« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006年12月31日 (日)

高校サッカー 鹿島学園vs高知 〜ニワカ鹿島サポ

今年のサッカー観戦納めは、高校サッカーに。マリサポ的には中京大中京vs広島皆実@駒場か、高志vs鵬翔@柏の葉だろうが、その2チームはもっと後から でも見れるだろうから(と思っていたら、2チームとも1回戦でスコアレスPK負け・・・)、今日はおっぱまーず05OBが3人進学した鹿島学園vs高知@ 等々力に。

OB君たちのお母さん方と合流し、鹿島学園の応援席に混じって応援。応援用のウィンドブレーカーも貸していただき、気分はすっかり鹿島サポ。鹿島と名のつ くチームを応援するのは不本意ではあったが(笑)、チームカラーは黄色だし、鹿島は”しかじま”と読むと自分を納得させる。ちなみに、鹿島アントラーズ JY出身選手も多くいるチームではあるけど、アントラーズとは関係なし。相手の高知は今年の四国プリンス最終戦で愛媛ユースに土をつけ、優勝と高円宮出場 権を掻っ攫っていったチーム。

前半は双方決定力を欠く展開。チャンスの数は同じくらいだったが、PA内で最後まで粘った鹿島学園が、木之内拓のゴールで先制。高知もバーに弾かれた シュートもあり、互角の戦い。後半も同じような展開ながら、竹内ツインズ(裕也、智也)が県大会決勝に続き、それぞれの得点で高知を突き放す。結局3-0 で鹿島学園が初戦突破。

この試合、マリサポ的に最も盛り上がったのは、残り5分ほどの段階で小谷駿介が登場してから。小谷はMF登録ながら、FWとしての登場。ファーストタッチ はいきなりシュート。残念ながらゴール左に逸れてしまったが、大いに沸いた。これが決まっていればマリサポ的にはかなりおいしい展開だったが、まぁそうは うまくいかない。プレイする姿が見れただけで十分満足。今日出れなかった2人も日々がんばって、またピッチでプレイする姿を見せて欲しい。

20061231
(写真:おっぱまーず05OB小谷駿介)

鹿島学園が勝って、桐光学園も大阪朝鮮を1-0で破り、新年2日には再び等々力で2チームを見れることとなった。マリサポ的には2日は野洲vs真岡@柏の 葉だろうが、野洲はもっと後でも見れるだろうから(汗)、2日は再び等々力にて、鹿島学園vs帝京可児、桐光学園vs九州国際大付属を観戦予定。九州国際 大付属には某氏絶賛の某FWもいる。楽しみだ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

来年も鹿島学園ガンバレ!         ビエさん
初めてコメントします。ってか、高校サッカーの記事、今日読みました。こんなに詳しく書き込みがあって、観戦者として、とっても楽しいです。これからはマメに拝見します♪(2007.01.05 00:06:04)

Re:来年も鹿島学園ガンバレ!(12/31)       ultraleftyさん
ビエさん
>初めてコメントします。ってか、高校サッカーの記事、今日読みました。こんなに詳しく書き込みがあって、観戦者として、とっても楽しいです。これからはマメに拝見します♪

はじめまして。書き込みありがとうございます。
鹿島学園残念でしたね。来年(もう今年か)もがんばって欲しいですね。

選手権以外だと鹿島学園の試合を見る機会もあまりないかと思いますが、
また遊びに来てくれればうれしいです。(2007.01.05 20:54:45)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月30日 (土)

高校サッカー 滝川第二vs暁星 〜トリコロールたち

昨日はマリサポ忘年会をしたばっかりだけど、まだまだサッカーシーズンは終わらない。今日からはいよいよ選手権がスタート。横浜的には新入団選手3人の高 校が3校とも出場するということで、非常に楽しみな大会となった。来年からトリコロールの一員となる彼らを写真で一足早くチェック。

2006123001

まずは、ご存知、野洲高校の乾貴士。ディフェンディングチャンピオンなので入場行進1番目。優勝カップを持っての行進。背番号は10。

2006123002

続いて中京大中京の石原卓。DFなのになぜか11番。優勝旗を持って、あっちを向いてるのが石原。背番号確認に戸惑っていい写真が取れなかった orz

2006123003

最後に鵬翔高校の山本郁弥。校旗の一端を持って入場。左足のギブスが痛々しい。23番という大きな番号をつけているのは怪我でやはり出場はできないからだろう。残念だ。

青空広がる国立の緑にピッチ。そこにそろった48のカラフルなユニフォーム。ぎっしり満員、とまでは行かないが観客席には多くの観客が詰め掛けている。ク ラブユースの試合会場に比べると天と地の差。クラブを蹴ってでもこの場を体験したいと思う選手がいるのがよくわかる。やはり、国立のピッチに立つって事は 選手にとって素晴らしい夢なんだろうな。

2006123004

そして、去年色々な思い出をくれた彼らの姿もそこにあった。国立で行進する気分はどうだっただろうか?1年生でその場に立てたのは3人。まずはひとつの夢が叶ったんじゃないだろうか。次は試合に出場し、そしてこの場でプレイする姿を見たいよ。

■滝川第二 vs 暁星

開幕ゲームは高円宮王者滝川第二に、東京代表暁星が挑む。暁星は今時珍しいスポーツ入学のない学校らしい。ほとんどの選手が、暁星中学校時代からプレイし ていた選手たち。片や、滝二はさまざまな学校から選手を集めた/集まったチーム。個々の選手の技術にフィジカル、チームとしての戦術ではやはり滝二の方が 上だった。立ち上がりから滝二に何度もビックチャンスが訪れるが、決めきれない。一方の暁星も、前からの激しいプレスでボールを奪い、前線の優れたテク ニックを持つ小嶋俊輔、風間荘志らが、何度も滝二ゴールに迫る。しかし、こちらも後一歩で決めきれず、前半は0-0。

後半に入り、暁星の運動量がさすがに落ちてくる。勢いを増した滝二の攻撃を、暁星キーパー坂口智哉、ディフェンダー遠入涼らが素晴らしいプレイで防ぐ。し かし、坂口と滝二フォワード多田高行が競ったハイボールが後ろにこぼれ、暁星DFが一歩のところでクリアできず失点。後半終了前には右サイドからのグラン ダーのクロスに、またしても多田が走り込みゴール。一人一人が懸命に戦った暁星だったが、一矢報いることはできず、そのまま終了。

負けたとはいえ、暁星の戦いっぷりは気持ちが入っていた。滝二横で観戦していたにもかかわらず、思わず暁星を応援してしまった。開幕戦にふさわしい、いいゲームだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月29日 (金)

横浜移籍情報 鳥栖よりGK富永加入

FC(笑)に所属していた富永英明とは兄弟ではないということでよろしいんですね。

=======================================

横浜F・マリノスでは、GK富永康博選手(サガン鳥栖)の移籍加入が決まりましたのでご案内致します。契約期間は2008年1月31日迄となります。

富永 康博(とみなが やすひろ)
ポジション:GK
出身/生年月日:福岡県/1980年5月22日
身長/体重/血液型:193cm/88kg/O型
経歴:東福岡高校―名古屋グランパスエイト―デンソー―名古屋グランパスエイト―サガン鳥栖

出場記録
所属 Jリーグ ナビスコカップ 天皇杯
1999年 名古屋グランパスエイト 0(0) 0(0) 0(0)
2000年 名古屋グランパスエイト 0(0) 0(0) 0(0)
2001年 デンソー(JFL) 9(0) 0(0) 0(0)
2001年 名古屋グランパスエイト 0(0) 0(0) 0(0)
2002年 名古屋グランパスエイト 0(0) 0(0) 0(0)
2003年 名古屋グランパスエイト 0(0) 0(0) 0(0)
2004年 サガン鳥栖 18(0) ― 0(0)
2005年 サガン鳥栖 2(0) ― 0(0)
2006年 サガン鳥栖 0(0) ― 0(0)
J1通算  0(0)0(0) 0(0)
J2通算 20(0)― 0(0)
JFL 9(0) 0(0)0(0)

富永康博選手コメント
「チームの為に貢献できるよう、一生懸命に頑張りたいと思います。応援宜しくお願いします。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月28日 (木)

第6回U-23カタール国際 U-22日本選抜メンバーおよびスケジュール

忘れてた、松内誕生日おめでとう(笑)

ちょっといいニュース。みんながんばれ!

========================================

1月21日から開幕の、第6回U-23カタール国際トーナメントに出場するU-22日本選抜メンバーおよびスケジュールをお知らせします。 

【スタッフ】
監督:横内 昭展
コーチ:井原 正巳
GKコーチ:阿江 孝一

【選手】
GK
佐藤 昭大 1986.08.30 184cm/73kg 広島(→愛媛)
林  彰洋 1987.05.07 192cm/83kg 流通経済大学

DF
河本 裕之 1985.09.04 183cm/66kg 神戸
石川 直樹 1985.09.13 180cm/73kg 柏
辻尾 真二 1985.12.23 180cm/73kg 中央大学
田中 裕介 1986.04.14 181cm/73kg 横浜
平岡 康裕 1986.05.23 182cm/65kg 清水
福元 洋平 1987.04.12 181cm/68kg 大分

MF
本田 拓也 1985.04.17 177cm/70kg 法政大学
高橋 義希 1985.05.14 170cm/67kg 鳥栖
菅沼  実 1985.05.16 173cm/69kg 愛媛FC(→柏)
西山 貴永 1985.07.11 164cm/60kg 川崎
小椋 祥平 1985.09.08 175cm/64kg 水戸
中山 博貴 1985.12.13 177cm/70kg 京都
丹羽 竜平 1986.01.13 176cm/68kg 神戸
狩野 健太 1986.05.02 175cm/64kg 横浜
くわ田慎一朗 1986.12.06 177cm/65kg 広島

FW
古部 健太 1985.11.30 180cm/73kg 立命館大学
萬代 宏樹 1986.02.19 184cm/71kg 仙台
渡邉 千真 1986.08.10 180cm/75kg 早稲田大学

【スケジュール】
1/21(日) 18:30 グループA 日本 - 南アフリカ(Qatar SC)
1/23(火) 18:30 グループA カタール - 日本 (Qatar SC)
1/25(木) 17:30 グループA UAE - 日本   (Arabi SC)
1/29(月) 16:15 準決勝 グループA1位 - グループB2位(Qatar SC)
     19:15 準決勝 グループB1位 - グループA2位(Qatar SC)
1/31(水) 16:15 3位決定戦(Qatar SC)
     18:30 決勝(Qatar SC)


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
Re:第6回U-23カタール国際 U-22日本選抜メンバーおよびスケジュール         かずみさん
裕介はバリバリやってくれるね
健太です 心配なのは…
あのやわらかいタッチがが
好きなんだけど
時に不安に
遠慮なんかしてちゃダメ
グイグイプレーを!
めっちゃウレです
おめでとう!!!(2006.12.30 09:01:06)

Re[1]:第6回U-23カタール国際 U-22日本選抜メンバーおよびスケジュール(12/28)       ultraleftyさん
かずみさん
>めっちゃウレです
この1フレーズがプチ物議をかもしました(笑)

もうちょっと近ければ見に行くんですけど、ドーハは遠いですね・・・
裕介、健太は来年の横浜の主軸になってもらわなくてはならない選手。
怪我しないように、自信をつけて帰ってきて欲しいと思います。(2006.12.31 08:16:18)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年末企画第2弾:素敵な誕生日

♪ハッピバースデー トゥー ミー
 ハッピバースデー トゥー ミー
 ハッピバースデー ディア 自分
 ハッピバースデー トゥー ミー

20061228


誕生日のご馳走でも食べながら、

素敵な来年に思いをはせつつ、

ミスチルでも聞こうか。


☆     ☆     ☆


あぁ風の噂で君の話を聞いたんだよ
結婚はしたけれどあまり幸せではないらしい
僕にだってそれなりに守る生活があるから
何をしてあげられるという訳じゃないけど
友よ 友よ 友よ

あぁ男もまた女によって変わるんだなぁ
最近は紅茶よりもコーヒーを飲んでるんだよ
あの娘の吸う煙草の口の中の残り香と
にがいコーヒーとの相性がとてもいいから
飲むよ 飲むよ 飲むよ 飲むよ

そう僕の今年の運勢はとてもいいんだなぁ
下らないB級雑誌に書いてあったけど
信じる事の出来そうな位のかわいい嘘は
なるべく信じてみることにしたんだから

さぁ見てみろよ今や世紀末は遠い過去の話だ
そもそもキリスト教に僕はなんの信仰もない
罰当たりと言われてもクジラやイルカの肉も食べる
悲しみも 憎しみも 愛しさも 優しさも いやらしさも
食べるよ 食べるよ 食べるよ

だから胃袋よ あぁ僕の胃袋よ
もっと強靭たれ もっと貪欲たれ
なんだって飲み込んで なんだって消化して
全部 エネルギーに変えてしまおう

だから胃袋よ あぁ僕の胃袋よ
もっと強靭たれ もっと貪欲たれ
なんだって飲み込んで なんだって消化して
全部 筋肉に変えてしまおう


Mr.Children「友と嘘とコーヒーと胃袋」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

おめ〜〜〜         つじーさん
いま、浜松まで来ていただければ
おごりますよ(笑(2006.12.28 17:56:23)

おめおめ〜       おのっちさん
あさって、国立まで来ていただければ
チケットプレゼントしますよ(笑(2006.12.28 18:43:32)

おめおめ〜       おのっちさん
あさって、国立まで来ていただければ
チケットプレゼントしますよ(笑(2006.12.28 19:25:44)

おめでとうございまーす       fudieさん
次にお会いした時に、某格子柄ブランドのタオルハンカチ差し上げますよ。
31日は選択肢がありすぎてどこに行くかまだ迷ってます…(2006.12.28 20:28:55)

Re:年末企画第2弾:素敵な誕生日(12/28)       ultraleftyさん
皆様ありがとうございます。せっかくですが何もいりません。そのかわり、まともなフロントをください。(2006.12.28 20:53:44)

おめでとうございます^0^       kazuefcさん
お誕生日おめでとうございます^0^
また、一つ素敵な一歳を刻んで下さい。(2006.12.28 21:46:35)

空気読まずに       發蚤男さん
兄さあ、プレゼントは「かすたどん」で良かですか?(2006.12.28 22:36:17)

Re:おめでとうございます^0^(12/28)       ultraleftyさん
kazuefcさん

ありがとうございます。
ひとつでも多く愛媛のいい試合を見たいです。
(2006.12.28 23:56:05)

Re:空気読まずに(12/28)       ultraleftyさん
發蚤男さん
>兄さあ、プレゼントは「かすたどん」で良かですか?

多分松内も好きだと思うよ。(2006.12.28 23:56:33)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月27日 (水)

年末企画第1弾:横浜下部組織的流行語大賞

ということで去年に引き続き今年もいってみよう!

■点取っちゃいなよ

プリンス前橋商業戦で判定にいらつく大久保に田代がかけた言葉。「翔、点取っちゃいなよ」 点こそ取れなかったものの、この言葉のおかげか、大久保は見事なアシスト。以来、苦しい試合の時は思わずこの言葉があちこちでつぶやかれるようになった。

■OB訪問

去年一年下部組織を本格的に見た挙句、上に上がれなかったお気に入りの選手を追ってみんなそれぞれ、各地の大学やら高校に出没。車まで出して鹿島に行った人たちも(笑)

■3点差

「今年こそは日本一の夏を!!」を合言葉に臨んだ全クラU-18。グループリーグを2勝1敗で2位通過した横浜ユース。決勝トーナメント初戦の相手は、前 日悔しい逆転負けを喫した瓦斯との再戦。木村、学、アーリアの得点で3点リード。誰もが勝利を確信したが、わずか4分間で3点差を追いつかれ、延長戦の末 敗戦。苦い思い出となってしまった。しかし、年の瀬にまさか目の前で3点差をひっくり返す試合が見れるとは。

■やっぱ若い子はいい

8月全クラU-15ではおっぱまーずが初のクラ選王者に輝いた。トップのぐだぐだぶりに疲れていたS君。おっぱまーずの快進撃に思わずこの言葉。こんなお いしい言葉をほっておく下部組織サポではない(笑) もちろん事あるごとにネタにされたのは言うまでもない。それにしても、S君は去年の「いい体してた」 といい、あまりにもおいしすぎる。ちなみに、「若い子はええでんな」と何故か関西弁で使われることも多い #ほとんど某氏だけだけど。

■デザート全部

ユースサポたちは試合後の飲み会も大好き。それ以上に好きなのがスイーツ。飲み会の締めはデザートメニュー全部注文しての回し食い。大人数で行くのが悪い のか、食い意地の張った奴らが多いのか、のんべーが多いのか、いつもお勘定はびっくりするような金額になるのが通例だが、このデザート全部もその原因であ ることは間違いない。

■こじけんパワー

高円宮U-15県予選の頃に入団した新子安の3年生GK小島君。正直ひやひやするプレーが多いのだが、何故か相手のシュートはバーに弾かれ、ポストに跳ね 返される。何度も何度も。ありえない、きっと小島君は何か普通のGKが持っていない力を持っているに違いない。いつしかそのパワーは「こじけんパワー」と 称されるようになった。

■恵比寿

ユースコールリーダーのH君、サブリーダー(?)のMさん。2人はインドで行われたアジアユースの日本戦全試合を現地で応援。現地に駆けつけられない下部 組織サポたちは、恵比寿のFootNiKでそんな彼らの奮闘ぶりを見つつ、日本を応援。PVって初めてだったけど結構楽しかった。決勝(日曜日)は終了ま で見ると終電に間に合わなくなるので、五反田のホテルに宿泊して、翌朝出社。われながらアホですな。しかも、そんなアホが複数いることの、素晴らしさ (笑)

■新曲

今年のユースはいくつもの印象的なチャントが登場した。♪ゲットゴール木村 ♪らららーららーららーら スーペル森谷 ♪俺たちみんな陽介好きさ 「青道」はちょっと難しかったけど、♪俺らヨコハマ 俺らだけがヨコハマ はちょっと短調ながらやっていて楽しかった。

■イブは神戸

クラ選、高円宮と優勝に手が届かなかった横浜ユース。最後の大会サハラカップの決勝は神戸ユニバーでクリスマスイブに行われる。トップの天皇杯がその前日 にやはり神戸ユニバーで行われることもあり、スローガンは「イブは神戸」 そして血気盛んな寂しがりやさんたちは +「♀よりトリコロール」(笑)

■ダメ人間

今年も下部組織の試合には多くの人が応援に駆けつけた。みんな仕事や家事や学業をうっちゃってに折り合いをつけて。遠く鹿児島 や金沢にいるはずの人が週末には普通に試合会場にいた。「何でいるの?」 そんな人たちを見るたびに、そんなにサッカーばっかりに時間を費やしていいの か?そんな事じゃまともな人生を送れないじゃないか?と、仕事人間の管理人はいつも心配でたまらなかった。そんな素晴らしくアホなダメ人間たちに、今年の 流行語大賞を差し上げます。ダメ人間の皆さんは来年もダメ人間道を極めてください(笑)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

