« 全クラU-18 GL#2 横浜vs塩釜FC 〜油断大敵 | トップページ | 南は南でも祐三 愛媛へ »

2006年7月30日 (日)

全クラU-18 GL#2 愛媛vsガンバ 〜サンドイッチの具

1試合目終了後、今年初めてのバイキングをテラスでのんびり食べながら、目の前の千葉vs名古屋を観戦。テラスからだと両方のゴールが木で隠され、よく見えない。もっとも、ゴール前のシーンは、あまり無・・・ごにょごにょ。食事をしているうちに青空が広がり、すっかり快晴に。雨は止んだが、その代わり、風が出てきた。

愛媛の2試合目はピッチ1でガンバと。昨日と同じく、出場しない選手達も一緒に応援。2日目ということで、随分声も出るようになったし、結構楽しそうに応援していたように見えたが、どうだったかな?

2006073001

ガンバは優勝候補の一角だけあって、愛媛はほとんど決定的な仕事をさせてもらえなかった。中盤では、愛媛の選手も持ち前の運動量とパスワークで十分ガンバと渡り合っていたが、強固な相手DFの前に前半のシュートはゼロ。ポゼッションでは愛媛はガンバと同等だったので、あまり圧倒されたというイメージは無いが、結果としてボールを持たされ、ガンバの手のひらの上でのプレイに終始していたような気がする。風をうまく生かした大塚のロングシュートが前半31分に決まり、その3分後にも横からの揺さぶりに池をフリーにしてしまいヘッドで2点目を奪われる。前半終わって2-0。

後半に入り、愛媛もようやくシュートまでもっていけるようになるが、逆に前がかりになった分DFラインの裏を突かれるシーンも多くなる。何度もオフサイドに救われるが、31分には決定的な3点目を奪われる。終了間際には小笠原のゴールで一矢報いたものの、3-1で完敗。

この結果、グループリーグ2敗で決勝トーナメント出場の道は絶たれてしまったが、第3試合はぜひ勝点を奪って愛媛に帰って欲しい。

意地を見せろ、四国代表!

____小笠原侑生(9)__渡部誉也(14)____

渡辺毅仁(7)_____________八板謙(10)

______正岡晃太(8)__梶本有三(6)_____

前野貴徳(5)_藤原淳貴(3)__広瀬龍(2)_白方淳也(4)

__________正岡直也(1)________

得点:
 前半31分 (ガンバ:大塚)
 前半34分 (ガンバ:池)
 後半31分 (ガンバ:持留)
 後半36分 小笠原

交代:
 後半11分 白方→大友淳生(11)
 後半30分 渡部→辻田純(20)
 後半35分 正岡晃→二宮涼(17)


帰りの常磐線は架線事故で土浦−上野間運転見合わせ。某党首の即座の判断で、水戸で乗り換え、小山−大宮経由で何とか帰宅できた(党首、マンセー!)。スーパーひたちでリッチに帰った人は、何時間も足止めを食らい、大変な事になったようだ。事故が起きたのが水戸を通過する前だったのは不幸中の幸い。同行者に鉄道マニアがいたのも不幸中の幸い(笑)

幸いといえば、トップも新潟にホームで久しぶりに勝利。坂田、山瀬お帰り。これからも頼むよ。

|

« 全クラU-18 GL#2 横浜vs塩釜FC 〜油断大敵 | トップページ | 南は南でも祐三 愛媛へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022251/21363379

この記事へのトラックバック一覧です: 全クラU-18 GL#2 愛媛vsガンバ 〜サンドイッチの具:

« 全クラU-18 GL#2 横浜vs塩釜FC 〜油断大敵 | トップページ | 南は南でも祐三 愛媛へ »