« 2007年JFA・Jリーグ特別指定選手に長友佑都選手を承認 | トップページ | プレミアカップ第2日目 愛媛vsSQUARE富山、愛媛vsクレフィオ 他 »

2007年5月 3日 (木)

プレミアカップ第1日目 愛媛vs室蘭大沢、愛媛vs名古屋

ナイキプレミアカップ改めJFAプレミアカップ開幕。四国代表で愛媛JYが出場する。今日は横浜トップは川崎とホームで対戦、ユースは東総で鹿島学園と対戦。いずれも大事な試合だが、ここは年に1回見れるか見れないかの愛媛JYを選択した。

例によって、関東在住愛媛サポのY氏(いや、これは今や偉大なるあのお方を指すからそうむやみに使ってはならない)もとい、Y君の運転する車に(ほぼ)おさーん4人が乗って深夜の所沢を出発。連休の初日で常磐道は混雑していたようだが、東北道を選んだY君は正しく、渋滞に巻き込まれることもなくJヴィレに到着した。時刻は6時すぎ。かなり早いが、この時間、この季節のJヴィレは最高に気持ちがいい。

試合までにはまだ時間があったが、暇なのでさっさとダンマクを設置。第1試合目はピッチ1なので、観客の邪魔にならないように端っこよりに設置。作業完了。しかし、まだまだ時間はある。ほとんど徹夜状態なので、ベンチで仮眠を取る。気持ちいい。

試合開始時間が近づくにつれ人も増え始める。愛媛の父兄の方々もいらっしゃったので、例によって選手一人一人の呼び名を聞いてパンフに書き込む。これで準備は完了。

2007050301
(写真:ピッチ1はこんな感じ)

■愛媛vs室蘭大沢

初めて見るこの年代。第1印象は愛媛の「少ないタッチでパスをつなぎ、攻守の切り替えを早くする攻撃サッカー」という例年のコンセプトを踏襲した上で、足元のテクニックに秀でた選手が多いのを活かし、「少ないタッチでパスをつなぎつつも、テクニックで相手を突破し、攻守の切り替えを早くする攻撃サッカー」という感じ。

恵まれた体格の安藤君と凸凹ボランチを組む小柄な主将近藤君がこのチームのダイナモ。攻守に献身的に走り回るだけでなく、正確な技術でボールを運び、散らす。またキックの精度もよく、愛媛の得点の半分は彼のCKから生まれた。

ゲームはほとんどの時間愛媛が主導権を握り、室蘭大沢のシュートは1,2本ではなかったか。愛媛は効率的に得点を重ね、前半でゲームを決めた。前半5点のうち、最も美しかったのは4点目。安藤君、佐々木君がワンタッチのパス交換で左サイドを破り、最後は佐々木君のクロスを受けた中川君がフィニッシュ。

後半も攻め続ける愛媛だが、再三のチャンスが訪れるものの決めきれない。後半12分にドリブル突破から中川君がハットトリックを達成する6点目を決めたが、後半は結局この1点どまり。グループリーグ突破には得失点が効いてくるはずなので、もうちょっと後半得点しておきたかった。

去年はようやく悲願の1勝をあげた愛媛だったが、今年は快勝であっさり1勝。以前からこの年代はちょっとおもしろいという話を聞いていたので、なるほどと頷ける試合だった。

2007050302
(写真:快勝の室蘭大沢戦。試合後)

<室蘭大沢戦スタメン>
_____久保飛翔(10)__中川将吾(9)_____

佐々木寿輝(11)___________伊藤星斗(8)

_____安藤一貴(5)__近藤貫太(17)_____

城村洸介(6)_梶田陽(3)_垂水雄太(7)_渡部翔汰(2)

__________森翔夢(16)_________

<室蘭大沢戦エンメン>
_____中川将吾(9)__泉谷貴樹(19)_____

城村洸介(6)_____________野町誓吾(14)

_____上田勝也(15)__安藤一貴(5)_____

大浦龍馬(12)_梶田陽(3)_兵頭颯(4)_渡部翔汰(2)

__________山本哲也(1)_________

得点:
 前半02分 中川翔吾(9)
 前半07分 安藤一貴(5)
 前半21分 伊藤星斗(8) OG
 前半24分 中川翔吾(9)
 前半25分 城村洸介(6)
 後半12分 中川翔吾(9)

交代:
 後半10分 垂水雄太(7)→兵頭颯(4)
 後半13分 近藤貫太(17)→上田勝也(15)
 後半16分 佐々木寿輝(11)、伊藤星斗(8)、森翔夢(16)
         →大浦龍馬(12)、野町誓吾(14)、山本哲也(1)
 後半20分 久保飛翔(10)→泉谷貴樹(19)

シュート:
 愛媛 前半13、後半13
 室蘭 前半1、後半2

■愛媛vs名古屋

2試合目は名古屋@ピッチ5。サイドは中央の太いワイヤより上に弾幕を張らなくてはいけないとの事で、愛媛の父兄の方にもご協力いただいて、どうにか1枚だけ張ることができた。太いワイヤより上なんて、事実上張るなって言っているようなものだ。クラ戦も同じような方針になるんだろうか。ちなみにゴール裏はPAを外せばOKだった。