OB訪問         發蚤男さん
正確には、「車を出した人が連れて行かれた」です(笑)(2006.12.27 23:45:29)

Re:年末企画第1弾:横浜下部組織的流行語大賞       夢は会計士さん
長谷川アーリア君、上野さんの後継者として期待。そしてU-16の宏太君に端戸君、甲斐君、Jrユースの松島君にJrの宇佐見君、彼等は五年後位にマリノス黄金時代の到来をと夢を見させてくれる
来期はJrの四連覇、Jrユースにユースの優勝だって期待します。トップは…隼磨達が頑張って真ん中より上なら(泣)(2006.12.28 07:15:58)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛媛移籍情報 〜ああ、濱ちゃん

正直望月サッカーには合わないスタイル。でも人を引き付ける魅力溢れるテクニックを持った選手だった。出場機会を求めてチームを出るのなら、気持ちよく送り出してあげたい。長い間ありがとう。次のチームでもがんばれ。

=================================================

この度愛媛FCは、濱岡和久選手との契約交渉において、本人の希望により移籍先チームを探すことになりましたので、お知らせいたします。

≪濱岡 和久選手 プロフィール≫

■氏名:濱岡 和久(はまおか かずひさ)

■生年月日:1981年2月28(25歳)

■出身地:長崎県

■身長/体重:165cm/61kg

■ポジション:MF

■サッカー歴:
長崎鎮西学院高 → 大分トリニータ(J2:1999〜2000) → 愛媛FC(2001〜) 

■出場記録

※左より
シーズン/所属/リーグ戦/リーグカップ/天皇杯

1999年/大分(J2)/1試合0得点/0試合0得点/2試合0得点
2000年/大分(J2)/0試合0得点/0試合0得点/0試合0得点
2001年/愛媛FC(JFL)/28試合5得点/−/1試合0得点
2002年/愛媛FC(JFL)/16試合4得点/−/2試合2得点
2003年/愛媛FC(JFL)/30試合9得点/−/2試合0得点
2004年/愛媛FC(JFL)/27試合2得点/−/2試合0得点
2005年/愛媛FC(JFL)/30試合6得点/−/2試合1得点
2006年/愛媛FC(J2)/31試合1得点/−/0試合0得点

【通算出場】
J2/リーグ戦:32試合1得点/リーグカップ戦:0試合0得点/天皇杯:2試合0得点
JFL/リーグ戦:131試合26得点/−/9試合3得点

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月26日 (火)

2006ナショナルトレセンU-12関東

日程だけ発表されていて、メンバーが発表されていなかったナショトレU-12が発表された。
新子安から7名、追浜から4名が選出。

===================================================

■指導:(財)日本サッカー協会 ナショナルトレセンコーチ
    布啓一郎・和田一郎・福井哲・菊原志郎・眞中幹夫・望月聡・大西正幸・藤原寿徳
    関東トレセンU-12指導スタッフ
■期間:2006年12月26日(火) 〜 29日(金)
■場所:鹿島ハイツスポーツプラザ

■茨城県
1 MF 橋本 龍馬 1994/10/24 鹿島 148cm/37kg
2 MF 徳野  舜 1994/04/24 鹿島 152cm/41kg
3 FW 高見  優 1994/05/26 鹿島 156cm/43kg
4 FW 柳  育崇 1994/06/22 鹿島 156cm/44kg
5 DF 黒沢  健 1994/04/21 鹿島 165cm/60kg
6 FW 平澤 俊輔 1994/04/11 鹿島 165cm/52kg
7 FW 堀江 京介 1994/10/08 三和クリアンサス 135cm/28kg
8 MF 猿山 将広 1994/04/14 中SSC 163cm/55kg
9 DF 小野瀬恵亮 1994/07/08 FCアドバンス 153cm/41kg
10 MF 熊田 翔吾 1994/11/08 FC波崎 152cm/50kg
11 FW 古橋 広樹 1994/08/01 八千代町SS 142cm/35kg
12 MF 板津 勇亜 1994/07/02 ロッキーワンSC 160cm/43kg

■神奈川県
13 MF 持田里久也 1994/04/09 Jr.チャンプSC 158cm/46kg
14 DF 羽毛 勇斗 1994/12/24 J SPORTS 154cm/45kg
15 FW 加藤  光 1994/05/16 足柄FC 156cm/45kg
16 DF 谷  祐樹 1994/06/14 大崎SC 168cm/45kg
17 FW 河野 諒祐 1994/12/24 湘南 156cm/43kg
18 GK 岩川 健斗 1994/06/09 田奈SC 159cm/45kg
19 MF 河野 稜磨 1994/05/27 バディーSC 138cm/29kg
20 MF 相場 遥介 1994/06/07 バディーSC 147cm/35kg
21 GK 境  龍登 1994/05/18 原FC 170cm/59kg
22 FW 河合 力也 1994/05/01 東FC 157cm/43kg
23 GK 寺越 大河 1994/06/26 東住吉SC 156cm/42kg
24 MF 高野  遼 1994/11/13 新子安 145cm/34kg
25 GK 増田 直輝 1994.08.13 新子安 159cm/42kg
26 FW 伊東 海征 1994.05.15 追浜 146cm/36kg
27 MF 林  拓弥 1994/07/03 追浜 147cm/36kg
28 MF 高梨 祐太 1994/04/27 追浜 148cm/37kg
29 DF 伊池  翼 1994/05/14 追浜 155cm/39kg
30 MF 辻  流帆 1994/08/18 新子安 138cm/31kg
31 MF 渡辺 悠貴 1994/09/08 新子安 142cm/35kg
32 MF 林  亮祐 1994/04/15 新子安 148cm/36kg
33 MF 喜田 拓也 1994/08/23 新子安 150cm/36kg
34 FW 宇佐見康介 1994/08/31 新子安 166cm/50kg

35 MF 日高 拓登 1994/09/03 相模原相東ユナイテッドFC 142cm/30kg

■群馬県
36 GK 小渕峻之介 1994/10/18 FCオール金古ビクトリーズ 161cm/44kg
37 FW 狩野純一郎 1994/06/20 FC伊勢崎SEED 157cm/45kg
38 MF 新井 宏基 1994/08/18 FC前橋南 140cm/32kg
39 MF 仲西 耕平 1994/07/16 J・OFC 150cm/36kg
40 MF 小坂慎太朗 1994/04/23 アルテ高崎 161cm/41kg
41 DF 羽鳥 智哉 1994/04/03 高崎FCイーグル 155cm/40kg
42 FW 大町 佑太 1994/05/06 高崎ドリームズ 中川161cm/47kg
43 MF 川島 史也 1994/05/30 前橋エコークラブ 158cm/41kg
44 DF 栗田 裕太 1994/06/16 大泉FC 150cm/45kg
45 MF 小川 雄生 1994/11/03 大泉FC 152cm/42kg
46 GK 吉澤 健斗 1994/08/09 平井JFC 152cm/41kg

■埼玉県
47 MF 佐藤 大介 1994/09/20 FC東85SSC 148cm/38kg
48 FW 吉原 佑貴 1994/10/16 浦和大谷口SSC 143cm/35kg
49 DF 平山 創士 1994/06/30 栄SSC 150cm/44kg
50 FW 立野 峻平 1995/02/23 浦和尾間木SSC 146cm/40kg
51 FW 佐藤 大知 1994/07/05 浦和尾間木SSC 151cm/40kg
52 DF 西山  奨 1994.05.23 浦和木崎SSC 164cm/46kg
53 MF 村上 健太 1994/04/09 岸町SS 151cm/35kg
54 MF 小峯 洋介 1994.05.25 北浦和SSC 161cm/46kg
55 GK 千島 和昭 1994/05/18 江南南SS 160cm/45kg
56 MF 米山 孟仁 1994/05/08 江南南SS 157cm/40kg
57 DF 新井 純平 1994/11/12 江南南SS 162cm/44kg
58 FW 石橋  陸 1994/06/18 江南南SS 162cm/50kg
59 MF 田口翔太郎 1995.02.04 浦和芝原SS 155cm/37kg
60 FW 中村 駿介 1994/05/16 新座エースFC 142cm/36kg
61 MF 水落  敬 1994/10/05 西浦和SSC 147cm/35kg
62 DF 高野 晃大 1994/06/27 飯能ブルーダー 154cm/44kg
63 GK 岸浪 卓志 1994.05.17 新明SSC 166cm/50kg
64 DF 西澤 秀平 1994/04/06 松山SS 170cm/54kg
65 DF 飛奈 洸太 1995.01.01 南浦和SS 161cm/53kg

■千葉県
66 MF 渡邉翔太郎 1994/04/17 JSC CHIBA 147cm/36kg
67 MF 伊藤 光輝 1994/04/25 JSC CHIBA 150cm/40kg
68 DF 藤嵜 智貴 1994/09/19 NPO法人フッチSC 164cm/52kg
69 FW 吉川 修平 1994/07/07 柏エフォートFC 155cm/42kg
70 MF 中川 寛斗 1994/11/03 柏 131cm/30kg
71 GK 中村 航輔 1995/02/27 柏 155cm/40kg
72 MF 田仲 晋郎 1994/07/06 柏 145cm/40kg
73 DF 新藤 菜央 1994/12/27 柏 152cm/35kg
74 FW 木村  裕 1994/06/03 柏 153cm/42kg
75 DF 堤  勇人 1994/07/13 柏 156cm/46kg
76 MF 秋元 章吾 1994/07/31 柏 156cm/41kg
77 FW 白石 悠人 1994/04/26 柏 158cm/54kg
78 DF 秋野 央樹 1994/10/08 柏 164cm/49kg
79 DF 江口 一平 1994/08/23 長生FC 150cm/38kg
80 MF 御牧 建吾 1994/08/02 藤崎SC 166cm/52kg
81 MF 越後  凌 1995/01/15 船橋イレブン2002 162cm/46kg
82 GK 氏家  陸 1994/05/09 ポカルスFC  161cm/48kg

■東京都
83 FW 村山  翔 1994/05/24 FCトリプレッタ渋谷 142cm/33kg
84 MF 中島 翔哉 1994/08/23 ヴェルディ 140cm/34kg
85 MF 安在 和樹 1994/08/07 ヴェルディ 148cm/43kg
86 FW 前田 直輝 1994/11/17 ヴェルディ 148cm/40kg
87 DF 高橋 成明 1994/07/14 ヴェルディ 150cm/38kg
88 MF 篠田 朋宏 1994/04/30 ヴェルディ 151cm/40kg
89 DF 服部 準平 1994/08/14 ヴェルディ 159cm/45kg
90 GK 磯部 和彦 1994/07/18 ヴェルディ 166cm/52kg
91 MF 川島 大路 1994/10/20 落合SC  156cm/46kg
92 MF 福森 健太 1994/07/04 清新第三小 144cm/39kg
93 MF 山下 由都 1994/09/18 高島平SC 150cm/38kg
94 MF 石井 翔大 1994/04/26 多摩市立第二小 150cm/40kg
95 MF 武井 謙介 1994/08/05 鶴牧SC  158cm/46kg
96 FW 木下 康介 1994/10/03 ドリームスSC 162cm/41kg
97 FW 森田 貴大 1994/06/19 はむら少年SC  168cm/59kg
98 MF 小泉 将来 1994/07/28 光が丘キッドSC 143cm/32kg
99 GK 鈴木 直輝 1994/07/04 ブルーファイターズSC 161cm/50kg
100 DF 岩田 慎平 1994/04/20 三菱養和SC巣鴨 165cm/45kg
101 DF 徳田 康朗 1994/09/26 武蔵大和ユナイテッド 161cm/51kg
102 DF 山中 洸貴 1994/05/25 横河武蔵野FC 155cm/45kg
103 MF 楠美 圭史 1994/07/25 横河武蔵野FC 163cm/45kg

■栃木県
104 MF 伊澤 徹弥 1994/08/13 FC中村 140cm/35kg
105 MF 種岡 岐将 1994/04/04 今二FCプログレス 163cm/48kg
106 FW 大貫 遼太 1994/10/22 FC Tドリーム 161cm/48kg
107 MF 水沼 駿亮 1994/04/11 金太郎JrFC 144cm/37kg
108 FW 天笠 優斗 1994/08/27 金太郎JrFC 149cm/38kg
109 FW 粕谷幸太郎 1994/04/17 田野FC  137cm/30kg
110 MF 手塚  優 1994/06/03 栃木SC 162cm/44kg
111 FW 菊地 竜作 1994.04.13 東那須野SSC 158cm/44kg
112 FW 竹村 優一 1994/06/25 南赤塚FC 150cm/36kg

■山梨県
113 MF 溝口 拓郎 1994/05/23 FCラーゴ河口湖 153cm/37kg
114 DF 赤池 大知 1994/07/17 USC 166cm/52kg
115 MF 込山 雄奨 1994/04/14 韮崎市甘利SSC 161cm/42kg
116 MF 志村 彰哉 1994/04/02 塩山SSC 140cm/31kg
117 DF 相山 祥悟 1994/05/16 韮崎東SSC 167cm/54kg
118 MF 早坂龍之介 1994/06/07 フォルトゥナSC 155cm/44kg
119 MF 寄特 直人 1994/05/12 フォルトゥナSC 157cm/41kg
120 FW 中村  際 1994/06/28 八ヶ岳北杜グランデFC 156cm/41kg


           

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土日の結果/高円宮U-15、プレミア愛媛予選、U-17TRM

連日連日ステキなニュースばっかりで、本当に心やすらぐ日々が続くけど、嫌がらせしたってどうにもなるまいにと思う、「土日の結果」です。

■高円宮U-15 準々決勝

 ▽12/25(月) 追浜 1-3 FC東京深川

  FW:榎本大希、小野裕二
  MF:天野純、澁谷元気(→中田航平)、保田隆介、小野悠斗
  DF:岡直樹、樋川愛輔、赤倉一行(→丸山透)、原広樹
  GK:四宮祐貴

  得点:
   後半02分 (深川:阿部巧)
   後半06分 (深川:笠原健太)
   後半07分 小野裕二
   後半23分 (深川:山崎直之)

仕事でいけなかった。後半立ち上がりに連続失点。すぐに1点返すも、後半23分に駄目押しの1点を入れられ、2試合連続のミラクルとはならなかった。ユー ス、トップに続き、追浜も最後の試合を見届けることができなかった・・・ おっぱまーず06お疲れ様。色々楽しい思い出をありがとう。高校に行ってもがん ばれ!

■JFAプレミアカップ(旧ナイキカップ)愛媛県予選

 ▽12/23(土)
   愛媛U-13 5-1 小野中学校
   愛媛U-13 5-0 帝人SS

危なげなく東予地区予選突破。県予選は年明けかな?

■U-17日本代表TRM

 ▽12/23(土)
   U-17日本代表 6-5 立正大

  得点:9分大塚翔平、27分大迫勇也、30分鶴野太貴、32分齋藤学、57分端戸仁、93分端戸仁(PK)

  1本目
  FW:大塚翔平、大迫勇也
  MF:齋藤学、米本拓司、鶴野太貴、武富孝介(→益山司)
  DF:永田拓也、砂川太志、濱田水輝、大崎淳矢
  GK:吉田智志

  2本目
  FW:端戸端戸、富山貴光
  MF:河野広貴、山田直輝、益山司、八反田康平
  DF:山崎正登、安田隆、甲斐公博、奥井諒
  GK:大畑拓也

乱打戦でキャンプを終了。このメンバーから再度U-17代表が組織され、1月30日からメキシコでのチーバスカップに参加する。相手はボカやパルメイラス のU-18チームや、U-17パラグアイ代表、アメリカ代表だそうだ。めちゃくちゃ見たいけど、メキシコかぁ・・・ むむむ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月25日 (月)

横浜移籍情報 〜さらば、達也、ユウタロウ

♪オーオー たつやー えのもと た・つ・やー

大抵一番最初に歌うチャント。これを歌うと、さぁ、試合だぞという気がしてくる。音域が合うというのもあるし、オーオーの部分が誇らしげで、何気に一番好 きなチャントだった。来年からはもうこのチャントを歌うこともないと思うと寂しい。能活の移籍後、横浜の守護神として活躍していた2002〜2003年頃 はいつ代表に選ばれるか楽しみにしていた。確かにここ数年は決定的なミスが多くポテンシャルを十分に発揮はできてなかったが、横浜にタイトルをもたらして くれた2001年のナビスコ決勝、2004年のCSのPK戦は忘れない。ありがとう、達也。神戸に行ってもがんばれ。

ちょっと気が早いけれど、試合後のコメントを読んでいると達也はゲームを分析する目があるように思う。引退したら、ぜひ指導者の資格を取って、再び横浜で活躍してくれればと思う。

そして、ユウタロウ。指定強化選手として衝撃のデビューを飾った仙台戦@三ツ沢が、横浜での最高のパフォーマンスだった。本人のポテンシャルからすれば もっとできたはず。何が悪かったのか。横浜の育成?環境?ユウタロウが伸びなかった理由をチームはしっかり分析して、来年入ってくる才能ある新人たちを潰 すことのないようにして欲しい。(今のままでは希望薄か・・・) ユウタロウは新しい地で今度こそ結果を残せ!

