〜〜、つまんなかった。グダグダなサッカーだ。メンバーを多く入れ替えたとはいえ、こんなにサッカーの質が落ちちゃまずいでしょ。サブ組みは一体何やってたんだ?

特に坂田。お前は久しぶりに出たんだから、1-0で残り時間少ないからってキープするなよ。チームの勝利に貢献したかもしれんが、お前自身のアピールにはならないんじゃねぇか?何度もチャンスに外しただろ?時間が少ないからこそ、少々無理してでもチャレンジして点を決めて欲しかったよ。戦う気持ちを見せて欲しかったよ。岡ちゃんからキープの指示があったのかもしれんが、少しでもチャンスがあれば、チャレンジするべきだったと思うよ。坂田はちょっと大人になりすぎ。「やっちゃおうかなぁ〜って思って」やっちゃった頃のアホの坂田に戻れ!

とはいいつつも、坂田は何度も決定的チャンスを作り、悪くはなかった。だが、スランプ(といってもいいだろう)から抜け出して、大きく成長するには、何かきっかけが必要かもしれない。早く、ピッチで生き生きと疾走する坂田が見たい。

てなわけで、1点差ゲームで後藤もマイクを出す余裕はなし。それどころではなかったので、まぁ仕方ない。次のチャンスは掴み取れ。もっとも、今日はおニューのマイクユニを持ってきてなかったので、マイクの出番がなかったのはちょっとホッとした(笑) ごめんよ、マイク。

帰り道、三ツ沢の桜が盛りなのに気づいた。今週末あたりトレセンの桜もきれいだろうなぁ・・・

P.S. 旗振り姉さん、このままじゃ誰か怪我さしちゃうよ。精進されたし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月28日 (火)

土日の結果/サニックス杯、U-16合宿、四国新人戦 他

ユース所属選手が大活躍だった、2週間ぶりの土日の結果

■サニックス杯

 グループリーグ:A組1位
 3/22(水) U-17日本代表 1-1(PK3-1) ACミランユース 得点:鈴木
 3/22(水) U-17日本代表 5-1 東海大第5 得点:畠山、中田×2、谷島、水沼
 3/23(木) U-17日本代表 1-0 前橋育英 得点:市原

 決勝トーナメント:5位
 3/25(土) U-17日本代表 0-1 鵬翔高校
 3/25(土) U-17日本代表 3-2 鹿児島実業 得点:鈴木、小井土、中野
 3/26(日) U-17日本代表 2-0 大津高校 得点:水沼、横竹

谷島、水沼が選ばれているU-17日本代表。2人とも得点という結果を残したのは何より。ユースでも頼むよ。

■U-16代表合宿

 3/24(金) U-16日本代表 2-4 清水ユース 得点:山田、端戸
 3/25(土) U-16日本代表 7-2 清水東 得点:斉藤×2、端戸×2、山浦、指宿、丸橋
 3/26(日) U-16日本代表 5-5 磐田ユース 得点:大塚、宮本、八反田、斉藤、端戸
 
斉藤、端戸、金井が選ばれているU-16日本代表。こっちも斉藤、端戸がそれぞれ結果を出した。初代表の金井もなかなかいいプレイを見せた。3人ともこの勢いでシンガポール、そして韓国でプレイできるようがんばって欲しい。

■横浜トップ練習試合

□3/15(水) 横浜 1-0 佐川東京

 メンバー
 GK 榎本達也
 DF 松田直樹 栗原勇蔵 河合竜二
 MF 吉田孝行 奥大介 上野良治 マグロン ドゥトラ
 FW 久保竜彦 マルケス

 交代
 30分榎本達也→榎本哲也
 30分松田直樹→那須大亮
 30分栗原勇蔵→天野貴史
 30分吉田孝行→田中隼磨
 30分奥大介→田ノ上信也
 30分上野良治→塩川岳人
 30分マグロン→清水範久
 30分ドゥトラ→平野孝
 30分マルケス→坂田大輔
 30分久保竜彦→大島秀夫
 60分榎本哲也→秋元陽太
 60分河合竜二→広田陸(ユース)
 60分田中隼磨→田中裕介
 60分平野孝→後藤裕司
 60分清水範久→狩野健太
 60分大島秀夫→ハーフナーマイク

 得点
 89分 田ノ上信也
 
おお、広田!

□3/22(水) 横浜 1-2 法政大学 (0-0, 1-2)

 メンバー
 GK 下川健一
 DF 那須大亮 田中裕介 河合竜二
 MF 田中隼磨 奥大介 天野貴史 平野孝 塩川岳人
 FW 狩野健太 坂田大輔

 交代
 35分 田中隼磨→山瀬幸宏
 35分 奥大介→後藤裕司
 35分 平野孝→ハーフナーマイク
 35分 下川健一→秋元陽太

 得点
 58分 ハーフナーマイク

水沼さん的には負けちゃいけない相手だな。

□3/26(日) 横浜 0-0 横浜FC

 メンバー
 GK 榎本哲也
 DF 那須大亮 田中裕介 河合竜二
 MF 天野貴史 山瀬幸宏 後藤裕司 塩川岳人 平野孝
 FW 坂田大輔 大島秀夫

 交代
 20分 大島秀夫→ハーフナーマイク
 20分 山瀬幸宏→狩野健太

てかさ、サブがだらしないからおじさんマリノスになるんじゃね?横浜FCぐらい圧倒できなくてどうするの?もっとアピールしろよ!結果を出せよ! 最も、がんばったって、どうせ岡田さんは使ってくれないじゃん、と選手が思ってたら危機的なんだが。岡田さんが若手を使わないのは、使うレベルにないからなのか、今勝つことだけしか考えてないのか、どうなんだ?

■四国クラブユースサッカー新人大会

 □3/18(土) 愛媛JY 1-1 帝人

 メンバー
 GK 渡部優介
 DF 竹本紘大、渡部翔大、穂積岳吏、林龍之介
 MF 山田純平、野本隆志、福岡知晃、徳田圭亮
 FM 林晋之介、岡本剛史

 交代
 山田→金子聡一郎

 得点
 福岡知晃

 □3/18(土) 愛媛JY 1-0 アミーゴス

 メンバー
 GK 越智勝大
 DF 玉井恭平、穂積岳吏、渡部翔大、竹本紘大
 MF 林龍之介、福岡知晃、野本隆志、速水佑輔
 FM 岡本剛史、越智優麻

 交代
 越智優→林晋之介 速水→三浦夏南 林龍→金子聡一郎

 得点
 渡部翔大

 □3/19(日) 愛媛JY 1-0 リベリモ

 メンバー
 GK 越智勝大
 DF 金子聡一郎、穂積岳吏、渡部翔大、竹本紘大
 MF 徳田圭亮、三浦夏南、福岡知晃、山田純平
 FM 越智優麻、林晋之介

 交代
 越智→野本隆志 徳田→玉井恭平 山田→速水佑輔
 金子→林龍之介

 得点
 野本隆志

 □3/19(日) 愛媛JY 1-2 シーガル

 得点
 林晋之介

 メンバー
 GK 渡部優介
 DF 林龍之介、穂積岳吏、渡部翔大、竹本紘大
 MF 徳田圭亮、福岡知晃、野本隆志、速水佑輔
 FM 林晋之介、越智優麻

 交代
 徳田→山田純平 竹本→玉井恭平 越智優→金子


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ほうせい    辻神さん 
法政のGKはOBの千葉ちゃんだったそうです。(2006.03.29 00:51:08)

Re:ほうせい(03/28)    ultraleftyさん 
辻神さん
>法政のGKはOBの千葉ちゃんだったそうです。

ほお。その頃のユースは全然知らないですが、2,3年後に富井とかが現れたら
感慨深いものがあるんでしょうね。何か楽しみです。(2006.03.29 12:38:47)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月27日 (月)

穿った見かた

社長〜〜、土曜日のダンマクの件で抗議メールと電話が殺到してますっ!

あ〜もう、煩いなぁ。ボクちゃんはちゃんと境界守ってくださいってお願いしたのに、あいつらが守らなかったんじゃないか。広告隠さないようにしてってお願いもしたのにぃ。ボクちゃんは悪くないよぉ! それに、いっぱい来てくれたんだから、まぁそのぐらい大目に見ればいいじゃんよぉ。全く、うちのサポターってうっとおしいなぁ。

社長〜〜、どうしましょうか。このままじゃまずいっすよ。

じゃあ、適当にお詫び書いてHPに乗せといてよ。ボクちゃんはちゃんとやることやったけど、聞き入れてくれなかったあいつらが悪いんだよ!糞劣頭!って書いといてね。いやいや、あいつらを刺激するとまずいから、その辺はぼかしといて。うちのサポは甘ちゃんだから、まぁ、これから善処しますぐらい書いとけば納得するだろ。

一日経って。

社長〜〜、全然収まりません!火に油を注いじゃったみたいですよ。何だ、あの弱腰は!お前ら、儲かればそれでいいのか!誇りがないのか!って抗議が殺到してます!

あああーーーーーー、ウザイ! 儲かったんだからいいじゃないか!そうだ、サンチョルの件どうなった!?

まだです。色々調整が残ってまして。

ん〜〜ん、でもやる事は向こうはOKしてるんだろ?とりあえず、サンチョルの引退セレモニーやるよって発表しちゃおう。あいつら単純だから、社長GJ!とか言って、土曜の事はすぐ忘れるよ。フロントはいつもチームの事を考えてますよ、チームを愛してますよっていいアピールになるよ。そうだ、そうだ。我ながらいい考えだ。ボクちゃん、有能な経営者じゃね?


2006年03月27日 柳想鐵選手引退セレモニーについて

たくさんのサポーターの皆様から「柳想鐵選手引退セレモニー」について実施の希望が寄せられています。弊クラブとしても、引退の連絡直後から皆様の声も織り交ぜながら代理人を通じて柳想鐵選手とコンタクトをとっており、本人からも「大変嬉しいが、日程などいくつかクリアしなければならない」との連絡を受けております。引退セレモニー実施を前提に、柳想鐵選手側との今後調整をしていきたいと思いますので、もうしばらくお待ちください。




最悪のタイミング。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Re:穿った見かた(03/27)    ありいんさん 
ultraleftyさん、荒れてますね〜〜〜〜。(でも、読んでおもしろかった)。
まあまあ、ナビスコでもまた当たることだし・・・
次、行きましょ!次!
(2006.03.27 23:05:58)

Re[1]:穿った見かた(03/27)    ultraleftyさん 
ありいんさん
>ultraleftyさん、荒れてますね〜〜〜〜。(でも、読んでおもしろかった)。

すさんでます(笑)

>まあまあ、ナビスコでもまた当たることだし・・・
>次、行きましょ!次!

試合に負けたことはサッカーだから仕方ないんですけど。
そのほかのことがね…
(2006.03.28 13:08:54)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月26日 (日)

TRM U-16日本代表vs磐田ユース 〜もっとも楽しい代表

金井がU-16に初招集されたので、磐田ユースとの練習試合を見に久々にジュビスタへ。いつもはゴール裏の立ち見席だけど、今回は初めてメインから観戦。いや〜、見やすくていいな、このスタジアム。観客も100人以上はいたと思う。多くは磐田ユースの父兄のようだったけど。

今回の一番のお目当てはもちろん、横浜から召集されている端戸、学、金井の3人。2番目は柿谷。以前、唯一見た城福ジャパンの試合(市原スポレクでの市原ユース戦)には出場しなかったので、初めて見る。ユースを飛び越え一気にトップチーム入りした実力がどの程度のものか非常に楽しみだった。

まずは、2番目のお楽しみから(笑) 結論から言うと、柿谷は素晴らしいの一言。少ないタッチで繋ぐスタイルの城福ジャパンにあって、効果的なパスの散らしとドリブルからのチャンスメイク。柿谷を起点として、両サイドの八反田、山浦、2トップの大塚、長谷部が効果的な攻撃を見せる。

華やかな柿谷の影には隠れているが、1ボランチの山田も素晴らしい。視野の広さで意表をついたロングパスを見せる。1点目はその山田から山浦へのロングパスが大塚に渡り、相手DFをうまく交わしてのゴール。2点目はCKを宮本がドンピシャヘッド。この辺までは、U-16が磐田ユースを圧倒していた。

しかし、城福ジャパンのような早くダイレクトなパス交換するチームは、一度リズムを崩すとグダグダなゲームをしがち。磐田ユースがDFラインの裏にロングボールを蹴り込むようになって、中盤でのパスを封じられると、途端に流れが悪くなった。そして、31分にカウンターから、GKの頭上を越えたループシュートで失点。その5分後にはカウンターから再び失点。あっという間に追いつかれてしまった。

ロスタイム。大塚のスルーパスに反応した八反田が決め、前半は3-2でU-16がリードして終了。

<前半>

____大塚祥平(22)__長谷部採翔(21)____

________柿谷曜一朗(10)________

八反田康平(11)__________山浦公裕(19)

_________山田直輝(17)________

山崎正登(4)_宮本将(5)_岡本知剛(7)_高橋峻希(3)

_________廣永遼太郎(1)________

後半はメンバーを完全に入れ替え。端戸は2トップの1角。学がトップ下に入り(一応)、金井が1ボランチ。本日のメインディッシュ(笑)、のはずが、前菜の方がうまかった(涙)

前半のチームに比べると後半のチームはまだまだの出来。攻守のバランスが悪い。山田に比べると金井は攻撃大好き。気がつくと、2トップより前にいたりする(笑) そのあおりを食って、学がボランチで守備をするシーンもしばしば。これは金井が悪いのではなく、単に組合せの問題。

後半はシーソーゲーム。まずは11分に磐田が先制。22分に、端戸のスルーパスに抜け出した学が冷静にGKとの1-1をかわし同点。だが、直後にGKのミスをついた磐田が再度リード。と思ったら、金井がゴールライン近くまで持ち上がり、折り返し。これを端戸(多分)が流し込む。

贔屓目ではなく、後半のチームの攻撃は横浜勢が引っ張った。端戸の強烈なシュートがバーを叩き、そのこぼれ球が金井の前に。これを決めたら、横浜勢全員得点だ!と少数派サポは瞬間沸騰するが、残念ながら相手に囲まれ得点にならず。

終了5分前に磐田に勝ち越し弾を決められ、結局後半は2-3で終了。トータル5-5。

城福ジャパンは実に攻撃のタレントが豊富だ。前半のチームが今回のベースになるのだろうが、攻撃の駒は多すぎて困るくらい。それに引換え、やはり守備陣が弱い。今回は佐伯、甲斐ら今までのレギュラー組が召集されなかったので、彼らが入るともっと安定するとはおもうのだが。

ともあれ、メニコンでも思ったけど、U-16は本当に楽しいチームだ。各世代代表の中でも一番面白い。これは、シンガポール行くしかない!横浜勢は一人でも多くレギュラーを掴み取れ!

