« 土佐日記 あるいは、天皇杯 横浜vs大分 | トップページ | 土日の結果/サハラ、JFAプレミアカップ県予選 »

2006年12月10日 (日)

高円宮U-15 GL#1 愛媛FCvs追浜

朝早く起きて、高知名物日曜朝市へ。時間が早すぎてまだお店は準備中のところが多かったが、ぶらぶらと歩いていると、名物いも天発見。揚げたてだったので、衣サクサクで中ホクホク。素朴なおいしさで、これはお勧め。

はりまや橋で夜行バス組と合流し、タクシーで春野陸上競技場へ。タクシー代は3000円弱。意外と安かった。

■追浜vs愛媛FC

まずは弾幕設置。今日の会場は春野陸上競技場補助。本当に補助(笑)。観客席なんか当然ないし、弾幕を張る場所すらほとんどなし。何とか入り口近くの柵に 張ってはみたものの、下1/3が見えない状態。愛媛用の弾幕も実は作ったのだけど、ちょっと事情があって作り直しになってしまい、今回は間に合わなかっ た。持ってきても張るところがなさげだったので、かえってよかったのかもしれない。来週は陸上競技場と球技場なので大丈夫だろう。

追浜の応援団は父兄2名に物好き2.5名(笑) 片や愛媛FCは近くということもあり、サブの選手や父兄からなる大応援団。フラッグに、ポンチョまで着て すっかりオレンジ。追浜にとっては、圧倒的アウェイ(笑) この分なら愛媛の応援は足りてるな。ということで、追浜応援団0.5名増加(笑)

高知は青空の広がる絶好のサッカー日和。日向は暖かく、試合前はやっぱ南国高知とか言っていたが、試合が始まったとたん風が吹き始めた。お約束(笑)

公式記録によると前半のシュート数は、追浜の11に対して、愛媛は3。ゲームもそのシュート数通りの展開。追浜は両サイドバックまで高い位置に上がり、圧 倒的に攻める。一方の愛媛は守備を固めて、かっちり守る。スペースを消されている分、追浜は個人のテクニックで突破を試みるが、愛媛の寄せも早く、なかな かシュートまでは持ち込めない。均衡が破れたのは30分。澁谷君のパスを受けた小野裕二君が、愛媛DFをうまくすり抜け、左斜めからのループ気味のシュー ト。これが風にのりゴールイン。ここまで榎本君の惜しいシュートがあったりしたにもかかわらず、どうしても点が奪えなかった追浜にとってはホッと一息つけ る得点となった。

後半。ハーフタイムにはやんでいた風が再び吹き始める。全くもってお約束。後半も追浜がゲームの主導権を握っていたが、追浜は中盤でのミス連発でピンチも 結構多かった。夏のクラ戦以来の久々の公式戦というのも影響しているのだろう。一方の愛媛は、最後まで集中して守った。愛媛というと守備のチームというよ り、攻撃のチームというイメージがあったので、これはちょっと意外だった。今日の戦い方を見ている限りでは、徳島に大量失点するようなチームに見えない が、今日はやっぱりいつもより守備的に戦ったのだろうか?横浜との対戦だと、どうしても生理的にトリコロールの動きを目が追ってしまうので、対戦相手のプ レイが見えない。来週もまた愛媛の試合を見る機会があるので、その時はじっくり見よう。

20061210
(写真:追浜vs愛媛FC) (C)辻神さん #どうもありがとうございます。

<追浜>

_____榎本大希(9)___小野裕二(11)____

澁谷元気(15)___天野純(8)____小野悠斗(10)

_________中田航平(6)_________

岡直樹(7)_保田隆介(5)_樋川愛輔(4)_原広樹(3)

_________四宮祐貴(1)_________

<愛媛>

__________二神彰胤(9)_________

林龍之介(14)____野本隆志(8)___岡本剛史(11)

______福岡知晃(10)_西原拓也(6)______

梶田陽(13)_林晋之介(5)_渡部翔大(3)_山田純平(2)

__________渡部優介(1)_________

得点:
 前半30分 追浜:小野裕二

交代:
 後半09分 愛媛:二神→越智優麻(15)
 後半29分 愛媛:林龍→河本滉平(12)
 後半36分 追浜:小野裕→丸山透(13)

■広島vs京都

1試合目が愛媛の応援のおかげで、にぎやかな中で行われた分、この試合は静かだった。ゲーム内容も、山場のない渋い展開。公式記録によると、前半のシュー トは京都の1本のみ。道理で(笑)朝市で買った田舎寿司(ゆず酢の酢飯に漬物とかみょうが、こんにゃくなどをネタにした寿司)や、紫芋の饅頭を食べながら まったりと観戦。

この試合で一番記憶に残ったのは広島の選手のデカさ。FWの玉田君、センターバックコンビの広住君、山崎君ら、とにかくデカい選手がそろう。特に玉田君 は、184cmで今大会No.1長身フィールドプレイヤー。渋い展開ながら、広島はその玉田君のゴール(左足)などで、2-0で京都を下した。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

遠路ご苦労様でした。         愛媛FCJyユースの父親さん
 もしかしたらすれ違ったかも知れませんね。

 シュート数のとおり両チームの力差は、歴然としていましたが、「マリノスを1点に抑えた。シュートも撃つことができた。」愛媛の子供達には大きな自信となりました。
 今週末の2試合は、今のメンバーで戦う最後の試合です。京都、広島共に強豪ですが、1点はとって欲しいと思っています。
 余談ですが、「えひめえふしー」澄み切った声をあげていた応援団長は、メンバーの弟君(小学生)でした。 

 (2006.12.11 23:28:31)

Re:遠路ご苦労様でした。(12/10)       ultraleftyさん
愛媛FCJyユースの父親さん
>もしかしたらすれ違ったかも知れませんね。

かなりの確率で。来週も行きますので、それっぽいのを見かけたら声をかけてください(笑)

>愛媛の子供達には大きな自信となりました。

追浜モードだったので、結構ひやひやしてみてました。1点くらい決められてもおかしくなかったですね。

> 今週末の2試合は、今のメンバーで戦う最後の試合です。

追浜にとっても強敵です。最後と言わず、一緒に決勝トーナメントにあがりましょう!

>メンバーの弟君(小学生)でした。 

どうりで。声高すぎ!と追浜サポは和んでました(笑)

|

« 土佐日記 あるいは、天皇杯 横浜vs大分 | トップページ | 土日の結果/サハラ、JFAプレミアカップ県予選 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022251/27620899

この記事へのトラックバック一覧です: 高円宮U-15 GL#1 愛媛FCvs追浜:

« 土佐日記 あるいは、天皇杯 横浜vs大分 | トップページ | 土日の結果/サハラ、JFAプレミアカップ県予選 »