ちなみにユウタロウの移籍するフェルヴォローザ石川・白山FCは数馬も所属する(来年もいるのかどうかは分からないけど)JSC(ジャパン・サッカー・カレッジ)と同じ北信越社会人リーグ1部のチーム。機会があればユウタロウvs数馬ってのも面白そうだ。

===================================================

横浜F・マリノスでは、榎本達也選手のヴィッセル神戸への完全移籍が決まりましたのでお知らせ致します。

榎本 達也(えのもと たつや)
ポジション:GK
出身/生年月日:東京都/1979年3月16日
身長/体重/血液型:190cm/75kg/O型
経歴:浦和学院高校―横浜マリノス―横浜F・マリノス

出場記録(2006年12月25日現在)
所属 Jリーグ ナビスコカップ 天皇杯 ACL
1997年 横浜マリノス 0(0) 0(0) 0(0) −
1998年 横浜マリノス 0(0) 4(0) 0(0) −
1999年 横浜F・マリノス 0(0) 0(0) 0(0) −
2000年 横浜F・マリノス 3(0) 2(0) 0(0) −
2001年 横浜F・マリノス 5(0) 3(0) 1(0) −
2002年 横浜F・マリノス 30(0) 6(0) 2(0) −
2003年 横浜F・マリノス 15(0) 4(0) 2(0) −
2004年 横浜F・マリノス 30(0) 4(0) 0(0) 5(0)
2005年 横浜F・マリノス 11(0) 2(0) 1(0) 2(0)
2006年 横浜F・マリノス 18(0) 2(0) 0(0) ―
J1通算 112(0) 27(0) 6(0) 7(0)

榎本達也選手コメント
「10年間ありがとうございました。移籍に関しては、個人的にも納得できるものなので、とても楽しみにしています。長い間、応援ありがとうございました。」 

===================================================

横浜M・阿部が移籍 北信越社会人1部リーグへ

 J1横浜Mは25日、FW阿部祐大朗が北信越社会人1部リーグのフェルヴォローザ石川・白山FCへ移籍が決まったと発表した。
(了)

[ 共同通信社 2006年12月25日 21:10 ]

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

悲しくなる         夢は会計士さん
去年の大橋君、遠藤さんときて今年はドゥトラ様に達也君。生え抜きや功労者の放出は悲しいです。彼等と入れ替わりにやってくる奴ら(平野や吉田)が並の選手なら余計腹立ちます
何故横浜は下部組織の充実をトップで活かせないのか。育成放棄して一流ではない奴等を補強、そして金がなくなったから功労者を切る。おかしいですよ。フロントはお金の事よりもチームの未来を真剣に考えて欲しいです。(2006.12.26 08:58:10)

淋しいですねェ       ぽっぽっぽさん
トップの考えがサポーターに伝わらないチーム造りは応援意欲を失います。強くなければファンは集まりません。まずはプレーする選手たち、応援するサポーターをトップは考えてほしいです。(2006.12.26 13:04:35)

Re:悲しくなる(12/25)       ultraleftyさん
夢は会計士さん
> フロントはお金の事よりもチームの未来を真剣に考えて欲しいです。

内部の事情は分からないし、新聞報道を鵜呑みにするのもどうかと思いますけど、決してフロントに非がないとは思えません。お金にしても、チーム強化方針にしても、ちゃんとサポーターに隠さずに説明さえしてくれれば、どんなに厳しい内容だとしても、チームを助けることができるのになぁと思います。とてもプロチームのマネージメントする会社とは思えません。もやもやしたまま年を越さないといけないみたいですね・・・(2006.12.27 00:53:02)

Re:淋しいですねェ(12/25)       ultraleftyさん
ぽっぽっぽさん
>トップの考えがサポーターに伝わらないチーム造りは応援意欲を失います。強くなければファンは集まりません。まずはプレーする選手たち、応援するサポーターをトップは考えてほしいです。

どんなにひどくても、惚れた弱みで応援はし続けますけど、方針がはっきりせず、フロントもサポーターを金蔓ぐらいにしか考えてないようで、本当に残念ですね。金蔓と思っているんなら、いっそのこと気持ちよく金をださせるようなチーム作りをすればいいのに・・・ 腐ってますね。(2006.12.27 00:55:56)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月24日 (日)

愛媛サイン会+記念グッズ+ミノル

サッカーのないクリスマスイブ。神戸でうまい焼肉食いたかったなぁ・・・

その代わりというわけではないけれども、今日は新橋のせとうち旬彩館で 行われた「愛媛FC選手サイン会」に参加。せとうち旬彩館は新橋の駅を出たすぐのところにある愛媛・香川のアンテナショップ。1Fが物産販売所、2Fが瀬 戸内料理の「かおりひめ」 行ったのは初めてだけど、立地もいいし、愛媛の料理が食べられるのはいいな。物産も豊富だし、これから松山土産はここで買おう (笑)皆さんもよければ一度どうぞ。「かおりひめ」では新鮮な魚に、名物鯛めしも食べられるようですよ。

サイン会にはエイゴとちっしーが参加。2人とも地元が埼玉なので、正月帰りにちょっとお仕事、ってとこだろうか。何となく成り行きで配布物を渡すのをお手 伝い。選手の横で見ていると、やはりというか、浦和サポが多い。2,3人浦和時代のユニにサインを求めている人もいた。ギャル(〜)サポも多い。2ショッ トで写真を撮りたがるギャル(〜)さんは、ほとんどすべて千島のファン。エイゴがちょっと寂しそうだった(笑) エイゴのためにも関東在住愛媛ギャルサポ を増やさなきゃな。リーダーY氏、来年は関東ギャルサポ強化で行こう!(笑)

20061224
(写真:サインするエイゴとちっしー)

家に戻ると、サンタさんがJ2初年度記念Tシャツと、ピンバッチを届けてくれた。最近のサンタさんは郵便局員の格好をしていて、送料も取られちゃうようだ(笑)

#ちょっとグチ。ピンバッチの支払い方法は現金書留じゃなくて振り込みにして欲しかった。送料+書留手数料で結局1.5倍ぐらいの値段になっちゃったよ(涙)

そうそう、昨日のことだけど、ミノルの柏帰還が発表された。サポーター懇親会で強く握手して、じっと目を見て受け答えしてくれた君を忘れないよ。柏に戻って青ユニ目指してがんばれ!でもって、横浜とやる時は、代表でチームを抜けててね!(笑)

================================================

愛媛FCはこの度、2006シーズン活躍しました菅沼 実選手が、期限付き移籍期間終了に伴い、柏レイソル(J1)へ戻ることになりましたのでお知らせいたします。

■コメント
一年間本当にお世話になりました。愛媛FCでプレーした今シーズン、喜びと感謝の気持ちでいっぱいです。プロ選手として、日本代表、オリンピック代表を目 指したいと強く思い、レベルの高いJ1に帰ります。将来、青いユニホームを着ることが、愛媛への恩返しにもなるかと思います。来年は柏レイソルでプレーし ますが、愛媛FCサポーター、関係者様への感謝の気持ちを忘れず頑張りますので、今後とも応援、なにとぞよろしくお願いします!本当に一年間ありがとうご ざいました!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Re:愛媛サイン会+記念グッズ+ミノル(12/24)         ipizumiさん
写真ありがとうございました。早速事務局にお送りしました。監督のものは、監督にちゃんと届くそうです。
みなさんのおかげで、来年は愛媛FCクラブメンバーは旬彩館で特典を受けられるかもしれません。松山土産はぜひ旬彩館で。
 今日は紹介できませんでしたが、六時屋さんの名前は忘れたんですが新商品は絶品です。空港にもおいてなくて、本店か旬彩館じゃないと売っている所を知りませんが、家の妻の評価は最高級でした。(2006.12.24 21:52:50)


Re[1]:愛媛サイン会+記念グッズ+ミノル(12/24)       ultraleftyさん
ipizumiさん
>写真ありがとうございました。
どういたしまして。

>みなさんのおかげで、来年は愛媛FCクラブメンバーは旬彩館で特典を受けられるかもしれません。松山土産はぜひ旬彩館で。

色々お疲れ様です。しかし、すごい行動力ですね。

> 今日は紹介できませんでしたが、六時屋さんの名前は忘れたんですが新商品は絶品です。

駄目じゃないですか、忘れちゃ(笑)スイーツ好きとしては非常に気になります。六時屋のHPを調べましたが、超特選タルト70かビスキーショコラでしょうか?思い出したら教えてください。(2006.12.24 22:30:11)


Re[2]:愛媛サイン会+記念グッズ+ミノル(12/24)       ipizumiさん
ultraleftyさん
行動力はultraleftyさんにはかないません。

さて、六時屋の件ですが、ビスキーショコラではなくビスキーロールだったと思います。結構量がありますが、お土産にはちょうどいいです。ぜひ御賞味下さい。(2006.12.24 22:41:16)


Re[3]:愛媛サイン会+記念グッズ+ミノル(12/24)       ultraleftyさん
ipizumiさん
>行動力はultraleftyさんにはかないません。
私は見に行くだけですから(笑)

>ビスキーロール
ありがとうございます。今度旬彩館で買ってみます。
(2006.12.25 10:09:18)


まかせておいてよ!!       リーダーYさん
2007年シーズンはギャルサポ強化年です!!(笑)
ついでにギャル男も!!(笑)(2006.12.26 00:36:50)


Re:まかせておいてよ!!(12/24)       ultraleftyさん
リーダーYさん
>ついでにギャル男も!!(笑)

ギャル男はいらんが、若手は欲しいね。(2006.12.26 01:20:04)26)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月23日 (土)

高円宮U-15 決勝Tベスト16 追浜vsFC前橋 〜すげーよ

残り時間は10分足らず。追浜は3点のビハインドを追いかける。1ボランチにして、両サイドバックも高い位置を維持し、総攻撃を仕掛ける。守備は2年生の 保田君、センターバックコンビの樋川君、赤倉君が奮闘。前がかりになった追浜の裏をつくFC前橋の強力な攻撃を必死でつぶす。体調不良の中田君に代わり再 びキャプテンをまかされた赤倉君が、最後尾からチームを鼓舞する声を絶えず送る。相棒の樋川君にも声をかける。

 愛輔、10番は俺が見るから、自由にやっていいよ。

FC前橋の10番糸井君はキャプテンマークをつけたFW。試合開始わずか2分に小林君の先制点をアシストするクロスを上げ、前半6分には自らチームの2点 目をあげている。代表の常連で、恵まれたフィジカルにテクニックを備え、この年代では突出した選手だ。その糸井君に、小林君、滝上君、高橋君らがからんだ 前橋の攻撃は脅威。ここまでの試合を大量得点で勝ち進んで来たのが納得の素晴らしさ。

とはいえ、追浜の攻撃陣も決して引けを取らない。1stシュートは追浜。榎本君が個人技で相手DFを切り裂き、強烈なシュートを放つ。しかし、これはあと 一歩というところでふさがれる。これが入っていれば試合の展開は変わったかもしれないが、先に書いたように直後に簡単にサイドを破られ2失点。立ち上が り、明らかに追浜は緩く試合に入ってしまった。

会場の名古屋市港サッカー場は曇り。ちょっと寒いぐらいの天候だったが、時間経過と共に追浜製のエンジンも温まってくる。例によってくるくる回りつつ(笑)、狭いところ狭いところをついてくるテクいサッカーを繰り広げるおっぱまーず。思わず口にしてしまう。

 負けてるけど、何か楽しい。

正直最後の最後まで勝てる確信のなかった試合展開だったけど、見ている方は不思議と悲壮感も焦りもなかった。前半最初こそ前橋の攻撃陣に失点を喫してし まったが、全体的なペースは追浜。実際にビックチャンスも何度もあった。ただし、前橋DF陣の早い寄せにシュートは阻まれ、枠に向かったゴールもバーに弾 かれ、GKに弾かれ、どうしても得点にはならない。

 NOT おっぱまず デイ

後半、坪倉監督は澁谷君、中島君、丸山君と攻撃の選手を次々と投入する。キャプテン赤倉君は最後尾から声を送る。サブの選手もアップしつつチームに声を送 る。もちろん、父兄をはじめサポーターも観客席から声援を送る。そして、奇跡の6分間が訪れた。後半のキックオフは11:52。U-15世代は40分ハー フ。

 12:29 後半37分。丸山君が長い距離をドリブルで仕掛け、遠目からシュート。ゴール!

 12:31 後半39分。ゴール前での混戦を抜け出した澁谷君がシュート。ゴール!
      (公式記録では岡君だが、サポ写真鑑定では澁谷君:)

 12:35 ロスタイムは2分。あと1プレイか。GK四宮君のFKが左サイドの小野悠斗君にわたり、
     ゴール前に山なりのクロス。姿勢を崩しながらも中島君がヘッド。
     弧を描いたボールはGKの頭上を越え、ゴールに吸い込まれる!

沸き立つ追浜側ベンチに観客席。しかし、まだ勝ったわけじゃない。

 はい、はい、サポも父兄も落ち着いて。こっから、こっから。

と声を出してはみるものの、そう言いながら小躍りしている(笑)

そして10分ハーフの延長戦に突入。選手・スタッフ全員で円陣を組み、選手自ら口々に声を出してもう一度気合を入れる。3点差を追いつかれた前橋、3点差を追いついた追浜。気持ちの差は歴然。追浜の猛攻に、耐える前橋という構図で試合は進む。

同点劇の興奮も鎮まり、殊勲の同点弾を決めた中島君が延長後半5分に2枚目のイエローで退場し、これはPK戦かと思い始めた延長後半ロスタイム。ゴールラ インギリギリから榎本君がクロス。ゴール前での競り合いでこぼれたボールを榎本君が拾い、フリーの小野悠君に。左足で蹴りこまれたシュートはネットを揺ら した。年甲斐もなく雪崩れる(笑) そしてすぐにタイムアップ。

あまりの劇的な勝利に、試合終了後も、帰りの鈍行の中でも、祝勝会の牛角でも口から出るのはただひとつ。

 

すげーよ、すげーよ、おっぱまーず!

20061223
(写真:ミラクルおっぱまーず。全員の勝利)

P.S.
というわけで、あまりの感動に神戸行きはどっかに行ってしまいました>h_heitaさん

<追浜>

_____榎本大希(9)___小野裕二(11)____

天野純(8)_____________小野悠斗(10)

_____伊藤玄(12)___保田隆介(5)_____

岡直樹(7)_樋川愛輔(4)_赤倉一行(2)_原広樹(3)

_________四宮祐貴(1)_________

<FC前橋JY>

_____糸井康裕(10)__小林雄剛(11)_____

滝上竜輔(8)_____________久保裕志(9)

_____上星脩大(6)___高橋大樹(7)_____

林和成(4)_大崎聖也(3)_中嶋洋太(2)_岩崎裕士(5)

_________小野貴志(1)__________

交代:
 前半37分 前橋:岩崎→近藤教文(17)
 後半00分 追浜:伊藤→澁谷元気(15)
 後半17分 追浜:小野裕→中島明人(11)
 後半21分 追浜:天野→丸山透(8)
 後半29分 前橋:林→中尾優作(13)
 後半39分 前橋:高橋、中尾→鈴木恵士(15)、清水貴文(24)

得点:
 前半02分 前橋:小林雄剛
 前半06分 前橋:糸井康裕
 後半07分 前橋:高橋大樹
 後半36分 追浜:丸山透
 後半39分 追浜:澁谷元気
 後半39分 追浜:中島明人
 延長後半39分 追浜:小野悠斗

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Re:高円宮U-15 決勝Tベスト16 追浜vsFC前橋 〜すげーよ(12/23)         h_heitaさん
スコアしか見てなかったのですが凄い試合だったんですね。
おっぱまーずおめでとうございます!
神戸行きは、まあキャンセルで良かったですかね。
マリノスの今季最終戦になっちゃいましたが、マリノスもガンバも試合内容はショボかったらしいですし。(2006.12.24 15:30:07)

Re[1]:高円宮U-15 決勝Tベスト16 追浜vsFC前橋 〜すげーよ(12/23)       ultraleftyさん
h_heitaさん
>スコアしか見てなかったのですが凄い試合だったんですね。

はい、凄かったです。

>マリノスもガンバも試合内容はショボかったらしいですし。

勝ったチームの試合内容がショボいと言われると、負けたほうの立場がありません(涙)(2006.12.24 17:45:26)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月22日 (金)

マリサポ的高校選手権注目選手

早いもんで再来週からは2007年。年末年始といえばやはり高校サッカー。石原の入団も発表されたことだし、サカマガ(超久しぶりに買った)の名鑑から、 マリサポ的高校選手権注目選手をチェック。ただし、サカマガのメンバーは予想メンバーのようなので、本登録時には変更があるかも。

まずはOB選手たち。

■茨城 鹿島学園
 20 MF 小谷駿介 追浜05
 23 FW 阿渡真也 追浜05 #FWなの?

■神奈川 桐光学園
 04 DF 鈴木翔太 追浜04
 07 MF 北井佑季 新子安04
 11 FW 新田 圭 追浜03
 12 DF 田港周平 追浜04
 13 DF 丸山洋平 新子安03
 16 DF 尾泉大樹 追浜04
 17 GK 竹下将之 追浜03
 18 MF 鈴木孝司 追浜04
 21 FW 高橋 諒 新子安03
 24 MF 安藤太一 新子安04

■静岡 静岡学園
 12 MF 長崎健人 追浜05
 22 DF 長崎泰樹 追浜03

もちろん横浜入団が決まっている選手も大会には出場する。

■愛知 中京大中京
 11 DF 石原 卓 名古屋JY
 14 FW 伊藤 翔 FCフェルボール愛知 #どうすんの?

■滋賀 野洲高校
 10 MF 乾 貴士 セゾン

■宮崎 鵬翔高校
 13 MF 山本郁弥 千里丘FC #怪我はどうなんだろう?

ちなみに、愛媛JYのOBは済美高校に3人

 16 FW 大谷庸平 2年
 19 MF 林 昌佑 1年
 20 DF 渡邊尚仁 1年

さて、年末年始はどのチームを見ようかな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜移籍情報 石原入団

かねてからいろんなところで内定と聞いていた中京大中京の石原の入団が発表された。がっちりした左サイドバックのようだ。ドゥトラがいなくなって、一気に 競争が激しくなったポジションだから、出番がなくても腐らずがんばって欲しい。てか、才能を腐らすなよ>誰か知らんが次の監督

==================================================

横浜F・マリノスでは2007年度の新加入選手として、中京大付属中京高校よりMF石原卓選手の加入が決まりましたのでお知らせ致します。

石原 卓(いしはら たく)
ポジション:MF
出身/生年月日:愛知県/1988年10月3日
身長/体重:177cm/70kg
出身校:名古屋市立天白小学校(八事FC)―名古屋市立天白中学校(名古屋グランパスジュニアユース)―中京大付属中京高校

*左足からのミドルシュート、クロスボールを武器にサイド攻撃を担う。技術、体力ともに高いレベルで左サイドを支配する。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月21日 (木)

ALL FOR 2008!