<後半>

_____端戸仁(23)___指宿洋史(25)_____

_________齋藤学(12)__________

丸橋祐介(18)____________川村武蔵(16)

_________金井貢史(2)_________

松井優人(8)_横山文也(9)_田中裕人(13)_松元廉(15)

_________浜川成章(30)_________

交代:
 後半12分 川村→嘉涼平(6)

得点:
 前半15分 大塚
 前半27分 宮本
 前半31分 (磐田)
 前半36分 (磐田)
 前半44分 八反田

 後半11分 (磐田)
 後半22分 斉藤
 後半23分 (磐田)
 後半27分 端戸
 後半39分 (磐田)

試合の後、浜松まで出てうなぎを食べて、各停にてのんびりと帰宅。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月25日 (土)

J1 第5節 前座試合 横浜U-13vs浦和U-13

トップの前の前座試合。今日は新子安U13(新2年生)が登場。

ほぼベストメンバーで臨んだ前半は、互角の戦い。相手DFの裏に抜けた剱持君がドリブル。GKを十分引きつけ、右へ流す。そこに走りこんでいた松本君がフィニッシュ。

メンバーをがらっと入れ替えた後半は、終始劣勢が続く。セカンドボールを全く奪えず、相変わらずパスを繋ぐ浦和相手に苦戦。2分に浦和に同点弾。終了間際、ここまでナイスセーブを見せていた椎橋君のミスキックから痛恨の逆転弾。

攻守ともに多くの課題のあることが判った試合だった。しかし、まだまだこれからの年代。どんどん伸びる可能性のある世代。オニクコーチ、頼みますよ!


<前半>

____吉田眞紀人(9)__劔持和義(11)_____

盛丈倫(14)______________松本翔(10)

_____高溝竜稀(5)__渡辺大斗(19)______

星雄次(6)_小林広樹(4)_横山恭嗣郎(3)_加藤祐介(2)

_________椎橋拓也(1)__________

<後半>

____吉田眞紀人(9)___荒川卓人(12)______

__________松本翔(10)___________

平石直人(18)______________伏木祐太(7)

__________星広太(13)___________

関森悠斗(15)_小林広樹(6)_横山恭嗣郎(18)_品田大輔(21)

__________椎橋拓也(1)___________

得点:
 前半13分 松本
 後半2分 (浦和)
 前半19分 (浦和)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

J1 第5節 横浜vs浦和&劣頭 〜すべての分野で日本一を目指すw

2006年03月25日

3月25日(土)浦和戦についてのご報告

3月25日(土)に行われました、Jリーグディビジョン1第5節 横浜F・マリノス VS浦和レッドダイヤモンズ戦にて、横断幕の取り付けエリアに関して一部不手際があり、ご来場の皆様、及びサポーターの皆様に対しご迷惑をお掛けしましたこと、深くお詫び申し上げます。

弊クラブでは、今シーズンより横断幕の取り付けエリアについて、バックスタンド側ビジター自由席寄りのホーム自由席前の取り付けエリアは、横浜F・マリノス応援幕の可能エリアとご案内しておりました。また、今回の試合前にも、浦和レッドダイヤモンズを通じてサポーターへの周知についてお願いをしておりました。
しかしながら、同エリア(ホーム自由席)の券売状況が、当初の見込みより異なり、実質的にビジター自由席と同様なエリアになったことにより、今回の対処となってしまいました。

すでに先行入場にて横断幕を掲出していたサポーターの方には、移動をお願いせざる得ない状況になり、大変ご迷惑をお掛けしましたことを、深くお詫び申し上げます。
また、ビジターゴール裏の広告スペースへの横断幕の掲出禁止について、再三取り外しのお願いを致しましたが、結果、後半開始まで掲出を取り下げていただけなかったことは大変残念であります。
今後、より一層アウェイクラブとの連係強化を図り、アウェイクラブを通じてアウェイサポーターに注意を促すとともに、ルールの周知徹底に努めて参ります。

弊クラブとしては、今回の件について深く反省し、今後、このような事態が発生しないよう最大の努力をしていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月24日 (金)

プリンス関東、四国日程

プリンスの日程がようやく発表された。というか、ひっそりと発表されているのに気づいた。

横浜はかねてから出ていたとおり、

 #1 04/09(日) 11:00 vs小山南 @壬生町
 #2 04/16(日) 11:00 vs瓦斯 @三ツ沢球
 #3 04/23(日) 10:30 vs韮崎 @小机
 #4 04/30(日) 11:00 vs高経附 @保土ヶ谷
 #5 05/07(日) 14:00 vs帝国 @鹿島G
 #6 05/14(日) 10:30 vs八千代 @小机
 #7 05/21(日) 13:30 vs前橋商業 @育英G
 #8 07/02(日) 11:00 vs市船 @東総
 #9 07/09(日) 11:00 vs浦和 @小机

 決勝:07/17(月・祝) 16:00 @秋津

 3〜6位決定戦
 1回戦 07/15(土) 10:30 @長生
 3決 07/17(月・祝) 13:00 @秋津 
 5決 07/17(月・祝) 13:00 @市原スポレク

 11〜14位決定戦
 1回戦 07/15(土) 13:30 @長生
 13決 07/17(月・祝) 10:30 @市原スポレク
 11決 07/17(月・祝) 13:00 @市原スポレク

 7〜10、15〜20位決定戦
 07/17(月・祝) 10:30、13:00 @富士北麓、市原スポレク
 
横浜の試合のついでに他の試合も見れるのは、

 #3 13:30 湘南vs読売
 #6 13:30 瓦斯vs韮崎
 #7 11:00 前橋育英vs千葉
 #8 13:30 千葉vs流経柏 

高円宮出場枠は3。

一方、四国プリンスは例年の全チーム総当りから方式が変わった。今年は、

 (1)6チームづつA,Bグループに分け、1回戦制の1次リーグ。
 (2)上位3チーム、下位3チームでそれぞれ2次リーグ。

上位リーグ1位のチームが高円宮出場。今年から徳島ユースが加わり厳しい戦いになるだろうが、四国で一番実績のあるチームとして、今年もしっかり勝ち抜いて欲しい。また、短期決戦なので、コンディションを万全に。
#今治東、プリンス出場おめでとう!

出場チーム
 愛媛:愛媛ユース、松山工、今治東
 高知:高知、明徳義塾、高知小津
 香川:高松商、香川西、高松工芸、尽誠学園
 徳島:徳島ユース、徳島商

1次リーグ
 #1 04/08(土) 11:00 vs今治東 @愛媛補助球
 #2 04/15(土) 11:00 vs徳島ユース @愛媛球
 #3 04/16(日) 11:00 vs尽誠学園 @東予球
 #4 04/22(土) 11:00 vs高松商 @香川県営
 #5 04/23(日) 11:00 vs高知 @香川県営

2次リーグ
 #1 06/24(土) 11:00
 #2 07/01(土) 11:00
 #3 07/08(土) 11:00
 #4 07/15(土) 11:00
 #5 07/22(土) 11:00

今のところ日程的に見れそうなのは、2次リーグ#2ぐらいか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月23日 (木)

まだ始まってないけど、今年は笑って終わる

早くもJユースカップの開催概要が発表になった。今年は、実力の近いチーム同士をグルーピングし、強豪グループほど多く決勝トーナメントに出場できるレギュレーションとなった。また、去年PKに泣いた横浜にとっては1回戦からの延長実施は吉ではなかろうか。愛媛は決勝枠2のグループFに入った。案外ポイントが高いようだ。

■グルーピング
 A 浦和、読売、横浜、瓦斯 決勝枠:3
 E 吹田、尾張、広島、清水 決勝枠:3
 B 札幌、仙台、湘南、大宮 決勝枠:2
 C 木白、鹿島、新潟、千葉 決勝枠:2
 F 大分、神戸、愛媛、福岡 決勝枠:2
 G 磐田、京都、長居、鳥栖、徳島 決勝枠:1
 D 川崎、甲府、水戸、山形、三沢 決勝枠:1

■予選リーグ
 ○大会方式:7グループによるホーム&アウェイ方式による2回戦総当たりリーグ戦
 ○日程:7月1日(土)〜11月19日(日)
 ○試合方式:90分間(前後半各45分)、引き分けあり

■決勝トーナメント
 ○大会方式:予選通過の14チームに日本クラブユースサッカー連盟代表の4チームを加えた合計18チームによるトーナメント
 ○日  程:
 1回戦    11月25日(土)
 2回戦    12月2日(土)または3日(日)
 準々決勝   12月10日(日)
 準決勝    12月17日(日)
 決勝     12月24日(日)

○試合方式:
90分間(前後半各45分)の試合を行い、勝敗が決しない場合は20分間(前後半各10分)の延長戦を行う。それでも勝敗が決しない場合はPK方式によって決定する。
※2005年大会までは、延長戦は決勝のみで実施。2006年は1回戦から実施する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月22日 (水)

2005横浜ユース卒業生進路

今日は7:00のスターフライヤーで東京に戻りそのまま出社。スタフラは黒がコーポレートカラーという、結構珍しい航空会社。機内も黒で統一されていて、結構おしゃれ。それにシートが革張りで、フットレストもあるし、前の座席との感覚も広い。各席にモニタもあるし、電源も。サービスのコーヒーはTully's。チョコレートのサービスもある。なかなか気に入った。

と、まぁそれは置いといて、セレッソ戦のマッチデイに2005年度の横浜ユースの選手の進路が掲載されていた。

秋元:横浜トップ
奈良輪:筑波大学
藤川:神奈川大学
佐藤:国士舘大学
三浦:順天堂大学
柳:流通経済大学
加藤:大阪学院大学
富井:法政大学
マイク:横浜トップ
郷内:神奈川大学
矢部:尚美学園大学

カトケン以外は近場なので、何回かは見に行くチャンスがあるだろう。大学に進んだ面々はさすがにすぐトップの試合に出るのは難しいだろうが、iリーグならチャンスはあるだろう。今年はiリーグを見に行こう。日程、まだぁ〜〜〜。

ちなみに、ミョンギは流経ですでに試合に出ているようだ。流経のサイトはきちんと試合結果を掲載してくれるのでありがたい。この場を借りてお礼を申し上げます。

4泊5日の遠征帰りにつき本日短め(笑)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

大学組は    TTGjune90さん 
案外早くに出てくると思いますよ。関東一部組なら富井とか奈良輪は開幕戦から出てきてもおかしくないでしょうね。

逆に厳しいのは柳と三浦。
柳の場合、今年はJFLが主戦場になるでしょう。
三浦の場合、順大は今年のボランチは強力なので、彼らが抜ける来年以降が勝負となるか。
ただ順大の場合、選手が話し合いで戦術を考えて試合に臨むので、いざ試合に出てきたときにはさらにクレバーなプレイヤーとなっているはずです。
→だから小宮山は貸せません(爆)(2006.03.25 06:33:43)

Re:大学組は(03/22)    ultraleftyさん 
TTGjune90さん
>案外早くに出てくると思いますよ。

へぇ。大学サッカー通のTTGjune90さんがそういうのなら期待できますね。
また出場情報とか教えていただけるとありがたいです。

>柳の場合、今年はJFLが主戦場になるでしょう。

主戦場がJFLというのはちょっと意外な気がします。
流経の場合、いくつもリーグに参加してますが、優先順位というか
ランクはどうなってるんですか?
関東1部>JFL>iリーグ って感じですか?
(2006.03.25 07:48:09)

流経のランク付け    TTGjune90さん 
ultraleftyさん
>流経の場合、いくつもリーグに参加してますが、優先順位というか
>ランクはどうなってるんですか?
>関東1部>JFL>iリーグ って感じですか?

大学リーグ>JFL>Iリーグ4チーム(学年別)+ドラゴンズ(茨城県社会人リーグ)
という感じです。
全部で200人を超えますからねえ、選手が。

ちなみに大学のチームの控え部員が社会人リーグに登録している例は結構ありまして、
中京大(中京大FC)
福岡大(七隈トンビーズ)
鹿屋体育大(OSUMI NIFS UNITED)
は地域リーグに所属しています。

(2006.03.25 10:36:54)

Re:流経のランク付け(03/22)    izumi。さん 
他にも順天堂大学が千葉県リーグ1部にいて、ここは関東リーグ昇格意思なしで1位になっても都県大会に出てこないという・・・
ちなみに佐川大阪も大元は大阪体育大の2軍、体大蹴鞠団ですし、アイン食品は大商大OBチームが同じOBのアイン社長に買われてアインのサッカー部になった経緯あり

それはともかく、スタフラですがANAの予約システムを丸々使っています
近い将来コードシェアが出るんじゃないかと予想されてますね
どうしてもJAL派なんでなかなか乗れないのですが・・・(2006.03.26 11:28:48)

Re:流経のランク付け(03/22)    ultraleftyさん 
TTGjune90さん
>大学リーグ>JFL>Iリーグ4チーム(学年別)+ドラゴンズ(茨城県社会人リーグ)
>という感じです。

なるほど。ありがとうございます。

>ちなみに大学のチームの控え部員が社会人リーグに登録している例は結構ありまして、

なるほど、勉強になります。プロもそうですけど、控えメンバーの
戦力維持ってのは大きな課題ですね。
(2006.03.27 13:14:18)

Re[1]:流経のランク付け(03/22)    ultraleftyさん 
izumi。さん
>それはともかく、スタフラですがANAの予約システムを丸々使っています

ああ、やっぱりそうなんですか。この間ANAのチケットレス端末に
クレジットカードを入れるとスタフラの予約が表示されたのでびっくりしました。

>どうしてもJAL派なんでなかなか乗れないのですが・・・

私も実はJAL派です。マリサポですけど(笑)
(2006.03.27 13:17:19)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月21日 (火)

J1 第4節 大分vs横浜 〜なかったことに

昨日は大垣の後、大阪から夜行バスで大分に向かう某氏、岡山から夜行バスで大分に向かう某女史に同行して、岡山まで18切符の旅。岡山では、某女史の出発の時間まで居酒屋で飲んで、ホテルに。翌朝、レイルスターのビジネスカーで岡山から小倉へ、ソニックで小倉から大分へ。快適。

大分で再び某氏、某女史と合流し、「こつこつ庵」で大分郷土料理を堪能。とり天、だんご汁、琉球、関アジ、関サバ・・・。大満足。試合前からこんなに満足しちゃまずいな(笑)

今シーズンから九州石油ドームに名前が変わったビッグアイ。ここまで1勝2分とあまり相性の良くない(特に2003年2ndのロスタイム同点弾は相当トラウマだ)スタジアムだが、名前が変わったからきっと今日は快勝だろう(笑)

今日の横浜は奥、久保に代え、ジロー、大島をスタメン起用。キックオフから双方決定的チャンスの連続。エキサイティングな試合の入りとなった。そのチャンスに、サッカーの神様は、まずは栗原に微笑んだ。開始3分、ドゥトラのFKが味方に当たってこぼれたところを、しっかりとボレーシュート。今季初ゴール。今年は栗原の年になりそうな予感。

栗原に負けじと輝いていたのがジロー。スタメンで張り切ったのか、今日のジローは攻守ともに大活躍。ピッチを走りまわって、前線からプレスをかけ続ける。おまけに前半30分には、決勝点となる見事なダイレクトボレーまであげた。

ジローのゴールの瞬間、横浜ゴール裏は確か、マリノスコールをしていたような気がするが、歓声が沸き起こるでもなく、コールを続行していた。選手がセンターサークルに集まって、試合が再開されても、ついにジローコールはなかった。この理由としては、

 ・”遠すぎ”て、決まったのかどうかよくわからず、喜ぶタイミングを逸した。

 ・ゴールを決めるのはブラジル人だとの先入観から、ゴールと認識できなかった。

 ・あるいは、もういないはずのグラウが何で得点を決めるのだと、混乱した。

 ・ジローの年間ゴール枠が減るのを恐れて、なかったことにしたかった。

のどれかと思われる(笑)

2-0で折り返した後半。横浜は再三のチャンスを作るが、SGK西川の活躍もあり(相変わらずいいねぇ)、ついに追加点を奪えず。そうこうするうちに、FKから失点。この辺はばたばたした時間帯だった。ここまで、結構簡単な試合が多かったので、1点を争う厳しい試合をしておくのもいいだろう。

