« J1 第5節 前座試合 横浜U-13vs浦和U-13 | トップページ | 穿った見かた »

2006年3月26日 (日)

TRM U-16日本代表vs磐田ユース 〜もっとも楽しい代表

金井がU-16に初招集されたので、磐田ユースとの練習試合を見に久々にジュビスタへ。いつもはゴール裏の立ち見席だけど、今回は初めてメインから観戦。いや〜、見やすくていいな、このスタジアム。観客も100人以上はいたと思う。多くは磐田ユースの父兄のようだったけど。

今回の一番のお目当てはもちろん、横浜から召集されている端戸、学、金井の3人。2番目は柿谷。以前、唯一見た城福ジャパンの試合(市原スポレクでの市原ユース戦)には出場しなかったので、初めて見る。ユースを飛び越え一気にトップチーム入りした実力がどの程度のものか非常に楽しみだった。

まずは、2番目のお楽しみから(笑) 結論から言うと、柿谷は素晴らしいの一言。少ないタッチで繋ぐスタイルの城福ジャパンにあって、効果的なパスの散らしとドリブルからのチャンスメイク。柿谷を起点として、両サイドの八反田、山浦、2トップの大塚、長谷部が効果的な攻撃を見せる。

華やかな柿谷の影には隠れているが、1ボランチの山田も素晴らしい。視野の広さで意表をついたロングパスを見せる。1点目はその山田から山浦へのロングパスが大塚に渡り、相手DFをうまく交わしてのゴール。2点目はCKを宮本がドンピシャヘッド。この辺までは、U-16が磐田ユースを圧倒していた。

しかし、城福ジャパンのような早くダイレクトなパス交換するチームは、一度リズムを崩すとグダグダなゲームをしがち。磐田ユースがDFラインの裏にロングボールを蹴り込むようになって、中盤でのパスを封じられると、途端に流れが悪くなった。そして、31分にカウンターから、GKの頭上を越えたループシュートで失点。その5分後にはカウンターから再び失点。あっという間に追いつかれてしまった。

ロスタイム。大塚のスルーパスに反応した八反田が決め、前半は3-2でU-16がリードして終了。

<前半>

____大塚祥平(22)__長谷部採翔(21)____

________柿谷曜一朗(10)________

八反田康平(11)__________山浦公裕(19)

_________山田直輝(17)________

山崎正登(4)_宮本将(5)_岡本知剛(7)_高橋峻希(3)

_________廣永遼太郎(1)________

後半はメンバーを完全に入れ替え。端戸は2トップの1角。学がトップ下に入り(一応)、金井が1ボランチ。本日のメインディッシュ(笑)、のはずが、前菜の方がうまかった(涙)

前半のチームに比べると後半のチームはまだまだの出来。攻守のバランスが悪い。山田に比べると金井は攻撃大好き。気がつくと、2トップより前にいたりする(笑) そのあおりを食って、学がボランチで守備をするシーンもしばしば。これは金井が悪いのではなく、単に組合せの問題。

後半はシーソーゲーム。まずは11分に磐田が先制。22分に、端戸のスルーパスに抜け出した学が冷静にGKとの1-1をかわし同点。だが、直後にGKのミスをついた磐田が再度リード。と思ったら、金井がゴールライン近くまで持ち上がり、折り返し。これを端戸(多分)が流し込む。

贔屓目ではなく、後半のチームの攻撃は横浜勢が引っ張った。端戸の強烈なシュートがバーを叩き、そのこぼれ球が金井の前に。これを決めたら、横浜勢全員得点だ!と少数派サポは瞬間沸騰するが、残念ながら相手に囲まれ得点にならず。

終了5分前に磐田に勝ち越し弾を決められ、結局後半は2-3で終了。トータル5-5。

城福ジャパンは実に攻撃のタレントが豊富だ。前半のチームが今回のベースになるのだろうが、攻撃の駒は多すぎて困るくらい。それに引換え、やはり守備陣が弱い。今回は佐伯、甲斐ら今までのレギュラー組が召集されなかったので、彼らが入るともっと安定するとはおもうのだが。

ともあれ、メニコンでも思ったけど、U-16は本当に楽しいチームだ。各世代代表の中でも一番面白い。これは、シンガポール行くしかない!横浜勢は一人でも多くレギュラーを掴み取れ!

<後半>

_____端戸仁(23)___指宿洋史(25)_____

_________齋藤学(12)__________

丸橋祐介(18)____________川村武蔵(16)

_________金井貢史(2)_________

松井優人(8)_横山文也(9)_田中裕人(13)_松元廉(15)

_________浜川成章(30)_________

交代:
 後半12分 川村→嘉涼平(6)

得点:
 前半15分 大塚
 前半27分 宮本
 前半31分 (磐田)
 前半36分 (磐田)
 前半44分 八反田

 後半11分 (磐田)
 後半22分 斉藤
 後半23分 (磐田)
 後半27分 端戸
 後半39分 (磐田)

試合の後、浜松まで出てうなぎを食べて、各停にてのんびりと帰宅。

|

« J1 第5節 前座試合 横浜U-13vs浦和U-13 | トップページ | 穿った見かた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022251/21182989

この記事へのトラックバック一覧です: TRM U-16日本代表vs磐田ユース 〜もっとも楽しい代表:

« J1 第5節 前座試合 横浜U-13vs浦和U-13 | トップページ | 穿った見かた »