仕事上で大トラブル。土日やばいかもと思ったけど、何とか復旧。ホッ。心身ともに疲れちったので、短め。

北京五輪アジア2次予選スケジュールが発表になった。愛媛サポ的には縁のある選手が選ばれるかドキドキ。横浜サポ的にも急遽反町ジャパンに選ばれた”俺たちの乾”が引き続き選ばれるか、これまたドキドキ。

親善試合
 2007/02/21(水) 19:00 vsU-22アメリカ代表 熊本KKWING

アジア2次予選 
 2007/02/28(水) 19:00 vsU-22香港代表orバングラデシュ代表 @国立
 2007/03/14(水) ??:?? vsU-22マレーシア代表 @??
 2007/03/28(水) 19:00 vsU-22シリア代表 @国立

熊本か。今年は研修大会もないし、メンバー次第では久々に行ってみるかな。ああ、でも水曜日か・・・

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

はじめまして         夢は会計士さん
大阪在住の横浜ファンです。乾君、魅惑の選手ですね。最近横浜は遠藤さんや大橋君等生え抜きやドゥトラ様等チームに尽してくれた人を切り平野やマグロングラウなど名前だけの補強に走り悲しい。そんな私に光をくれるのは隼磨君や坂田君、マイク等元気な生え抜きや狩野君みたいな才能豊かな若手の存在。特に若年層の代表がいなくなって久しい中、マイクや乾君、長谷川君には頑張ってもらいたい。この子達の光を信じて横浜を応援してます長文失礼しました。(2006.12.22 08:23:30)

Re:はじめまして(12/21)       ultraleftyさん
夢は会計士さん
>大阪在住の横浜ファンです。

こんにちは。昨日の天皇杯は行かれたのでしょうか?残念な結果でしたね。

>特に若年層の代表がいなくなって久しい中、マイクや乾君、長谷川君には頑張ってもらいたい。この子達の光を信じて横浜を応援してます長文失礼しました。

本当に、若手選手のがんばりに期待せざるを得ない状況ですね。来年は、日本の財産といってもいい若手を伸ばしつつチームの勝利を目指すスタッフが必要なのですが・・・ 新聞報道を見ている限りではお先真っ暗という感じです。ふぅ・・・
(2006.12.24 17:41:46)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月20日 (水)

愛媛FC移籍情報 〜来る人、帰る人、残る人

来る人へ:これからひとつよろしく頼みます。 #「すすむ」だったのかぁ〜〜!!
帰る人へ:1年間お疲れさまでした。またいつか。あっ、二人とも髪が短い方がカッコいいよ。
残る人へ:また1年ともに戦おう!来年はカード減らそうな(笑)

================================================

サンフレッチェ広島所属の大木 勉選手が、愛媛FC(J2リーグ)へ移籍することが決定いたしましたのでお知らせいたします。

【大木 勉(おおき すすむ)選手プロフィール】

■氏名: 大木 勉 (おおき すすむ)
■生年月日:1976年2月23日(30歳)
■出身地:愛媛県
■身長/体重:177cm/74kg
■ポジション:FW

■サッカー歴:
南宇和高−青山学院大−サンフレッチェ広島−大分トリニータ−サンフレッチェ広島

■出場記録:
年度/チーム/リーグ戦/カップ戦/天皇杯
1995年/広島 J1/14試合 2得点/-試合 -得点/1試合 0得点
1996年/広島 J1/7試合 0得点/4試合 1得点/0試合 0得点
1997年/広島 J1/11試合 1得点/0試合 0得点/1試合 0得点
1998年/広島 J1/20試合 4得点/4試合 0得点/3試合 0得点
1999年/広島 J1/6試合 1得点/2試合 0得点/0試合 0得点
2000年/大分 J2/6試合 0得点/2試合 0得点/0試合 0得点
2001年/広島 J1/20試合 8得点/3試合 3得点/1試合 0得点
2002年/広島 J1/18試合 4得点/5試合 0得点/3試合 1得点
2003年/広島 J2/36試合 8得点/-試合 -得点/3試合 1得点
2004年/広島 J1/21試合 5得点/4試合 0得点/0試合 0得点
2005年/広島 J1/32試合 3得点/5試合 2得点/2試合 1得点
2006年/広島 J1/5試合 0得点/0試合 0得点/0試合 0得点
(合計) J1/154試合 28得点/27試合 6得点/11試合 2得点
     J2/42試合 8得点/2試合 0得点/3試合 1得点

■コメント:
「今までご声援いただいたサポーターのみなさん、関係者のみなさん、長い間ありがとうございました。広島で培った経験を生かし、愛媛FCで頑張ります。これからも、ご声援よろしくお願いします。」

================================================

さて、愛媛FCはこの度、田村祐基選手が、期限付き移籍期間終了に伴い、サンフレッチェ広島(J1)へ戻ることになりましたのでお知らせいたします。

■ コメント
愛媛FCでの経験をこれからも生かし頑張ります。愛媛FCのサポーターは本当に温かく、いつも応援してくれてうれしかったです。これからも頑張りますので、変わらぬご声援よろしくお願いします!

================================================

さて、愛媛FCはこの度、高萩洋次郎選手が、期限付き移籍期間終了に伴い、サンフレッチェ広島(J1)へ戻ることになりましたのでお知らせいたします。

■ コメント
愛媛FCでは素晴らしい経験を積むことができました。そのおかげで、U-21日本代表に選出されることもできたと思っています。この経験を生かし、これか らのサッカー人生も頑張っていきたいと思っていますので、変わらぬご声援をよろしくお願いいたします。1年間本当にありがとうございました!

================================================

現在、サンフレッチェ広島(J1)より愛媛FCへ期限付き移籍中の森脇良太選手は、期限付き移籍期間を延長し、来季も愛媛FCでプレーすることに決定いたしましたのでお知らせいたします。

■コメント
もう一年間愛媛FCに、お世話になることになりました。愛媛FCのスタジアムの雰囲気が素晴らしく、大好きですが、再び、自分のプレーでスタジアムを熱狂させられるよう頑張ります!2007シーズンも熱い声援をよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月19日 (火)

2007年シーズン日程

■ナビスコ日程

ACLに出場する浦和、川崎以外の16チームでのグループリーグ戦。その後、1位チームと2位チームのうち成績上位の2チーム+浦和、川崎の8チームが決 勝トーナメント出場。Bグループの横浜は大宮、柏、清水と同組。2,3年前なら楽なグループだったんだけど、最近の試合っぷりを見てると最下位だってあり うるなぁ・・・(涙) 場所は比較的近場ばかりなのでラッキー。実@柏との対戦が楽しみ。

 ○予選リーグ
  第1節 3/21(水・祝)
  第2節 3/25(日)
  第3節 4/ 4(水)
  第4節 4/11(水)
  第5節 5/ 9(水)
  第6節 5/23(水)

 ○決勝トーナメント
  準々決勝 第1戦 7/7(土)、第2戦 7/14(土)
  準決勝 第1戦 10/10(水)、第2戦 10/13(土)
  決勝  11/3日(土・祝)

■Jリーグ日程

詳しくは こちら

開幕は3/3。最終節は12/1。入れ替え戦が12/5・8。
J1の方は平日開催が第16節(6/20)、第20節(8/15)、第23節(8/29)の3回。一方J2は13回。やっぱきついな、J2は。
対戦カードは1月25日発表。


           

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月18日 (月)

土日の結果/JFAカップ、高円宮U-15、U-17TRM 他

父兄でもないのにわざわざ横浜から高知に2週連続で中学生の試合を見に行く人間の存在っていうものがひょっとして普通の人には理解不可能なのかもしれないとちょっと思った(一息)、「土日の結果」です。

■JFAプレミアカップ(旧ナイキカップ)神奈川予選

 ▽12/16(土)
   新子安U-13 9-1 FCインフィニット相模原

全く情報がなく、メンバー、得点者等不明。とまれ、全勝でグループリーグ1位通過。残念ながら(?)新子安も、追浜も1位抜けなので、勝ち進めばベスト8で対戦することとなった。川崎が横浜栄、FC厚木DREAMSから勝ち点3をあげられず、まさかのグループリーグ敗退。

■第4回8人制サッカー関東大会 神奈川県予選

 ▽12/16(土) グループリーグ
   追浜U-11 3-1 鵠洋
   追浜U-11 3-0 鳶尾JSC
   追浜U-11 2-1 大野原

 ▽12/17(日) 準決勝リーグ
   追浜U-11 0-2 しらゆり
   追浜U-11 2-1 JESC

■高円宮U-15 グループリーグ

 ▽12/17(日) 愛媛 0-7 広島

  FW:二神彰胤(→越智優麻)、岡本剛史(→林龍之介)
  MF:西原拓也、野本隆志(→徳田圭亮)、福岡知晃、大口雄史(→河本滉平)
  DF:梶田陽(→金子聡一郎)、林晋之介、渡部翔大(→竹本紘大)、山田純平
  GK:渡部優介(→越智勝大)

グループリーグで唯一見れなかった愛媛の試合。結果は完敗。3年生はこれで、ジュニアユース年代の公式戦がすべて終了。お疲れ様でした。ユースに昇格する選手、高校に進む選手、色々だと思いますが、それぞれの道でがんばってください。またいつか会える日を。

■U-17日本代表TRM

 ▽12/19(火)
   U-17日本代表 3-0 流通経済大学 得点:5分大塚、55分端戸、87分学

  1本目
  FW:大塚、富山
  MF:河野、山田、鶴野、八反田
  DF:奥井、安田、濱田、大崎
  GK:大畑

  2本目
  FW:大迫、端戸
  MF:原口、武富、米本、学
  DF:永田、甲斐、益山、砂川
  GK:吉田

U-17の合宿TRM。流通経済大は、JFLチーム相当。横浜ユースOBの加藤が先発、保崎がサブで途中出場。端戸、学共にゴールをあげ、いい感じ。って、あれ?未来日記だ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月17日 (日)

高円宮U-15 GL#3 追浜vs京都 〜実はラッキー

昨日は、高知名物を!と勢いこんで夕方の街に繰り出したものの、忘年会シーズンで目ぼしそうなところはどこも満席で、結局白木屋で祝勝会(涙) 時間を切 られていたので、お開きは7時30ごろ。その分ゆっくりと寝ることができたので、朝早く起きて、またしても朝市へ。前回はあまり時間がなくて十分楽しめな かったので、名物の冷やしあめ(あめ湯の方がよかった)を飲みつつ、ゆっくり見て回る。といっても、野菜や果物は荷物になるので眺めるだけ。

朝早かったが、ひろめ市場の定食屋さんは営業していたので、そこで朝食。アラカルト式の定食屋なので、好きなものを選べる。ご当地物をということで、まぐ ろのはらんぼ塩焼き、のれそれ、シシ汁をチョイス。朝飯にしてはちょっと贅沢かつ高かったが、まぁせっかくだから(笑) いや、うまかった。白木屋行くぐ らいなら、昨日はひろめ市場にしておけばよかったな・・・

9:30にサポ仲間と車で春野へ。今日の会場は球技場。これで陸上競技場、陸上競技場補助、球技場と、春野の3つの会場コンプ(笑) 球技場に到着するとパパサポさんたちが仕込みの真っ最中。今日は”創作エリア”が限られていることもあり、コンパクトにこんな感じ。

2006121701
(写真:パパサポ&サポのコラボレーション)

昨日の段階で追浜の決勝トーナメント出場が決まっていたら、陸上競技場の方の愛媛vs広島を見ようと思っていたが、追浜も場合によっちゃ予選敗退もありうる状況だったので、愛媛の方は弾幕だけ設置。最終戦が追浜vs愛媛だったらなぁ・・・

地元の中学生で満席に近いスタンドで話をしながら、先発メンバーのアナウンスを聞く。

 GK 梶谷昇平 背番号 20

局所的にどよめきが起きる。さらに続々と。

 DF 平野修 背番号21
  ・・・
 MF 中居翔太 背番号17
  ・・・
 FW 中島明人 背番号17

結局、追浜は1,2戦目のスタメンで、この試合もスタメンなのは5人だけ。大量失点さえしなければ、まず大丈夫な位置にはいるにしても、坪倉さん、何とも まぁ大胆だ。でも、おっぱまーずファンとしては、いろんな選手が見れて楽しい。どんなサッカーを見せてくれるのかわくわくする。

2006121702
(写真:びっくりスタメン)

2試合終わって京都は1勝1敗。決勝トーナメント出場の可能性も十分あるだけにモチベーションは高い。追浜はメンバーを多く変えすぎて、コンビネーション が悪い。なかなかボールがつながらず、フィニッシュまでいけない。前半15分に京都の宮吉君に先制点を決められる。先制され、ますます追浜の攻撃は形にな らない。結局前半のシュートはわずか1本にとどまった。

追浜は後半ハーフタイムに一挙に5人交代し、1,2戦とほぼ同じメンバー。さすがにやりなれているこのメンバーだとボールもきっちりつながるし、京都を圧 倒する時間が続く。特に小野裕二君は存分にテクニックを見せつける。小柄な小野裕二君だが、フィジカルで勝る相手を、キレキレテクニックで抜いていく。本 当に見ていて楽しい。

が、シュートの機会は多いものの得点には結びつかない。追浜が追いついたのは後半26分。小野裕二君がドリブルでPAに侵入し、相手DFに倒されPK。これをお兄ちゃんの小野悠斗君がきっちり決めた。その後も、追浜のペースで試合は進むが相変わらず得点は入らない。

時計は進む。このまま引き分けでいい追浜と、負けたら確実に終わってしまう京都ではギリギリの所でモチベーションの差が出てしまった。あとワンプレイで終了というところで、クリアミスを拾われ失点。

愛媛vs広島は0-7で広島が大勝し、勝ち点で追浜に並ぶも得失点差で上回り、1位通過。追浜は得失点差で1点京都を上回り、何とか2位通過。後から考え ると冷や汗物。まぁ、選手もこの敗戦でもう一度気を引き締めて試合に望めるだろう。次の決勝トーナメント第1戦は、23日(土)11:00より名古屋港 サッカー場。対戦相手はFC前橋JY。初めての会場なので楽しみ。

<追浜>

_____中島明人(14)__丸山透(13)_____

澁谷元気(15)_____________天野純(8)

_____中居翔太(17)__保田隆介(5)_____

平野修(21)_樋川愛輔(4)_赤倉一行(2)_原広樹(3)

_________梶谷昇平(20)_________

<京都>

__________中島幹二(9)__________

山下嗣紋(11)______________久高徹(10)

_____宮吉拓実(20)___枝連崇人(14)_____

__________井上寛太(8)__________

沖剛史(3)_垣根拓也(4)_田中俊平(17)_武田有祐(19)

__________大西健太(1)__________

交代:
 後半00分 追浜:梶谷→四宮祐貴(1)
 後半00分 追浜:平野→岡直樹(7)
 後半00分 追浜:澁谷→小野悠斗(10)
 後半00分 追浜:中居→伊藤玄(12)
 後半00分 追浜:丸山→榎本大希(9)
 後半00分 追浜:中島→小野裕二(11)
 後半09分 京都:枝連→山田俊毅(25)
 後半15分 京都:久高→駒井善成(7)
 後半25分 京都:沖→中居恒(6)

得点:
 前半15分 京都:宮吉拓実
 後半26分 追浜:小野悠斗
 後半39分 京都:宮吉拓実


           

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月16日 (土)

高円宮U-15 GL#2 追浜vs広島 〜エースの榎本

引き続き、同じ会場(春野陸上競技場)で追浜vs広島。恐らくグループリーグ最大の山場。1試合目で愛媛が負けてしまったので、この試合では決勝トーナメント進出は決まらないが、もつれると得失点差が効いてくるため、追浜としてはできるだけ得点して、勝ち点3をあげたい。

思いは父兄も同じ。1試合目の最中からホームゴール裏で何やら仕込みをしているなと思ったら、試合が始まる頃には、ゴール裏に巨大なYFMの3文字が刻ま れた。設計図(!)にはちゃんと「生まれながらのトリコロール」弾幕も組み込まれていたので、設計図どおりに配置し、最終的には↓なゴール裏に。超清水に も負けない、すばらしいデコレーション。超バモス!お父さんたち(笑)ちなみに、写真からは分からないかもしれないけど、YFMの字は3色のテープを使っ てのもの。芸が細かい!

2006121603
(写真:JY史上最大級のデコレーション)

素晴らしくエキサイティングなゲーム、という印象が強かった試合だが、今改めて公式記録を見てびっくりした。追浜のシュートは前半2、後半4、広島のシュートは前半1、後半3。そんなに少なかったっけ?追浜が押しに押していた印象がある。

多分そういう印象が残ったのは、素晴らしいテクニックで密集をすり抜けていく追浜のプレイに魅せられていたからだろう。ピッチを広く使うのではなく、あえ て困難な道を行くかのごとく、狭いところ狭いところを通していく。当然、相手にプレッシャーを受けるが、それを抜くのを競うかのように、くるくる回って相 手を抜いていく。この試合のダイジェストを作るとすると、もちろんBGMは円広志の「夢想花」

 ♪回って 回って 回って 回〜〜るぅ〜〜

#どうでもいいが、円広志って高知県安芸郡東洋町出身なのか。やっぱ高知で行われた試合のBGMにはぴったり(笑)

そして、この試合のヒーローは何と言っても榎本君。秋の練習試合では、あまりキレが感じられずちょっと心配したが、今日の榎本君はまさにエースだった。2 ゴール1アシストと追浜のすべてのゴールに絡んだ。入らなかったシュートも、PAにドリブルで進入し、ゴールキーパーの二アを狙ったもの。相当調子がよく ないと狙えないコース。この調子で頼むよ!

追浜の狭いところを狙う技巧的サッカーは、もちろん相手のパスカットを受けて逆襲を受けるリスクをはらむ。実際、追浜の失点はパスカットから攻め込まれて のもの。リスクを冒すことを嫌う指導者なら、ピッチを広く使え、ボールを簡単に捌け、そういう指導をするかもしれないが、追浜は選手の個性を最大限に生か す指導をしているように思う。個性豊かな選手が、十分に個性を発揮して伸び伸びとプレイするのがおっぱまーずの魅力。このまま、創造性溢れるサッカーで2 つ目の頂点を目指そう!