1試合目は快勝だったが、愛媛にとって本当の実力が試されるのはこの試合。この試合で名古屋相手に果たしてどこまで出来るか。

序盤は互角の展開。愛媛はボールへの寄せが早く、マイボールにすると両サイドから攻撃を組み立てる。しかし名古屋のDFも固く、なかなかフィニッシュまでは持って行かせてもらえなかった。名古屋のFWを警戒して両サイドバックがあまり攻撃に絡めなかったのもあるだろう。

前半終了間際、DFがGKからのパスの処理をまごついているところ、名古屋川村啓輔君にボールを奪われてしまう。川村君のクロスを高原幹君にヘッドであわせられ失点。ここまで非常によく戦っていただけにこの失点は大きかった。

後半も同じような展開ながら、9分にまたしても高原君に追加点を奪われてしまう。何とか1点でも返して得失点差を稼ぎたい愛媛だったが、運動量も落ち始め、フレッシュな選手を次々と投入する名古屋に徐々に押し込まれる展開となる。そして2-0のままホイッスル。残念ながら敗れてしまったが、愛媛のやろうとしているサッカーは全国レベルでも十分通用するということが判った。

2007050303
(写真:愛媛vs名古屋。終了後)

<名古屋戦スタメン>
_____久保飛翔(10)__中川将吾(9)_____

佐々木寿輝(11)___________伊藤星斗(8)

_____安藤一貴(5)__近藤貫太(17)_____

城村洸介(6)_梶田陽(3)_垂水雄太(7)_渡部翔汰(2)

__________森翔夢(16)_________

得点:
 前半25分 (名古屋:高原幹)
 後半10分 (名古屋:高原幹)

シュート:
 愛媛 前半5、後半3
 名古屋 前半4、後半3

他グループの結果により、愛媛にもまだ決勝トーナメント進出の可能性は残されている。自力での決勝トーナメント進出はもうないが、明日はとにかく大量得点でSQUARE富山に勝った上で、ガンバvs大宮が”大人の”引き分けにならないのを祈るのみ。

【初日の結果】

Aグループ
 愛媛 6-0 室蘭大沢
 名古屋 4-0 SQUARE富山
 愛媛 0-2 名古屋
 室蘭大沢 0-3 SQUARE富山

 名古屋 勝ち点6 得失点+6
 愛媛 勝ち点3 得失点+4
 富山 勝ち点3 得失点-1
 室蘭 勝ち点0 得失点-9

Bグループ
 帝京 0-1 SSS
 読売 1-1 仙台
 帝京 0-7 読売
 SSS 1-0 仙台

 SSS 勝ち点6 得失点+2
 読売 勝ち点4 得失点+7
 仙台 勝ち点1 得失点-1
 帝京 勝ち点0 得失点-8

Cグループ
 ガンバ 5-0 クレフィオ
 田隈 1-3 大宮
 ガンバ 3-0 田隈
 クレフィオ 0-2 大宮

 ガンバ 勝ち点6 得失点+8
 大宮 勝ち点6 得失点+4
 田隈 勝ち点0 得失点-5
 クレフィオ 勝ち点0 得失点-7 

■愛媛vsJヴィレッジSC

試合の後、サブの選手が出場するフレンドリーマッチが行われるというので、せっかくだから日帰りのY君たちとは別れ試合会場のピッチ6へ。双方決定力を欠くも、終了間際に得点したJヴィレッジSCが勝利。ベンチの後ろで見ていたので、コーチ陣と選手のやり取りが興味深かった。コーチが一方的に指示をするのではなく、選手達に考えさせる方針がいい。

2007050304
(写真:ハーフタイム、試合に出なかった選手がアドバイス)

<JヴィレッジSC戦:前半>
_____牛田悠登(22)___泉谷貴樹(19)_____

渡部恭正(18)_____________滝本将磨(25)

_____上田勝也(15)___野町誓吾(14)_____

大浦龍馬(12)_兵頭颯(4)_寺田佳樹(20)_阿部哲也(13)

__________山本哲也(1)__________

<JヴィレッジSC戦:後半>
_____渡部恭正(18)___泉谷貴樹(19)_____

白形祥貴(24)______________沖野陽(23)

_____上田勝也(15)___野町誓吾(14)_____

阿部哲也(13)_大浦龍馬(12)_兵頭颯(4)_寺田佳樹(20)

__________山本哲也(1)__________

得点:
 後半25分 (JヴィレッジSC)

※GK名は間違ってるかも。。

|

« 2007年JFA・Jリーグ特別指定選手に長友佑都選手を承認 | トップページ | プレミアカップ第2日目 愛媛vsSQUARE富山、愛媛vsクレフィオ 他 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022251/28187696

この記事へのトラックバック一覧です: プレミアカップ第1日目 愛媛vs室蘭大沢、愛媛vs名古屋:

« 2007年JFA・Jリーグ特別指定選手に長友佑都選手を承認 | トップページ | プレミアカップ第2日目 愛媛vsSQUARE富山、愛媛vsクレフィオ 他 »