« U-14日本選抜チーム 東アジアサッカー連盟 U-14ユースフェスティバル2006中国 | トップページ | 宮城スタジアムカップ日程発表 »

2006年7月15日 (土)

中澤と中田とえのきどいちろう

3連休。

今日は柴又に新子安U-11を見に行こうかと思っていたけど、起きられなくて断念。これから始まるアツイ夏を乗り切るために、今日は一日休養。

とはいえ、サッカーがない週末はありえないので、久々にオールスターをながら見。中澤のドリブルとFKには痺れた。実にお祭りらしい展開でいいんだけど、肝心のサッカーの質は酷かった。急造チームとはいえ、あまりにも酷い。ついこの間まで世界の最高峰のプレイを見ていたというのもあるかもしれないけど、それにしても。まぁ、でもこれが日本のサッカーの現実だし、こっから始めなければいけないんだ。

続けて中田引退記念番組。中田がなぜ引退したのかについては全く興味がないんでどうでもいいんだけど、引退して1ヶ月も経ってないのに、W杯をまるで批評家のようにぺらぺらしゃべるのには退いた。そんなにすぐに客観視できるもんなのか?当事者だろ?こんなの見せられると、ブラジル戦の後ピッチに倒れこんだ姿も、TV用の演出のように見えて仕方ない。しかも、チェコ旅行の映像とか、アフリカでサッカーやってる姿まで放映されてるし。何だかなぁ・・・

それに引き換え、その後にやっていたスカパの討論番組。最後の日本代表の総括で、ひとしきりスカパ解説陣(原、えのきど、野々村、金子、桑原、大住、羽中田、倉敷)の総括が終わったあと、えのきどさんは唐突に倉敷さんにこう問いかけていた。

 「倉敷さん、俺たち本当に何とかできなかったんだろうか?」

サッカーを多少なりとも真剣に考えている人なら、ジーコじゃまずい、ジーコのやり方じゃまずいって思っていたはず。彼らは真剣に日本の勝利を願っていたし、日本を勝たせようとして、ジャナーリズムの一員として日頃から警鐘を鳴らしてきた。それにも関わらず惨敗。多分、えのきどさんは今も、日本惨敗を過去のものにはしていない。

ついこの間まで当事者だったのにTVの前で惨敗の原因はすべてわかっているとばかり”解説”する元選手と、ジャーナリズムの一員でありながら日本を勝たせようと真剣に考え、公の場で何か出来なかったのかと悔やみ悩む解説者。どっちがサッカーを愛している人間かは、明らかじゃないだろうか。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Re:中澤と中田とえのきどいちろう    まいはまん。さん 
だめですよ!うれさん!
中田『氏』ですから(笑)(2006.07.16 01:15:57)

Re[1]:中澤と中田とえのきどいちろう(07/15)    ultraleftyさん 
まいはまん。さん
>だめですよ!うれさん!
>中田『氏』ですから(笑)

その言い方なんかすごい違和感がありますよね。
まぁ、実業家にはその呼び方がお似合いかな(笑)
(2006.07.16 10:26:17)

偉そうで申し訳ありませんが。    とおりすがりさん 
会って話したことないのに、人を判断することは良くないことだと思います。
これではまるでメディアに踊らされてますよ。
こういったところにコメントを残すことに、責任を感じながら記事を書いて欲しいです。
それに、客観視できることは大切な能力だと思います。

テレビをみただけでそのように判断されている人の気持ちを考えたことがありますか?(2006.07.26 21:42:00)

Re:偉そうで申し訳ありませんが。(07/15)    ultraleftyさん 
とおりすがりさん こんにちは。

とおりすがりさんのお考えに納得のいかない部分は多々ありますが、結局は主観の問題で、議論しても平行線だと思うので、コメントに対するレスは控えます。(2006.07.28 00:32:55)

|

« U-14日本選抜チーム 東アジアサッカー連盟 U-14ユースフェスティバル2006中国 | トップページ | 宮城スタジアムカップ日程発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022251/21363352

この記事へのトラックバック一覧です: 中澤と中田とえのきどいちろう:

« U-14日本選抜チーム 東アジアサッカー連盟 U-14ユースフェスティバル2006中国 | トップページ | 宮城スタジアムカップ日程発表 »