2006121604
(写真:エースの榎本)

<追浜>
_____榎本大希(9)___小野裕二(11)____

澁谷元気(15)___天野純(8)____小野悠斗(10)

_________中田航平(6)_________

岡直樹(7)_保田隆介(5)_樋川愛輔(4)_原広樹(3)

_________四宮祐貴(1)_________

<広島>
_____玉田道歩(9)___中山雄登(17)_____

宮本徹(5)_____茶島雄介(8)____浅田裕史(13)

______秦和広(6)___吉本昌平(20)_____

__広住祐也(3)___山崎翼(4)___森保翔平(7)_

__________田村昇大(1)__________

交代:
 後半12分 広島:中山→砂川優太郎(12)
 後半22分 追浜:原→赤倉一行(2)
 後半28分 追浜:小野裕→丸山透(13)
 後半29分 広島:広住→荒井優輝(2)
 後半33分 追浜:天野→伊藤玄(12)

得点:
 前半30分 追浜:榎本大希
 後半05分 追浜:小野裕二
 後半30分 広島:玉田道歩
 後半34分 追浜:榎本大希

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

手元の集計によると         辻神さん
>追浜のシュートは前半2、後半4、広島のシュートは前半1、後半3

追浜 前半2 後半6
広島 前半1 後半3(2006.12.19 00:28:19)

Re:手元の集計によると(12/16)       ultraleftyさん
辻神さん
>追浜 前半2 後半6
>広島 前半1 後半3

どうもです。やっぱそんぐらいは打ってますよねぇ。

(2006.12.20 21:39:54)

           

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高円宮U-15 GL#2 愛媛vs京都 〜デビュー

高知市内から春野にバスで行こうと思うと、11:00キックオフに間に合うバスは07:35、08:09、10:15の3本。あまりギリギリの到着だと、 何と言うかスタジアムの空気になじむまでに時間がかかるから、余裕をもって出かけて、アップを見つつ徐々に気持ちを”サッカーを見る”状態にもっていくの がいい。かと言って早すぎると試合まで暇。

しかし、便も少なくあまり贅沢はいってられない。今回は8時の便に決め、食料を調達する必要もあったのでかなり余裕を持ってホテルを出た。順調に調達が終 わり、思いのほか早くバス停に到着した。そこにちょうど7:35のバスが遅れて到着。結局、想定してたのよりもっと早く、8時過ぎに現地に到着(笑)

幸いスタジアムはすでに開いていたので、荷物を置いて偵察。明日の会場の球技場やら、展望台をゆっくり散歩。何をするでもなく池をぼおと眺める。それにし ても春野運動公園広い。こんだけ広いと維持管理に相当金がかかるだろうなぁ・・・ 採算取れてるのか?取れてるわけはないなぁ・・・ 愛媛にもこんな施設 欲しいけど、やっぱ難しい。

1時間半前くらいにスタジアムに再度入って、愛媛若手応援弾幕を設置。

2006121601
(写真:愛媛若手応援弾幕)

若手(主に下部組織)応援弾幕なので”若き”という言葉。”みかん”はもちろん”蜜柑”であり”未完”。若く、可能性に溢れた愛媛の未完の選手たち。うま くいかなかった過去を振り返るよりも、むしろ希望に溢れた”前”を見つめて欲しい。”前へ!”向かって、トップチーム同様、 ”Speed&Aggressive”な清清しいサッカーを魅せて欲しい。そんな願いをこめた弾幕です。 

眠いので明日に続く(笑) 愛媛は第1戦と同じメンバー。お互い様子見のような展開ながら、8分に野本君がフリーでシュートを打つチャンス があったが、これは相手GKががっちりセーブ。直後、京都の中居君がドリブルで持ちあがり、斜めのクロス。これがDFの頭上を越え、そこに進入していたフ リーの宮吉君にわたり、シュート。愛媛は早々と失点してしまった。愛媛はダブルボランチの福岡君、西原君が中盤でボールを捌くが、3トップ気味の攻撃的な 京都の布陣にどうしても守備的に成らざるを得ず、ボールを戻すことも多く、有効な攻撃ができない。

後半に入り愛媛は、越智君、河本君を次々と投入。このあたりから、ゲームが生き生きとした動きを見せ始める。後半に備えて体力を温存していたかのような愛 媛。それぞれの運動量がアップし、積極的に前を目指せるようになる。対する京都も前がかりになった愛媛の裏をつきカウンター。攻守が目まぐるしく変わり、 見ていて非常に面白い。渡部優介君のナイスセーブもあった。

後半28分、愛媛に待望の得点が生まれる。福岡君がドリブルで持ち上がり、河本君にパス。これは相手DFに当たったものの、処理を誤ったボールがちょうど うまい具合に河本君の前にこぼれた。河本君はこれを冷静に決め、愛媛が同点に追いついた。得点シーンに何故か立ち上がって吼える、某横浜下部組織サイトの 管理人さん。このゲームが引き分けで終わって、次の試合で追浜が勝てば、その段階で追浜の決勝トーナメント進出が決定、という大人の事情(笑)はあるが、 一緒に喜んでくれてちょっとうれしかったよ。ありがとね。

が、残念ながら喜びはいつまでもは続かない。右サイド深く進入した駒井君が粘って、ラインぎりぎりでクロス。これを中島君がヘッドで決め、再び京都がリード。

リードはされたものの、愛媛は最後まで積極的に攻撃する姿勢を見せてくれた。ロスタイムにPKを与えてしまい、結果的に1-3で負けてしまったが、引き分 けで終わってもおかしくない試合だった。5月のナイキでは初の勝利。今回の高円宮では初の得点。小さな一歩ではあるけど、こうしてちょっとづつ歴史を積み 重ねていって欲しい。がんばれ愛媛!

2006121602
(写真:前へ!若きみかんたち)

P.S.試合後、色々いただきましてありがとうございました>Yさん

<愛媛>

__________二神彰胤(9)_________

林龍之介(14)____野本隆志(8)___岡本剛史(11)

______福岡知晃(10)_西原拓也(6)______

梶田陽(13)_林晋之介(5)_渡部翔大(3)_山田純平(2)

__________渡部優介(1)_________

<京都>

__________中島幹二(9)_________

宮吉拓実(20)____________奥西勇介(13)

______沖剛史(3)___枝連崇人(14)_____

__________井上寛太(8)_________

中居恒(6)_垣根拓也(4)_田中俊平(17)_久高徹(10)

__________大西健太(1)_________

交代:
 後半00分 京都:中居、奥西→山下嗣紋(11)、駒井善成(7)
 後半10分 愛媛:二神→越智優麻(15)
 後半17分 愛媛:林龍→河本滉平(12)
 後半25分 京都:久高→武田有祐(19)
 後半31分 京都:枝連→山田俊毅(25)
 後半38分 愛媛:西原、梶田→大口雄史(18)、竹本紘大(19)
 後半38分 京都:宮吉→安田拓(18)
 後半39分 京都:中島→重松謙(12)

得点:
 前半11分 京都:宮吉拓実
 後半28分 愛媛:河本滉平
 後半34分 京都:中島幹二
 後半39分 京都:重松謙

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

みかんボーイズ!         ちろさん
かわいくて想いのこもった素敵なダンマクですね。(2006.12.17 21:13:59)

Re:みかんボーイズ!(12/16)       ultraleftyさん
ちろさん
>かわいくて想いのこもった素敵なダンマクですね。

ありがとうございます。本当は!の.をみかんちゃんにしたかったのですが(笑)、画才がないので諦めました。(2006.12.18 22:56:40)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月15日 (金)

年チケとトリコロールメンバーズ

明日から年チケの受付が始まります。監督にボンさん、GKコーチに松永さん(横浜時代は知りません)というマスコミ報道に、素晴らしく逆風が吹き荒れる中 での発売開始です。2chとかでは、ボンさん監督に決まったら買わない、チームがサポータへの説明責任を果たさないうちは買わない、という意見が出ていま す。一方で、それはさらに自分たちのクラブの首を絞めることになるので、年チケは買おうと主張する人もいます。つまるところは、よりよいクラブにしていく ためにサポーターにできることは何か?という問題でしょう。抗議のため買わない。クラブのために買う。どちらが効果的な方法なのかは分かりません。どちら もチームを愛するが故というところは変わりはないので、最終的には個人の判断でいいと思う方法を選択するしかないでしょう。

個人的には年チケを買ったうえで、言うべきことは言うというスタンスです。J2横浜が優勝した時のエントリでも書きましたが、どんなにチームがヘタレでも、納得がいかなくてもついていきます。サポーターにできる最大のことは”現場”に足を運び、”現場”で表現すること。

来年はヘタレなままのチームがずるずると崩壊するのを、何もせずに見守るということはしません。
不甲斐ない試合をしたら、ブーイングでお茶を濁したりしません。
責任者の挨拶のないホーム最終戦のセレモニーに、呆れるだけで帰ったりしません。

場合によっちゃ、スタジアムに居座ってフロントとの対話を求めるし、極端な話バスだって囲みますよ。
監督解任やフロント批判のメッセージ弾幕だって出しますよ。

と、自分でアゲつつ、明日は年チケ申し込みます。まぁ、わざわざ宣言するほどのことではないですけど。

そりゃそうと、一足先に、ファンクラブ改め「トリコロールメンバーズ」なるものの入会受付が今日から始まってます。会報3回とストラップと会員証で 2000円なり。早速申し込みました。年チケはサポーターとして、”現場”で表現するための必要経費ですが、こっちは完全にお布施。特典なんぞは期待して ませんが、まぁ、来年もマッチデイにカードつけてくれればいいや。無くなりそうな悪寒はありますけど。

それにしてもこの「トリコロールメンバーズ」てよく分かりませんねぇ。ここ読んでみてください。

大切なことは、ともに闘う仲間として、チームとサポーター、ファンが信頼し合える関係を、どう築いていくかです。

とありますが、「トリコロールメンバーズ」でこれをどう実現しようとしているのかがさっぱり分かりません。それ以上に分からないのはこれ。

ぜひ、頂点を目指し、世界に羽ばたくマリノスタウンへ、ともに同じ夢の実現に向けて全力をつくしましょう。

チームが頂点を目指し、世界に羽ばたくのは100%同じ夢ですけど、羽ばたくのがマリノスタウンとはこれ如何に。クラブは世界的な観光スポットにでもしたいんでしょうかね。全く支離滅裂。意味不明です。そんなよく分からないもののために、2000円も・・・

まぁ、お布施ですからね(笑)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

部外者として         izumi。さん
日本ってどうしてフロント批判のダンマクとか、ファン・サポが「こうして欲しい」って主張を暴動だとか暴れたとか負のイメージで伝えたがるんだろう

そして、そういうことをする輩を「フーリガン」だとか言って臭いものに蓋をするように追い出すんだろう

強くなって欲しいって願いでフロントを囲むなら負ではないと思うのに

サポと密接でサポを知ってるライターが出てこない限りは無理なのかな・・(2006.12.16 11:06:52)

Re:部外者として(12/15)       ultraleftyさん
izumi。さん
>サポと密接でサポを知ってるライターが出てこない限りは無理なのかな・・

売り上げを伸ばすために、面白おかしく書きたがるマスコミは放置しておくとして。

サポーターの気持ちを知る経営者が出てこないと無理なのかなと思います。もちろん経営者は経営も知ってないといけないのですが。まだまだ時間がかかると思います。

横浜の場合は、やはりサポーターとチームの対話が成立していないのが最大の問題だと思います。チームを強くしたいという願いはサポーターなら誰もが持つ気持ちです。ここ数年、勝利を追求するあまり、おざなりにしてきた事のつけがいよいよ回ってきています。サポーターは真剣に心配しているのに、マスコミから漏れ伝わってくるのは理解できない話ばかり・・・ これではさすがにサポも切れます。

サポとチームが幸せな関係を築くにはやはり何よりも対話が必要です。(2006.12.17 00:28:57)

初登場☆       金谷さん
こんばんわ!今日は友達とお泊りです♪なので、こんな遅くにごめんなさい!!楽しく見させてもらいました♪♪私と友達もチョットサッカーに興味があるので、とても楽しいです☆またコメント書きに来させてもらいます♪おやすみなさーい♪(2006.12.17 01:07:05)

Re:初登場☆(12/15)       ultraleftyさん
金谷さん
>またコメント書きに来させてもらいます♪おやすみなさーい♪

こんにちは。楽しんでもらえたならうれしいです。またどうぞ。
(2006.12.18 22:58:34)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月14日 (木)

愛媛サポに高円宮のススメ

あ〜〜〜、Jリーグ終わったら、土日暇やがね

何か面白いことないんで〜?

愛媛FC見とうて、しょうがないがね〜〜〜

あ〜〜〜、はよ、Jリーグ始まらんかいねぇ〜〜〜

と、お嘆きの愛媛FCフリークの皆さん!見れますよ、愛媛FC。未来の愛媛FCを背負って立つジュニアユース(中学生)の選手たちが、今、高円宮杯U- 15を戦っています。この大会は地区予選を勝ち抜いてきた全国32チームが中学生年代最強をかけて戦う大会です。出場できるのは全国の数あるチームの中か らたったの32。愛媛FCはその32チームの1チームなんですよ!

今大会、愛媛FCは横浜Fマリノス追浜、京都、広島という激戦区に幸か不幸か組み込まれてしまいました。先週の日曜日の追浜戦は健闘むなしく1-0で負けてしまいましたが、後、2試合残っています。みんなで駆けつけて、応援してあげてください。

 12/16(土) 11:00 愛媛vs京都
 12/17(日) 11:00 愛媛vs広島

会場は何と高知の春野!愛媛からだと目と鼻の先ですね!11:00キックオフですから、試合後はゆっくり高知観光でもして、おいしい物を食べて帰れますね!交通費なんてほんのちょっとしかかからないんじゃないでしょうか?(笑) 試合会場の近くには、はるのの湯というおっきな露天風呂つきの温泉もありますよ!2年前に行きましたけど、気持ちよかったですよ〜〜〜!愛媛FCを見に行って、温泉行って、おいしいものを食べて。これこそ、Jリーグのある生活ですよ!それに、なななんと、入場料は無料!

何か、某局の某アナウンサーの発言が賛否両論を巻き起こしてますけど、中学時代から見守ってきた選手が成長して、やがてトップチームで活躍するのを見れ る、そんな未来を想像してみてください。きっと最高ですよ!今の中学生たちがトップチームに参加するのは早くて4年後。その頃には愛媛FCもJ1昇格を争 うチームになっているかもしれません。”愛媛産には愛がある”がキャッチフレーズの愛媛FCにとって、その頃に、ジュニアユース、ユースで育ってきた選手 がいないのは寂しいと思いませんか?4年後に、そんな選手がいたらなぁって思っても、最短4年はかかってしまうんですよ。だから、見るなら今!応援し始め るなら今!

というわけで、皆さん、この土日は春野陸上競技場へ 行くっきゃない@おたかさん(古)


って、”やるっきゃない”が流行ったのは1986年。もう20年も経つのか・・・ ジュニアユースの選手どころかユースの選手さえ生まれてないじゃないか・・・ orz


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

おたかさん         むちゅめの母さん
でピンとこなかったけど、そーだ、「やるっきゃない」のおばさんだ…!!
20年前なんだ…私も年とるはずだよorz(2006.12.15 10:53:32)

Re:おたかさん(12/14)       ultraleftyさん
むちゅめの母さん
>20年前なんだ…私も年とるはずだよorz

調べて唖然としました。こんなに昔だとは思わなかった・・・
大先生もあっという間に大きくなるんだろうなぁ。(2006.12.16 07:07:53)

           

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月13日 (水)

JFAエリプロ U-14日本選抜韓国遠征(12/17〜12/22) メンバーおよびスケジュール

つづいてU-14の遠征メンバー。こちらも横浜からの選出はなし。

コピペだけじゃ芸がないので、開催中の高円宮U-15にエントリーされている選手をちょっと調べてみた。高円宮で対戦するときは注目して見てみよう。

 ・清水JY 田代(FW/20)
 ・仙台JY 小松(MF/22)
 ・FC東京むさし 廣木(DF/8)
 ・徳島JY 奥村(MF/16)
 ・柏U-15 熊谷(MF/20)

==============================================

■監督:吉武 博文
■コーチ:島田 信幸
■GKコーチ:岡中 勇人

GK
 藤嶋 栄介 1992.01.31 184cm/70kg フォルテF.C熊本
 赤堀 洸太 1992.06.08 178cm/65kg ジュビロ掛川

FP
 中島 龍基 1992.01.12 168cm/55kg 室蘭市立向陽中
 坂谷 武春 1992.01.21 170cm/53kg ヴェルディJY
 古谷  渉 1992.04.12 169cm/53kg 延岡市立恒富中
 田代  諒 1992.04.15 176cm/58kg 清水JY
 小松 皓希 1992.04.16 171cm/60kg 仙台JY
 増田 湧介 1992.04.25 165cm/60kg ジュビロ沼津
 和久田 章太 1992.05.17 170cm/57kg ジュビロ浜松
 土居 聖真 1992.05.21 160cm/48kg 鹿島JY
 横内 宏治 1992.06.12 162cm/53kg FC ASA FUTURO
 鮫島 晃太 1992.06.24 168cm/63kg 鹿児島県育英館中
 廣木 雄磨 1992.07.23 163cm/56kg FC東京むさし
 藤田 恭輔 1992.07.24 173cm/60kg 大分U-15
 奥村 亮太 1992.09.06 170cm/60kg 徳島JY
 熊谷 達也 1992.09.25 165cm/50kg 柏U-15
 高木 善朗 1992.12.09 165cm/60kg ヴェルディJY
 宮市  亮 1992.12.14 171cm/58kg シルフィードFCJY

【スケジュール】
 12/19(火)  日韓親善試合
 12/21(木)  日韓親善試合


           

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JFAエリートプログラムU-13 ジュビロカップ(12/26〜12/30)メンバー

年末にあるジュビロカップの代表メンバー。横浜からの選出はなし。
まぁ、この大会には横浜自体が参加するから呼ばれる必要はないんだけど。

=========================================

■監督:池内 豊
■コーチ:島田 信幸
■GKコーチ:須永 純

GK
 瀧川  翔 1993.04.12 168cm/64kg 清水JY
 池村 彰太 1993.06.17 167cm/59kg JFAアカデミー福島

FP
 西野 拓麻 1993.04.04 167cm/59kg ガンバJY
 柳川 剛輝 1993.04.06 164cm/54kg サンフレッチェくにびきJY
 端山  豪 1993.04.09 165cm/50kg ヴェルディJY
 片山  紳 1993.04.11 152cm/40kg 清水JY
 野中  望 1993.04.12 164cm/51kg JFAアカデミー福島
 三根 和起 1993.04.18 174cm/55kg ガンバJY
 佐藤 寛貴 1993.04.20 166cm/52kg 大分U-15
 西岡 佳佑 1993.04.26 165cm/51kg 徳島JY
 越後 雄太 1993.04.27 164cm/51kg 仙台JY
 舘野 俊祐 1993.05.19 164cm/50kg SQUARE富山FCJY
 佐藤 令治 1993.05.21 162cm/49kg JFAアカデミー福島
 杉本 竜士 1993.06.01 155cm/44kg ヴェルディJY
 国領 一平 1993.07.31 168cm/56kg 京都U-15
 榊  翔太 1993.08.03 151cm/48kg 清水中学校
 鈴木 宗吾 1993.08.28 167cm/52kg JFAアカデミー福島
 古山 瑛翔 1993.11.08 148cm/37kg JFAアカデミー福島 2006/12/25 不参加
 三幸 秀稔 1993.05.23 151cm/40kg JFAアカデミー福島 2006/12/25 追加

【スケジュール】
12/28(木)〜30(土) ジュビロカップ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

エイト^^         木梨達也さん
捻挫しちゃったみたいだけどがんばってね$(2006.12.29 11:24:07)


Re:エイト^^(12/13)       ultraleftyさん
木梨達也さん
>捻挫しちゃったみたいだけどがんばってね$

捻挫であればそれほど大きな怪我ではなさそうですね。
くれぐれも怪我をしないようにがんばって欲しいと思います。(2006.12.31 08:11:44)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

U-16日本代表候補 トレーニングキャンプ(12/17〜22)メンバーおよびスケジュール

相変わらず城福さんは、貧欲に選手を試すなぁ・・・
今回の目玉は浦和の原口かな?

