« 神奈川県リーグ構想 | トップページ | JY新子安卒業試合 〜素晴らしき次の一歩を »

2007年3月 3日 (土)

J1 第1節 横浜vs甲府 〜出発

2007年シーズン開幕。クラブの若手育成型チームへの転換という大きな方針転換を受け、横浜サポにとっては心配と期待の入り混じる開幕となった。

久々の日産スタジアム。N12の入り口から入ると目の前に広がる緑の芝。周りを見渡すとすでにゴール裏は多くの仲間がトリコロールのユニで座席を埋めてい る。年がら年中サッカーを見ているわけだが、やはりリーグのホーム開幕戦は特別な思いが沸き起こる。久しぶりに”ホーム=家”に帰ってきたという安堵。新 しいシーズンが始まる期待。やっぱホームはいい。

今日のゲームホストは陽介に小宮山。子どもたちを相手にしている陽介の笑顔が実にいい。それを見ていたあまり新加入選手に詳しくなさそうな女性サポは口々 に××とか、○○とか、かなり好印象を持った様子。気が早いが、引退したらぜひスクールや下部組織のコーチをやって、優秀な選手のお母様方を引き付けて欲 しい(笑)もちろんその前に、ピッチ上で我々をトリコにして欲しいのは言うまでもない。

横浜の先発にはアーリア。ルーキー開幕先発は、横浜球団史上4人目だという。アーリア個人の出来としては、山瀬に出したパス、終盤の外したシュート以外は さして記憶に残るプレイがなかった。もっともっとできる選手のはずだが、今日は相当緊張していたようだ。まぁ仕方ない。早野監督がこれから使い続けてくれ ればどんどん良くなるだろう。

2007030301 2007030302
(写真左:笑顔で女性サポの心をがっちりつかんだ陽介。次はプレイで。
 写真右:1アシストが記録されたアーリア。視線の先には・・・)

チーム全体としては、まだまだちぐはぐさの残る不器用なサッカー。そんな中でやはりベテランが存在感を発揮した。鈴木の泥臭いまでのポストプレイ。マルケ スの攻守に渡る献身的な動きと、さすがのテクニック。文句なくMOMの山瀬のキレキレプレイ。河合、中澤、栗原トライアングルはがっちりとゴール前に鍵を かけた。

両サイドのスペースにやすやすと侵入を許してピンチを招くところ(那須はどうしても中央によってしまう・・・)や、攻撃の練習ばかりしてるにしては今ひと つ組織的でない前線。課題はまだまだあるし、このメンバーが最適解では決してないと思うけれど、第2期早野マリノスの船出としては十分合格点だろう。

そうそう、後半一時的に、日産スタジアムのピッチには榎本、栗原、隼磨、アーリア、坂田、鈴木健太(甲府)と6人の横浜ユースOBが揃ってプレイしていた。これまた感無量。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Re:J1 第1節 横浜vs甲府 〜出発         夢は会計士さん
何とかTVで見れました。アーリア君はこれからですね。上野様以降ゲームを作るMFは泣き所でしたから育ってもらいたい。鈴木さんの体張る姿勢は嬉しいです。退場は残念でしたが前任者の9番が自分とこでボール取られてもチンタラ歩いていたのとは対称的です(次はヤッつけてくれ)。まだスタートしたばかりで隼磨達ユース出身者は特にまだ原石。磨いて欲しい
(2007.03.05 08:59:02)

Re[1]:J1 第1節 横浜vs甲府 〜出発(03/03)       ultraleftyさん
夢は会計士さん
>アーリア君はこれからですね。

ユースの応援を通じてサポーターの気持ちを分かってくれる選手になってくれたと思っています。これからも暖かく、時には厳しく応援して、日本を代表する選手に成長していって欲しいですね。

>鈴木さんの体張る姿勢は嬉しいです。

あまり横浜にはいなかったタイプの選手ですよね。ああいう懸命な姿は胸を打ちます。チームに何かをもたらしてくれる選手ではないでしょうか。まだ1試合ですが、正直あまり期待してなかっただけに、うれしい誤算でした。(2007.03.06 10:40:58)

|

« 神奈川県リーグ構想 | トップページ | JY新子安卒業試合 〜素晴らしき次の一歩を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022251/27764226

この記事へのトラックバック一覧です: J1 第1節 横浜vs甲府 〜出発:

« 神奈川県リーグ構想 | トップページ | JY新子安卒業試合 〜素晴らしき次の一歩を »