これで開幕4連勝。次節は2位浦和との首位攻防戦。無精ひげがだらしなく汚い選手が活躍しているようだが、ヤツラの喜ぶ顔を見ないですむように頑張って首位をキープしよう。

試合後は、再びソニックで小倉へ。明日は、新しく就航したスターフライヤーにて東京に戻り、出社。ちなみに、某女史は試合後大阪へ飛び、ながらで帰り、そのまま仕事。某氏は、小倉で一泊し、明日のサニックスを見て18切符で帰るという。素晴らしき哉、アホサポライフ(誉め言葉:)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月20日 (月)

大垣フェス第3日 横浜vs前橋商業、横浜vs国見 〜好スタート

大垣3日目。

Bグループ全勝の横浜は、浅中多目的広場で前橋商業との対戦。多目的広場といいつつも、ちゃんと観客席もあるし、屋根もあるし、観戦するにはいい場所。しかし、強くはないが今日も冷たい風が吹いていて、日陰だとめちゃくちゃ寒い。スタンドの端の陽の当たるわずかなスペースにて身を寄せ合うようにして観戦。

前橋商業といえば、去年のプリンスで唯一勝点3を奪えなかった相手。そして、「俺の郷内」が誕生したことでも忘れられない相手(笑)

試合は横浜が優位に進めるも、さすがに大会3日目の疲れが出たか、簡単なミスが目立つ。せっかくいい位置でボールを奪っても、パスミスで相手に渡してしまうシーンが多い。

先制点は前半ロスタイム。オーバーラップした金井(13番!)が、グランダーのクロス。中央で大久保がそのボールを受け、打つと見せかけて左に流す。そこに走りこんだ木村がシュート。きれいなゴールだった。

後半、リードしている横浜はさらに積極的な攻撃。何度も決定的なチャンスが訪れるが、ゴールネットを揺らすまでには至らない。攻撃が続き守備の集中が緩んだ隙をつき、前商の反撃。一度は佐藤がナイスセーブで弾くも、つめていた相手選手に押し込まれ同点。後半21分。

結局、双方追加点を奪えず、1-1で即PK戦に。準決勝のPK戦は、鬼門なんだよなぁ・・・ しかし、GK佐藤は新子安の卒業試合の時、なかなかいいセーブを見せていた。きっとやってくれるだろう。期待は高まるが、やはり本番と遊びでは緊張感が違う。結局1本も止められず、6番手の金井がPKを止められ残念ながら決勝進出はならず。

決して内容は悪くなかったので、御殿場合宿、清水、広島遠征でコンビネーションに磨きをかけて、4月からのプリンスに臨んで欲しい。今年は幸い、プリンスで前商にリベンジする機会もあるし。


_________木村勝太(11)_________

大久保翔(7)___森谷賢太郎(8)____斉藤陽介(9)

_____西脇寛人(20)___アーリア(10)_____

武田英二郎(2)_田代真一(3)_広田陸(4)_金井貢史(13)

__________佐藤峻(16)__________

得点:
 前半34分 木村
 後半21分 (前橋商業)

交代:
 後半28分 大久保→齋藤学(24)
 後半28分 森谷→高久朋輝(18)

PK戦:
 アーリア○ 武田○ 田代○ 広田○ 陽介○ 金井×


3決まではかなり時間があったので、決勝の行われる浅中競技場を見学。昼飯の相談なんかをしていると、多目的広場では試合が始まるところ。急いで取って返す。サブ組中心だったので、練習試合かなぁと思っていたら、3決が早まったようだ。

相手は国見。横浜は新1,2年生が中心のメンバー構成ながら、終始試合を支配する。Aチームもそうだが、Bチームも攻撃のタレントが豊富で実に楽しい。

初めて本格的にプレイを見るパリスがなかなか気に入った。果敢なオーバーラップ。体をはった守備。テクニックに長けた上品なプレイをする選手が多い横浜にあっては、戦う気持ちがプレイに現れる選手は貴重だ。冷たい風の吹くなか、長袖を捲り上げて気迫溢れるプレイするパリスには、闘(凍)将の名を謹んで献上したい(笑)

試合は、前半6分に、GKが前がかりになっていたところを学がドリブルで突進。うまくGKをかわしシュート。2点目は、前半12分。やはり学がドリブルで相手陣内に攻め入り、ゴールラインぎりぎりで折り返し。そこに走りこんでいた高久がシュート。21分には、ゴール前の混戦からネットが揺れた。どうやって入ったかは定かではないが、皆が高久を祝福していたところを見ると、きっと高久だったんだろう(笑)

後半は、攻撃的な金井、田代、木村を投入するも、得点は奪えず。だが失点もなく、3-0で国見を完封して3位で大会を終えた。

今年の大垣は、若い選手(皆、十分若いが:)に経験を積ませることが出来てよかった。どんどん下から突き上げて、スタメンを脅かすことのできる選手に成長して欲しい。去年の横浜は3年生のインパクトが強くて、下の選手があまり目立たなかったが、今年は各世代いい選手が揃っている。去年以上におもしろい1年になりそうだ。悲願の全国タイトル目指して頑張ろう。サポも垂れ幕(^^;いっぱい用意するよ!監督!


_________森谷賢太郎(8)__________

齋藤学(24)_____高久朋輝(18)____中里太郎(19)

______西脇寛人(20)__佐藤優平(27)______

パリス(17)_成田進太郎(22)_奥山正洋(23)_甲斐公博(34)

___________当銘裕樹(1)__________

得点:
 前半6分 学
 前半12分 高久
 前半21分 高久

交代:
 後半0分 森谷→金井貢史(13)
 後半0分 西脇→田代真一(3)
 後半22分 高久→木村勝太(11)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

相性    辻神さん 
どうも前商とは相性が悪い。
何年か前に大垣行った時も準決勝で前商に負けたし。
プリンスでもやるんだ、今頃気づいた(笑(2006.03.20 23:36:18)

Re:相性(03/20)    ultraleftyさん 
辻神さん
>どうも前商とは相性が悪い。
>何年か前に大垣行った時も準決勝で前商に負けたし。
>プリンスでもやるんだ、今頃気づいた(笑

ほんとに相性悪いですね。何なんでしょうね。
でも、プリンスは勝ってもらわねば。
(2006.03.21 22:37:40)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月19日 (日)

「大垣フェス第2日 結果

第2日目

Aグループ
 ・帝京 1-2 清水東
 ・中京大中京 2-1 国見
 ・帝京 2-1 中京大中京
 ・清水東 0-5 国見

 1位:国見
 2位:中京大中京
 3位:帝京
 4位:清水東

Bグループ
 ・奈良育英 1-3 横浜ユース
 ・筑陽学園 4-0 大垣工業
 ・筑陽学園 0-2 横浜ユース
 ・奈良育英 1-2 大垣工業

 1位:横浜ユース
 2位:筑陽学園
 3位:大垣工業
 4位:奈良育英

Cグループ
 ・市船 0-0 岐阜工
 ・四中工 1-6 履正社
 ・市船 1-1 履正社
 ・四中工 0-2 岐阜工

 1位:岐阜工
 2位:市船
 3位:履正社
 4位:四中工

Dグループ
 ・岐阜U-16 0-2 前橋商業
 ・愛媛FCユース 2-0 守山北
 ・守山北 0-4 前橋商業
 ・愛媛FCユース 0-0 岐阜U-16

 1位:前橋商業
 2位:愛媛FCユース
 3位:岐阜U-16
 4位:守山北

この結果、準決勝は横浜ユースvs前橋商業、岐阜工vs国見


| | コメント (0) | トラックバック (0)

大垣フェス第2日 横浜vs奈良育英、横浜vs筑陽学園 〜夢の斉藤揃い踏み

大垣2日目。

昨日トップの試合を見て、今朝”ながら”で到着した面々と合流。今日は1箇所だけなので、普通に電車で会場に向かう。会場は昨日と同じく、杭瀬川スポーツ公園グランドB。駅からは10分ぐらいか。ピッチを見下ろす高架橋の手すりに「生まれながらのトリコロール」と「トリコロールの継承者」のダンマクを張る。

昨日の雨も止み天気は上々。だけど、今日は風が強い。河川敷の吹きさらしなので、橋下の乾いた砂を巻き上げた砂嵐に襲われる。2週連続の砂嵐(笑)

1試合目は、奈良育英との対戦。今日は田代もDFラインに収まり、ノーマルなフォーメーション。キャプテンは昨日に引き続き田代。

一向に収まらない強風の中キックオフ。ハイボールの処理にはお互い苦労していたが、風下の横浜が前半5分に木村のゴールで先制。20分には奈良育英に同点に追いつかれるも、終始ゲームを支配し、安定した戦いぶり。31分には再び木村の強いシュート。キーパーの手に当たるも、そのままゴールし、再び横浜がリードを奪う。

後半15分、森谷に代わり学を投入。今日、一番個人的に盛り上がった瞬間。ユースの学を本格的に見るのは初めて。どこまで通用するか楽しみだったが、いきなり存在感を見せつけるまでは行かない。けれど、ボールを持つとわくわくする。今後が楽しみだ。

後半17分に大久保がFKを直接ゴール右上隅に決め、追加点。その後高橋監督は、甲斐、優平、パリスを次々と投入。あまり経験のない選手ばかりで、押し込まれるシーンも多くなるが、風上で守備していることもあり、追加点は許さず、結局3-1で終了。


<スタメン>

_________木村勝太(11)_________

大久保翔(7)___森谷賢太郎(8)____斉藤陽介(9)

_____西脇寛人(20)___アーリア(10)_____

武田英二郎(2)_田代真一(3)_広田陸(4)_金井貢史(13)

__________佐藤峻(16)__________

<試合終了時>

_________齋藤学(24)___________

パリス(17)____佐藤優平(27)_____金井貢史(13)

_____西脇寛人(20)___アーリア(10)_____

武田英二郎(2)_田代真一(3)_奥山正洋(23)_甲斐公博(34)

__________佐藤峻(16)__________

得点:
 前半5分 木村
 前半20分 (奈良育英)
 前半31分 木村
 後半17分 大久保

交代:
 後半0分 広田→奥山正洋(23)
 後半15分 森谷→齋藤学(24)
 後半21分 大久保→甲斐公博(34)
 後半21分 陽介→佐藤優平(27)
 後半29分 木村→中島ファラン・パリス(17)


続いて、2試合目の中京大中京vs国見を観戦。中京大中京の伊藤翔がお目当て。だがあまりの風と寒さに後半途中で退散。近くのミニストップで昼食。ミニストップから戻ると、ダンマクが風で一部破けている事に気づく。やむなく、ダンマクを撤収。

3試合目は、久保の母校である筑陽学園。2試合を終えた時点で、共に2勝で並んでいるが、得失点差で筑陽が上回っている。横浜としては、勝つしかない状況。

筑陽はDFがしっかりしており、横浜は決定機を作るも得点を奪えない。風も強く、一つのミスから負ける可能性もある試合展開。前半は0-0で終了。

後半、高橋監督は大久保に代わり学を投入。その采配が当たったのは、後半19分。ゴール前のこぼれ球をミドルでズドン。ユースでの学のゴールをようやく見れた。もう、これだけでも十分だったのだが、直後、陽介がドリブルで2,3人は抜いてゴール。夢の斉藤揃い踏みゴール。幸せだ(笑)

横浜は3戦全勝でBグループ首位通過。対戦相手は未定だけど、2連覇できる面子は十分揃っている。陽介も明日は出場できるようなので(笑)、最多優勝回数(現在、市船の3に並ぶ)を更新しよう。


_________木村勝太(11)_________

大久保翔(7)___森谷賢太郎(8)____斉藤陽介(9)

_____西脇寛人(20)___アーリア(10)_____

武田英二郎(2)_田代真一(3)_広田陸(4)_金井貢史(13)

_________当銘裕樹(1)__________

得点:
 後半19分 学
 後半20分 陽介

交代:
 後半0分 大久保→齋藤学(24)
 後半18分 広田→奥山正洋(23)
 後半27分 森谷→高久朋輝(18)


P.S.大垣駅まで車で送っていただいた、ジャンマリオーナーさん、ありがとうございました。明日は録画もよろしくお願いします(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月18日 (土)

大垣フェス第1日 結果

大垣フェス初日結果

Aグループ
 ・中京大中京 4-0 清水東
 ・国見 1-0 帝京

Bグループ
 ・筑陽学園 2-1 奈良育英
 ・横浜ユース 2-1 大垣工業

Cグループ
 ・岐阜工 1-0 履正社
 ・市船 1-0 四中工

Dグループ
 ・岐阜U-16 1-0 守山北
 ・前橋商 2-1 愛媛FCユース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大垣フェス第1日 横浜vs大垣工業 〜究極の攻撃オプション

愛媛vs履正社を見終わった頃から、ぽつぽつと雨になった。急いで次の会場の杭瀬川スポーツ公園グランドへ移動。何とか雨が強くなる前にたどりついた。

杭瀬川グランドは河川敷にあり、上を高架橋が通っている。観戦ポイントは3つ。傘を差してピッチサイドで見るか、雨をしのげる橋下(ゴール裏)で見るか、見易さを優先して橋上で見るか。ヘタレ屋根下派としては、1stチョイスはゴール裏橋下。ちなみに、ダンマクは橋の手すりくらいしか張るトコがありませんでした(笑)

試合が始まった。今日の対戦相手は大垣工業。いつものようにメンバーをチェック。DFラインは左から、武田、22番は成田だな。田代に、広田。右端は23番、奥山か。えっ、5バック?3バック?もう一度見ると、田代がどうもラインからはみ出ているようだ。えっ!?ボランチ? で、FWは木村に、・・・。陽介がえらい端っこにいるな?ん?どういうフォーメーションだ。

というわけで、あっけなくヘタレ屋根下派は雨の降るピッチサイドへ(笑) 結局田代とアーリアがボランチで、木村の1トップ。トップ下に陽介、森谷、大久保を並べる。去年も何度かやった、マイク不在時フォーメーションに近い。

大垣第1戦らしく、非常に不安定な立ち上がり。特に守備が怪しい。が、時間が経つにつれ、攻撃陣がかみ合ってくる。アーリア、森谷のドリブル&キラーパスの出し手に加え、前線の木村のポストの強さ。陽介、大久保はサイドから上がってくる。それだけでも相手守備陣は大変なのに、さらに、背番号3番が自由に上がれる位置にいる。正直相手にしてみれば(いや、それ以上に守備陣?)勘弁してくださいって感じではなかろうか(笑) おまけに、背番号3の腕にはキャプテンマーク。いつも以上に生き生きと攻撃参加。ピッチを縦横無尽に駆け回る。その割を食うのは守備陣。となるはずが、攻撃が相手を圧倒しピンチがさほどない(爆)

華々しい攻撃、ではあるのだが、得点までは中々いかない。ようやく31分に、スルーパスに反応した陽介が相手GKとの1-1を冷静に決めて先制。前半はこの1点どまり。

後半立ち上がりに、再び陽介が相手DF2人を振り切り、個人技で2点目。11分に高久、13分に中里を投入。このあたりから徐々に押し込まれるシーンが増えてくる。22分にはペナルティエリアすぐ外でFKを与えてしまう。これをクリアしきれず失点。だが、その後は持ち直し、結局2-1で終了。

成田、奥山のCBに、中里の右サイドバックは実戦では恐らく初めてはなかろうか。もうちょっと経験が必要だろう。背番号3番を最大限に生かすために、CBの2人には特にがんばってもらいたい。


__________木村勝太(12)_________

斉藤陽介(9)____森谷賢太郎(8)____大久保翔(7)

