« 高円宮U-18 GL#1 横浜ユースvs初芝橋本高校 〜まずは1勝 | トップページ | シンガポール遠征記 1日目 〜観光篇 »

2006年9月10日 (日)

シンガポール遠征記 〜出発、到着篇

高円宮の後、サポの仲間に「来年はみんなで韓国に行こう!」と誓って、Oさんとシンガポールへ向けて出発。新習志野の駅について、ホームで電車を待っていたら、乗るはずの電車が向こうのホームから出発していく。ホームを間違ったみたい(涙) えぇぇぇ〜〜〜。急いで乗り換え検索をすると、次の電車はほぼ30分後。間に合わない事もないが、かなりぎりぎり。

が、船橋での乗り継ぎがうまくいって、検索で出てきたのより早い特急に乗れ、成田空港には5時10分ぐらいに到着。急いで、チェックイン、両替、携帯電話の引き取り、手荷物チェック、出国審査を済ませて、登場口に到着したのは、一般客の搭乗が始まった頃。ふ〜〜、セーフ。もし船橋での乗り継ぎが1本遅れていたらかなりやばかった。朝飯代わりのすき家@秋津の「おんたま 豚あいがけカレー 大盛」にはおんたまがついてなかったが、よし、運はあるぞ(笑)

機中で過ごす事6時間あまり。「バルトの楽園(がくえん)」のクライマックスを迎える前に到着。深夜着なので空港からはタクシー。運転手は中国系の気のいいおばちゃんで、お互いブロークンイングリッシュで会話する。

ホテルは1泊いくらだ?

 一人一泊 60S$。(計算違いだったんだけど:)

オーマイゴード(といったのかは定かではないが)
アイ キャント ビリーブ イット。ベリー チープ!

ま、確かに安いんだけどさ、一応☆☆☆だよ。直前料金で安いトコを選んだのさ。それに、サポにとっては4500円/泊は十分ありだよね、と心の中で言い訳。そりゃ、金があればラッフルズでも何でも泊まるけど、その金があれば別の遠征費用か、スイーツ代にあてるさ(笑)

今回泊まったのは、Robertson Quay Hotel というホテル。クラーク・キーというシンガポール川沿いのおしゃれスポット(と後で知った)の近く。が、運転手のおばちゃんは場所がわからないらしく、方々をさまよう。前後にいるタクシーを止めるわ、他のホテルの従業員に聞くわで一生懸命なんだが一向にたどりつかない。ようやくたどりついた頃にはタクシーメーターは5S$近く進んでいたような気がする(笑) 何とか見つかって、一同ホッ。

おばちゃんに観光案内をもらってバイバイ。でも、おばちゃん、我々はハングルは読めません(笑) 無愛想なフロントでチェックインを済ませ、ようやく一息。

今回はシングルが満室だったのでツインの一人利用。普通に日本のビジネスホテルのような簡素な作り。ほとんど寝るだけなので不便はないけど、インターネットの口が無いのが痛かった。こっそり認証なしの無線アクセスポイントに接続してアクセスを試みるも、非常に不安定なので現地での更新は断念。

つづく。

|

« 高円宮U-18 GL#1 横浜ユースvs初芝橋本高校 〜まずは1勝 | トップページ | シンガポール遠征記 1日目 〜観光篇 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022251/21410893

この記事へのトラックバック一覧です: シンガポール遠征記 〜出発、到着篇:

« 高円宮U-18 GL#1 横浜ユースvs初芝橋本高校 〜まずは1勝 | トップページ | シンガポール遠征記 1日目 〜観光篇 »