============================================

■監督:城福浩
■コーチ:小倉勉
■GKコーチ:川俣則幸

GK
 吉田智志 1990.02.10 181cm/73kg ルーテル学院高校
 大畑拓也 1990.05.28 179cm/69kg 磐田ユース

DF
 砂川太志 1990.01.20 170cm/63kg 宜野湾高校
 益山 司 1990.01.25 178cm/65kg 岐阜工
 熊原 遼太郎 1990.02.07 168cm/65kg 渋谷幕張高校
 奥井  諒 1990.03.07 168cm/58kg 履正社高校
 甲斐 公博 1990.05.16 176cm/60kg 横浜ユース
 濱田 水輝 1990.05.18 184cm/78kg 浦和ユース
 永田 拓也 1990.09.08 169cm/58kg 浦和ユース
 大崎 淳矢 1991.04.02 172cm/62kg 富山北FC

MF
 八反田 康平 1990.01.08 170cm/57kg 鹿児島中央高校
 河野 広貴 1990.03.30 160cm/52kg ヴェルディユース
 齋藤  学 1990.04.04 165cm/58kg 横浜ユース
 山田 直輝 1990.07.04 165cm/62kg 浦和ユース
 鶴野 太貴 1990.09.04 171cm/64kg 札幌ユース
 武富 孝介 1990.09.23 175cm/60kg 柏U-18
 米本 拓司 1990.12.03 173cm/59kg 伊丹高校
 菊池 大介 1991.04.12 170cm/60kg 佐久サームFC
 原口 元気 1991.05.09 173cm/60kg 浦和ユース

FW
 大塚 翔平 1990.04.11 177cm/64kg ガンバ大阪
 大迫 勇也 1990.05.18 178cm/66kg 鹿児島城西高校
 端戸  仁 1990.05.31 173cm/58kg 横浜ユース
 富山 貴光 1990.12.26 177cm/64kg 矢板中央高校

【スケジュール】
12/17(日) 16:00 トレーニング(埼玉第4)
12/18(月) 09:30 トレーニング(埼玉第4)
        15:30 トレーニング(埼玉第4)
12/19(火) 13:00 vs流通経済大学(埼玉第3)
12/20(水) 09:30 トレーニング(埼玉第4)
        15:30 トレーニング(埼玉第2)
12/21(木) 09:30 トレーニング(埼玉第4)
        15:30 トレーニング(埼玉第2)
12/22(金) 10:30 vs立正大学(埼玉第3)

【今後の予定】
1/30(火)〜2/12(月) メキシコ遠征
3/9(金)〜14(水) トレーニングキャンプ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛媛移籍情報:広島よりGK佐藤レンタル加入

広島HPにて、GK佐藤のレンタル加入が発表された。

=========================================

氏名:佐藤 昭大(さとう あきひろ)
生年月日:1986年 8月30日(20歳)
出身地:三重県三重郡
身長/体重:184cm/73kg
ポジション:GK
サッカー歴:朝日SSS→朝日中学校→広島ユース→広島
代表歴:
 2002年 U−16日本代表
 2003年 U−17日本代表
 2004年 U−18日本代表
 2006年 U−21日本代表(第15回アジア競技大会2006/ドーハ サッカー男子日本代表)

出場記録 年度 チーム リーグ戦 カップ戦 天皇杯
2005年 広島 J1 8試合 0得点 0試合 0得点 0試合 0得点
2006年 広島 J1 0試合 0得点 1試合 0得点 0試合 0得点
合計 J1 8試合 0得点 1試合 0得点 0試合 0得点

移籍期間 2007年 2月 1日〜2008年 1月31日
コメント 広島で積み重ねたものを愛媛に行ってしっかりと出して来たいと思います。そして、大きく成長してまた広島に帰って来ます。今まで応援してくださったサポーターのみなさん、ありがとうございました。

           

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月12日 (火)

第1回トライアウト

第1回トライアウトが開催され、参加選手のリストが発表された。

年を取るってことは、トライアウト参加選手の中に、思い入れのある選手が増えるってことなのかな?せつなす。みんな新しいチームが見つかることを祈って る。特に、後藤は横浜に入らなければもっと幸せなサッカー人生をおくれていたんじゃないかなって思うので、何とかもう一度活躍できるチャンスをつかみ取っ て欲しい。

<横浜、愛媛に縁の選手たち>

 村上和弘(仙台)
 阿部祐大朗(山形)
 広庭輝(柏)
 後藤裕司(横浜FM)
 青野大介(新潟)
 北野翔(神戸)
 原信生(神戸)
 井手口純(徳島)
 泉谷光紀(愛媛)
 大坪博和(愛媛)
 小原光城(愛媛)
 加藤毅(愛媛)
 金子豊(愛媛)
 川本良二(愛媛)
 永冨裕也(愛媛)
 八柄堅一(愛媛)
 原田慎太郎(アローズ北陸)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月11日 (月)

土日の結果/サハラ、JFAプレミアカップ県予選

「やりかけの未来」は皆様の絶大なるご協力のおかげで成り立っています、な、「土日の結果」です。

■サハラカップ

 ▽12/12(日) 横浜ユース 1-2 広島ユース

何だか、まだ終わった気がしない。

■JFAプレミアカップ(旧ナイキカップ)神奈川予選

 ▽12/09(土)
   追浜U-13 12-0 富岡中学校

   得点:羽中田×2、木村、島田、三荷×2、小村、清水×4、アンドリュー

   メンバー
   前半
   GK 井手祥真
   DF 松澤靖浩、村上幹茂、門井敬太、宮本和輝
   MF 水島圭喬、梅津駿、谷澤隼人、木村魁人
   FW 島田駿、羽中田侑輝

   後半
   GK 森谷祐治
   DF 向吉勝吾、羽中田侑輝、門井敬太、谷澤隼人
   MF 松澤靖浩、小村研人、熊谷アンドリュー、梅津駿
   FW 清水裕太、三荷淳也

   (辻神さん掲示板より転載)

 ▽12/10(日)
   新子安U-13 4-1 横浜FC泉

   得点:佐野、山田×3、土方 (どれかが幻のゴール:P)

   メンバー:右高静真、土方隆介、宇佐見康介、佐野弘樹、飯田涼、池田奨、加藤雅也、細矢諒馬、高橋将吾、加藤優汰、宮澤俊吾

   交代:
    加藤雅→松島寿樹
    加藤優→山田融
    宇佐見→金子雄祐

   (ひげさんと辻神さん、いただきましたm○m)

追浜は3連勝で首位通過。新子安も1試合残すも2連勝で予選通過。決勝トーナメントは1月7日かららしい。

#2006/12/13 追記 (コメントありがとうございました、1ファンさん)
 ・山田君の1ゴールが幻のゴールだったようです。
 ・10番は宇佐見君だったようです。
 ・見てない試合なので、フォーメーションの記載はやめてメンバー名のみにしました。

■アジア大会@ドーハ

 ▽11/29(水) GL#1 日本U-21 3-2 パキスタンU-23
 ▽12/03(日) GL#2 日本U-21 1-0 トルクメニスタンU-23
 ▽12/06(水) GL#3 日本U-21 1-2 北朝鮮U-23

高萩@愛媛は第2戦に出場。いろんな意味でアピールしすぎ(笑)
チームは3戦目で北朝鮮に破れ、決勝トーナメント出場ならず。もうちょっと高萩を見たかった。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Re:土日の結果/サハラ、JFAプレミアカップ県予選(12/11)         1ファンさん
新子安U-13は中盤フラットの3-4-3ですよ。
山田君は2点で、
10番は原田君ではなくプライマリーの宇佐見君です。(2006.12.13 12:12:28)


あは       ひげぷぅさん
新子安は4点でしたか。確認せずにメモしちゃダメですね。でも、楽しむのうまいぞ自分(殴) 次のステージ進出も今知りました。(2006.12.13 12:21:57)


Re:あは(12/11)       ultraleftyさん
ひげさん
>新子安は4点でしたか。確認せずにメモしちゃダメですね。でも、楽しむのうまいぞ自分(殴) 次のステージ進出も今知りました。

公式記録は4-1なので、やっぱり4点ですね。まぁ、勝敗には影響ないので(笑)勝手に転載してすみませんm○m が、これからも転載させてください(笑)(2006.12.13 12:43:38)


Re[1]:土日の結果/サハラ、JFAプレミアカップ県予選(12/11)       ultraleftyさん
1ファンさん
>新子安U-13は中盤フラットの3-4-3ですよ。
>山田君は2点で、
>10番は原田君ではなくプライマリーの宇佐見君です。

いつも(?)情報ありがとうございます。
参考にさせていただきます。これからもご指摘お願いします。(2006.12.13 12:44:29)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月10日 (日)

高円宮U-15 GL#1 愛媛FCvs追浜

朝早く起きて、高知名物日曜朝市へ。時間が早すぎてまだお店は準備中のところが多かったが、ぶらぶらと歩いていると、名物いも天発見。揚げたてだったので、衣サクサクで中ホクホク。素朴なおいしさで、これはお勧め。

はりまや橋で夜行バス組と合流し、タクシーで春野陸上競技場へ。タクシー代は3000円弱。意外と安かった。

■追浜vs愛媛FC

まずは弾幕設置。今日の会場は春野陸上競技場補助。本当に補助(笑)。観客席なんか当然ないし、弾幕を張る場所すらほとんどなし。何とか入り口近くの柵に 張ってはみたものの、下1/3が見えない状態。愛媛用の弾幕も実は作ったのだけど、ちょっと事情があって作り直しになってしまい、今回は間に合わなかっ た。持ってきても張るところがなさげだったので、かえってよかったのかもしれない。来週は陸上競技場と球技場なので大丈夫だろう。

追浜の応援団は父兄2名に物好き2.5名(笑) 片や愛媛FCは近くということもあり、サブの選手や父兄からなる大応援団。フラッグに、ポンチョまで着て すっかりオレンジ。追浜にとっては、圧倒的アウェイ(笑) この分なら愛媛の応援は足りてるな。ということで、追浜応援団0.5名増加(笑)

高知は青空の広がる絶好のサッカー日和。日向は暖かく、試合前はやっぱ南国高知とか言っていたが、試合が始まったとたん風が吹き始めた。お約束(笑)

公式記録によると前半のシュート数は、追浜の11に対して、愛媛は3。ゲームもそのシュート数通りの展開。追浜は両サイドバックまで高い位置に上がり、圧 倒的に攻める。一方の愛媛は守備を固めて、かっちり守る。スペースを消されている分、追浜は個人のテクニックで突破を試みるが、愛媛の寄せも早く、なかな かシュートまでは持ち込めない。均衡が破れたのは30分。澁谷君のパスを受けた小野裕二君が、愛媛DFをうまくすり抜け、左斜めからのループ気味のシュー ト。これが風にのりゴールイン。ここまで榎本君の惜しいシュートがあったりしたにもかかわらず、どうしても点が奪えなかった追浜にとってはホッと一息つけ る得点となった。

後半。ハーフタイムにはやんでいた風が再び吹き始める。全くもってお約束。後半も追浜がゲームの主導権を握っていたが、追浜は中盤でのミス連発でピンチも 結構多かった。夏のクラ戦以来の久々の公式戦というのも影響しているのだろう。一方の愛媛は、最後まで集中して守った。愛媛というと守備のチームというよ り、攻撃のチームというイメージがあったので、これはちょっと意外だった。今日の戦い方を見ている限りでは、徳島に大量失点するようなチームに見えない が、今日はやっぱりいつもより守備的に戦ったのだろうか?横浜との対戦だと、どうしても生理的にトリコロールの動きを目が追ってしまうので、対戦相手のプ レイが見えない。来週もまた愛媛の試合を見る機会があるので、その時はじっくり見よう。

20061210
(写真:追浜vs愛媛FC) (C)辻神さん #どうもありがとうございます。

<追浜>

_____榎本大希(9)___小野裕二(11)____

澁谷元気(15)___天野純(8)____小野悠斗(10)

_________中田航平(6)_________

岡直樹(7)_保田隆介(5)_樋川愛輔(4)_原広樹(3)

_________四宮祐貴(1)_________

<愛媛>

__________二神彰胤(9)_________

林龍之介(14)____野本隆志(8)___岡本剛史(11)

______福岡知晃(10)_西原拓也(6)______

梶田陽(13)_林晋之介(5)_渡部翔大(3)_山田純平(2)

__________渡部優介(1)_________

得点:
 前半30分 追浜:小野裕二

交代:
 後半09分 愛媛:二神→越智優麻(15)
 後半29分 愛媛:林龍→河本滉平(12)
 後半36分 追浜:小野裕→丸山透(13)

■広島vs京都

1試合目が愛媛の応援のおかげで、にぎやかな中で行われた分、この試合は静かだった。ゲーム内容も、山場のない渋い展開。公式記録によると、前半のシュー トは京都の1本のみ。道理で(笑)朝市で買った田舎寿司(ゆず酢の酢飯に漬物とかみょうが、こんにゃくなどをネタにした寿司)や、紫芋の饅頭を食べながら まったりと観戦。

この試合で一番記憶に残ったのは広島の選手のデカさ。FWの玉田君、センターバックコンビの広住君、山崎君ら、とにかくデカい選手がそろう。特に玉田君 は、184cmで今大会No.1長身フィールドプレイヤー。渋い展開ながら、広島はその玉田君のゴール(左足)などで、2-0で京都を下した。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

遠路ご苦労様でした。         愛媛FCJyユースの父親さん
 もしかしたらすれ違ったかも知れませんね。

 シュート数のとおり両チームの力差は、歴然としていましたが、「マリノスを1点に抑えた。シュートも撃つことができた。」愛媛の子供達には大きな自信となりました。
 今週末の2試合は、今のメンバーで戦う最後の試合です。京都、広島共に強豪ですが、1点はとって欲しいと思っています。
 余談ですが、「えひめえふしー」澄み切った声をあげていた応援団長は、メンバーの弟君(小学生)でした。 

 (2006.12.11 23:28:31)

Re:遠路ご苦労様でした。(12/10)       ultraleftyさん
愛媛FCJyユースの父親さん
>もしかしたらすれ違ったかも知れませんね。

かなりの確率で。来週も行きますので、それっぽいのを見かけたら声をかけてください(笑)

>愛媛の子供達には大きな自信となりました。

追浜モードだったので、結構ひやひやしてみてました。1点くらい決められてもおかしくなかったですね。

> 今週末の2試合は、今のメンバーで戦う最後の試合です。

追浜にとっても強敵です。最後と言わず、一緒に決勝トーナメントにあがりましょう!

>メンバーの弟君(小学生)でした。 

どうりで。声高すぎ!と追浜サポは和んでました(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 9日 (土)

土佐日記 あるいは、天皇杯 横浜vs大分

みんながやってる、ブログってぃぅのをぉ、女子高生もやってみようとおもってぇ、やってみるの。


という設定で、小一時間ほど試行錯誤してみたけど、無理。面白くない。


この土日の過ごし方は、マリサポだったら天皇杯@長崎→サハラ@フクアリが王道だと思うけど、やっぱ追浜vs愛媛FC@高知というカードが組まれたからに は、そっちに行かないわけにはいかんでしょ。長崎から高知というルートももちろんありだけど、金がない(笑) 結局天皇杯を断念して、安い1泊2日のツ アーで高知にやってきたわけです。

ホテルに荷物をあずけて、まずは昼ごはん。途中、まんが甲子園どおりの漫画なんぞを楽しみつつ、ひろめ市場へ。ここは、ちょっと東南アジアっぽいフード コート。お店で好きなものを買って、中央のテーブルで食べるというスタイル。地元食マニアとしてはいろんな物が楽しめて、うれしいの一言。惹かれるものが いっぱいあったけど、まずは名物かつおのたたき。もちろん、今の時期は旬じゃないんだろうけど、天皇杯も高円宮もユースもあるし、

 敵をたたきつぶして、全部勝つぉ! ってことですね。

やばい、次期監督候補の暗雲がこんなところにも・・・ (笑 ではないな)

食事を終えて、ひろめ市場で買った芋ケンピをかじりながら散歩。いいぞ、坂田大輔!高知城のイチョウがきれいだったので、お城 趣味はないけど城内に。城内にはしっかり大河ドラマ館なる建物が。今やっている大河ドラマ「功名が辻」が高知城主、山内一豊の物語ということもあり、それ にからめて色々イベントを。ここで、漁師汁100円をいただきました。魚のだしがよく出てて美味。

ブログ用に写真でもと思って、ビデオカメラを取り出したところ大変な事態が発覚。電源が入りません。どうやら充電を失敗したようだ。何てこった。せっかくの追浜vs愛媛FCがあるというのに・・・ ショック。 
#というわけで、T&Kさん、写真ください m○m

高知城の後は、坂本龍馬生誕の地へ。ああ、追いつかれたか。誰やねん、高橋大輔って。生誕の地といっても、ビルの陰に吉田茂の揮毫の碑があるだけで、ちょっと拍子抜け。

ついでなので、碑の近くにある、「龍馬の生まれたまち記念館」へ。ここは、少年時代の龍馬の暮らしがテーマの展示スペース。ボランティアの説明員のおばさ んに色々教えてもらった。ふれあい、にっぽん(笑) ここにはあまりたいした資料はなかった。資料はきっと、桂浜の記念館の方に全部展示されてるんだろう なぁ。でも、ヴァーチャルリアリティで当時の生活を体験できる哲也!よし!えらい!ようになっていたり、色々工夫はしている。

結構歩いたので、路面電車で次なる観光スポットへ。日本3大がっかり観光地のひとつである、はりまや橋。以前は、普通の道路の脇に赤い欄干があるだけだったのだが、平成5年にはりまや橋公園として整備されて、それっぽい観光地になっていた。

 ♪土佐の 高知の はりまや橋で ボンさん かんとくなるを見た〜

はっ、こんなところにもボンさんが・・・ (笑 ではないな)

 ♪よさねか、よさねか・・・

はりまや橋の近くの商店街を眺めつつホテルへ。と思ったけど、天皇杯の祝勝会でもすんべと思って、時間は早かったけどまたしてもひろめ市場へ。惣菜屋でい かなごの生姜煮と、チャンバラ貝の煮物。それに生ビール。何か、地元のオヤジっぽいぞ!(笑) 〆は高知名物蒸し寿司。ちらし寿司を蒸したもの。釜飯の寿 司版って感じか。満足。お土産にからあげ。昼間女子高生がいっぱい並んでいたのが気になっていたので挑戦。大ぶりのからあげが1個70円。味もいい。ビ バ!ひろめ市場。今度は、これまた女子高生が並んでいた300円食堂のオムライス(量は普通っぽかった)と、名物鍋焼きらーめんに挑戦しよう。

デザートに、と決めていたものがあったのだが発見できず。とりあえず今日のB級グルメの旅はこれにて終了。

           

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 8日 (金)

嵐の中で小さな幸せ

img border="0" src="http://ultraleftyblog.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2009/01/30/20061208.jpeg" title="20061208" alt="20061208"

ピンバッチ
愛媛FCオフィシャルファンクラブ会員限定のグッズ
「2006シーズンユニホーム型ピンバッジ」

200人限定モノがあたったよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 7日 (木)

色々報道されてるけど、まぁ、中島みゆきでも聞こうか

その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

その船は今どこに ふらふらと浮かんでいるのか
その船は今どこで ボロボロで進んでいるのか
流されまいと逆らいながら
船は挑み 船は傷み
すべての水夫が恐れをなして逃げ去っても