______田代真一(3)__アーリア(10)_______

武田英二郎(2)_成田進太郎(22)_広田陸(4)_奥山正洋(23)

__________佐藤峻(16)___________

得点:
 前半31分 陽介
 後半4分 陽介
 後半22分 (大垣工業)

交代:
 後半0分 佐藤→当銘裕樹(1)
 後半11分 大久保→高久朋輝(18)
 後半13分 広田→中里太郎(19)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大垣フェス第1日 Bリーグ愛媛FCvs履正社 〜我が道をゆく

去年に引き続き大垣フェスに。トップのセレッソ戦も読売戦もあるけど、去年悔しい思いをした分、今年は横浜ユースに全国タイトルを是非とも取ってもらいたい。ということで、今年は横浜ユース優先スケジュール。が、大垣フェスには愛媛ユースも参加している。1試合も見ないのはもったいないので、時間の合う、Bリーグの履正社戦を観戦。

去年は電車+徒歩で結構大変だったので、今回はレンタサイクルを借りて移動。大垣公園前の丸の内駐車場でママちゃりを借りる。雨が心配だったが、まぁ、何とかなるだろう。

ママちゃりを漕ぐ事、20分あまり。ようやく会場の大垣西高校に到着。

Bリーグなので新2年生が中心。もちろん初めて見る世代なので、誰が誰だかさっぱりわからない。コーチングの声と、携帯に転送した選手リストを見つつ、まずは名前の特定作業。

愛媛は過去のチームと同じように、ダイレクトパスとドリブルを織り交ぜた攻撃的な、早い展開のサッカーをする。中々楽しい。しかし、今回のグランドは土(というか、砂浜)で、ボールが思うようにつながらない。パスミスから反撃を受けてひやりとする場面も多数。それでも、彼らは自分達のスタイルを貫く。グランド状態に応じて臨機応変にスタイルを変えられるのが強いチームなんだろうが、どんな場合も自分達のスタイルを貫くのは、不器用かもしれないが見ていて気持ちいい(ユース年代は)。

前半は五分五分。辻田がGKと1-1で打ったシュートはバー直撃。嗚呼。後半16分、CKからの展開で1点を失ってからは、19分、ロスタイム(25分ハーフ)に立て続けに失点。チャンスに決めきれず、後半立て続けに失点。この辺も例年通り(^^; 今年こそはぜひ、このパターンを脱却して欲しい。

フォーメーション。さて、どんだけあってるか・・・ どなたか添削お願いします(笑)

___石水雅大(19)__辻田純(46)____

吉井太一(12)________宮崎大志(3)

___正岡晃太(15)_??(26)______

??(31)_??(37)_??(29)_西村誘二(28)

_______??(99)_________

得点:
 後半16分 (履正社)
 後半19分 (履正社)
 後半24分 (履正社)

交代:
 HT ?(37)→佐伯圭介(24)
 HT 正岡→?(32)
 HT ?(99)→?(23)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月17日 (金)

2005ナショナルトレセンU-14 西日本 参加選手

続いて、西日本。横浜から磨見君、愛媛から福岡君が参加

=====================================================

FW 高木 俊幸   1991/05/25 東京都  ヴェルディJY     中2 170cm/54kg
DF 高橋 祥平   1991/10/27 東京都  ヴェルディJY     中2 175cm/65kg
FW 児玉 宗土   1991/07/27 東京都  ヴェルディJY     中2 178cm/64kg
MF 笠原 健太   1991/04/11 東京都  FC東京U-15深川    中2 171cm/60kg
GK 守山 健二   1991/06/21 東京都  FC東京U-15深川    中2 177cm/62kg
FW 重松 健太郎  1991/04/15 東京都  FC東京U-15むさし   中2 169cm/64kg
DF 中村 祥太   1991/05/04 千葉県  千葉JY辰巳台     中2 179cm/64kg
FW 左向 春樹   1991/04/27 千葉県  千葉JY辰巳台     中2 165cm/60kg
FW 三田 尚央   1991/05/20 栃木県  足利両毛ユナイテッドFC 中2 175cm/60kg
FW 平出 涼    1991/07/18 山梨県  フォルトゥナSC    中2 175cm/61kg
MF 深澤 大地   1991/07/02 山梨県  フォルトゥナSC    中2 176cm/63kg
FW 磨見 朋樹  1991/10/03 神奈川県 横浜JY    中2 164cm/51kg
MF 古林 将太   1991/05/11 神奈川県 湘南JY        中2 170cm/59kg
MF 久保 裕志   1991/07/27 群馬県  FC前橋JY       中2 162cm/58kg
FW 糸井 康裕   1991/05/05 群馬県  FC前橋JY       中2 177cm/67kg
GK 野露 浩人   1991/07/19 東京都  FRIENDLY JrY    中2 186cm/74kg
MF 木澤 純平   1992/02/06 東京都  ヴェルディJY     中2 165cm/50kg
FW 高木 善朗   1992/12/09 東京都  ヴェルディJY     中1 165cm/56kg
MF 牧野 修造   1992/05/14 東京都  ヴェルディJY     中1 172cm/58kg
DF 高野 光司   1992/12/23 東京都  ヴェルディJY     中1 170cm/57kg
MF 南部 健造   1992/08/22 東京都  ヴェルディJY     中1 165cm/54kg
GK 松澤 香輝   1992/04/03 東京都  ヴェルディJY     中1 178cm/68kg
MF 坂谷 武春   1992/01/21 東京都  ヴェルディJY     中1 170cm/53kg
FW 前岡 信吾   1992/10/26 東京都  FC東京U-15深川    中1 178cm/64kg
DF 永井 あとむ  1992/08/05 東京都  FC東京U-15深川    中1 178cm/68kg
MF 近藤 貴司   1992/04/26 東京都  三菱養和巣鴨JY    中1 156cm/46kg
MF 田中 輝希   1992/08/26 東京都  三菱養和巣鴨JY    中1 171cm/55kg
GK 榊原 広己   1992/06/07 千葉県  千葉JY辰巳台     中1 170cm/57kg
DF 池田 克己   1992/04/13 千葉県  柏U-15        中1 170cm/50kg
MF 仲間 隼斗   1992/05/16 千葉県  柏U-15        中1 161cm/49kg
MF 星野 有亮   1992/05/12 千葉県  柏U-15        中1 168cm/53kg
MF 鳥山 祥之   1992/04/23 千葉県  柏U-15        中1 165cm/51kg

GK 田村 昇大   1991/10/16 広島県  広島JY        中2 179cm/57kg
DF 山崎 翼    1991/06/12 広島県  広島JY        中2 176cm/68kg
MF 森保 翔平   1991/08/17 広島県  広島JY        中2 166cm/56kg
MF 浅田 裕史   1991/04/18 広島県  広島JY        中2 173cm/58kg
MF 茶島 雄介   1991/07/20 広島県  広島JY        中2 160cm/47kg
FW 玉田 道歩   1991/08/02 広島県  広島JY        中2 185cm/72kg
DF 河井 卓也   1991/06/02 岡山県  アヴァンサールFC   中2 173cm/60kg
FW 及川 洋平   1991/07/03 岡山県  アヴァンサールFC   中2 174cm/55kg
MF 前田 裕介   1992/05/12 広島県  みろくの里JY     中1 162cm/50kg
FW 松永 侑也   1992/04/08 広島県  広島JY        中1 166cm/56kg
FW 砂川 優太郎  1992/08/21 広島県  広島JY        中1 166cm/54kg
FW 甲斐 聖人   1992/07/02 広島県  広島JY        中1 150cm/37kg
MF 浜田 翔    1992/12/21 広島県  広島JY        中1 157cm/41kg
DF 佐川 祐樹   1992/04/25 広島県  広島JY        中1 166cm/50kg
MF 山根 大輝   1993/03/22 山口県  クレフィオFC山口   中1 158cm/47kg
FW 小田 悠太   1992/08/24 島根県  くにびきJY      中1 166cm/56kg

GK 小川 翼    1991/05/15 香川県  丸亀市立東中     中2 178cm/55kg
DF 寺岡 真弘   1991/11/13 香川県  シーガルFCJY     中2 176cm/67kg
MF 中川 弘規   1991/07/31 香川県  香川西FCJY      中2 161cm/58kg
MF 福家 勇輝   1991/04/25 香川県  坂出市立坂出中    中2 160cm/45kg
MF 福岡 知晃  1991/10/17 愛媛県  愛媛FCJY   中2 170cm/61kg
FW 木村 一貴   1991/07/08 愛媛県  三津浜中       中2 180cm/65kg
FW 岡 卓磨    1991/07/13 徳島県  徳島JY        中2 172cm/60kg
FW 井上 誠    1991/07/06 高知県  FCコラソン      中2 173cm/63kg
GK 濱本 昂平   1992/07/16 愛媛県  帝人SC        中1 175cm/62kg
DF 堀部 真生   1992/09/07 愛媛県  麻生JYSC       中1 169cm/54kg
DF 岡本 洵    1992/04/09 愛媛県  三津浜中       中1 170cm/53kg
FW 越智 翔太   1992/10/05 愛媛県  FC・AMIGOSJY    中1 166cm/55kg
MF 日浦 陸    1992/03/31 徳島県  国府中学校      中2 166cm/53kg
MF 長尾 善公   1992/08/27 徳島県  美馬中        中1 164cm/58kg
FW 東 潤     1992/04/26 徳島県  徳島JY        中1 164cm/62kg
MF 野島 大輝   1992/03/28 高知県  私立高知中      中2 160cm/49kg

FW 大庭 裕平   1991/01/05 福岡県  北九州市立若松中   中3 167cm/55kg
FW 吉見 貴大   1991/01/08 熊本県  ルーテル学院中    中3 164cm/64kg
MF 村本 丈明   1991/01/05 熊本県  ルーテル学院中    中3 163cm/55kg
GK 飛石 孝行   1991/04/03 長崎県  海星中        中2 176cm/70kg
GK 藤嶋 栄介   1992/01/31 熊本県  フォルテF.C     中2 184cm/67kg
GK 芝原 拓哉   1991/09/09 鹿児島県 第一鹿屋中      中2 183cm/64kg
MF 関原 凌河   1991/06/20 熊本県  ブレイズ熊本     中2 169cm/53kg
MF 吉村 康平   1991/10/16 沖縄県  仲西中        中2 163cm/50kg
FW 布志木 拓名  1991/07/19 長崎県  長崎レインボーSC   中2 178cm/64kg
FW 三浦 俊希   1991/06/30 長崎県  長崎レインボーSC   中2 170cm/56kg
FW 深町 健太   1991/07/03 福岡県  ASヴァレンティア   中2 175cm/63kg
FW 吉原 正人   1991/10/27 福岡県  福岡U-15       中2 177cm/59kg
FW 坂下 剛    1991/03/07 宮崎県  高崎町立高崎中    中3 162cm/61kg
MF 室屋 良憲   1991/06/20 鹿児島県 鹿児島育英館中    中2 168cm/55kg
MF 伊藤 優希   1991/04/04 福岡県  FC.A-MOON     中2 168cm/61kg
MF 岩本 智裕   1991/06/13 大分県  FC・OITA21     中2 175cm/65kg
MF 釜田 幸輝   1991/07/02 福岡県  北九州市立穴生中   中2 168cm/67kg
FW 上田 啓太   1992/07/16 長崎県  海星中学校      中1 163cm/51kg
FW 東 拓真    1992/05/06 鹿児島県 桜島中        中1 154cm/47kg
FW 宮本 清史朗  1992/05/28 熊本県  ランザ熊本U-15    中1 160cm/50kg
FW 鮫島 晃太   1992/06/24 鹿児島県 鹿児島育英館中    中1 172cm/59kg
FW 大本 貴博   1992/10/10 福岡県  鳥栖U-15       中1 167cm/57kg
MF 大内田 涼   1992/07/27 鹿児島県 FC JUVENTUDE    中1 165cm/50kg
MF 武内 大    1992/05/31 長崎県  雲仙市立国見中    中1 174cm/62kg
MF 王丸 裕介   1992/05/03 大分県  別府FC.ミネルバ   中1 145cm/35kg
MF 本郷 哲    1992/05/18 福岡県  福岡U-15       中1 170cm/55kg
DF 川本 ミッキー 1992/05/17 沖縄県  FC琉球JY       中1 170cm/55kg
MF 古谷 渉    1992/04/12 宮崎県  延岡市立恒富中    中1 168cm/55kg
GK 西見 拓馬   1992/10/11 福岡県  福岡U-15       中1 173cm/68kg
FW 藤田 恭輔   1992/07/24 大分県  大分U-15       中1 170cm/55kg
MF 田内 廉    1992/06/04 大分県  大分U-15       中1 155cm/46kg
FW 渡辺 哲哉   1992/09/02 大分県  大分U-15       中1 173cm/64kg

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Re:2005ナショナルトレセンU-14 西日本 参加選手(03/17)    追浜父兄さん 
追浜はチーム事情により、残念ながら辞退してしまいました。
NTC選考の関東トレセンに、各学年とも4人(計8人)を送り出し(神奈川枠が各8名なので半分が追浜)期待していたのですが。
実力のある選手達だけに次に期待しましょう。(2006.03.18 00:54:00)

Re[1]:2005ナショナルトレセンU-14 西日本 参加選手(03/17)    ultraleftyさん 
追浜父兄さん
>追浜はチーム事情により、残念ながら辞退してしまいました。

そうだったんですね。何で選ばれてないんだろうと思ってました。

>実力のある選手達だけに次に期待しましょう。

まだまだこれからですからね。
常に向上心を持って日々の練習に励んで欲しいと思います。(2006.03.18 22:40:16)

守山健二くん    ゴールさん 
プライマリー新子安からFC東京U−15へ行った守山くん。背が伸びましたねー。2003年12月のナショトレU−12では161センチでしたが、今は177センチ2年チョイで16センチ!(2006.03.21 07:53:02)

Re:守山健二くん(03/17)    ultraleftyさん 
ゴールさん
>プライマリー新子安からFC東京U−15へ行った守山くん。背が伸びましたねー。2003年12月のナショトレU−12では161センチでしたが、今は177センチ2年チョイで16センチ!

