« 全クラU-15日程発表 | トップページ | TRM U-16日本代表vs静岡産業大学 〜成長 »

2006年7月21日 (金)

オシムジャパン、反町ジャパン、そしてこっそり安達横浜

オシムジャパンと、反町U-21ジャパンが誕生。反町監督は、U-21日本代表の監督をしつつ、オシムジャパンのコーチも務める。またオシムジャパンには大熊さんがコーチとして、U-21には井原さんがコーチとして入閣。

◇日本代表
 監 督:イビチャ オシム
 コーチ:大熊 清
 コーチ:反町 康治
 GKコーチ:加藤 好男
 フィジカルコーチ:里内 猛

◇U-21日本代表
 監 督:反町 康治
 コーチ:井原 正巳
 GKコーチ:川俣 則幸
 フィジカルコーチ:矢野 由治(よしはる)

オシムジャパンのお披露目は8/9のキリンチャレンジカップ、対トリニダード・ドバコ戦。そして、8/16のアジアカップ、対イエメン戦。Zによって壊滅状態になったA代表だから、オシムが就任したとはいえすぐには変わらないだろう。クラブチームでうまくいった事が、時間も限られている代表でうまくいくか、大きな不安もある。それに、オシム自身の年齢もちょっと心配だ。それでも、オシムがどんなサッカーを見せてくれるか、わくわくする。今は不安よりも希望の方が大きい。

一方の反町U-21ジャパン。最大の目標は北京五輪出場と、五輪での好成績。そして、未来につながる選手の発掘。北京経由南アフリカ行き。何だか、左遷みたいであまりおめでたくなさそうだが(笑)

U-21日本代表は、北京五輪予選には、来年2/28から行われる2次予選から参加する。出場枠は中国を除く3チーム。2次予選以降のレギュレーションは

 4チーム6組に分かれて予選(H&A?) (〜6/6)
 →各組2位までが最終予選に進出
 →4チーム3組に分かれてH&A 8/22〜11/21
 →中国を除く3チームが出場権獲得

なお、オーストラリアは1次予選から参加。

U-21年代のアジアでのアドバンテージはあまり高くない印象。反町監督には思ってもいなかった選手選考で、強く驚きに満ちたU-21代表を作り上げて欲しい。マイク、狩野、高萩、森脇、菅沼あたりにはぜひ頑張ってもらいたい。あっ、愛媛の3人は五輪に出るときも愛媛でね♪

でも、まぁ、そんな事より安達さんがS級取ったほうがユースマニアの間ではエキサイティングな話題かもしれない。某氏がSS年チケを購入する条件の1つはクリアされた(笑)


でもって、じいさん、アンタはのうのうと生き延びちまったみたいだが、これで禊が済んだと思ったら大間違いだよ。アンタの失政は絶対に

  わ す れ な い よ

代表戦なんかでのこのこ出てきた日にゃ大ブーイングで迎えるから。


|

« 全クラU-15日程発表 | トップページ | TRM U-16日本代表vs静岡産業大学 〜成長 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022251/21363362

この記事へのトラックバック一覧です: オシムジャパン、反町ジャパン、そしてこっそり安達横浜:

« 全クラU-15日程発表 | トップページ | TRM U-16日本代表vs静岡産業大学 〜成長 »