その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

その船は自らを宙船(そらふね)と 忘れているのか
その船は舞い上がるその時を 忘れているのか
地平の果て 水平の果て
そこが船の離陸地点
すべての港が灯りを消して黙り込んでも

その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

何の試験の時間なんだ 何を裁く秤(はかり)なんだ
何を狙って付き合うんだ 何が船を動かすんだ
何の試験の時間なんだ 何を裁く秤なんだ
何を狙って付き合うんだ 何が船を動かすんだ

その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

中島みゆき「宙船」(アルバム「ララバイSINGER」)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 6日 (水)

2007年度 契約非更新選手(12/2現在)について 〜大きな感謝を

今更ではあるけど、12/2に横浜からも契約更新しない選手が発表になった。下川、中西のベテランに、奥、ドゥトラといったV2の功労者、期待されて入団 したものの結果を残せなかった後藤、祐大朗、去年加入したものの満足なプレイを見せることのできなかった平野に田ノ上。どの選手もお疲れ様でした。そし て、次の舞台での活躍を心から祈っています。あっ、あとディドもお疲れ様でした。

特に、2001年の残留争いの最中に加入してチームを残留させ、2002〜2004の躍進の原動力となったドゥトラ。まさかの発表だが、チームが生まれ変 わるために流さなければいけない血だったのだろうとは思う(金がないとかは別として)。サポのメールが効いたのか珍しくHPにはドゥトラの帰国便のお知ら せも発表されている。会社を休めば見送りに行けなくもないけど、12月は高円宮と天皇杯用に休みを確保しておきたい。ドゥトラにはいくら感謝しても感謝し 切れないが、今を戦っている奴らを優先したい。ごめんよ、ドゥトラ。

================================================

横浜F・マリノスでは、GK下川健一、DF中西永輔、MF平野孝、DFドゥトラ、MF奥大介、MF田ノ上信也、MF後藤裕司、FW阿部祐大朗(J2モンテ ディオ山形へ期限付き移籍中)の8選手について、契約満了に伴い2007年度(2007年2月1日以降)の契約は更新しませんのでお知らせ致します。

下川 健一(しもかわ けんいち)
ポジション:GK
出身/生年月日:岐阜県/1970年5月14日
身長/体重/血液型:188cm/88kg/A型
経歴:岐阜工高校―古河電工―ジェフユナイテッド市原―横浜F・マリノス

出場記録(12月2日現在)
所属 Jリーグ ナビスコカップ 天皇杯 ACL
1993年 ジェフ市原 14(0) 0(0) 3(0) −
1994年 ジェフ市原 43(0) 2(0) 2(0) −
1995年 ジェフ市原 44(0) − 1(0) −
1996年 ジェフ市原 30(0) 14(0) 1(0) −
1997年 ジェフ市原 15(0) 7(0) 2(0) −
1998年 ジェフ市原 32(0) 4(0) 0(0) −
1999年 ジェフ市原 30(0) 0(0) 1(0) −
2000年 ジェフ市原 13(0) 2(0) 0(0) −
2001年 横浜F・マリノス 0(0) 0(0) 0(0) −
2002年 横浜F・マリノス 0(0) 0(0) 0(0) −
2003年 横浜F・マリノス 1(0) 0(0) 1(0) −
2004年 横浜F・マリノス 0(0) 0(0) 1(0) 0(0)
2005年 横浜F・マリノス 0(0) 0(0) 0(0) 0(0)
2006年 横浜F・マリノス 0(0) 0(0) 0(0) ―
J1通算 222(0) 29(0) 12(0) 0(0)

1989〜1992年までJSLで57試合、0得点


中西永輔(なかにし えいすけ)
ポジション:DF
出身/生年月日:三重県/1973年6月23日
身長/体重/血液型:174cm/76kg/O型
経歴:四日市中央工業高校―ジェフユナイテッド市原―横浜F・マリノス

出場記録(12月2日現在)
所属 Jリーグ ナビスコカップ 天皇杯 ACL
1992年 ジェフ市原 − 7(0)    −
1993年 ジェフ市原 32(2) 6(3) 1(0) −
1994年 ジェフ市原 22(1) 2(0) 1(0) −
1995年 ジェフ市原 31(5) − 1(0) −
1996年 ジェフ市原 20(5) 10(1) 0(0) −
1997年 ジェフ市原 18(4) 6(1) 1(1) −
1998年 ジェフ市原 22(2) 2(0) 1(0) −
1999年 ジェフ市原 26(9) 1(0) 1(1) −
2000年 ジェフ市原 27(3) 1(0) 3(0) −
2001年 ジェフ市原 29(3) 4(0) 3(2) −
2002年 ジェフ市原 24(0) 4(0) 2(0) −
2003年 ジェフ市原 22(0) 2(1) 0(0) −
2004年 横浜F・マリノス 20(0) 6(0) 0(0) 3(0)
2005年 横浜F・マリノス 13(0) 1(0) 2(0) 3(0)
2006年 横浜F・マリノス 3(0) 2(0) 0(0) ―
J1通算 309(34) 54(6) 16(4) 6(0)


平野 孝(ひらの たかし)
ポジション:MF
出身/生年月日:静岡県/1974年7月15日
身長/体重/血液型:180cm/73kg/O型
経歴:清水商高−名古屋グランパスエイト―京都パープルサンガ―ジュビロ磐田―ヴィッセル神戸―東京ヴェルディ1969

出場記録(12月2日現在)
所属 Jリーグ ナビスコカップ 天皇杯
1993年 名古屋グランパスエイト 19(4) 3(1) 3(1)
1994年 名古屋グランパスエイト 36(4) 1(0) 2(0)
1995年 名古屋グランパスエイト 50(9) − 5(2)
1996年 名古屋グランパスエイト 29(7) 14(5) 0(0)
1997年 名古屋グランパスエイト 21(4) 6(3) 1(0)
1998年 名古屋グランパスエイト 30(8) 0(0) 4(0)
1999年 名古屋グランパスエイト 28(7) 6(2) 5(1)
2000年 名古屋グランパスエイト 9(0) 0(0) −
2000年 京都パープルサンガ 7(1) 4(0) 1(0)
2001年 ジュビロ磐田 3(0) 0(0) 1(0)
2002年 ヴィッセル神戸 28(1) 5(0) 1(0)
2003年 東京ヴェルディ 25(4) 5(0) 3(1)
2004年 東京ヴェルディ 28(4) 7(1) 1(0)
2005年 東京ヴェルディ 27(0) 6(0) 1(1)
2006年 横浜F・マリノス 9(0) 4(0) 0(0)
J1通算 349(53) 61(12) 28(6)


Antonio Monteiro DUTRA(アントニオ モンテイロ ドゥトラ)
(登録名:ドゥトラ/DUTRA)
ポジション:DF
国籍:ブラジル
生年月日:1973年8月11日
身長/体重:170cm/70kg
経歴:バガバウFC―ペイサンドゥFC―モギミリ―サントスFC―
アメリカFC―コリチバFC―サントスFC―スポルトクラブレシフェ―サントスFC―スポルトクラブレシフェ―横浜F・マリノス

出場記録 (12月2日現在)
所属 Jリーグ ナビスコカップ 天皇杯 ACL
2001年 横浜F・マリノス 12(3) 4(0) 1(0) −
2002年 横浜F・マリノス 25(1) 5(1) 2(0) −
2003年 横浜F・マリノス 28(1) 7(0) 3(1) −
2004年 横浜F・マリノス 22(0) 4(1) 1(0) 5(2)
2005年 横浜F・マリノス 32(1) 4(0) 2(0) 5(1)
2006年 横浜F・マリノス 28(2) 2(0) 0(0) ―
J1通算 147(8) 26(2) 9(1) 10(3)


奥 大介(おく だいすけ)
ポジション:MF
出身/生年月日:兵庫県/1976年2月7日
身長/体重/血液型:173cm/68kg/A型
経歴:神戸弘陵高校―ジュビロ磐田―横浜F・マリノス

出場記録(12月2日現在)
所属 Jリーグ ナビスコカップ 天皇杯 ACL
1996年 ジュビロ磐田 6(0) 8(0) 0(0) −
1997年 ジュビロ磐田 26(9) 12(3) 4(0) −
1998年 ジュビロ磐田 32(12) 6(2) 3(0) −
1999年 ジュビロ磐田 28(7) 4(0) 3(0) −
2000年 ジュビロ磐田 30(4) 4(0) 3(0) −
2001年 ジュビロ磐田 25(4) 6(0) 2(0) −
2002年 横浜F・マリノス 26(7) 0(0) 2(1) −
2003年 横浜F・マリノス 26(5) 5(1) 1(0) −
2004年 横浜F・マリノス 25(10) 4(1) 2(1) 4(1)
2005年 横浜F・マリノス 25(1) 1(0) 2(1) 5(1)
2006年 横浜F・マリノス 15(2) 3(0) 1(0) ―
J1通算 264(61) 53(7) 23(3) 9(2)


田ノ上 信也 (たのうえ しんや)
ポジション:MF
出身/生年月日:鹿児島県/1980年2月5日
身長/体重/血液型:171cm/61kg/AB型
経歴:鹿児島実業高校―柏レイソル

出場記録(12月2日現在)
所属 Jリーグ ナビスコカップ 天皇杯
1998年 柏レイソル 0(0) 0(0) 0(0)
1999年 柏レイソル 0(0) 0(0) 1(0)
2000年 柏レイソル 2(0) 0(0) 0(0)
2001年 柏レイソル 3(2) 1(0) 1(0)
2002年 柏レイソル 10(1) 0(0) 1(0)
2003年 柏レイソル 9(1) 5(0) 2(0)
2004年 柏レイソル 1(0) 2(0) 0(0)
2005年 柏レイソル 0(0) 0(0) 0(0)
2006年 横浜F・マリノス 0(0) 0(0) 0(0)
J1通算 25(4) 8(0) 5(0)


後藤 裕司(ごとう ゆうじ)
ポジション:MF
出身/生年月日:岐阜県/1985年8月20日
身長/体重/血液型:173cm/64kg/O型
経歴:岐阜工高校―横浜F・マリノス

出場記録(12月2日現在)
所属 Jリーグ ナビスコカップ 天皇杯 ACL
2004年 横浜F・マリノス 0(0) 0(0) 1(0) 0(0)
2005年 横浜F・マリノス 1(0) 0(0) 0(0) 2(0)
2006年 横浜F・マリノス 0(0) 0(0) 0(0) ―
J1通算 1(0) 0(0) 1(0) 2(0)


阿部 祐大朗(あべ ゆうたろう)
ポジション:FW
出身/生年月日:東京都/1984年10月5日
身長/体重/血液型:183cm/78kg/A型
経歴:桐蔭学園高校―横浜F・マリノス―モンテディオ山形

出場記録(12月2日現在)
所属 Jリーグ ナビスコカップ 天皇杯 ACL
2002年 横浜F・マリノス 3(0) 0(0) 0(0) −
2003年 横浜F・マリノス 6(0) 2(0) 0(0) −
2004年 横浜F・マリノス 0(0) 5(1) 0(0) 2(1)
2005年 山形(J2) 27(5) − 1(0) −
2006年 山形(J2) 8(0) − 0(0) −
J1通算 9(0) 7(1) 0(0) 2(1)
J2通算 35(5) − 1(0) −

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Re:2007年度 契約非更新選手(12/2現在)について 〜大きな感謝を(12/06)         ありいんさん
 平野選手は怪我や病気で貢献できずしかたなかったかと思いますが、奥選手をはじめまだできそうな選手が終了前にきられてびっくりしてます。
 若がえりをめざすのでしょうか。
ほんと選手たちには御疲れ様といいたい。(2006.12.09 22:14:06)

Re[1]:2007年度 契約非更新選手(12/2現在)について 〜大きな感謝を(12/06)       ultraleftyさん
> 奥選手をはじめ
> 若がえりをめざすのでしょうか。

2年ぐらい前から若返りはテーマでした。しかし、成績重視で即戦力を重用した結果、若手が伸びてない現状があります。奥にドゥトラは意外ですが、涙をのんで、今やらねばならないことだったのだと思います。(2006.12.12 23:18:18)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 5日 (火)

2006シーズン愛媛FC契約満了選手・引退選手について 〜感謝をこめて

愛媛にも当然こういう時がやってくる。

引退する選手には、
 「お疲れ様でした。今までありがとう。これからもよろしく。」

活躍の場を移す選手には、
 「新しい場所でがんばれ!できれば愛媛での日々をいつまでも覚えていて欲しい。」 

彼らを忘れないためにも、2chから保存コピペ(一部改変)。
#転載してくれたvnqOmSh00さん、dZPVoAZ60さんありがとう。
 無断コピペ&改変、お許しをm○m

================================================

194 :U-名無しさん :2006/12/04(月) 21:26:16 ID:vnqOmSh00
県外サポのために昨日の愛媛新聞の選手の一言を書いてみた。

01 羽田  一本松に感謝 愛媛に感動
02 加藤  (Vファーレンレンタル中につきなし)
03 八柄  愛媛魂
04 泉谷  郷土愛
05 星野  I (ハート) 愛媛
06 川井光 THE EHIME BEST!
07 金守  前に前に
08 濱岡  がんばろう 愛媛
09 川井健  感激
10 金子  (FC Mi-Oびわこレンタル中につきなし)
11 友近
12 うれ  ありがとう愛媛
13 関根  バンザイ愛媛
14 猿田  共にJ1へ
15 森脇  諦めたらすべてが”ゼロ”
16 赤井  愛媛のために
17 石丸  愛媛愛
18 江後  J1へ!!
19 永富  愛媛が好き(ハート)
20 広庭  前進
21 川北  前進勝利 愛媛に感謝 J1に行こう!!
22 大坪  愛媛最高
23 井上  丹原は最高!
24 田村  愛媛愛
25 高萩  (カタール国際出場につきなし)
26 橋垣戸 愛媛の愛に包まれた
27 菅沼  AmoPais
28 松下  みんなでJ1
29  川又
31 阿部  愛媛サイコー
32 千島  満場の”愛”媛
33 田中  伊予魂
34 小原  感謝
35 川本  愛媛と共に!
36 南   愛媛に感謝

278 :愛媛新聞 :2006/12/05(火) 15:13:57 ID:dZPVoAZ60
友近選手
 僕のプレーを見たいという人には申し訳ないが、新スタートを決断した。愛媛のみなさんの力でプロサッカー選手にさせてもらえた。 本当にありがとう。

石丸選手
 11年のサッカー人生はサポーターや家族の支えがあってこそと感謝している。愛媛FCはみんな「サッカー大好き」が伝わってくるいいチームだった。

川井光一選手
 JFL1年目で入団し、Jリーグに上がるまでの過程を経験できた。ここまでこれたのは周りの人が頑張ってくれたおかげ。本当にありがたく思う。

川井健太選手
 ユース時代からお世話になった。入団当時からは考えられないくらい環境が変わったが、地元で育ててもらって幸せだった。

八柄選手
 今年は初めて試合に出られない悔しさを味わった。将来は指導者を目指す。この経験をプラスにしたい。

泉谷選手
 ケガをしたまま入団し、シーズン途中から合同練習に参加した。いい環境だったと感謝している。現役は続ける。

280 :愛媛新聞 :2006/12/05(火) 15:18:10 ID:dZPVoAZ60
猿田選手
 愛媛で過ごした2年間は人生の中で濃く、成長できた。J開幕戦で決めたゴールが思い出深い。愛媛は人も温かかった。

永富選手
 今季は結果が出せず、悔いが残る。サポーターに恩返ししたかった。愛媛でサッカーができてよかった。

川本選手
 愛媛を離れても愛媛での3年間を生かしてチャレンジしていきたい。チームには感謝している。

大坪選手
 期待に沿えず申し訳ない。残った選手は今以上の結果を出すだろう。チームを引き続き応援してほしい。

橋垣戸選手
 故障が回復せず、納得いくプレーができず残念。実家に戻るが可能性のある限りサッカーを続けたい。

小原選手
 在籍は7年間。愛媛FCとともに自分のサッカー人生はあった。悲喜こもごもだが感謝している。

========================================

12/2 2006シーズン愛媛FC契約満了選手・引退選手について

2006シーズンの愛媛FC所属選手につきまして、今季限りで契約を満了する選手、引退する選手について、下記のとおりお知らせいたします。(※選手名前の番号は背番号です)

【●引退選手】
6川井光一/9川井健太/11友近聡朗/17石丸清隆

【●契約満了の選手】(※来季の契約を更新いたしません)
2加藤毅/3八柄堅一/4泉谷光紀/10金子豊/14猿田浩得/19永冨裕也/21川本良二/22大坪博和/26橋垣戸光一/34小原光城

※下記レンタル契約選手について、来季以降の愛媛FCとの契約、所属先チームに関しては、後日お知らせいたします。
(15森脇良太/20広庭輝/24田村祐基/25高萩洋次郎/27菅沼 実/28松下 幸平/36南祐三)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 4日 (月)

土日の結果/JFAカップ、国チビ、3種対抗 他

朝起きるのが怖い日々が続く、「土日の結果」です。

■JFAプレミアカップ(旧ナイキカップ)神奈川予選

 ▽12/02(土)
   追浜U-13 6-0 横浜YMCA SC 得点:三荷×2、木村、小村×2
   新子安U-13 10-0 青葉台中 得点:佐野×2、池田×2、細矢×2、右高×2、飯田×2

 ▽12/03(日)
   追浜U-13 14-0 ALL Z 得点:?

いよいよ始まったナイキ予選(JFA予選じゃ変だから、やっぱナイキと呼ぼう)。追浜は2連勝で早々と決勝トーナメント進出を決めた。新子安も、順調に白星スタート。今年こそ、関東大会に行こう!

■第38回 横浜国際チビッ子サッカー大会 L-11の部

 ▽12/02(土) 新子安U-12 1-0 ジュニオールSC
 ▽12/03(日) 新子安U-12 3-1 あざみ野FC

LL-8に続き、L-11も優勝。おめでとう!

