« TRM U-16日本代表vsびわこ大 〜決定的に足りないもの | トップページ | 関クラGL#2 横浜ユースvsFC町田ゼルビア 〜学ぶこと »

2006年6月 3日 (土)

ナビスコ 準々決勝 1st-Leg 横浜vs磐田 〜悔しい2人の意地

押忍!

代表選手を見送って、速攻で滋賀を発ったのであります。というのは嘘でありまして、帰りのバスを待っていたら選手の方が先にバスで帰ってしまったのであります。(涙)であります。何たって、1時間に1本しかバスはないのであります。

押忍!

初めての滋賀でありましたが、お土産の物色も、ご当地グルメもなしであります。鮒ティニ寿司を食べて磐田に勝とう!運動を孤独に推進しようと思ったのでありますが、乗換えがタイトで、そんな時間もなく、新横浜に戻ってきたのであります。

押忍!

予想通り、日産スタはがらがらであります。三ツ沢でも十分でありました。日本版クラシコなのに、これはあまりにも寂しいのであります。結局1万人いかなかったようであります。やはり、横浜も磐田も強く立派なチームでなければならないのであります。赤とかに好き勝手させてはならないのであります。しかし、トンはトンでもないやつであります。緑がしっかり引き止めておかなければならなかったのであります。イルカみたいなの、もウザイのではありますが、赤の方がもっとウザイので、イルカみたいなの、は次のホームではきっちり勝っておくであります。話がずれたであります。

押忍!

試合の方ですが、どっちもひどいミスやら、プロとは思えないミスの連続で、(苦笑)なのであります。お家再興はまだまだ道半ばであります。

押忍!

しかし、横浜にとっては逆転勝ち以上にうれしいのは、得点者が松田と久保という点であります。どちらもジーコジャパンに混ぜてもらえなくて、本人達は悔しい思いをしたと思われるのであります。その二人が同点弾と逆転弾を決めたわけであります。スポーツ新聞的にはおいしいネタだと思ったのでありますが、日刊スポーツの1面は「長嶋 北京監督」なのであります。えっ、反町じゃないの?と思った人は、世の中サッカーを中心に回ってるわけではないと肝に銘じる必要があるのであります。

押忍!

くだらない事をつらつらですが、まぁ、久々のホーム勝利を喜ぶのであります。が、今年からアウェイ2倍ゴールルールが始まりましたので、木曜日は勝たなきゃダメ!のつもりで頑張るであります。女子高生甘味地獄にはまってはならないのであります。

押忍! 横浜在住っす

|

« TRM U-16日本代表vsびわこ大 〜決定的に足りないもの | トップページ | 関クラGL#2 横浜ユースvsFC町田ゼルビア 〜学ぶこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022251/21359616

この記事へのトラックバック一覧です: ナビスコ 準々決勝 1st-Leg 横浜vs磐田 〜悔しい2人の意地:

« TRM U-16日本代表vsびわこ大 〜決定的に足りないもの | トップページ | 関クラGL#2 横浜ユースvsFC町田ゼルビア 〜学ぶこと »