« 明日(てかもう今日)は三ツ沢なりよ | トップページ | 関クラGL#1 横浜ユースvs常総アイデンティ ~スーペル »

2006年5月27日 (土)

J2 第18節 横浜FCvs愛媛FC ~心に刻む

11-11でガチに戦って負けるのであれば納得もできる。しかし、今日の負けは受け入れたくない。わずか開始5分でイエロー2枚で退場なんて不可解な判定がなければ、もっといい試合ができていたと思うから。少なくとも井上の1枚目はイエローではなく、注意が適切なんじゃないか。カードの力で試合をコントロールするんじゃなくて、自分自身のオーラ(うまく言えないけど)でまずは試合をコントロールして欲しい。もっと経験つんでうまくなってくれよ!と思ってちょっと調べたところ、

 田辺 宏司(たなべひろし)
  生年月日:1959.05.01
  出身地:山口県
  1級登録年:1990.12.13
  J1 主審/副審:44/40
  J2 主審/副審:71/0

なんだよ、ベテランじゃねえか。J2の主審12名の中では辺見さんに次ぐ経験の持ち主。ああ、それなのにorz

ああ、悔しい。

でも、選手や監督もじっと文句を言いたい(よね?)のを抑えて冷静なコメントをしているので、ここで「死ね死ね団のうた」とか持ち出して、主審を罵倒するのはやめておこう。

それに、確かに審判は酷かったが、愛媛の課題も多くある試合ではあった。

川北はナイスセーブで2点は防いだが、相手に詰めてかわされてあわや失点というピンチもあったし、キックの精度もまだまだだった。守備陣はほとんどの時間、よく集中してはいたが、セットプレイの失点は防げなかったか?愛媛のサッカーは堅守速攻型といわれる。ただ、不要な横パス、バックパスで自らスピードを殺し、チャンスをつぶしている場面も多々あった。ここぞという時のミスも多い。

幸い、現場で感じたまずさは、選手も自覚しているようで、J's Goalには反省の弁が並んでいる。一気に改善できるものではないけど、昨日より今日、今日より明日が少しでもよくなるようにがんばろう。そして、次またこの審判にあたったら、不利な判定をモノともせず勝てるだけの力を蓄えよう。

と、今日の天気のように滅入ったところで、ズーパーのちょっといい話。

3月中旬に負傷して、リハビリ中のズーパーが上浜。ダンマク準備中のサポの前に、スーツ姿でわざわざ挨拶に来てくれた。もちろんピッチの中からだけど(普通にピッチの内外で話ができるのが三ツ沢のいいところだ)。 復帰まではあと1ヶ月ぐらいはかかりそうとの事。早く帰ってきておくれ、ズーパー。

P.S.今日は撤収手伝えずすみませんでした。

|

« 明日(てかもう今日)は三ツ沢なりよ | トップページ | 関クラGL#1 横浜ユースvs常総アイデンティ ~スーペル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022251/21215346

この記事へのトラックバック一覧です: J2 第18節 横浜FCvs愛媛FC ~心に刻む:

« 明日(てかもう今日)は三ツ沢なりよ | トップページ | 関クラGL#1 横浜ユースvs常総アイデンティ ~スーペル »