■高校サッカー県予選決勝

 ▽12/02(日) 愛知県 中京大中京 2-1 東邦

横浜入りの噂のある石原、伊藤翔のいる中京大中京が最後の全国切符を手にした。今冬の選手権が本当に楽しみだ。

■神奈川県3種対抗戦

 ▽12/03(日)
   中体連選抜 2-2 クラブ選抜

【クラブ選抜】
 01 白山 直樹 GK  ジュニオールJY←松浪SC
 02 三橋 隼人 FW  新子安←しらゆりシーガルズ
 03 佐藤 文哉 MF  新子安←新子安

 04 武乗 裕磨 DF  FC湘南←大清水
 05 武乗 裕樹 MF  FC湘南←大清水
 06 山口 隼樹 MF/FW  ヴェルディ相模原←鳶尾SC
 07 砂川  翔 DF  FC厚木DREAMS←林SC
 08 佐藤 成悟 FW  FC厚木DREAMS←ブラックジャガーズ
 09 並木 克哲 MF  FCインフィニット相模原←橋本SC
 10 川越 勇治 FW/MF  川崎←中野島
 11 岩渕 貴哉 MF/DF  川崎←KSC
 12 野辺 翔太 MF  横浜栄FC←六浦少年 
 13 橋村 裕太 MF/FW  横浜FC鶴見←横浜つばさ
 14 加藤 祐樹 DF  追浜←バディSC
 15 田中 寛己 MF  追浜←追浜 

 16 斉藤 瑞樹 FW  湘南←ベルマーレ

【中体連選抜】
 01 鈴木 悠太 GK  富岡(横浜)←なし
 02 高木 翔太 DF  久里浜(横三)←久里浜FC
 03 渡邉 恭平 DF/MF  金旭(中)←金田キッカーズ
 04 二神  朗 DF  山城(中)←勝原少年SC
 05 長谷川直季 MF/DF  岡本(県西)←岩原ピンクパンサーズ
 06 永井 巧哉 MF  寺尾(横浜)←KAZU.S.C
 07 高橋  航 MF  桐蔭学園(横浜)←落合SC
 08 鳥山 翔平 MF  桐蔭学園(横浜)←藤沢SC
 09 佐々木一誠 MF  宮前平(川崎)←鷺沼SC
 10 上田  輝 MF/DF  相模(県央)←東京町田小川SC
 11 川名 智大 MF/FW  初声(横三)←初声Jr.SC
 12 鯰江 勇介 MF  江陽(中)←崇善FC
 13 小島 直広 MF/FW  金旭(中)←松延SC
 14 瓜谷 翔太 FW  いずみ野(横浜)←新橋SC
 15 清水 太希 FW  桐蔭学園(横浜)←フレンドSC
 16 川久保 光 FW  桐蔭学園(横浜)←金程SC
 17 小林  剛 FW/MF  本郷(横浜)←FC本郷
 18 前田 智人 FW  森の里(県央)←若宮SC
 19 藤松 聖弥 FW  秦野西(中)←秦野西FC
 20 山田  源 FW  藤沢一(湘南)←本町SC
 21 加藤 恭平 GK  岡本(県西)←岡本SC

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

プレミア         辻神さん
>今年こそ、関東大会に行こう!

今年こそ、世界へ行こう!(2006.12.06 23:00:27)


Re:プレミア(12/04)       ultraleftyさん
辻神さん
>今年こそ、世界へ行こう!

まずは、関東。関東を制するものは、きっと世界へ。
(2006.12.07 10:39:17)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 3日 (日)

サハラカップ 決勝T 横浜ユースvsFCトリプレッタ 〜祝祭〜

三ツ沢で新子安の優勝を見届けたあとは、タクシーでさくっとみなとみらいへ。のはずが、三ツ沢でタクシーが捕まらない。いつまで待っても来ないので、バスで西口まで出て、そこからタクシー。結局、15分ぐらいの遅刻。はじめから素直にバスに乗っておけばよかたよ。

サハラカップ、決勝トーナメント第1戦。相手はJCY枠から出場のFCトリプレッタ。みなとみらいのマリノスタウンでのユース公式戦は初めて。会場は満 員。何と580人も入ったそうだ。ん?待てよ?チケットもないし、入り口に人もいなかったし、どうやって入場者数を数えたんだ?SOGOの屋上から日本野 鳥の会?(笑)

200612032

満員のスタンドに入って、ピッチの得点板を見ると、もう2-0 orz 誰が決めたんだろうと思っているうちに、陽介がPKゲット。背後から聞こえる声 「陽介、もうハットか」 おお、陽介のゴールだったんだ。でもっ て陽介のPK。でもってお約束の・・・(笑) いや、笑い事ではないな。去年の埼玉国際の鹿島戦での幻のPKハットを決めたお前はどこに行ったんだ〜!  もうすぐいなくなってしまうPK職人(涙)の爪の垢もらっとけ〜。てか、あまり気負わず、楽しめばいいんじゃないかい?

今日の横浜はイケイケサッカー全開。得点はどれも本当に素晴らしいものばかり。ノリノリ応援がそれに拍車をかける。みなとみらいでのユース初戦にふさわし い祝祭感溢れる試合だった。鎖骨を3本も折って(ユースのM君談 :)長らく戦線離脱していたアーリアが久々に登場すると、スタンドの盛り上がりは最高潮 (ドリブルで中央突破した時も沸きましたが・・・)。コーヒールンバのメロディに乗せて、

 ♪アリ アリ アリ・・・・ アーリアー アリ アリ アリ・・・ アーリアー

そういや、これ歌ったJヴィレの瓦斯戦は・・・(笑) ちなみにこれの「モリモリ森谷」篇と、「パリパリパリス」篇も一度歌いたいものであります。

祝祭の裏には魔物が潜む。−ザル猿− 試合終了前の横浜の守備は、勝敗がほぼ決していたとはいえ酷いものだった。立て続けの決定機はクロスバーとポストと 佐藤が防いだが、4失点くらいはしてもおかしくなかった。逆に何失点かしていた方が気が引き締まってよかったかもしれない。

試合後、サポは大はしゃぎ。歌い、跳ね、歌い、叩き、また歌い・・・ 急遽トラメガを託されたアーリアパパに、OBの藤川、郷内はテレながらもサポに挨拶。ちょっとはしゃぎすぎの気がするが、でも、まぁ、楽しむ時は楽しめばいい。

さて、次は広島。広島も守備が今一っぽいので、激しい打ち合いになりそうな気がする。負けるともちろんそこで終わり。このメンバーでの試合は二度と見れな い。今日のような楽しい試合にはならないだろう。ちょっと緩んだ気持ちを再び引き締めて、最後のタイトルに臨もう。まさかの全クラの逆転劇に拍手すら送れ なかったあの夏の日を、藤枝で背を向けて去る選手たちに向かって叫んだ言葉を思い出そう。どんな状況になっても、あきらめず、真摯に。

とか、言いながら、来週、管理人は高知に行ってしまうのでありますが・・・ 長崎経由フクアリの皆さん、お願いします、私を長居に連れてってm○m

___________端戸仁(25)___________

斎藤陽介(9)_____森谷賢太郎(8)____水沼宏太(12)

_______幸田一亮(6)_山岸純平(5)________

武田英二郎(2)_田代真一(3)_甲斐公博(34)_金井貢史(13)

___________当銘裕樹(1)___________

得点:
 前半03分 斎藤陽介(9)
 前半09分 斎藤陽介(9)
 前半19分 森谷賢太郎(8)
 前半27分 水沼宏太(12)
 後半10分 森谷賢太郎(8)
 後半11分 幸田一亮(6)
 後半22分 端戸仁(25)
 後半26分 齋藤学(24)

交代:
 後半06分 当銘→佐藤峻(16)
 後半14分 金井→長谷川アーリア・ジャスール(10)
 後半25分 陽介、水沼→齋藤学(24)、大久保翔(7)
 後半39分 端戸→出口将司(14)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国チビ 新子安U-10vsジュニオールSC 他

例によってサハラの前にちょっと寄り道。横浜国際チビッ子サッカー大会LL-8の部、決勝@三ツ沢補助。試合前にピッチ脇で無邪気に遊んでいる選手を見て いると和む。精神的に疲れたときはやっぱ小学生に限るね(笑) 某女子高生には「この○リコン オヤジめ!」と馬鹿にされたけどさ(笑)

■市ヶ尾FCブリーオvsSCH.SC-B

新子安の前にまずは3決。地元市ヶ尾のチーム”市ヶ尾FCブリーオ”と、SCHの対戦。市ヶ尾の方がやや大きい子が多く、守備的な選手に小柄な選手の多い SCHは苦戦。1セット目は0-0。2セット目キックオフのロングキックが直接決まり市ヶ尾が先制するも、SCHがすぐに同点に。しかし、市ヶ尾が右サイ ドからきれいなシュートを決め再び突き放す。勢いを強めるSCHにひやりとするシーンもあったものの、市ヶ尾がそのまま逃げ切り見事3位に。

■新子安U-10vsジュニオールSC

みなとみらいで見たときは途中出場だった後藤航君が先発。後藤君はマリノス下部組織伝統の坊主頭FWの系譜を次ぐ男(笑) 先制点はその後藤君。ドリブルで中央を強引に抜いてシュート。さすが、坊主頭(笑)

2セット目中盤くらいまでは新子安のペースで進むが、だんだんとジュニオールに押される時間帯も増えてくる。1-0で迎えた3本目は、セットプレイが続き 危険な時間帯もあった。この後が控えているのでPK戦は避けたい。もう一点決めてくれと思っていたが、ポストに救われるシーンもあり、ひやひや。それで も、やっぱり坊主FW君がやってくれた。田崎君のパスを受け、ドリブルで持ち込みゴール!

試合は2-0で終了。新子安U-10の優勝。おめでとう。表彰式を見れなかったのが残念。

VIVA BO-ZU!

__近藤拓巳(7)_後藤航(11)___

遠藤和樹(5)_____田崎遼太郎(9)

______佐藤陸(10)______

__大谷晃平(4)__小泉潤弥(3)__

______佐藤圭介(1)______

得点:
 1S目06分 後藤航(11)
 3S目10分 後藤航(11)

交代:
 3S目00分 近藤→曽木友樹(6)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 2日 (土)

関東愛媛サポ懇親会

フクアリの後は、横浜のエクセルホテル東急での愛媛FC関東サポーター懇親会に出席。愛媛サポートクラブ主催のこの会には、三ツ沢での試合を終えた望月監督、羽田選手、菅沼選手、田中選手に加え、亀井社長、権名津GMらが参加。

当日の出来事をつらつらと。

・社長の挨拶。「満足はしてないが、初年度にしてはよくやったと評価していただける結果では」
・ゲストのJリーグフォトの豊島社長が乾杯の音頭。結構刺激的な話をしていたような気がするが、長かったのしか覚えていない(笑) 酒飲ませろ!(笑)

・歓談&お食事タイム
・BGVは今期のハイライト。決定的なシュートを外し、頭を抱える実。
・女性に大人気の選手たち。みんな写真を一緒にとろうと集まってくる。
・一人寂しそうに横で画面を見ている望月監督。
・よし、監督と写真を撮ろう!と集まったのは、関東隊のコアなサポたち。もちろん♂ばかり(笑)

・クイズ大会は、番号の印刷された赤・緑・黄の札をつかった3択クイズ。
・司会は愛媛出身の福井さん。
・問題はかなりカルトな問題ばかり。

カルト問題続々

選手も楽しげ

・景品はレプリカユニ、リストバンド、伊予がすりのテーブルクロス、ご当地キティちゃん、ピンバッチ、Tシャツなど結構豪華。
・ちなみに景品提供元は、DIADORA、松山市、ニンジニアネットワークさん等。感謝。
・プレゼンターに、ビーチバレーの徳野涼子選手ら。

・望月監督挨拶。「来年が一番厳しい年になる」
・望月監督には著名な作家(忘れた)のイラスト贈呈。プレゼンターは秦礼子さん
#12/04追記 イラストレーターは板垣しゅんさん

贈呈

手にしてるのがイラスト

・望月監督自ら問題を。
・「昨日誕生日だったんですが一番最初におめでとうと言ってくれたのは?1.田中俊也、2.菅沼実、3.江後。」
・「一番多く遅刻した○○選手の遅刻の回数は?1.1回、2.2回、3.3回」
・「僕が現役時代、得点王を争っていた選手は?1.釜本、2.なんとか、3.かんとか」 #ちなみに2位だったらしい
#1204追記 2.碓井さん(日立)、3.松浦さん(日本鋼管)だったそうです。すみませんが釜本さんしか知りませんでした(汗)
・クイズは続く。監督自ら時計を提供!
・選手にもおねだりする、某リーダー(笑) 俊也のベルト、実のネクタイ、敬介のピンバッチなんかを提供しそうになるが、結局うやむや?

・なかなか景品がなくならないので、最後は選手とのじゃんけん大会で。
じゃんけんをする敬介

・最後はサイン会&握手会。
・ホーム柏戦で配られたカードほか、関東サポにはうれしいお土産をもらいおしまい。

こんな感じで楽しいひと時でした。最後に権名津GMにお疲れ様でしたと挨拶もできたし。お疲れのところ参加していただいた選手、スタッフのみなさん、ありがとうございました。企画された愛媛サポートクラブの皆さんも、ありがとうございました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Re:愛媛サポ懇親会(12/02)         ipizumiさん
ちょっと訂正を。ビーチバレーの方は楠原さんとコンビを組んでいた徳野涼子さん( http://www.jbeach.jp/ajilove/ )、ちなみに一緒に来ていた方も水泳のオリンピック選手です。顔を隠されているのがちょっと違和感あるんですが、まずい表情していますか?(2006.12.04 00:42:11)


Re[1]:愛媛サポ懇親会(12/02)       ultraleftyさん
ipizumiさん
>ちょっと訂正を。
指摘ありがとうございます。修正しました。
ついでといっては何ですが、監督イラストの作者の方の名前も教えてくださいm○m

>顔を隠されているのがちょっと違和感あるんですが、まずい表情していますか?
プライバシーとか色々あるので、と思ったのですが、問題なさそうなので、修正を外しました。

P.S.
今回は楽しい会の企画ありがとうございました。(2006.12.04 03:47:12)


Re[2]:愛媛サポ懇親会(12/02)       ipizumiさん
ultraleftyさん
板垣しゅんさん
http://park11.wakwak.com/~itagaki/
です(2006.12.04 07:55:00)


Re[3]:愛媛サポ懇親会(12/02)       ipizumiさん
ipizumiさん
ついでに、得点王争いは、1.釜本さん、2.碓井さん(日立)、3.松浦さん(日本鋼管)でした。(2006.12.04 07:57:57)


Re[4]:愛媛サポ懇親会(12/02)       ultraleftyさん
ipizumiさん
コメントありがとうございます。
(2006.12.04 13:20:01)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

J1 第34節 千葉vs横浜 〜小さな希望

リーグ最終戦。フクアリでの千葉戦。試合以外のことで色々書くべきことが多い一日だったけど、うまくまとまらないので、それは別途書くとして、とりあえず試合のことのみ。

今日の先発は、GK:哲也。4バック左から裕介、那須、中澤、勇蔵。ボランチが上野に山瀬兄。サイドに吉田と狩野(頻繁に入れ替わり)。2トップは坂田に大島。

横浜のサッカーはエレガントなサッカーではなかった。ボールが何本もきれいにつながり、組織力でゴールを奪うようなサッカーではなかった。ハードなプレス でボールを奪い、局面は主に個人技で切り開く。ごつごつした、野暮なサッカーだった。けれど、あれが今の横浜にできる精一杯のサッカーだろう。心が浮き立 つようなサッカーではなかったが、心に響いてくるもののあるサッカーだった。

個人的注目は何といってもリーグ戦初スタメンの裕介。ドゥトラのいなくなる(まだ天皇杯があると信じてるよ、ドゥトラ!)左サイドを任せられる選手かどう か。多分他の多くのサポも注目していたポイントだろう。まだまだ欠点も多いけれど良くやっている、これから経験を積むにつれて、だんだんよくなっていくだ ろう、っていうのが率直な感想。ただ来年は同じポジションを争う選手が多く入団してくるし、監督も変わるだろうし(早野さんは解説者の方が向いていると思 うので、放送局の皆さん、横浜に負けないでくださいよ!)、来年はまた一からの競争になるだろう。ようやく手にしたチャンス、来年も競争に勝ってがっちり ポジションをキープして欲しい。

また、今日の中澤の活躍は素晴らしかった。名古屋移籍なんて報道が出ているが、中澤はまだまだ絶対に必要な選手だと思う。金も大切だけど、存在でサポー ターや客を惹きつけられる選手は貴重だよ。今年のオフは久々にゆっくりできるだろうから、コンディションを万全にして、来年もう一度スーパーなボンバーを 見せて欲しい。

これで今年のリーグ戦も終了。13勝6分15敗 得点49失点43の9位。去年に続き不甲斐ない成績だが、まだ天皇杯も残されている。優勝できればそれに越したことはないが、来年につながるような試合を見たい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 1日 (金)

初心忘れるべからず

KOMでユースからの昇格組の挨拶。ああ、こいつら来年からはトップの選手になるんだなぁ・・・ 何か、感慨深いものがあるなぁ・・・

りっくさんとことかぶってしまったけど、インタビュー採録しとこう。

=========================================

えー、横浜マリノスユースの斉藤陽介です。ポジションはフォワードです。

Q.好きなサッカー選手 憧れのプレーヤーは?
えー、得意なプレーは、裏への飛び出しと、ゴール前での嗅覚で、点を取ることです。

Q.好きなサッカー選手 憧れのプレーヤーは?
えー、好きな選手は、ウクライナのシェフチェンコなんですけど、目標とする選手は、マリノスの、坂田、大輔選手なので、身近にいるんで、少しでも、技を盗めたらいいなと思ってます。

Q.トップチームでの意気込みを!
いち早く試合に出て、名前を覚えてもらうようにまずがんばりたいです。そこで試合に出て、自分のプレーを見て、少しでも元気をもらえた、とかいう、人がいてくれたら、うれしいし、えっと、チームの勝利に貢献できるように、がんばり続けたいです。応援よろしくお願いします。

=========================================

田代真一です。はい。えーっと、ポジションは、ディフェンスやってます。

Q.自身のプレースタイル 得意なプレーは?
得意なプレイは、えとやっぱ1対1の対応と、あとは、フィードキックとか、攻撃が好きですね、はい。

Q.好きなサッカー選手 憧れのプレーヤーは?
ミランの、マルディーニ、選手、が好きです。あの、この前、行ったキャンプとかでも、松さんとかみんなリーダーシップとって、やってたんで、見習って、いきたいと思います。

Q.トップチームでの意気込みを!
えっと来年からは、マリノスのトップチームのプロとして、責任を持って、プレイするので、応援よろしくお願いします。

=========================================

横浜Fマリノスユースの長谷川アーリアジャスールです。ポジションは、ミッドフィルダをやっています。

Q.自身のプレースタイル 得意なプレーは?
今はボランチーをやっているんですけど、ボランチでも点が取れる選手になれるように、がんばっていきたいと思います。えっと、運動量や、スルーパスなどを、たくさん出していきたいと思うんで、その辺をよく、見てもらえたらいいと思います。

Q.好きなサッカー選手 憧れのプレーヤーは?
えっと、ブラジル代表のカカや、フランス代表のジダンなどを、おー小さい頃からよく見ていて、自分もああいう選手になれたらいいなと思って今もサッカーやっています。

Q.トップチームでの意気込みを!
えっと、横浜Fマリノスに入って、試合に出て、みんなと、戦ってチームに貢献したり、これから、自分も、ステップアップしていきたので、どうぞ、よろしく、お願いします。

           
   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »