« 初心忘れるべからず | トップページ | 関東愛媛サポ懇親会 »

2006年12月 2日 (土)

J1 第34節 千葉vs横浜 〜小さな希望

リーグ最終戦。フクアリでの千葉戦。試合以外のことで色々書くべきことが多い一日だったけど、うまくまとまらないので、それは別途書くとして、とりあえず試合のことのみ。

今日の先発は、GK:哲也。4バック左から裕介、那須、中澤、勇蔵。ボランチが上野に山瀬兄。サイドに吉田と狩野(頻繁に入れ替わり)。2トップは坂田に大島。

横浜のサッカーはエレガントなサッカーではなかった。ボールが何本もきれいにつながり、組織力でゴールを奪うようなサッカーではなかった。ハードなプレス でボールを奪い、局面は主に個人技で切り開く。ごつごつした、野暮なサッカーだった。けれど、あれが今の横浜にできる精一杯のサッカーだろう。心が浮き立 つようなサッカーではなかったが、心に響いてくるもののあるサッカーだった。

個人的注目は何といってもリーグ戦初スタメンの裕介。ドゥトラのいなくなる(まだ天皇杯があると信じてるよ、ドゥトラ!)左サイドを任せられる選手かどう か。多分他の多くのサポも注目していたポイントだろう。まだまだ欠点も多いけれど良くやっている、これから経験を積むにつれて、だんだんよくなっていくだ ろう、っていうのが率直な感想。ただ来年は同じポジションを争う選手が多く入団してくるし、監督も変わるだろうし(早野さんは解説者の方が向いていると思 うので、放送局の皆さん、横浜に負けないでくださいよ!)、来年はまた一からの競争になるだろう。ようやく手にしたチャンス、来年も競争に勝ってがっちり ポジションをキープして欲しい。

また、今日の中澤の活躍は素晴らしかった。名古屋移籍なんて報道が出ているが、中澤はまだまだ絶対に必要な選手だと思う。金も大切だけど、存在でサポー ターや客を惹きつけられる選手は貴重だよ。今年のオフは久々にゆっくりできるだろうから、コンディションを万全にして、来年もう一度スーパーなボンバーを 見せて欲しい。

これで今年のリーグ戦も終了。13勝6分15敗 得点49失点43の9位。去年に続き不甲斐ない成績だが、まだ天皇杯も残されている。優勝できればそれに越したことはないが、来年につながるような試合を見たい。


|

« 初心忘れるべからず | トップページ | 関東愛媛サポ懇親会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022251/27620887

この記事へのトラックバック一覧です: J1 第34節 千葉vs横浜 〜小さな希望:

« 初心忘れるべからず | トップページ | 関東愛媛サポ懇親会 »