この年代はちょっと見ないうちに随分変わりますね。
横浜の新1年生も大きくなってますよ。
(2006.03.21 22:52:13)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005ナショナルトレセンU-14 東日本 参加選手

横浜からは、松本君、剣持君が選出。

============================================================

GK   安田 翔   1991/12/14 北海道  札幌ユースU-15     中2 175cm/64kg
DF   松田 恭司郎 1991/07/05 北海道  フォーザSC       中2 177cm/64kg
DF   上原 拓郎  1991/07/08 北海道  アンフィニMAKI,FC   中2 175cm/60kg
MF   椎名 伸志  1991/10/15 北海道  札幌ジュニアFCユース  中2 165cm/52kg
MF   古田 寛幸  1991/05/23 北海道  札幌ユースU-15     中2 167cm/55kg
FW   西村 光司  1991/06/29 北海道  スプレッド・イーグルFC 中2 175cm/64kg
FW   工藤 光輝  1991/08/23 北海道  あつまSC U-15     中2 166cm/58kg
FW   金子 顕太  1991/04/14 北海道  SSSJY         中2 175cm/56kg
GK   松原 修平  1992/08/11 北海道  札幌ユースU-15     中1 176cm/74kg
DF   福原 琢磨  1992/03/27 北海道  フォーザSC       中2 163cm/47kg
MF   鈴木 健士  1992/02/04 北海道  アンフィニMAKI,FC   中2 175cm/55kg
MF   近藤 将人  1992/03/05 北海道  コンサ旭川ユースU-15  中2 163cm/51kg
DF   中山 和弥  1992/05/10 北海道  札幌ユースU-15     中1 176cm/54kg
DF   菅原 康介  1992/09/19 北海道  札幌ユースU-15     中1 170cm/56kg
FW   中島 龍基  1992/01/12 北海道  室蘭市立向陽中     中2 168cm/52kg
FW   ■ 相皓   1992/12/07 北海道  SSSJY          中1 169cm/62kg

GK   佐藤 智康  1992/02/06 宮城県  A.C AZZURRI      中2 182cm/69kg
DF   中山 渉吾  1992/03/02 青森県  青森山田中       中2 173cm/63kg
MF   柴崎 岳   1992/05/28 青森県  青森山田中       中1 170cm/58kg
FW   ▲場 拓人  1992/10/12 青森県  青森山田中       中1 156cm/45kg
DF   野口 大輔  1992/04/18 福島県  JヴィレッジSC      中1 173cm/55kg
FW   坂本 大武  1992/07/24 福島県  JヴィレッジSC      中1 164cm/58kg
MF   小松 皓希  1992/04/16 宮城県  ベガルタ仙台JY     中1 168cm/58kg
FW   村岡 洸   1992/05/12 宮城県  FCみやぎバルセロナ   中1 170cm/50kg
GK   笹森 一成  1991/07/17 青森県  青森山田中       中2 178cm/66kg
MF   吉田 吏玖  1991/05/31 岩手県  ヴェルディSC岩手・花巻 中2 168cm/56kg
MF   葛城 慎平  1991/05/13 青森県  青森山田中       中2 171cm/62kg
FW   星 大貴   1991/08/13 青森県  青森山田中       中2 158cm/50kg
DF   千葉 暁弘  1991/04/20 宮城県  仙台JY         中2 177cm/64kg
MF   嶺岸 佳介  1991/09/12 宮城県  仙台JY         中2 169cm/56kg
MF   石井 晃樹  1991/05/19 福島県  アストロンJY      中2 162cm/50kg
FW   渡辺 高康  1991/04/27 福島県  アレグリア FC     中2 165cm/62kg

FW   大久保 圭  1991/10/19 埼玉県  大宮JY         中2 177cm/69kg
FW   葺本 啓太  1991/04/29 埼玉県  浦和JY         中2 171cm/56kg
MF   石沢 哲也  1991/05/31 埼玉県  浦和JY         中2 170cm/58kg
MF   原口 元気  1991/05/09 埼玉県  浦和JY         中2 172cm/58kg
MF   小峰 郁海  1991/10/27 埼玉県  川口市立西中      中2 160cm/45kg
GK   志村 智久  1991/05/26 埼玉県  クマガヤサッカーSC   中2 176cm/62kg
MF   阿部 勇治  1991/04/17 茨城県  鹿島JY         中2 161cm/47kg
DF   中村 開人  1991/05/21 茨城県  鹿島ノルテJY      中2 173cm/54kg
DF   磯崎 大輔  1991/05/16 茨城県  那珂湊中        中2 177cm/58kg
DF   野澤 幸蓉  1991/04/13 茨城県  那珂湊中        中2 173cm/63kg
MF   岡崎 孝幸  1991/06/26 茨城県  アズーSC        中2 169cm/60kg
FW   泉澤 仁   1991/12/17 千葉県  柏U-15         中2 157cm/50kg
MF   茨田 陽生  1991/05/30 千葉県  柏U-15         中2 170cm/54kg
MF   川尻 晋   1991/04/18 千葉県  柏U-15         中2 169cm/58kg
MF   奥山 武宰士 1991/05/15 千葉県  柏U-15         中2 173cm/60kg
GK   川浪 吾郎  1991/04/30 千葉県  柏U-15         中2 189cm/76kg
MF   桑田 直徹  1992/01/08 埼玉県  大宮JY         中2 169cm/59kg
MF   小池 歩   1992/06/05 埼玉県  大宮JY         中1 161cm/49kg
MF   飯野 峻地  1992/11/30 埼玉県  大宮JY         中1 161cm/50kg
DF   石川 大暁  1992/10/13 埼玉県  大宮JY         中1 166cm/55kg
FW   ◆部 裕基  1992/10/07 埼玉県  浦和JY         中1 158cm/48kg
MF   岡本 拓也  1992/06/18 埼玉県  浦和JY         中1 167cm/57kg
MF   矢島 倫太郎 1993/01/09 埼玉県  浦和JY         中1 163cm/56kg
GK   中島 聡志  1992/04/05 埼玉県  浦和JY         中1 171cm/59kg
FW   松本 翔   1992/04/04 神奈川県 横浜JY   中1 152cm/40kg
FW   劔持 和義  1992/08/27 神奈川県 横浜JY   中1 177cm/54kg
FW   小畑 正樹  1992/10/13 神奈川県 湘南JY         中1 170cm/57kg
FW   吉田 隼   1992/07/11 茨城県  鹿島JY         中1 170cm/50kg
MF   土居 聖真  1992/05/21 茨城県  鹿島JY         中1 157cm/45kg
MF   木村 祐太  1992/07/04 茨城県  鹿島ノルテJY      中1 149cm/39kg
DF   川又 淳志  1992/04/13 茨城県  鹿島ノルテJY      中1 171cm/55kg
FW   鈴木 恵士  1992/04/18 群馬県  FC前橋JY        中1 170cm/65kg

■=「属」の「しかばね」を取る
▲=「竹」かんむりに「梁」
◆=「石」へんに「義」

GK   平崎 仁博  1991/4/8  富山県  A.C.AMBI       中2 175cm/60kg
DF   神田 貢   1991/07/11 新潟県  南浜中         中2 169cm/63kg
DF   河二 尊   1992/08/25 石川県  私立星稜中       中1 170cm/58kg
DF   西 恭兵   1991/03/01 石川県  ビバシティー加賀FC   中3 181cm/69kg
MF   木下 翔太  1991/05/13 長野県  F.C.CEDAC      中2 162cm/60kg
MF   菊池 大介  1991/04/12 長野県  佐久サームFC      中2 169cm/58kg
MF   大崎 淳矢  1991/04/02 富山県  富山北FC        中2 168cm/65kg
MF   高橋 遼   1992/03/07 新潟県  新潟JY         中2 155cm/40kg
MF   酒井 高徳  1991/03/14 新潟県  レザーFSJrユース    中3 173cm/68kg
MF   田中 僚   1992/04/30 新潟県  新潟JY         中1 165cm/50kg
FW   佐藤 昌丈  1991/03/19 新潟県  FC五十嵐JY       中3 175cm/65kg
FW   中村 樹   1992/10/01 新潟県  新潟JY         中1 177cm/60kg
FW   渋谷 亮輔  1992/02/05 新潟県  新潟JY         中2 164cm/53kg
FW   佐々木 陽次 1992/07/02 富山県  富山北FC        中1 165cm/53kg
FW   横内 宏治  1992/06/12 長野県  FC ASA FUTURO    中1 161cm/51kg
GK   渡辺 泰広  1992/10/04 新潟県  新潟JY         中1 172cm/58kg

GK   井出 裕也  1992/07/15 静岡県  清水JY         中1 173cm/66kg
GK   矢野 恭平  1992/08/09 愛知県  名古屋JY        中1 176cm/60kg
DF・FW 吉田 敦己  1992/06/04 愛知県  名古屋JY        中1 173cm/67kg
DF   濱口 和也  1992/04/13 愛知県  名古屋JY        中1 170cm/54kg
MF   伊達 勇人  1991/06/19 愛知県  FC四日市        中2 170cm/52kg
MF・FW 小幡 元輝  1992/04/15 愛知県  名古屋JY        中1 155cm/49kg
MF   福田 晃斗  1992/05/01 愛知県  名古屋JY        中1 145cm/38kg
MF   田代 諒   1992/04/15 静岡県  清水JY         中1 174cm/55kg
MF・DF 鈴木 凱士  1992/10/31 静岡県  磐田          中1 160cm/51kg
MF・FW 柴原 誠   1992/04/23 静岡県  清水JY         中1 163cm/52kg
MF   和久田 章太 1992/05/17 静岡県  ジュビロ浜北      中1 171cm/60kg
MF   河本 力   1992/04/10 岐阜県  SC岐阜VAMOS      中1 170cm/62kg
MF   藤橋 優樹  1992/07/27 岐阜県  SC岐阜VAMOS      中1 163cm/53kg
FW   増田 湧介  1992/04/25 静岡県  ジュビロ沼津      中1 163cm/58kg
FW   竹野 雄輝  1992/07/21 愛知県  愛知FC         中1 166cm/50kg
FW   岸 光    1992/06/23 愛知県  名古屋JY        中1 175cm/58kg
GK   木村 誠志  1991/06/03 静岡県  ジュビロ浜北      中2 175cm/69kg
GK   松崎 康佑  1991/07/09 岐阜県  羽島市立羽島中     中2 179cm/68kg
DF   中村 亮太  1991/01/28 愛知県  名古屋FC        中3 177cm/66kg
DF・MF 山田 健太  1991/08/09 静岡県  清水JY         中2 173cm/58kg
DF   山崎 教史  1991/04/14 静岡県  清水JY         中2 175cm/61kg
MF   藤田 息吹  1991/01/30 愛知県  名古屋FC        中3 170cm/60kg
MF   竹内 涼   1991/03/08 静岡県  浜松開誠館中FC     中3 171cm/63kg
MF・FW 海田 佳祐  1992/02/26 静岡県  ジュビロ磐田      中2 167cm/64kg
MF   風間 宏希  1991/06/19 静岡県  清水FCJY        中2 174cm/60kg
MF   小林 勇輝  1991/02/18 静岡県  ジュビロ浜北      中3 172cm/63kg
MF   森田 峻輔  1991/05/27 三重県  FC四日市        中2 170cm/57kg
FW   矢田 旭   1991/04/02 愛知県  名古屋JY        中2 164cm/55kg
FW   提坂 俊介  1991/07/18 静岡県  常葉学園橘中      中2 170cm/59kg
FW   鍋田 亜人夢 1991/05/01 静岡県  清水JY         中2 170cm/55kg
MF   磯田 剛志  1992/1/10  愛知県  セントラル豊橋FC    中2 167cm/54kg
FW   佐曽利 文弥 1991/09/10 岐阜県  FCジョカトーレ関    中2 170cm/62kg

GK   嘉味田 隼  1992/01/17 和歌山県 SC和歌山ヴィーヴォ   中2 180cm/65kg
GK   村下 達郎  1992/06/12 京都府  京都JY         中1 177cm/68kg
DF   江口 駿哉  1992/04/02 大阪府  吹田JFC千里丘      中1 174cm/60kg
DF   多木 理音  1992/06/06 京都府  宇治FCJY        中1 176cm/61kg
DF   植田 龍   1992/08/29 京都府  京都JY         中1 171cm/56kg
MF   駒井 善成  1992/06/06 京都府  京都JY         中1 163cm/56kg
MF   和田 篤紀  1993/02/09 兵庫県  神戸JY         中1 169cm/53kg
FW   笹倉 翔士  1992/10/11 兵庫県  神戸JY         中1 177cm/74kg
FW   影山 卓登  1992/09/16 大阪府  ガンバJY        中1 167cm/61kg
FW   村松 隆晴  1992/04/27 大阪府  ガンバJY        中1 168cm/62kg
FW   原口 拓人  1992/05/03 大阪府  ガンバJY        中1 168cm/52kg
FW   杉本 健勇  1992/11/18 大阪府  セレッソU-15      中1 180cm/65kg
FW   宮園 貴大  1992/05/16 大阪府  吹田JFC千里丘      中1 166cm/54kg
FW   下畠 翔吾  1992/4/8  滋賀県  FC SETA 2002 SHIGA 中1 171cm/56kg
FW   井上 晃輔  1992/02/01 奈良県  奈良市立三笠中     中2 171cm/55kg
FW   森 雄豪   1992/04/12 奈良県  SOLESTRELLA NARA2002 中1 177cm/54kg
GK   金谷 和幸  1991/04/09 大阪府  ガンバJY        中2 185cm/78kg
GK   大森 圭悟  1991/04/22 和歌山県 岩出FCアズール     中2 189cm/89kg
DF   羽東 史樹  1991/07/05 大阪府  川上FC         中2 170cm/62kg
DF   篠原 弘次郎 1991/07/20 大阪府  セレッソU-15      中2 175cm/66kg
DF   垣根 拓也  1991/10/03 京都府  京都JY         中2 171cm/65kg
MF   井上 寛太  1991/04/12 京都府  京都JY         中2 171cm/62kg
MF   笹野 和紀  1991/07/24 奈良県  高田FC         中2 170cm/58kg
MF   中野 晃   1991/02/15 奈良県  奈良市立富雄中     中3 168cm/54kg
MF   平川 直人  1991/05/08 兵庫県  兵庫FC         中2 178cm/58kg
FW   神野 琢也 1991/04/25 兵庫県  エストレラ姫路FCイーグレット 中2 169cm/65kg
FW   宇佐美 貴史 1992/05/06 大阪府  ガンバJY        中1 172cm/50kg
FW   扇原 貴宏  1991/10/05 大阪府  セレッソU-15      中2 179cm/60kg
FW   永井 龍   1991/05/23 大阪府  セレッソU-15      中2 172cm/56kg
FW   上坂 崇紘  1991/06/08 滋賀県  土山中         中2 178cm/62kg
FW   沖 剛史   1991/05/13 京都府  京都JY         中2 173cm/56kg
FW   竹谷 昂祐  1991/07/04 大阪府  エテルノ青英FC     中2 176cm/66kg

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

漢字表記について    TTGjune90さん 
■・・・禹(う)

▲・・・簗(やな)

◆・・・礒(いそ)

ですな。しかしこの程度の漢字が表示できないとはよほどJFA担当者の識字能力はダメなのか?それとも提出した地域協会の担当者?
(2006.03.17 20:35:37)

Re:漢字表記について(03/17)    ultraleftyさん 
TTGjune90さん
>ですな。しかしこの程度の漢字が表示できないとはよほどJFA担当者の識字能力はダメなのか?それとも提出した地域協会の担当者?

何か基準でもあるんでしょうかね。
人名は難しいですね。(2006.03.18 22:35:47)

今晩ワ    991027さん 
日本代表の増田くん頑張ってください!!(2007.09.27 22:48:25)

Re:今晩ワ(03/17)    ultraleftyさん 
991027さん
>日本代表の増田くん頑張ってください!!

