« 育英フェス 第1日目 横浜vs前橋育英、広島 | トップページ | TRM U-17代表vs静岡産業大学B »

2007年3月10日 (土)

J1 第2節 横浜FCvs横浜 〜まがい物のダービーと神話の発動

育英フェスを見終えて、速攻で駅へ向かい三ツ沢へ。

何でも今日は”横浜ダービー”とやらが行われるらしい。ダービーというのは、実力的にも、歴史的にも均衡するチーム同士のしのぎを削る戦いなので、新興 チーム(といっても日本のサッカーの歴史自体、決して古くはないが)である横浜FCとの対戦がダービーだとはこれっぽっちも思わない。成績的にも、歴史的 にも差がありすぎる。ダービーとはもっと特権的なものであって、マスコミの報道をはじめ、最近の乱用っぷりには単なる客寄せの、今となってはすっかり手垢 にまみれた陳腐なキャッチコピーとしか思えない。そもそも、まともな舞台で戦うのがはじめての両チームの間に、どんなダービーが成立すると言うのか。横浜 フリューゲルス時代の対戦を持ち出して、9年ぶりの横浜ダービーと煽る記事もあったが、横浜FCは横浜フリューゲルスの正当な後継者なのか?

蛇足だが、ホーム開幕戦で”いきなりダービー”なんて書かれたボードを配る横浜の営業だか、企画だかは本当に頭が悪い。横浜FC側が集客に”ダービー”を 使うのなら、動員に苦しむチームの営業努力としてわかりやすいが、横浜が”ダービー”だなんて煽る必要がどこにある?しかも、アウェイゲームを。

と、斜に構えてスタジアムに入ると、横浜FCのホームゲームとは思えない満員の観客。もちろんアウェイはぎっしり。横浜は延々と歌い続けている。オープニ ングのマスゲーム対決、禁断の紙吹雪。まがい物とはいえ、ダービーという陳腐なキャッチコピーに乗ってみるのも、サッカーを楽しむ上では悪くないなと思っ た。

今日の横浜は、栗原がインフルエンザで出場できず那須がその穴を埋める。空いた左サイドバックには田中裕介。アーリアは前節に続きスタメン。FWは出場停止の鈴木に代わり大島。

立ち上がり、横浜FCの執拗なプレス(というか、汚い接触プレイ)に横浜はボールキープもままならない。中澤が「若手が雰囲気に飲み込まれてしまった」と 試合後に述べたように、チーム全体がちぐはぐ。最たるのが哲也。2003年の最終戦のアレをはじめ、奴は大舞台になるとどうも空回りして、いつも出来るプ レイが全く出来なくなる。そんな隙を突かれ、前半7分に早川にゴールを奪われる。

時間と共にボールをキープし、回せるようになった横浜だが、相手のラフプレイに、露骨な鹿島張りの時間稼ぎ、横浜FC勝利の立役者たる岡田正義の冥ジャッ ジもあり、横浜は得点を奪えない。山瀬のFKや、田中祐介の前半終了間際の弾丸ミドルなど、ほんのちょっと神様が微笑んでくれてれば・・・というシーンも 何度かあったが、結局、早川のゴールが決勝点となり、横浜としては憤懣やるかたない1敗を喫した。初物に弱い横浜、という神話は今回もまた発動してしまっ た・・・

ただ、負けたとはいえ、前半29分にマルケスの負傷に伴い途中出場した乾は、何回か超絶ドリブルを見せ、その可能性を多くの人にアピールした。乾のドリブ ルからのパスに反応できるFWがいれば・・・ 開幕戦に続き2試合フル出場となったアーリアも、何度も山瀬に効果的なパスを供給した(ドリブルで勝負もし て欲しいとも思う)。この2人は案外いいコンビかもしれない。コンビネーションが熟成してくれば、才能豊かな若者たちがかなり面白いサッカーを見せてくれ そうだ。これからも早野監督が辛抱強く彼らを使い続けてくれれば、8月のホーム再戦ではもっと素晴らしいサッカーを見せてくれるだろう。今後に大いに期待 したい。それまではサポも辛抱、辛抱。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

