« 4th ANIVERSARY | トップページ | MarinosTownCup2007 初日 横浜ユースvs青森山田 他 »

2007年3月31日 (土)

J1 第4節 広島vs横浜 〜Mですから

神戸にホームで4-1だなんて不甲斐ない試合を見せられて頭に来た。冗談じゃない。トリコロールがあんな無様な試合をして許されると思っているのか!日程&予算&モチベーションの関係で行かないことにしていた広島に行くことを決めたのはそういう理由から。何てったって、

  Mですから(笑)

そんな訳で、その日のうちに広島への飛行機を予約。ちょうどマイレージの使える便が空いていたので今回は交通費はほぼ出費なし。後は試合前のお楽しみの計 画を綿密に(笑) リサーチの結果、今回の遠征のメインは一部のB級グルメマニアに絶大なる支持を誇り、名古屋の喫茶マウンテンと並び賞される「寿き焼 き・洋食 肉のますゐ」へ行くことにした。同行(好)者はマリノス系B級グルメサイトM&Mの管理人さん。

「ますゐ」は八丁堀の路地を入ったところにある店で、精肉店が経営している。店内に入ると1Fはいっぱいで、2Fの座敷に通された。何だかソファー付きの 談話コーナーチックなスペースがあったり、木張りの廊下に部分的に畳が埋め込まれていたり、妙に広かったりと、かなり独特な空間。精肉店が経営するだけに 肉を使ったメニューが多い。洋食は下はライス付きトンカツ350円!からスペシャルステーキ4500円まで実に多彩なメニューが揃う。下の写真にはない が、寿き焼き(牛・とり・豚)や、水炊き(とり・豚)、魚の刺身時価なんてメニューもある。ん〜〜ん、完璧なB級チック。熟考のすえ、今回はカツカレーを 注文。試合当日のカツカレーは勝率が悪いんだけど、何てったって

  Mですから(笑)

そして、カツカレーが運ばれてきた。カレーは普通っぽいが、カツの上にも色のよく似たソースがかかっている。「ますゐ」のアイデンティティは、多彩なメ ニューや、不思議な空間ではなく、この通称「ますゐソース」 どうもデミグラスソースっぽいのだが、普通のデミグラソースに比べると色も薄く、コクもな い。ソースを味わいつつ、カレーを食す。どうもカレーの味に隠され、「ますゐソース」の存在感が消えてしまう。多くの人がトリコになる「ますゐソース」  その魔力に捕らわれなかったのは幸せな事なのだろうか?やはり初心者は「ますゐ」ソースのみがかかったトンカツから注文すべきだった・・・

2007033101
(写真:ますゐの多彩なメニュー)

2007033102
(写真:カツカレー)

「ますゐ」の後は、桜を見に平和記念公園へ。Cさんと原爆ドームの前で待ち合わせしていると、すごい音が響き渡って、何やら物体が宙を待った。通りに出て みると軽自動車が事故っていて大破。辺りは一時騒然。運転手は車から運び出され道に横たえられ、救急車の到着を待つ。信じられないのは、そんな状況で大破 した車を撮影している馬鹿が何人もいたこと。そばにいた子ども連れの父親も写真を撮ろうとしている。人の不幸を何、写真撮ってんだ?と言いたかったが、チ キンなのでさりげなくカメラの前に立って撮影を妨害することぐらいしか出来ず orz

辺りが落ち着いた頃、Cさんが到着。桜を見つつ散策。桜はまだ五分咲きというところ。Cさんがあらかじめ調査していたスイーツの店「バッケンモーツァル ト」へ。ボストンクリームパイに、名物のチーズオムレットをいただく。チーズオムレットは濃厚なチーズが口に広がる。個人的にはボストンクリームパイの方 が好み。

と、例によって壮大な本編の後、ビックアーチへ。アストラムラインでは、Y下の面々と偶然合流し、1両丸々ほぼマリサポジャック。ジャックはあまり勝率がよくない気がするが、そこは、

  Mですから(笑)

今日の横浜は、ナビスコ清水戦に続き4-4-2。GK哲也、4バックが左から田中祐介、中澤、栗原、隼磨。2ボランチが河合に山瀬功治。左サイドに山瀬幸 宏、右サイドに吉田。2トップは大島と坂田。今年の新加入選手はゼロ。水沼マリノスのリバイバルって感じだが、山瀬幸宏を使っているところがちょっと違 う。

先制は広島。試合前にウェズレイのJ通算100ゴールがかかるという話を聞いて横浜の芸風的に嫌な予感がしていたが、やはり。佐藤からのパスを押し込ま れ、目の前で弓矢ポーズを見る羽目に。はぁ、やっぱりダメか・・・と思っていたら、隼磨の”ロングシュート”がゴール前に走りこんだ大島の頭の上に偶然落 ち、すぐに同点に追いつく(笑)

横浜は前半からボールホルダーに素早くプレスをかける。ボールを奪うとシンプルに前を目指す。最小限のルールを決めてそれを守るというディシプリンは確立 されつつあるようだ。ただ、まだまだ組織としてのプレーという感じではなく、攻守どちらも個々の能力でなんとかしのいでいるという印象。広島に攻められる 時間帯も多かった。

1-1で前半を終え、後半へ。吉田に代えて狩野を投入。両サイドに守備力より攻撃のヒラメキ系選手を投入する早野采配に苦笑。開始早々、田中祐介がドリブ ルでPAに侵入し、深い位置から折り返しのパス。坂田は空振りするも、後方から突進してきた功治にパス。相手選手に寄せられつつもシュート。あっという間 に同点。3点目は、狩野のクロスから。大島がうまくヘッドでそらした。

裕介はウェズレイとのマッチアップで何度も抜かれてピンチを招くシーンもあったし、パスミスも多く、出来はあまりよくなかったが、アグレッシブなプレイは チームに得点をもたらした。まだまだ若い選手だから、経験を積んで左サイドバックのポジションをがっちりつかんで欲しい。

1-3という思わぬ大勝に横浜サポの顔には久々に笑顔が溢れる。試合終了と同時に雨が降ってきたが、「横浜が勝ったから雨が降ってきたよ」なんて軽口を叩 きながら、駅までの坂道を下る。祝勝会を終え、スーパーサッカーに間に合うようにホテルへ。スーパーサッカーを見たいって思ったのっていつ以来だろうか。 3得点を改めて堪能。おまけに今日のスーパーサッカーは中澤インタビューも。マリノスタウンの様子が紹介され、アーリアと陽介も登場。中澤は陽介をいじめ ているらしい。あれ?「いじめやめよう」CMやってるのは確か・・・(笑) まぁ、陽介は楽しんでいるようだが。

  Mですから(笑)

|

« 4th ANIVERSARY | トップページ | MarinosTownCup2007 初日 横浜ユースvs青森山田 他 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022251/27764264

この記事へのトラックバック一覧です: J1 第4節 広島vs横浜 〜Mですから:

« 4th ANIVERSARY | トップページ | MarinosTownCup2007 初日 横浜ユースvs青森山田 他 »