頑張ってくれると思います!!
(2007.09.28 02:05:10)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月16日 (木)

おじさん横浜M

「おじさん横浜M」とか言われてるorz

ということで、開幕時点での年齢分布。○は新加入、■は退団、□はレンタル中。太字は鹿島戦出場メンバー。ん〜〜ん、今はいいサッカーをしてるけど、やっぱ若手の突き上げがないとまずいよなぁ。

35 下川
34
33 ○マルケス
32 上野、中西、ドゥトラ
31 ○平野
30 
29 清水久保、■グラウ
28 塩川、松田中澤、○吉田
27 河合、マグロン
26 達也、○田ノ上、■原
25 大島
24 那須、功治、■熊林、■大橋、■山崎
23 隼磨、坂田
22 哲也、栗原
21 幸宏、□阿部、■北野、■尾本
20 後藤
19 天野、裕介、狩野、□飯倉
18 ○秋元、○マイク

GK
35 下川
34
33
32
31
30 
29 
28 
27 
26 達也
25 
24 
23 
22 哲也
21 
20 
19 □飯倉
18 ○秋元

DF
35
34
33
32 中西、ドゥトラ
31
30 
29 
28 松田、中澤
27 河合
26 
25 
24 那須
23 
22 栗原
21 ■尾本
20 
19 天野、裕介
18

MF
35
34
33
32 上野
31 ○平野
30 奥
29 
28 塩川
27 マグロン
26 ○田ノ上、■原
25 
24 功治、■熊林、■大橋
23 隼磨
22 
21 幸宏
20 後藤
19 狩野
18 

FW
35
34
33 ○マルケス
32
31
30
29 清水、久保、■グラウ
28 ○吉田
27 
26 
25 大島
24 ■山崎
23 坂田
22 
21 □阿部、■北野
20 
19 
18 ○マイク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月15日 (水)

大垣フェスティバル 日程

毎年恒例の大垣フェスティバルが今週末開催される。この大会前にも新チームは活動しているけど、やはり大垣フェスがくると、ようやく新シーズンが始まるという気がする。ってまぁ、去年から見始めたばっかだけど(笑)

去年はトップと日程がかぶらなかったので、全日程見ることができた。今年は初日がトップとかぶる。好調なトップの試合も見たいけど、TVでやるから今年は大垣に行こう。

【出場チーム】
 A:帝京、清水東、国見、中京大中京
 B:横浜ユース、奈良育英、筑陽、大垣工
 C:市船、履正社、四中工、岐阜工
 D:前橋商、守山北、愛媛ユース、岐阜U-16

【グループリーグ日程】
 ◇横浜ユース
  3/18(土) 14:55〜16:10 vs大垣工
  3/19(日) 09:30〜10:45 vs奈良育英
  3/19(日) 13:40〜14:55 vs筑陽学園
  @杭瀬川スポーツ公園サッカー場B(雨天時:大垣工業)

 ◇愛媛ユース
  3/18(土) 14:55〜16:10 vs前橋商業
  3/19(日) 10:55〜12:10 vs守山北
  3/19(日) 15:05〜16:20 vs岐阜U-16
  @岐阜経済大

【決勝トーナメント】
 3/20(月) 時間:不明、場所:浅中多目的広場・浅中競技場(?)

去年は横浜と愛媛は同グループだったので、理想的な日程だった。今年は、2日目の時間はかぶらないけど、場所が離れているので、両方見るのは無理。愛媛の会場が杭瀬川Aだったらなぁ・・・ さて、どうしよう。

ちなみに、Bリーグというのもあって、こちらは愛媛FCのみ出場。

 3/18(土) 12:15〜13:15 愛媛vs履正社 @大垣西高
 3/19(日) 13:20〜14:20 愛媛vs守山北 @大垣西高
 3/20(月) 09:00〜10:00 愛媛vs大垣西 @大垣南公園

また、裏大垣には松山工が出場する。
  
その他、詳しい日程は履正社高校サッカーBlogで。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Jyユースも試合です。    愛媛FCJyユースの父親さん 
 久しぶりにレスします。
 今週末の土日は、西条市(旧東予市)でJyユースの四国新人大会が行なわれます。6月から始まるクラブユース四国予選を占う大事な試合です。
 愛媛FCの初戦会場は、昭和40年代後半、高校サッカー選手権で全国準優勝した壬生川工業(現 東予高校)グランドで帝人SSと対戦します。(2006.03.16 23:12:13)

Re:Jyユースも試合です。(03/15)    ultraleftyさん 
愛媛FCJyユースの父親さん
> 今週末の土日は、西条市(旧東予市)でJyユースの四国新人大会が行なわれます。6月から始まるクラブユース四国予選を占う大事な試合です。
> 愛媛FCの初戦会場は、昭和40年代後半、高校サッカー選手権で全国準優勝した壬生川工業(現 東予高校)グランドで帝人SSと対戦します。

いきなり強豪との対戦ですね。今年は、Jヴィレッジで愛媛FCJYを見たいと思います。がんばってください。
(2006.03.17 13:15:40)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月14日 (火)

U-16日本代表候補トレーニングキャンプ(3/21〜26)メンバー

金井が初選出。26日は何もないし、磐田に行くか。

===================================================

【スタッフ】
 監督:城福 浩
 コーチ:小倉 勉
 GKコーチ:川俣 則幸

【選 手】
GK
 廣永 遼太郎 1990.01.09 183cm 75kg FC東京U-18
 大畑 拓也  1990.05.28 177cm 67kg 伊勢市立港中学校
 浜川 成章  1990.07.12 182cm 75kg 都城市立五十市中学校

DF
 金井 貢史  1990.02.05 173cm 61kg 横浜ユース
 高橋 峻希  1990.05.04 164cm 54kg 浦和ジュニアユース
 山崎 正登  1990.05.12 166cm 51kg 柏ユースU-15
 宮本 将   1990.05.14 182cm 63kg サンフレッチェみろくの里F.C
 嘉 涼平   1990.05.26 168cm 55kg 01ディアマント・F・C鹿児島
 岡本 知剛  1990.06.29 174cm 63kg サンフレッチェびんごJYFC 
 松井 優人  1990.07.28 173cm 65kg ACNジュビロ沼津
 横山 文也  1990.08.23 182cm 73kg ヴィラル木花SCJY

MF
 柿谷 曜一朗 1990.01.03 172cm 58kg セレッソ大阪
 八反田 康平 1990.01.08 168cm 50kg 鹿児島中央高校
 齋藤 学   1990.04.04 158cm 46kg 横浜ジュニアユース
 田中 裕人  1990.04.26 170cm 60kg ガンバ大阪ジュニアユース
 松元 廉   1990.04.26 167cm 60kg 鹿児島市立桜島中学校
 川村 武蔵  1990.05.15 161cm 49kg 鹿児島市立桜島中学校
 山田 直輝  1990.07.04 159cm 49kg 浦和ジュニアユース
 丸橋 祐介  1990.09.02 174cm 60kg セレッソ大阪U-15
 山浦 公裕  1990.10.29 170cm 58kg FCトリプレッタJrユース

FW
 長谷部 彩翔 1990.02.06 167cm 56kg 新潟ユース
 大塚 翔平  1990.04.11 176cm 63kg ガンバ大阪ジュニアユース
 端戸 仁   1990.05.31 173cm 58kg 横浜ジュニアユース
 藤松 明宏  1990.09.28 172cm 56kg 神戸ジュニアユース
 指宿 洋史  1991.02.27 181cm 66kg 柏ユースU-15

〔スケジュール〕
3月24日(金)14:00 練習試合 対 清水エスパルスユース
3月25日(土)15:00 練習試合 対 清水東高校
3月26日(日)10:00 練習試合 対 ジュビロ磐田ユース(ヤマハスタジアム)

※スケジュールは、あくまでも予定です。チームの都合・天候等により変更となる場合もあります。

〔今後の予定〕
4/8(土)〜4/19(水)  モンテギュー国際大会(フランス)
4/26(水)〜5/11(木) U−17国際大会(イラン)
5/29(日)〜6/4(日)  トレーニングキャンプ(国内)
6/28(水)〜7/2(日)  トレーニングキャンプ(国内)
7/14(金)〜7/20(木) トレーニングキャンプ(国内)
8/7(月)〜8/13(日)  豊田国際ユースサッカー大会(愛知県豊田市)
8/15(火)〜8/20(日) 北海道国際ユースサッカー大会(札幌市)
8/24(木)〜8/28(月) トレーニングキャンプ(国内)
8/29(火)〜9/18(月) AFC U−17選手権2006(シンガポール)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月13日 (月)

土日の結果/市長杯、プーマカップ、世田谷FCカップ、マリンカップさいき

土曜の試合を何度も何度もリピートする、そんな土日の結果

■横浜市長杯

 3/11(土) 新子安U11 1-0 あざみ野FC

5年生最後の大会を優勝を締めくくった。おめでとう。

■プーマカップ2006・U-18春季選抜サッカー大会

  3/11(土)
   横浜ユース 5-0 国見  (得点:木村×2、森谷、陽介、水沼)
   横浜ユース 6-1 読売ユース (得点:陽介×4、大久保×2)

  3/12(日)
   横浜ユース 2-1 前橋育英 (得点:陽介、金井)

初日、国見、読売ユースに勝ち、Aグループ1位。Bグループ1位の広島ユースとは、広島遠征で対戦があるとの事で急遽、前橋育英との対戦となった。初日を見た某氏によると、なかなか素晴らしい仕上がりの模様。大垣が楽しみだ。

■世田谷FCカップ

 3/11(土)
  新子安U13 6-0 世田谷FC (得点:剱持×2、菅原×2、荒川、松本)
  新子安U13 2-1 町田JFC (得点:荒川、剱持)

 3/12(日)
  新子安U13 3-1 清水FC (得点:松本、菅原、岩浪)
  新子安U13 0-3 FC東京むさし

3勝1敗ながら、得失点差1上回り優勝。FC東京むさし戦では課題がたくさんでた。気分を新たに、新しいシーズンをがんばろう。

■マリンカップさいき2006

 3/11(土)
  愛媛FCユース 4-2 熊本学園
  愛媛FCユース 3-1 大分高校

 3/12(日)
  愛媛FCユース 0-6 東福岡高校

Bパート1位ながら、決勝は惨敗。どうも、新チームは守備に問題がありそう。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

マリンカップさいき2006の結果    OSHIMAさん 
http://saiki.ofa.or.jp/

に出てました。(2006.03.14 23:49:15)

Re:マリンカップさいき2006の結果(03/13)    ultraleftyさん 
OSHIMAさん
http://saiki.ofa.or.jp/

>に出てました。

あっ、そんなところに。
ありがとうございます。(2006.03.15 01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月12日 (日)

世田谷FCカップ 新子安vs清水FC、FC東京むさし 〜Mr.ピッチがんばれ!

今日は高崎まで横浜ユースvs広島ユースを見に行く予定だったが、広島とは広島遠征でやるからとか何とかいう理由で、急遽前橋育英との対戦になったらしく、時間も11:00からに変更と、何だかスケジュールが怪しかったのでパス。ユースは来週たっぷり見れるからいいや。

てな訳で、職場から目と鼻の先の三宿中に世田谷FCカップを見に出かけた。この大会はU-13の大会で新子安が出場。他には、世田谷FC、町田JFC、FC東京むさし、清水FCと中々の強豪ぞろい。新子安は昨日、世田谷FCに6-0、町田JFCに2-1で勝利。今日は2日目。

■新子安 3-1 清水FC

三宿中は土グランド。今日は風がやたらと強く、すさまじい砂埃。試合を見るどころではなかった。おまけに、まわりの中坊お坊ちゃんたちが、かしましく、そっちの方が気になって(不快だったのではなく、おもしろかった:)全く集中できなかった。おかげで試合はほとんど記憶にない(笑) 唯一覚えているのは、岩浪君の気持ちのいいゴールくらいか。


<前半:攻撃陣は頻繁にポジションチェンジし、基本がよくわからない>

_____吉田眞紀人(19)__菅原慶人(8)______

__________盛丈倫(14)__________

平石直人(11)______________松本翔(15)

__________高溝竜稀(10)_________

関森悠斗(9)_小林広樹(6)_品田大輔(7)_横山恭嗣郎(18)

__________椎橋拓也(1)__________

<後半>

_____吉田眞紀人(19)__荒川卓人(2)______

__________平石直人(11)__________

岩浪晃大(3)_______________星雄次(13)

__________渡辺大斗(20)_________

関森悠斗(9)_品田大輔(7)_横山恭嗣郎(18)_伏木祐太(12)

__________椎橋拓也(1)__________

得点:
 前半4分 松本
 前半11分 (清水)
 前半17分 菅原
 後半23分 岩浪

交代:
 後半0分 小林、高溝、盛、松本、菅原
        →伏木祐太(12)、渡辺大斗(20)、岩浪晃大(3)、星雄次(13)、荒川卓人(2)
 後半15分 吉田→劔持和義(5)


■新子安 0-3 FC東京むさし

清水FC戦は11:00キックオフ。FC東京むさし戦は16:00キックオフ。時間がたっぷりあったので、三軒茶屋まで戻り、焼肉+お茶で時間をつぶす。

再び三宿中に戻ると、FC東京むさしが世田谷FCに0-1で負けたとの結果。という事は新子安は4点差以上で負けなければ優勝。

FC東京むさしを見るのは初めてだけど、体の大きな選手が結構多い。いや、新子安が小柄なのか?でも間違いなくでかい!と思わせるのは、加部未蘭(ミラン)君。中1で178cmは反則だろう。今日はFWだったが、代表ではDFらしい。

むさしは、寄せが早く、体格差もあって新子安は全く仕事をさせてもらえない。簡単にパスを出せばいいところをドリブルで上がり、相手に囲まれボールを失うというパターンが多かった。リズムをつかめないまま試合は進み、先制はミラン君。椎橋君の股下を通すこしゃくなゴール。

後半7分にもミラン君にゴールを決められ、0-2。新子安もノーチャンスというわけではないが、GKの好守もあり、ついにゴールを割ることができず、ロスタイムにはロングシュートを決められ0-3で負け。しかし、得失点差で1上回り優勝を決めた。


_____劔持和義(5)____吉田眞紀人(19)____

松本翔(15)_______________菅原慶人(8)

_______高溝竜稀(10)__星雄次(13)______

岩浪晃大(3)_小林広樹(6)_横山恭嗣郎(18)_伏木祐太(12)

__________椎橋拓也(1)__________

得点:
 前半24分 (むさし)
 後半7分 (むさし)
 前半24分 (むさし)

交代:
 後半12分 岩浪→関森悠斗(9)、高溝→平石直人(11)、伏木→品田大輔(7)
 後半20分 剱持→荒川卓人(2)
 後半24分 星雄→渡辺(20)、吉田→盛丈倫(17)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月11日 (土)

J1 第2節 帝国vs横浜 〜早すぎる完勝

開幕2戦目にして、アウェイの帝国戦。こんなに早く対戦するのは勿体ないが、強豪相手に今年のチームの実力を試すにはいい相手だ。正直、横浜FCや京都に大量得点で勝っても、なかなか正確な力はわかりづらい。

今回は屋根下バスツアーでの遠征。サロンカーになる後部シートに座ったので、足元広々。これで何と2500円。実に快適だった。#企画された皆さん、ありがとうございました。また機会があればよろしくです。

8時過ぎに出発し、途中酒々井で休憩を挟み、帝国には10時30分前に到着。開場まで時間はたっぷりあったので、スーパーに買出しに出かけたり(ペットボトル95円!)、直販所でねぎ(ドロ付き4本100円!)やキャベツ(一玉70円!)を買ったり、甘酒をご馳走になったり、道路わきの屋台で串焼きを買ったりとスタジアム外を堪能。スタンド外の人は本当にフレンドリーで素朴で、いい人ばかりだ。

対面の帝国合唱団のいつもながらの長い国歌斉唱に、大量のビックフラッグ。もちろん、いつもの建国の父のやつも。アウェイという威圧感はまったくないけれど、不愉快極まりないことには変わりない。余計だけど、横浜側から見て右上に張ってあったどくろ、微妙に毛が生えてるのは何?落武者?