執念と卑怯のはき違い         夢は会計士さん
確かにまだ蒼い。成長しなきゃ。でも審判は酷い!マルケスへの蹴り、早川の得点場面での中澤さんへの打撃を筆頭に汚いプレーに甘すぎ。今回はフリューゲルスの件とかカズさんとかで何故か試合前からFCが頑張る主役、こちらは悪役とされた様に見えます。あんな汚いプレーが勝利への執念と美化されていいのか。否! 次は成長したマリノスが裏切り者の久保を含め奴らを二度と笑えない様にして欲しいです。
(2007.03.13 08:56:32)

なんかなぁ〜       ぽっぽっぽさん
汚いプレーに観ていない審判。それでも勝たなければいけない試合だったと思います。山瀬どこ?って試合は勝ちきれないし、FWも点がとれる気配がなさすぎだし。乾くんには期待大ですが、周りをどう使うかが課題かなぁ。「サポーターはゴール裏だけじゃないよ」がお願いですね。
(2007.03.13 14:50:59)

なんかなぁ〜       ぽっぽっぽさん
汚いプレーに観ていない審判。それでも勝たなければいけない試合だったと思います。山瀬どこ?って試合は勝ちきれないし、FWも点がとれる気配がなさすぎだし。乾くんには期待大ですが、周りをどう使うかが課題かなぁ。「サポーターはゴール裏だけじゃないよ」がお願いですね。
(2007.03.13 14:51:04)

ちょっとコメントにがっかりです       マリノスのファンさん
いつも楽しく拝見しておりますが、何だかただの熱狂的なサポーターのブログと変わらないコメントにがっかりです。ちなみに、私もマリノスの一ファンです。(2007.03.13 17:24:14)

三ツ沢ジャッジ       Tigerさん
愛媛サポです。
私の中では三ツ沢ジャッジと呼んでいます。
それにしても去年はひどかった・・・。
特にヒデトが退場になったあの試合は未だに思い出すだけで腹が立ちます。
「横浜Cはファウルが少ない」と良くマスコミは言っていましたが、「ファウルをなぜか取られない」という話なんですよね。
柏や神戸はリスペクトしていますが、どうしてもあのチームだけは素直に優勝を称えることが出来ませんでした。
だいたい、貧乏なはずのクラブがなぜあれだけの元日本代表選手を集めることができるんでしょうね。
ある関係者は「一昨年のカズのシドニー出張で大きなバックがついた」と言っていました。
本当かどうかは知りませんけどね・・・。(2007.03.13 18:11:34)

まとめレス       ultraleftyさん
>夢は会計士さん

審判は本当にひどかったですね。横浜FCのラフプレイも。でもそういう状況であればあるほど、なおさら勝って欲しかった。負けた後だと負け犬の遠吠えですからね・・・ 夏にはホームでリベンジしましょう。

>ぽっぽっぽさん

乾はこの先楽しみですね。乾のラストパスを受けられるFWがいればなぁ・・・ 陽介あたり組んでみると面白いかも知れないですね。

>マリノスのファンさん

ある程度言葉使いが荒れるのは仕方ないでしょうね。実際に暴力に発展するわけでもないし、それだけ熱くなる試合だったということではないでしょうか。

>Tigerさん

某所のpinkさんですか?(笑)去年の三ツ沢の試合はひどかったですね。去年一番審判に腹のたった試合だったような記憶があります。

横浜FCが貧乏というのは昔の話で、今や立派なスポンサーもついてます。練習場もちゃんとあるし、ハンデを負って戦うチームという図式はもう崩れたはずなんですが、マスコミはそういう話が好きですからね。愛媛のJFL時代のライバルチームを含め。
(2007.03.15 10:06:58)

|

« 育英フェス 第1日目 横浜vs前橋育英、広島 | トップページ | TRM U-17代表vs静岡産業大学B »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022251/27764236

この記事へのトラックバック一覧です: J1 第2節 横浜FCvs横浜 〜まがい物のダービーと神話の発動:

« 育英フェス 第1日目 横浜vs前橋育英、広島 | トップページ | TRM U-17代表vs静岡産業大学B »