« J2 第16節 水戸vs愛媛(TV観戦) ~光栄なのか? | トップページ | ネタ枯渇 »

2006年5月18日 (木)

CL決勝 バルサvsアーセナル ~ありがとう、ラーション

2004年11月22日。クラシコで左膝を負傷したラーションの長期離脱が発表された。バルサは直ちに契約の延長を発表した。選手達も、離脱直後のヘタフェ戦では、ラーションへのメッセージ入りのそろいのTシャツを着て励ました。その甲斐もあってか、シーズン終盤には復帰を果たし、横浜との2度の対戦でもその姿を見せてくれた。

05/06シーズンは、エトーの控えに甘んじ、出場機会も限られるようになる。そして、2005年12月に今季限りでバルサを退団し、故郷のヘルシンボリに戻る事を発表した。気持ち的に切れてもおかしくないところだが、ラーションは出場のチャンスを得るときっちりと結果を出してきた。

そして、05/06シーズンを締めくくる大事な試合(順延になったリーグ戦がまだ残っているけれど)、チャンピオンズリーグ決勝、対アーセナル戦。18分にアーセナルのGKレーマンが、エトーをファールで止め一発レッド。バルサ優位なはずが、37分にはCKをキャンベルに決められ思わぬ失点。10人のアーセナルを崩しきれない時間が続く。前がかりになったところをアンリに狙われ、何度も決定的なピンチを迎える。

ライカールトは、61分にファン・ボメルに代わってラーションを投入。76分、イニエスタが前線に送ったボールを、ラーションが絶妙のタッチでコースを代え、走りこんできたエトーの前に送る。エトーはGKのニアを抜くシュート。同点。素晴らしい攻撃だった。ラーションのほんのちょっとコースを変えるタッチの柔らかさは、飯10杯もの(笑)

その4分後。ベレッチが前線へパス。コースがちょっとずれるが、ラーションが懸命に足を伸ばしキープ。ラーションは黄色い選手が密集するわずかな隙間にボールを出す。そこに走りこんだベレッチ。思い切り打ったシュートはGKの股間を抜きネットを揺らす。バルサ逆転!

残り時間、バルサは得意のボール回しで時間を使う。アーセナルには反撃する力は残されてなかった。試合はこのまま終了。バルサが92年以来14季ぶり2度目の優勝を決めた。おめでとう、バルサ。

ありがとう、ラーション。ところで、スウェーデンに帰る前にちょっと、横浜に寄り道してみない?(笑)


|

« J2 第16節 水戸vs愛媛(TV観戦) ~光栄なのか? | トップページ | ネタ枯渇 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022251/21215332

この記事へのトラックバック一覧です: CL決勝 バルサvsアーセナル ~ありがとう、ラーション:

« J2 第16節 水戸vs愛媛(TV観戦) ~光栄なのか? | トップページ | ネタ枯渇 »