« 神奈川2部昇格T 日本工学院Fマリノスvs横浜VIENTO | トップページ | U-17日本代表メキシコ遠征メンバー(1/30〜2/12) »

2007年1月21日 (日)

プレミアカップ 準決勝 新子安vsヴェルディ相模原

日本工学院Fマリノスの昇格の余韻を楽しみつつ、サカ馬鹿たちは次なる会場である追浜へ大移動。追浜駅からはタクシー3台に分乗し、キックオフ直前に到着。大急ぎでダンマクを設置し終わった頃、キックオフ。セーフ。

JFAプレミアカップ準決勝。対戦相手はヴェルディ相模原。シンガポールでの劇的な逆転弾と、テクい4点目が印象的なU-17代表河野@ヴェルディユースの出身チーム。

今日の新子安は右サイドバックに山田君ではなく富樫君を起用。右サイドにはこれまで途中出場が多かった佐野君を先発で起用。その他はこれまでと同様のメンバー。

序盤から新子安の素晴らしい攻撃が炸裂する。何本もつながるダイレクトパス、緩急自在のドリブル、パス&ゴー、大きなサイドチェンジ、思いもかけないス ルーパス・・・ 何だかサッカーの教科書を見ているようで、あちこちで嘆息が漏れるハーフピッチゲーム。本当に魅力的なサッカー。

しかし、素晴らしいサッカー≠勝てるサッカーではないところがサッカーの難しいところ。相模原の厚い守備に阻まれ、決定的なチャンスはポストとクロスバー に阻まれ、新子安はどうしても得点できない。序盤から素晴らしいサッカーを見せてくれた新子安だが、流れを変える力はまだまだ足りなかった。

0-0のまま25分ハーフの試合は終わり、即PK戦へ。先攻はヴェルディ相模原。1人目は双方決める。2人目、ヴェルディ相模原の選手のシュートは金沢君 が止める。しかし、これはやり直しに。やり直しは成功。この後双方成功し、サドンデスに。7人目、ヴェルディ相模原は成功。新子安、キャプテン高橋君の シュートはゴール隅に弾かれ失敗・・・

新子安は決勝を目前に敗退してしまった。

勝負に負けたことはもちろん悔しいけれど、この敗戦はきっと彼らの糧になる敗戦だと思う。彼らのサッカーは本当に魅力的なサッカーだけど、強力なライバル 相手にこのサッカーがいつもできるわけではない。その時にどう戦い、点を取って勝つか。本当の勝負はこれから。まだまだ戦いは続く。もっともっと強くな れ。もっともっとうまくなれ。もっともっと魅せてくれ。がんばれ、新子安!

あっ〜〜、それにしても、新子安の試合がまたしばらく見られなくなったのが、何より残念だっ!
いい感じで調子が上がってきてたのに!
くそぉ〜〜〜!!!!

そうか!悪いのはあいつだ。



やい!「生まトロ」ダンマク!
いい加減、追浜の大一番で新子安を勝たせやがれ!(笑)



そうだ、ついでに。

やい!横浜マリノス株式会社さん!追浜の照明もっと明るくしやがってください


<新子安>
_____右高静真(14)___土方隆介(11)_____

加藤雅也(4)_______________佐野弘樹(7)

_______池田奨(3)___細矢諒馬(12)_____

松島寿樹(13)_高橋将吾(8)_原田健利(10)_富樫敬馬(9)

__________金沢拓真(1)__________

交代:
 後半20分 加藤雅也→宇佐見康介(15)

PK
 新(6):池田○ 佐野○ 富樫○ 松島○ 土方○ 原田○ 高橋×

|

« 神奈川2部昇格T 日本工学院Fマリノスvs横浜VIENTO | トップページ | U-17日本代表メキシコ遠征メンバー(1/30〜2/12) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022251/27707460

この記事へのトラックバック一覧です: プレミアカップ 準決勝 新子安vsヴェルディ相模原:

« 神奈川2部昇格T 日本工学院Fマリノスvs横浜VIENTO | トップページ | U-17日本代表メキシコ遠征メンバー(1/30〜2/12) »