横浜は前節と同じスタメン。那須がベンチ入りすらしていない。がんばれ、那須!対する帝国は、GK小澤。この起用が勝負を分けた。帝国の新監督は、小澤がかつて横浜に所属したことがあり、親浜家であることをご存知ないようだ。そして、青木、増田のダブルボランチ。新監督は青木のすごさを知らないらしい。

試合は、いつものように帝国女優が転倒演技で審判の判定基準を測定するところから入った。今日の主審はジョージ柏原。何度か帝国女優が演技を試みるが、ジョージはどうも帝国の演技に対して厳しいようだ。以後、岩政の見苦しいいつもの担架演技があったものの、ジョージ基準のおかげでさほど見苦しいシーンはなかった。ジョージGJ。

ズルさのない帝国は大して怖くない。選手個々の力では横浜が帝国を圧倒。組織的な動きでも、ブラジリアン・トライアングルを中心とした攻撃、中澤、栗原、松田の守備が完璧に機能し、さして帝国に大きなチャンスを作らせなかった。

親浜家の小澤の活躍もあり、横浜は0-3で帝国を一蹴。帝国軍人は信者集団から猛烈なブーイング。開幕でブーイングされるとは、何ともお気の毒だ。また、それが気持ちいい。このスタジアムで勝つのは最高だ。

試合後は、”ヤツラ”が来る前にとっとと撤収。渋滞に巻き込まれ、中々出国できなかったけど、勝利の後の渋滞は気にならない。祝杯をあげた後の処理が大変な事を除けば(笑) 出国してからは実にスムーズに帰国の途に。車中、ドゥトラとマグロン(今日の得点者!)が出るという「アド街っく天国」横浜鶴見編を見る。どんどんと順位が進むが、一向に二人は出てこない。11位まで発表が終わったところで横浜到着。くそ、見逃した。と思っていたら、1秒にも満たない放映だったようで、車中でも放映された模様 orz

いや、それにしてもいい遠征だった。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

順調ですねェ・・・。    アイシテルさん 
横浜は本当に順調ですねェ。
ウチの今年の目標はどうやらJ1残留のようです。
羅針の針の先はどこに向いているのやらOTZ(2006.03.12 23:10:28)

Re:順調ですねェ・・・。(03/11)    ultraleftyさん 
アイシテルさん
>横浜は本当に順調ですねェ。

去年の鹿島の例もありますし、まだまだ始まったばかり。
コンビネーションに磨きをかけて、最高の状態で磐田とはやりたいと思います。
何と言ってもうちは、去年2連敗を喫した上に、カレンの新人王獲得に貢献しちゃいましたからね。

>ウチの今年の目標はどうやらJ1残留のようです。
>羅針の針の先はどこに向いているのやらOTZ

底力はあると思いますので、後は山本さんがいつテストに満足するかですね(笑)
(2006.03.13 15:42:31)

Re:J1 第2節 帝国vs横浜 〜早すぎる完勝(03/11)    ありいんさん 
出張御疲れ様。

>ペットボトル95円、、直販所でねぎ(ドロ付き4本100円!)やキャベツ(一玉70円!)を買ったり・・

そういう楽しみもあるんですね。うらやましい。

私はテレビで途中からみました。
 なんか、これでいいのか?ほんとうか?というような夢のような勝ち方でしたね。
 ちょこっとですが、平野もでましたし・・・、いちおう満足してます・・(~~)v。
(2006.03.13 18:13:07)

Re[1]:J1 第2節 帝国vs横浜 〜早すぎる完勝(03/11)    ultraleftyさん 
ありいんさん
>そういう楽しみもあるんですね。うらやましい。

万が一の保険です(笑)
というか、遠征はスタジアム外でどんだけ楽しめるかも重要ですね。

> なんか、これでいいのか?ほんとうか?というような夢のような勝ち方でしたね。

確かに。特にマグロンのFKなんて、目の前でしたので、笑っちゃいました。

> ちょこっとですが、平野もでましたし・・・、いちおう満足してます・・(~~)v。

右は吉田→ハユマで交代の定石ができましたので、
今度はドゥトラ→平野っていうのが威力を発揮してほしいですね。
個人的には上野→那須もオプションになってくれればいいなと思っているのですけど…(2006.03.13 19:09:55)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月10日 (金)

J2の将来像

JFAのHPに平成17年度第10回理事会の資料がアップされている。なかなか面白い資料が満載。特に、協議会資料の「J2リーグの将来像」は興味深い。要点をかいつまむと・・・ああ、帝国戦に備え寝なきゃ。時間がない。自分で読んでください(笑)

気になる点だけ

 ・全国で30以上のクラブがJリーグ加入を具体的に計画中。
  把握できてない動きも含めると40〜50のクラブがJリーグ加入を目指して活動している。

 ・J2は将来22クラブ以上になることが理想である。まずは2010年に18クラブ以上が目標。
  その過程で3回戦リーグ方式をとるべき時期(15〜18クラブ)がある。

 ・Jリーグ準加盟チームの創設

 ・J2入会基準を明確化
   Jリーグ準加盟チーム。
   入会前年の平均観客動員が3000以上
   年間事業収入が、入会前年:1.5億、入会後ただちに3億以上、速やかに5億円以上。
   個席5000席以上。
   メインスタンド中央部に屋根つき、来賓席:50席以上、屋根つき記者席:80席以上
   メインスタンド中央部に屋根つき、肘掛け、カップホルダー付き個席100席以上
   など、など。

 ・J2とJFLの入れ替え戦は、当分の間導入しない。

愛媛も昇格したことで安心しないで、よりよい環境になるよう、常に改善していかないといけないな。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 9日 (木)

Jリーグナイト!のススメ 〜地元にJがあるということ

スカパでJリーグナイト!が再開。第一回目の今日は、J1,J2の全試合ダイジェストの後、愛媛FCの小特集が。内容は、

 ・松山の紹介(道後温泉、漱石、子規・・・)
 ・羽田、金守、濱岡、友近のインタビュー
 ・ボラスタの紹介
 ・シャトルバス乗り場で観客インタビュー
 ・開幕日のスタジアムの様子
 ・得点シーン
 ・試合後、監督、選手とサポの喜ぶ様子
 ・試合後、友近、監督インタビュー

てな感じ。

ハイライトは何と言っても、ボラスタのお母さん。事務所のダンボールから袋に入ったまっさらのボールを取り出し、ボールのJリーグマークをカメラに向け、

  見てよ、これ! わぁ、何もかも感動しちゃうねぇ。 Jリーグだよ。 

  すごーい。うれしーい。

  これのために、今までホントに、何年も苦労してきたのよね、みんな ねぇ。

  うわぁ、 うれしーい。

本当にうれしそうな、素晴らしい笑顔。地元にクラブのある幸せを感じられるシーン。愛媛FCサポのみならず、他チームサポにもぜひ見てもらいたい。

再放送は、

 木曜 24:00 Ch181
 金曜 8:00  Ch.186
 金曜 13:00 Ch.186
 土曜 18:30 Ch.185

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 8日 (水)

ACL 第1戦 読売vs蔚山現代 〜俺たちのサンチョル

昨日の日記に書いたように、今日は国立でACL第1戦 読売vs蔚山現代を観戦。

と、その前に、


    やーい、やーい、モウリーニョ。

    参ったか、ばーか、ばーか。

    お前の母ちゃん、でべそ。

    やーい、やーい。


ああ、すっきり(笑)

さて。

国立のホームゴール裏が改装中ということもあり、今日はホーム−アウェイが逆だった。おかげで3/4周しちまったじゃないか。ゴール裏に行くと、すでにRさんがサンチョルへのメッセージダンマクを張り終わり、ウルサンサポの真裏にでんと構えていたので、ご一緒させてもらう。ダンマクはウルサンのサポが韓国に持ち帰ってくれるそうだ。気持ちが伝わるといいね。

ついでひげさん合流。その後も続々と横浜のゴール裏でいつもお見かけする顔、顔。ふっと見上げるとそこはマリサポばかり。20人以上はいたんじゃないかな。黄色い人はお見かけしなかったなぁ。盧廷潤が在籍している関係で、桜さんはちらほら。

ほとんどのメンバーが入れ変わった読売は、半分ぐらいしか知った顔がない。J2開幕で大活躍し、読売サポが代表入りの夢を語る大橋はサブ。

前半は読売がスピードとテクニックで、ウルサンを押し込む場面が多く見られた。特に、前線のバジーリオ、齋藤、アナイウソンらは実によく走る。が、フィニッシュへいたるアイデアが今一。押し込まれてはいたが、ウルサンにとっては怖い場面は大してなかった。かといって、ウルサンがよかったわけではもちろんなく、2003年に横浜が対戦した城南に比べると、かなり弱っちいんじゃね?というのが正直な感想。

後半になって、前半の飛ばしすぎからか読売がボールを支配できる時間が減ってくる。その辺はやっぱりフィジカルとスタミナの韓国チームだなぁ。DFのミスをつき、57分にチェ サンク、71分にマチャドが点を決め、0-2。

勝負の行方がほぼ喫したので、ウルサンゴール裏”上”(笑)の関心は、彼らが大橋がいつ投入されるかという1点のみ。しかし、ラモスは最後の一枠に永井社長を指名する。嗚呼、つまんねぇぞ、ラモス!でもまぁ、フィジカルとスタミナで勝るチームに大橋がいかに危険かはマリサポが一番よく知っている。仕方ねえか。

試合後、選手挨拶のドサクサにまぎれてひげさん作ダンマクを広げる。そして、某氏の発声で、サンチョルコール。ウルサンサポから「ありがとう」の言葉。ひげさんではないが、”いやいやサンチョルは俺たちのサンチョルだから”

同時刻に韓国で行われていた全北現代vsガンバは、3-2でガンバの逆転負け。ガンバサポには悪いが、ガンバが勝たなくてよかったというのが正直な気持ち。同じ日本人としてとか、Jリーグの代表なんだからとかいう気持ちは多少はあるけど、横浜が2回失敗した予選リーグ突破をそう易々とクリアされては困るという気持ちの方が強い。今は反発するかもしれないけど、来年にはきっとこの気持ちが判ると思うよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 7日 (火)

明日、国立で

2003/7/12(土) 中断後初のホームゲーム。対戦相手は京都。あまりいい思い出のないチーム。案の定、前半20分に鈴木和裕に先制される。横浜は前半34分、この年のJリーグ新人賞を受賞することになる那須のプロ初ゴールで同点に追いつく。蒸し暑い日だった。じわじわと暑さが選手から体力を奪う。このまま引き分けかと思った85分。その男の復帰後初ゴールで逆転に成功する。この勝利をきっかけに横浜は波に乗り、2003年1stの覇者となる。

2003/9/20(日) 雨の横浜国際。対戦相手は清水。開始3分に久保のゴールで先制。その後しばらくゲームは動かない。60分、翌年横浜に移籍し2連覇の立役者となる安のゴールで清水が追いつく。嫌な流れになりかけたところ、63分、その男のヘッドで再び横浜がリードする。ピッチを舞う鳥の群れに導かれるかのように横浜は得点を重ね、5-1で清水に圧勝する。

2003/10/26(日) 国立でのホームゲーム。対戦相手はセレッソ。前半23分、ユキヒコが2枚目のイエローで退場。その4分後、大久保にループシュートを決められる。マルキーニョスがすぐさま同点にするも、前半終了間際に達也がこぼした球を徳重に押し込まれる。前半終わって1-2。夢の完全優勝を目指す横浜は最後まで諦める事無く戦う。数的不利の中、必死で走る選手達。84分、その男が那須のクロスを頭でそらし、ついに同点。男は一目散にゴール裏に駆け寄る。このゲームは、サポーターが選ぶベストゲーム12にも選ばれた。

その男、ユ・サンチョルが、引退を発表したという。サンチョルの事を思い出すと、いつも浮かんでくるのは、これらの苦境を跳ね返す強さだ。横浜のユニフォームに輝く三つの星の二つ(と幻の1つ)の獲得に多大なる貢献をしてくれたサンチョル。もう、プレイする姿は見れないかもしれないし、そもそも日本にすらいないと思うけど、2004年にきちんとお礼を言えなかった分、明日はサッカー選手としてスタートをきり、ゴールを迎えるチームを応援したいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 6日 (月)

土日の結果/横浜市長杯、三浦半島選手権

日曜日の後遺症で体の節々が痛む、土日の結果。あれ、足達さん・・・

■横浜市長杯

 3/5(日) 新子安U11 1-0 原FC

原FCにセリエ風に勝ち、決勝進出決定。
決勝は3/11(土) 11:00より長浜公園で。対戦相手はあざみ野FC。

■三浦半島選手権

 4年生の部
  1/29(日) 追浜U10 8-1 三浦旭
  1/29(日) 追浜U10 11-1 逗子リトル
  2/05(日) 追浜U10 5-0 ALL Z
  2/12(日) 追浜U10 6-0 佐野ベアーズ
  2/19(日) 追浜U10 3-1 城北ファイターズ

 6年生の部
  2/04(日) 追浜U12 6-1 逗子リトル
  2/04(日) 追浜U12 6-0 岬陽SC
  2/12(日) 追浜U12 4-1 TADO
  2/12(日) 追浜U12 2-0 横須賀シーガルズFC
  2/19(日) 追浜U12 1-0 大津FC

ようやく結果が全部わかったので既出分も含め再度。
アベック優勝(最近は何ていうんだ?:)おめでとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 5日 (日)

J1 第1節 横浜vs京都 〜ぼかぁ、幸せだなぁ。

ホテルの部屋に届けられた愛媛新聞朝刊。1面はもちろん愛媛FCの勝利を伝える。それ以外にも社会面、スポーツ面と、トータル4Pもの大露出。サポの写真も大きく載っていて、筆者も小さく写ってました(笑)

愛媛FCの初勝利のうれしさを噛み締めながら、9:40発のANAで松山を後に。羽田空港からは新横浜行きのリムジンバス。バスからは、みなとみらいの新トレセンが見える。そして、三ツ沢の脇を通り、日産スタジアムをかすめ(てか、ここで降ろしてくれ!)、新横浜駅に到着。横浜ゆかりの地を通るこのバス、なかなかいいな。

スタジアムには12:20ぐらいに到着。年チケ優先ゲートより入場。ICカード年チケをかざすだけでいいのは快適。スムーズにチケットチェックが終わるのはいいが、配布物があるから、入場スピードは大して変わらない罠(笑)

今日は屋根下さんのところにこっそり混じる。昨日は大人しく地蔵さんだったので、久々にはねちゃおうかと。試合開始までは3時間。時間ありすぎ。けど何となく過ごせちゃうんだよね、スタジアムって。不思議だ。今日は会う人がみんな、愛媛の勝利のお祝いを言ってくれる。署名の時から色々協力していただいた皆さん、愛媛もJ2で初勝利をあげられるようになりました。本当にありがとうございます。

今日の横浜は、先週のPSMのメンバー+戻ってきた代表組という布陣。あぶれてしまったのは、那須と清水。去年のスタメン級の隼磨、那須、大島らの奮起を期待。

開始3分、マグロンのゴールで先制。30分、37分にはドラゴンの2発(旗が邪魔で見れないぃ〜〜〜:)。後半80分にはマルケスが追加点。マルケスの得点後、1点を返された(またオ〜〜レの直後じゃん!)ものの4-1で開幕戦快勝。幸先のいい結果。FWが点を取れるっていいな(笑) 今年の攻撃陣はステキだ。

一方、松田−勇蔵−中澤というDFラインの並びはまだまだ不安。今日も、裏に走りこまれ危ないシーンが何度もあった。中盤での守備とも絡んでくるんだろけど、ここは改善していかないといけないところかな。

ともあれ、昨日の愛媛初勝利+横浜快勝で、今週末は実に幸せだった。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Re:J1 第1節 横浜vs京都 〜ぼかぁ、幸せだなぁ。(03/05)    ありいんさん 
 お久しぶりです。今年は特に大ちゃんプラス、平野加入のマリノスを特に応援しようと思っています。
 日産スタジアムはまだいったことないので、今年はぜひ行ってみたいと思ってます。
また、マリノスやスタジアムの情報など教えてくださいね。
 平野はいろいろうわさは聞いているかと思いますが、プレーは器用なほうではありませんが、昔はダイナミックで、今はよく走るベテランというかんじで・・・、マリノスにも貢献できる選手かと思います。
よろしくお願いします。(2006.03.06 21:40:53)

Re[1]:J1 第1節 横浜vs京都 〜ぼかぁ、幸せだなぁ。(03/05)    ultraleftyさん 
ありいんさん
> お久しぶりです。

ご無沙汰してます。

> 日産スタジアムはまだいったことないので、今年はぜひ行ってみたいと思ってます。

ぜひぜひ。緑の芝とトリコロールって本当にきれいですよ。これから暖かくなるし、観戦にはいい季節になりますね。

> 平野はいろいろうわさは聞いているかと思いますが、

PSMの横浜FC戦の走りに感動しました。横浜の選手として全力で頑張ってくれるなら過去なんか関係ないです。競争の激しいポジションですが、ドゥトラとお互い刺激しあってチームに貢献して欲しいです。(2006.03.06 22:09:17)

Re[2]:J1 第1節 横浜vs京都 〜ぼかぁ、幸せだなぁ。(03/05)    ありいんさん 
ultraleftyさんへ
>PSMの横浜FC戦の走りに感動しました。横浜の選手として全力で頑張ってくれるなら過去なんか関係ないです。競争の激しいポジションですが、ドゥトラとお互い刺激しあってチームに貢献して欲しいです。

 そう、おっしゃって下さるとうれしいです。
マリノスでのポジション争いは厳しいけれど、長丁場、やってくれる時があると思います。
  (2006.03.10 15:52:45)

Re[3]:J1 第1節 横浜vs京都 〜ぼかぁ、幸せだなぁ。(03/05)    ultraleftyさん 
ありいんさん
>マリノスでのポジション争いは厳しいけれど、長丁場、やってくれる時があると思います。

そうですね。シーズンの終わりに平野のアレがあったから優勝できた、
ってのが一つでもあればいいですね。(2006.03.11 23:41:37)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 4日 (土)

J2 第1節 愛媛FCvs横浜FC 〜ああ、Jだなぁ

羽田空港では、松山行きの搭乗口周辺に水色の人たちが結集。 ああ、Jだなぁ。

愛媛新聞は、1面&最終面がオレンジ一色。 ああ、Jだなぁ。

スタジアムに向かういよてつバスのニューステロップには、愛媛FC開幕戦のニュースが流れる(何故か愛FCとなってたけど)。 ああ、Jだなぁ。

開場2時間以上前なのに、すでに開場待ちの列。 ああ、Jだなぁ。

メイン列には、日本代表ユニ、ネームKAZUの3人衆。 ああ、Jだなぁ。

バックスタンドに向かう親子。お父さんは歩くのが面倒なので、横浜FC側に行こうという。子供は、愛媛FC側に行く!母親も、愛媛応援するんよね、と援護射撃。 ああ、Jだなぁ。

球技場で、サブ練習を見つつ、Jリーグガイドを読んでいる少年。 ああ、Jだなぁ。

メインスタンドはシートじゃなくて、独立座席だ。 ああ、Jだなぁ。

続々とスタジアムに来るお客さん。ただし、オレンジ率はまだまだ。今までサッカーなんてTVでしか見たことのないような人が多く来てるようだ。 ああ、Jだなぁ。

電光掲示板(というには少々・・・)がある! ああ、Jだなぁ。

スタメン発表、カズには愛媛側からも拍手が。 ああ、Jだなぁ。

キックオフ。愛媛FCのJの歴史はズーパーのキックオフで開始された。ズーパーの着ている11番のユニの左袖にはおなじみのマーク。 ああ、Jだなぁ。

満員のお客さんに後押しされ、いつも以上に休むことなく走り続ける選手達。 ああ、Jだなぁ。

右サイドで大胆なオーバーラップを見せる森脇&菅沼のクオリティ。 ああ、Jだなぁ。

終了2分前。後半23分に投入された猿田がドリブルで相手DF陣を切り裂く。頼む、猿、決めてくれ!思わず叫ぶ。相手DFをかわし、シュート。GKの脇を抜けたボールはネットを揺らす。今日という日に決まった1点の重み。 ああ、Jだなぁ。

試合後、ゴール裏と喜びを分かち合う選手。監督。猿田。 ここは、JFL時代と一緒だ。

ちょっとスタジアムで時間をつぶして、スタジアム外に。松山市駅行きのバスがちゃんとスタンバイ。何分も待たなくてすんだ。 ああ、Jだなぁ。

祝勝会の居酒屋で、隣り合ったのはサッカー関係者らしい。発言の端々には色々なチーム名が。 ああ、Jだなぁ。

ローカルニュースでは、トップで今日の試合結果が。もちろんダイジェスト映像も。 ああ、Jだなぁ。


そうだ、Jなんだ。愛媛にもようやくJが出来たんだね。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Re:J2 第1節 愛媛FCvs横浜FC 〜ああ、Jだなぁ(03/04)    h_heitaさん 
今日のところは祝愛媛勝利!

ウチは日テレの思惑にやられちゃいました...
試合後、国立の電光掲示板に他会場の結果が出て、
「げ、ミカン勝ってる」
「温泉コンビ強っ」
ウチのサポ的には敗戦に追い討ちをかける衝撃でしたよ(+_+)(2006.03.04 23:56:37)

Re[1]:J2 第1節 愛媛FCvs横浜FC 〜ああ、Jだなぁ(03/04)    ultraleftyさん 
h_heitaさん
>ウチのサポ的には敗戦に追い討ちをかける衝撃でしたよ(+_+)

いや、いや、渦様の去年の衝撃的なデビューにはかないませんよ( ̄ー+ ̄|☆キラッ(2006.03.05 00:05:42)

Re:J2 第1節 愛媛FCvs横浜FC 〜ああ、Jだなぁ(03/04)    h_heitaさん 
連チャンですみません。
マリノスからヴェルディに移籍の大橋。
ちょっとJ2では反則もののFKの精度だったんですが。
FKだけで1ゴール2アシストって...
ゴール決めたやつは敵ながらアッパレ。
なんでマリノスは引き留めてくれなかったんだーー、ってちょっと怒ってみたり。(2006.03.05 00:42:47)

かなりの酔っ払い状態っす(^^;)    アイシテルさん 
Y君の家で何人か集まって観てました。
実家の近所の会社が看板スポンサーになってるのを確認したり、初々しく未成熟なスタジアムの雰囲気を感じとってなんとなくうれしくなったり、トミーがJの舞台で悔しがったりするのをみたり、去年あれだけゴールを決められなかったサルがJの舞台でゴールを決めてくれたり、陸上競技場の音響設備がグレードアップしているのを喜んでみたり。
 本当に「幸せ」を感じ続けた一日でした。

おまけ

だから大橋を出しちゃダメじゃないすかぁ!!!
ああいつも思う。本当にいい選手だ!!って。(2006.03.05 01:15:45)

Re[1]:J2 第1節 愛媛FCvs横浜FC 〜ああ、Jだなぁ(03/04)    ultraleftyさん 
h_heitaさん
>マリノスからヴェルディに移籍の大橋。

活躍しているようで何よりです。横浜時代はセンスの良さは感じましたけど、
チームの目指す/求める方向とはちょっとずれがあったように思います。
ラモスの刺激で一回り大きくなってくれれば、まぁ、うれしいのですが。
(2006.03.06 13:04:57)

Re:かなりの酔っ払い状態っす(^^;)(03/04)    ultraleftyさん 
アイシテルさん
>Y君の家で何人か集まって観てました。

それは近所迷惑だったことでしょう(笑)

>だから大橋を出しちゃダメじゃないすかぁ!!!
>ああいつも思う。本当にいい選手だ!!って。

大橋には期待してたんですよ、もちろん。でも、奴は生まれながらの放浪癖の持ち主なので(笑)
マリノスユースから、フリエユースに移籍して、合併でマリノスユースに戻り、
トップに上がってからも、水戸やら新潟やらにレンタルされ。
ようやくマリノスでトップに定着したかなと思えば、読売に。
まぁ、短いサッカー人生、自由に色々やればいいかと。(2006.03.06 13:09:29)

おめでとうございます    サンフレたくやさん 
愛媛FCの開幕戦で初勝利は嬉しかったです。
これからも厳しい戦いになると思いますが、精一杯やって欲しいですね。
次は神戸か・・・。(2006.03.08 23:04:08)

Re:おめでとうございます(03/04)    ultraleftyさん 
サンフレたくやさん
>愛媛FCの開幕戦で初勝利は嬉しかったです。

ありがとうございます。森脇よかったですよ。高萩も。
広島さんには感謝感謝です。

>これからも厳しい戦いになると思いますが、精一杯やって欲しいですね。
>次は神戸か・・・。

負けると監督の首が飛ぶようなので、どのチームも本気でやってくれそうです(笑)
今年は、どんな事も楽しめばいいかと思ってます。いつか、愛媛の試合会場でお会いしましょう。(2006.03.08 23:41:21)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 3日 (金)

U-17日本代表メンバー(2006サニックス杯国際ユースサッカー大会およびNIKKEI杯第11回沖縄県高校招待サッカー大会)

田代追加招集で舞い上がってますが(笑)、U17にも水沼、谷島が選出。サニックスに沖縄招待かぁ・・・ 行きたいけど、平日じゃ無理だ。残念。二人ともがんばれ!

======================================================

【スタッフ】
監督:森保 一
アシスタントコーチ:大嶽 直人
GKコーチ:渡邉 英豊
GKコーチ:加藤 好男
 
【選 手】
GK
 1 大谷 幸輝 1989.04.08 182cm 71kg 浦和ユース
18 木下 正貴 1989.06.22 185cm 78kg ガンバユース

DF
 2 渡部 大輔 1989.04.19 167cm 63kg 大宮ユース
 3 鈴木 惇  1989.04.22 168cm 67kg 福岡U-18
12 山中 真  1989.04.28 170cm 59kg 柏U-18
 4 吉田 啓祐 1989.05.07 182cm 70kg ヴェルディユース
 5 堀田 秀平 1989.05.12 180cm 71kg 柏U-18
15 横竹  翔 1989.08.30 176cm 73kg 広島ユース
16 三宅  徹 1989.09.21 187cm 72kg 名古屋ユース
 
MF
10 下田 光平 1989.04.08 179cm 68kg 秋田商業高校
 6 中田 健太郎 1989.05.13 166cm 56kg 名古屋ユース
 8 木暮 郁哉 1989.06.28 173cm 54kg 三菱養和ユース
 7 安田 晃大 1989.08.08 164cm 55kg ガンバユース
13 市原 秀篤 1989.10.25 173cm 62kg 千葉ユース
17 花井  聖 1989.11.10 174cm 58kg 名古屋ユース
21 清武 弘嗣 1989.11.12 170cm 55kg 大分U-18
22 乾  達朗 1990.01.30 167cm 55kg 千葉ユース
14 水沼 宏太 1990.02.22 174cm 66kg 横浜ユース
 
FW
 9 谷島 央規 1989.04.15 178cm 65kg 横浜ユース
19 小井土 翔 1989.08.03 173cm 68kg 千葉ユース
11 中野 裕太 1989.08.30 180cm 68kg 広島ユース
20 辻  智人 1990.03.12 170cm 60kg 神戸ユース
 
<スケジュール>
3月22日(水)2006サニックス杯国際ユースサッカー大会
 10:15 vs ACミランユース(グローバルスタジアム)
 16:10 vs 東海大学第五高校(グリーンフィールドB)
 
3月29日(水) NIKKEI杯第11回沖縄県高校招待サッカー大会
  9:00 vs 具志川高校
 12:00 vs 日大藤沢高校


| | コメント (0) | トラックバック (0)

U-19日本代表候補トレーニングキャンプ(3/6〜9 @J-STEP) 不参加選手および代替招集選手

きましたよ!ついに。「横浜の3番」の系譜の継承者が、代表候補に選出ですよ!

==================================================================

3月6日(月)から9日(木)まで、J-STEP(静岡)にて実施される、U-19日本代表候補トレーニングキャンプにおいて、下記の3選手が不参加となり、代わってDF田代真一選手(横浜F・マリノスユース)が招集されました。

◇不参加選手
 DF 柳川 雅樹 ヴィッセル神戸  理由:チーム事情により
 DF 内田 篤人 鹿島アントラーズ 理由:チーム事情により
 FW 岡本 英也 ガンバ大阪    理由:ケガのため

◇代替招集選手
 DF 田代 真一 TASHIRO Masakazu 1988年6月26日生 181cm/66kg 横浜F・マリノスユース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 2日 (木)

新OHPオープン直前

愛知FCの呪いでリリース日に突然、延期になってしまった横浜のPC版新OHP。関係者が愛知FCに侘びを入れたおかげ、かどうかはしらないが、3月3日にようやく再オープンとの発表があった。個人的には、

[トップチームからサッカースクールまでクラブ情報満載]
  公式サイトでしか手に入らない情報が満載。トップ/ユース/ジュニアユース/プライマリー/サッカースクールまで完全網羅しています。

◆ユース・ジュニアユース・プライマリー
 各カテゴリー別のチーム、試合日程、戦績などを紹介

と中々期待を持たせる書き方になっている部分が気になる。横浜のことだから、あまり期待しない方がいいとは思うんだが。何時オープンとは書いてないけど、明日の今頃にはオープンしているはず。その時、どんな感想になることやら。ちょっと楽しみなような、不安のような・・・

いい方向に裏切ってね>MLJ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 1日 (水)

物欲君

もうすぐ啓蟄。虫が巣穴から這い出てくる季節。それに刺激されてと言うわけでもないけど、2006年シーズン開幕を口実に、物欲君もわらわらと。

テープ式のビデオカメラは持っているけど、テープだと頭出しとか再生が面倒。なので、東芝かビクターが出しているHDD型のビデオカメラが欲しい。デジカメも何だか光学以上のズームがぼやけてしまうので、静止画もそれなりのクオリティで取れるのがいいな。

で撮影したのは、パソコンに取り込んで編集。今のパソコンは桜井君が復帰した1日だけのライブの日に買ったので(笑)、結構古い。メモリもあんまりつんでないから、動画編集なんかやると大変な事になる。そこそこメモリ積んでて、軽いノートパソコンが欲しい。ここ2代、PanasonicのLets's Noteを使ってて、お気に入り。次もPanaにしようと思うんだけど、機能面では決め手になるようなものがない。やっぱり、VISTA待ちかな?

撮影した動画や写真は、iPod 5Gに取り込んで、通勤電車の中で見たり、遠征中の暇つぶしにしたり、飲み会でみんなと見たり、と色々楽しめそう。といいつつも、最初は面白がってやるけど、そのうち面倒になってやらなくなることは目に見えている(笑)

それだったら、携帯も古くなっていることだし、docomoのP901iTVに買い換えようか。SDメモリに取り込んでおけば、iPodまでとはいかないかもしれないけど、そこそこ楽しめるだろう。それに、ワンセグついているってのがかなり魅力的。でも、ただ、ネットでは、ケータイとしての操作レスポンスが悪いかも?って話もきくので、こっちもちょっと様子見かな。

ん〜〜ん、悩ましい。が、もちろん、全部は無理だ。ん〜〜ん、悩ましい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »